KOBAYASHI, Atsuko

写真a

Affiliation

Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences, School of Education

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Affiliated organization   Global Education Center

  • Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   Graduate School of Education

Degree 【 display / non-display

  • Waseda univ.   Ph.D

  • 早稲田大学   博士(教育学)

  • 東京大学   教育学修士

Research Experience 【 display / non-display

  • 2000.04
    -
    Now

    School of Education, Waseda Univ.   professor

  • 2014
    -
    Now

    北京師範大学中国民族教育与多元文化研究中心兼職研究員

  • 2013
    -
    2018

    北京師範大学教育学部客員教授

  • 2016.11
    -
    2017.02

    Academia Sinica   institute of modern history   visiting professor

  • 2016.05
    -
    2016.08

    London University   SOAS   visiting scholar

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本現代中国学会

  •  
     
     

    アジア教育史学会

  •  
     
     

    日本教育学会

  •  
     
     

    比較教育学会

  •  
     
     

    教育史学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Education

Research Interests 【 display / non-display

  • 社会教育、中国教育 、家庭教育

Papers 【 display / non-display

  • ある電気技師のあゆみ―電機学校の校外生制度と社会的上昇

    新保敦子

    学術研究 人文科学・社会科学編   ( 69 ) 37 - 57  2021.03

  • 台湾における家庭教育施策の動向―家庭教育法に焦点をあてて―

    新保敦子

    早稲田大学大学院教育学研究科紀要   ( 31 ) 27 - 40  2021.03

  • Ethnic minorities in China under Japanese occupation: the Muslim campaign and education during the Second Sino-Japanese War

    Atsuko Shimbo

    Journal of Contemporary East Asia Studies     1 - 13  2021.02  [Refereed]

    DOI

  • Education of Chinese young minority women under the North China and Mongol MilitaryGovernment: Focusing on Jissen Women’s Junior High School in Beijing and Zenrin Hui Women’sPrivate School in Zhangjiakou

      ( 30 ) 99 - 103  2021.02

  • common growth and parent-child companionship: thinking from postpartum depression

    Atsuko Shimbo

    international symposium on minors' moral construction conference proceedings     pp.27-30(中国語), pp.40-44(英語)  2020.11  [Invited]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 成人教育研究におけるライフストーリー分析 NO.11

    新保敦子(編)( Part: Edit)

    早稲田大学ライフストーリー研究会  2021.03

  • Japan-China Educational Research Exchange with Prof. Hiroshi Yokoyama :Let's Look at Asia Again

    2020.11

  • 成人教育研究におけるライフストーリー分析 NO.10

    新保敦子(編)

    2020.03

  • International Workshop on Family Education: Family Education in East Asia - Focusing on the Inheritance of Normative Culture

    Zhu Fenyu Lin Yain, Atsuko Shimbo

    2020.02

  • 成人教育研究におけるライフストーリー分析 NO.9

    新保敦子(編)

    2019.03

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 日本青少年現状与社会教育活動(理事有話説 29)(中国語)

    新保敦子

    中国宋慶齢基金会理事工作通迅   ( 75 )  2021.03  [Invited]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 満洲植民地教育史研究の開拓者・槻木瑞生先生を偲んで

    新保敦子

    植民地教育史研究年報   ( 23 ) 187 - 189  2021.03  [Invited]

    Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

  • 書評 小浜正子著 『一人っ子政策と中国社会』

    新保敦子

    アジア教育   14   100 - 104  2020.11

  • 上原文一さんを偲んで

    新保敦子

    東アジア社会教育研究   ( 25 ) 295 - 296  2020.09

    Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

  • Development of women in China

    Atsuko Shimbo

      ( 3月号 )  2020.03  [Invited]

    Other  

display all >>

Works 【 display / non-display

  • 中国四川省における学校教育調査

    Other 

    2014.06
    -
     

  • 台湾における高齢者教育調査

    Other 

    2013.10
    -
     

  • 中国内モンゴル自治区における回族調査

    Other 

    2013.09
    -
     

  • 中国内モンゴル自治区における小学校調査

    Other 

    2013.06
    -
     

  • イギリスにおけるユースワーク調査

    Other 

    2013.03
    -
     

display all >>

Other 【 display / non-display

  • 論文の執筆に当たって...

     View Summary

    論文の執筆に当たっては、新保敦子の名称を使用

Research Projects 【 display / non-display

  • International Comparative Research about Home Education and Transmission of Normative Culture in East Asian Countries

    Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

  • Uncovering China's Strategy for Becoming a Superpower:A Comparative Study of English Language Education in Elementary Schools in China and Japan

    Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2016.04
    -
    2020.03
     

  • The Regacy of the Belt and Road Initiative and China's International Cultural Strategy through Ethnic Networking

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

    MATSUMOTO MASUMI, BITABAROVA Assel, SHIMADA Daisuke, MA Qiang, ROSATI Francesca

     View Summary

    This project reached the following findings. First, in the discourse of the Belt and the Road Initiative, the oldness of the Silk Road becomes more important tie. Second, the discourse of the Silk Road and its geopolitical significance has been utilized by the big economic powers for centuries repeatedly. Third, the soft power of the Kongzi Institute has been fully employed to boost pro-Chinese international atmosphere in the countries along the Belt and Road Initiative. Fourth, the freedom of religion has been under the strict control through the anti-terror campaign, the Sinicization of religions, and the appearance of the discourse of “religious risks” after 2016. This campaign affects religious faith and suspends free international migration flow. Many Muslims with the Islamic learning experience have now lost the Islamic career. Fifth, in place of Muslims in China, English speaking Han Chinese has become the main actors of international trade with Islamic regions.

  • Correlates of Halal Food Consumption Behaviors among Muslim Minorities:A Comparative Study of East Asia and Western Europe

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

    KOJIMA Hiroshi, ARATA Mariko, OKAI Hirofumi, NODA Jin, FUKUDA Tomoko, KIMURA Mizuka, SAWAI Mitsuo, NOZAWA Joji, LEE Hee-Soo, Ronan Van Rossem

     View Summary

    This study attempted to obtain policy implications for the social integration of Muslim minority and non-Muslim majority populations through the comparative analysis of correlates of halal food consumption behaviors among Muslims in East Asia (Japan, South Korea, Taiwan and China) and Western Europe (Belgium, France, Netherlands and UK) with different degrees of secularization and different policies toward religious minorities. While Japan is expected to have an increasing number of Muslims, the changes in population and family, local community, public policy and technology in Western Europe from the 1990s to present suggest to her the necessity of social integration policies regarding food toward Muslim migrants and their family (descendants) by the local government in response to the local conditions.

  • Identity and Nationalism on "China"

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2013.04
    -
    2016.03
     

    Ako Tomoko, ISHIZUKA Jin, YAMAZAKI Naoya, KOBAYASHI Atsuko, WANG Xueping, YU Xiaowei, OSAWA Hajime, VICKERS Edward

     View Summary

    Based on an analysis of learning behaviors and exchanges of values and information at school, family, community and cyber space, this study explored (1) how Chinese people in China, Hong Kong, Taiwan and other regions in the world have identified themselves in relation to “China”, and (2) how their identities made about “China” have linked with their perceptions of nationalism. Action research method was taken by involving students and teachers in movie workshops. It is ultimately aimed that findings of this study would help us discover significant concepts and factors that are valuable for more open international relationship and development of civil education.

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Parenting and family education in Japan: Towards a comparative study of cultural transmission in East Asia

    Tendo, Mutsuko, Shimbo, Atsuko

    The 27th Taiwan Forum on Sociology of Education Authorized as a 2021 Midterm Conference of RC04, ISA Conference 

    Presentation date: 2021.10

    Event date:
    2021.10
     
     
  • 21世纪社会变革下的生活主体形成 ——以家庭科教育为焦点

    新保敦子  [Invited]

    首届全球児童発展与家庭教育論壇 

    Presentation date: 2021.05

    Event date:
    2021.05
     
     
  • Common growth and parent-child companionship: thinking from postpartum depression

    Atsuko Shimbo  [Invited]

    International Symposium on minors' moral construction,5th  (Shanghai) 

    Presentation date: 2020.11

  • Disaster and education

    Atsuko Shimbo  [Invited]

    (Beijing)  scool of education,Beijing normal University

    Presentation date: 2020.10

  • 台湾における家庭教育施策の動向

    新保敦子

    東アジアの家庭教育と子育て支援―日本の子育てを相対化する 

    Presentation date: 2020.07

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 東アジア地域における家庭教育と規範的文化継承に関する国際比較研究

    2019  

     View Summary

    本研究は、1930年代から現在に至るまでの約80年間を俯瞰しながら、文化伝達による子どもの社会化ついて、東アジア地域の家族(祖父母・父母・子の3世代)を比較しながら検証しようとする試みである。台湾、中国、日本において調査を実施した。台湾については、①蘭しょ島における少数民族(3家族)、②台北を中心とする3世代家族(7家族)、合計10家族の調査を実施した。中国においては、15家族、日本では5家族へのインタビューを行った。また台湾・中国文化大学から林雅音助理教授を招へいし、国際ラウンドテーブル<東アジア地域における家庭教育比較研究>(2019年9月15日、社会教育学会研究大会、早稲田大学)を開催し、成果を発表した。

  • 東アジア地域における社会変動と家庭教育に関する国際比較研究-日本及び台湾に焦点をあてて-

    2018  

     View Summary

    本研究は、1930年代から現在に至るまでの約80年間を俯瞰しながら、文化伝達による子どもの社会化ついて、日本及び台湾の家族を比較しながら検証しようとする試みである。2018年5月及び11月に台湾を訪問して、血縁関係にある3世代(祖父母・父母・子)のインタビュー調査を実施した。対象者は9家族及び8人、合計35人であり、外省人、内省人、原住民(タイアル族、アミ族)など、多様である。日本においては日本人家族(3家族)の他、華僑家族(2家族)へのインタビューを実施した。また台湾・中国文化大学から林雅音准教授を招へいし、家庭教育国際ワークショップ<生活文化と民族文化の伝達・親から子へ>(2018年7月、早稲田大学)を開催した。

  • 東アジア地域の華人社会における家庭教育に関する研究

    2017  

     View Summary

    本研究は、1930年代から現在に至るまでの約80年間を俯瞰しながら、文化伝達による子どもの社会化ついて、東アジア地域における華人社会の家族を比較しながら、検証しようとする試みである。換言すれば東アジア各国の家庭教育の特徴を明らかにし、戦前、戦後、そして現代に到る家族における文化伝達の継承・断絶の実態を、比較検討することが本研究の目的である。研究手法としては、文化伝達をよりリアルなものとして把握するため、ライフストーリー・インタビューを用いた。具体的には、各国における①1930年代~40年代生まれ、②1950年代~70年代生まれ、③80年代~90年代生まれ、以上の3世代にインタビュー実施した。 インタビューを実施したのは、中国、台湾、台湾少数民族,日本に在住の台湾人華僑であり、各国(各民族)の家庭教育について検証した。東アジア地域の共通の傾向として、戦後の社会変動の中においても、家庭教育を通じて、規範意識の継承が行われていることが確認された。また、台湾・中央研究院から游鑑明研究員を招へいし、国際フォーラムを開催した(The International Forum  Social Change and Education in East Asian Countries: Based on an Analysis of Life Story )。。

  • 1930年代以降における日中児童の戦時動員をめぐる比較研究:戦争体験の多角的検証

    2016  

     View Summary

     本研究においては、1930年代以降の中国及び日本の子どもの戦時動員に焦点を当て、戦争体験の多角的検証を行うことを、課題として設定する。 具体的には、①少年少女の戦時動員の実態(兵隊、戦場の慰問、勤労動員)、②戦後社会と少年兵・戦災児童について検討する。この場合、比較研究という見地から中国及び日本だけでなく、日本軍占領下の地域(マレーシア、シンガポール、香港、台湾)における戦時動員についても検証する。 これまで日中戦争時期の少年少女の戦時動員に関わる研究は、必ずしも十分ではなかった。そのため、本研究においては、主に資料の掘り起こし(オーラルヒストリーを含む)をしながら、少年少女の戦時動員の実態を検証することに重点を置いた。 また研究成果の発表及び研究交流のため、国際ワークショップ  「International Workshop on Women and Children under Japanese Occupation in East Asia from the Viewpoint of Life-story」を開催した(2017年3月27日、早稲田大学、パネリスト:マレーシア:維新学院・Lee Xiao Shiang、香港バプティスト大学:張慧真、早稲田大学・孫佳茹)。 

  • 少年兵の研究 -日中戦争時期の少年少女の戦時動員を中心として-

    2016  

     View Summary

    本研究においては、1930年代以降の中国及び日本の子どもの戦時動員に焦点を当て、実態を検証することを課題として設定する。具体的には、①少年少女の戦時動員の実態(少年兵、戦場の慰問、勤労動員)、②戦後社会と少年兵・戦災児童について検討する。この場合、比較研究という見地から中国及び日本だけでなく、日本軍占領下の地域(マレーシア、シンガポール、香港、台湾)における戦時動員についても検証する。 これまで日中戦争時期の少年少女の戦時動員に関わる研究は、必ずしも十分ではなかった。そのため、本研究においては、主に少年少女の戦時動員の実態を検証することに重点を置いた。そして、資料収集及び、戦争体験者へのインタビューを重点的に行った。 また研究成果の公表及び学術交流のため、国際ワークショップ「International Workshop on Women and Children under Japanese Occupation in East Asia from the Viewpoint of Life-story」を開催した(2017年3月27日、早稲田大学、パネリスト:マレーシア:維新学院・Lee Xiao Shiang、香港バプティスト大学:張慧真、早稲田大学・孫佳茹)。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 社会変動の下でのマイノリティと文化多様性

    2016.04
    -
    2017.03

    イギリス   ロンドン大学

    中国   北京師範大学

    台湾   中央研究院近代史研究所

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2009
    -
    Now

    東京都荒川区  教育委員

  • 2018.09
    -
    Now

    新宿区多文化共生まちづくり会議  委員

  • 2010
    -
    2017

    伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校  学校評議員

  • 2007
    -
    2008

    日本社会教育学会  年報編集委員会 委員 委員長

  • 2002
    -
    2008

    私大連盟教員研修運営委員会  運営委員

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • 日中関係の「二面性」、コロナ禍で浮き彫りにーー”批判”も含む対話を、文化交流に期待

    Internet

    Author: Other  

    田村康剛   THE LEADS ASIA  

    2021.04

  • 東京FMの番組への取材協力

    TV or radio program

    小林敦子ゼミ   東京FM・シンクロのシティ  

    2015.11

     View Summary

    ゼミ発表会で東京FMの堀内貴之さんをトークイベントで招聘。トークイベントを紹介する番組がオンエアされた。

  • 豊台テレビ局(北京)

    豊台テレビ局(北京)  

    2014.03

     View Summary

    中国の学前教育に関するコメント

  • NHKワールド中国語放送

    NHKワールド中国語放送  

    2013.04

     View Summary

    東赢之声

  • 朝日新聞

    朝日新聞  

    2013.01

     View Summary

    中国のCNKIと比較しながら、日本におけるデータベース構築の必要性について述べる(全国図書館展でのシンポジウム報告の紹介)。

display all >>