GOTO, Haruhiko

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Engineering, School of Creative Science and Engineering

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.goto.arch.waseda.ac.jp/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Science and Engineering   Graduate School of Creative Science and Engineering

  • Affiliated organization   Global Education Center

Research Institute 【 display / non-display

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1988

    Waseda University   Graduate School, Division of Science and Engineering   Department of Architecture  

  •  
    -
    1982

    Waseda University   Graduate School, Division of Science and Engineering   Department of Architecture  

  •  
    -
    1980

    Waseda University   Faculty of Science and Engineering   Department of Architecture  

Degree 【 display / non-display

  • 早稲田大学   工学博士

  • Waseda University   PhD.

Research Experience 【 display / non-display

  • 2021.04
    -
     

    Waseda University   Executive Vice President

  • 2018.11
    -
    2021.03

    Waseda University   Vice President

  • 2015
    -
     

    Director, Planning Institute of Medicine Based Town

  • 2010
    -
    2014

    Dean, School / Graduate School of Creative Science and Engineering

  • 2007
    -
     

    Professor, Waseda University

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    自治体学会

  •  
     
     

    JAPAN SOCIETY OF LIFOLOGY

  •  
     
     

    City Planning Institute of Japan

  •  
     
     

    Architectual Institute of Japan

  •  
     
     

    The World Society for Ekistics

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Architectural planning and city planning

Research Interests 【 display / non-display

  • Spatial Planning, Urban Design, Regional Design, Community Development, Landscape Design, Public Space Design

Papers 【 display / non-display

  • GEOGRAPHICAL CHARACTERISTICS AND SOCIAL ROLE OF RENTAL SPACE IN TOKYO AREA:-Focusing on the role as a place of side work and hobby activities-

    MATSUURA Haruka, GOTO Haruhiko, YOSHIE Shun

    Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ)   ( 768 ) 317 - 327  2020.02

     View Summary

    <p> Encouraged by the "Work-Life Balance Charter" formulated in 2007, which recommended various ways of working and living, the promotion of side jobs in companies and the activities of people in their hobbies and leisure have become active.</p><p> As the work environment changes, people not only realize hobbies and side jobs, but also create encounters and relationships with others through rental spaces dealt on the website.</p><p> In this way, rental space, which has emerged in large numbers in urban areas and is being used for a variety of purposes, has the potential to become a place for new interaction.</p><p> In this paper, we conducted basic research on 1, 000 rental spaces in the Tokyo area (Tokyo, Kanagawa, Chiba, Saitama), and clarified the basic performance and regional characteristics of rental spaces.</p><p> In addition, by conducting interviews with owners of rental spaces where they engage in side-business or hobby activities, we were able to get close to the actual status of rental spaces management and usage, and clarified the social role of them.</p><p> These results are considered to be important and have implications for the utilization of urban building stock for diverse ways of working and self-realization.</p><p> </p><p> 1) Basic performance and regional characteristics of rental spaces</p><p> Existing uses of rental space are classified into four categories: residential, commercial, entertainment and rental only. The recommended uses on the website are classified into four categories: corporate, personal, interactive, and presentation.</p><p> Next, performance of RS as an existing building stock and performance of rental space for each recommended application were clarified. In addition, we were able to obtain 3 types of regional characteristics of rental space from the information of existing uses of them, and found 16 characteristic regions explained by them.</p><p> </p><p> 2) Reason for occurrence of rental spaces and devices for operation</p><p> As a result of interviews with rental space owner, we found that there were four reasons for the occurrence of rental spaces. Also, by starting rental spaces, we learned that these place has become a place to support and contribute, and a place where new encounters and relationships are created. Also, we found out that the owner carries out his own examination when renting a place.</p><p> </p><p> 3) Actual situation of use of rental spaces and values for users</p><p> As a result of analyzing the actual use of rental spaces obtained by interview survey to the owners, it was clarified that the users are seeking five values of place; "Space to be rented that meets the purpose needed in the short term", "Space for showing their hobby", "Space for challenge of new work transformed from their hobbies", "Space for realization of free self world view" and "Space for mental recovery".</p>

    DOI CiNii

  • Spatial configuration and management of serviced housing for the elderly with spaces open to the neighboring communities

    Yoshino Ryosuke, Goto Haruhiko, Yoshie Shun

    Journal of the City Planning Institute of Japan   55 ( 3 ) 1342 - 1349  2020

     View Summary

    <p>In this paper, we focused on space and management of serviced housing for the elderly with spaces open to the neighboring communities, and showed that it provides the richness of life that the elderly, not necessarily the wealthy, can enjoy. In terms of space, three arrangements have been devised to enable residents and local residents to coexist, and this knowledge can be applied to other cases. On the management side, it was found that the intervention intention of enterprises supporting the active exchange of the resident group was important in encouraging the active action of residents.In addition, two surveys revealed the spatial characteristics of the common spaces, the contrivance of order when many people use them, the development history of housing, and the actual condition of use of open common spaces.</p>

    DOI CiNii

  • RECONSTRUCTION OF AREA VALUES THROUGH A SMALL-SCALE CONTINUOUS UPGRADING PROCESS LED BY THE PRIVATE SECTOR

    Shu YAMAMURA, Haruhiko GOTO, Yasutaka TAJIMA

    Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ)   85 ( 773 ) 1447 - 1457  2020  [Refereed]

    DOI

  • KNOWLEDGE EXCHANGE PLACES SUPPORTING THE ACTIVITIES OF THE CREATIVE INDUSTRIES

    Ryota KITAHARA, Haruhiko GOTO, Shu YAMAMURA

    Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ)   85 ( 773 ) 1513 - 1523  2020  [Refereed]

    DOI

  • 環境認知に着目した主観的健康感に関する基礎的研究-奈良県橿原市在住中高齢者を対象とするエレメント想起法調査を用いて-

    髙嶺翔太, 後藤春彦, 劉冬晴, 山村 崇

    日本建築学会計画系論文集   54 ( 3 ) 405 - 412  2019.10  [Refereed]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 無形学へ かたちになる前の思考

    後藤春彦

    水曜社  2017.04

  • 人口減少社会における多世代交流・共生のまちづくり

    後藤春彦

    公益財団法人日本都市センター  2016.07

  • Making Better Places

    Patsy Healey, Haruhiko GOTO, Kayo Murakami( Part: Joint translator)

    Kajima Publishing  2015.09 ISBN: 9784306073180

  • 震災後に考える 東日本大震災と向き合う92の分析と提言

    後藤春彦( Part: Joint author)

    早稲田大学出版部  2015.03

  • 東日本大震災合同調査報告 都市計画編

    後藤春彦( Part: Joint editor)

    丸善  2014.12

display all >>

Industrial Property Rights 【 display / non-display

  • 都市計画学習教材

    3965600

    後藤 春彦, 三宅 諭

    Patent

Works 【 display / non-display

  • 城崎温泉木屋町小路/日経アーキテクチュア 2008.11-24掲載

    Artistic work 

    2008.07
    -
    2010.08

  • JR水上駅設計(基本構想・基本計画)unbilt

    Artistic work 

    2009
    -
     

  • JR湯檜曽駅設計(基本構想・基本計画) 2010.2完成

    Artistic work 

    2009
    -
     

  • 徳島県海部郡美波町木岐地区地域資源活用綜合交流促進施設(基本構想)unbilt

    Artistic work 

    2009
    -
     

  • 早稲田大学・MIT・シドニー大学・高麗大学・台湾政治大学・中国文化大学国際都市デザインワークショップin Taipei

    Other 

    2008.07
    -
     

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 日本都市計画学会創立60周年記念事業 優秀自治体まちづくりグッズ賞(伊勢市の「成長する都市マスタープラン」まちづくりグッズ群)

    2011.11  

  • 日本都市計画学会創立60周年記念事業 優秀自治体まちづくりグッズ賞(新宿区景観まちづくりガイドブックNo.01〜10)

    2011.11  

  • 日本都市計画学会賞 計画設計賞

    2011.05  

  • 土地活用モデル大賞 国土交通大臣賞 受賞

    2010.10  

  • 2010年度グッドデザイン賞

    2010.10  

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • An Experimental Research on Frameworking and Policy Making of Integrative Town and Country Planning

    Project Year :

    2015.04
    -
    2017.03
     

     View Summary

    In this research, we tried to investigate the effectiveness of City Region (CR), an integrated planning unit beyond municipal boundaries, through participant observation in actual fields. As a result, we clarified the roles and challenges CR plays in the following three integrative restructuring process of the region:(1) Restructuring of the administrative area by utilizing the regional-scale TMO, a management body of local information and real estate, in order to enhance accumulation of urban functions at the central urban area. (2) Restructuring of medical functions by developing community healthcare by promoting the formation of a place of fitness habits in daily life, and by utilizing local facilities as catalysts for local social capital. (3) Restructuring of regional economy by introducing "regional medical tourism" to realize the innovation of the tourism industry

  • Research on mutually complementary relationship between community healthcare and townscape

    Project Year :

    2013.04
    -
    2015.03
     

     View Summary

    This research aims to investigate a relationship between spatial characteristics and going-out behaviors of elderly residents within historical districts. Through a case study of Imai-cho, a historical district in Nara prefecture which is designated as an Important Preservation Districts for Groups of Historic Buildings, following conclusions were obtained: (1) Going-out behaviors and their spatial spread varies according to residents’ age, family structure, nursing care level, etc. (2) Way-findings of elderly residents are significantly influenced by spatial characteristics of streets. (3) Elderly people themselves and care managers evaluate living environment of historical district both in positive and negative ways. Finally, based on the findings listed above, the researchers presented a vision for small healthcare service bases and townscape improvement within historical districts

  • Reconstruction of strategic social space policy within a city-region

    Project Year :

    2011.11
    -
    2014.03
     

     View Summary

    Through case studies of city-regional planning within EU member states, this research clarified following four points:(1)Institutional framework which provides a political arena of the different sectors' involvement into regional planning across administrative boundaries. (2)The concept and the methodologies of Knowledge City policies. (3)Actual conditions of public-private partnerships within regional policies across administrative boundaries. (4)Actual conditions of Knowledge City policies within local governments

  • 旧本庄商業銀行煉瓦倉庫利活用検討

    Project Year :

    2014
     
     
     

  • 加美町まちなみ100年構想調査研究

    Project Year :

    2012
    -
    2014
     

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 「都市農村計画法」の導入のための理論と「シティ・リージョン」広域圏計画の実証

    2018   山村 崇

     View Summary

    わが国の計画制度において、都市的土地利用と非都市的土地利用は明確に区分されて扱われており、両者は整合性を欠いた仕組みとして存在してきた。わが国の土地利用のめざすべき方向(1)計画概念の見直し  「土地利用」から「土地利用マネジメント」へ(2)計画範域の拡大:<包括的>  「都市計画」(City Planning)から「空間計画」(Spatial Planning)へ(3)計画権限の分権/多主体の参加  「計画なくして開発なし」の理念のもと、さらなる地方分権の推進へ基礎自治体(あるいは基礎自治体連合)は、土地利用に関する計画を策定し、それに基づいて土地の開発行為・建築行為等を許可する権限を一括して担う。

  • 縮減社会における広域圏を対象とする空間計画の計画技術に関する英仏独比較調査

    2017   山村崇

     View Summary

    本研究では、複数の都市圏からなる計画単位として欧州諸国で台頭しつつある「シティ・リージョン(CR)」について、先行的取り組みが進む英・仏・独における動向を理論・実践の両面から分析した。CRに関する学説の動向を整理した結果、土地利用計画の広域調整など物理的課題解決に関する言説には大きな変化が見られない一方、より社会的な諸課題に対してハード・ソフト両面からアプローチすることの重要性が高まっているとの知見を得た。そこで、そうした取り組みのなかで特に顕著な主題として、地域を基盤とした「社会的包摂の実現」「医療福祉の充実」「地域経済開発の支援」に着目し、独(+補足的に蘭)のまちづくり現場を訪問してフィールドサーベイを行った。主要事例の特長と課題は以下の通り:「社会的包摂をめざすまちづくり」(フライブルク市郊外Vauban地区)社会・環境都市を標榜したまちづくりが進むエリアである。地域内には高齢者住宅・障害者施設も含まれ、多数の社会的包摂プロジェクトが実施されており、老いも若いも、障害のある⼈もない⼈も、共に住むまちが目指されている。商業・業務機能も誘致しているが、地域雇用の多様性に乏しい点など課題もある。「地域を基盤とした医療福祉にむけた取り組み」(Nordrach市)農村部の福祉法人が中心となり、豊かな農村環境のなかで、地域ぐるみのリハビリが行われている。人間らしい福祉サービスを望む患者と家族のニーズが、農村部に雇用を生み、地域活性に寄与している。早期社会復帰を支援する現地保険会社の資金援助を受けた取り組みであり、我が国への適用のためには補助金等の資金確保が課題になる。「経済開発を支援する空間計画」(Amsterdam大都市圏)Amsterdam都市圏の人口増に伴って必要となる新たな空間需要を広域で調整し、開発による負担と果実の分配を最適化することで、地域経済の振興を支援している。近年は交流人口の急増によって、宿泊施設の開発管理と最適配置が主題として台頭し、専門部署が対応しているが、そのノウハウは発展途上である。イベント開催時・観光ピーク時にビジネス客が宿泊できなくなるなど宿泊需給が逼迫しており、その解消は喫緊の政策課題となっている。

  • 都市農村計画の導入のための理論と「シティ・リージョン」広域圏計画の実証

    2017   山村 崇

     View Summary

    本研究では、わが国において導入が望まれる、都市と農村を明確に区別せず一体的にマネジメントするための都市・地域間連携のしくみ「日本版シティ・リージョン(CR)」に関して、CR形成の先進モデルに位置付けられる「飛鳥CR」の推進を支援しつつ、計画実施の有効性と課題を抽出した。&nbsp;対象地域の自治体関係者などに対するヒアリング調査を実施し、都市・地域間連携のための有効な枠組みを構築した。すなわち、(1)空洞化が進展する中心市街地においては、空き家を活用した都市内居住等の促進によるコンパクトなまちなかの形成を図ること。(2)過疎化が進展する農村部においては、地域資源を活用して都市農村交流を促進することが、それぞれ有効であるとの知見を得た。そのうえで、対象地域においてこれら二つのアプローチからCR形成を試行し、フィジビリティを検証した。具体的な分析成果は以下の通り:(1)空洞化が進展する中心市街地におけるコンパクトなまちなか形成:対象CR内の歴史的市街地で、地元の自治組織・医科大学・金融機関などと連携して空き家活用を推進した。そのなかで、活用用途と活用主体の適切な世代バランスを生み出すことの重要性などを見いだした。また、空き家の管理にとどまらない、地域マネジメント体制構築の必要性が課題として浮き彫りとなった。(2)過疎化が進展する農村部における都市農村交流の促進:対象CR内の基礎自治体、県などと連携し、都市農村交流プログラムを推進した。そのなかで、近年の健康志向の高まりを受けて、農村が有する多面的価値(景観・歴史・文化・食など)を組み合わせ、統合的に価値付けを行うことや、地元農家・自治体・医師等専門家による連携体制の構築の有効性を明らかにした。加えて、事業の継続的な推進主体の育成など課題を抽出した。

  • 日本版「シティ・リージョン」モデルの構築とフィジビリティ・スタディ

    2014   山村 崇

     View Summary

     本研究では、わが国において導入が望まれる、都市と農村を明確に区別せず一体的にマネジメントするための都市・地域間連携のしくみ(日本版「シティ・リージョン」モデル)に関する制度的枠組みの構築を試みた。その為に、欧州の「シティ・リージョン」における各種の都市・地域間連携制度を分析し、わが国への適用可能性を検証した。 その結果、都市・地域間連携のために有効な仕組みとして、「計画契約型」、「計画協会型」、「対話アリーナ型」の三類型を得た。その上で、それぞれの仕組みについてわが国に適用する際のフィジビリティを検証し、「導入障壁」「機能的有効性」の両面から、各方式の利点と課題を明らかにした。

  • 屋外広告物収入を活用したタウン・マネージメント

    2013  

     View Summary

    (1)背景中心市街地活性化法を契機に、近年、わが国の各都市の中心市街地において、都市空間のマネージメントを担う組織がTMO(Town Management Organization)として設立されている。自治体や既存の商業者団体とは異なる新たなまちづくりの主体として期待されているが、多くのTMOはその活動資金の捻出に苦慮している。一方、屋外広告物は各都道府県の条例によって一律に規制されてきたが、最近ではそれぞれの都市空間の実態にあわせた地域ルールの設定が議論されている。特に、近年では、税収が伸び悩む中で、屋外広告物の規制緩和による増収を新たなまちづくりの財源として公共に還元することの社会実験がこころみられ、都道府県によって特例許可される事例も増えている。 研究代表者は、東京都景観審議会・委員、同計画部会・専門委員、東京都広告物審議会・会長代理、同特例小委員会・委員長、同規格等検討小委員会・委員、東京都東京における今後の屋外広告物規制のあり方検討委員会・委員、新宿区景観まちづくり審議会・副会長などをつとめるとともに、2012年度は、新宿区歌舞伎町地区デザインガイドライン策定委員会・委員長の職にあり、対象地区の屋外広告物および都市景観行政を熟知しているとともに、歌舞伎町地区の都市再生の実務にも携わってきた。東京都および新宿区の行政、商店街組合、TMOとの連携も確保されている。(2)目的と対象本研究では、屋外広告物収入を活用したタウン・マネージメント実施の可能性について検証することを目的とする。研究対象地を東京都新宿区歌舞伎町を対象とした。歌舞伎町は健康的な歓楽街をめざして戦災復興土地区整理事業によって誕生したまちであるが、現在は風俗営業が多く集積し環境の浄化が求められている。本研究では、ニューヨークの民間資金で都市をマネージメントするBID (Business Improvement District) 制度を参照しつつ、屋外広告物を活用して都市のイメージをより良いものにすると同時に、掲出規制緩和による広告料収入を都市空間の整備費用やイベント運営費用等公共的なまちのマネージメント費に充てることを目論んだ持続性のある仕組みを計画的に構築することをめざした。(3)成果①屋外広告物の掲出規制緩和の論理と可能性②屋外広告物の掲出規制緩和による広告料収益の公共への還元方法③都市景観の視点からの屋外広告物のデザインの自主規制の仕組みについて検証した。さらに、④研究成果を社会に対してアッピールすることを意図し、ビデオ動画像にとりまとめた。(4)波及効果新宿区歌舞伎町の再生デザインに関わるひとびとを糾合し、早稲田大学を会場に、歌舞伎町デザインカンファレンスを2度開催し、デザイン調整を行った。 研究代表者の大学院における講義「景観・地域デザイン特論」において、新宿区都市計画部景観と地区計画課およびTMOの全面的な協力のもと歌舞伎町をフィールドに景観批評を行い、成果をビデオ動画像にとりまとめた。 さらに、研究成果をもとに、新宿区は「新宿区屋外広告物に関するガイドライン等検討委員会」を設立し、研究代表者が委員長に就き、「屋外広告物収入を活用したタウン・マネージメント」を実践する環境が整った。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 民間企業・法人の都市経営に関する研究

    2000.09
    -
    2001.09

    アメリカ   MIT

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2019
    -
    2021

    The Architectural Institute of Japan  Vice President

  • 2019
    -
    2021

    日本建築学会  副会長

  • 2015
    -
    2017

    The Architectural Institute of Japan  Inspector

  • 2015
    -
    2017

    日本建築学会  監事

  • 2014
    -
    2016

    The Architectural Institute of Japan  Representative

display all >>

Social Activities 【 display / non-display

  • 読売新聞「日本の知力」

    読売新聞「日本の知力」 

    2008.04
    -
     

  • 読売新聞「思い出のちから」

    読売新聞「思い出のちから」 

    2008.01
    -
     

     View Summary

    小田原市、山梨県早川町のまちづくりの紹介記憶の風景でまちづくり

  • 読売新聞「緩話急題」

    読売新聞「緩話急題」 

    2007.12
    -
     

     View Summary

    生活景の概念紹介

  • NHKジャーナル NHKラジオ第一放送

    NHKジャーナル NHKラジオ第一放送 

    2007.01
    -
     

     View Summary

    住宅地景観と最小敷地制限について

  • 「地域でつくるまちの景観 かながわの景観を考える」 TRY神奈川 TV神奈川

    「地域でつくるまちの景観 かながわの景観を考える」 TRY神奈川 TV神奈川 

    2006.01
    -
     

     View Summary

    神奈川県景観条例について

display all >>