土屋 純 (ツチヤ ジュン)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/tsuchiya/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 教育・総合科学学術院   教育学部

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年

    東京大学大学院   教育学研究科   体育学専攻  

  •  
    -
    1989年

    東京大学大学院   教育学研究科   体育学専攻  

  •  
    -
    1986年

    早稲田大学   教育学部   教育学科体育学専修  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(人間科学)

  • 東京大学   教育学修士

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本コーチング学会

  •  
     
     

    日本バイオメカニクス学会

  •  
     
     

    日本スポーツ運動学会

  •  
     
     

    日本体育学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 体育学、スポーツ科学

論文 【 表示 / 非表示

  • 武術太極拳の「側空翻」をジュニア選手が習得するためのコーチング事例研究

    羅劉星, 佐藤友樹, 土屋純

    スポーツパフォーマンス研究   12   439 - 455  2020年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • ローラースピードスケート競技300m タイムトライアル種目における世界選手権大会出場選手のレース分析

    岡部 文武, 高尾 千穂, 藤田 善也, 土屋 純

    体育学研究   64 ( 2 ) 869 - 876  2019年12月  [査読有り]

  • Kinematic Characteristics of Curve Skating in a 300 m Time Trial Race Among Top Roller Speed Skaters

    Fumitake Okabe, Chiho Takao, Zenya Fujita, Jun Tsuchiya

    International Journal of Sport and Health Science   17   235 - 242  2019年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • ローラースピードスケート競技300m タイムトライアル種目における日本人選手のカーブ滑走動作のキネマティクス的特徴

    岡部 文武, 高尾 千穂, 藤田 善也, 土屋 純

    コーチング学研究   33 ( 1 ) 55 - 64  2019年  [査読有り]

  • スキースロープスタイルにおける国内トップ選手のコーク720のテイクオフ動作の特徴

    高尾千穂, 岡部文武, 土屋純

    スキー研究   15 ( 1 ) 93 - 100  2018年  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 教養としてのスポーツ科学【改訂版】

    早稲田大学スポーツ科学学術院

    大修館書店  2011年04月 ISBN: 9784469267150

  • トップパフォーマンスへの挑戦(早稲田大学スポーツ科学学術院(編))

    土屋純

    ベースボールマガジン社  2007年03月

  • 体操のバイオメカニクス

    土屋 純

    バイオメカニクス,金子公宥,福永哲夫(編)/杏林書院  2004年10月

  • 体操競技の技術特性

    土屋 純

    体操競技教本((財)日本体操協会体操競技委員会編)/(財)日本体操協会  2003年04月

  • 体操競技の技術分析

    土屋 純

    教養としてのスポーツ科学(早稲田大学スポーツ科学部編)/大修館書店  2003年04月

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ラグビーワールドカップとオリンピックが国内大学生のコーチング意識に与える影響

    研究期間:

    2019年10月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    スポーツコーチング科学を専攻する日本人大学生に、1)大学入学までのスポーツ実施歴と経験したコーチングの実態について、2)大学におけるスポーツコーチング科学の学習と日本における世界的スポーツメガイベントの開催が彼らのスポーツコーチングに対する意識に及ぼした影響について、半構造化インタビューにより明らかにする。またスポーツコーチング科学の教育課程を担当する日本の大学教員に、3)日本におけるスポーツメガイベントの開催を契機としたスポーツコーチングの国際化が、大学の教育課程、教育方法、彼らの意識におよぼした影響について、半構造化インタビューにより明らかにする。本研究の目的は、日本の大学においてスポーツコーチング科学を専攻する大学生とその教育課程を担当する教員の、スポーツにおけるコーチングに関する意識に対し、日本における2019年ラグビーワールドカップおよび2020年オリンピック競技大会という2つの世界的スポーツメガイベントの開催が及ぼす影響について明らかにすることである。2019年度は、当初の計画では大学生アスリート10名のインタビュー調査を予定していた。しかしながら、大学生アスリートとのスケジュール調整に手間取ったため、日本選手権大会あるいは国際競技大会に出場経験がある早稲田大学スポーツ科学部の大学生3名に対して、大学入学までのスポーツ実施歴とその時点までに経験したコーチングの実態に関する半構造化インタビューを実施した。また、2020年度の計画を一部先どりして、日本代表選手団の指導者経験がある早稲田大学の教職員2名に対し、とりわけ日本における2019年ラグビーワールドカップと2020年オリンピック競技大会という2つのスポーツメガイベントの開催を契機としたスポーツコーチングの国際化が、大学における教育課程や教育の方法、彼らの意識におよぼした影響の有無について半構造化インタビュー調査を行った。これらのインタビュー調査は研究補助者の通訳により日本語で行われたため、インタビュー内容は研究補助者が英訳した.実施されたすべてのインタビューおよび翻訳は問題なく終了している。大学生アスリートとのスケジュール調整に手間取り、インタビュー実施は人数的には少なくなったものの、翌年度の実施計画の一部を先取りして実施したこともあり、おおむね順調であった。今後は実施計画通りのインタビュー調査を実施できるよう調整してゆくが、今般の新型コロナウイルス感染症対策の影響で対面インタビューの実施がいつできるかの見通しが立っていない。さらに重大な問題は、2020年度に予定されていたオリンピックの開催が延期となったため、オリンピックの開催が指導者やアスリートの意識に及ぼす影響を、オリンピック開催後に調査できなくなった点である。ラグビーワールドカップは終了しているので、それに重きをおくことと、オリンピックに関しては開催予定を踏まえた調査にならざるを得ないと思われる

  • スポーツを楽しむことが日本の高校生に与える影響

    研究期間:

    2019年10月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    スポーツを楽しむことが日本の高校生のウエルビーイングに与える影響を、10項目からなるPERMAモデルに基づく質問紙調査によって明らかにする。調査は埼玉県所沢近辺の5つの高校の生徒120名に対し実施する。さらに質問紙調査の結果を集計し、質問紙調査に応じた生徒の中から、5つの高校各5名計25名をランダムに抽出し、半構造化インタビューを実施する。これらの結果とニュージーランドでの同様の調査の結果とを比較する。本研究の目的は、スポーツを楽しむことが日本の高校生のウエルビーイングに与える影響を、ポジティブ心理学のPERMA(ポジティブ感情,物事への積極的な関わり,他者とのよい関係,人生の意味や意義の自覚,達成感)モデルを用いた質問紙調査と半構造化インタビューによって明らかにし、その国際比較を行うことである。近年の日本スポーツ界においては、スポーツ参加者の参加のあり方、指導する側の指導のあり方が問題となる事例が多発している。オリンピック等の国際的な競技会開催を控え、わが国におけるスポーツのあり方が大きく問われていると言える。こうしたなか、そもそも楽しむことを目的としたスポーツ参加が青少年のウエルビーイングに及ぼす影響を、わが国の高校生を対象とした調査によって明らかにし、すでにニュージーランドにおいて実施されている調査結果と比較する。2019年度は、翌年度に計画されている高校生に対するPERMAモデルを用いた質問紙調査の準備のため、10項目からなる質問紙をまず英語で作成し、さらにそれを日本語に翻訳した。質問紙の作成と日本語への翻訳は問題なく終了した。また、近隣の高校3校の校長に質問紙調査の協力を依頼し、快諾を得た。当初の予定通りに進んでいる。今後は実施計画通り高校生に対する質問紙調査を実施できるよう調整してゆくが、今般の新型コロナウイルス感染症対策の影響で高等学校の授業再開時期が不透明であり、質問紙調査の実施がいつできるかの見通しが立っていない

  • スポーツスキル学習における運動イメージの役割と脳機構の解析

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    視覚的運動イメージと筋感覚的運動イメージの能力はそれぞれ運動パフォーマンスと関連していると考えられる。しかしながら、運動課題との関連は不明な点が多かった。そこで今年度は、学習初期において用いられる運動イメージの種類、および、それらと運動パフォーマンスレベルとの関連を検討するために脳活動計測実験を行った。被験者は健常成人34名とし、新規の系列指タッピングの筋感覚的運動イメージおよび視覚的運動イメージ中の脳活動を機能的磁気共鳴画像法を用いて計測した。さらに、脳活動計測前後に系列指タッピング実行課題、質問紙による内省評価、および、mental chronometry課題を行い、多角的に脳活動と運動イメージ能力との関係性を検討した。その結果、系列指タッピングパフォーマンスのレベルが高い被験者は視覚的運動イメージ中の一次運動野、運動前野、一次視覚野の活動が高いことが明らかとなった。このことから視覚的運動イメージの質が高い被験者ほど運動パフォーマンスが高いと考えられる。一方、筋感覚的運動イメージ中の脳活動量と運動パフォーマンスは相関関係が見られなかった。したがって、新規の運動課題では視覚的運動イメージが優位である可能性が示された。また、質問紙によって評価した主観的な運動イメージの鮮明さと脳活動の関係を解析したところ、視覚的運動イメージの鮮明さが高い被験者では前頭前野の活動が高いことが明らかとなった。しかし、主観的な視覚的なイメージの鮮明さと運動パフォーマンスには相関関係はみられなかった。さらに、一次運動野および運動前野の活動量と前頭前野の活動量の間にも相関関係は見られなかった。これらのことから、運動パフォーマンスに関連する運動イメージ能力と質問紙によって評価した運動イメージの鮮明さは異なる側面を評価していることが示唆された。運動イメージの脳内メカニズムについて、昨年度までにおこなった研究を発展させて本年度は特に2つの運動イメージ(視覚的運動イメージと体性感覚的運動イメージ)の両者がどのように関連し、またそれぞれに重要な脳部位を特定した。この研究はモデルとして指タッピング動作を用いたが、スポーツに直結するものとして鉄棒のけあがりを取り上げ、その学習過程において運動イメージ、視覚情報処理がどのように変化するかについても検討した(Prog. Brain Res., 2017).・これまでに得られた運動イメージ研究に基づき、運動学習に脳の直流刺激がどのように影響するかを検討する。・スポーツ動作の多くは多肢を同時に様々な方向、強さで動かさねばならない。このような協調運動について様々な研究を進めてきたが、運動イメージがこれにどのように影響するかを検討する。・運動イメージの機能的な役割の総合的な見方を提供しreviewとしてまとめ

  • クロスカントリースキー滑走動作におけるパフォーマンス分析

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2013年03月
     

     概要を見る

    2012年度には,クロスカントリースキー競技における最大努力中のサイクル特性,滑走動作および滑走中のポール・ローラースキー反力について明らかにした.また,滑走動作および力が疲労の影響に伴って変化することを明らかにした.2013年度には,トレッドミルにおけるローラースキー滑走中のクロスカントリースキー選手の心拍数,酸素摂取量を示した.さらに,滑走中の仕事量が負荷の増大によって増加することを明らかにした

  • 体操競技の平行棒における後方車輪系技群実施時の関節トルクとパワー

     概要を見る

    1.男子体操競技の平行棒における「後方車輪からかかえこみ2回宙返り腕支持(ベーレ)」の実施時に関節で発揮されるトルクとパワーの動態を明らかにして、平行棒における「後方車輪」実施時と比較し、それらの運動技術を明らかにする実験を、大学体操選手5名を被験者として行った。その結果、ベーレ実施時には後方車輪に比べて大きな股関節屈曲トルクと肩関節伸展トルクの発揮が求められ、同時に股関節の屈曲角速度と肩関節の伸展角速度を大きくして、大きなパワーを発揮することが必要であることが示唆された。2.「後方車輪から屈身2回宙返り腕支持(屈身ベーレ)」について、関節で発揮されるトルクとパワーを算出し、「後方車輪からかかえこみ2回宙返り腕支持(ベーレ)」のそれらと比較する研究を、競技会に出場し両技を実施した選手12名を被験者として行った。その結果、離手時には屈身ベーレにおいて、ベーレに比べて膝関節屈曲トルクが小さく、股関節屈曲トルクが大きく、さらに肩関節の伸展トルクが大きかった。関節で発揮されたパワーは、離手時において屈身ベーレがベーレに比べて膝関節で小さく、股関節と肩関節で大きかった

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • クロスカントリースキー滑走動作におけるパフォーマンス分析

    2010年  

     概要を見る

    本研究課題について以下の3つの研究を行った。1.クロスカントリースキーのスタート局面におけるクラシカル走法の技術の特徴 【概要】クロスカントリースキー・クラシカル走法におけるスタート局面の技術の特徴を明らかにすることを目的とした。5名の被験者に50mのダイアゴナル走法、ダブルポーリング走法を行わせ、滑走中の速度、ストライド、ピッチを計測した。その結果、ダイアゴナル走法がスタート直後の加速に優れており、ダブルポーリング走法が加速に劣るが,最大速度が高い走法であることが明らかとなった。2.クロスカントリースキーのV2スケーティング滑走中の力と速度の関係 【概要】クロスカントリースキーのV2スケーティング滑走中の力と速度の関係を明らかにすることを目的とした。被験者6名のポールとスキーに力センサを装着し、3種類の速度(3.5m/s, 5m/s, 最大努力)によるV2スケーティング中のポールおよびスキーの力を計測した。その結果,滑走速度の増加に伴い,滑走中のピッチが増加し,ポールおよびスキーのピーク力が増加することが示された。3. クロスカントリースキー・スプリント種目の疲労の影響によるバイオメカニクス的変化 【概要】クロスカントリースキーにおけるダブルポーリング動作中の疲労による滑走動作の変化を明らかにすることで、スプリント種目におけるパフォーマンス向上の示唆を得ることを目的とした.6名の被験者に、3分間の最大努力による平地のダブルポーリング動作を行わせ、30m地点と670m地点の動作解析およびポーリング力の測定を行った。その結果,670m地点では滑走速度の減少が認められた。また疲労の影響によってピッチが減少し、下肢の動作域が少なくなり、ポーリング力が減少した。これらのことから、下肢を大きく素早く動かしてポーリングをしやすい姿勢を維持することによって、滑走速度を維持させることが重要であることが示唆された。

  • 鉄棒運動におけるパワーフローとパフォーマンスとの関係

    1997年  

     概要を見る

    スポーツ運動に代表されるような全身運動では、関節で発揮されるパワーの伝達がなされる。関節間のパワーフローが有効になされれば、効率のよい動きが実現し、スポーツパフォーマンスを向上させることが可能となる。したがって、学習者の関節パワーフローのようすとパフォーマンスとの関連を明らかにすることは、運動学習や指導の場において有効な情報となると思われる。本研究では、こうした観点から、運動中に身体セグメント間で伝達されるパワーの動態を明らかにし、それとパフォーマンスとの関連を検討した。具体的な身体運動には、比較的単純で計算のしやすい鉄棒運動を用いた。数名の体操選手の実施する手放し技の実施を、鉄棒の側方に設置したビデオカメラによって撮影した。このビデオテープから、身体の計測点の二次元座標値を求め、これによって身体を8つのセグメントに分け、遠位関節から運動方程式を解くことによって、関節力、関節トルクを求め、さらにパワーの流れを算出した。スポーツパフォーマンスの良否をあらわす数値としては、離手後の身体重心の高さを算出した。その結果、股関節から肩関節へのパワーフローに大きなロスのない実施ほど、離手後の身体重心高が高い傾向が伺え、運動中の学習者の関節パワーフローのようすとパフォーマンスとは関連がみられることが示唆された。ただし、コンピュータプログラムの作成に時間がかかり、多くの被験者の実施を分析するに至らなかったので、継続してこの研究を行って行く予定である。

  • 段違い平行棒における後方車輪のできばえと関節で発揮されるパワーの関係

    1996年  

     概要を見る

     本研究は、段違い平行棒における後方車輪の実施中に、股関節、肩関節で発揮されるパワーの動態と、関節でなされる力学的仕事の大きさを明らかにし、後方車輪の速度を増加させるためにはどのような身体動作が要求されるのかを運動力学的な側面から検討することを目的とした。 対象とした運動を撮影したビデオテープから、身体の9つの計測点の時系列2次元座標値を求め、この座標値により身体を8つのセグメントからなる剛体リンクモデルとみなし、股関節と肩関節で発揮されたトルクを求めた。さらにこのトルクに関節の屈曲伸展の角速度を乗じて関節で発揮されたパワーを算出し、さらにパワーを時間積分することによって関節でなされた力学的仕事を算出した。 その結果、次のことが明らかとなった。1)後方車輪実施中に股関節、肩関節で発揮されたパワーは、すべての被験者で大きなピークを示し、多くの被験者でそれに続く小さなピークを示した。この最初のピークを示すパワーは、いわゆるあふり動作によって発揮されたものであり、2番目のピークはあふり動作とは正反対の動作によって発揮されたものであった。2)関節でなされた力学的仕事と後方車輪の回転速度との関係を見ると、肩関節、股関節とも、あふり動作によってなされた力学的仕事と後方車輪の回転速度との相関は見られなかった。これに対して、あふり動作とは正反対の股関節伸展、肩関節屈曲動作でなされた力学的仕事と、後方車輪の回転速度とはそれぞれ負の相関が見られた。3)後方車輪の運動課題をすでに十分解決できる選手に対して後方車輪の回転速度を高める指導を行う際には、あふり動作の強さよりむしろ、その後のあふり動作と逆の動作(股関節の伸展と肩関節の屈曲)の抑制を強調することが重要であると考えられた。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • サイエンスチャンネル「アスリート解体新書」(8)体操競技

    サイエンスチャンネル「アスリート解体新書」(8)体操競技 

    2004年03月
    -
     

     概要を見る

    体操選手がいかにして難しい技を習得したり、新しい技をつくり出してきたかを科学的に解説。