KUSUMOTO, Noriaki

写真a

Affiliation

Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences, School of Education

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/moto/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Affiliated organization   Global Education Center

Research Institute 【 display / non-display

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

Degree 【 display / non-display

  • Ph.D

  • 早稲田大学   博士(理学)

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本生物物理学会

  •  
     
     

    日本生物教育学会

  •  
     
     

    日本教育工学会

  •  
     
     

    情報処理学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Educational technology

  • Science education

Research Interests 【 display / non-display

  • e-learning, WBT

Papers 【 display / non-display

  • Toward construction of a corpus of english learners' utterances annotated with speaker proficiency profiles: Data collection and sample annotation

    Yasunari Harada, Kanako Maebo, Mayumi Kawamura, Masanori Suzuki, Yoichiro Suzuki, Noriaki Kusumoto, Joji Maeno

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4938   171 - 178  2008  [Refereed]

     View Summary

    The first author has designed and implemented college English classes emphasizing face-to-face oral interactions within small groups of students in class, presupposing and expecting further cultivation of learners' ability to learn for themselves, by themselves and among themselves. Previous experiences confirm such expectations, and the authors are currently working on collecting learners' spoken interactions with high-quality digital audio and video recording devices along with written materials, scores of language proficiency tests and questionnaire responses of those students. In this presentation, we describe the scope and objective of our project, summarize class activities and recording procedures, and then touch on expected transcription procedures and possible tools for annotation. It may be interesting to notice, in passing, how introduction of various recording devices positively affect students' motivations and performances in their language learning activities. © 2008 Springer-Verlag Berlin Heidelberg.

    DOI

  • Face-to-face Oral Interaction Practice and Multi-track Audio Hard-disk Recorder

    HARADA Yasunari, TATSUMI Takeo, MAENO Joji, KUSUMOTO Noriaki, SUZUKI Yoichiro

    IPSJ SIG Notes   80 ( 62 ) 25 - 32  2005.06

     View Summary

    The first author previously proposed an oral interaction practice format in a face-to-face small group environment in which one of a group of three students will be designated as the questioner, who reads aloud a question typed on a name-card size sheet of paper, another as the respondent, who answers the question without looking at the card, and the third as the time-keeper, who scores the response along with the questioner. Students in an English class will form groups of three and change their roles after one question is answered and the response scored in a review sheet. This practice, together with essay writing and peer review process, has proved to be fairly effective in improving students' communicative skills in English and otherwise. In this presentation, we discuss design and use of multi-track audio hard-disk recorder for digitally recording students' oral interactions and how introduction of such recorder, along with video cameras change students' performances in those practices.

    CiNii

  • Group Activities and Project Management

    HARADA Yasunari, TATSUMI Takeo, MAENO Joji, KUSUMOTO Noriaki

    IPSJ SIG Notes   78 ( 15 ) 121 - 128  2005.02

     View Summary

    Interactive skills in oral and written communication are a prerequisite for successful social and/or academic achievements. The Japanese educational system however has failed to address the task of cultivating such skills among students so far. Practice of oral presentations and real-time interactions along with writing extended passages logically and coherently should be an integral part of education throughout various levels and subjects of the school system. Specifically such training in basic literacy should be emphasized at university liberal arts classes. Moreover project management skills in group activities should be considered as focal point of such cultivation of oral and written communication skills. Group activities are being much more emphasized as student-centered approach are introduced in classroom and preparing students for possible pitfalls in those activities should be considered an integral part of those pedagogical approaches. In this article, we discuss why this is important and how such issues should be tackled.

    CiNii

  • A Study of Learning System using Learning History

    ITO Atsushi, FUKUSHIMA Hideaki, KOHARA Hiroyuki, SAKAMOTO Sumiko, MAENO Joji, KUSUMOTO Noriaki, TATSUMI Takeo, HARADA Yasunari

    IPSJ SIG Notes   75   49 - 56  2004.07

     View Summary

    We are studying learning system by using personal learning history and personal profile to realize effective learning. Recently, progress of IT realizes to collect learning information not only correct/incorrect answer, but also duration of accessing learning system, the number of answering questions and total learning time. Also, it is possible to analyze such huge information by using PC. We propose a learning system based on personal learning history. In this paper, we firstly define personal learning history. Then we propose a learning system to minimize learning cost by using learning history of other person and considering dependency and multi dimensionality of learning items.

    CiNii

  • 「学習履歴の有効活用を目指して:携帯電話による英語語彙学習」

    原田康也, 楠元範明, 前野譲二, Gerrit van Wingerden, 阪原淳, 伊藤篤, 福島秀顕

    平成15年度情報処理教育研究集会講演論文集/文部科学省・北海道大学 ISSN 0919-9667.     421 - 422  2003.11

display all >>

Industrial Property Rights 【 display / non-display

  • 学習管理システム

    原田 康也, 楠元 範明, 前野 譲二

    Patent

  • 文献情報管理方法及びシステム

    原田 康也, 楠元 範明

    Patent

Works 【 display / non-display

  • 電子情報通信学会「高等教育機関の運用する情報ネットワークの運用に関わるガイドライン」策定ワーキング・グループ

Other 【 display / non-display

  • Think ques...

     View Summary

    Think quest @Japan 2000,2001,2003,2004審査員, (2002は事情により辞退) NPO法人 ILA(Internet Learning Academy) 運営委員

  • Think quest @Japan 2000,2001,2003,2004審査員, (2002は事情により辞退) NPO法人 ILA(Internet Learning Academy) 運営委員

Research Projects 【 display / non-display

  • Data Collection and Annotation of Relatively Spontaneous Utterances by Japanese Learners of English

    基盤研究(B)

    Project Year :

    2009
    -
    2013
     

     View Summary

    We collected relatively spontaneous utterances during group activities among first-year students in a Japanese university over 30 weeks / class sessions throughout the academic years. Each student took Versant English Test, an automated test of spoken English delivered over the phone, four times within the academic year, namely in April, July, October and January, so we can verify any longitudinal changes of the students' proficiency in speaking and listening. The data collected showed a number of interesting interactional phenomena that had not previously been fully recognized. As the data collection was conducted in a relatively uniform fashion over a total period of eight years, including the three years in a preceding project, we can fathom the annual changes of English fluency among the first-year students in this particular university.

  • English learning with handheld devices : Study of individualized learning utilizing learners' profile and difficulty level of questions

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2007
    -
    2009
     

     View Summary

    We have developed a prototype interface for English vocabulary learning system on cellular devices. For vocabulary learning, we have classified about 10,000 words into 8 levels according to dictionaries and other published difficulty data. We have also examined about automated question making in accordance with Item Response Theory for individualized learning.

  • Utterance Data Collection from College Learners of English in Japan : Toward Construction of a Learners Corpus of English

    基盤研究(B)

    Project Year :

    2006
    -
    2008
     

     View Summary

    2006年度から2008年度にかけて早稲田大学法学部1年生3クラス75名前後を主な対象とし、毎回の授業における応答練習での発話をデジタル録音機・デジタルビデオカメラで収録した。受講生の英語学習歴などについてアンケートを実施し、学年の初め・半ば・終わりにVersant for English(口頭英語自動試験)を受験したスコアを記録した。CMSと DBMS を組み合わせたweb インタフェースを構築して、特定の属性を有する発話音声にアクセスする仕組みを用意し、これを用いてアルバイト作業者が収録した音声の一部について書き起こしなどのアノテーションを付与したデータベースを構築した。

  • 構造的分子計算理論-自律的計算系の解析と設計のための基礎理論

    特定領域研究

    Project Year :

    2002
    -
    2006
     

     View Summary

    (1)膜計算モデルにおける新しい計算モデルの提案:神経細胞系をモデルとして,膜計算の新しいモデル「Spiking Neural P-Systems」を提案し,受理器と生成器の両タイプにおいてその計算能力の万能性を示した。
    (2)平衡状態の効率の良い計算手法の開発:入力分子のサイズに比して会合の結果生成される分子複合体の個数が組合せ論的な爆発をするような反応系に対して,平衡状態を計算するための一般論を構築した。平衡状態計算を系全体の自由エネルギーの最小化問題として定式化し,変数の個数を著しく削減する新しいアルゴリズムを開発した。
    (3)細胞並列計算に向けたバクテリアセルオートマトンの実装:細胞を用いたセルオートマトンの実現に向けての第一歩として,細胞内分子反応メカニズムを用いて自律的でプログラム可能なバクテリアコンピュータを開発した。これは世界で初めてバクテリアを用いて計算が実行できたことを証明するものである。
    (4)抽象化学反応計算モデルの研究:微分方程式系などでは解析が困難な少数分子の化学反応系の振る舞いについて計算機実験と数理的解析により検討し,特にBelousov-Zhabotinsk (BZ)反応の数理モデルであるBrruselatorとOregonatorについて,分子数が少数になることによる不安定性について解析した。
    (5)分子計算シミュレータ:階層構造と接続構造の両方を扱う階層グラフ書換えモデルLMNtalの表現力検証のために,代表的計算モデルのエンコード法の確立と実装を行った。Ambient計算のエンコードにおいては自己調整に基づく分散名前管理方式を実現した。純粋λ計算のエンコードにおいては,膜を活用することで従来手法よりもはるかに簡潔な方法を実現した。

  • MNC=Kacis,メディアビジョン「構造的文書作成とドキュメント管理による知識・情報の効率的な活用の実証性に関わる共同研究」

    Project Year :

    2001
    -
    2005
     

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 緑色硫黄光合成細菌光化学反応中心複合体電子伝達系の分光学的解析

    1997  

     View Summary

    緑色硫黄光合成細菌の光化学反応中心(PS-C)は光化学反応系I(PSI)と相同性が高いことが示唆されている。PSIにおいては、PsaDサブユニットがFdを結合することにより、末端電子受容体FBからFdへと効率よく電子伝達がなされるが、PS-Cではそのしくみは明らかではない。そこでFdを精製し、PS-CからFdへの電子伝達の情報を得ることを目的として研究を進めた。 緑色硫黄細菌Chlorobium tepidumより嫌気条件下で調製したPS-C複合体は、65(Core: PscA), 41(FMO), 32(Fe-S: PscB), 23(Cyt c: PscC), 18 kDa (Unknown: PscD)の5種のサブユニットにより構成され、Cyt cから末端電子受容体Fe-Sまでの高い電子伝達活性を持っていた。 同様に菌体を破砕し、DEAE陰イオン交換クロマトグラフィー、Sephadexゲルバーミエイションクロマトグラフィー、mono Q陰イオン交換クロマトグラフィー、Superdex75ゲルバーミエイションクロマトグラフィーを経て、Fdを精製した。最終精製標品においてはFdの精製度を表すひとつの指標であるA375nm/A280nmの値が0.7を超えており、高度に精製されていることが示された。 これらのC.tepidum PS-C,Fdとホウレンソウより精製したFNRを用い、NADP+光還元活性を測定したところ313 μmols/mg BChla/hrという高い活性が得られた。C.tepidumFdの代わりにホウレンソウFdを用いた場合は光還元活性は1/3程度であった。これにより、PS-Cは高い効率でC.tepidum Fdに電子を渡すことができることが示された。

  • 水銀化合物による特異的破壊法を用いた緑色細菌型光化学反応中心鉄硫黄センターの研究

    1996  

     View Summary

     緑色硫黄光合成細菌の反応中心(PS-C)における電子伝達は、反応中心の酸素感受性が高いために精製された試料の調製が困難で最近まで研究が遅れていた。われわれは、試料調製の全過程において嫌気性の維持に細心の注意を払うことにより、好熱性の緑色硫黄光合成細菌Chlorobium tepidumから活性の高いPS-Cの調製に成功した。この標品は5種のサブユニットにより構成され、連続光により還元される3つの鉄硫黄センター(CFA,CFB,CFX)を持ち、閃光によって酸化されるシトクロムを結合していた。高等植物の光化学反応系I(PSI)粒子においては、塩化第2水銀処理により3種の鉄硫黄センター((FA,FB,FX)のうちFBのみを選択的に破壊する方法を当研究室で開発している。同様な方法によりPS-Cにおいても鉄硫黄センターが選択的に破壊されるかどうかを検討した。我々は極低温EPRでCFBB-由来(4K連続光照射による、(条件1))、および(CFA+CFB)2-よび(CFA+CFB)2-由来(連続光照射をしながら凍らせる(条件2)もしくは化学的還元条件下(条件3))のそれぞれのスペクトルを既に得ているが、後者のスペクトルは2つの成分のインタラクションフォームであると考えられている。水銀化合物を用いてCFAもしくはCFBを選択的に破壊することができれば、(条件1)下ではCFBのスペクトルが観察されるかもしくはスペクトルが観察されないことが期待された。そこで塩化第2水銀の濃度・処理時間を変え、極低温EPRにより鉄硫黄センターを測定した。しかしながら処理により(条件1、2)下ではスペクトルが観察されず、鉄硫黄センターの光還元活性が失われたと考えられたので、(条件3)下で測定を行った。その結果、濃度・処理時間に応じて段階的にCFA+CFBのスペクトルが全体のプロフィルは変えずに大きさが変化することがわかった。このことから、塩化第2水銀は非選択的に鉄硫黄センターを破壊することが示唆された。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>