NAKAMURA, Yoshio

写真a

Affiliation

Faculty of Sport Sciences, School of Sport and Sciences

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/nakamura/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Human Sciences   Graduate School of Human Sciences

  • Faculty of Sport Sciences   Graduate School of Sport Sciences

  • Affiliated organization   Global Education Center

Research Institute 【 display / non-display

  • 2016
    -
    2021

    スポーツ産業研究所   プロジェクト研究所所長

  • 1989
    -
     

    人間総合研究センター   兼任研究員

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1981

    University of Tokyo   Faculty of Education  

Degree 【 display / non-display

  • (BLANK)

  • 東京大学   教育学修士

  • (BLANK)

  • 東京大学   教育学博士

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本スポーツ産業学会

  •  
     
     

    日本ウォーキング学会

  •  
     
     

    日本体力医学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Nutrition science and health science

  • Sports sciences

Research Interests 【 display / non-display

  • Physical Fitness and Sports Medicine,Sports Science

Papers 【 display / non-display

  • Impact of awareness of the Japanese Food Guide Spinning Top on eating behaviour

    Kanae Takaizumi, Kazuhiro Harada, Ai Shibata, Yoshio Nakamura

    PUBLIC HEALTH NUTRITION   15 ( 3 ) 399 - 406  2012.03  [Refereed]

     View Summary

    Objective: To investigate whether awareness of the Japanese Food Guide (JFG) can promote changes in eating behaviour.
    Design: A longitudinal study was conducted in 2007 and 2009 by means of an Internet-based survey. Awareness status of the JFG and a sixteen-item scale for calculating eating behaviour scores were obtained.
    Setting: Japan.
    Subjects: In total, 787 Japanese adults (20-59 years) who registered with an Internet research service organization were included in the study. The respondents were divided into three groups. The respondents who were aware of the JFG in 2007 were categorized into Group 1. Those who were not aware of the JFG in 2007 were categorized into either Group 2 or Group 3. Group 2 became aware of the JFG by 2009, and Group 3 was not aware of the JFG in 2009.
    Results: In Group 2, the eating behaviour score increased significantly by 0.8 points from 4.7 in 2007 to 5.5 in 2009 (P=0.004). The eating behaviour score of Group 1 (6.5 points in 2007; 6.3 points in 2009) and Group 3 (3.8 points in 2007; 4.1 points in 2009) did not change significantly from 2007 to 2009.
    Conclusions: Awareness of the JFG promoted eating behaviour change in the Japanese population. The results indicate that awareness of nutrition information from sources such as the JFG would promote healthy eating.

    DOI

  • 東日本大震災がウォーキングイベントの開催に与えた影響:開催か中止かの判断を下した後の対応と問題.

    早乙女 誉, 中村 好男

    スポーツ産業学研究   22 ( 1 ) 179 - 185  2012.03

  • 中国におけるスポーツ振興くじ公益金を活用した “健身路経” の事例

    何 慧群, 原田 和弘, 中村 好男

    スポーツ産業学研究   22 ( 1 ) 101 - 109  2012.03

  • 首都圏自治体の介護予防事業における東日本大震災の影響

    荒木 邦子, 原田 和弘, 塩田 琴美, 中村 好男

    スポーツ産業学研究   22 ( 1 ) 187 - 196  2012.03

  • 東日本大震災後のスポーツ業界の復興支援活動の実態と活動が与えた影響〜日本を元気にするスポーツの力の実態〜

    齊藤 恵理称, 中村 好男

    スポーツ産業学研究   22 ( 1 ) 209 - 214  2012.03

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • メタボリックシンドロームに効果的な運動・スポーツ 第6章-2ウォーキング(分担執筆p.93-105)

    坂本静男

    NAP  2011.11 ISBN: 9784905168119

  • アンチエイジング医学の基礎と臨床 改訂2版 Ⅲアンチエイジング身体活動(運動)処方(p.292-293)

    日本抗加齢医学会, 専門医, 指導士認定委員会, 編集

    メディカルビュー  2008.11 ISBN: 9784758304788

  • 健康と運動の疫学入門 4.2健康施策との観点から 4.2.1健康日本21(分担執筆、p.214-222)

    熊谷 秋三

    医学出版  2008.10 ISBN: 9784287190012

  • ゆるみ筋&こわばり筋のコンディショニング

    矢野史也, 中村好男

    道和書院  2008.06 ISBN: 9784810521078

  • 健康運動指導マニュアル Ⅳ.2.エアロビック・エクササイズ①②(分担執筆、pp:217-225)

    佐藤祐造, 川久保清, 田畑泉, 口満

    文光堂  2008.02

display all >>

Industrial Property Rights 【 display / non-display

  • 美容上適当な運動プログラムの決定方法

    中村 好男, 本仮屋 雅美

    Patent

Research Projects 【 display / non-display

  • Physical activity promotion strategy for eldery person based on a social cognitive theory

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    The purpose of this study was investigate the effects of social cognitive approach on promoting physical activity for elderly people. The health monitoring group was developed for this investigation. The personal reviews of acquaintance were more effective than Web media to promote walking activity for elderly people. Physical activity promotion might have a limited strategy for opportunities on improving the quality of life through health promotion of the elderl

  • Strategy for physical activity promotion from a view point of perceived benefits of walking

    Project Year :

    2012.04
    -
    2015.03
     

     View Summary

    The purpose of this study aimed at verifying the relationship between Eco-Friendly-Attitude (EFA) and physical activity from a view point of perceived benefits from walking behavior. EFA was confirmed for reliability and validity in four items. EFA was significantly related to total physical activity (150 minutes or more / week) as confirmed by logistical regression analysis. These results suggested that EFA is related to physical activity

  • Developing water-based exercise for preventing long-term care among the frail elderly with lower-limb pain

    Project Year :

    2009
    -
    2011
     

     View Summary

    The present study examined the short-and long-term effect of water-based exercise program on functional fitness, health-related QOL among frail elderly women with lower-limb pain. Elderly women aged 65 years or older with confirmed knee and/or low back pain participated in a 12-week water-based exercise program. The findings indicate that the water-based exercise program can not only improve functional mobility and lower muscular strength, but also enhance general health perception and reduce bodily pain perception on health-related QOL among elderly women with lower-limb pain.

  • Developing long-term care prevention program and establishing its operating system on the view of sports science

    Project Year :

    2004
    -
    2007
     

     View Summary

    In order to practice the appropriate screening, management, provided program, and evaluation for physiological, psychological, and behavioral characteristics of participants such as healthy elderly, frail elderly in long-term care prevention, the current study was conducted on 5following areas based on prepared long-term care prevention system in the first year : identifying physical, psychological, behavioral correlates of elderly needed long-term care prevention, 2) developing exercise programs for long-term care prevention, 3) developing assessment tools related to long-term care prevention, 4) developing long-term care prevention promoting programs, and 5) establishing environmental projects and operating system of long-term care prevention projects. On the 1st area, physiological characteristics(skeletal muscle mass and thickness) in wide-aged range of the elderly and behavioral correlates of engaging in resistance training and health-related physical activity were investigated. Additionally, the studies were conducted for not only the frail elderly but also healthy elderly and those with chronic disease such as cardiovascular diseases and knee osteoarthritis. On the 2nd area, exercise programs and equipments were developed based on the result of the first area and examined its effectiveness. On the 3rd area, physical functional measures and psychological scale to evaluate effectiveness of the long-term care prevention programs in the frail elderly, which has not been previously studied, were developed and demonstrated its validity and reliability. Also, scales to assess communication skill and self-efficacy in the care-giver were newly developed and evaluated. On the 4th area, developing the dissemination activity to participate in promotional program of long-term care prevention and cultivating program of community-based volunteer supporters were conducted. Finally, operating systems on various provided situations of long-term care prevention services such as comprehensive community support center and private consignment organizations(fitness companies and organizations conducted the long-term care prevention programs with public facility) were established on the5th area.

  • Effects of Active Lifestyle on Health Related Quality of Life

    Project Year :

    2001
    -
    2002
     

     View Summary

    The purpose of this study was to reveal the relationship between physically active lifestyle and health related quality of life (HRQOL) based on the follow up investigation for the participants in the previous investigation.
    In the first year, one year follow up study for the participants in the previous walking program was revealed 1) group instruction had an effect on maintaining the daily physical activity, and 2) volunteered exercise had only a short-term effect on promoting physical activity. Segmenting on the stage of behavioral change, most of the subjects in "maintenance" kept the same stage while those in "contemplation/preparation" returned their original stage from the temporal improvement of daily physical activity.
    In the second year, the follow up study for the randomly sampled residents in the area around campus revealed 1) participation of community sports club had a role on maintaining the active lifestyle, and 2) the stage of behavioral change related to same sub-scores of HRQOL such as physical functioning, general health, vitality, social functioning.
    These results suggested that the physically active people had higher score of HRQOL in general, but that the temporal intervention program had only limited effect on maintaining the physically active lifestyle.

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 地域在住高齢者を対象とした幸福度向上プログラムの開発とその運営システムの構築

    2015  

     View Summary

     本研究は、2015年度介護保険法改正以降の市町村の介護予防事業・プログラムに関する問題点を克服して、地域在住高齢者の幸福度向上のためのプログラムを開発し、それを地域社会へ定着させるための運営システムを構築しようとするものである。首都圏の地域在住高齢者ならびに介護予防特化型デイサービス施設などを対象として、申請者らが開発した身体活動・健康促進プログラムを提供し、対象者等への聴き取り調査によって、継続的な運営システム構築のための問題を抽出して解法を導出した。前年度の予備的研究によって構築した各種プログラム要素の妥当性が検証されるとともに、今後の発展のための課題も浮き彫りになった。

  • 新たな地域介護予防事業における運動プログラム導入とその運営システムの構築

    2014   荒木邦子

     View Summary

    本研究は、2015年度介護保険法改正以降の市町村の介護予防事業・プログラムの問題点を探り、新たな運営システムを開発・提案しようとするものである。事業関係者に対する、聴き取り調査によって、「介護予防難民の発生、機能訓練特化型デイサービス事業所の運営難」等の問題が抽出されるとともに、「自治体事業の低コスト化、保険に頼らない独自ビジネスモデルの構築」という解法が導出された。その結果を踏まえて、地域高齢者の運動・身体活動機会の促進のための運営システムを検討・創案し、その仕組みを実践試行した。ここで開発された新たな運営システムは、地域高齢者の運動・身体活動促進策としての有効性が期待される。

  • 食健康リテラシー(HEL)の観点から見た健康情報非認知集団へのアプローチ

    2012  

     View Summary

    食事バランスガイドは国民の食生活を向上させるためのツールとして作成され、施策として普及啓発されてきた。申請者らのこれまでの研究により、食事バランスガイドを認知できる人の食行動は促進されていく一方で、認知できない人の食行動レベルは停滞したままであるという、健康づくり上の格差が生じてしまうことが示唆されている。このような健康づくり上の格差が生じる要因には、ヘルスリテラシーというスキルのレベルが関わっているため、申請者らは食行動に特化したリテラシー(Healthy Eating Literacy:HEL)評価尺度を開発してきた。本申請課題は、食情報による健康づくりを効果的に推進するために、HELと食事バランスガイドの認知および食行動との関連を検討した上で、ヘルスリテラシーの低い国民に対して、どの情報源から食情報を発信することが有効なのかを検討することを目的とした。 まず、社会調査モニター1252名を対象にWebによる質問紙調査を実施し、HELのレベルと食事バランスガイドの認知および食行動との関連性を検討した。その結果、食事バランスガイドの認知度は、HELが低い集団で有意に低かった(HEL高群:53.0%、HEL:低群42.9%、p<0.001)。また、実践している健康的な食行動はHEL低群が有意に少なかった(HEL高群:7.0±4.0食行動、HEL低群:4.7±3.5食行動、p<0.001)。 次に、HELのレベルと情報源(政府・自治体・保健機関、家族、テレビ、雑誌、医療従事者・専門家、友人・知人、新聞、インターネット、ラジオ)との関連を検討した結果、食情報を入手するために検索している情報源は、HEL高群・低群ともにインターネット(HEL高群:5.0回/月、HEL低群:2.8回/月)が最も多く、続いてテレビ(HEL高群:3.4回/月、HEL低群:2.2回/月)であった。HELのレベルに影響を与えている情報源は、雑誌(OR=1.11,95%CI=1.02-1.21)とインターネット(OR=1.05,95%CI=1.02-1.08)であった(性別、年齢、学歴で調整)。 以上の結果から、HELが低い人ほど食情報を認知しづらく食行動も不十分であることが明らかとなった。そのため、食情報による健康づくりを効果的に推進するためには、ヘルスリテラシーを考慮した食情報の発信が必要であり、雑誌やインターネットから食情報を発信することが有効である可能性が示された。

  • 運動無関心者を活動的な生活習慣へ誘うための行動心理的アプローチ:ゲートウェイ戦略が奏功する機序の解明

    2011  

     View Summary

    運動無関心者に運動を普及するためには、彼らの運動に対する関心(心理的準備性)を高めることは重要な課題である。心理的準備性を高める手段として、申請者らのこれまで研究により、趣味・余暇活動へ働きかけることが有効であることが示唆されている。ただし、この示唆を実践プログラムに応用するためには、そのメカニズムを検証することが必要である。そこで本申請課題の目的は、趣味・余暇活動に関する変容プロセスのうち、どの段階の変容が、運動無関心者の心理的準備性(運動に対する関心)の向上に関わっているのかを明らかにすることであった。 まず、横断研究として、社会調査モニター5581名を対象にWebによる質問紙調査を実施し、趣味・余暇活動に対する「気づき」「信念」「意図」および「行動」の程度を評価する尺度を開発した。また、この調査のデータに関してパス解析を行った結果、上記4つの概念のうち、意図(パス係数:0.25)と行動(パス係数:0.09)が高いことが、心理的準備性が高いことと有意に関連していた。 次に、介入研究(運動無関心者119名に趣味・余暇活動情報を8週間提供)のデータを分析し、これら4つの概念の中で、どの概念の変化が、心理的準備性の向上と関連しているのかを検証した。その結果、介入期間中に趣味・余暇活動に関する意図が高まった群の方が、介入期間中に意図が高まらなかった群よりも、心理的準備性が向上した者の割合が有意に高かった(意図が高まった群63.4% vs. 意図が高まらなかった群43.6%)。一方、その他の概念(気づき、信念、行動)の変化については、心理的準備性の向上との間に有意な関連性が認められなかった。 以上の2つの分析結果から、趣味・余暇活動が運動無関心者の心理的準備性を高めるメカニズムとして、趣味・余暇活動に対する意図の高まりが徳に関与していることが明らかとなった。従って、運動無関心者の心理的準備性を高めるには、「趣味・余暇活動をやってみたい」という意図へ働きかけるような趣味・余暇活動プログラムとすることが効果的であると思われる。

  • 高齢者の筋機能向上トレーニングを促す環境要因と知識・行動との関連

    2010  

     View Summary

    介護予防を進めていく上で、筋機能向上トレーニングは重要な役割を果たす。ただし、筋力トレーニングの効果が立証されても、それが筋力トレーニングの普及につながる訳ではない。近年の健康づくりに関わる研究分野では、研究の知見を如何に国民へ伝えるのか?という問題意識が急速に高まっている。そこで本研究では、高齢者の筋機能向上トレーニングを促進する手がかりを得ることを目指し、情報環境および物理的環境が、高齢者の筋機能向上トレーニングに対する知識や行動と関連するかを検証した。情報環境に関しては、高齢者1244名を対象に郵送法による質問紙調査を行い、様々なチャネル(新聞、ラジオ、家族、自治体の広報など、14項目)での筋力トレーニング情報との接触状況と、筋力トレーニングの健康効果の認知と筋力トレーニングに対する関心との関連性を検証した。人口統計学的要因の影響を調整したロジスティック回帰分析を行った結果、筋力トレーニングに対する関心には、医療従事者、友人・知人、TV、本、インターネットが情報源であることが有意に関連していた。また、筋力トレーニングの健康効果の認知には、家族および本が情報源であることが有意に関連していた。これらの結果から、本やインターネットなど情報探索者が利用するチャネルに加えて、対人チャネルやTVから筋力トレーニング情報を提供することが、筋力トレーニングの健康効果の認知を促したり、筋力トレーニングに対する関心を高めたりする上で有効である可能性が示された。次に、物理的環境に関して、高齢者293名を対象としたweb調査のデータベースを解析した。ロジスティック回帰分析の結果、筋力トレーニング施設へのアクセスが良いことや、筋力トレーニング用具を保有していること、および近所で運動実施者を多く見かけることが、筋力トレーニング実施と有意に関連していた。この結果から、物理的環境をターゲットとした介入戦略(例えば、施設を整備しその存在をアピールする、用具の配布、身近な物を活用したトレーニング法を広める)が、高齢者の筋力トレーニング実施を促す上で有効である可能性が示された。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 身体活動促進施策の開発を目的とした健康スポーツ環境の調査

    2015.09
    -
    2016.08

    韓国他   東亜大学他

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Social Activities 【 display / non-display

  • 読売新聞

    読売新聞 

    2006.03
    -
     

     View Summary

    医療ルネサンス

  • 北日本新聞

    北日本新聞 

    2005.10
    -
     

     View Summary

    リビング・アート・イン大山シンポジウム

  • 公明新聞

    公明新聞 

    2003.10
    -
     

     View Summary

    健康ウォーキング

  • テレビ東京

    テレビ東京 

    2003.07
    -
     

     View Summary

    医食同源:第1068回「ウォーキングのすすめ」

  • 夕刊フジ

    夕刊フジ 

    2003.06
    -
     

     View Summary

    正しいウォーキングで身長が伸びた

display all >>