2024/05/20 更新

写真a

ムラカミ ユキコ
村上 由紀子
所属
政治経済学術院 政治経済学部
職名
教授
学位
博士(経済学) ( 早稲田大学 )

委員歴

  • 2022年09月
    -
    継続中

    教育未来創造会議有識者構成員

  • 2021年04月
    -
    継続中

    科学技術・学術審議会人材委員会委員

  • 2022年10月
    -
    継続中

    研究・イノベーション学会  参与

  • 2022年07月
    -
    継続中

    「中小企業優秀新技術・新製品賞」審査委員

  • 2022年04月
    -
    継続中

    科学技術・学術政策研究所  NISTEP専門調査員

  • 2023年03月
     
     

    文部科学省  「研究者・教員等の雇用状況等に関する調査」技術審査専門員

  • 2020年10月
    -
    2022年10月

    Japan Society for Research Policy and Innovation Management  Vice-president

  • 2020年10月
    -
    2022年10月

    研究・イノベーション学会  副会長

  • 2022年06月
     
     

    文部科学省  「研究者の雇用状況等に関する調査分析」技術審査専門員

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    文部科学省  「諸外国の若手研究者の処遇の状況及び関連施策等に関する調査」事業委員会委員

  • 2018年10月
    -
    2020年10月

    Japan Society for Research Policy and Innovation Management  Member of the Society Award Selection Committee

  • 2018年10月
    -
    2020年10月

    研究・イノベーション学会  学会賞選考委員会委員

  • 2013年10月
    -
    2020年09月

    Japan Society for Research Policy  Councilor

  • 2013年10月
    -
    2020年09月

    研究・イノベーション学会  評議員

  • 2013年10月
    -
    2020年09月

    Japan Association for Research Policy  Editorial board member

  • 2013年10月
    -
    2020年09月

    研究・イノベーション学会  編集委員

  • 2018年10月
    -
    2019年09月

    Japan Society for the Promotion of Science  Fund for the Promotion of Joint International Research, judging committee

  • 2018年10月
    -
    2019年09月

    日本学術振興会  国際科学研究費委員会専門委員

  • 2017年11月
    -
    2018年03月

    文部科学省 第5期科学技術基本計画の俯瞰マップの充実・改善に資する調査分析検討委員会  文部科学省 第5期科学技術基本計画の俯瞰マップの充実・改善に資する調査分析検討委員会委員

  • 2015年
    -
    2017年

    経済産業省  新・ダイバーシティ経営企業100選運営委員

  • 2014年
    -
    2016年

    日本学術振興会  科学研究費委員会審査委員

  • 2013年10月
    -
    2015年09月

    Japan Society for Research Policy  Director

  • 2013年10月
    -
    2015年09月

    研究・イノベーション学会  理事

  • 2000年04月
    -
    2010年03月

    Japan Society of Human Resource Management  Globalization Committee

  • 2000年04月
    -
    2010年03月

    日本労務学会  国際化委員

  • 2007年
    -
     

    日本学術振興会  科学研究費委員会審査委員

▼全件表示

所属学協会

  •  
     
     

    研究・イノベーション学会

  •  
     
     

    日本労務学会

  •  
     
     

    日本経済学会

研究分野

  • 公共経済、労働経済

研究キーワード

  • イノベーション

  • 労働経済学

受賞

  • 論文賞

    2021年10月   研究・イノベーション学会  

  • 研究・技術計画学会 論文賞

    2014年10月  

 

論文

  • 研究者の国際移動の知識交換ネットワークへの影響

    村上由紀子

    研究 技術 計画   35 ( 3 ) 357 - 371  2020年12月  [査読有り]

  • Knowledge Acquisition Through Personal Networks:Influences of Geographical Distance and tie Strength

    Yukiko Murakami

    Proceedings of the 20th European Conference on Knowledge Management   20   764 - 772  2019年09月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

  • ‘Inpatriation’ for knowledge-transfer within Japanese multinational corporations

    Murakami, Yukiko

    Asia Pacific Business Review   23 ( 4 ) 576 - 595  2017年  [査読有り]

     概要を見る

    © 2017 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group This article uses knowledge management theory and the gravity model to analyse the determinants of ‘inpatriation’ for knowledge-transfer within multinational corporations (MNCs) and the differences in their effects based on the region of the subsidiary’s host country. The empirical analysis uses data collected through a survey of the overseas subsidiaries of Japanese MNCs and finds that factors related to both the countries and the individual MNCs affect inpatriation, with the former factors having a stronger influence than the latter. With regard to the country factors, a smaller geographic distance and a larger cultural distance between the home and host countries and a lower GDP per capita in the subsidiary’s host country increase inpatriation. Regarding the individual MNC factors, a larger subsidiary R & D budget, a larger parent firm and the execution of collaborative R & D projects between a subsidiary and its parent firm increase inpatriation. Additionally, this study finds that in Asia, geographic closeness and low GDP per capita facilitate inpatriation, whereas a relatively small R & D budget and rare collaborative R & D projects with Japan decrease inpatriation. More subsidiaries in Asia send inpatriates to Japan than do subsidiaries in other regions because these positive factors are much stronger than these negative factors.

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • 国際共同研究に関する研究の成果と日本の政策への示唆

    村上由紀子

    研究 技術 計画   31 ( 2 ) 130 - 144  2016年  [招待有り]

    CiNii

  • Linking Knowledge Absorption and Transmission Toward Innovation in R&D Organizations

    Yukiko Murakami

    PROCEEDINGS OF THE 17TH EUROPEAN CONFERENCE ON KNOWLEDGE MANAGEMENT     667 - 675  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    Researchers have revealed the importance of combining knowledge absorbed externally with internal knowledge in organizations to stimulate innovation. Given the recent advances in and the complexity of science and technology and the specialization of business processes, a person cannot single-handedly perform all key processes. Thus, successful innovation depends on whether knowledge absorbed from outside is shared with colleagues. Traditionally, organizational gatekeepers were thought to perform a two-step process consisting of external knowledge absorption (the first step) and internal transmission of this knowledge to colleagues (the second step). However, recent case studies and network analyses on Western firms have found that these two steps are divided, pursued by different individuals, and occasionally disconnected. In this study, I quantitatively examined the factors that promote each step and those that connect the two steps, using micro data from R&D professionals in three Japanese multinational corporations. My analysis revealed that the factors that promote external knowledge absorption and those that encourage its internal transmission differ by firm and knowledge type. My analysis also revealed the conditions under which these two steps are linked, in terms of job characteristics, incentives, and management practices. Absorbed knowledge from outside is likely to be transmitted internally at jobs requiring creativity and new ideas. However, jobs with tight deadlines do not allow time for knowledge transmission. R&D professionals' expectation that knowledge sharing will be conducive to innovation and efficient work is an incentive for internal knowledge transmission. Management methods such as direct evaluations of knowledge sharing with colleagues and evaluations of personal contributions to team performance were found to be effective. Individuals' abilities also affect internal knowledge transmission. The ability to transmit knowledge differs from the ability to absorb it, and people do not always have both abilities, which impedes the linkage of knowledge transfer. Trainings to acquire transmission skills might repair the disconnection caused by the lack of transmission skills.

  • Influences of return migration on international collaborative research networks: cases of Japanese scientists returning from the US

    Yukiko Murakami

    JOURNAL OF TECHNOLOGY TRANSFER   39 ( 4 ) 616 - 634  2014年08月  [査読有り]

     概要を見る

    The emigration of scientists facilitates the formation of international networks. However, are ties in such networks maintained after the scientists return to their respective home countries? Using data from the Web of Science, this paper analyzes whether Japanese migrant scientists returning from the US maintain the collaborative research network ties that they formed during their stay in the US and, if so, what features of these ties contribute to maintaining these relationships. The geographical distance between the US and Japan can impede the transfer of knowledge that is transmitted most effectively through face-to-face interactions. However, social proximity may compensate for geographical distance. Accordingly, the ties that Japanese scientists have formed with other Japanese scientists living in the US are more likely to be maintained than the ties that they have formed with scientists of different ethnicities. Social proximity was also measured by past experiences in collaborative research. The ties to scientists with whom Japanese scientists collaborated more frequently or co-produced papers with higher citation counts are more likely to be maintained after the scientists return to Japan. When collaborative research of American and Japanese scientists is worthwhile, they obtain mutual benefits through a 'give and take' in which they compensate for one partner's lack of knowledge by the other partner's knowledge. In a research field with which the developmental gap between the US and Japan is great, ties are less likely to be maintained.

    DOI

    Scopus

    23
    被引用数
    (Scopus)
  • 国際移動と国際共同研究が研究成果に与える影響 : 日本人エリート研究者の事例分析

    村上 由紀子

    研究技術計画   28 ( 1 ) 129 - 142  2013年09月  [査読有り]

     概要を見る

    本論文では,渡米後何年間かアメリカで研究生活を送ったあと帰国した4人(頭脳還流のケース)と,頭脳流出した4人の著作を分析することによって,研究者のアメリカへの国際移動による研究場所の変化と,国際共著という著作形態が,研究者個人の研究成果に与える影響について明らかにした。論文の被引用回数で論文のインパクトを測ると,帰国した4人について,アメリカ時代に実施し発表した研究の方が,日本で行われたものよりもインパクトが大きいという結果になった。同様に,頭脳流出した研究者の研究についても,日本時代の研究よりも渡米後の研究の方が,インパクトが大きいことがわかった。また,先行研究では,国際共著が被引用回数を高める効果が示されてきたが,国際共同研究が研究成果を高めるのか,もともと研究成果の高い研究者が国際共同研究を行う傾向があるのかを区別することができなかったため,個人の著作の中で,国際共著という形態をとったときに,他の形態の著作よりもインパクトが高まるかを検証した。その結果,頭脳還流のケースにおいて,基本的に国際共著のプラスの効果がみられた。一方,頭脳流出した日本人研究者全員について,日本との国際共同研究の効果をみると,むしろインパクトは低下することが見出された。また,日本国内で外国人を含むチームで共同研究を行うと,むしろインパクトが低下するケースも観察された。

    DOI CiNii

  • Incentives for International Migration of Scientists and Engineers to Japan

    Yukiko Murakami

    INTERNATIONAL MIGRATION   47 ( 4 ) 67 - 91  2009年10月  [査読有り]

     概要を見る

    Many developed countries, welcome foreign talent, and Japan is no exception. The Japanese government has developed programmes for expanding the acceptance of foreign labour in specialized and technical fields, in order to compete with foreign nations in the global economy and accommodate the highly specialized domestic industrial structure. This paper focuses on scientists and engineers (S&E) as a component of the highly skilled labour force, and examines their incentives for migrating to Japan, which is one of the most technologically advanced countries in the world. According to a survey conducted in 2004, the majority of S&E working in Japan migrated from Asian nations, and many obtained their doctoral degrees in Japan and continued to stay in the country to work. Key incentives for migration are Japan's high level of science and technology, opportunities to acquire cutting-edge knowledge, and prospects for improving performance in an environment with large budgets, superior equipment and facilities, and good quality human resources. In particular, the technological environment is influential for S&E from countries with a significant technological gap when compared with Japan. However, this does not mean that S&E are indifferent to monetary rewards. The salary gap, which is considered to be a major factor in international mobility in to traditional economic theory, has also proven to be a significant incentive, particularly for S&E from countries where the gap in gross domestic product (GDP) per capita compared with Japan is large. In addition, cultural and social aspects of Japan attract mainly young S&E. The attractiveness of Japanese culture, opportunities to learn the Japanese language, and chances to build a network of personal contacts are important incentives for migration. This study presents some policy implications for countries competing over capable S&E.

    DOI

    Scopus

    10
    被引用数
    (Scopus)
  • Promotion of R&D Professionals in Japan: Influence of Inter-functional Transfers and Inter-organizational Mobility

    Yukiko Murakami

    Japan Labor Review   6 ( 3 ) 79 - 94  2009年

  • 日本の頭脳流出

    村上由紀子

    日本労働研究雑誌   50 ( 577 ) 98 - 115  2008年  [査読有り]

    CiNii

  • Employment of Foreign Scientists and Engineers in Japan

    Yukiko Murakami

    The Journal of Science Policy and Research Management   21 ( 3/4 ) 269 - 283  2007年  [査読有り]

  • 研究開発技術者の配置転換・転職と昇進

    村上 由紀子

    日本労務学会誌   5;2 ( 2 ) 56 - 67  2003年07月  [査読有り]

    CiNii

  • 研究開発技術者の転職希望

    村上 由紀子

    日本労働研究雑誌   505 ( 8 ) 39 - 48  2002年08月  [査読有り]

    CiNii

  • リサーチ・アドミニストレーター(URA)のキャリア

    鈴木章浩, 村上由紀子

      52   54 - 61  2022年07月

  • 医師の労働

    統計   71 ( 10 ) 33 - 37  2020年10月  [招待有り]

  • 転職者のジョブサーチ

    統計   70 ( 10 ) 40 - 43  2019年02月  [招待有り]

  • 日本の職場と社会における多様性

    村上由紀子

    統計   68 ( 5 ) 52 - 55  2017年05月  [招待有り]

  • 日系多国籍企業におけるR&D知識移転の媒体

    村上由紀子

    研究・技術計画学会第31回年次学術大会講演要旨集     798 - 801  2016年10月

  • 国際人口移動の要因―引力、経済、政策―

    村上由紀子

    統計   67 ( 8 ) 48 - 51  2016年  [招待有り]

    CiNii

  • 書評 山本勲, 黒田祥子著 『労働時間の経済分析』

    村上由紀子

    統計   66 ( 12 ) 76 - 77  2015年12月  [招待有り]

  • 海外R&D拠点の知識吸収とパフォーマンス

    村上由紀子

    研究・技術計画学会第29回年次学術大会講演要旨集   29   56 - 59  2014年10月

  • 1B07 海外R&D 拠点の知識吸収とパフォーマンス(技術経営(戦略・R&Dマネジメント)(2),一般講演)

    村上 由紀子

    年次学術大会講演要旨集   29   56 - 59  2014年10月  [査読有り]

    CiNii

  • 多国籍企業における研究開発者の海外派遣が知識の移転に与える影響

    村上由紀子

    日本労務学会第44回全国大会研究報告集   44   164 - 171  2014年

    CiNii

  • 多国籍企業のR&Dにおける人材の国際移動の役割と課題

    村上由紀子

    研究・技術計画学会第28回年次学術大会講演要旨集     1044 - 1047  2013年10月

  • 知識の吸収・創造・移転の国際展開

    村上由紀子

    研究・技術計画学会第27回年次学術大会講演要旨集    2012年10月

  • 医師のキャリア形成の現状と課題

    村上由紀子, 義村敦子

    日本労務学会第42回全国大会研究報告論集   42   233 - 240  2012年

    CiNii

  • 日本の産業界における博士号取得者の就業

    村上由紀子, 林正泰, 鈴木章浩

    日本労務学会第42回全国大会研究報告論集   42   33 - 40  2012年

    CiNii

  • 頭脳流出が国際共同研究に与える影響

    村上由紀子

    研究・技術計画学会第26回年次学術大会講演要旨集     252 - 255  2011年10月

  • 書評 三輪卓己著 『知識労働者の』キャリア発達

    村上由紀子

    日本労働研究雑誌   615   73 - 76  2011年08月

  • 共同研究ネットワークの継続性:国際移動の影響

    村上由紀子

    研究・技術計画学会代25回年次学術大会講演要旨集     802 - 805  2010年10月

  • 書評 中田喜文編著『高付加価値エンジニアが育つ』

    村上由紀子

    日本労働研究雑誌   601 ( 8 ) 92 - 95  2010年08月

    CiNii

  • Japan's Brain Drain: An Analysis of Japanese Researchers Living in the United States

    Yukiko Murakami

    The Japanese Economy   37 ( 2 ) 23 - 57  2010年  [査読有り]  [招待有り]

  • Long-term Residence of Foreign Scientists and Engineers in Japan

    Yukiko Murakami

    The Waseda Journal of Political Science and Economics   371 ( 371 ) 74 - 90  2008年

    CiNii

  • 日本人研究者のアメリカ移住

    村上由紀子

    第21回年次学術大会講演要旨集     777 - 780  2006年10月

  • 書評 藤本昌代著『専門職の転職構造ー組織準拠性と移動』

    村上由紀子

    日本労働研究雑誌   543 ( 10 ) 78 - 80  2005年10月

    CiNii

  • 外国人研究者・技術者の雇用と生活

    村上 由紀子

    日本労務学会35回大会研究報告論集     69 - 76  2005年07月

  • An Analysis of Housing Selection by Lifecycle Stages: focusing on inter-regional moves

    Yukiko Murakami

    Waseda Economic Papers   43   25 - 44  2004年

    CiNii

  • シリコンバレーにおける労働移動と日系企業の人的資源管理

    村上 由紀子

    日本労務学会誌/日本労務学会   3 ( 2 ) 23 - 33  2001年08月  [査読有り]

    CiNii

  • 産業別にみた研究開発マネジメントと研究成果

    村上 由紀子

    組織行動研究   30,pp.5-16  2000年08月

  • Information Flows and HRM Practices in R&D Organization: Comparative Study of the Japanese Pharmaceutical and Electronics Industries

    Yukiko Murakami

    Waseda Economic Papers   38,pp.63-76  1999年

  • 外部知識の吸収と組織内知識普及の連鎖を促進するマネジメント

    村上由紀子

    研究・イノベーション学会講演要旨集   第32回年次学術大会   177 - 180

  • 直接投資による人口の国際移動

    村上由紀子

    統計   2018 ( 5 ) 54 - 58  [招待有り]

▼全件表示

書籍等出版物

  • グローバル研究開発人材の育成とマネジメントー知識移転とイノベーションの分析

    村上由紀子( 担当: 編集)

    中央経済社  2019年03月 ISBN: 9784502292316

  • 人材の国際移動とイノベーション

    村上由紀子

    NTT出版  2015年03月 ISBN: 9784757123236

  • 頭脳はどこに向かうのか: 人「財」の国際移動

    村上由紀子

    日本経済新聞出版社  2010年05月

  • 技術者の転職と労働市場

    村上 由紀子

    白桃書房  2003年09月

  • 研究開発人材のマネジメント

    石田英夫編著

    慶應義塾大学出版会  2002年04月

  • 経済学入門

    東洋経済新報社  2000年04月

  • 大学の社会経済史

    創文社  2000年02月

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 国際共同研究の成果に影響を与える要因

    研究・イノベーション学会第37回年次学術大会  

    発表年月: 2022年10月

  • リサーチ・アドミニストレーター(URA)のキャリア

    日本労務学会  

    発表年月: 2022年07月

  • 研究者の産学間知識交換ネットワーク

    村上由紀子

    研究・イノベーション学会第36回年次学術大会  

    発表年月: 2021年10月

  • Researchers’ Knowledge Acquisition through Personal Networks and Websites

    村上由紀子

    日本経済学会2019年度秋季大会  

    発表年月: 2019年10月

  • Knowledge Acquisition through Personal Networks: Influences of Geographical Distance and Tie Strength

    Yukiko Murakami

    20th European Conference on Knowledge Management 2019   (Lisbon) 

    発表年月: 2019年09月

  • 国立大学研究者の知識源ーパーソナルネットワークは重要か?

    村上由紀子

    研究・イノベーション学会 第33回年次学術大会   (東京大学)  研究・イノベーション学会  

    発表年月: 2018年10月

  • 研究人材を巡る課題

    村上由紀子  [招待有り]

    科学技術学術審議会人材委員会・中央教育審議会大学分科会大学院部会 合同部会   文部科学省  

    発表年月: 2018年04月

  • 外部知識の吸収と組織内知識普及の連鎖を促進するマネジメント

    村上由紀子

    研究・イノベーション学会第32回学術大会   (京都) 

    発表年月: 2017年10月

  • 日系多国籍企業におけるR&D知識移転の媒体

    村上由紀子

    研究・イノベーション学会 第31回年次学術大会   研究・イノベーション学会  

    発表年月: 2016年11月

  • Linking knowledge absorption and transmission toward innovation in R&D organizations

    Yukiko MURAKAMI

    17th European Confrence on Knowledge Management   (Belfast)  Academic Conferences and Publishing International  

    発表年月: 2016年09月

  • イノベーションに向けた外部知識の吸収と組織内知識伝達の連鎖

    村上由紀子

    日本経済学会2016年度春季大会   (名古屋大学)  日本経済学会  

    発表年月: 2016年06月

  • 高度人材の国際移動と育成の現状と課題

    村上由紀子  [招待有り]

    オセアニア教育学会第19回大会   (東北大学)  オセアニア教育学会  

    発表年月: 2015年12月

  • 高度人材の国際移動の効果

    村上由紀子

    アカデミックセミナー   (東京)  日本政策投資銀行 設備投資研究所  

    発表年月: 2015年11月

  • 海外R&D拠点の知識吸収とパフォーマンス

    村上由紀子

    研究・技術計画学会第29回全国大会   (立命館大学(滋賀県))  研究・技術計画学会  

    発表年月: 2015年10月

  • 多国籍企業における研究開発者の海外派遣が知識の移転に与える影響

    村上由紀子

    日本労務学会第44回全国大会   (北海学園大学(札幌))  日本労務学会  

    発表年月: 2014年07月

  • 多国籍企業のR&Dにおける人材の国際移動の役割と課題

    村上由紀子

    研究・技術計画学会第28回年次学術大会   (政策研究大学院大学(東京))  研究・技術計画学会  

    発表年月: 2013年11月

  • 人材の国際移動とイノベーション

    村上由紀子  [招待有り]

    研究・イノベーション学会 国際問題分科会 12月例会   (東京工業大学)  研究・イノベーション学会 国際問題分科会  

    発表年月: 2012年12月

  • 知識の吸収、創造、移転の国際展開

    村上由紀子

    研究・技術計画学会第27回年次学術大会   (一橋大学)  研究・技術計画学会  

    発表年月: 2012年10月

  • Influences of Return Migration on International Collaborative Research Networks

    Sunbelt XXXI, International Networks for Social Network Analysis  

    発表年月: 2011年02月

  • 外国人研究者・技術者の雇用の現状と課題

    村上由紀子  [招待有り]

    国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター セミナー   (国際大学(東京))  国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター  

    発表年月: 2010年12月

  • 頭脳はどこに向かうのか―人財の国際移動

    村上由紀子  [招待有り]

    国際産業関係研究所月例研究会   (同志社大学(京都)) 

    発表年月: 2010年12月

  • 共同研究ネットワークの継続性:国際移動の影響

    研究・技術計画学会第25会年次学術大会  

    発表年月: 2010年10月

  • Labor Mobility of Japanese Scientists between Japan and the U.S.: Motives and the Influence of Science and technology Polices

    IWER Seminar  

    発表年月: 2008年05月

  • Long-term Residence of Foreign Scientists and Engineers in Japan

    the 5th International Conference of Japan Economic Association  

    発表年月: 2006年12月

  • 日本人研究者のアメリカ移住

    研究・技術計画学会  

    発表年月: 2006年10月

  • Incentives for International Migration of Scientists and Engineers to Japan

    the 4th International Conference of Japan Economic Association  

    発表年月: 2005年12月

  • 外国人研究者・技術者の雇用と生活

    日本労務学会35回大会  

    発表年月: 2005年07月

  • 日本における外国人研究者・技術者の需要

    日本経済政策学会  

    発表年月: 2005年05月

  • 研究者・技術者の国際移動

    日本経済学会  

    発表年月: 2005年05月

  • 研究者の報酬ー日米比較ー

    日本経済学会  

    発表年月: 2002年06月

  • 研究開発技術者のキャリアと人的資源管理

    日本労務学会31回大会  

    発表年月: 2001年06月

  • 技術者の転職希望

    日本経済学会  

    発表年月: 2000年09月

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 国際産学連携の人材:キャリアと環境

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2025年03月
     

    村上 由紀子

     概要を見る

    研究開発における国際産学連携には高い成果が期待されているが、日本ではそれを担う人材が不足しているために、日本を含む国際産学連携は少ない。そこで、本研究は国際産学連携を担う中心的な人材である研究者とリサーチアドミニストレーターについて、長期的なキャリアと環境を日独米で比較分析し、国際産学連携活動を支える要因を人材の観点から考察することを目的としている。
    そこで、2022年度は第一に、7つの日本の国立大学とドイツのハイデルベルク大学を対象にインタビュー調査を行い、大学の国際産学連携の方針や実績、大学リサーチアドミニストレーター(URA)が国際産学連携に果たす役割と彼らのキャリアについて調査した。日本においてはURAという職業の歴史が浅く、人材の育成や処遇のシステムが整備されていないため、量的質的に国際産学連携を開拓しサポートする人材が不足している。インタビュー調査からURAの3つのキャリアパターンとそれぞれの課題を見出し、URAにかかわる大学内の制度の改善と国の政策について考察した。
    第二に、論文や特許のデータベースを用いて日本とドイツを含む国際産学連携の成果に関するデータを取集し、第一次的な分析を行った。共著論文の分析からは、日本の学とドイツの産との連携の方が、日本の産とドイツの学との連携よりも多いが、特許の分析からは、後者の方が前者よりも多いことが明らかになった。さらに、これらの国際産学連携の研究開発に参加した研究者のキャリアに関して、書誌情報上のデータを収集した。また、今後は書誌情報では得られない研究者のキャリアと環境に関するデータをアンケート調査で収集するため、先行研究のサーベイを行い、分析に必要なデータは何かを整理した。

  • 専門職の情報・知識の交換・普及に関する研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2020年03月
     

    村上 由紀子

     概要を見る

    本研究は専門職の間で情報・知識が普及するメカニズムを解明し、情報の不完全性とイノベーションの研究に寄与することを目的としている。研究者と医師を対象に、①専門職はどのような情報・知識を誰とどの範囲で交換するか、その際のインセンティブは何か、②労働移動は情報・知識の交換の範囲に影響を与えるか、③専門職の情報・知識の交換の行動をどのようにモデル化することができるか、という三つの課題に取組んだ。2018年度までは主に研究者を対象に研究を行ったが、2019年度には医師を対象にアンケート調査を行い、研究者と比較することにより、主に①と③の課題に関して以下の新たな知見が得られた。①に関しては、先端知識や問題解決知識を吸収するにあたり、医師は研究者よりもウエブ、とりわけ学会・非営利団体が提供するウエブを使う傾向がある。研究者の場合に個人のネットワークが利用され、ウエブを利用する場合でも専門分野で中心的な研究者の個人サイトの利用度が高いことと対照的である。医師は学会等により知識の標準化が図られているのに対して、研究者は個人ベースのネットワークを使い、研究分野をリードする研究者の役割が相対的に大きい。また、知識共有のディスインセンティブに関する分析では、知識開示によるアドバンテージの喪失を懸念する傾向や守秘義務による知識共有の制約は研究者において強く、研究者の競争的環境が示唆される。③に関しては、研究者と医師の分析から、専門職のパーソナルネットワークを介した知識交換は、交換相手との地理的・制度的距離とネットワークのタイの強さによってモデル化できることが明らかになった。すなわち、強いタイが知識交換を促進し、また、地理的・制度的距離が小さいとタイの強さを媒介にした間接効果により知識交換は促進されるが、地理的・制度的距離の直接効果は交換される知識の種類・性質によって異なることが明らかになった

  • 専門職の情報・知識の交換・普及に関する研究

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    本研究は、専門職(研究者、医師)の就職情報と専門知識の移転・交換について、方法、インセンティブ、実施のコンテキストを見出し、専門職の間で情報・知識が普及するメカニズムを理論的・実証的に明らかにし、かつ、情報・知識の普及を促進する方策を考察することを目的としている。情報・知識の移転・交換のメカニズムを示すことにより、就職後も不断に行われる専門職の能力開発の実態と課題を明らかにし、かつ、専門職の情報の不完全性という市場の問題の解明と、イノベーション研究の発展に寄与することを目的としている。2018年度は、前年度までの文献サーベイ、理論的考察、実態調査を踏まえて、国立大学と特定研究開発法人に勤務する研究者に対するアンケート調査を行ない、約1000の有効票を回収した。そこで得られたデータを用いて、2018年度は3本(英文2本,和文1本)の論文をまとめ投稿した。その内容は、第一に、知識獲得の媒体としてウエブとパーソナルネットワークを比較し、前者と比べた後者の利点、後者を通じて得られる知識の特徴、前者よりも後者の利用を高める環境要因と個人要因を明らかにし、知識普及のメカニズムの解明に貢献した。第二に、約1000人の研究者の、約2500のパーソナルネットワークのタイを分析することにより、研究者はパーソナルネットワーク上のどのようなタイからどのような知識を獲得しているのかについて、知識の送り手と受け手の間の地理的距離、タイの強さ、移転される知識の内容や性質の観点から分析し、パーソナルネットワークによる知識移転の解明に貢献した。第三に、そのような研究者のパーソナルネットワークの形成と国際共同研究の実施に、研究者の国際移動が果たす役割について分析をし、政策提言を行った。平成30年度には、研究者と医師のそれぞれを対象にしたアンケート調査を終える予定であったが、医師のアンケート調査を実施できなかったために、全体的にみると進捗はやや遅れている。その原因は、利用を予定している医師の名簿が、平成30年度には改訂され出版される予定であったが、出版社の都合により出版が遅れているためである。ただし、医師用のアンケート調査票の設計は終え、名簿ができ次第、アンケートを実施する準備は整えている。また、研究者については、データ収集を終え、「研究実績の概要」の欄に記述したように、既に3本の論文をまとめた上に、産官学間の知識移転、知識移転のインセンティブ、ネットワーク形成要因など、更に数本の論文に値するデータ解析を行うことができたため、直実に成果を挙げている。平成31年度(令和元年度)は、第一に、医師のアンケート調査を完了する予定である。現在のところ名簿の完成待ちの状況であるが、その刊行が更に遅れる場合には代替手段も準備しているため、夏にはアンケートの回収を終え、その後アンケート調査で得られたデータの解析を行う予定である。第二に、既にデータ解析を行っている研究者について、産官学間の知識移転、知識移転のインセンティブ、ネットワーク形成要因などについて新しく論文を書き、順次発表していく。第三に、理論的考察とデータ解析を通して、研究者と医師の就職情報と専門知識の吸収・移転・交換の行動、情報・知識を交換するソーシャルネットワークの範囲を規定する要因、情報・知識が普及するメカニズムについてまとめ、令和2年度以降も含めて、多様な媒体を通してその成果を発信していく

  • 多国籍企業における人材の国際移動によるイノベーション

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

     概要を見る

    多国籍企業における人材の国際移動をイノベーションにつなげる道筋とその実現に有効なマネジメントについて研究を行った。まず、派遣という形の国際移動が多国籍企業の国境を越えた知識移転を高めていること、その効果は知識の種類によって異なることを明らかにした。また、知識移転が社内でイノベーションへつながっていくためには、移転された知識が社内でシェアされ既存の知識と結合される必要があるが、そのプロセスを促進するマネジメントの要因を見出した。さらに、人材の国際移動によってもたらされる社内人材の多様性が、創造的な研究開発成果を高める幾つかのメカニズムとそれを支えるマネジメント要因も見出された

  • 科学者の国際労働移動によるネットワークの形成及び知識の移転と創出

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2009年
    -
    2011年
     

    村上 由紀子

     概要を見る

    本研究では、科学者の国際労働移動が科学の発展に与える影響を明らかにするために、アメリカに移住して定着した科学者と、アメリカで研究生活を送ったあと日本に帰国した科学者について、共同研究ネットワークや論文の引用・被引用ネットワークを分析した。その結果、国際労働移動が国際共同研究や国際的な知識の移転に寄与する条件が見出された。また、アメリカへの移動が日本人科学者の研究成果を高めることも示された

  • サイエンティストとエンジニアの国際労働移動-知識経済発展への対応-

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2004年
    -
    2006年
     

    村上 由紀子

     概要を見る

    先進国では知識経済の発展にともなって、サイエンティストとエンジニア(S&E)の役割が増え、国内において彼らを育成すると同時に、海外からも優れた人材を受け入れる政策が展開されている。S&Eが国際労働移動を行う最大のインセンティブは、科学技術水準が高く最先端の知識や技術を修得する機会があること、予算、設備、人材などの仕事の環境が優れていて、S&Eとしての高い成果をあげられることである。このような条件を備えた国として、日本やアメリカは海外からS&Eを惹きつけているが、アメリカはまさに国際的な流入の拠点になっているのに対して、日本はアジアの流入拠点というローカルな位置づけになっている。日本とアメリカは予算や設備においては大きな違いはないが、言語と職場における構造的な問題が、日米間の科学技術格差の一因となり、移住先として日本をアメリカに比べ魅力のない国にしている。言語の問題とは言うまでもなく、英語と日本語の有用性の違いであり、構造的問題とは、年功的人事管理、不明確な評価、意思決定の階層的構造、雑務の多い研究環境、自由な議論を阻む組織風土などである。組織がS&Eを需要する主な理由は、(1)有能な人材を世界的なプールの中から選択すること、(2)外国人の持つ特有の技術や知識を必要とすること、(3)人手不足を解消することである。日本の組織の場合は(1)の要因を重視しているが、上述の理由でアメリカほど魅力がなく、所望の人材を確保できていない。(2)は海外に開発・設計を委託したり、海外と共同研究を行っている機関などが重視する要因であり、今後さらにこの意味での需要が高まると考えられる。(3)は景気の影響を受けやすい理由であり、不景気になったときに国内労働者との対立を招きやすく、また、国内賃金の上昇を抑え、他の職業に比べS&Eを魅力のないものにし、国内におけるS&Eの育成の足かせになるという問題を伴っている

  • 人と組織に着目したグローバル企業によるイノベーション創出の国際比較研究

    研究期間:

    2011年11月
    -
    2014年03月
     

     概要を見る

    日本の代表的製造企業を対象に、企業のグローバル化の中で、どのようにイノベーション活動を行っているか、他国の類似企業、あるいは対象企業の海外事業所と比較しながら、その活動の主役である技術者と彼らが働く職場に着目して調査を行った。それら調査と内容検討の結果、以下の点が確認された。1つには、R&D(研究開発活動)のグローバル化、特に海外R&D拠点の展開と拡充、および本国R&D拠点との連携の強化を急速に進めている。2つには、R&D人材については、海外での採用を各地の労働市場の特徴を生かして、積極的に採用を増やしている。3つには、国内R&D人材のマネジメントについては、グローバル化は遅れている

  • 戦時期及び戦後初期の賃金政策研究:故金子美雄氏の旧蔵資料の分析

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2000年
    -
    2001年
     

    鈴木 宏昌, 白木 三秀, 島田 陽一, 河西 宏祐, 小倉 一哉, 村上 由紀子, 堀 春彦, 小倉 和哉, 孫田 良平

     概要を見る

    本研究では,故金子美雄氏旧蔵資料の選別・整理と分析が行なわれた.氏は戦時期・戦後初期において賃金政策・労基法制定に深く関与した賃金問題の権威である.その所蔵資料は,わが国賃金・労働政策研究において従来,資料の制約もあり一種の空白期間といえるこの時期の研究にとって,第一級の価値をもつ.平成12年度に始まった故金子資料の保存と分類は平成13年度も継続して行なわれた.まず1939-1952年を中心とした,劣化資料を順次写真撮影し,PDFファイル化(CD-ROM8枚)を行なった.その結果,私たちが目標とした戦時期と戦後初期の資料のうち約9割近くがデジタル化できた.またこの間に,戦時期そして戦後初期のこの分野の専門家のヒヤリングを行い(下記参照),この時期の労働問題の研究業績を共有した.ヒヤリング対象者:桜林誠(上智大学名誉教授,産報運動),西成田豊(一橋大学教授,産報運動の位置づけ),渡辺章(筑波大学教授,労働基準法制定過程),菅山真次(東北学院大学教授,戦後の労働市場形成),宮島英昭(早稲田大学教授,戦時期の経済統制),山下充(早稲田大学助手,技術者の養成過程),石田眞(早稲田大学教授,戦前・戦中の末広巌太郎).このように,2年間の活動により,1939-1980年代に及ぶ膨大な金子資料の重要な部分は整理し,デジタル化することに成功した.また孫田・鈴木・木村は当資料を用いて論文を作成した.今後,パソコンによる検索を可能にして,資料を使いやすくすること,そして広く研究者に開放するとともに本格的な資料分析の仕事が残されている

  • 創造的研究成果を促す人材マネージメントのあり方に関する調査

    研究期間:

    1999年
    -
    2001年
     

  • 企業・世帯調査における個別情報のリンケージによる統計分析

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    1997年
    -
    1998年
     

    船岡 史雄, 出島 敬久, 星野 一郎, 村上 由紀子

     概要を見る

    平成8年度の岩坪班を垂水班と船岡班に分割再編した後、平成9-10年の両年に亘って、本研究は、統計データをリンケージして新たな統計情報を創出することや有効に利用することを目的として研究を行った。企業・事業所を対象とした統計データについては、(1)商業統計調査の事業所単位の調査データを同一企業名のもとに名寄せをして、企業単位の調査としてリンケージすることによって新たな情報を作成し、企業・事業所の拡大した情報にもとづいて、企業の事業所展開が企業活動の成果とどのように関連するかを分析した。これまでに、小売業を対象として50店舗以上の商業企業事業所を名寄せ集計した結果を分析している。さらに、資本金2000万円以上の商業企業に対象を拡大して企業名寄せ集計を行い分析した。拡大したリンケージ情報から商業企業の事業所展開について、店舗の増加は収益逓減をもたらしていること、企業年齢と収益性は関連があること、地域展開状況は必ずしも収益増加と結びつくものではないこと、異なる業種への展開ならびみ商品多角化の進展は収益性の低下をもたらすこと等が明らかとなった。(2)世帯を対象とした統計データについては、これまでに、家計調査と貯蓄動向調査の小規模のリンケージ実験を行い、リンケージにおいて考慮すべき点、リンケージキーとして有効な世帯属性を明らかにしている。世帯統計については、さらに就業構造基本調査を全国消費実態調査と統計的に照合し、追加的に得られた情報から転職行動を分析することをもう一つの研究目的をしている。1982年と1992年の就業構造基本調査からこの10年問の、家計の就業構造、転職行動の変化を実証分析した。これまで転職への影響について、労働需要側の要因を取り上げて分析することが多かったが、本研究のなかで労働供給側の要因である配偶者、子供等に係る世帯属性が大きく作用することを明らかにしている。得られた分析結果と全国消費実態調査との統計的照合は残された課題である

▼全件表示

Misc

  • マイクロデータを用いた職業別転職の分析

    村上 由紀子

    早稻田政治經濟學雜誌   337   316 - 347  1999年

    CiNii

  • <論文>転職に関する一考察

    村上 由紀子

    早稻田政治經濟學雜誌   333   248 - 275  1998年

    CiNii

  • 第1部 研究人材の人的資源管理 : 研究者の流動性と共同研究開発 <No. 38 研究人材マネジメント : そのキャリア・意識・業績>

    村上 由紀子

    組織行動研究   26   45 - 51  1996年03月

     概要を見る

    慶應義塾大学産業研究所社会心理学班研究モノグラフ ; No. 38. 研究人材マネジメント : そのキャリア・意識・業績1.問題の所在平成4年1月の科学技術会議第18号答申は,新世紀に向けてとるべき科学技術の総合的基本方策について答申している。この中で, 基礎研究をはじめとする研究活動を活性化するため, 研究者が創造性を最大限に発揮できるような柔軟で競争的な研究環境の整備が必要であると指摘され, そのたあの一つの方策として研究者の流動化の促進があげられている。

    CiNii

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

特別研究期間制度(学内資金)

  • 日独産学連携によるイノベーションの人材に関する研究

    2021年03月
    -
    2022年03月

    ドイツ   アーヘン工科大学

    ドイツ   マックスプランク研究所

  • 労働移動とイノベーション

    2007年09月
    -
    2009年08月

    アメリカ   MIT

他学部・他研究科等兼任情報

  • 政治経済学術院   大学院経済学研究科

  • 政治経済学術院   大学院政治学研究科

特定課題制度(学内資金)

  • 国際産学連携の政策とマネジメント

    2020年  

     概要を見る

     国際産学連携に関する研究の焦点を絞り、科研費プロジェクトを計画するための調査研究を行った。その結果、日本を含む国際産学連携が少ない主な原因は人材の問題であることがわかり、国際産学連携に必要な能力・スキルと社会関係資本がどのように形成され、国際産学連携活動を支えるサポートシステムとして何が必要なのかを明らかにするための研究を計画し、科研費の課題として採択された。また、論文や特許のデータベースを使って、国際産学連携の経験者を見出す予備的作業を行った。さらに、日本人研究者の国内産学連携ネットワークのデータを使い、リエゾンオフィス等の組織の介在はネットワークのタイの強さに影響を与えることを見出した。

  • 医師の知識・情報の交換・普及に関する研究

    2019年  

     概要を見る

    医療の質的向上をはかるために、医師が免許取得後にどのような方法で知識や技能を向上させているのか、医療関係の知識・情報は医師の間でどのように普及しているのかについて研究を行った。また、医師の不足や地域的遍在が指摘されている中で、限られた数の医師が適材適所で活躍することが重要であるため、医師のジョブサーチに関する情報の交換・普及と転職の成果についても研究を行った。全国47都道府県の病院に勤務する2515人の医師を対象に行ったアンケート調査から426の有効回答が得られ、それらのデータを解析した結果、知識・情報の普及における学会とウエブの役割の重要性、医局を介した転職の特徴と問題等が見出された。

  • 日本における医師のキャリア形成と病院の人的資源管理に関する研究

    2012年  

     概要を見る

    日本では高齢化が進み、医療サービスの重要性とそれへの関心が高まっているが、医療機関の人材育成、人的資源管理、労働問題などに関する学術的研究はほとんど行われてこなかった。そこで、本研究では医療従事者の労働問題を的確につきとめ、医療サービスの向上をはかるために、彼らのキャリア形成と医療機関の人的資源管理について研究を行った。研究方法としては、既存の文献、資料の分析に加え、初年度には11の病院、3つの行政機関、5人の医師を対象にヒアリング調査を行った。次年度には、ヒアリング調査で得られた知見をもとにアンケート調査票を作成し、3000人の医師を対象にアンケートを実施し、約500の回答を得た。それらの研究により以下の成果が得られた。 まず、医師のキャリア形成に関しては、医師に求められる専門性やスキルは何か、国家資格取得後の医師の教育訓練と組織内異動や転職はどのように行われているのか、望ましい医療サービスや求められる医師の専門性やスキルと照らして、日本の医師のキャリア形成システムの問題は何か、新医師臨床研修制度導入によってどのような変化や効果が生まれたのかについて答えを見出すことができた。また、病院の人的資源管理については、採用、職務分担、労働時間、昇進、報酬などの施策に関して調査し、医師の労働問題は何か、医師がモチベーションを保ちながら知識や技能を高め、職務に励み、医療サービスの質を高めていくための課題は何かについて示すことができた。さらに、地方や女性医師特有の問題についても調査を行い、施策を考察することができた。 本研究期間内に、医師以外の医療従事者(看護師、薬剤師、臨床検査技師など)のキャリア形成や人的資源管理の調査、彼らも交えたチーム医療の調査を行うには至らなかったが、資料調査やヒアリング調査を通じて、今後それらの研究に発展させていくための準備を行った。また、占領時代の影響を残した沖縄の病院の調査から、今後、国際比較研究に発展させていくための視点を得ることができた。

  • 技術者の労働移動と雇用慣行の日米比較

    1999年  

     概要を見る

     本研究ではアメリカのR&Dに携わる技術者と日本のそれらとの転職率を比較し、なぜ日米の差が生じるのかについて、雇用慣行や労働市場の観点から考察した。研究の手法は文献研究とヒアリング調査であるが、アメリカについては特に転職率の高いシリコンバレーに立地する企業を対象とした。その結果以下の結論が導かれた。①アメリカは企業間の報酬格差が大きいので、より高い収入を求めた自発的な転職が起りやすい。報酬格差は特に、企業間でストックオプションの価値に大きな開きがあるために生じる。日本では所得の中心は月次給与と賞与であるが、これらに関する大企業間の格差は小さく、技術者の転職のインセンテイブにはなりにくい。②アメリカでは技術者個人の市場賃金が存在する。それを調査する会社も存在する。個人をベースにした成果型賃金制度やそのための評価システムが整備されていることも転職を容易にする条件である。③アメリカでは個人に割当られる仕事の守備範囲が狭く明確であり、また、権限と責任の範囲が明確であるため、外部経験を持つ技術者を中途採用しやすい。また、技術者自身も転職しやすい。これに対し日本では、広い守備範囲をカバーできる能力や統合された知識が求められ、企業間の守備範囲の違いから生じる熟練の企業特殊性が存在するため、アメリカよりも転職しづらい環境である。④日本の大企業の場合は周辺的な作業から中心的な作業へキャリアアップしていく道が企業内に用意されているが、シリコンバレーでは、多数の小規模企業が特定の開発分野に特化しているため、キャリアアップの道が企業外に開かれている。⑤シリコンバレーでは、多くのハイテク関連企業が集積しているため、技術者にとっては転居せずして転職する機会が豊富に存在する。また、技術者間でのインフォーマルなネットワークがあり、転職情報も入手しやすいことが転職を容易にしている。⑥アメリカの場合は即戦力となる一人前の技術者を採用する方針であり、一人前になるために外部教育機関が使われる。これに対して日本の場合は企業内で能力開発が行われ、これは長期雇用を前提としていると同時に長期雇用を促す要因でもある。 今年度中に雑誌論文として発表する予定である。

  • 市場、企業の組織構造、人的資源管理の相互依存関係

    1997年  

     概要を見る

    企業の人的資源管理のうち、今年度は採用、配置転換、昇進に焦点をあて、それらが企業の生産する財やサービスの種類によって、あるいは生産物市場の性質の違いによって、また、企業の組織構造の違いによってどのように異なるのか、生産物市場、組織構造、人的資源管理の間に補完的な関係があるのかについて、理論的、実証的に考察した。 まず、「補完性」に関する近年の理論的文献をサーベイし、この研究のための概念的枠組みを固めた。そして、日本企業の採用、配置、昇進に関する従来の経験的研究の成果を上記の観点から見直し、何か特徴的なことが見いだされるか考察した。さらに、手持ちの企業内移動、企業間移動に関するデータを産業別、企業規模別に分析した。 その結果、製品・市場戦略の違いによって横の移動(配置転換)の範囲や頻度が異なること、組織構造の異なる大企業と中小企業では配置転換と昇進の関係、採用と昇進の関係、配置転換と採用の関係が異なることが明らかにされた。これら導きだされた特徴は、分業を行い、かつ補完性のある分業の単位間の水平的調整も垂直的調整も行うという組織戦略から生じていると考えられ、また、その分業における作業の分け方、分業の単位間の補完性の有無は、企業の製品戦略や市場戦略によって異なると考えられる。したがって、企業によって、同じ名称の職種に従事する労働者でもOJTで養成されるスキルに違いが生まれ、そのことが企業間移動や中途採用を妨げる要因になっているとも考えられる。 これらの結果をさらに、個別企業のヒアリング調査から検証すること、また、今年度は人的資源管理として採用、配置転換、昇進のみを対象にしたが、報酬制度に関しても同様の考察を加えることが今後の課題である。研究成果の発表1998.1.15 「転職に関する一考察」『早稲田政治経済学雑誌』第333号1998.6.6 「補完性からみた労働移動の分析」『日本労務学会第28会大会研究報告論集』

  • 研究開発組織と人的資源

    1995年  

     概要を見る

    日本本企業の現行の人事システムや作業システムは,既存技術の改良による品質の向上やコストダウンという戦略には強味を発揮するが,独創的な基礎研究には適さないと指摘されている。そこで,平成4年1月の科学技術会議第18号答申で示されているように,基盤研究をはじめとする研究活動を活発化するため,研究者が創造性を最大限に発揮できるような柔軟で競争的な研究環境の整備が求められている。 本研究では,研究活動を活性化するような研究環境とは何かについて,主に作業組織と研究者の人事管理の面から調査を行った。その方法は,文献購読と現在大企業でR&Dに従事している研究者との面接調査である。また,筆者は慶應義塾大学R&D研究会に所属しそこで行われた企業の研究者に対する質問紙調査や研究会での討論からも多くの情報や示唆を得ることができた。 その結果,企業の研究者からみた基礎研究を活性化する研究環境とは,「会社トップやチームリーダーが明確な目標を立て,強力なリーダーシップの下でその目標を維持する」「研究者がデーマや研究方法の選択,時間の使い方等において自由度を持つ」「年功にこだわらず徹底的に議論ができるようなオープンな組織風土があり,また社内で情報交換が活発に行われる」「研究者が研究に専念できるようにサポートスタッフが充実している」「社外との活発な研究交流が行われる」「他者から研究者を採用したり雇用形態を多様化する」等であった。 これらの環境は,従来型の生産部門や開発部門の効率を重視した人的資源管理や作業組織とは異なる特徴を持っている。研究部門独自のそれらを確立すべきか,あるいは,確立することができるかは,企業の今後の製品戦略やR&D戦略,産業組織の動向とも深く関わっていると考えられ,今後この点に関して一層の考察を要する。

▼全件表示