TAKAHASHI, Ryuzaburo

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Letters, Arts and Sciences   Graduate School of Letters, Arts and Sciences

  • Affiliated organization   Global Education Center

  • Faculty of Political Science and Economics   School of Political Science and Economics

Research Institute 【 display / non-display

  • 2016
    -
    2021

    先史考古学研究所   プロジェクト研究所所長

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1976

    Waseda University   Faculty of Political Economics   経済学科  

Degree 【 display / non-display

  • (BLANK)

  • 早稲田大学   修士(文学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 1999
    -
    2020

    Waseda University, professor

  • 1995
    -
    1999

    Waseda University, assistant professor

  • 1994
    -
    1995

    Kinki University, assistant professor

  • 1994
    -
    1995

    Kinki University, assistant professor

  • 1990
    -
    1994

    Kinki University, lecturer

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    早稲田大学考古学会

  •  
     
     

    日本考古学協会

  •  
     
     

    早稲田大学史学会

 

Research Interests 【 display / non-display

  • Prehistoric Archaeology,Archaeology

Papers 【 display / non-display

  • The importance of Suwano site: reference from social perspective in Middle Jomon period.

    平成27年度ほるたま考古学セミナー特別講演録』     73 - 100  2020.03  [Invited]

     View Summary

    平成27年度に実施した埼玉県教育委員会、埼玉県埋蔵文化財調査事業団主催の「ほるたま考古学セミナー」で特別講演した内容についてまとめたもの。関東地方における環状集落の位置づけと、終末期の様相について、それらが後期の単系出自社会の生成に向けた変革期であることを親族構造、出自体系、婚姻システムの変革と関係づけて述べた。

  • The emergence of authority in pottery making in Jomon period.

    『考古学研究』   第66巻 ( 第3号 ) 23 - 35  2019.12  [Refereed]

     View Summary

    縄文土器製作者の性格を論じるにあたり、パプアニューギニア、イーストケープの民族誌調査の成果から、それらの製作に関して女性製作者の間にヒエラルヒーやランクがあること、またそれらが土器を製作使用する際の儀礼的知識、魔女的性格の強弱によることをのべ、縄文時代の儀礼的容器でもある土器製作にも該当する可能性について論じた。

  • The craftmanship of Jomon potteries and its social background

    Ryuzaburo TAKAHASHI

    第37回特別展カタログ『縄文文化の頂点』 山梨県立考古博物館     72 - 73  2019.11

     View Summary

    山梨県立考古博物館開催の第37回特別展のカタログ『縄文文化の頂点』において、縄文中期土器の装飾の発達の背景に、集団の組織原理の変革があることを述べた。

  • The ethnography of Earrings in primitive societies

    Ryuzaburo TAKAHASHI

    シンポジウム『桑野遺跡から見た縄文世界』     83 - 85  2019.10

     View Summary

    あわら市教育委員会および日本玉学会主催のシンポジウム『桑野遺跡から見た縄文世界』において、桑野遺跡出土の玦状耳飾りの社会的意義について、フィリピン、インドなどの事例をもとに社会構成員の成員資格などの事例を霊性を背景に論じた。

  • Report of ethno-archaeological research in Papua New Guinea.

    Ryuzaburo TAKAHASHI

    Shikan   第182冊   134 - 159  2019.09  [Refereed]

     View Summary

    パプアニューギニアにおける民族考古学的研究

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • The Secret Society of Jomon Age

    Ryuzaburo Takahashi

    Rokuichi Shobo  2017.06

     View Summary

    The Secret Society inferred from Arcaeological Evidence ,such as Clay Masks found from Middel to Late Jomon age site, are supposed to have played great importance in the Rites and Feast,

  • Sicial Copplexity and Ethnography in Jomon Archaeology in "Jomon Age "

    Ryuzaburo Takahashi, Yasuhiro Yamada( Part: Joint author)

    Yosikawa Kohbun kan  2017.03

     View Summary

    The importance and necessity of Ethnographical date for describing social complexity and socia stratification in Jomon age.

  • 『仏教文明と世俗秩序—国家・社会・聖地の形成—』

    新川登亀男編, 高橋龍三郎, 霊(タマ)からカミへ, カミから神へ, 分担執筆

    勉誠出版  2015.03

  • 『講座 日本の考古学4 縄文時代(下)』

    今村啓爾編, 高橋龍三郎, 縄文社会の複, 分担執筆

    青木書店  2014.05

  • 『縄文後・晩期社会の研究—千葉県印西市戸ノ内貝塚発掘調査報告書—』

    高橋龍三郎編著, 早稲田大学考古学コース刊

    平電子  2014.04

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • 縄文時代の氏族制社会の成立に関する考古学と集団遺伝学の共同研究

    Project Year :

    2018.04
    -
    2022.03
     

     View Summary

    代表者は早稲田大学の特別研究期間制度の適用を受けて、英国イーストアングリア大学センズベリー日本文化芸術研究所に客員研究員として籍を置きながら研究活動を実施した。本年度は研究の開始期として、主に以下の点について実施した。1 人骨資料のDNA解析、食性分析が実施できるように、千葉県市原市教育委員会の許諾を受け、資料を収蔵する聖マリアンナ大学医学部(平田和明教授)に依頼し、資料の分析に向けた準備を整えた。2 これを受け分担者の太田博樹、米田穣は、祇園原貝塚、西広貝塚の人骨資料のDNA解析、食性分析を開始した。また藤田尚は古病理研究を開始した。3 日本および世界的なゲノム研究の理論と実例を収集し、先史時代のDNA解析の具体例について文献を中心に研究した。日本では国立遺伝学研究所の斎藤成也教授、国立科学博物館の篠田謙一教授らの成果等を研究した。4 縄文後期の氏族制が開始される経緯と、プロセス、結果について考古学から検討した。特に双系出自、単系出自社会に関する民族誌研究を進めた。5 2019年1月11日~12日までケンブリッジ大学セルウィン・カレッジで国際シンポジウム(Jomon in Transition)を共同開催した。イーストアングリア大学、ケンブリッジ大学、国際教養大学、早稲田大学が共同で開催し、高橋は”Archeological indicators for the emergence of Clan system in the Kate Jomon period”と題して、本研究課題に即して研究発表した。分担者の米田穣は”Contrasting patterns of human diet from Jomon to Yayoi: Isotopic analysis of human remains in Central Japan”と題する研究発表を行った。概ね計画通りに進展している。市原市祇園原貝塚、西広貝塚の人骨資料について現在も解析が進められており、縄文時代後期の人骨群について概要を把握しつつある。既データとの比較も順次進めている。併せて世界的な研究の潮流も把握できた。考古学的研究では、市原市、千葉市、佐倉市、君津市、我孫子市などを中心として遺構、遺物に関するデータを集積し検討を開始している。特に大型住居(建物)と内部から出土する異形台付土器、動物形土製品、石棒、耳飾りなどについてデータを集積し、相互の比較を始めている。動物形土製品に関しては、オセアニアなどに見るトーテミズムとの関連が強く窺われるために、当該地域の民族誌を文献から詳しく検討する段階に入った。また、それに先立つ縄文時代中期土器の動物形把手などの事例集成を開始した。これは後期の動物形土製品に引き継がれるトーテム的特徴を有すると判断されるからであり、相互の関連を解明する必要があるからである。同時に動物形土製品を用いて大型住居内で行われた祭祀・儀礼について、内容を検討した。土坑で行ったと考えられるトーテム動物の供犠との関係を明らかにするための資料を検討した。縄文中期の親族構造と出自で推測される双系制社会について、文献に基づいて民族誌の検討を開始した。これは東南アジア各地の伝統的地域に色濃く見られる双系制社会の具体像を把握するためであり、2019年以降に検討を開始する縄文中期社会の実態を予め把握するためである。ゲノムとは別の次元で双系制社会について検討する必要があるからである。これらの研究成果は英国ケンブリッジ大学で共同開催した国際シンポジウム(2019年1月11日、12日)で公表するなど成果が挙がっている。現在進めている祇園原貝塚、西広貝塚の人骨資料のDNA解析と食性分析を最後まで進め、縄文後期の市原市、千葉市周辺地域のゲノム情報、食性について研究成果を纏める。同時に古病理学研究を進めて、縄文後期に特徴的な遺伝的特徴の実態を明らかにする。またそれに先行する縄文中期人骨のゲノム解析、食性分析に着手し、中期の実態を明らかにすると同時に、中期から後期にかけて、どのようなDNA上の変化があったのかについて明確にする。並行して古病理学の検討を通じて、遺伝的な疾病や病理などについて明らかにし、中期から後期への変革に婚姻制度、出自制度の変革がそれらとどのように関わったのかについて結論を得る計画である。当初予想したように、中期環状集落の解体と小規模分散型の後期集落への変化が、行き詰まった婚姻連帯の変革や出自制度の変革を必要としたために惹き起こされたものであるならば、ゲノムや食性の変化に反映し、解析によって明らかにできるはずである。それらのゲノム情報と考古学的研究成果を組み合わせて、縄文中期社会から後期社会への変革と、その理由について明確にする。そのために、考古学では集落の変遷、大型住居(建物)の機能などの分析から、祭祀・儀礼の盛行の実態を明らかにし、先祖差異・儀礼を中核とする宗教・信仰上の変化が氏族制社会への移行を示す証拠であることを実証し、氏族制社会の機能と役割から縄文後期社会について明確に位置づける。氏族制社会については、考古学上の証拠と社会人類学の知識を結合させ、オセアニアや北米などの民族誌データと比較しながら、同時にDNAデータと矛盾なく照合させることができるか検討する

  • Joint Research between Archaeology and Genomics on the Emergence of Clan System in Jomon Age

    Kibankenkyu

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

     View Summary

    Collaboration between Archaeology and Genomics are anticipated to make clear the emergence of Clan system at Late Jomon age. Scientific research withassisted by social anthropology will reveal the Kinship relation, descent system,marriage system that had led to social complexity.

  • Theoritical study on the Formation of Pottery Types seeing from Ethnoarchaeological Research

    Project Year :

    2014.04
    -
    2017.03
     

     View Summary

    The purpose of the the field research on domestic pottery makings in Papua New Guinea is to make clear and to get clues for building a theoretical framework from Ethoarchaeological field works on the hypothesis how Jomon pottery types could be formed and changed. During three seasons investigation , much attention have been paid to the interviewing the womens potters of the East Cape district and Kwoma tribe Potter in Sepik River as to the knowledge of technological system of pottery making as well as the world view which surrounded potters.In world View, including indigenous belief and religion, spirits world has crucial importance for the understanding of the potter’s role in the local society.It has turned out that the leading persons have special influence and power on other potters in such a way that the pottery type could be controlled and changed by leading potter without any disagreements from other potters

  • Co-operative study on the Process of Social Stratification in Jomon age

    Project Year :

    2012
    -
     
     

  • The Ethnoarchaeological study on pottery production in PNG for the understanding of Jomon Pottery types.

    Project Year :

    2011.04
    -
    2014.03
     

     View Summary

    The Ethnoarchaeological study on domestic pottery production in East Cape district and Wari Island as well as Middle Sepik River in Papua New Guinea was curried out during 3 years.The main purpose of the field research was to establish the theoretical framework for the understanding and modeling of Jomon Pottery type by interviewing the way how women potters transmit the technological knowledge and ideas to their daughters,and by studying the patterns of dispersal of the potteries in a areal space in various context.Not only technological achievement and superiority but also potter's cosmological aspects and religious status are responsible for the establishment of the leading position in pottery production in an area and the determinant factor for stylistic changes in pottery type

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • A consideration on the craftmanship of Jomon potteries from social backgroud

    Ryuzaburo TAKAHASHI  [Invited]

    The 37th special exhibition on Apex of Jomon Culture  (Kohfu city)  Yamanashi Archaeological Museum

    Presentation date: 2019.11

     View Summary

    なぜ山梨県、長野県など中部高地の縄文中期文化が高揚したのか、また土器工芸が極度に発達した理由について、生業や儀礼、祭祀の側面から述べた。

  • The ethnography of earrings in primitive societies

    Ryuzaburo TAKAHASHI  [Invited]

    Symposium on Kuwano site: Jomon world seeing from Kuwano site  Awara city board of education

    Presentation date: 2019.10

     View Summary

    桑野遺跡出土の玦状耳飾りの社会的意義について、東南アジアの民族誌を中心に述べた。

  • A comparative study on the mining site in the world

    Ryuzaburo TAKAHASHI  [Invited]

    Jomon symposium in Okaya ciry  (Okaya city)  Okaya city board of education

    Presentation date: 2019.09

     View Summary

    長和町鷹山遺跡の黒曜石石材産出遺跡の重要性について、エジプトのナズレット=サファーファ遺跡、英国グライムス・グレーヴィス遺跡との比較から論じた。

  • Today's perspective in Jomon archaeology: the role and possibility of Jomon sites in Yamanashi prefecture

    Ryuzaburo TAKAHASHI  [Invited]

    memorial lecture on the Eriana site designated as important cultural heritage in Matsumoto city  (kohfu city)  Mastumoto city board of education

    Presentation date: 2019.06

     View Summary

    山梨県内の所在する縄文遺跡の今まで果たしてきた学術的意義と、これからの学術発展を展望した。

  • The emergence of authority in potteri making in Jomon p@eriod

    Ryuzaburo TAKAHASHI  [Invited]

    Symposium on the emergence of power in Japanese prehistory  (Okayama city)  Archaeological society in Okayama University

    Presentation date: 2019.04

     View Summary

    縄文土器製作者は、なぜ創意を凝らして複雑で手間暇のかかる文様装飾を縄文土器に施文したのであろうか。煮炊きだけなら素文の方が効率的である。パプアニューギニアの民族誌調査では、文様装飾などには霊魂観や他界観をはじめ、地域の呪術的、魔術的要素が含意され、そのイデオロギーの保持者が社会的にも高く評価される。縄文時代の土器製作者にもそのような社会的評価があったのではないか、について述べた。

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 山内清男コレクションのデータベース作成

    2020   石井友菜

     View Summary

    本研究では、2017年に會津八一記念博物館に寄贈された、日本考古学の代表的研究者である山内清男博士の研究資料(山内清男コレクション)をデータベース化して公開することを目指し、コレクションの整理・研究を行った。とくに、コレクションの中心をなす研究メモ、紙焼き写真など劣化が危ぶまれる資料について、先史考古学の専門知識をもつ大学院生の補助をうけてデジタル化(高精度のスキャニング)・リスト化(先史考古学の知識に基づく写真内容の検証とそのリスト化)を重点的に進めた。この結果、約1万枚の紙焼き写真のリスト化・デジタル化、および博士の研究課程・分類案などを記した約2000枚の研究メモ・ノート類の文字起こしが完了した。

  • 縄紋時代晩期の社会と文化の研究-縄紋時代終末期の文化適応と文化変動について

    1996  

     View Summary

     縄紋時代晩期の日本列島は、石器時代の終末を迎えて様々な地域的展開を示す。その一つに、西日本を中心とした稲作農耕への顕著な動きがある。その生態学的背景として、晩期終末から弥生前期にかけての気候環境の悪化に対する、縄紋人の文化的適応の示現した姿を看取することができる。生態系の変化に応じて、悪化した食料事情に対する文化的適応の一選択肢として、稲作農耕を位置付けるわけだが、その傾向は九州・中国・近畿・東海の諸地方に顕著である。しかし、東北地方や北海道方面では、大きな文化的変容は看取されない。この点について、気候環境の変化が必ずしも日本列島全体に対して一様な影響を与えたわけではなく、生態学的変化の程度や質には多様性があり、地域的に異なった対応の仕方があったと考える。東北地方の晩期に隆盛を誇った亀ヶ岡文化の経済的基盤を支えたと考えられるサケ・マスの漁労活動は、寒冷化の影響による食料資源の相対的減少を最小限にくいとめる重要な働きをなくしたと思われる。その捕獲活動が周年的でなく季節的に限定されるだけに、保存備蓄の技術が重要な鍵となる。北太平洋の北方海域をめぐる沿海地域には、乾燥保存して備蓄したサケに年間食料の大部分を依存する民族例が多数あり、多くの示唆を与える。日本基層文化に残るサケ・マスの民俗例も縄紋時代の生業を復元する上で重要な参考資料と考えられるので、私は昨年9・12月に新潟県村上市を流れる三面川に出向き、著名なサケ居繰り網漁を民俗調査した。特に注目されたのは保存法で、内臓を除去してから軒下に大量に吊して自然乾燥させる保存方法は、当地域に残る最も簡便な乾燥法として知られ、技術の単純さ、用いる道具の簡便さから判断して、最も原初的な保存法と考えられる。これらの事例に共通の原初的保存技術は、縄紋時代晩期の河川漁労と保存備蓄技術を復元する上で重要な手掛かりを与えてくれる。

  • 民族誌比較に基づく亀ヶ岡社会の階層化過程の研究

    2003  

     View Summary

    縄文時代晩期の亀ヶ岡文化の社会について、報告者は平等社会を脱して、すでに位階による上下区分が生じた「階層化過程にある社会」だと考える。そのような階層化が進展する原因には普遍性があり、現在でも世界の各地に残る自然民族の民族誌を比較研究することによって、日本では3000年前に起こったことを理論的に復元できるのである。この目的のために2002年度にはパプア・ニューギニア高地のマウント・ハーゲン地区を訪ね、親族構造や出自体系、儀礼と祭祀、ビッグ・マンなどの政治的リーダーにつて調査した。また翌2003年にはパプア・ニューギニア北部を流れるセピク川流域地方をカヌーで訪ね、儀礼や祭祀、イニシェーション、ビッグ・マンの役割と機能、親族構造、出自体系などについて聴き取り調査を実施して情報を収集した。また同年には、もう一つの階層化社会の典型とされる北米北西海岸の先住民社会を調査するためにカナダ・アメリカを訪ね、博物館に収蔵される物質文化を調査し、不平等社会が形成される社会的背景について調査した。 このようにオセアニアと新大陸の両地域を調査したのは、自然環境も異なり生業も異なる両地域において、なぜ共通した社会の階層化過程が見られるかという問題に対して、解答を得ることができると考えたからである。特に定住生活と貯蔵経済、儀礼の専門的知識(秘術)の管掌の格差と生業分化などが重要な要因であることが知られた。この成果を加えて、2003年度には早稲田大学と明治大学において下記のようなシンポジウムを開催して、縄文社会の複合化、階層化過程について議論した。1.「縄文社会を考えるシンポジウム Ⅰ」(2003年10月11日・12日)早稲田大学2.「縄文と弥生」(2003年11月23日・24日)明治大学

  • パプア・ニューギニアにおける土器型式成立過程の民族考古学的研究

    2009  

     View Summary

     2009年8月5日から15日にかけて、大学院博士課程の学生を研究協力者として随行させ、パプア・ニューギニア東部、ミルンベイ地方のワリ島に渡海し、現地の女性たちが製作に関与する家庭的土器生産の実態について聞き取り調査を実施した。 同島は通称エンジニアリング・グループと称される独特の土器型式(ワリ式土器)を生産する島として有名である。この島は地力が衰えて農業生産が島人口を支持できないため、女性たちが家庭的な素焼きの土器を生産して、それを遠くに輸出して農産物を交換するシステムを早くから発達してきた。私の調査でも数十キロメートル離れたパプア・ニューギニア本島にももたらされた事実が判明している。 女性たちが土器生産を行い、男たちはそれをカヌーに乗せて島々に出掛けて売りさばくのに関与する。土器は母系制社会の中で生産されるために、女性たちは生まれた村で母親から技術を伝授され、娘に継承する。そのために同一のクランの製作技術が純粋に保存される契機となる。フィールド調査では各村の親族構造について調査し、土器製作者の系譜的な事実関係を聞き取った。これは土器製作技術や型式学的な特徴のまとまりが形成される大きな契機となる。同時に婚後の居住規定では、母系制社会でありながら夫婦は妻方、夫方のどちらにも居住できる独特の規定があるために、土器製作者の自由な移動が型式的特徴の拡散の契機となる。調査では土器型式を構成する様々な要素ー文様、施文具、文様帯、器形などの属性に注意しながら、各家庭に保存されるクランごとの土器について記録して資料を集積した。同時に各集落のクランとリネージ、さらにトーテムなどの情報を収集した。 今まで同島の詳細な測量図がないので、集落立地や地形などを記録するためにGPSによる測量を合わせておこなった。今後の調査に備えるためである。

  • 亀ヶ岡式土器に見る呪術的要素の民族誌的研究

    2014  

     View Summary

    縄文土器一般の特徴として、器形の多様性や文様の加飾性について強調されることが多い。煮炊きなどの実用を越えた中に縄文土器装飾を読み取るわけだが、時に装飾性の取っ手、突起などは機能を阻害する要因にすらなる。パプアニューギニなどの氏族社会で土器の民族誌を調査すると、それら文様や図柄が、単に装飾に留まらず、彼らの精神世界と結びついていることが理解される。呪術や儀礼と関わるのは、それを製作した土器製作者が自身で製作した土器を呪術や儀礼に用いるからである。その証明として、土器以外のj呪術、儀礼遺物である石棒や土偶、岩偶などの文様比較から、きわめて近似した内容であることがわかり、土器そのものが呪術・儀礼用に製作されたことがわかる。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 先史社会の複雑化・階層化過程の研究

    2018.03
    -
    2019.03

    英国   イースト・アングリア大学 センズベリー研究所

  • 英国における理論考古学の最近の発達について

    2000.04
    -
    2001.03

    イギリス   ケンブリッジ大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>