森原 隆 (モリハラ タカシ)

写真a

所属

文学学術院 文学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 文学学術院   大学院文学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2018年
    -
    2022年

    ヨーロッパ文明史研究所   プロジェクト研究所所長

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1980年04月
    -
    1983年

    京都大学大学院   文学研究科博士後期課程   西洋史学  

  • 1977年04月
    -
    1980年03月

    京都大学大学院文学研究科修士課程   Graduate School of Letters   西洋史学  

  •  
    -
    1977年

    早稲田大学   第一文学部   西洋史学専攻  

学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   文学修士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年
    -
    2000年

    早稲田大学文学部助教授

  • 2000年
    -
     

    早稲田大学文学部教授

  • 1992年
    -
    1999年

    金沢大学 文学部助教授

  • 1988年
    -
    1992年

    鳥取大学 教養部助教授

  • 1985年
    -
    1988年

    鳥取大学 教養部専任講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    史学研究会

  •  
     
     

    早稲田大学史学会

  •  
     
     

    日仏歴史学会

  •  
     
     

    史学会

  •  
     
     

    日本西洋史学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ史、アメリカ史

論文 【 表示 / 非表示

  • 近世フランスの政治情報とジャーナリズムに関する研究 科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書

       2007年03月

  • フランス・アンシャン・レジーム期のジャーナリズムと世論に関する社会文化史的研究

    科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書    2004年06月

  • 近世フランスの新聞出版とジャーナリズム

    史學研究 廣島史學研究会   ( 244 ) 34 - 56  2004年06月

  • 近世フランスにおける文化統合と「文芸共和国」

    ヨーロッパ史における文化と統合の契機 科学研究費補助金基盤研究B研究成果報告書     75 - 83  2002年03月

  • フランス・アンシャン・レジーム下の新聞とジャーナリズム

    西洋近代における情報伝達に関する総合的研究 科学研究費補助金基盤研究B研究成果報告書     96 - 112  2001年

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパの政治文化史 統合・分裂・戦争

    森原 隆( 担当: 編集)

    成文堂  2018年03月 ISBN: 9784792371081

     概要を見る

    本研究は、ヨーロッパ史において、政治、経済、社会、宗教、文化などの領域でとりおこなわれてきたさまざまな「統合」の活動や実態を、政治文化や社会文化システムとの関係で比較史的に共同研究したものである。16名の研究者の個別論文から構成されている。

  • 『EU・欧州統合研究―”Brexit以降の欧州ガバナンス』

    福田耕治編著森原( 担当: 分担執筆,  担当範囲: ヨーロッパとは何か―欧州統合の理念と歴史)

    成文堂  2016年03月

     概要を見る

    初版(2009年)の加筆・修正版である。

  • ヨーロッパ・「共生」の政治文化史

    森原 隆篇

    成文堂  2013年03月 ISBN: 9784792370961

     概要を見る

    本研究は、古代から現代に至るヨーロッパの歴史社会を、「共生」という観点から比較考察し、検証を試みたものである。19名の主に西洋史研究者による個別研究から構成されている。EU(ヨーロッパ連合)の現状をふまえながら、今後の方向を模索した。

  • ヨーロッパ・エリート支配と政治文化

    森原 隆編

    成文堂  2010年03月 ISBN: 9784792370862

     概要を見る

    本研究は、ヨーロッパ史の古代から現代に至る「エリート支配」の諸相を政治文化的な観点から比較考察したものである。17名の研究者の個別論文から構成されている。EU憲法の批准論議に見られるエリート支配の問題を、ヨーロッパの政治・社会・宗教・文化史の観点から検証したものである。

  • ヨーロッパとは何か−−−欧州統合の理念と歴史

    福田耕二編

    EU・欧州統合研究 成文堂  2009年10月

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ジャコバン主義の再検討:「王のいる共和政」の国際比較研究

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2020年03月
     

    中澤 達哉

  • 1770年代フランス外交政策に関する史料学的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    森原 隆

    担当区分: 研究代表者

  • 近世フランスの外務卿府書簡文書と対英米外交に関する史料学的研究

    萌芽研究

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2013年03月
     

    森原 隆

    担当区分: 研究代表者

  • 近世フランスの政治情報とジャーナリズムに関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2006年04月
    -
    2009年03月
     

    森原 隆

    担当区分: 研究代表者

  • 近世・近代フランスにおける情報社会の形成と定期刊行物

    一般研究(C)

    森原 隆

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 大革命前夜のフランス外交政策とヴェルジェンヌ外務卿に関する研究

    2019年  

     概要を見る

    研究代表者は、近年、主たる研究テーマとして、フランス外交書簡を中心に文書・文献史料の渉猟と解読をとおした近世フランス外交政策の解明をすすめている。 本年は、パリに現地調査に出かけ、外交書簡の分析を敢行した。またフランスのコルシカ島でも現地調査を実行した。とく前者の外交文書は、2009年にパリ北部のコルヌーヴ地区に新設の外交文書館に移転されたので、本年は、この新外交文書館を本格的に利用し、関係文書 (Correspondances politiques, Affaires diverses politiques)を中心にした文書・文献史料の調査をおこなった。とくに、ヴェルジェンヌ外務卿時代に焦点をあて、外交書簡について、主に従来より調査していたアメリカ・イギリス宛のものを詳細に分析した。またナポレオン外交についても調査を始めた。

  • フランス革命前夜におけるヴェルジェンヌ外務卿と外交政策に関する総合的研究

    2018年  

     概要を見る

    研究代表者は、近年、主たる研究テーマとして、フランス外交書簡を中心に文書・文献史料の渉猟と解読をとおした近世フランス外交政策の解明をすすめている。 本年は、とくパリに現地調査に出かけ、外交書簡の実態調査を敢行した。外交文書は、2009年にパリ北部のコルヌーヴ地区に新設の外交文書館に移転されたので、本年は、この新外交文書館を本格的に利用し、関係文書(Correspondances politiques, Affaires diverses politiques)を中心にした文書・文献史料の調査をおこなった。とくに革命前夜のヴェルジェンヌ外務卿時代に焦点をあて、ヴェルジェンヌが直接関わった外交書簡について、主に従来より調査していたアメリカイギリス宛のものに加えて、ウィーン・ハプスブルク帝国関連の文書を選び出し、対アメリカ、イギリス、オーストリア外交の分析に入った。

  • フランス革命前夜におけるヴェルジェンヌ外務卿の外交政策に関する総合的研究

    2018年  

     概要を見る

    研究代表者は、近年、主たる研究テーマとして、外交書簡を中心に文書・文献史料の渉猟と解読をとおした近世フランス外交政策の解明をすすめている。 本年は、とくパリに現地調査に出かけ、外交書簡の実態調査を敢行した。2009年にパリ北部のコルヌーヴ地区に移転された新外交文書館を本格的に利用し、関係文書 を中心にした文書・文献史料の調査をおこなった。とくに革命前夜のヴェルジェンヌ外務卿時代に焦点をあて、ヴェルジェンヌが直接関わった外交書簡について、主に従来より調査していたアメリカイギリス宛のものに加えて、ウィーン・ハプスブルク帝国関連の文書を選び出し、対アメリカ、イギリス、オーストリア外交の分析に入った。

  • 18世紀中期フランス外交政策に関する史料学的研究

    2017年  

     概要を見る

    本研究は、2017年度科学研究費基盤研究(c)に申請中の、近世・近代フランス外交政策に関する総体的な研究の準備研究として計画したものである。とくに本特定課題研究としては、ショワズール外務卿時代の外交政策に焦点をあて、ショワズール個人に関する伝記、評伝などの研究書を渉猟し、分析することに努めた。具体的には、フランス外務省の外交文書館における、手稿史料を中心にした近世フランス外交に関する大量の外交文書Archives Diplomatiquesの現地調査を行った。とくにオーストリア、プロイセン、イギリスに対する対外交渉の展開を、とりわけショワズール外務卿時代(1758年~1770年)に限定して調査を行ったが、史料自体が膨大にあり、まだ調査自体は、ようやく緒に就いたばかりである。

  • 18世紀中期フランスにおけるショワズール外交政策に関する史料学的研究

    2017年  

     概要を見る

    本研究は、近世フランスの外交政策とくにオーストリア、プロイセン、イギリスに対する対外交渉の展開を、フランスの外交書簡を中心にした文書・文献資料の渉猟と解読をとおして分析した。とりわけショワズール外務卿時代(1758年~1770年)のフランス外交France Diplomatiqueの意味や意義を、ヨーロッパだけではなくアメリカ、ロシア、スペイン、オスマン帝国、ポーランドなども含めたグローバルな視点から捉えなおそうとしたものである。ショワズール外務卿や外務係官による外交書簡、司令書、認可書などをもとに、史料分析的な観点からこれを検討した。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 近世・近代フランスの社会史とジャーナリズムに関する研究

    2005年04月
    -
    2006年03月

    フランス   国立社会科学高等研究院

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>