IKEO, Aiko

写真a

Affiliation

Faculty of Commerce, School of Commerce

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/aikoikeo/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Affiliated organization   Global Education Center

  • Faculty of Commerce   Graduate School of Commerce

  • Faculty of International Research and Education   Graduate School of Asia Pacific Studies

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1985

    Hitotsubashi University   Graduate School of Economics   Economic Theory and Statistics  

  •  
    -
    1985

    Hitotsubashi University   Graduate School of Economics   Economic Theory and Statistics  

  •  
    -
    1980

    Hitotsubashi University   Faculty of Social Sciences  

Degree 【 display / non-display

  • Waseda University (Japan)   Doctor Degree in Commercial Science

  • 早稲田大学(日本)   博士(商学)

  • Hitotsubashi University (Japan)   Master Degree in Economics

  • 一橋大学(日本)   経済学修士

Research Experience 【 display / non-display

  • 2008
    -
    2009

    Duke University, Senior Research Fellow

  • 2004
    -
    2006

    _Waseda Business Review_ Editor in Chief

  • 2002
    -
    2004

    nstitute for Research in Business Administration, Waseda University, Vice-director

  • 2000
    -
    2001

    Kokugakuin University, Part-time Lecturer

  • 2000
    -
     

    Waseda University, Professor

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    CIEC: コンピュータ利用教育協議会

  •  
     
     

    International Network for Economic Method

  •  
     
     

    American Economic Assocition

  •  
     
     

    Japanese Economic Association

  •  
     
     

    Japanese Society for the History of Economic Thought

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Economic doctrines and economic thought

  • Economic policy

  • Economic history

Research Interests 【 display / non-display

  • Economic Development in East Asia, Tameyuki Amano (1861-1938), Energy Economics, and Intellectual History

Papers 【 display / non-display

  • Tamayuki Amano as Editor of the Toyo Keizai Shimpo

    Aiko Ikeo

    Waseda Commercial Review   ( 459 ) 1 - 50  2020.09

  • Tanzan Ishibashi's Wartime Journalistic Activities and Offering of Information to Overseas

    Aiko Ikeo

    Ishibashi Tanzan Studies   ( 3 ) 121 - 148  2020.03

  • Introduction to the Symposium on Japanese Economic Thought during the Reconstruction Period after 1945

    Aiko Ikeo

    History of Japanese Economic Thought   ( 20 ) 18 - 21  2020.03  [Invited]

  • Ōdō Tanaka’s Pragmatism and its Relationship with Economic Thought

    Aiko Ikeo

    Journal of Asia-Pacific Studies     129 - 145  2019.01  [Invited]

  • American Economists on Ishibashi Tanzan: Tracing the Debate over the Post-war Inflation

    Aiko Ikeo

    History of Japanese Economic Thought   ( 18 ) 1 - 19  2018.03  [Refereed]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • ‘Japanese Women’s Economics, 1818-2005,’ Routledge Handbook of Women’s Economic Thought

    Kirsten Madden, Robert Dimand( Part: Contributor)

    Routledge  2018.09

  • Globalization Reconsidered

    Aiko Ikeo( Part: Sole author)

    Soseisha  2017.05 ISBN: 9784794431790

  • A History of Economic Science in Japan: The Internationalization of Economics in the Twentieth Century

    Aiko Ikeo

    Routledge  2014.04

  • A History of Economic Theory: Essays in honour of Takashi Negishi

    eds) Aiko Ikeo, Heinz D. Kurz

    Routledge  2009.04 ISBN: 9780415433044

  • 東亜共同体的建設与国際組織、論壇的運用--以能源合作機軸

    池尾愛子

    楊棟梁他編『東亜一体化的進展及其区域合作的路経』天津出版社, 121-133  2008.03

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • Historical Research on Japanese Energy Policy Thought

    Project Year :

    2012.04
    -
    2015.03
     

     View Summary

    Thanks to our international research collaboration, we have confirmed that energy has close relationship with the technology available at each time. Coal facilitated Japan’s international trade and industrialization after Japan's opening. It was realized in the 19th century, when electricity was introduced into our life, that electric power would become significantly important in modernization and industrialization. Private enterprises began to supply electric power in Japan. Petroleum has been an important import item for Japan since it became fuel for transportation. Japan’s oil policy depends on international relations, international environment, and the business strategy of oil-exporting companies. Thanks to the policy of “Atoms for Peace”, atomic power was introduced into electric power generation, and now China is constructing an increasing number of atomic power plants. The energy trend in the rest of the world should be considered in making energy policy for Japan

  • 日本のエネルギー政策思想についての国際歴史共同研究

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2012
    -
    2014
     

     View Summary

    2013年6月8日と9日に静岡文化芸術大学にて開催された日本経済思想史学会年次大会において、国際シンポジウム「日本のエネルギー政策思想:内外の視点から」を組織した。私以外のパネルは、韓国と中国の若手・中堅研究者であり、2人の討論者には新進気鋭の日本人若手研究者たちが担当してくれた。シンポジウムでは議論がかみ合い、懇親会やセッションの合間においても、若手研究者も含めて国際交流が進んでいた。韓国の発表者は、他の研究会においても発表される予定ができるなど、交流の輪が広がっていったようであった。
    2013年7月27日には、早稲田大学日本経済史セミナーを開催し、若手の有望株の研究者の発表を得た。
    2014年2月14-16日には、大阪大学の国際シンポジウム「アジア太平洋地域への学際的接近:歴史と展望」に出席した。アジア太平洋地域を専門的に研究してきたベテランたちの参加を得て、日本で研究する若手研究者達が刺激を得たような形であったといえる。
    2015年8月に開催される世界経済史会議にセッション参加をするべく、準備を開始した。この過程で、日本人若手研究者のより積極的な参加を得るほか、中国からの新たな参加予定者も確保することができた。
    1930年代のエネルギー・原料資源問題への関心についてもある程度明らかにすることができ、日本語論文と英文著書の中に盛り込むことができた。

  • A Joint Research on the history of Japanese Energy Policy Thought

    Project Year :

    2012
    -
    2014
     

     View Summary

    Thanks to our international research collaboration, we have confirmed that energy has close relationship with the technology available at each time. Coal facilitated Japan’s international trade and industrialization after Japan's opening. It was realized in the 19th century, when electricity was introduced into our life, that electric power would become significantly important in modernization and industrialization. Private enterprises began to supply electric power in Japan. Petroleum has been an important import item for Japan since it became fuel for transportation. Japan’s oil policy depends on international relations, international environment, and the business strategy of oil-exporting companies. Thanks to the policy of “Atoms for Peace”, atomic power was introduced into electric power generation, and now China is constructing an increasing number of atomic power plants. The energy trend in the rest of the world should be considered in making energy policy for Japan

  • The Econometric Society History Initiative

    Project Year :

    2013
    -
     
     

  • History of econometrics as an exact and inseparate science

    Project Year :

    2009
    -
    2011
     

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • J. Dewey's Pragmatism and Odo Tanaka's Study of Sontoku Ninomiya

    Aiko Ikeo

    International Ninomiya Sontoku Association, the 8th meeting  (Qufu Normal University)  International Ninomiya Sontoku Association

    Presentation date: 2018.10

  • Tanaka Odo (1867-1932) and His Study of Sontoku Ninomiya

    Aiko Ikeo

    Annual Meeting  (Nagaoka University)  Society of the History of Japanese EconomicThought

    Presentation date: 2018.06

  • American Economists on Ishibashi Tanzan: Tracing the Debate over the Post-war Inflation

    Aiko Ikeo

    Socio-Economic History Society, The Annual Meeting  (Osaka University)  Socio-Economic History Society

    Presentation date: 2018.05

  • On the Economic Articles in The Oriental Economist, 1934-1960

    Aiko Ikeo  [Invited]

    Symposium on the English Edition of _Toyo Keizai Shinpo_ and Its Era  (Hosei University, Tokyo)  Kakenhi-supported Project by a Young Scholar (15K16987)

    Presentation date: 2017.12

  • Tameyuki Amano and Japan's Modernization: International Trade, Invention, and Technical Progress

    Aiko Ikeo

    Fifth Forum on Japanese Learning: China-Japan Collaboration and its Future from the viewpoint of East Asia  (Jinan, Shandong Province, PRC)  Association of Japanese Language Instructors, Shandong Province, and the Society for the History of Japanese Economic Thought

    Presentation date: 2017.09

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 天野為之と発明・企業論、国際貿易、ジェンダー問題

    2017  

     View Summary

     2017年5月に出版した『グローバリゼーションがわかる』に、天野為之の発明論(技術・技術進歩)と国際貿易に関する議論を組み入れることができ、天野為之研究の成果を専門学会や早稲田大学の枠を越えて発表することができた。石橋湛山が1934年に創刊した『オリエンタル・エコノミスト』(The Oriental Economist)について、立正大学石橋湛山研究センターにおいて特別研究員として共同研究に従事することができ、同誌は『東洋経済新報』の単純な英訳ではなく、性質が異なる雑誌であるとの結論に達した。日本女性の経済学について考察を進め、英文ハンドブックの1章となる予定の原稿を仕上げた。

  • 天野為之と企業論、国際貿易、実業教育、経済雑誌: 福澤諭吉を参照して

    2016  

     View Summary

     北米経済学史学会年次大会(米デューク大学)において、天野為之と福沢諭吉の企業論・国際貿易論を含めて東アジアでの海外直接投資の進展について発表した。石橋湛山研究学会において、英文雑誌 Oriental Economist の経済記事の特徴について1930-50年代を中心に発表した。Oriental Economistは敗戦後の日本経済の再建と、国際貿易・海外投資の展開にむけて、日本情報発信のプラットフォームとなっていたといえる。19世紀終盤に創刊された『東洋経済新報』が、国際貿易・海外投資の展開に必要な内外の情報を掲載していたのと重なり合うといえる。

  • 天野為之と経済学、経済雑誌、実業教育

    2015  

     View Summary

     2014年秋、中国で天野為之(1861-1938)について研究発表をした時は2回とも、福澤諭吉(1835-1901)に触れる余裕がなかった。2015年度には、天野編『実業新読本』(全5巻、1911年、1913年改訂版)をさらに検討し、福澤諭吉の議論との比較に取り組んだ。天野は東京大学でフェノロサから英語で経済学を学び、初期の著書では外国の著書や資料しか参考文献に挙げていなかったが、『実業新読本』ではほとんどが日本人著作家からの引用であり、「経済学や商業教育の日本化」が進行していた。天野は福澤の著作をほとんど読んでいて、受け容れられることと、受け容れられないことを明確に区別していた。

  • 経済学の歴史における天野為之と石橋湛山:経済雑誌と「学理と実際の調和」

    2014  

     View Summary

     第1に、これまでの研究成果を海外(ヨルダンと中国)で発表して、好評を得た。(1)「ケインズの『一般理論』(1936)出版以前に、ケインズの革新的理論を把握していた」とされる高橋是清や石橋湛山が、天野為之からマクロ経済学の基本を学んでいた。(2)二宮尊徳の教義(分度、推譲、仕法)を活用して、天野が勤倹貯蓄論を展開し、「マクロ経済均衡」あるいは「一般均衡」と呼びうる概念をこうした言葉を使わずにつかみ取っていた。第2に、天野編集の『実業新読本』を「発見」して、中国と日本でこれを含む発表を行い、好評を得た。「忘れられた経済学者」とされていた天野為之をかなり蘇らせることができたと確信している。

  • 20世紀半ば以降の経済学者の知的交流と経済学の国際化

    2010  

     View Summary

     20世紀以降における経済学の国際化にはいくつかの原因や局面がある。今回のプロジェクトでは、経済学者の知的交流と統計学の利用について調査を進めた。 第1に、アメリカ人経済学者マーティン・ブロンフェンブレナーが、占領期に日本に数ヶ月以上滞在して日本人経済学者たちと交流した唯一の外国人経済学者であったことに注目した。彼の公刊論文と未公刊自伝をたどることにより、アメリカ側が、石橋蔵相追放、ドッジ・ライン実施、シャウプ使節団による税制改革勧告、貿易再建までを、日本経済復興のための必要諸条件として理解していたことを明らかにした。まず、日本語論文の公刊を予定している。 第2に、北米やヨーロッパの経済学史研究においては、1980年代から統計学の利用や計量経済学の発展が注目されていた。背景には、コンピュータやソフトウェアの低廉化と性能向上、データベースの品質の向上がある。計量経済学史の国際比較プロジェクトに参加し、日本について、杉本栄一、市村真一、畠中道雄、雨宮健の貢献を中心にまとめあげ、日本の計量経済学研究の特徴が、マクロ計量経済モデルの熱心な作成にあることを強調した。赤池弘次や佐和隆光の貢献については、今後の課題として残っている。 第3に、1997年東アジア通貨危機と2008年世界金融危機の比較を試みた論文を、中国でのシンポジウムで発表した。1997年危機について、中国と、韓国・日本では理解の仕方が異なっていることがわかってきた。今後も、戦後金融史研究を続けていく予定である。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 国際経済学の歴史的展開-日本との国際比較研究-

    2008.03
    -
    2009.07

    アメリカ   デューク大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>