SODA, Osamu

写真a

Affiliation

Faculty of Social Sciences, School of Social Sciences

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/sohda/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Social Sciences   Graduate School of Social Sciences

  • Faculty of Science and Engineering   Graduate School of Creative Science and Engineering

  • Affiliated organization   Global Education Center

Research Institute 【 display / non-display

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

  • 2016
    -
    2020

    都市・地域研究所   プロジェクト研究所所長

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1993

    Waseda University   Graduate School, Division of Science and Engineering   Architecture  

  •  
    -
    1993

    Waseda University   Graduate School, Division of Science and Engineering   Architecture  

  •  
    -
    1989

    Waseda University   School of Political Science and Economics   Department of Political Science  

Degree 【 display / non-display

  • Waseda University   DEng (Doctor of Engineering)

  • 早稲田大学   博士(工学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2016.09
    -
     

    Director at Institute of Urban and Regional Studies, Waseda University

  • 2015
    -
    2016

    Research Institute for Integrated Approach to Urban Safety and Security with Natural and Cultural Heritage

  • 2012
    -
    2013

    Visiting lecturer at Tsukuba University

  • 2012
    -
    2013

    Visiting lecturer at Tsukuba University

  • 2011
    -
    2012

    Visiting lecturer at Meiji University

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    Japan Association for Community Policy

  •  
     
     

    日本土地法学会

  •  
     
     

    Japan Association of Local Government Policy Studies

  •  
     
     

    Public Policy Studies Association Japan

  •  
     
     

    Association of Urban Housing Sciences, Japan

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Architectural planning and city planning

Research Interests 【 display / non-display

  • Urban and Regional Planning, Planning Theory, Houisng and Community Development, Community Resilience

Papers 【 display / non-display

  • Sustainable Fisheries Policy in Europe and Slow Movements

    Osamu SODA

    The Japanese Institute of Fisheries Infrastructure and Communities ()    2017.10

  • Resilience of Collaborative Planning after the Great East Japan Earthquake; A Case Study of Reconstruction Activity in Kesennuma

    Haeyoun HEO, Osamu SODA

    2017 International Conference of Asian-Pacific Planning Societies     217  2017.08  [Refereed]

  • Evaluation of Community Resilience after the Great East Japan Earthquake; Case of Kesennuma City

    Osamu SODA

    Japan Association for Community Policy    2017.07

  • コミュニティ・レジリエンスの適応可能キャパシティ-2011年津波後の日本沿岸地域の分析

    早田宰

    震災後に考える     586 - 596  2015.03

  • 文化クラスターとポスト産業社会-都市文化政策のガバナンスに向けて-

    早稲田大学社会科学部

    ソーシャル・リサーチ調査報告書   269  2014.03

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Schematic of Machizukuiri (Japanese Community Development)

    Shigeru Sato, Nami Uchida, Akihiro Noda, Kousuke Masuo( Part: Contributor)

    Kajima Books  2017.06

  • The Textbook of Machizukuiri (Japanese Community Development)

    ( Part: Contributor)

    2017.03

  • 体験の言語化

    早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター( Part: Contributor)

    成文堂  2016.12

  • History of Waseda University's Community Development Research

    Osamu SODA( Part: Edit)

    2016.10

  • 祈りと再生のコスモロジー 比較基層文化論序説

    瀧澤雅彦, 柑本英雄( Part: Contributor)

    成文堂  2016.10 ISBN: 9784792361099

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • コミュニティ・レジリエンスの適応可能キャパシティ-2011年津波後の日本沿岸地域の分析

    早田宰

    震災後に考える     586 - 596  2015.03  [Refereed]

  • 文化クラスターとポスト産業社会-都市文化政策のガバナンスに向けて-

    早稲田大学社会科学部

    ソーシャル・リサーチ調査報告書   269  2014.03  [Refereed]

  • 川口市協働条例策定支援業務報告書

        1 - 470  2012.03  [Refereed]

  • 川口市協働推進条例の策定過程

    早田宰

    私立大学戦略的研究基盤形成支援事業報告書    2012.03  [Refereed]

  • DEMATEL法を用いた都市衰退問題の構造化分析 - 日本埼玉県西川口地区を事例に/A Structured Analysis of UrbanDecay Problems by DEMATEL- Focused on Nisikawaguchi area of Saitama Prefecture,Japan

    朴成賢, 早田宰, 崔昇英(Sung Hyun Park, Osamu Soda, Seung Young Cho

    不動産学報/Korea Real Estate Academy Review   46   321 - 337  2011.08

display all >>

Industrial Property Rights 【 display / non-display

  • 都市再生支援ツール

    佐藤 滋, 早田 宰, 真野 洋介, 志村 秀明

    Patent

Works 【 display / non-display

  • まちはみんなでつくるものフォーラム(川口市)

    Other 

    2011.03
    -
    2015.03

  • 子どもの冒険をデザインする(戸山プレーパーク)

    Other 

    2014.05
    -
     

  • 川口市協働推進条例(通称 まちはみんなでつくるもの条例) パンフレット

    2012.03
    -
     

  • 田野畑村の未来を語る32人(DVD)

    2012.03
    -
     

  • Action Research of Social Innovation at Co-lab. Nishikawaguchi

    Other 

    2009.09
    -
     

display all >>

Other 【 display / non-display

  • Research F...

     View Summary

    Research Fellow, Waseda Institute of Urban and Regional Studies Research Fellow, Waseda Institute of International Welfare

  • Research Fellow, Waseda Institute of Urban and Regional Studies Research Fellow, Waseda Institute of International Welfare

Awards 【 display / non-display

  • Paper Prize of Architectural Institute of Japan (The Context and Future of Small Urban Space Development in Japan )

    2004.06  

  • The Encouragement Prize of Architectural Institute of Japan (Study on the Consensus Building Process of the Goal Image in the Housing Renewal Programme)

    1999  

Research Projects 【 display / non-display

  • Study on construction of regional cooperation science and development of its educational program

    Project Year :

    2020.04
    -
    2024.03
     

  • Theory and development of self-help housing policy; The Mutual Self-Help Housing program in the US

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

  • Social education and community development based in the community centers

    Project Year :

    2015
    -
     
     

  • Reconstruction of a new global social system resilient to large-scale disasters

    Project Year :

    2012.04
    -
    2014.03
     

     View Summary

    Great East Japan Earthquake and tsunami of March 11, 2011, has hit long-term declining Agriculture, Forestry and Fisheries region. It is important to rebuild a new structure of a sustainable socio-economic and the environmental system in the global context, rather than simple city reconstruction that was destroyed by the tsunami.Despite population decline is accelerating in many areas after a disaster. NPO sector is not involved enough in the area of significant decline and damaged area. In some special areas, such as Kesennuma City has taken self-sustained, community-based reconstruction and development approach, where a variety of local, national, and overseas network played an important role which had formulated from pre-disaster. A new strategy to be co-evolution potential global while maximizing the existing resources are required such as slow City policy

  • Reconstruction of homes, schools and cooperation model of social education through the activities of verbatim record and creating booklet

    Project Year :

    2014
    -
     
     

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Twenty years since the Act on Promotion of Specified Non-profit Activities was enacted and the future : Prospects for netx activities

    Osamu SODA  [Invited]

    Presentation date: 2018.02

  • About Waseda Myouga - Japanese ginger

    Osamu SODA  [Invited]

    Presentation date: 2018.02

  • Sustainable Tohoku Region

    Osamu SODA  [Invited]

    STAND UP SUMMIT 2017  (Tokyo Big Site)  Tokyo Big Site

    Presentation date: 2017.08

     View Summary

    Workshop on Sustainable Development Goals (SDGs)

  • Trends in slow city in Japan

    Osamu SODA  [Invited]

    Japan FM Network

    Presentation date: 2017.07

     View Summary

    Commentary on radio broadcasting program (July 7)

  • History of Community Development Rsearch at Waseda University

    Waseda Regional Revitalization Forum  (Waseda University) 

    Presentation date: 2016.10

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 東日本大震災後のコミュニティレジリエンス(地域回復力)の中期検証

    2017   土方 正夫, 加藤 基樹

     View Summary

     本研究は、災害からのコミュニティレジリエンス(地域回復力)について、東日本大震災の復興過程の検証をおこない、環境、社会、計画システムの相互関係、人的、組織的資源、社会・経済資本の循環について、ホリングのパナーキー論をベースにしてモデルの検証をおこなった。 ケーススタディの対象地域は、気仙沼市(宮城県)、釜石市(岩手県)の2地区とした。結果として得られたことは、釜石は行政マネジメント重視モデルで、導入可能キャパシティを最大限に活かす市レベルの明確な都市戦略が重要であり、気仙沼は市場重視モデルで、継続的レジリエンスのため、新たな商品開発、交流コミュニティの活性化が重要であることがわかった。適切な評価のためには、さらに比較分析の継続が重要である。

  • 震災後の社会的レジリエンスに関する研究

    2015  

     View Summary

     地震・津波・テロなどの衝撃的な被災後に地域社会が主体となるコミュニティ・レジリエンスの概念を明らかにした。国が主導する国土強靭化(ナショナル・レジリエンス)の対概念となるものである。外部資源の動員を可能にするための適応可能キャパシティの概念を考察し、東日本大震災後の被災した東北沿岸地域のNPOの震災前後の変化から回復力の評価をおこなった。とくに適応可能キャパシティの高い地域を分析した。気仙沼市(宮城県)と田野畑村(田野畑村)においてケーススタディをおこなった。地域社会が主体となる内発的な復興まちづくり活動が活発であり、コ・ガバナンスによるコミュニティ・レジリエンスがシステムとして機能していることを論じた。また田野畑村においては、行政主導による復興が進む一方、村民との協働の取り組みを模索していることを分析した。

  • 地域再生を支援する民間コミュニティ事業住宅の社会実験研究

    2011  

     View Summary

     老朽化、条件不利等により空家化した民間賃貸住宅を、「キーワーカー住宅」(地域再生を支援する民間コミュニティ事業住宅)として再生、活用する社会実験研究としておこなった。キーワーカー住宅はイギリスの住宅政策で発達した仕組みで、公的な専門サービス職として活動する者(医療・福祉・警察・教育・環境・都市計画等)が地域再生を推進すべき停滞地域内に居住する場合に地域再生ファンド等から家賃補助し、居住者の職住近接による移動時間の軽減、居住者の家計負担の軽減、建物のよりよい管理への参加、地域への専門サービスの提供、コミュニティ参加、地域再生支援等を複合的に達成するアクティブ居住の仕組みである。日本においてはまだ事例がほとんど存在しないため、その社会実験研究をおこなった。建物は、埼玉県川口市西川口1丁目の都市再生プロジェクトが行政により推進されている停滞地域のエリアに立地する鉄骨3階建の全15室の賃貸住宅を選定した。既存の入居者が居住しているが、うち4室が老朽化、隣接工場の騒音等により空家になっている。それらを所有者、管理会社と協議の上、コミュニティ事業住宅とし、3室をキーワーカー住宅、1室を共有スペースとした。共有スペースはコミュニティ事業住宅の居住者が使用する他、サブリースによって一般も短期使用可とした。 実験の結果、1室に運送業従事者がキーワーカーとして入居し、地域内物流を通じて地域再生に大きな効果があった。2室は騒音のため空室のままとなっている。共有スペースは、地域再生を支援する活動に短期に様々な形で使用された(地域におけるイベント、会議、短期事務所使用等)。またキーワーカーの自助努力により緑化も一部行われた。ただし自建物以外の要因、とくに周辺の住環境の影響を受けるため、その検討が重要であることがわかった。以上により、「キーワーカー住宅」が日本の停滞地域で社会事業住宅として有効な手法となりえることがわかった。今後そのソーシャルビジネスモデルとして整備することが期待される。

  • 文脈形成支援システムを活用したグローバルまちづくりの体験型教育・研究手法の開発

    2010   土方 正夫, 卯月 盛夫, 佐藤 洋一

     View Summary

     埼玉県川口市に都市再生地区を調査研究拠点とし、都市再生のデータを収集した。川口市は、鋳物工場等製造業のまちから外国人の多いグローバルな産業文化都市に転換しつつある。文脈形成支援システム(地域拠点、webシステム、公共議論空間、解釈のファシリテート、以上の連携によるシステム化)を活用し、ローカルレベルにおける多様なまちづくりのコンテクスト(文脈)を抽出する社会実験をおこなった。 研究の準備として、地域社会においてアンケート、ヒアリング、資料収集をおこない、その結果、5つのまちづくりの流れ (市街地整備、安心安全、産業創出、商業活性化、創造都市) を整理した。次に、文脈形成支援システムを活用して議論し、それらの相互関係について、早田は都市再生の観点から、土方は情報科学の観点から、卯月は、都市デザインの観点から、佐藤は空間映像の観点から議論し、まちづくりの流れについて解釈を加え、過去から現在のスナップショット図とコンテクスト(文脈)を作成した。さらに、地域住民等がまちづくりを討議する場にその図を提供して有効性を検証した。関連する成果として以上についての小冊子を作成・配布した。 その結果、多様なコンテクスト(文脈)を地域住民、政策担当者等が理解、共有する上で効果があった。地域では因果関係等についての理解が深まった。今後のまちづくりについて多様なスタークホルダーが個々の立場を踏まえつつ新しい議論をおこなう素地ができた。今後の活動の促進に効果があった。それを踏まえてグローバルまちづくりの体験型教育をおこなった。地域の個性、文化等について、川口市と北京とのネットでの意見交換の社会実験を実施した。これらから、まちづくりによって、変わりゆく地域の個性、スタークホルダー、めざすべき将来像等について文脈形成支援システムを活用することで明確化できること、今後のまちづくりの取り組み、合意形成に寄与することを明らかにした。

  • 欧州における住宅・住環境政策における政策主体の役割変化に関する国際比較

    2004  

     View Summary

     政府役割の「プロバイダーからイネイブラー」への変化を受けて、欧州における住宅政策においては「社会住宅の直接供給から間接供給へ」、住環境整備政策においては「行政主導の再開発から民間活力を活かした都市再生へ」の流れが顕著である。イギリスの調査とEU地域他国との比較をおこなった。 集中的なケーススタディとしてイギリス・モデルをとりあげた。ブレア労働党政権下におけるパートナーシップ(協働)による住宅・コミュニティ再生における主体の役割変化について分析した。具体的には、住宅政策における大規模公営住宅の自主的移管(LSVT)および、住環境整備政策における統合都市再生補助制度(SRB)をとりあげた。前者は、バーミンガムのキャッスルベール地区の分析を、後者は、スパークヒル、スパークブルック&タイズリー地区の分析をおこなった。 いずれの地区も、市民主体のまちづくりを支援するまちづくり会社組織が重要な担い手となっていた。中世の救貧院以来の系譜をもつハウジングアソシエーション(HA)が、登録社会住宅供給体(RSL)として現代的で多様な活動、公営住宅の居住者への売却(Right to Buy)、公営住宅のHAへの移管、ハウジングアソシエーション住宅の居住者への売却(Right to Acquire)などの多様な住宅ミックスへの移行の支援、さらに、若者自立支援、地域における雇用支援、緊急一次保護政策にアウトリーチして総合的な地域再生の体系を実現する主体として登場し、確立されつつあることがわかった。ただしHAの数自体は減少しており統合拡大化が進んでいることがわかった。イギリス、フランス、ドイツ、スペインの傾向をEUの都市政策(URBAN)などの共通基盤をベースに比較した。EUの中ではイギリスがもっとも社会住宅の民間移管に積極的であるといえるが、他国も米英に追随する動きが出ていることがわかった。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 都市再生政策の国際比較研究

    2003.03
    -
    2005.03

    イギリス   バーミンガム大学、都市地域研究所

    中国   北京大学環境学院

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2017.04
    -
     

    Subcommittee of New Planning for Living Environment, Architectural Institute of Japan  AIJ

Social Activities 【 display / non-display

  • ケーブルネット埼玉

    ケーブルネット埼玉 

    2015.03
    -
     

     View Summary

    川口市協働推進委員会答申について委員長へインタビュー