TAKAHASHI, Toshio

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Professor

Homepage URL

http://takahasi-tosio.net/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Letters, Arts and Sciences   Graduate School of Letters, Arts and Sciences

Education 【 display / non-display

  •  
     
     

    Waseda University   Graduate School, Division of Letters   日本文学  

  •  
     
     

    Waseda University   School of Letters, Arts and Sciences I   日本文学科  

Degree 【 display / non-display

  • 修士

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本文学協会

  •  
     
     

    早稲田大学国文学会

  •  
     
     

    日本社会文学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Japanese literature

Research Interests 【 display / non-display

  • 国文学、日本近代文学・現代文学、文化研究

Papers 【 display / non-display

  • Seichou Matsumoto, Against Japan in the 1980s: The Significance of "Overseas" Long Novels

    Takahashi Toshio

    Matsumoto Seichou Research No.20   ( 20 ) 19 - 20  2019.03  [Invited]

  • 取返しのつかぬことにこそ「橋」を架ける―山本周五郎『柳橋物語』の「戦争」

    高橋敏夫

    文藝別冊『山本周五郎』     52 - 57  2018.04  [Invited]

  • 藤沢周平没後20年・生誕90年 生きつづける作家

    高橋敏夫

    山形新聞    2017.12  [Invited]

  • 藤沢周平没後20年・生誕90年 時代小説ブームを先導

    高橋敏夫

    山形新聞    2017.12  [Invited]

  • 藤沢周平没後20年・生誕90年 しっくりしない思いに

    高橋敏夫

    山形新聞    2017.12  [Invited]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Anti-War: Period Novels and War Here

    Takahashi Toshio

    駒草出版  2019.03 ISBN: 9784909646187

  • 松本清張 「隠蔽と暴露」の作家

    高橋敏夫

    集英社新書  2018.01

  • 文豪の素顔

    監修者

    エクスナレッジ  2015.07

  • 高橋敏夫批評選集 戦争・ホラー・闘争

    高橋敏夫

    韓国クルヌルリム社  2014.10 ISBN: 9788963272726

  • 文豪の風景

    監修者

    エクスナレッジ  2014.02

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 尾崎秀樹記念・大衆文学研究賞(研究・評論部門)

    2002.12  

Research Projects 【 display / non-display

  • A study of postwar mental history of the history novel Booms (by a comparative study of two major novelists)

    Project Year :

    2013.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    This study is an attempt to clarify the contents and significance of the "History and period novel boom" of a total of four times from the 1960s to the present through comparative research of two writers who played a central role in each boom. The four booms are the "Historical(Rekishi)novel" boom of Shiba Ryotaro and Yoshimura Akira, the " Picaresque(Akutou)novel" boom of Ikenami Shotaro and Ryu Keiichiro, the "Wandering life of gamblers(Matatabi)novel" boom of Sasazawa Saho and Morota Reiko, the "Popular(Sisei)novel " boom of Yamamoto Shugoro and Fujisawa Shuhei.The longest of the four booms is the " Popular novel " boom that lasts almost 25 years from the beginning of the 1990s to the present. The " Popular novel ", which depicts ordinary people's daily life in detail, was a book that, from the author's side, it had started from resistance to war, and from the reader's side, it was based on resistance to the collapse of daily life. It clarified in this study

  • The Overall Research on Relation with Japanese Literature, culture and media of the 20th century.

     View Summary

    The purpose of this research was to verify the Japanese literature, culture of the 20th century and the relation of the media synthetically. The next various points became clear by the joint research on two years.1. Modern literature circulates by the letterpress printing such as a book and a magazine. It found that we had to verify the actual condition of the letterpress printing concretely.2. Letterpress printing is not a universal medium, but it is one form of the transitional media. Then, it could confirm that the decline of today's literature related to the decline of the type medium.3. It found that it was important to pay attention to not only letterpress printing but also an image expression, the recitation, and so on.4. It found that popular literature, a monster film, and so on were the important clues to grasp a cultural modern phenomenon.5. It could confirm that the consciousness concerned with the researcher's, own discrimination and the gender had to be asked to it to verify a matter of media.But, because the range of this theme was wide, we couldn't complete all research in these two years. From now on, we want to continue the research about this theme

  • Representations of "Poverty" "Misery" and "Cruelty" in Modern Literature : Research through Media Discourse

     View Summary

    The purpose of this research is to examine the characteristics and significance of representations of"monsters" in Contemporary and Modern Japanese Literature.What is a "monster"? "Monsters" are brought about by systems in which monsters are loathed and feared. Monsters themselves cause an impression of monsters as "hideous", "frightening", "offensive","filthy" and "grotesque", but that impression always must be an impression according to "someone". Social systems which incorporate various systems are established through a unique set of recognition systems, values systems, economic systems, political systems, systems of time and space, physical systems, etc., and through this complex combination of diverse systems the designation of"unrecognizable", "strange" or "different" gives rise to monsters with unusual abilities.Therefore, the study of representations of monsters should reveal the order of acknowledgement to corporeality in the social systems in which monsters emerge. In literature and film where representations of monsters emerge, the order of those social systems is portrayed, and these appearances are also a device used to distort that order in those locales. In other words, while openly revealing the order in which a monster is brought forth, the order which the monster itself brings about leads to a modification of that order. Considering both of these processes through examining the representations of monsters is the purpose of my study of monsters.The period and subject of this research is the representation of "monsters" in literature which is expressed through "poverty", "misery" and "cruelty" ; while specifically looking at the voluminous representations of "monsters", "misery" and "cruelty" found in the vast body of horror literature which has emerged starting from 1895 (Meiji 28) through the following hundred years until around 1995

Presentations 【 display / non-display

  • 戦後日本文化とゴジラ

    高橋敏夫  [Invited]

    高橋敏夫教授講演会  山東師範大学

    Presentation date: 2017.03

  • 黒島伝治『武装せる市街』について

    高橋敏夫  [Invited]

    中国山東省と近代日本文学  山東師範大学

    Presentation date: 2017.03

  • 井上ひさしと『シャンハイムーン』

    高橋敏夫  [Invited]

    国際学術シンポジウム「文学・思想・日中関係」  (中国北京市)  日本学術会議+中国社会科学学術院共同主催

    Presentation date: 2016.07

Specific Research 【 display / non-display

  • 「歴史・時代小説ブーム」の戦後精神史(二大作家の比較研究による)

    2019  

     View Summary

    本研究は、 日本近代における「歴史小説・時代小説」の生成と展開の研究により、従来の「歴史小説・時代小説」観を、その内部の諸問題(1913年誕生問題、「刀狩り」以来のチャンバラ願望説、歴史小説・時代小説の差異と協同問題、「時代小説と転向」問題)を浮かび上がらせつつ再検討し、新たな「歴史小説・時代小説」観を提示し、永らく「純文学」(圧倒的優位)と「大衆文学」(圧倒的劣位)とに分けて語られてきた「日本近代文学史」を総合的に再構築するための道筋を明らかにする試みである。本年度は特に、1913年誕生問題を中心に、従来顕在化しなかった「歴史時代小説という問い」について、歴史的に形成されてきた常識の転倒という視点から捉え直す作業をおこなった。

  • 日本近代における「歴史小説・時代小説」の生成と展開の研究

    2018  

     View Summary

     本研究は、 日本近代における「歴史小説・時代小説」の生成と展開の研究により、従来の「歴史小説・時代小説」観を、その内部の諸問題(1913年誕生問題、「刀狩り」以来のチャンバラ願望説、歴史小説・時代小説の差異と協同問題、「時代小説と転向」問題)を浮かび上がらせつつ再検討し、新たな「歴史小説・時代小説」観を提示し、永らく「純文学」(圧倒的優位)と「大衆文学」(圧倒的劣位)とに分けて語られてきた「日本近代文学史」を総合的に再構築するための道筋を明らかにする試みである。本年度は特に、歴史小説の起源の一つとされてきた1913年の森鷗外の作品「佐橋甚五郎」について、2018年に刊行された飯嶋和一の『星夜航行』と比較することで、歴史小説と戦争との関係を考えた。

  • 「歴史・時代小説ブーム」の戦後精神史(二大作家の比較研究による)

    2017  

     View Summary

     本研究は、戦後日本における「歴史・時代小説ブーム」の内実と意義を、とりわけ1960年代に顕著となる歴史小説ブームから1990年代から現在に至る市井小説ブームまでの五回のブームについて、それぞれのブームを中心で担った二人の作家の比較研究を軸に明らかにしようとする試み(科研費・基盤研究C)を補完する研究である。本年度は、1970年代から90年代末まで活躍し、現在にいたる時代小説ブームを主導する藤沢周平と、藤沢周平が先達として意識していた山本周五郎の比較だった。以上の研究をより意義のあるものとするために、本研究は歴史・時代小説の「今」を毎月多数刊行される作品、雑誌掲載作品によって考察した。

  • 「歴史・時代小説ブーム」の戦後精神史(二大作家の比較研究による)

    2016  

     View Summary

    本研究は、戦後における「歴史・時代小説ブーム」の内実と意義を、とりわけ1960年代に顕著となる歴史小説ブームから1990年代から現在に至る市井小説ブームまでの五回のブームについて、ブームを中心で担った二人の作家の比較研究を軸に明らかにしようとする試み(科研費・基盤研究C)を補完する研究である。本年度は主に股旅もの長篇シリーズ『木枯し紋次郎』を書いた笹沢佐保と、笹沢の後をつぎ、独特な次郎長ものを書いた諸田玲子のの比較だった。以上の研究をより意義のあるものとするために、本研究は歴史・時代小説の「今」を毎月多数刊行される作品、雑誌掲載作品をによって考察。一部は、雑誌、新聞等に発表した。これまでの成果を一冊にまとめる作業を開始した。

  • 「歴史・時代小説ブーム」の戦後精神史(二大作家の比較研究による)

    2015  

     View Summary

     本研究は、戦後日本における「歴史・時代小説ブーム」の内実と意義を、とりわけ1960年代に顕著となる歴史小説ブームから1990年代から現在に至る市井小説ブームまでの五回のブームについて、それぞれのブームを中心で担った二人の作家の比較研究を軸に明らかにしようとする試み(科研費・基盤研究C)を補完する研究である。本年度は主として1970年代~80年代に独特な悪党ものをえがいた「池波正太郎と隆慶一郎」の比較だった。以上の研究をより意義のあるものとするために、本研究は歴史・時代小説の「今」を毎月多数刊行される作品、雑誌掲載作品をによって考察。研究成果の一部は、連載を続ける雑誌に、発表した。機会を得たので、5年目に主として扱う藤沢周平についても論じた。

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>