Updated on 2024/04/22

写真a

 
INUJIMA, Hiroshi
 
Affiliation
Faculty of Science and Engineering
Job title
Professor Emeritus
Degree
Doctor of Engineering ( Waseda University )

Research Experience

  • 2007
    -
    2010

    :東京大学先端技術研究センター客員研究員(兼務)蚋

  • 2003
    -
     

    :早稲田大学大学院情報生産システム研究科教授(現在に至る)

  • 2002
    -
    2003

    :早稲田大学大学院情報生産システム研究科開設準備室教授

  • 1989
    -
    2002

    :三菱電機産業システム研究所

  • 1998
    -
    2000

    :早稲田大学大学院理工学研究科非常勤講師(兼務)

  • 1995
    -
    1998

    :動力炉核燃料開発事業団敦賀新型炉センター客員研究員(兼務)

  • 1975
    -
    1989

    :三菱電機中央研究所

  • 1976
    -
    1981

    :動力炉核燃料開発事業団大洗工学センター嘱託(兼務)

▼display all

Education Background

  •  
    -
    1975.03

    Hokkaido University   Faculty of Engineering   Department of Electronics  

Committee Memberships

  • 2020.04
    -
    2021.03

    日本機械学会、ISO/TC108/SC5 機械の状態監視と診断国内委員会委員  委員

  • 2019.04
    -
    2020.03

    日本機械学会、ISO/TC108/SC5 機械の状態監視と診断国内委員会委員  委員

  • 2018.04
    -
    2019.03

    日本機械学会、ISO/TC108/SC5 機械の状態監視と診断国内委員会委員  委員

  • 2016.04
    -
    2019.03

    電気学会、診断・監視の基盤技術とその応用に関する協同研究委員会  委員

  • 2017.04
    -
    2018.03

    日本機械学会、ISO/TC108/SC5 機械の状態監視と診断国内委員会委員  委員

  • 2016.04
    -
    2017.03

    日本機械学会、ISO/TC108/SC5 機械の状態監視と診断国内委員会委員  委員

  • 2015.04
    -
    2016.03

    日本機械学会、ISO/TC108/SC5 機械の状態監視と診断国内委員会委員  委員

  • 2014.04
    -
    2016.03

    電気学会、診断監視技術の共通基盤に関する協同研究委員会  委員

  • 2008.04
    -
    2010.03

    電気学会、診断・監視と周辺技術に関する協同研究会  委員

▼display all

Professional Memberships

  •  
     
     

    Japanese Economic Association

  •  
     
     

    Japan Society of Civil Engineers

  •  
     
     

    Society of Automotive Engineers of Japan

  •  
     
     

    The Japan Society of Mechanical Engineers

  •  
     
     

    Information Processing Society of Japan

  •  
     
     

    The Society of Instrument and Control Engineers

  •  
     
     

    The Institute of Electrical Engineers of Japan

  •  
     
     

    Atomic Energy Society of Japan

▼display all

Research Areas

  • Nuclear engineering / Electron device and electronic equipment / Measurement engineering

Research Interests

  • Diagnosis, Degradation detection, Surveillance, Statistical analysis, Sistem identification, Signal processing, Maintenance, Analogue circuit

Awards

  • 第66回電気学術振興賞(論文賞)

    2010.05  

  • 発明協会近畿地方発明奨励賞

    1997.11  

  • 小平記念賞

    1991.06  

  • 電気学会論文賞

    1991.05  

 

Papers

  • Application of Proactive Techniques for Industrial Electrical Equipment Maintenance

    IEEJ Committee, specialized in, proactive maintenance technology investigation of, i, dustrial electrical equipment

    Technical Report of IEEJ   No.1424  2018.05

  • Research of bridge deterioration diagnosis based on independent component analysis

    Kaiyi Li, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    The 2018 Annual Meeting of The Institute of Electrical Engineers of Japan   No.4-193   314 - 315  2018.03

  • Current Status and Future Prospects of Diagnostic Technology for Electrical Equipment

    Hiroshi Inujima

    Monthly Electrical Calculations, February 2018,Issue (DENKISHOIN)   Vol.86 ( No.2 ) 20 - 24  2018.02

  • Fundamental Techniques for Monitoring and Diagnosis

    IEEJ Research Committee on, Fundamental Techniques for Monitoring, Diagnosis

    Technical Report of IEEJ   No.1406  2017.10

  • 磁気式回転角度センサに用いる磁気遮蔽技術の開発

    武舎 武史, 犬島 浩

    平成29年電気学会基礎・材料・共通部門大会論文集   19-B-a2-2  2017.09

  • Automatic Parking Space Searching System Using an Onboard Mono-Camera

    Chen Wenwei, Hiroshi Inujima, Ogai Harutoshi, Luo Xiao

    Proceedings of the SICE Annual Conference 2017     1121 - 1126  2017.09

  • Development of Phase Modulated Signal Generation Technology in Position Tracking

    Takeshi Musha, Hajime Nakajima, Hiroshi Inujima

    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN   99 ( 11 ) 65 - 71  2016.11  [Refereed]

     View Summary

    We carry out a technological examination for improving the positional detection accuracy of position tracking. In this paper, we focus on positional detection technology that uses a scale in which slits are carved at a certain constant period. We develop phase modulation signal generation technology that removes a signal of two frequencies of a one-signal detection track. We report on the detection principle and the results of the principle verification experiment. (C). 2016 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI

    Scopus

  • Improvement of Vehicle Ego-localization for Autonomous Driving

    Nan Wu, Xixun Wang, Weijiun Liu, Harutoshi Ogai, Hiroshi Inujima, Shigeyuki Tateno, Akira Kamino

      ( 文献番号20166214 ) 1122 - 1127  2016.10

  • Exploration of useful scented liquid from plants for relax and good sleep

    Yuriko Hachiya, Minori Shibata, Hiroshi lnujlma

    Annual Report of Cosmetology   Vol.24   190 - 198  2016.09

    CiNii

  • Bridge Inspection by Wavelet Transform

    Takahiro Tanisue, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

      2-S14-3   53 - 54  2015.09

  • Proactive Approach to Promote more Effectively - Expectations for Collaboration with Other Technology

    Hiroyuki Shimizu, Hiroshi Inujima

    Technology comprehensive journal OHM (OHMSHA)   Vol.102 ( No.7 ) 29 - 30  2015.07

  • Bridge Diagnosis Technology Using Wavelet Transform

    Takahiro Tanisue, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    The 2015 Annual Meeting Records of IEEJ   DVD:4-207   348 - 349  2015.03

  • The Trend of Tecnology for Diagnosis of The Deteriorative Electric Equipment

    Hiroshi Inujima

    Monthly Electrical Calculations by 2015, February Issue (DENKISHOIN)   Vol.83 ( No.2 ) 20 - 26  2015.02

  • Development of Phase Modulation Signal Generation Technology in Position Tracking

    Musha Takeshi, Nakajima Hajime, Inujima Hiroshi

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines   135 ( 7 ) 734 - 739  2015

     View Summary

    We carry out a technological examination for improving the positional detection accuracy of position tracking. In this paper, we focus on positional detection technology that uses a scale in which slits are carved at a certain constant period. We develop phase modulation signal generation technology that removes a signal of two frequencies of a one-signal detection track. We report on the detection principle and the results of the principle verification experiment.

    DOI CiNii

    Scopus

    2
    Citation
    (Scopus)
  • Small EV autonomous Driving control using wireless handhold device

    Yawenzhao, Nanwu Beier Hu, Gengniu, Harutoshi Ogai, Hiroshi Inujima, Shigeyuki Tateno

    2015 54TH ANNUAL CONFERENCE OF THE SOCIETY OF INSTRUMENT AND CONTROL ENGINEERS OF JAPAN (SICE)   652-3   1441 - 1446  2015  [Refereed]

     View Summary

    In this paper, by using the Android mobile terminal, we make a application of performing autonomous driving control small electric car as the target. Small EV car (COMS) is treated as experimental subjects. This application will help the Elderly, driving poor people, fast, accurate to park the car and call the car coming for users easily. Moreover, it is also considered that it becomes possible to inform the vehicle information for users.
    For this study, itintroduce that how making the communication system with the car. Also using Map management tool "Mapinfo" for design the path for a small electric vehicle, for example the path to/from parking place. On top of that, we seek a control method to safely autonomous driving on the basis of the data around the vehicle. Also for other cars and pedestrians traveling the parking lot, we aim to correspond to the safety and smooth.

  • Autonomous driving experiments by Small electric vehicle in simulated road

    Nan Wu, Qieshi Zhang, Xun Pan, Hu Beier, Harutoshi Ogai, Sei-ichiro Kamata, Hiroshi Inujima, Shigeyuki Tateno

    2015 54TH ANNUAL CONFERENCE OF THE SOCIETY OF INSTRUMENT AND CONTROL ENGINEERS OF JAPAN (SICE)     1451 - 1452  2015  [Refereed]

     View Summary

    © 2015 The Society of Instrument and Control Engineers-SICE. In the city of Kitakyushu, a quarter more of people are older than 65 years old. Especially a large proportion of elderly people are living on their own. So how to let old people easily access the communal facilities like hospitals need be attended. Therefore, the bad connection between public transportation and home is need to be solved. Based on the survey result and road situation in Kitakyushu city, a new type small single-seat electrical vehicle (sEV) is studied to provide a solution for elder to easily access the public transportation. In this research, low cost and safe automatic driving electrical vehicle based on limited number of sensors is focused.

    DOI

    Scopus

  • Small EV autonomous Driving control using wireless handhold device

    Yawenzhao, Nanwu Beier Hu, Gengniu, Harutoshi Ogai, Hiroshi Inujima, Shigeyuki Tateno

    2015 54TH ANNUAL CONFERENCE OF THE SOCIETY OF INSTRUMENT AND CONTROL ENGINEERS OF JAPAN (SICE)     1441 - 1446  2015  [Refereed]

     View Summary

    In this paper, by using the Android mobile terminal, we make a application of performing autonomous driving control small electric car as the target. Small EV car (COMS) is treated as experimental subjects. This application will help the Elderly, driving poor people, fast, accurate to park the car and call the car coming for users easily. Moreover, it is also considered that it becomes possible to inform the vehicle information for users.
    For this study, itintroduce that how making the communication system with the car. Also using Map management tool "Mapinfo" for design the path for a small electric vehicle, for example the path to/from parking place. On top of that, we seek a control method to safely autonomous driving on the basis of the data around the vehicle. Also for other cars and pedestrians traveling the parking lot, we aim to correspond to the safety and smooth.

    DOI

    Scopus

    1
    Citation
    (Scopus)
  • Bridge Diagnosis Technology Using Wavelet Transform

    Ryouta Shimowaki, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    The 15th SICE System Integration Division Annual Conference   CD:3C2-4   1957 - 1958  2014.12

  • An Assessment of R-R Interval Variability during use of aromas

    Yuriko Hachiya, Minori Shibata, Hiroshi Inujima

    The Papers of Technical Meeting on "Perception Information" IEE Japan   PI-14-075 ( 56 ) 63 - 67  2014.09

    CiNii

  • The changes in the sense of tiredness during use of aromas

    Yuriko Hachiya, Minori shibata, Hiroshi Inujima

    A summary of The 3rd Annual Conference of Japan Academy of Occupational Health Nursing   P-7   63  2014.09

  • Bridge Diagnosis Technology Using Wavelet Transform

    Ryouta Shimowaki, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    Ryouta Shimowaki, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata   CD:04-1P-03   150  2014.09

  • Tecnology for Diagnosis of The deteriorative electric equipment

    Hiroshi Inujima

    Electrical Review (Denki Hyouron sha co.)   Vol.99 ( No.4 ) 18 - 23  2014.04

  • Bridge Diagnosis Technology Using Wavelet Transform

    Ryouta Shimowaki, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    The 2014 Annual Meeting Records of IEEJ   DVD:4-202   343 - 344  2014.03

  • Efforts to Internationalization and Collaboration with Industries for Graduate School - Creating academic base for international engineers -

    Hiroshi Inujima, Shigeru Fujimura

    Electrical Review (Denki Hyouron sha co.)   Vol.98 ( No.12 ) 29 - 33  2013.12

    CiNii

  • Bridhe diagnosis technology with wavelet transform

    Atsushi Shioya, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    2013 Joint convention Record, The Hokkaido Chapters of The Institutes of Electrical and Information Engineers, Japan   CD:29  2013.10

  • Bridge Diagnosis Technology Using Wavelet Transform

    Atsushi Shioya, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata, Japanese Edition) The, h Joint Conference of Electrical, Ele

    he 66th Joint Conference of Electrical and Electronics Engineers in Kyushu   CD-ROM:05-1P-05   192 - 192  2013.09

    DOI CiNii

  • Bridge Diagnosis Technology Using Wavelet Transform

    Atsushi Shioya, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    The 2013 Annual Meeting Records of IEEJ   DVD:3-076   109 - 110  2013.03

  • Basic examination of rotation angle detection system with soft magnetic slit scale

    Takeshi Musha, Hajime Nakajima, Hiroshi Inujima

    The 2013 Annual Spring Meeting Papers of The Japan Society of Precision Engineering     783 - 784  2013.03

  • Insulation Deterioration Detection System using Zero-Sequence Current Analysis for Induction Motors

    IWANAGA Hideki, INUJIMA Hiroshi

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines   132 ( 12 ) 1084 - 1090  2012.12

     View Summary

    Generally, the insulation breakdown of motors, the main fault associated with motors, is caused by the compound factor of thermal, electrical, mechanical, and environment deterioration. For preventive maintenance for insulation breakdown, the insulation test of a stator coil is performed for motors in the power and industry plant once in several years, periodically.<br>Insulation failure expensively deteriorates the plant operation. Therefore, for the maintenance of these motors, various tests such as an insulation test and research and development of insulation deterioration diagnosis, on-line PD (partial discharge) monitoring, etc. have been actively carried out. On the other hand, the maintenance of LV (low voltage) motors have stayed in BDM (Break Down Maintenance) because many and many LV motors are running in plant and the maintenance of LV motors should consider cost-effectiveness from HV (High Voltage) motors.<br>This paper shows that the method of insulation deterioration detection, using analysis of the deference wave of zero-sequence current between the normal condition and the fault condition, can realize life management with an on-line diagnosis system and CBM (condition-based maintenance) for induction motors.

    DOI CiNii

    Scopus

  • Bridge diagnostic technology by ARMA model and Low-pass filter

    Ryohei Matsutake, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    The 65th Joint Conference of Electrical and Electronics Engineers in Kyushu   CD:07-2P08   566 - 567  2012.09

    DOI CiNii

  • Bridge diagnostic technology by ARMA model

    Ryohei Matsutake, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    The 2012 Annual Meeting Papers of The Institute of Electrical Engineers of Japan   DVD 4-212   359 - 360  2012.03

  • Sensing Technology for Diagnosis and Data Processing Technology

    Hiroshi Inujima, Izumi Yamashita

    A monthly magazin issued by Ohmsha   Vol.98 ( No.11 ) 59 - 62  2011.11

  • The Subject and Future View about Diagnosis and Renewal of Industrial Electrical Equipment

    Investigating, R, D Committee for the subject, future view, about, diagnosis, renewal of industrial electrical equipment

    Technical Report of IEE Japan   ( No.1238 ) 1 - 73,裏表紙  2011.11

    CiNii

  • Bridge diagnostic technology by using autoregressive model

    Toshiaki Terasaki, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    The Papers of Technical Meeting on Industrial Instrumentation and Control, IEE Japan   IIC-11-119~133   19 - 22  2011.03

  • Bridge diagnostic technology by aoutoregressive model

    Toshiaki Terasaki, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    The Papers of Annual Meeting in 2011 on The Institute of Electrical Engineers of Japan   DVD:4-185   322 - 323  2011.03

  • Insulation deterioration detection by zero-sequence current analysis for induction motors

    Hideki Iwanaga, Hiroshi Inujima

    IEEJ Transactions on Industry Applications   131 ( 12 ) 1457 - 1464  2011

     View Summary

    Insulation tests for the stator coil, which decides the motor life, are carried out once several years in power and industrial plant. In the case of high voltage (HV) motors, insulation failure may adversely affect plant operation. Hence, maintenance activities, including insulation tests, research on insulation deterioration, and online Partial Discharge (PD) monitoring, are actively pursued for HV motors. On the other hand, the maintenance of low voltage (LV) motors is restricted to breakdown maintenance (BDM) because (1) a large number of LV motors are in operation in plants and (2) maintenance activities are relatively more expensive than those for HV motors. In this paper, the results of a study on insulation deterioration detection for LV motors are presented. For the deterioration detection, the deference in Zero-Sequence current waveforms between normal conditions and fault conditions is analyzed. This method helps in decreasing the maintenance cost and in online insulation diagnosis for LV motors. © 2011 The Institute of Electrical Engineers of Japan.

    DOI

    Scopus

    3
    Citation
    (Scopus)
  • Insulation deterioration detection by zero-sequence current analysis for induction motors

    Hideki Iwanaga, Hiroshi Inujima

    IEEJ Transactions on Industry Applications   131 ( 12 ) 1457 - 1464  2011

     View Summary

    Insulation tests for the stator coil, which decides the motor life, are carried out once several years in power and industrial plant. In the case of high voltage (HV) motors, insulation failure may adversely affect plant operation. Hence, maintenance activities, including insulation tests, research on insulation deterioration, and online Partial Discharge (PD) monitoring, are actively pursued for HV motors. On the other hand, the maintenance of low voltage (LV) motors is restricted to breakdown maintenance (BDM) because (1) a large number of LV motors are in operation in plants and (2) maintenance activities are relatively more expensive than those for HV motors. In this paper, the results of a study on insulation deterioration detection for LV motors are presented. For the deterioration detection, the deference in Zero-Sequence current waveforms between normal conditions and fault conditions is analyzed. This method helps in decreasing the maintenance cost and in online insulation diagnosis for LV motors. © 2011 The Institute of Electrical Engineers of Japan.

    DOI

    Scopus

    3
    Citation
    (Scopus)
  • The new bridge diagnostic technology by using digital signal analysis

    Takahiro Hatori, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    The Papers of Technical Meeting on Industrial Instrumentation and Control, IEE Japan   IIC-10-184~192 ( 184 ) 1 - 4  2010.12

    CiNii

  • Development of bridge diagnostic technology by using Auto-Regressive Model

    Yuji Fujioka, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    The Papers of Technical Meeting on Industrial Instrumentation and Control, IEE Japan   IIC-10-184~192 ( 184 ) 5 - 8  2010.12

    CiNii

  • High-Precision Absolute Rotary Angular Measurement by Using a Multielectrode Circular Position-Sensitive Detector

    Hajime Nakajima, Kazuhiko Sumi, Hiroshi Inujima

    IEEE TRANSACTIONS ON INSTRUMENTATION AND MEASUREMENT   59 ( 11 ) 3041 - 3048  2010.11  [Refereed]

     View Summary

    We propose a multielectrode circular position-sensitive device that does not have any discontinuity in the detection region and has multiple electrodes for current output. We have also manufactured a prototype device. The device has a circular detection region that consists of photodiodes radially aligned with regular pitch and a resistance line connecting the outer edges of the photodiodes. All of the photocurrent excited in the photodiodes flows into the resistance line and is extracted from the electrodes connected to the resistance line at even intervals. There is no insensitive region for current output in this device since the detection region and the resistance line are separated; thus, detection with high resolution is possible at every angular position. We conducted a simulation of the detection characteristics and will propose a computational method for the position that uses four-electrode outputs in this paper. We confirmed that it is effective in minimizing the error from both the simulation and the experiment. We will also propose a measurement system of absolute angle using this method, confirming an error of less than 0.1 degrees in the computation results.

    DOI

    Scopus

    13
    Citation
    (Scopus)
  • Bridge Diagnostic System by Using Independent Component Analysis

    Takahiro Hatori, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    The 2010 Annual Meeting of Japan Society of Civil Engineers   DVD:V-361   721 - 722  2010.09

  • Bridge Diagnostic Technology by Using Auto-Regressive Model

    Yuji Fujioka, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai, Izumi Maruyama, Shinji Nagata

    The 2010 Annual Meeting of Japan Society of Civil Engineers   DVD:V-362   723 - 724  2010.09

  • A foresight methodology for exploring prior R &amp; D topics in software field: Calculation and resolution of conflicts

    Shin-Ichi Kobayashi, Fumihiro Kumeno, Yasuyuki Shirai, Hiroshi Inujima

    International Journal of Foresight and Innovation Policy   6 ( 1-3 ) 88 - 113  2010.04  [Refereed]

     View Summary

    To reinforce the research development power, it is necessary to clarify the methodology of formulating the R&amp
    D strategies. This paper focuses on the methodology of setting the themes for R&amp
    D. We propose the NeXT model, which consists of two stages: foresight of the priority areas based on the conflicts between near-future trends and verifying the priority areas. We show a method for calculating a Degree of Conflict using FURPS+ model. The NeXT model comes in compliance with the characteristics of the current society in which the link between technology and society is stronger than ever before. Copyright © 2010 Inderscience Enterprises Ltd.

    DOI

    Scopus

  • Bridge Diagnostic System by Using Independent Component Analysis

    Takahiro Hatori, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai

    The 2010 Annual Meeting of The Institute of Electrical Engineers of Japan   CD:4-195   324 - 325  2010.03

  • Verification of damage identification technique based on Transfer Function and using on a real bridge

    Shao Chen, Harutoshi Ogai, Hiroshi Inujima, Izumi Maruyama, Sinji Nagata

    The 10th Control Division Conference of The Society of Instrument and Control Engineers   CD:186-1-3  2010.03

  • A Foresight Methodology for Exploring Prior R&D Topics in Software Field and its Evaluation: Introduction of the method for calculating a degree of conflict

    Shin-ichi Kobayashi, Fumihiro Kumeno, Yasuyuki Shirai, Hiroshi Inujima

    The Journal of Science Policy and Research Management   Vol.24 ( No.2 ) 192 - 206  2010.03

     View Summary

    In order to reinforce the research development power in the software-related sectors, it is necessary to clarify the methodology of formulating the R & D strategies. This paper focuses on the methodology of setting the themes for R & D. In order to promote R & D more effectively, we propose the NeXT model which consists of two stages: foresight of the priority areas based on the conflicts between near-future trends and verifying the priority areas. Since it is one of major problems of the NeXT model to evaluate whether there is a conflict or not between given trends, we show a method for calculating a degree of conflict using FURPS+model. We have evaluated this methodology by comparing with the results of the 7-th Technology Foresight which was conducted using the Delphi method. The NeXT model comes in compliance with the characteristics of the current society in which the link between technology and society is stronger than ever before, and is applicable to a wide range of fields.

    DOI CiNii

  • Diagnostic System Using Ubiquitous Technology and Cloud Computing

    Izumi Yamashita, Hiroshi Inujima

    The Papers of Technical Meeting on General Industries Division, IEE Japan   Vol.GID-10-001~008   23 - 26  2010.01

  • Diagnostic System of Electrical Power Equipment on Cloud Computing

    Hiroshi Inujima, Seisuke Nishimura, Manabu Iwamura, Shintaro Gamo, Yoshiyuki Takagi, Hisao Yoshino, Iwao Ohtaka, Izumi Yamashita

    The Papers of Technical Meeting on General Industries Division, IEE Japan   Vol.GID-10-001~008   13 - 16  2010.01

  • クラウドコンピューティングによるウェーブレット変換を適用した設備診断

    犬島 浩

    電気学会研究会資料(産業計測制御研究会)   IIC-09-165~169   1 - 4  2009.12

  • 多電極円形位置検出素子を用いた絶対回転角度計測

    仲嶋 一, 鷲見 和彦, 犬島 浩

    電気学会論文誌D   129 ( 10 ) 989 - 994  2009.10

  • クラウドコンピューティングによる設備診断

    犬島 浩

    電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集   CD:OS6-1   487 - 488  2009.09

  • 配線用遮断器接点の接触抵抗増加メカニズム

    三木 伸介, 梅村 園子, 伏見 征浩, 山崎 悟, 犬島 浩

    電子情報通信学会論文誌   J92-C ( 2 ) 47 - 54  2009.02

  • Bridge Diagnosis by using Transfer Function

    YongChangn Ma, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai

    電気学会研究会資料(産業計測制御研究会)   IIC-08-171~175   25 - 30  2008.12

  • ウェーブレットと知識発見技術

    電気学会ウェーブレットと知識発見技術に関する協同研究委員会

    電気学会技術報告第1134号   ( 1134 )  2008.09

  • 温度ゆらぎによる配電盤母線接続部劣化診断手法の開発

    高木 義之, 犬島 浩

    電気学会論文誌D   128 ( 5 ) 584 - 587  2008.05

  • Remaining service life diagnostic technology of phenol insulators for circuit breakers

    S. Miki, T. Hasegawa, S. Umemura, H. Okazawa, Y. Otsuka, H. Matsuki, S. Tsunoda, H. Inujima

    IEEE TRANSACTIONS ON DIELECTRICS AND ELECTRICAL INSULATION   15 ( 2 ) 476 - 483  2008.04

     View Summary

    We developed remaining service life diagnostic technology of phenol insulators for circuit breakers. Phenol insulators were analyzed by chemical evaluation such as ion concentration and coloration, and the results were diagnosed by the Mahalanobis-Taguchi system (MTS), which is a pattern information technology. Particularly effective items for diagnosis included ions of nitric acid, sulfuric acid, chloride, and calcium. Since there was a good relationship between the results diagnosed by MTS and the actual measurement results of surface resistivity, we found that applying MTS to the chemical evaluation results allowed deterioration diagnosis of phenol insulators instead of surface resistivity, which couldn't be measured on-site. Time was defined as the end of the service life when electrical discharge was initiated and remaining service life was predicted. The linear relationship (master curve of service life) was clarified between the real number value of elapsed time and the logarithmic value of surface resistivity at 50% RH, and remaining service life was predicted from the diagnosis results by MTS and the year in which the master curve and the threshold value intersect. Surface resistivity (threshold value) for electrical discharge initiation was derived from creepage distance, permittivity of phenol insulators, frequency, etc. We substantiated that the remaining service life of the phenol insulators could be predicted by this technology because a good relationship existed between the check examination results of the electric discharge initiation in the laboratory and the prediction results.

  • 複素数ウェーブレット変換による配電盤導体接続部劣化診断

    千代島 昭広, 犬島 浩

    電子情報通信学会2008年総合大会講演論文集   CD:A-18-1   329 - 329  2008.03

  • Bridge diagnosis system by using wireless sensor network and independent component analysis

    Jia Cheng, Miduki Nakayama, Ping-An Ruan, Jong-In Cheon, Ming-Yuan Hsieh, Harutoshi Ogai, Hiroshi Inujima, Noriyoshi Yamauchi

    Proceedings of the SICE Annual Conference     1683 - 1686  2008

     View Summary

    The aim of this paper is the development of a bridge diagnosis system for daily bridge maintenance. The system includes the technology of wireless sensor network, signal processing, and structure analysis of a bridge. We collect the vibration data caused by external force such as wind pressure, running vehicles and etc through wireless sensor network and then use independent component analysis (ICA) and spectral analysis to analyze the data for extracting character frequency. The diagnosis technology is developed to understand the phenomena like deterioration and corrosion of a bridge through the measurement result. So the diagnosis system can evaluate the health condition of a bridge and conduct a comprehensive deliberation on repair and reinforcement work. We apply this diagnosis system to field experiments at Kokura, Kitakyushu city in Japan and successfully extract the character frequency of a bridge. © 2008 SICE.

    DOI

    Scopus

    4
    Citation
    (Scopus)
  • ウェーブレット変換による配電盤導体接続部劣化診断

    千代島 昭広, 犬島 浩

    MSRC第一回ウェーブレット変換およびその応用に関するワークショップ   CD:121.pdf   1 - 6  2007.10

  • 化学的分析とマハラノビス・タグチ(MT)法の適用による遮断器用絶縁物の劣化評価

    三木 伸介, 岡澤 周, 犬島 浩

    電気学会論文誌B   127 ( 9 ) 1033 - 1040  2007.09

  • 複素型ウェーブレット変換による電気配線接続部劣化診断

    千代島 昭広, 犬島 浩

    平成19年電気学会産業応用部門大会講演論文集   CD:2-64   423 - 426  2007.08

  • 受配電設備絶縁物の余寿命診断技術

    三木 伸介, 岡澤 周, 長谷川 武敏, 角田 誠, 犬島 浩

    電気学会論文誌B   127 ( 7 ) 863 - 869  2007.07

  • ウェーブレット変換による電気配線接続部劣化診断

    千代島 昭広, 犬島 浩

    平成19年電気学会全国大会講演論文集   CD:4-S19   17 - 20  2007.03

  • Remaining service life diagnostic technology of phenol insulators for power distribution equipment

    S. Miki, T. Hasegawa, S. Umemura, H. Okazawa, Y. Otsuka, H. Inujima

    2007 ANNUAL REPORT CONFERENCE ON ELECTRICAL INSULATION AND DIELECTRIC PHENOMENA   167 ( 2 ) 41 - +  2007  [Refereed]

     View Summary

    We have applied a remaining service life diagnostic technology to phenol insulators of power distribution equipment. Application of chemical evaluation and the Mahalanobis-Taguchi (MT) method enabled us to diagnose the insulators' degree of deterioration with great accuracy and nondestructively on-site. Time was defined as the end of service life when electrical discharge was initiated and a remaining service life was presumed from the diagnostic results by the MT method and the year in which the master curve of service life and the threshold value intersect. Surface resistivity (threshold value) for electrical discharge initiation can be calculated from creepage distance, permittivity, frequency, etc.. It was clarified that a remaining service life for phenol insulators could be presumed by this technology because there was a good relationship between the check examination results of electric discharge initiation in the laboratory and the presumption results.

  • ウェーブレット変換を用いた電気配線接続部劣化診断の可能性

    千代島 昭広, 依藤 泰介, 犬島 浩

    電気学会研究会資料(産業計測制御研究会)IIC-06-144~149     7 - 12  2006.12

  • ウェーブレット変換を用いた電気配線接続部劣化診断の可能性

    千代島 昭広, 依藤 泰介, 犬島 浩

    電気・情報関連学会中国支部第57回連合大会講演論文集   CD:4-13   442  2006.10

  • 1変量最近隣モデルによる電力線劣化検出に関する研究

    依藤 泰介, 犬島 浩

    電気・情報関連学会中国支部第57回連合大会講演論文集   CD:4-12   441  2006.10

  • 機器の劣化診断及び余寿命推定技術

    犬島 浩, 吉野 久男, 山下 泉

    平成18年電気学会産業応用部門大会講演論文集   CD:2-S1-5   21 - 26  2006.08

  • ソフトウェア分野における研究開発テーマ策定の方法論とその評価

    小林 慎一, 白井 康之, 粂野 文洋, 西山 聡, 佐野 紳也, 浅井 直樹, 佐藤 明男, 犬島 浩

    経営情報学会誌   15 ( 1 ) 15 - 29  2006.06

    CiNii

  • MTS法に基づく配電盤余寿命推定手法の評価

    高木 義之, 犬島 浩, 松本 正昭

    電気学会論文誌D   126 ( 6 ) 804 - 811  2006.06

  • ウェーブレットとその周辺技術

    電気学会ウェーブレットとその周辺技術に関する協同研究委員会

    電気学会技術報告第1052号   CD  2006.05

  • 1変量最近隣モデルによる電力線劣化検出に関する研究

    依藤 泰介, 高野 純一, 犬島 浩, 山内 規義

    平成18年電気学会全国大会講演論文集   CD-4-172   275 - 275  2006.03

  • Development of bridge diagnosis technology by independent component analysis

    Jong-In Cheon, Ming-Yuan Hsieh, Yi-Chun Yeh, Harutoshi Ogai, Hiroshi Inujima

    2006 SICE-ICASE INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE, VOLS 1-13     2335 - +  2006  [Refereed]

     View Summary

    This paper focuses on maintaining a bridge's safety by developing a daily management system. And the purpose of this study is the development of the health monitoring system. It supports the maintenance by Independent Component Analysis (ICA) when there are some troubles in a bridge. The result of this study brings out the vibration behavior of the overall structure in a bridge. This vibration is caused by the external force such as heavy weight impact, wind pressure, and running vehicle. The character frequency was extracted from the analysis result using ICA and Spectral Analysis. When the vibration behavior caused by external force is very small in the bridge, ICA can detect the vibration response from the analysis result. Therefore, it is proved that the potential of detection was high by ICA.

  • A methodology for planning R &amp; D topics in IT field

    Shin-Ichi Kobayashi, Fumihiro Kumeno, Yasuyuki Shirai, Shin-Ya Sana, Satoshi Nishiyama, Naoki Asai, Akio Sato, Hiroshi Inujima

    Proceedings of the Annual Hawaii International Conference on System Sciences   2   45  2006

     View Summary

    In order to reinforce the research development power in the software-related sectors, it is necessary to clarify the methodology of formulating the R&amp
    D strategies. This paper focuses on the methodology of setting the themes for R&amp
    D. In order to promote R&amp
    D more effectively, we propose the NeXT model which consists of two stages: forecasting the priority areas based on the conflicts between near-future trends and verifying the priority areas. We have evaluated this methodology by comparing with the results of the 7-th Technology Foresight which was conducted using the Delphi method. The NeXT model comes in compliance with the characteristics of the current society in which the link between technology and society is stronger than ever before, and is applicable to a wide range of fields. © 2006 IEEE.

    DOI

    Scopus

    1
    Citation
    (Scopus)
  • A Foresight Methodology for Exploring Prior R&amp;D Topics in Software Field-Calculation and Resolution of Conflicts-

    Kobayashi, S, Kumeno,F, Shirai,Y, Inujima, H

    International Journal of Technology Management, Special Issue on: "The Foresight in New Era"    2006

  • 変電設備保全へのIT適用に関する調査報告

    電気学会変電設備保全へのIT適用に関する調査専門委員会

    電気学会技術報告第1041号   ( 1041 )  2005.12

  • 連続ウェーブレット変換による電力線劣化検出

    依藤 泰介, 高野 純一, 犬島 浩, 山内 規義

    平成17年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集   CD:MC3-5   579 - 579  2005.09

  • 離散ウェーブレット変換と独立成分分析による部分放電検出評価

    高野 純一, 犬島 浩, 大貝 晴俊, 山内 規義

    平成17年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集   CD:MC3-4   575 - 578  2005.09

  • 独立成分分析を用いた画像分類への応用

    木川 洋一, 大貝 晴俊, 阿部 宏和, 山内 規義, 犬島 浩

    平成17年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集   CD:MC3-1   565 - 568  2005.09

  • 離散ウェーブレット変換と独立成分分析による部分放電検出評価

    犬島 浩, 高野 純一

    電気学会研究会資料(産業計測制御研究会)IIC-05-98~103     23 - 26  2005.06

  • インターネットリソースを用いた技術動向の時系列的分析

    小林 慎一, 白井 康之, 比屋根 一雄, 粂野 文洋, 犬島 浩, 山内 規義

    電気学会論文誌C   125 ( 5 ) 720 - 729  2005.05

  • 独立成分分析を用いた信号と雑音の分離手法に関する研究

    高野 純一, 犬島 浩, 山内 規義, 大貝 晴俊

    平成17年電気学会全国大会講演論文集    2005.03

  • Time Series Analysis of Technology Trends based on the Internet Resources

    Shin-Ichi Kobayashi, Yasuyuki Shirai, Kazuo Hiyane, Fumihiro Kumeno, Hiroshi Inujima

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   125 ( 5 ) 720 - 729  2005  [Refereed]

     View Summary

    Information technology is increasingly important in recent years for the development of our society. IT has brought many changes to everything in our society with incredible speed. Hence, when we investigate R&amp
    D themes or plan business strategies in IT, we must understand overall situation around the target technology area besides technology itself. Especially it is crucial to understand overall situation as time series to know what will happen in the near future in the target area. For this purpose, we developed a method to generate Multiple-phased trend maps automatically based on the Internet content. Furthermore, we introduced quantitative indicators to analyze near future possible changes. According to the evaluation of this method we got successful and interesting results. © 2005, The Institute of Electrical Engineers of Japan. All rights reserved.

    DOI

    Scopus

    1
    Citation
    (Scopus)
  • Technology trends analysis from the Internet resources

    S Kobayashi, Y Shirai, K Hiyane, F Kumeno, H Inujima, N Yamauchi

    ADVANCES IN KNOWLEDGE DISCOVERY AND DATA MINING, PROCEEDINGS   3518   820 - 825  2005  [Refereed]

     View Summary

    In business or technology planning, it is strongly required to grasp the overall technology trends and predict what will happen in the near future. In this paper, we propose the method where we can detect and analyze the technology trends from the Internet resources.

  • Experiments on quantitative technology trends analysis from the Internet news resources

    S Kobayashi, Y Shirai, K Hiyane, F Kumeno, H Inujima, N Yamauchi

    ISSI 2005: Proceedings of the 10th International Conference of the International Society for Scientometrics and Informetrics, Vols 1 and 2   2   544 - 555  2005  [Refereed]

     View Summary

    In business or technology planning, it is strongly required to grasp the overall technology trends and predict what will happen in the near future. A deluge of technology information in recent years, however, makes it quite difficult even by domain experts. We have developed the environment where we can detect and analyze the technology trends from the Internet news resources. In our system, we define several quantitative indicators, such as importance and influence of each keyword in the target field, and relativity and superiority of relationships between keywords. According to these indicators, our system detects key concepts around the target field and provides an environment to analyze the technology trends of the target field. In this article, we report some experimental results using our system based on the content from IT news sites, shows the effectiveness or validity of our method compared with human experts' evaluations, and discuss the feasibility to grasp technology trends from the Internet resources automatically in the future.

  • 部分放電の時間周波数解析

    譚 宗涛, 犬島 浩, 山内 規義, 大貝 晴俊

    平成16年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集   CD:OS10-10   582 - 582  2004.09

  • 技術ロードマップのための未知語切り出し手法の提案

    多田 圭人, 犬島 浩, 山内 規義, 小林 慎一, 白井 康之, 比屋根 一雄

    平成16年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集   CD:OS10-8   580 - 580  2004.09

  • ユビキタス・インテリジェントセンサの開発

    犬島 浩, 山内 規義, 大貝 晴俊, 譚 宗涛

    平成16年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集   CD:OS10-7   578 - 579  2004.09

  • ウェーブレット変換の高速計算手法と実データへの応用

    中西 理, 犬島 浩, 山内 規義, 大貝 晴俊

    平成16年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集   CD:OS10-9   581 - 581  2004.09

  • 独立成分分析の画像分類への応用

    木川 洋一, 大貝 晴俊, 犬島 浩, 山内 規義, 阿部 宏和

    計測自動制御学会第4回制御部門大会資料 04SY0004     255 - 258  2004.05

  • ユビキタスネットワーク用機能融合システムLSI

    山内 規義, 犬島 浩, 井上 靖秋, 大貝 晴俊, 吉原 努, 吉増 敏彦, 漆原 育子, 鮎澤 篤, 佐藤 光, 保坂 寛, 佐々木 健, 板生 清

    計測自動制御学会第4回制御部門大会資料 04SY0004     719 - 722  2004.05

  • ユビキタスシステムLSIの設備診断応用ー変電設備絶縁劣化診断への適用ー

    犬島 浩, 山内 規義, 大貝 晴俊, 譚 宗涛

    計測自動制御学会第4回制御部門大会資料 04SY0004     723 - 726  2004.05

  • 変電設備保全のIT化展望ーユビキタス・インテリジェントセンサの適用ー

    犬島 浩, 山内 規義, 大貝 晴俊, 譚 宗涛

    平成16年電気学会全国大会講演論文集   CD:6-S9-7   25 - 28  2004.03

  • 部分放電の時間周波数解析

    譚 宗涛, 犬島 浩, 山内 規義, 大貝 晴俊

    平成16年電気学会全国大会講演論文集   CD:4-181   288 - 289  2004.03

  • 技術ロードマップにおけるキーワード切り出し手法の開発

    多田 圭人, 犬島 浩, 山内 規義, 小林 慎一, 白井 康之, 比屋根 一雄

    平成16年電気学会全国大会講演論文集   CD:3-094   136 - 136  2004.03

  • ウェーブレット変換の高速計算手法に関する研究

    中西 理, 犬島 浩, 山内 規義, 大貝 晴俊

    平成16年電気学会全国大会講演論文集   CD:3-098   142 - 142  2004.03

  • 産業用電気設備更新の考え方と進め方

    電気学会産業用電気設備更新技術に関する調査専門委員会

    電気学会技術報告第940号   ( 940 )  2003.12

  • ウェーブレット解析の産業応用

    電気学会ウェーブレット解析の産業応用に関する協同研究委員会

    電気学会技術報告第939号   CD ( 939 )  2003.10

  • ユビキタス・インテリジェントセンシングシステムの開発

    犬島 浩

    電気学会研究会資料(産業計測制御研究会IIC-03-81)     41 - 44  2003.03

  • ユビキタス・インテリジェントセンサにおける信号処理とパターン認識

    犬島 浩

    早稲田大学情報生産システムシンポジウム2002    2002.12

  • ウェーブレット変換を用いたエンジン音の診断

    犬島 浩

    平成14年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集   CD:MC7-9   698 - 702  2002.09

  • 石油掘削における電磁波地中双方向通信システムの開発

    井上 悟, 秋月 影雄, 犬島 浩, 実森 彰郎, 宇佐美 照夫, 栃川 哲郎

    電気学会論文誌C   122 ( 7 ) 1120 - 1126  2002.07

  • ウェーブレット解析 ーエンジン音の時間・周波数解析と診断への適用

    犬島 浩

    産業応用フォーラム資料DF-IIC02-3     21 - 25  2002.06

  • マルチプルツリー理論によるネットワーク上の不規則信号の推定

    Sembiring Jaka, 秋月 影雄, 犬島 浩

    電気学会論文誌C   122 ( 3 ) 492 - 497  2002.03

  • 半導体検出器の劣化診断2

    伊藤 晴夫, 犬島 浩, 泉 伸幸

    日本原子力学会2001年秋の年会 H27     310 - 310  2001.09

  • 送電線故障原因判別手法の開発

    山崎 努, 野末 明秀, 犬島 浩, 前川 洋

    電気学会研究会資料(一般産業研究会GID-01-22)     13 - 14  2001.09

  • 工場電気設備の診断・更新技術

    電気学会設備診断更新技術調査専門委員会

    電気学会技術報告第831号   ( 831 )  2001.07

  • Response calculation of a stacked CdZnTe detector for N-16 gamma-ray measurement

    H Nishizawa, H Inujima, T Usami, H Fujiwara, H Nakamura

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   463 ( 1-2 ) 268 - 274  2001.05  [Refereed]

     View Summary

    A stacked CdZnTe semiconductor detector, which is able to detect the 6.13 MeV gamma -rays from N-16, was prototyped and the response calculation was carried out by a Monte-Carlo simulation. The detector response was simulated by using the electron and photon transport code, EGS4 and taking into account the carrier trapping phenomena. The results of the response calculation agreed with the experimental data from the checking source of Cs-137 and Co-60. The prototype's response and sensitivity to N-16 were calculated by simulating an incident energy of 6.13 MeV, The source spectra were unfolded with the detector's response function obtained by simulation, and it indicated that the incident gamma -ray energy and its intensity ratio was identified. We have acquired the potential to measure the gamma -ray energy in the high energy region about 6 MeV with the stacked CdZnTe detector. (C) 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

  • 半導体検出器の劣化診断

    伊藤 晴夫, 犬島 浩, 泉 伸幸

    日本原子力学会2001年春の年会 H5     358 - 358  2001.03

  • 送電線故障原因判別手法の開発

    山崎 努, 野末 明秀, 犬島 浩, 前川 洋

    平成13年電気学会全国大会 6-289     2696 - 2698  2001.03

  • 真空電離箱のエネルギー特性の向上

    西浦 竜一, 西沢 博志, 犬島 浩, 平野 剛

    日本原子力学会2001年春の年会 C40     93 - 93  2001.03

  • Prototype of the Stacked CdZnTe Semiconductor Detector for 16N Measurement

    Nishizawa Hiroshi, Inujima Hiroshi, Fujiwara Hirotsugu, Nakamura Hiroaki

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines   121 ( 8 ) 458 - 463  2001

     View Summary

    The prototype model of the stacked CdZnTe semiconductor detector, which is able to measure the 6.13MeV ᵧ-ray from 16N, was fabricated. The prototype's response calculation was carried out by Monte-Carlo method. The result of the response calculation agreed with the experiment data of check sources of 137Cs and 60Co, and 16N which was measured at vicinity of the primary cooling water pipe of the nuclear reactor. The source spectra were unfolded with detector's response function obtained by simulation, and it is indicated that the incident 7-ray energy and its intensity ratio was identified and that the energy of 6MeV 7-ray could be measured by the prototype of the stacked detector. © 2001, The Institute of Electrical Engineers of Japan. All rights reserved.

    DOI

    Scopus

  • アナログ電子回路の劣化診断

    犬島 浩

    電気学会論文誌A   120 ( 4 ) 410 - 413  2000.04

  • Estimation of Radioactive Resin Shape Using SPM Method

    Nishiura,R, Oka,T, Fujiwara,H, Inujima,H, Tsutaka,Y, Yasue,S, Nakamura,H

    IMEKO XV    1999.06

  • 異音の診断

    犬島 浩

    電気学会研究会資料(一般産業研究会GID-99-8)     7 - 10  1999.03

  • 水力発電におけるシステム同定

    小門 俊次, 平位 隆史, 犬島 浩

    平成8年電気学会電子・情報・システム部門大会 A-11-5     251 - 252  1996.06

  • ウェーブレット変換を用いた異音認識法の研究

    池田 昌広, 犬島 浩

    平成8年電気学会電子・情報・システム部門大会 A-11-6     253 - 254  1996.06

  • 異音の診断技術

    池田 昌広, 犬島 浩

    自動車技術   50 ( 3 ) 75 - 80  1996.03

  • 放射線計装設備の信頼性向上

    津高 良和, 片岡 秀郎, 楳田 義一, 犬島 浩, 早川 利文, 星 純一

    三菱電機技報(1995.9)   69 ( 9 ) 16 - 21  1995.09

  • Development of partial discharge detection method using an autoregressive model in gas‐insulated switchgears (GIS)

    Hiroshi Inujima, Takeshi Masui, Hiroshi Maekawa

    Electrical Engineering in Japan   115 ( 1 ) 1 - 9  1995

     View Summary

    Gas‐insulated switchgears (GIS) are important equipment in electric‐supply stations where advanced techniques for safety and maintenance are required. As a result, a system is being developed that can automatically monitor and diagnose a GIS in service. This article focuses on some problems concerning insulating functions of GIS to discuss a method of signal processing for partial discharge detection and position identification. For sensors, potential detectors were installed on flanges of the GIS. Focusing on the potential fluctuations measured by these detectors, an autoregressive model is designed for potential fluctuation in a state without any partial discharge. This model is called a normal state model. The difference was found between potential fluctuations measured during partial discharge and those of the normal state model. The index of whiteness test method of the residual random process is a useful parameter for representing this difference, and the use of this method allowed detection of partial discharge that could not be found at normal potential levels. These results indicate bright prospects for manufacturing a monitoring system that can detect deterioration in GIS insulation with a high sensitivity in an early stage and that also operates on‐line. Copyright © 1995 Wiley Periodicals, Inc., A Wiley Company

    DOI

    Scopus

    1
    Citation
    (Scopus)
  • Development of abnormal signal separation method in nuclear power plant

    Y UMEDA, H INUJIMA

    SYMBIOSIS OF HUMAN AND ARTIFACT: FUTURE COMPUTING AND DESIGN FOR HUMAN-COMPUTER INTERACTION   20   1057 - 1062  1995  [Refereed]

  • An Efficient Calculation Method of Wavelet Transform and its Application to Signal Extraction Embedded in Noise

    Asano,N, Ohba,M, Akizuki,K, Inujima,H

    Proceedings of the 26th ISCIE International Symposiumon Stochastic Systems Theory and Its Applications     191 - 196  1994.10

  • 原子力プラントにおける異常信号弁別手法の開発

    楳田 義一, 犬島 浩

    日本原子力学会1994秋の大会 H64     572 - 572  1994.09

  • 雑音電波のウェーブレット変換による解析

    犬島 浩, 徳丸 芳孝, 小澤 明夫, 石橋 武

    平成6年電気学会電力・エネルギー部門大会 597     776 - 777  1994.07

  • ガスセンサ

    犬島 浩

    日本電子工業振興協会新計測手法調査研究報告書Ⅲ(94-基-12)     144 - 156  1994.03

  • 自己回帰モデルを用いたガス絶縁開閉装置(GIS)部分放電検出法の開発

    犬島 浩, 桝井 健, 前川 洋

    電気学会論文誌B   113 ( 11 ) 1292 - 1297  1993.11

  • GIS部分放電位置標定システムの開発・その3

    宮本 憲繁, 桝井 健, 前川 洋, 小林 誠治, 犬島 浩

    平成5年電気学会電力・エネルギー部門大会    1993.07

  • ガス絶縁開閉装置における部分放電検出法の開発

    犬島 浩, 桝井 健, 前川 洋

    平成5年電気学会全国大会 1440   11   10 - 11  1993

  • GIS部分放電位置標定システムの開発・その2

    桝井 健, 佐久間 秀一, 小林 誠治, 前川 洋, 犬島 浩

    平成5年電気学会全国大会 1441   11   12 - 12  1993

  • PARTIAL DISCHARGE LOCATING SYSTEM FOR GIS

    H MAEKAWA, T MASUI, H INUJIMA, N MIYAMOTO

    2ND INTERNATIONAL CONFERENCE ON ADVANCES IN POWER SYSTEM CONTROL, OPERATION & MANAGEMENT, VOLS 1 AND 2   ( 388 ) 159 - 163  1993  [Refereed]

  • 鉄鋼プラントにおける知識ベース診断

    中之薗 利彦, 犬島 浩

    第35回自動制御連合講演会 3045     475 - 476  1992.10

  • 信号処理によるノイズ除去はどこまで可能か?

    犬島 浩

    エレクトロニクス(オーム社)1992年10月号   37 ( 10 ) 31 - 34  1992.10

  • フラクタル次元による異常診断の可能性について

    犬島 浩

    マイクロエレクトロニクス開発機構第9回ワークショップ・プロシーディングス「カオス」     18 - 31  1992.09

  • 鉄鋼プラントにおけるエキスパート技術を用いた操業支援システム

    吉田 幸彦, 杉谷 穣, 犬島 浩, 島川 博光, 吉川 幸司

    三菱電機技報(1992.7)   66 ( 7 ) 72 - 75  1992.07

  • Kullback識別情報量による異常信号の識別法

    比屋根 一雄, 犬島 浩

    第31回計測自動制御学会学術講演会 DS18-3     201 - 202  1992.07

  • Development of Detection methods of Internal Abnormality of integrated Circuits on the Electronic Control System

    Katusuyama,Y, Maeda,M, Inujima,H, Yasue,S

    International Symposium on Nuclear Power Plant Instrumentation and Control     1 - 15  1992.05

  • 分散推論とグラフィカルユーザインターフェイスを用いた運転支援システム

    吉川 幸司, 島川 博光, 犬島 浩

    第17回システムシンポジウム第14回知能システムシンポジウム第1回ニューラルネットワークシンポジウム合同シンポジウム     435 - 438  1991.10

  • 信号処理に基づくエキスパートシステム構築ツール2 ー回転機診断システムへの適用ー

    犬島 浩

    日本原子力学会1991春の年会     236 - 236  1991.03

  • 電動機診断システムー信号処理に基づくエキスパートシステム構築ツールの適用ー

    犬島 浩

    平成3年電気学会全国大会 674   ( 6 ) 161 - 162  1991

  • 電子・電気部品の劣化

    犬島 浩

    安全(中央労働災害防止協会発行)   41 ( 10 ) 15 - 20  1990.10

  • 信号処理に基づくエキスパートシステム構築ツールー信号解釈システムー

    犬島 浩

    日本原子力学会1990秋の大会 A52     52 - 52  1990.10

  • 信号処理に基づくエキスパートシステム構築ツールー信号解釈システムー

    犬島 浩

    電気学会論文C   110 ( 8 ) 479 - 483  1990.08

  • 信号処理に基づくエキスパートシステム構築ツールー信号解釈システムー

    犬島 浩

    電子情報通信学会技術研究報告 DE90-14   90 ( 146 ) 39 - 48  1990.07

  • 信号処理に基づくエキスパートシステム構築ツールー信号解釈システムー

    犬島 浩

    情報処理学会研究報告90-DBS-78   90 ( 63 ) 119 - 128  1990.07

  • 信号処理に基づくエキスパートシステム構築ツール -信号解釈システム-

    犬島 浩

    データベース・システム研究会 78-13     119 - 128  1990.07

  • 電子制御装置の劣化診断

    犬島 浩

    第20回安全工学シンポジウム 129    1990.06

  • 電子回路の劣化診断

    犬島 浩

    90 TPM中部地区大会 カンファレンス・テキスト(日本プラントメンテナンス協会中部支部)     27 - 45  1990.06

  • 信号処理に基づくプラント診断エキスパートシステム構築ツールー信号解釈システムー

    犬島 浩

    三菱電機技報(1990.5)   64 ( 5 ) 66 - 69  1990.05

  • アナログ半導体のサージに起因する劣化と経年変化

    犬島 浩

    電気学会論文誌C   110 ( 5 ) 335 - 340  1990.05

  • ディジタルICの劣化診断

    犬島 浩, 安江 悟

    日本原子力学会1990年会 F37     315 - 315  1990.04

  • 予防保全技術

    木村 佑二, 犬島 浩, 犬房 和夫, 安江 悟

    三菱電機技報(1990.3)   64 ( 3 ) 39 - 43  1990.03

  • 信号解釈システム(SIPS)

    犬島 浩

    第22回計測自動制御学会北海道支部学術講演会論文集     89 - 90  1990.02

  • 信号解釈システム

    犬島 浩

    平成2年電気学会全国大会 639   ( 6 ) 121 - 122  1990

  • Degradation defection methods for electronic circuits

    Hiroshi Inujima, Uichi Kichijima

    Electrical Engineering in Japan   110 ( 1 ) 96 - 105  1990

    DOI

    Scopus

  • Degradation defection methods for electronic circuits

    Hiroshi Inujima, Uichi Kichijima

    Electrical Engineering in Japan   110 ( 1 ) 96 - 105  1990

    DOI

    Scopus

  • 工場設備におけるICの劣化診断

    犬島 浩, 吉島 宇一

    電学論C   109 ( 12 ) 862 - 868  1989.12

  • 電子回路の劣化診断

    犬島 浩, 吉島 宇一

    電気学会論文誌C   109 ( 7 ) 499 - 506  1989.07

  • アナログ電子回路の劣化診断

    犬島 浩, 秋月景雄

    平成元年電気学会全国大会 1724   ( 13 ) 140 - 141  1989.04

  • 電子制御装置の劣化診断

    犬島 浩, 安江 悟

    日本原子力学会昭63秋の大会 A16     16 - 16  1988.10

  • 電子回路の異常診断

    新谷 光治, 森 秀夫, 犬島 浩, 吉島 宇一

    日本原子力学会昭62秋の大会 B46     112 - 112  1987

  • FEASIBILITY STUDY OF LMFBR LOCAL CORE ANOMALY DETECTION BY USE OF TEMPERATURE AND FLOW FLUCTUATIONS

    T OGINO, H INUJIMA, K HAGA

    JOURNAL OF NUCLEAR SCIENCE AND TECHNOLOGY   21 ( 3 ) 172 - 186  1984  [Refereed]

    DOI

    Scopus

    6
    Citation
    (Scopus)
  • ナトリウム冷却高速炉異常検出実験流量ゆらぎを用いた局所沸騰検出

    犬島 浩, 荻野 敬迪, 羽賀 一男, 中本 香一郎

    日本原子力学会昭和58年秋    1983

  • ナトリウム冷却高速炉異常検出実験(Ⅲ)局所沸騰情報の温度ゆらぎによる伝達

    犬島 浩, 荻野 敬迪, 山口 勝久, 羽賀 一男

    日本原子力学会昭56秋の分科会 E10    1981

  • 統計的手法を用いた異常診断の適用例ーゆらぎ信号を用いた異常診断ー

    荻野 敬迪, 犬島 浩, 秋月 景雄

    システムと制御   24 ( 11 ) 710 - 718  1980.11

  • 炉心初期異常検出システムー温度流量ゆらぎ信号によるー

    荻野 敬迪, 犬島 浩, 羽賀 一男, 魚谷 正樹

    第24回システムと制御研究発表講演会日本自動制御協会 E3     43 - 44  1980.05

  • ナトリウム冷却高速炉炉心異常検出実験(Ⅱ)流量ゆらぎを用いた被覆管破損検出

    犬島 浩, 荻野 敬迪, 羽賀 一男, 魚谷 正樹

    日本原子力学会昭和55年春 A23    1980.03

  • Feasibility Study of Local Core Anomaly Detection by Use of Temperature and Flow Fluctuations at LMFBR Fuel Subassembly Outlet

    T.Ogino, H.Inujima, K.Haga, A.Ohtsubo, K.Akizuki

    ANS/ENS International meeting on Fast reactor safety technology     1 - 10  1979.08

  • 自己回帰モデルを用いた炉内異常検出法高速炉炉心出口温度ゆらぎへの適用

    荻野 敬迪, 犬島 浩, 羽賀 一男, 魚谷 正樹

    日本原子力学会昭和54年秋 A48    1979

  • 温度・流量ゆらぎを用いた高速増殖炉炉心局所事故の検出

    荻野 敬迪, 犬島 浩, 羽賀 一男, 秋月 景雄

    日本機械学会研究会「大規模プラントの異常状態検知と故障予測に関する研究、研究成果報告書」     1 - 34  1979

  • 高速増殖炉炉心局所事故の検出ー温度・流量ゆらぎを用いた方式ー

    羽賀 一男, 荻野 敬迪, 犬島 浩, 秋月 景雄, 米沢 繁雄, 飯島 建滋

    計測自動制御学会異常検出予測技術シンポジウム     43 - 46  1978.11

  • ナトリウム冷却高速炉炉心異常検出実験(Ⅰ) 37本ピンバンドル内ガス放出による出口温度・流量ゆらぎ

    羽賀 一男, 荻野 敬迪, 犬島 浩

    日本原子力学会昭53秋の分科会    1978

  • 局所流路閉塞試験ー4中心24本サブチャンネルが閉塞された37本ピンバンドルにおける温度ゆらぎ

    菊池 義弘, 荻野 敬迪, 犬島 浩

    日本原子力学会昭和52年秋の分科会    1977.10

▼display all

Books and Other Publications

  • 工場電気設備 - 設備診断・余寿命推定から更新へ - (共著)

    電気学会, 工場電気設備更新実施方法調査委員会

    オーム社  2006.09 ISBN: 4274202941

  • ウェーブレット解析の産業応用(共著)

    電気学会, ウェーブレット解析の産業応用に関する協同研究委員会, 編

    朝倉書店  2005.09 ISBN: 4254220421

  • 図説ウェーブレット変換ハンドブック(共訳)

    P.S.アジソン著, 新 誠一, 中野 和司, 田原 鉄也, 豊田 幸裕, 犬島 浩, 井上 勝裕, 笹岡 英毅

    朝倉書店  2005.04 ISBN: 4254221487

  • 診断法別事例集(共著)

    日本プラントメンテナンス協会, 設備診断技術委員会編

    日本プラントメンテナンス協会  1994.02 ISBN: 4889560866

Presentations

  • Bridge Diagnosis Technology Using Wavelet Transform

    8th International Collaboration Symposium on Information, Production and Systems 

    Presentation date: 2014.11

Research Projects

  • 無線機器を用いた「患者見守りシステム」の開発:患者の安全性確保と看護負担軽減

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    Project Year :

    2021.04
    -
    2024.03
     

    八谷 百合子, 丸山 崇, 犬島 浩, 立野 繁之

     View Summary

    近年の我が国の高齢化に伴い65歳以上の高齢者人口は、3617万人、総人口に占める割合(高齢化率)は28.7%と過去最高となった。それに伴い病院の入院患者も高齢化し、原疾患に加え認知症を伴った患者が増加している。また、2019年度では日本全体で1万6775人の認知症高齢者が行方不明となっており、その中で460人は死亡した状態での発見だった。入院中の認知症患者は、病状が回復に向かうと看護師の見守りの目をかいくぐり、病棟を離れ院外に出る場合がある。看護師が早急に院内を探索することになるが、院内探索後も所在不明な場合は、広範囲な捜索を行うため患者の安全リスクは増加する。また、患者の位置が分からなくなるため、看護師が心当たりの場所を一つ一つ探しているのが現状であり、探索の看護負担は大きい。様々な状況下でも移動体の情報を遠隔で監視・通信する低コストの「患者見守りシステム」を構築し、患者の安全の早期確保及び看護負担の軽減が本研究の目的である。
    2021年4月より、2020年に試作した腕時計型無線機器に新しい測定機能を加え、位置情報、動線と健康情報を収集できるように検討した。しかし、腕時計型無線機器を患者に装着させることが難しいとの課題が出た。そこで、より軽く実装性の高い無線機器の開発と見守りシステム全体について検討した。その結果、5種類の方法について検討することになった。まず、病院の床に金属を埋め込み、小さな無線機器で位置情報のみを感知する方法の検討を行った。病院の病棟に出向き、床の素材、病棟の電源の高さ、患者の動線などについて現場確認をした。その結果、病棟の床の素材では金属を埋め込むことが困難であること、適合する無線機器を作成することが難しいことを確認した。今後は、残り4種類の方法について検討し、実装可能な無線機器を作成し、患者探索実験を実施する予定である。

  • Development of new technique for localized spectroscopy in animal body using time-reverse propagation of phase-conjugate light

    Project Year :

    2020.07
    -
    2023.03
     

  • System development to realize transillumination and functional imaging of animal body using safe light

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2017.04
    -
    2020.03
     

    Shimizu Koichi

     View Summary

    To realize 3D transillumination imaging of internal body structure and physiological function, we integrated our principles to establish a new technique, and developed a test system. Through this study, we achieved the following results.
    (1) An inverse scattering problem was solved to obtain internal structure in a turbid medium using scattered light from the medium. (2) Blurred transillumination image could be improved by the deconvolution with a point spread function. (3) The problem of image blur was resolved using the convolutional neural network obtained by deep learning. (4) The feasibility of 3D transillumination imaging was confirmed using a tissue-simulated model phantom. (5) A test system was designed and manufactured. (6) The feasibility of functional imaging was confirmed in the identification of vein and artery in a transillumination image. (7) 3D functional transillumination imaging was achieved in animal experiments.

  • Development of new technique for spectral measurement in scattering medium using time-reverse principle with phase-conjugate wave

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2016.04
    -
    2018.03
     

    Shimizu Koichi

     View Summary

    We conducted this research to open a new possibility for the localized spectral measurement in a turbid medium by introducing the new time-reversal principle using a phase-conjugate wave. The following accomplishments were achieved.1. In theoretical analysis, we made the fundamental measurement technique to realize the proposed method clear. 2. Through repeated simulation, we optimized the function of the proposed technique. 3. We developed the measurement system to realize the time-reversal principle using the phase-conjugate light. 4. We confirmed the ability of the developed system using a model phantom of animal tissue. 5. We verified the applicability of the system to an animal body in the experiment with chicken breast meat. 6. The result of this study is published in a prestigious journal, Biomedical Optics Express of the Optical Society of America

  • Study on interconnection technology for high temperature resistant packages with stress release structure by using Nano-Ni particles

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2015.10
    -
    2018.03
     

    Tatsumi Kohei

     View Summary

    In order to take full advantage of the characteristics of SiC semiconductor, especially as high temperature heat resistant devices, the development of new packaging technology is required. Since the solder materials which have been used conventionally have a low melting point, Au-Ge alloys, nano Ag particles, etc. have been studied as alternative materials, but the relaxation of thermal stress caused by CTE mismatch between the chip and substrate was considered to be a major subject. In this research, focusing on nano Ni which is highly resistant also against high temperature corrosion, we have worked on Ni nano-particle production and optimization of bonding conditions. Compared to Ag particles, their sintering temperature is relatively high. However the bonds are once formed and then their bonding strength is sufficiently high. The bonding of nano-Ni particles to Al foils inserted for stress relaxation is also possible at low temperature, and showed high bond reliability

  • Basic research of the safety and efficiency of social infrastructure by wireless sensor networks

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2013.04
    -
    2016.03
     

    Ogai Harutoshi, INUJIMA Hiroshi

     View Summary

    (1)Research and development of Bridge Health Monitoring System (BHMS) by using wireless sensor networks was done. The new small size of the wireless sensor module and the prototype of the wireless sensor network system were developed and made communication test. The ARMA model and wavelet based diagnostic methods was developed ,implemented and tested.(2)A lighting control system for large-scale Office was researched and developed. The lighting control system consisted of a high-speed search algorithm by combination of LP and PSO, new learning method for coefficients of the illumination model by neural network with Lambertian neuron, a on-line illumination control method for external light change. These were tested and got good results .(3)By using wireless sensor networks and Wi-Fi , the research for the platoon and door-to- door travel control of the ultra-small electric vehicle were done. Many test run were done and good results were obtaine

  • リラックスおよび安眠効果に有用な植物芳香成分の探索

    産業医科大学 

    Project Year :

    2013
    -
    2014
     

  • 放射線検出器波形診断の研究

    三菱電機株式会社 

    Project Year :

    2012
    -
    2013
     

  • 高圧電動機の部分放電データにおける統計的計算処理

    Project Year :

    2011
    -
    2012
     

  • 放射線検出器波形診断の研究

    Project Year :

    2011
    -
    2012
     

  • 高圧電動機の部分放電データにおける統計的計算処理

    Project Year :

    2010
    -
    2011
     

  • 高圧電動機の部分放電データにおける統計的計算処理

    Project Year :

    2009
    -
    2010
     

  • 電気設備の状態監視と異常兆候を事前察知する技術の研究

    Project Year :

    2009
     
     
     

  • 状態監視保全関連の整備

    Project Year :

    2007
    -
    2008
     

  • ユビキタス情報処理用システムLSIに関する研究

    Project Year :

    2005
    -
    2008
     

  • 超音波血管自動探索装置の研究

    Project Year :

    2004
    -
    2007
     

  • インテリジェント避雷器の開発

    Project Year :

    2004
    -
    2007
     

  • 鉄道車両用ユビキタスセンシングシステムの研究

    Project Year :

    2003
    -
    2007
     

  • 圧縮機調芯アルゴリズムの研究開発

    Project Year :

    2004
    -
    2005
     

  • ユビキタスインテリジェントセンサの研究

    Project Year :

    2003
    -
    2005
     

  • 信号処理の研究

    Project Year :

    2002
    -
    2003
     

▼display all

Misc

Industrial Property Rights

  • 蓄電池劣化診断システム、蓄電池劣化診断装置、蓄電池劣化診断方法およびプログラム

    犬島 浩

    Patent

  • 配電盤劣化診断システム、配電盤劣化診断装置、配電盤劣化診断方法およびプログラム

    4943961

    犬島 浩

    Patent

  • 大型建造物の診断データ収集システムおよび方法

    大貝 晴俊, 山内 規義, 犬島 浩, 武捨 裕太

    Patent

  • 大型建造物の診断システム、大型建造物の診断プログラム、記録媒体および大型建造物の診断方法

    5145501

    大貝 晴俊, 山内 規義, 犬島 浩, 町田 郁子, 片座 慎吾

    Patent

  • 信号処理方法、信号処理プログラムおよび記録媒体

    大貝 晴俊, 犬島 浩, 山内 規義, 謝 明原

    Patent

  • プロセスの状態類似事例検索方法および状態予測方法並びに記録媒体

    4268500

    内田 健康, 犬島 浩, 松下 直樹

    Patent

▼display all

 

Internal Special Research Projects

  • AI応用蓄電池システム劣化診断手法の研究

    2021  

     View Summary

    1.背景 鉛蓄電池は、絶縁劣化診断技術に関わる研究、実機診断が行われている。鉛蓄電池の劣化診断は、絶縁抵抗測定と絶縁抵抗値の傾向管理が中心で、鉛蓄電池の保全は、依然として事後保全・時間計画保全に留まっている。2.診断監視への活用 これまでの研究は、劣化が研究課題の中心であった。劣化は、実際の鉛蓄電池から、測定困難である。模擬実験は、現実の劣化と同等ではない。正常データしかないので、正常とは何かを探索することに挑戦する。3.診断監視の手順 鉛蓄電池診断モデルとしては、機械学習(オートエンコーダ)の適用を試みる。最初はオートエンコーダで検討する。鉛蓄電池正常モデルでは、入力データとして加速度信号を使用する。特徴抽出群にはスペクトル、LBP(Local Binary Pattern)特徴抽出法、デジタル信号特徴抽出法の適用を試みる。4.結論および今後の課題 機械学習の最適手法検討。特徴抽出法の確定および機械学習手法の確定。劣化診断判定指標の確定。

  • 信号処理・AI技術応用した電動機診断監視技術の研究

    2020  

     View Summary

    1.背景 低圧電動機の絶縁劣化診断技術に関わる研究である。2.診断監視への活用 これまでの研究は、故障が研究課題の中心で、劣化は、実際の電動機から、測定困難である。正常データしかないので、正常とは何かを探索することに挑戦する。3.診断監視の手順 電動機診断モデルとしては、機械学習(オートエンコーダ:AE)の適用を試みる。正常モデルでは、入力は加速度信号とする。特徴抽出群にスペクトル、LBP(Local Binary Pattern)特徴抽出法、デジタル信号特徴抽出法を適用する。4.結論および今後の課題 機械学習の最適手法検討。特徴抽出法の確定および機械学習手法の確定。劣化診断判定指標の確定。

  • 発電機・発動機劣化診断に関する人工知能の研究

    2019  

     View Summary

    1.背景 電動機診断監視では,これまで定期点検を主体に行われてきた。設備の状態や異常兆候を的確に把握し保全する技術が重要になっている。これら技術を実現するためのインフラとして、IoT、AI、5Gが重要である。2.IoT、AI、5Gの診断監視への活用 「IoT」は、診断監視対象にセンサ一を設置して、種々の情報をインターネットに伝達し、クラウドコンピュータにデータ伝送(「5G」利用)することである。「5G」は、診断監視において高速・大容量の通信手段である。「AI」は、「IoT」で収集されたデータから診断監視を実行する。3.結論および今後の課題 無線センサにより,センサのIC化とデータ伝送が無線で実行され,センサ価格とデータ伝送設置コストの低減化がはかられる。また,「5G」により,診断監視システムの通信コストの低減化が実現される。過去に開発した診断監視技術の中に、当時の環境では実現困難(コストの観点)だった技術が、IoT、AI、5Gにより実現できることも期待される。

  • 構造物劣化診断向けの人工知能に関する研究

    2018  

     View Summary

    1.背景 日本において、構造物(橋梁など)は高度経済成長期に多数建設されている。これら橋梁は全国で約70万橋存在し、その内、約50万橋が市町村道に設置されている。寿命とされる50年を迎えた2m以上の橋梁は、2023年で43%、2033年で67%に増加する。このため、国および各自治体単位の定期的な診断・修復が必要とされている。一方、検査手法は、目視および打音検査などの手法で実施され、診断技術者の技能に依存している。地方自治体における財政・人材不足に起因し5年に1度という低頻度で検査されており不十分といえる。また、診断ノウハウも継承されていない。 本研究においては、構造物で観測された信号解析し、機械学習の入力信号とし、損傷の有無、及び損傷の程度を評価する人工知能を提案する。2.方法 衝撃試験で観測された加速度信号からAR(Auto-Regressive:自己回帰)モデルを推定する。推定されたARモデルのAR係数を衝撃試験毎に見比べ、損傷に起因すると推定されるAR係数を選定する。3.結果 正常状態において推定されたAR係数と損傷状態におけるAR係数にはベクトル空間上差異が観測された。差異の特徴量抽出指標としては、AR係数のn次空間領域を学習データとするのが適当であった。4.結論および今後の課題 正常状態と損傷状態における加速度信号に、ARモデル推定を推定しAR係数を選択する。次に選択されたAR係数は、損傷程度に対応して変化している。正常状態の橋梁および橋梁損傷程度に対応する加速度信号で、損傷状態を推定する見通しが得られた。AR係数だけでは抽出困難な損傷も存在することがわかった。今後の課題としては、複数のセンサによる判定精度向上が挙げられる。研究成果概要(学内公開用)

  • 劣化診断のための最適信号処理探索システムの研究

    2017  

     View Summary

    1.拝啓 劣化設備診断では,これまで定期点検を主体に行われてきた。最近では個々の設備状態に応じて保全内容や時期を判断する状態監視保全の重要性が認識され,取り入られている。さらに,将来的には設備の劣化や異常兆候の進展を定量的に判断し,それに基づいて効果的で合理的な保全を行う予測保全へ移行していくことが予想される。設備の状態や異常兆候を的確に把握し保全する技術が重要になっている。2.方法 「IoT」は、私たちのまわりにある物体にセンサ一を設置して、種々の情報(電圧、電流、温度、振動、画像など)をインターネットに伝達し、ネットワークを構成することである。上記システムは一度構築すると、その後ほとんど人間を介さず、様々な情報が自動的・恒常的に、それを必要とする企業や公的機関の部暑に集約されることになる。3.結果 設備診断には,必然的に多数のセンサが分散配置されるようになると考えられることから,センサに以下の特性が望まれる。小型・軽量,安価,メンテナンスフリー,長寿命,低消費電力,低電圧動作,機械的剛構造,防爆構造,無害・安全な材料による構成などである。設備診断のための信号処理には,主成分分析などの多変量解析,ニューラルネットワーク,遺伝的アルゴリズム,ファジィ推論,ウェーブレット変換などを利用して分析することにより,診断精度を向上させる。4.結論および今後の課題 設備診断の方式が定期点検(TBM)から状態監視(CBM)に移行し,故障の前兆現象である劣化監視の要請にともない従来の手法では対応が困難な状況を呈している。無線センサにより,センサのIC化とデータ伝送が無線で実行され,センサ価格とデータ伝送設置コストの低減化がはかられる。また,クラウドコンピューティングシステムにより,診断システムの設置コストの低減化が実現される。さらに,診断アルゴリズムの高度化も推進されることが期待できる。

  • 機械学習機能を有する橋梁等構造物劣化診断手法の研究

    2017  

     View Summary

    1.背景 日本において、橋梁は高度経済成長期に多数建設されている。全国で約70万橋存在し、その内、約50万橋が市町村道に設置されている。寿命とされる50年を迎えた2m以上の橋梁は、2013年で18%、2023年で43%、2033年で67%に増加する。このため、国および各自治体単位の定期的な診断・修復が必要とされている。一方、検査手法は、目視および打音検査などの手法で実施され、診断技術者の技能に依存している。地方自治体における財政・人材不足起因し5年に1度という低頻度で検査されており不十分といえる。。 本研究においては、実際の橋梁において衝撃実験の加速度信号を利用し、独立成分分析による信号解析し、機会学習の入力信号とし、損傷の有無、及び損傷の程度を評価する診断手法を提案する。2.方法 衝撃試験で観測された加速度信号を独立成分分析し、各独立成分に分解する。分解した信号を衝撃試験毎に見比べ、損傷に起因すると推定される信号を選定する。本報告では、独立成分分析のための入力信号は5入力とした。3.結果 正常状態において独立成分分析した結果と損傷状態において独立成分分析した結果には差異が観測された。差異の特徴量抽出指標としては、周波数領域で、スペクトルピークに着目するのが適当であった。離散ウェーブレット変換・逆変換の解析手法導入しフィルタリングを試みた。その結果、劣化状態の特徴的変化を検出することができた。4.結論および今後の課題 正常状態と損傷状態における加速度信号に、独立成分分析し、適当な独立成分を選択する。次に選択された独立成分は、損傷程度に対応して変化している。正常状態の橋梁および橋梁損傷程度に対応する加速度信号で、損傷状態を推定する見通しが得られた。独立成分分析だけでは抽出困難な損傷を評価できることがわかった。今後の課題としては、複数のセンサによる判定精度向上が挙げられる。

  • ウェーブレット変換による構造物劣化診断手法の研究

    2016  

     View Summary

    ウェーブレット変換による構造物劣化診断手法の研究 1.背景 構造物の劣化診断・検査手法は、目視および打音(ハンマリング)検査などの手法で実施され、診断技術者の技能に依存していることが多い。熟練技能者の退職および予算減少により、人材および財政不足起因しする、構造物の監視・診断が放置されている傾向にある。ある自治体では、構造物(橋梁やトンネルなど)の検査、5年に1度という低頻度で検査されており不十分といえる。 本研究においては、実橋梁を例題として研究をすすめる。橋梁に衝撃を与え、観測される加速度信号に、ウェーブレット変換による信号解析する。従来の診断手法と比較して損傷の有無、及び損傷の程度を評価する診断手法を提案する。また、他の診断手法の検討も実施する。2.方法 衝撃試験で観測された加速度信号、離散ウェーブレット変換・逆変換し、スケール毎に分解する。分解した信号を衝撃試験毎に見比べ、相違が観測される信号を合成する。次に、連続ウェーブレット変換し特徴抽出する。本報告では、基底関数はいかのとおりである。離散ウェーブレット変換ではDaubechie、連続ウェーブレット変換ではメキシカンハット関数を選択した。3.結果 時間-周波数解析手法、連続ウェーブレット変換を適用した。基底関数はガボール関数を選択している。結果は期待したほど、良好ではなかった。そこで、離散ウェーブレット変換・逆変換の解析手法導入しフィルタリングを試みた。その結果、劣化状態の特徴的変化を検出することができた。4.結論および今後の課題 正常状態と損傷状態における加速度信号に、離散ウェーブレット変換・逆変換し、適当なスケール成分選択する。次に選択されたスケール成分に連続ウェーブレット変換すると、損傷程度に対応して変化している。正常状態の橋梁および橋梁損傷程度に対応する加速度信号で、損傷状態を推定する見通しが得られた。離散ウェーブレット変換・逆変換によるフィルタリングし、連続ウェーブレット変換だけでは抽出困難な損傷を評価できることがわかった。 今後の課題としては、複数のセンサによる判定精度向上が挙げられる。また、独立成分分析による、診断・監視にも、解析対象データは、少数ながら、期待が持てる可能性がみいだされている。

  • 橋梁等構造物の劣化診断手法研究

    2015  

     View Summary

    橋梁等構造物の劣化診断手法研究 1.背景 日本において、橋梁は高度経済成長期に多数建設されている。全国で約70万橋存在し、その内、約50万橋が市町村道に設置されている。寿命とされる50年を迎えた2m以上の橋梁は、2013年で18%、2023年で43%、2033年で67%に増加する。このため、国および各自治体単位の定期的な診断・修復が必要とされている。一方、検査手法は、目視および打音検査などの手法で実施され、診断技術者の技能に依存している。地方自治体における財政・人材不足起因し5年に1度という低頻度で検査されており不十分といえる。。 本研究においては、実際の橋梁において衝撃実験の加速度信号を利用し、ウェーブレット変換による信号解析し、従来の診断手法と比較して損傷の有無、及び損傷の程度を評価する診断手法を提案する。2.方法 衝撃試験で観測された加速度信号、離散ウェーブレット変換・逆変換し、スケール毎に分解する。分解した信号を衝撃試験毎に見比べ、相違が観測される信号を合成する。次に、連続ウェーブレット変換し特徴抽出する。本報告では、基底関数はいかのとおりである。離散ウェーブレット変換ではDaubechie、連続ウェーブレット変換ではメキシカンハット関数を選択した。3.結果 時間-周波数解析手法、連続ウェーブレット変換を適用した。基底関数はガボール関数を選択している。結果は期待したほど、良好ではなかった。そこで、離散ウェーブレット変換・逆変換の解析手法導入しフィルタリングを試みた。その結果、劣化状態の特徴的変化を検出することができた。4.結論および今後の課題 正常状態と損傷状態における加速度信号に、離散ウェーブレット変換・逆変換し、適当なスケール成分選択する。次に選択されたスケール成分に連続ウェーブレット変換すると、損傷程度に対応して変化している。正常状態の橋梁および橋梁損傷程度に対応する加速度信号で、損傷状態を推定する見通しが得られた。離散ウェーブレット変換・逆変換によるフィルタリングし、連続ウェーブレット変換だけでは抽出困難な損傷を評価できることがわかった。今後の課題としては、複数のセンサによる判定精度向上が挙げられる。

  • 機械学習によるライフコンディションセンシング

    2014  

     View Summary

    1.背景 高齢化の進行に伴い、介護が必要な高齢者や認知症高齢者の出現まえに見守る必要がある。こうした現状に対し、コストがかからない自動化された見守りシステムための機械学習によるライフコンディションセンシング技術が要請されている。2.方法 コンピュータが常時自宅高齢者を見守るしくみのための基礎的な一つ技術を検討した。実際に実現するには、電力線に設置する電流センサと無線センサによるセンシングとした。センシングされたデータから、在宅高齢者の状況を判断するのは、クラウドコンピュータとした。3.結果 時間-周波数解析手法、連続ウェーブレット変換を適用した。基底関数は一般的によく用いられるガボール関数を選択している。使用している電気機器の判別が可能であることが示唆された。4.結論 本研究成果である連続ウェーブレット変換を用いた電力線に重畳している電気機器の負荷変動は、機械学習のための特徴抽出に有効であることが期待できる。ライフコンディション診断手法の機械学習として期待できるものと考えられる。

  • 統計モデルを用いた大気汚染を誘発する物質の微量検出手法の研究開発

    2014  

     View Summary

    1.背景 大気で発生した汚染物質をいち早く検知することは、人の健康をまもる上で重要な課題と考えられる。レベルが変わらなくとも、スペクトル成分などの計測信号の特性が変化している場合がある。この特性変化をつかまえることができれば、大気汚染を誘発する微量物質を検知できる。2.方法 信号の特性を表現方法は種々あり、一つの例題として自己回帰モデル(AR)モデルである。大気汚染がない状態における推定したARモデルを用いて線形予測し、その予測誤差を評価して、信号の特性変化をより敏感に検知できる。3.結果 微量大気汚染がある状態における残差と大気汚染がない状態における観測信号の残差では、特性が異なることが判明した。計測信号全体を正常部のARモデルで線形予測した残差は、異常の発生時刻以前と以降で信号特性が大きく変化すると推定される。4.結論 大気汚染がない状態における推定したARモデルを用いて線形予測し、その予測誤差を評価して、微量大気汚染がある状態の信号特性変化をより敏感に検知できることが示唆された。

  • 稼働中蓄電池システムの劣化診断手法研究

    2014  

     View Summary

    稼働中蓄電池システムの劣化診断手法研究1.背景 産業用途に使用されている蓄電池のうち、工場電気設備において主流は鉛蓄電池である。ここでは制御弁式据置鉛蓄電池の稼働中蓄電池システムの劣化診断手法研究を検討する。2.方法 蓄電池劣化の程度は、内部抵抗と密接な関係があることが知られている。実際に運用されている現場における約3年間の内部抵抗測定データである。時間-周波数解析手法である短時間FFT解析を試みたが、同様に区別できなかった。3.結果 時間-周波数解析手法、連続ウェーブレット変換を適用した。結果はよくなかった。そこで、離散ウェーブレット変換に解析手法を変更した。その結果、劣化状態の特徴的変化を検出することができた。4.結論および今後の課題 実用化に向け、再現性の定量評価を行っている。解析結果から最適スケール値を決定する必要がある。以上、本研究成果は、稼働中蓄電池システムの劣化診断手法として有効であり、蓄電池の診断手法として期待できるものと考えられる。

  • 機械学習による劣化診断手法の研究

    2013  

     View Summary

    機械学習による劣化診断手法の研究1.背景 機械学習の例題として、橋梁の診断を想定する。橋梁は構造物であり、構造物診断のひとつとして、ハンマリングによる加振試験は、一般的によく用いられている。わかりやすい例としては、鉄道車両の車輪の検査、バスなどのタイヤを固定しているボルトの緩みの検査などがよく知られている。上記の例は、人間の聴覚や触覚による熟練を要する。一方で、ハンマリングを可視化する装置は市販されている。こうした装置によるハンマリング試験では、インパルスハンマで対象の装置に打撃を加え、各部分の振動を加速度センサで計測、FFT で振動数を測定している。これは、ハンマによる衝撃入力に対し、固有振動数を測定している。この振動特性は診断対象固有のもので、主に診断対象の剛性や質量に依存することが多い。2.方法橋梁の診断は、このハンマリングによる加振試験の拡張である。ハンマの代わりに重錘と呼ばれる重量物を橋梁に加えて、適当な位置に設置した加速度信号を計測している。一般的なFFTによる試験では橋梁の正常状態と損傷状態では区別ができなかった。次に、FFTは、時間情報を周波数情報に変換してしまい、時間情報の欠如が検出不可の原因と考えた。時間-周波数解析手法である短時間FFT解析を試みたが、同様に区別できなかった。3.結果時間-周波数解析手法、連続ウェーブレット変換を適用した。基底関数は一般的によく用いられるガボール関数を選択している。結果はよくなかった。そこで、橋梁の正常状態おけるFFT解析結果から、機械学習のための必要と推定される周波数ピークを4点抽出し、その周波数情報を連続ウェーブレット変換の基底関数であるガボール関数に組み込んだ。その結果、損傷状態の特徴的変化を検出することができた。4.結論 実用化に向け、類似度を用いた定量評価を行っている。解析結果のスケール値の大きい部分や時間経過部分の類似度を比較することで、損傷の進行を推定することも可能にしている。また、既設橋梁に対しての応用を想定し、健全状態以外のデータから基底関数を作成する解析も行った。前述解析と比較し、損傷度合いの推定が可能であることも示している。 以上、本研究成果は、機械学習のための特徴抽出に有効であり、橋梁の診断手法の機械学習として期待できるものと考えられる。

  • 電気設備劣化検出手法の開発

    2013  

     View Summary

    電気設備劣化検出手法の開発1.背景電動機の絶縁劣化診断の一つの手法として、零相電流波形を高速フーリエ変換することで判定できることが分かっている。本研究では、絶縁劣化を含む構造的劣化評価できる信号処理法探索をめざす。特に最近の電動機はインバータ制御になっており、供給されている電源波形は正弦波に似せた波形となっており、従来の研究成果は十分に生かせない可能性がある。電気設備は劣化すると、部分放電が発生する場合が多い。この場合、振動計などの零相電流計以外の信号を用いた劣化検出の可能性も探索する。このために、適当な帯域通過フィルタを設計する。劣化診断のための信号処理法は個々の対象により、最適な処理法が存在すると想定される。このため、複数の処理法や、各処理法で使用するパラメータの探索も実施する。2.方法対象となる電気設備に設置されたセンサで観測された信号を、アナログ回路を用いて変動成分を抽出する。次にA/D変換し、統計モデル(例えば自己回帰モデル;ARモデル)を作成し、劣化判断する。(1)測定する対象電気設備の物理量:振動など(2)センサの選定:AEセンサ(3)アナログ回路の設計:バンドパスフィルタと増幅器(4)サンプリングレートの選定:(5)信号処理の選定:連続ウェーブレット変換本研究では、振動データを用いてウェーブレット変換による解析を行い、現在の診断手法よりも容易に実施が可能で損傷の判断が容易な診断手法を提案する。3.結果 ウェーブレット変換とは信号解析の手法の一つで、ウェーブレットと呼ばれる波形を拡大縮小(スケール)・平行移動(シフト)して信号と畳み込み演算を行い、相関の強さを表現する手法である。連続信号x(t)のウェーブレット変換は連続ウェーブレット変換(CWT)と呼ばれ、まずウェーブレットψ(t)を拡大縮小・平行移動をしてウェーブレット基底ψ_(a,b) (t)を作る。信号x(t)のウェーブレット変換x &#771;(a,b)はウェーブレット基底を用いて定義される。ただし、a,bはそれぞれスケール,シフトパラメータと呼ばれる。 劣化電動機と正常電動機に、連続ウェーブレット変換の特定スケールに違いが観測された。4.結論(1) 劣化電動機と正常電動機には、通常のスペクトル解析では検出できない変化が、連続ウェーブレット変換を用いることで、その特定スケールに差異が観測できた。(2) 劣化判定には、多数の電動機を調査して、統計的に閾値を決定する必要がある。(3) 劣化現象と判定指標の物理的関係を明確にする必要がある。

  • 音響信号の時間・周波数解析と診断への適用

    2002  

     View Summary

    音響信号の時間・周波数解析と診断への適用1.背景 設備の異常早期発見および保守技術は、重要な課題と一般に位置づけられている。運転中にシステムとして機能喪失までには至らないが、故障発生は皆無ではない。これらの故障の発生要因を早期に検知して除去することに大きな要請がある。2.方法 ウェーブレット変換による手法の適用を試みる。ウェーブレット変換は、大別して連続ウェーブレット変換と離散ウェーブレット変換の二種類に分類される。ここでは、連続ウェープ‘レット変換を単にウェーブレット変換と呼ぶ。3.結果 3種類の音響信号a、b、cについて検討した。aは正常音、bは熟練者が判定できる異常音、cは明確な異常音である。ウェーブレット変換による解析結果は、bの場合でもaの解析結果と明確に違うことがわかる。4.結論および今後の課題 ウェーブレット変換を用いることで、フーリエ変換では検出できないような異音を検出できることがわかった。また、熟練者でなければ検知できないレベルの異音であることもわかった。

▼display all