YAMAMOTO, Hiroshi

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Professor

Education 【 display / non-display

  •  
     
     

    Waseda University   文学研究科   ドイツ文学  

  •  
     
     

    Waseda University   School of Letters, Arts and Sciences I   ドイツ文学専修  

Degree 【 display / non-display

  • 早稲田大学   文学修士

Research Experience 【 display / non-display

  • 2017.04
    -
    Now

    Faculty of Letters, Arts and Sciences, Waseda University   School of Humanities and Social Sciences / Graduate School of Letters, Arts and Sciences   Professor

  • 2002.04
    -
    2017.03

    Universität Waseda   Germanistisches Seminar, Philologische Fakultät   Associate Professor

  • 1998.10
    -
    2002.04

    Universität Waseda   Germanistisches Seminar   Dozent

  • 1995.10
    -
    1998.09

    Universität Hiroshima   Institut für European Studies   Dozent

  • 1994.04
    -
    1995.09

    Universität Waseda   Germanistisches Seminar   Assistent

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本独文学会中四国支部

  •  
     
     

    早稲田ドイツ語学・文学会

  •  
     
     

    Japanische Gesellschaft für die Germanistik

 

Research Areas 【 display / non-display

  • European literature

Research Interests 【 display / non-display

  • Literaturdidaktik

  • Komparatistik

  • Gegenwartsliteratur

  • Germanistik

  • Übersetzung

Papers 【 display / non-display

  • „des letzten tagebaus sumpfiger wunde“. Zur Poetologie der ausradierten Landschaft in der Lyrik von Wolfgang Hilbig und Volker Braun

    Hiroshi Yamamoto

    Bernard Banoun, Bénédicte Terrisse, Sylvie Arlaud und Stephan Pabst (Hg.): Wolfgang Hilbigs Lyrik. Eine Werkexpedition. Berlin (Verbrecher Verlag) 2021.     187 - 208  2021.04

    Authorship:Corresponding author

  • 区切りの前の一年 インゲボルク・バッハマン『三十歳』

    山本浩司

    金志成(編)『さまざまな一年 近現代ドイツ文学における暦の詩学』     283 - 326  2021.03

    Authorship:Corresponding author

  • 書評論文:Gunter Reus: Marcel Reich-Ranicki. Kritik für alle. Darmstadt 2020.

    山本浩司

    早稲田ブレッター   ( 28 ) 49 - 55  2021.03  [Refereed]

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author

  • „mitten im japonisierenden Wandbehang“. Zum Japanbild in Marion Poschmanns Lyrikband „Geliehene Landschaften“

    Hiroshi YAMAMOTO

    Muroi, Yoshiyuki (Hrsg.) Einheit in der Vielfalt? Germanistik zwischen Divergenz und Konvergenz Asiatische Germanistentagung 2019 in Sapporo. München 2020.     542 - 549  2021.01

  • Habitus im Zeitalter des globalen Neoliberalismus. Einige Überlegungen am Beispiel der neueren Texte Kathrin Rögglas

    Hiroshi YAMAMOTO

    Akten des JGG-Kulturseminars 1 (2020)   1   376 - 392  2020.12  [Refereed]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Haiku und Waka als Polaroid. Nachleben der japanischen dichterischen Kurzformen bei Delius, Grünbein und Kling, in: Turns und kein Ende?: Aktuelle Tendenzen in Germanistik und Komparatistik

    Hiroshi Yamamoto, herausgegeben von, Elke Sturm-Trigonakis, Olga Laskarido, Evi Petropoulou, Katerina Karakassi( Part: Contributor)

    Peter Lang  2017.11 ISBN: 9783631730454

  • ベルリン終戦日記 ある女性の記録(新装版)

    アントニー・ビーヴァー 序文, ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー 後記, 山本 浩司( Part: Sole translator)

    白水社  2017.05 ISBN: 9784560095508

  • Nachleben der Toten – Autofiktion

    Herausgegeben von der, Japanischen Gesellschaft, für Germanistik unter der Leitung von, Hiroshi Yamamoto, unter Mitwirkung von Mechthild Duppel-Takayama, Arne Klawitter, Masanori Manabe, Thomas Pekar, Thomas Schwarz( Part: Joint editor)

    Iudicium  2017.03 ISBN: 9783862053360

  • Coübersetzung: Alfred Döblin: Erzählungen

    Alfred Döblin (Autor, Kumeda Aya, Yamamoto Hiroshi( Part: Joint translator)

    Kawade-Verlag  2016.02 ISBN: 9784309207001

  • 東欧の想像力

    山本浩司, 編者, 奥彩子, 西成彦, 沼野充義( Part: Contributor)

    松籟社  2016.01

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 書評:凛とした女性の一生を描く ベルンハルト・シュリンク『オルガ』

    山本浩司

    日本経済新聞2020年7月4日朝刊     24 - 24  2020.07  [Invited]

  • 書評:アウシュヴィッツのタトゥー係(ヘザー・モリス著、双葉社)

    山本浩司

    北海道新聞 2019年12月1日付     11 - 11  2019.12  [Invited]

  • この3冊:ベルリンの壁の崩壊30年と文学

    山本浩司

    毎日新聞社 2019年11月10日付     9 - 9  2019.11  [Invited]

  • 書評:光るモダニズム表現技法 アルフレート・デーブリーン『運命の旅』(長谷川純訳、河出書房新社)書評

    山本浩司

    産経新聞 2019年8月4日付     19 - 19  2019.08  [Invited]

  • コツがあります

    山本浩司

    早稲田ブレッター   25   194 - 197  2018.03

display all >>

Other 【 display / non-display

  • Organisati...

    2015.03
     
     

     View Summary

    Organisation der Tagung: Das 57. Kulturseminar der JGG: "Autofiktion – Literarische (De-)Konstruktionen des Selbst", in Zusammenarbeit mitMartina Wagner-Egelhaaf (Münster) und Hu Wei (Beijing), Tateshina, 15.-20.03.2015.

  • Organisation der Tagung: Das 57. Kulturseminar der JGG: "Autofiktion – Literarische (De-)Konstruktionen des Selbst", in Zusammenarbeit mitMartina Wagner-Egelhaaf (Münster) und Hu Wei (Beijing), Tateshina, 15.-20.03.2015.

    2015.03
     
     

     View Summary

    日本独文学会(JGG)第57回文化ゼミナール("Autofiktion – Literarische (De-)Konstruktionen des Selbst")の運営統括。ドイツ学術交流会DAAD招聘講師 Martina Wagner-Egelhaaf (Münster) 、JGG招聘講師 Hu Wei (Beijing) を招き、講演12、分科会9を開催した。

  • Organisation der Tagung: Das 56. Kulturseminar der JGG: „Nachleben der Toten“, in Zusammenarbeit mit Ulrike Vedder(HU Berlin) und Chien Chieh(Taiwan National Universtiy), Tateshina, 23.-29.03.2014.

    2014.03
     
     

     View Summary

    2014年3月23日(日)-3月29日(土)
    日本独文学会(JGG)第56回文化ゼミナール("Nachleben der Toten")の運営統括DAAD招聘講師 Ulrike Vedder (HU Berlin) 、JGG招聘講師 Chien Chieh (Taiwan National University) を招き、講演13、分科会12を開催した。

  • Organisati...

    2014.03
     
     

     View Summary

    Organisation der Tagung: Das 56. Kulturseminar der JGG: „Nachleben der Toten“, in Zusammenarbeit mit Ulrike Vedder(HU Berlin) und Chien Chieh(Taiwan National Universtiy), Tateshina, 23.-29.03.2014.

  • Organisation de Tagung: Internationale Tagung "Übersetzung und Transformation. Umformungsprozesse in/von Texten, Medien, Kulturen", in Zusammenarbeit mit Christine Ivanovic, Waseda Universität(Tokyo), 17.-19.10.2008.

    2008.10
     
     

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 第8回日本独文学会賞(ドイツ語論文部門)

    2010.10   JGG  

  • ドイツ語学文学振興会奨励賞

    1995.05   ドイツ語学文学振興会  

Research Projects 【 display / non-display

  • Aesthetic Perspectives of Travel-Essays in German Speaking Literature

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

     View Summary

    グローバル化と消費文化の浸透によって旅の形式が変質していく現代において、「紀行エッセイ」がいかなる美的射程を持ちうるかを精査することを目的に月例研究集会を重ね、歴史的に見て英仏語圏のコロニアリズムの当事者性とは一線を画してきた現代ドイツ語圏作家たちによる非ヨーロッパ圏紀行文を分析していく。ムージルやベンヤミンなど古典的なエッセイ論とドイツ戦後文学の旅行記などを比較対象に引きながら、現代の紀行エッセイの新奇性を明確にしていく。その際、国際的な研究ネットワークの構築にも力を入れ、完成年度には東京で国際シンポジウムを開催した上で、日独両国で比較文化論集を出版し研究成果を社会に還元する。During the first semester of the project I reached out both for Japanese and international researchers in order to establish a platform for collaboration and exchange. This allowed me to broaden the horizon of my research and to plan a joint public presentation at a conference of the Japanese Society of German Studies. At 2019th Asian Germanist Society Conference (August 2019, Sapporo) I presented some of our key ideas. In contemporary literary discourse essayistic writing is no longer primarily understood as a literary genre, but rather as a way of thinking and writing that is experimentally generated from the subjective experience of the writer. For this particular reason, we focus on the subjectivity of the author and the cognitive functions of his/her journey.It turned out that there is a diverse and rapidly growing research landscape in the field of traveling in literature as well as essay writing, while the intersection of both, the travel essay, is still underrepresented in German contemporary literary discourse. To fill this research gap, I decided to collaborate with international researchers from Germany and China. The discussion appeared to be fruitful, so we plan to present our findings in one of the next Japanese Germanist' Society Congresses and to continue publishing our research results. In the Austrian national library archives, I discovered some unpublished documents of early 1900th travel author Alice Schalek concerning her journeys to China and Japan which gave us new insights in the production of travel essays.Due to the outbreak of the COVID-19 crisis, some conferences both in Japan and internationally were cancelled or postponed. Nevertheless, we hope to be able to present our research results in the near future to a broader audience. In the meantime, we concentrate on publications rather than public presentations. In addition, journeys to international research institutions appear to be rather difficult, as most countries currently maintain tight border restrictions. For this reason, we will intensify our co-operation by web-meetings and digital conferences. While journeys to international libraries appear to be difficult, many research institutions nowadays open up their digital resources to the Scientific community. We will try to use these opportunities for our project

  • ドイツ現代文学におけるアヴァンギャルド詩の系譜

    Project Year :

    2018.04
    -
    2022.03
     

     View Summary

    今年度は一方でオーストリア現代アヴァンギャルド詩の読解作業、他方で現代ドイツのアヴァンギャルド詩を牽引したオスカー・パスティオールの晩年の詩ならびに翻訳詩の試みに集中的に取り組んだ。現代オーストリアのアヴァンギャルド詩については、詩というジャンルに限定せずにアヴァンギャルドの伝統を取り入れながら更新したイェリネクやレッグラの散文や戯曲に「文学野」や「ハビトゥス」(ブルデュー)といった切り口からアプローチした。2020年3月にはウィーン文学館で資料調査を進め、共同研究者のツェルガー氏(ウィーン大学)と研究打ち合わせを行なって、今年度以降の研究計画を練り直し、対象とすべき作家と作品の絞り込みを行った。それと同時にアン・コッテン、フリーデリケ・マイレッカーら日本での研究がまだ十分とは言えない女性アヴァンギャルド作家たちに関する文献収集を進めた。パスティオールについては、ボードレールの『悪の華』の数篇を様々な形で「寄生虫訳」(ミッシェル・セール)する詩集『シュペックトゥルム(スペクトラムをシュペック(脂肪)とトゥルム(塔)の合成語として捉え直したもの)』について2019年11月にドイツ、マルバッハ文書館で遺稿の集中的な調査を行った。それまでの段階で、6月に日本独文学会シンポジウムでヘルタ・ミュラーと翻訳との関連で、7月に日本独文学会阪神支部にてボードレール詩の寄生虫翻訳の諸相について発表した。寄生虫訳については同様の試みをしているエルンスト・ヤンドルや最近のモニカ・リンクの試みも参照し、意味を移す逐語訳ではなく、音声的類似をてこに原詩に寄生して自己増殖を遂げる翻訳が抒情詩の創造性に寄与することを検証した。各口頭発表はその後加筆訂正して論文にまとめた。日本独文学会シンポジウムでの発表は同学会のシンポジウム記録論集に、阪神学会での発表は神戸大学独文学会機関誌に公表される。研究のインプットとアウトプットはおおむね計画通りに進展した。これまでの成果を国内外の研究者に向けて発信するために、2019年度には5月ヘルタ・ミュラーのコラージュ詩(ドイツ学術振興会研究チーム2603、トリア大学)、6月パスティオールの寄生虫的翻訳(INSL、ローザンヌ)、ミュラーとパスティオールにおける翻訳の詩学(日本独文学会、学習院大学)、7月ミュラーのコラージュ詩(ハンブルク大学)、ヒルビヒとグラスの比較(マールバッハ文学資料館)、パスティオールの翻訳の詩学(日本独文学会阪神支部大会、神戸大学)、8月マリオン・ポッシュマン(アジアゲルマニスト会議、北海学園)について発表した。こうして年度前半は、国内外の研究者との学会の場での意見交換をするとともに、トリア、マールバッハ、ハンブルクで資料の収集にも努めた。年度後半は研究発表に加筆訂正して論文の形にまとめることに力を傾注した。日本独文学会研究叢書、神戸大学独文学会機関誌、トリア大学研究叢書、マールバッハ研究叢書などに寄稿し、一部は年度内に公刊された。同時にウィーン派ならびに歴史的アヴァンギャルドについては、秋以降に「アヴァンギャルドとジェンダー」に力点を置いて、テキストの精読に時間を当てた。戦後ウィーン派の周辺にいた女性作家たち(マイレッカーやゲルストゥル、さらにその遺産を継承して新機軸を出したイェリネクやアン・コッテン、カトリン・レッグラ)らの言語実験の査定を試みた。2020年3月には、計画通りに、ウィーンに研究滞在して、ウィーン文学館やウィーン大学独文科図書館で資料の収集に当たるとともに、ウィーン大学の研究者との意見交換を進めた。2020年度は新型コロナウィルスの世界的な感染拡大によってすでに研究計画が変更を余儀なくされている。当初計画ではDAAD=早稲田の研究プロジェクトの枠組みで6月にロストック大学でワークショップを開催する予定であったが、渡航自体を中止せざるをえなくなった。プロジェクトの来年度への延期を含めて、関係機関との交渉を進めるつもりである。3月に引き続いて夏季休暇中にウィーンにて資料調査をするとともに、春学期中に進めた成果をウィーン大学の共同研究者に示して意見交換する計画も予定通り執行できるかについても、怪しい情勢となっている。場合によっては11月もしくは12/1月にずらすことも含めて再検討する。意見の交換については、オンライン会議ツールを用いるなどして、計画変更による研究への悪影響を最低限に止めるように努める。昨年度の口頭発表の成果を論文の形にまとめ直す作業はほぼ峠をこえたので、今年度は再びインプットを強化する。オーストリアとアメリカの共同研究者たちが二言語併記のオーストリアアヴァンギャルドアンソロジーをまもなく公刊する。これを今後の研究の基礎資料として位置づけつつ、日本のパースペクティヴを加味して独自のアンソロジーを作り翻訳を進める。上半期はこれらの準備に集中するとともに、国内外の研究者との学会の場での意見交流を通じて、問題整理を進める予定である。2019年度に取り組んだ女性アヴァンギャルディストについて年度内に国内で口頭発表もしくは論文として発表できるように最大限の努力を重ねるつもりである

  • Aspects of Autofiction in Contemporary German Literature

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

     View Summary

    The aim of this study was to examine the applicability of the concept of “autofiction” to the analysis of contemporary German literature. Our first step was a fundamental differentiation between conventional autobiographies and“autofictional”texts, based on the theoretical approaches of Philippe Lejeune and Paul de Man. Secondly, we analyzed the latest autobiographical works (P. Handke, F. Hoppe, A. Geiger, T. Glavinic, etc.) from five perspectives: "New media", "resurrection of the author", "women's autobiographies","remembering as an act of fictionalizing experience", and "self-staging of the modern author". In the 21st century, “autofiction” appears to be a widely used method for self-expression.Furthermore, we strengthened the ties of our international research network and managed to establish a unique platform for researchers in the field of autofiction-studies from Germany, Austria, Japan and its neighboring countries

  • Chronotopological historiography of the GDR-literature

    Project Year :

    2014.04
    -
    2017.03
     

     View Summary

    The aim of the project was to develop a chronotopological historiography of the GDR-literature that avoids teleological implications such as a certain development or decline. My initial research was concentrated on the concept of chronotope, but in contrast to other’s inquiries on GDR-literature, which draw on Bakhtin’s concept of the chronotope, my project studied the function of the so-called samizdat literature of the 1980s in the GDR by using Foucault’s concept of heterotopy. Following further research in German archives, I presented the results of my research at a workshop in June 2015 and organized a symposium on the “literary public in the GDR”. In June 2016, I attended the conference “Uwe Johnson in his time” in Rostock presenting a paper on the narrative techniques of Johnson’s novel “Jahrestage” which analyzed the heterotopological moments on the basis of the space-time relations in this singular literary work

  • Nachleben der Geschichte in der deutschsprachigen Gegenwartsliteratur

    Project Year :

    2013.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    In order to explore the differences between post-war literature and contemporary literature after 1989, I deal with three key aspects of modern German narration: 1) The chronotropic method has increasingly ousted the chronological narrative. By blurring the boundaries of space and time, phenomena of fundamentally different times can coexist. This method of condensation can be observed not only in prose, but also in poetry. 2) While the postulate of authenticity once used to define post-war literature, the auto-fictional manner of fabulized storytelling plays a crucial role in contemporary narration, even in dealing with the past. As a result, there is no longer any lack of humor and irony in German literature. 3) Some writers radically forgo examining the past, which used to be another essential element in post-war literature, in order to focus exclusively on the present. The research results were presented in international conferences and published in German language

display all >>

Presentations 【 display / non-display

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 20世紀後半から現在までのドイツ文学における「故郷」の表現

    2003  

     View Summary

     戦後ドイツ文学における「故郷」の表現を考えるにあたり、とりわけ辺境をキーワードにしてきたつもりである。北部のウーヴェ・ヨーンゾン、北東部のヨハネス・ボヴロウスキー、ギュンター・アイヒ、ギュンター・グラス、モニカ・マーロン、ルーマニアのローゼ・アウスレンダ―、パウル・ツェラン、ヘルタ・ミュラー、リヒャルト・ヴァーグナー、ヨハン・リペット、南東部のインゲボルク・バッハマン、ペーター・ハントケなど。とりわけスラブ文化圏との挟間にある東側の境界にこだわった営みに注目してきた。バッハマンとハントケにとってのスロウ゛ェニア、グラスとマローンにとってのポーランド、ボヴロウスキーにとってのリトアニアなど、境界線の彼方に一種のユートピアを志向する傾向は確かであって、それはナチズムの過去を背負う戦後のドイツ文学が素直に「故郷」を打ち出せないことに対する、代償としての意味もありそうだ。50年代の反動的故郷礼賛とも60年代後半からの批判的な反=郷土文学という図式におさまりきれないものが、これらの作家の作品には認められる。 今後の課題としては、計画しておきながら必ずしも十分に検討できなかった90年代以降のベルリン小説の隆盛とオスタルギーの言葉でまとめられるDDR出身の若手作家たちによる作品などを合わせ鏡としながら、50年代から80年代の文学における「故郷」の特性をより精密に捉えていかなければならない。 2年間の研究期間の多くは資料の収集と正確な読解に費やされたが、ヨーンゾンが終生こだわったメクレンブルクの地に実際に足を運び、彼が小説の中でオマージュを捧げた同郷の詩人・彫刻家エルンスト・バルラッハの足跡をたどることができたのは大きな収穫であった。戦後文学に限定することの困難さも同時に認識させられ、例えばハントケにとってのシュティフターの意味だとか、考えるべき課題は多い。 研究期間に活字になった研究成果は提出できなかったが、2003年度日本独文学会秋季研究発表会で「バッハマンとアイヒ」について口頭発表し、その成果を日本独文学会研究叢書の形で出版する予定であるし、またいくつかの研究会でハントケやボヴロウスキーについても報告しており、近いうちにこれも活字にできれば、と考えている。

  • 20世紀のドイツ文学における「故郷」の変容について

    2004  

     View Summary

     本研究は、とりわけ「小さな文学」(ドゥルーズ/ガタリ)という発想にヒントを得て、東欧圏のドイツ語文学の諸相を見ることを出発点とした。この研究領域では先駆的な平野嘉彦の仕事(『獣たちの地図』『マゾッホという思想』)を参照しながら、ポスト冷戦時代の新しい文学にも目を向け、とりわけルーマニア出身のドイツ語作家ヘルタ・ミュラーの作品分析を中心的に行った。近年の彼女は、コラージュの技法を大きく取り入れ、ダダなどにつながるアヴァンギャルド的な言語批判、言語と写真の相互作用に関心を寄せ出していて、「大文字の文学」への批判的視点を強めている。2004年度中の研究成果は、論文「想起とアヴァンギャルド――ヘルタ・ミュラーのコラージュ作品について」(「研究成果発表」の項参照のこと)にまとめることができた。 2005年度には「早稲田大学特別研究期間制度」を利用して、オーストリア/ザルツブルク大学で特別研究員と過ごし、「ラウリス文学週間」ではヘルタ・ミュラーと知己も得、情報交換を行った。この研究期間中には、ハントケ、ベルンハルト、イィリネクらの研究者たちとの知的交流によって、オーストリア戦後文学における「故郷」批判の言説における周縁性の重要性に注意を喚起されるとともに、ウィーンという文化的中心のなかであくまでもアウトサイダー性(女性、ユダヤ人)を体現しているイルゼ・アイヒンガーの徹底した脱=「故郷」的知性にも関心が向かった。これらは一方論文「ウィーン、消失の地誌――アイヒンガーのエッセイ集『定かならぬ旅』について」に、他方で口頭発表「「海」と「砂漠」――アイヒンガーとバッハマンにおける非=場所」にまとめられた。

  • オーストロアヴァンギャルドの新たな展開

    2016  

     View Summary

    本研究では、現代アヴァンギャルドの源泉に戦後ウィーンの前衛運動「ウィーン・グループ」を想定し、ドイツ語圏における言語批判的な文学伝統の復権を試みるとともに、政治性や倫理性に過剰な力点が置かれたドイツ戦後文学史を読み直す作業を進めた。戦後西ドイツの主流文学を「アヴァンギャルド=バッシング」と呼んで、ダダとオーストリアの言語批判の伝統に接続した90年代のクリングやバイヤーの試みの再評価を進め、11月にはコロラド大学とウィーン大学の共同研究者たちとウィーン大学で徹底討議をして問題意識を深めた。現在、アヴァンギャルド作品のアンソロジー形式での翻訳紹介と国際学会発表の準備を順調に進めているところである。

  • 現代ドイツ小説に現れる「ジャンクスペース」というトポス

    2018  

     View Summary

    建築家コールハースがモダニズム建築の構築性に対して現代建築の特徴として提唱した「ジャンクスペース」概念の同時代文学への適応可能性を検証した。特に、K・レッグラの作品を手掛かりとし、空港や見本市会場など、グローバルな脱工業化社会に典型的な空間が対話を原理とする演劇にとってもつ破壊的な意味を考えた。その結果、ミメーシスの意味でそうした現代空間が取り上げるばかりか、ブリコラージュなど文学的な手法への空間特徴の応用も認められることが明らかになった。日本独文学会文化ゼミナールでの口頭発表と論集「住むことと途上にあること」(いずれも独文)への寄稿が本研究の成果である。

  • オスカー・パスティオールにおけるソ連収容所体験の詩化

    2020  

     View Summary

    コロナ禍で、海外渡航ができず、国内の図書館や研究室の利用さえも大幅な制限を受け、計画通りに研究を進めるのは困難を極めた。それでも2019年度末の春休みにウィーン文学館とマルバッハ文学資料館で収集した手稿や創作メモなど一次資料を手がかりにオスカー・パスティオールの作品にかすかに残るソ連収容所体験の痕跡を探す作業を地道に行った。同時に、ソ連収容所関連の歴史書、ドイツ語に限らず収容所体験を綴った記録文学や創作文学を広く渉猟して、言語遊戯的な詩の中に暗示的な形でソ連労働収容所移送体験を織り込んだ詩人の独自性を浮き彫りにできた。研究成果は、ドイツ語の研究論集と日本独文学会の研究叢書に発表した。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 20世紀ドイツ抒情詩--<外部>へのまなざし

    2005.03
    -
    2006.03

    ドイツ   ミュンヘン大学

    オーストリア   ザルツブルク大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2019.05
    -
    2021.05

    JGG  Vorstandsmitglied (Tagungen)

  • 2018.07
    -
    2019.06

    JGG (Japanische Gesellschaft für Germanistik)  Jury des 16. JGG-Preises

  • 2017.08
    -
    2018.06

    JGG  JGGpreis-Juryvorsitzende

  • 2013.05
    -
    2017.05

    Japanische Gesellschaft für Germanistik (JGG)  Vorstandsmitglied

Social Activities 【 display / non-display

  • Gespräch mit Monika Rinck

    Goethe Institut Tokyo  LYRIKLESUNG UND GESPRÄCH Monik Rinck: TANZ DER BEGRIFFE  (Bibliothek des Goethe-Instituts Tokyo) 

    2016.11
     
     

  • Jens Christian Deeg und Martina Wernli: Balanceakte. Herta Müllers Ubersetzer Hiroshi Yamamoto und Shuangzi Li im Interview

    Lehrstuhl für neuere deutsche Literaturgeschichte. Universität Würzburg  „Herta Müller – Gegenwartsliteratur denken“, 11. – 13. Februar 2015 im Kloster Bronnbach bei Würzburg  (Jens Christian Deeg / Martina Wernli (Hg.):Herta Müller und das Glitzern im Satz: Eine Annäherung an Gegenwartsliteratur. Würzburg: Königshausen u. Neumann 2016. S. 335-346.) 

    2016.04
     
     

  • Werkstattgespräch mit dem Dichter und Romancier Marcel Beyer

    Germanistisches Seminar Universität Waseda in Kopperation mit dem Goethe Institut Tokyo  Synästhesien. Die Sinnlichkeit der Wörter  (10. Sitzungsraum, Gebäude 33, Universität Waseda) 

    2016.03
     
     

  • Diskussionsleitung für die Arbeitsgruppe 2D (Durs Grünbein), im 58. Kulturseminar der JGG

    Das 58. Kulturseminar der JGG  (Resort Hotel Tateshina) 

    2016.03
     
     

  • Zusammenarbeit mit dem Profil-Journalisten Wolfgang Paterno

    Profil 2, 11. Januar 2016  (p.92) 

    2016.01
     
     

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • Jury für den Merck-Kakehashi-Literaturpreis

    Internet

    Merck und Goethe-Institut Tokyo  

    2016.02

  • Zusammenarbeit mit dem Profil-Journalisten Wolfgang Paterno

    Newspaper, magazine

    Profil 2, 11. Januar 2016  

    p.92  

    2016.01

  • Jury des Merck-Kakehashi-Literaturpreises

    Internet

    Merck und Goethe-Institut Tokyo  

    2015.10

  • 【話題の本】『狙われたキツネ』ヘルタ・ミュラー著、山本浩司訳の重版に対するコメント

    Newspaper, magazine

    産経ニュース(電子版)  

    2009.12

     View Summary

    【話題の本】『狙われたキツネ』ヘルタ・ミュラー著、山本浩司訳\重版に対するコメント

  • ノーベル賞作家が描く「遍在する疎外」

    Newspaper, magazine

    朝日新聞出版   雑誌『アエラ』(2009.11.16.付)  

    2009.11

     View Summary

    四本倫子記者:ノーベル賞作家が描く「遍在する疎外」でのコメント

display all >>