Updated on 2022/12/02

写真a

 
YAZAWA, Masashi
 
Affiliation
Faculty of Political Science and Economics, School of Political Science and Economics
Job title
Associate Professor

Concurrent Post

  • Faculty of Political Science and Economics   Graduate School of Economics

  • Faculty of Law   School of Law

Education

  •  
    -
    1993

    Waseda University   Graduate School, Division of Politics  

  •  
    -
    1993

    Waseda University   Graduate School, Division of Politics  

Degree

  • 政治学修士

  • Master in Political Science

Professional Memberships

  •  
     
     

    日本イギリス哲学会

  •  
     
     

    日本政治思想学会

  •  
     
     

    早稲田政治学会

  •  
     
     

    社会思想史学会

  •  
     
     

    政治思想学会

  •  
     
     

    日本政治学会

▼display all

 

Research Areas

  • Politics

  • History of thought

Research Interests

  • History of Thought

Papers

  • 人権と私たちの義務

    アマルティア・セン著;谷澤正嗣訳

    早稲田政治経済学雑誌   ( 394 ) 9 - 17  2019

  • 再帰的な分類の困難さ? 『来るべきデモクラシー――暴力と排除に抗して』(山崎望)書評

    谷澤正嗣

    政治思想研究   ( 13 ) 356 - 357  2013  [Invited]

  • 書評 岡野八代『フェミニズムの政治学 ケアの倫理をグローバル社会へ』(みすず書房刊2012年)

    谷澤正嗣

    政治哲学   ( 14 ) 51 - 58  2013  [Invited]

  • 「価値の多元性と規範の正当化 伊藤恭彦『多元的世界の政治哲学——ジョン・ロールズと政治哲学の現代的復権』(有斐閣、2002年)書評」

    谷澤正嗣

    『政治思想研究』   ( 6 ) 414 - 415  2006.05

  • 「『リベラルな平等』はどこまで平等主義か」

    谷澤正嗣

    シンポジウム「社会的正義の政治経済学を目指して——法学・政治学・経済学の対話——」(COE-GLOPE、高度化推進事業、科研「政治経済学の再構築」、政治思想研究会の共催)    2006.03

  • 「再分配の基準をめぐって:政治哲学」

    谷澤正嗣

    COE-GLOPE全体ワークショップ「国家、分配、デモクラシーの政治経済学」    2005.10

  • 「杉田敦という境界線——杉田/非杉田の二分法は越えられるか」

    谷澤正嗣

    COE-GLOPE理念班ワークショップ(第193回政治思想研究会) 合評会 杉田敦『境界線の政治学』(岩波書店、2005年)    2005.07

  • 「政治学の方法と問題——カンタンな取り扱い説明書」

    谷澤正嗣

    『早稲田政治経済学雑誌』   ( 360 ) 72 - 81  2005.07

  • Comments on John Roemer, "How Much Equality Should We Desire, and How Much Can We Expect Democracy to Deliver?"

    Masashi Yazawa

    COE-GLOPE International Symposium: How Much Redistribution Should and Can We Have? A Problem in Philosophy, Economics, and Politics    2005.03

  • 「政治思想史における公共性」

    谷澤正嗣

    第93回GLOPEワークショップ(第10回メソッドセミナー)    2004.12

  • 「現代政治理論における『憲法政治』の構想」

    谷澤正嗣

    2004年度日本政治学会研究会(札幌大学)、 分科会H 憲法政治    2004.10

  • 「長久領壱、『規範の受諾:説諭としてのゲーム理論』へのコメント」

    谷澤正嗣

    COE-GLOPE理念班コンファレンス(第177回政治思想研究会)    2004.03

  • Iris Marion Young, "Responsibility and Global Labor Justice"の通訳

    谷澤正嗣

    COE-GLOPE理念班ワークショップ(第176回政治思想研究会)    2004.02

  • 「広瀬武志『理性的対話と文化的中立』へのコメント」

    谷澤正嗣

    日本イギリス哲学会関東部会 第72回研究例会    2003.11

  • 「リプライ」

    谷澤正嗣

    COE-GLOPE理念班ワークショップ(第174回政治思想研究会) 合評会 飯島昇藏、川岸令和編『憲法と政治思想の対話—デモクラシーの広がりと深まりのために』(新評論、2002年)    2003.10

  • "Moral Justifications of the Welfare Policies"

    Masashi Yazawa, Shozo Iijima

    平成12年度〜平成14年度科学研究補助金研究成果報告書『高齢化時代における医療政策—生命倫理と予算制約—』   研究課題番号12620097(研究代表者 飯島昇藏)   63 - 80  2003.05

  • 「現代リベラリズムの正義論とフェミニズム-マーサ・ヌスバウムの所説を中心に-」

    谷澤正嗣

    2002年度日本政治学会研究会(愛媛大学)、 分科会G ジェンダーと正義    2002.10

  • "Moral Foundations of the Welfare State Revisited: Moral Justifications of Welfare Policies"

    Masashi Yazawa, Shozo Iijima

    International Conference, "Reconstructing the Welfare State: Health Care Reform in Italy, Japan, UK, and the USA" at International Jacque Maritain Institute Research and Study Center at Brenziol, Treviso, Italy    2002.09

  • "Moral Foundations of Welfare Policies"

    Masashi Yazawa, Shozo IIjima

    International Conference, "Reconstructing the Welfare State: Health Care Reform in Italy, Japan, the UK, and the USA" at International House of Tokyo, Japan    2001.07

  • "Revolution and Enlightenment in Kant's Political Philosophy: Is There a Kantian Liberalism?"

    Masashi Yazawa

    Waseda Political Studies, Graduate School of Political Science, Waseda University   Vol. 33  2001

  • 「現代リベラリズムにおけるconstitutional democracy--radical democracyとの対比において」

    谷澤正嗣

    早稲田政治学会第1回研究会(早稲田大学)、分科会B 政治思想    2000.05

  • 「ジョン・ロールズ『政治的リベラリズム』をめぐる批判—安定性の追求とそのコスト」

    谷澤正嗣

    『早稲田政治経済学雑誌』、早稲田政治経済学会   ( 341号 ) 367 - 402  2000.01

  • 「ジョン・ロールズの重合的コンセンサスの観念-政治的理性批判の可能性」

    谷澤正嗣

    『早稲田政治経済学雑誌』、早稲田政治経済学会   ( 324号 ) 278 - 312  1995.09

  • 「カント政治哲学の一解釈-H・アレントの解釈と自由主義的解釈の架橋の試み-」

    谷澤正嗣

    『早稲田政治経済学雑誌』、早稲田政治経済学会   ( 320号 ) 322 - 357  1994.10

  • 書評 『ロールズを読む』(井上彰編著、ナカニシヤ出版、2018)

    谷澤正嗣

    社会思想史研究     166 - 170  [Invited]

▼display all

Books and Other Publications

  • アメリカ憲法理論史 : その基底にあるもの

    Ackerman, Bruce A., 川岸, 令和, 木下, 智史, 阪口, 正二郎, 谷澤, 正嗣

    北大路書房  2020.05 ISBN: 9784762831065

  • 社会思想史事典

    社会思想史学会( Part: Contributor)

    丸善  2019

  • ヘイト・スピーチという危害

    ジェレミー・ウォルドロン, 谷澤正嗣, 川岸令和訳

    みすず書房  2015 ISBN: 9784622078739

  • 『熟議の日』

    ブルース・アッカマン, ジェイムズ・フィシュキン著(川岸, 谷澤, 青山訳( Part: Joint translator)

    早稲田大学出版部  2014

  • 『正義はどう論じられてきたか』

    デイヴィッド・ジョンストン(押村, 谷澤, 近藤, 宮崎訳( Part: Joint translator)

    みすず書房  2014

  • 『アクセス デモクラシー論』

    齋藤純一, 田村哲樹( Part: Joint author)

    日本経済評論社  2012

  • 『新版 現代政治理論』

    川崎修, 杉田敦( Part: Joint author)

    有斐閣  2012

  • マルクス

    谷澤正嗣

    ジョン・ロールズ『ロールズ政治哲学史講義Ⅱ』、岩波書店  2011.09

  • 政治理論における期待、制度、合理性(ジョン・フェアジョン著)

    谷澤正嗣

    田中愛治監修、河野勝編『期待、制度、グローバル社会』、勁草書房  2009.09

  • フェアジョン論文へのリプライ3:政治理論と最小合理性の概念

    谷澤正嗣

    田中愛治監修、河野勝編『期待、制度、グローバル社会』、勁草書房  2009.09

  • 正義 Ⅱ現代

    谷澤正嗣

    イギリス哲学会編『イギリス哲学・思想事典』  2007.10

  • スティーヴン・ムルホール、アダム・スウィフト著『リベラル・コミュニタリアン論争』

    谷澤正嗣, 飯島昇藏

    勁草書房  2007.07

  • 日本語版への序文、第2部序論、第6章、第3部序論、結論

    谷澤正嗣

    スティーヴン・ムルホール、アダム・スウィフト著、谷澤正嗣、飯島昇藏訳者代表『リベラル・コミュニタリアン論争』、勁草書房  2007.07

  • 『悪と正義の政治理論』

    太田義器, 谷澤正嗣編

    ナカニシヤ出版  2007.05

  • 「悪と正義の政治理論に向けて」

    谷澤正嗣, 太田義器

    太田義器、谷澤正嗣編『悪と正義の政治理論』、ナカニシヤ出版  2007.05

  • 「悪をめぐる政治理論的考察の可能性」

    太田義器, 谷澤正嗣

    太田義器、谷澤正嗣編『悪と正義の政治理論』、ナカニシヤ出版  2007.05

  • M・ウォルツァー著「第4章 討議と……そのほかには何が?」

    谷澤正嗣

    M・ウォルツァー著、齋藤純一、谷澤正嗣、和田泰一訳『政治と情念——より平等なリベラリズムへ——』、風行社  2006.12

  • M・ウォルツァー著「付論 コミュニタリアンのリベラリズム批判」

    谷澤正嗣

    M・ウォルツァー著、齋藤純一、谷澤正嗣、和田泰一訳『政治と情念——より平等なリベラリズムへ——』、風行社  2006.12

  • 「公共性—公共圏とデモクラシー」

    谷澤正嗣

    川崎修、杉田敦編『現代政治理論』、有斐閣  2006.03

  • 『藤原保信著作集一〇 公共性の再構築に向けて』

    藤原保信著, 齋藤純一, 谷澤正嗣編

    新評論  2005.02

  • 「解説」

    齋藤純一, 谷澤正嗣

    藤原保信著、齋藤純一、谷澤正嗣編『藤原保信著作集一〇 公共性の再構築に向けて』、新評論  2005.02

  • H・ウィリアムズ、K・ブース著「カント、限界のない理論家」

    谷澤正嗣

    I・クラーク、I・B・ノイマン編、押村高、飯島昇藏訳者代表『国際関係思想史』、新評論  2003.04

  • 「現代リベラリズムにおける立憲主義とデモクラシー-政治の可能性をめぐる一試論」

    谷澤正嗣

    飯島昇藏、川岸令和編『憲法と政治思想の対話』、新評論  2002.07

  • H・ウィリアムズ著「カントと社会契約」

    谷澤正嗣

    D・バウチャー、P・ケリー編、飯島昇藏、佐藤正志訳者代表『社会契約論の系譜 ホッブズからロールズまで』、ナカニシヤ出版  1997.05

  • 「カント-理性の支配と人間の自由」

    谷澤正嗣

    藤原保信、飯島昇藏『西洋政治思想史・I』、新評論  1995.05

▼display all

Research Projects

  • Concept Analysis of Freedom Using Popular Songs as Text

    Project Year :

    2017.06
    -
    2020.03
     

  • Republicanism, Constitutionalism, and Liberalism in American Thought: Ideas for Controlling Democracy

    Project Year :

    2017.04
    -
    2020.03
     

  • Republicanism and Constitutionalism in the American Political Thought

    Project Year :

    2013.04
    -
    2016.03
     

     View Summary

    This research project aims to reconsider the history of American political thoughts from the viewpoint of republicanism and constitutionalism. It includes both its endogenous development from the the thoughts of Founding Fathers, to Transcendentalism, Pragmatism, Liberalism, Libertarianism, and Conservatism, and its exogenous influence from European thoughts including Marxism and Anarchism. Three-years-research finally found out the dialectic development that underlies the American political thought: reliance on the republican government and its common sense on the one hand, and restriction of the power of government for the protection of property rights of individuals on the other. Both tendencies were brought by American consciousness toward European monarchies

  • デモクラシーと宗教:政治思想史、政治理論、地域研究の総合的アプローチ

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(C))

    Project Year :

    2013
    -
    2015
     

     View Summary

    谷澤は、現代リベラルデモクラシーにおける宗教的言説の規範的位置づけに関して、ジョン・ロールズら「政治的リベラル」と称される一連の理論家の見解と、それらの批判を検討した。政治的リベラルが規範的議論に果たしうる宗教の役割をめぐって比較的寛大ないし楽観的であるのに対して、批判者は極めて懐疑的である点を明らかにした。
    厚見は、政治思想史の視野から、マキァヴェッリの思想における宗教・哲学・政治の関連の考察を行なった。「宗教の政治的利用」の近代的端緒と目される彼の思想において「近代的転回」を遂げたとされる彼の哲学が、宗教と政治の関係を規定している可能性を検討した。また、宗教の側から政治的統治者のあるべき資質を論じる中世の「君主の鑑」論の系譜が、ルネサンス期人文主義においていかなる変化を見せたかについての考察も行なった。
    近藤は、古典的政治哲学、特にクセノフォンとプラトンの政治哲学における教育とレトリックの関係を研究した。クセノフォンに関しては、『オイコノミコス』の読解からソクラテスによる「デモクラシー社会に生きる良き市民」の教育の特徴を分析した。プラトン『メネクセノス』の研究では、そのようなソクラテスの市民教育が持つ反帝国主義的な側面を明らかにした。
    石川は、主として関連する先行研究資料の収集と分析を行った。とりわけ、少数派文化集団に属する女性の自立と自由の実現をめぐる議論に注目して考察を行なった。また、ヒューマニズム(humanism、人間中心主義)の立場から宗教的少数派に対する寛容政策を批判する言説についても近年の議論の調査を進めた。
    飯島は、全体の研究会を統括とすると同時に、政治と宗教の関係に関して、「神学・政治問題」を核心とするレオ・シュトラウスの政治哲学の研究を行なった。

  • Tocqueville and the Political Theory of the 20th Century-An Intellectual History on the Formation of Liberal Democracy

    Project Year :

    2006
    -
    2007
     

     View Summary

    The aim of this research is to reconsider in the historical context of the globalization of new capitalism Tocqueville's contribution and relevance to the political theory of the 20th century, in particular that of liberal democracy. The globalization of the economy has brought about new kind of poverty and disparity all over the world and the hegemony of the American empire has raised skepticism about American democracy. On the other hand, political democratization is inevitably going on in many non-Western countries. Against this changing background of the contemporary world, Tocqueville's theory of democracy requires new reading and has in fact been reinterpreted in various ways. In the process of this two year research, the following three points have been identified as remarkable in this new approach to Tocqueville's political theory.
    (1) The end of the Cold War and the collapse of Soviet regime did make clear the victory of liberal democracy over socialism but the subsequent globalization of the economy under the hegemony of the United States has not prevailed the American model of democracy in the world, rather provoking resistance to it everywhere. Recent noteworthy phenomena in America, the growing political influence of religious fundamentalism, the increase of economic inequality and disparity, the poverty of social capital, and the decline of public spirit require the reconsideration of Tocqueville's view of America.
    (2) Tocqueville's warning against the danger of military-bureaucratic despotism in post-Napoleonic France, which he declares has nothing to do with America at his time, is highly suggestive for thinking about the military-industrial complex of the United States today.
    (3) The Tocquevillian analysis of the historical process of the modernization and democratization of Japan would be useful for considering the task of democratization in non-Western countries in the contemporary world

  • Tocpueville and Two Models of Democracy : A Comparative Historical Study of American and French political Cultures

    Project Year :

    2004
    -
    2005
     

     View Summary

    The aim of this research is to Compare in the light of Tocqueville's political theory two types of modern democracy, the French and the American, and to examine m the historical development of the two Countries the various aspects of the opposition and interaction of the two models. The following issues are particularly addressed : the French view of America since Tocqueville and the rise of anti-Americanism in the 20^<th> Century, the French reaction to American liberalism, the historical transformation of the United States in the 20^<th> Century as a result of its becoming a global power, and Tocqueville moments in contemporary political discourses in both countries.
    Principal discoveries and findings acquired through the two years research are :
    (1)In spite of the long history of Franco-American friendship since the tame of the American Revolution, the American commitment to Europe and the rise of the United States as a global power caused in the 20^<th> century a negative reaction of the French people and the Cold War in particular nurtured the anti-Americanism of intellectuals.
    (2)Tocqueville's theory of democracy invites various new readings in terms of this great transformation of the world. In the United States, the increasing political influence of religious groups, growing economic inequality, the decrease of "social capital", the decline of public sphere, and other recent tendencies of American society forced public philosophers and social scientists to reconsider Tocqueville's description of America and his theory of democracy.
    (3)In France, Tocqueville's severe critique of French political culture has, for the first time since his death, been taken seriously and attracted a big audience. It is an aspect of French reception of Anglo-Saxon liberalism. However, Tocqueville is also used by many people as a reference for criticizing America.
    (4)In contemporary political philosophy, there is a difference between the American use of Tocqueville and the French reading of his text In the United States, Tocqueville is mainly referred to in the republican or the oommunitarian context, while, in France, he is allotted an important role in the liberal revision of French republicanism.
    (5)Some of Tocqueville's warnings about the dangerous tendencies of 19^<th> century French democracy seem to be more relevant in the present world to the United States than to France.

  • Medical Policies in the Aged Societies - Bioethics and Budget Constraints

    Project Year :

    2000
    -
    2002
     

     View Summary

    We submitted the following four papers at the International Conference "Reconstructing the Welfare State: Health Care Reform in Italy, Japan, the UK and the USA," The International Jacque Maritain Institute, Treviso, Italy, 16-17 September, 2002.
    In their paper "Political Parties, Variety of Capitalism, and Veto Players in Health Care Retrenchment: Japan in Comparative Perspective," Ido and Magara contended that the variety of capitalism and the presence of veto players, rather than types of welfare regimes and the ideology of parties in office, determined the changes in public efforts in the era of welfare retrenchment.
    In his "Constitutional Welfare Rights," Kawagishi argued that there was no direct correlation between manners of constitutional response to welfare --- ignorance, declaration of social principles, declaration of social rights, and declaration of both --- and rates of governmental expenditure on welfare in major countries. Thus, execution of welfare rights largely depends upon discretionary policy judgments on the part of the legislative and administrative departments.
    Yazawa and Iijima, in their essay "Moral Foundations of Welfare Policies," investigated possible moral foundations of welfare state, while paying attention to concepts of individual's "needs" and "capabilities." They examined a series of liberal theorists including M. Ignatieff, M. Nussbaum, R. Dworkin and R. Goodin, and reached a conclusion that the state should provide a wide range of welfare policies, as long as we commit ourselves to the liberal tradition, a normative outlook to pursue individual liberty as the primary political value.
    In his "Rethinking Japanese Bioethics", Tanaka examined how Japanese bioethics has developed, comparing with the history of American bioethics, and revealed the historical conditions that have made Japanese bioethics insufficient as social force to open up the relatively closed system of Japanese modern medicine.

  • Reconstructing the Welfare State : Health Care Reforms in Italy, Japan, the UK and the USA.

    Project Year :

    2000
    -
    2001
     

  • 高齢化時代における医療政策-生命倫理と予算制約

    Project Year :

    2000
     
     
     

▼display all

Presentations

  • A・ジョン・シモンズの哲学的アナーキズム

    谷澤正嗣

    社会思想史学会  (東京外国語大学) 

    Presentation date: 2018.10

  • 新古典派リベラリズムの政治理論:アメリカ保守主義の新類型?

    谷澤正嗣

    アメリカ政治思想研究会  (東京大学社会科学研究所) 

    Presentation date: 2015.08

Specific Research

  • 現代政治理論における「政治的リベラリズム」の観念―J・ロールズの理論を中心に

    2000  

     View Summary

     本研究は、J・ロールズ、C・ラーモア、B・アッカマン、M・ヌスバウムらによって提唱されている「政治的リベラリズム」の立場を、その核心にある「理性にかなった多元性の事実」をめぐる哲学的洞察のみならず、この洞察から生じるさまざまな政治的帰結に視野を広げながら、リベラリズムに対する数々の対抗イデオロギーと比較して論じようとするものである。政治的リベラリズムのもたらす憲法上の帰結をめぐる成果の一部は、早稲田政治学会第一回研究会(2000年5月26日)において、「現代リベラリズムにおけるconstitutional democracy―radical democracyとの対比において」と題して報告した。この報告は、ロールズらの理論における、立憲主義と民主主義の関連を明らかにするために、まずデモクラシーによる政治権力の行使に正統性を認めるための条件としてのリベラルな憲法の位置づけ(ロールズ)に着目し、ついで正統性についてのこの理解の根底をなすのは「人格に対する平等な尊重」(ラーモア)という、政治的リベラリズムの核心となる道徳原理にほかならないとする見方を紹介した。さらに制度論に目を向け、正統性を満たしたデモクラシーを可能にする前提条件ないし「プレコミットメント」(S・ホームズ)として機能するために憲法が備えていなければならない条項を列挙した。これらの条項が多数派の権力行使に制限を課すかぎり、リベラルな立憲主義は民主主義と対立すると指摘される。これに対して報告は、憲法それ自体が人民の主権にもとづく「憲法政治」の所産である以上、立憲主義と民主主義は対立しないとする「二元的デモクラシー」(アッカマン)の理論を検討した。続いて報告はこうしたリベラルな立憲主義的デモクラシーと、C・ムフやS・ウォリンらの提唱するよりラディカルなデモクラシーとの対比を試みた。その後の研究成果をも踏まえて、論文「現代リベラリズムにおける立憲主義とデモクラシー--政治の可能性をめぐる一試論」、飯島昇藏、川岸令和編『憲法と政治思想の対話』(新評論、2002年)を発表した。

 

Syllabus

▼display all