FUYUKI, Hiromi

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Letters, Arts and Sciences   Graduate School of Letters, Arts and Sciences

  • Affiliated organization   Global Education Center

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1990

    Graduate School, Waseda University   Graduate School of Letters, Arts and Sciences   English Literature  

  •  
    -
    1980

    Waseda University   Faculty of Literature   English Literature  

Degree 【 display / non-display

  • Master of Arts

  • 早稲田大学   文学修士

Research Experience 【 display / non-display

  • 2018.11
    -
     

    Research Promotion Division, Waseda University   Associate Dean

  • 2018.11
    -
     

    Research Promotion Division, Waseda University   Associate Dean

  • 2016.09
    -
    2018.09

    Committee of Academic Affairs in Faculty of Letters, Arts and Sciences   Committee of Academic Affairs   Chief of Promoting Academic Research

  • 2010.09
    -
    2012.09

    Committee of Academic Affairs in Faculty of Letters, Arts and Sciences   Committee of Academic Affairs   Associate of Academic Affairs

  • 2011
    -
     

    Waseda University, Professor

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    The English Literary Society of Waseda University

  •  
     
     

    The Shakespeare Society of Japan

  •  
     
     

    The English Literary Society of Japan

 

Research Areas 【 display / non-display

  • English literature and literature in the English language

Research Interests 【 display / non-display

  • 英語・英米文学、文学一般(含文学論・比較文学)・西洋古典

Papers 【 display / non-display

  • Shakespeare's Visual Representation: A Reading of As You Like It

    Hiromi Fuyuki

    English Literature   106   1 - 13  2020.03

    Authorship:Lead author

  • On the Symbolic aspects of Apollo and the Statue in The Winter's Tale

    Hiromi Fuyuki

    早稲田大学大学院文学研究科紀要   ( 第59号 ) 4 - 15  2014.02

    Authorship:Lead author

  • 書評『シェイクスピアはどのようにしてシェイクスピアになったか』

    冬木ひろみ

    英文学   ( 97号 ) 51 - 54  2013.03

  • The Fortune as the Witches

    冬木ひろみ

    アピエ   17号   24 - 26  2010.09

    Authorship:Lead author

  • The Structure of The Tempest: On the Scene of the Chess

    Hiromi Fuyuki

    The Bulletin of the Graduate Division of Letters, Arts and Sciences of Waseda University   ( 第55号 ) 19 - 30  2010.03

    Authorship:Lead author

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 'English Literature as a Canon: On Translation of Shakespeare,’ in "How Modern Humanities in Japan was shaped"

    ( Part: Joint author)

    Bensei Publishing  2019.02 ISBN: 9784585200680

  • Memory and Five Senses in "Hamlet" (in "Shakespeare Restored")

    Hiromi Fuyuki (author, Japan Shakespeare Society ed( Part: Joint author)

    Kenkyusha  2016.10

  • The Mythological World in "The Winter's Tale" -- from Prayer to Restoration

    Hiromi Fuyuki (author, Masahiko Takizawa, Komoto, Hideo (ed( Part: Joint author)

    Seibundo  2016.09

  • King Lear: Reconsidering the despair and grief, in The literature to be read after the earthquake disaster

    Hiromi Fuyuki, ed. by, Masaki Horiuchi( Part: Joint author)

    早稲田大学出版部  2013.03 ISBN: 9784657133021

  • 坪内逍遥書簡集 第二巻(冬木ひろみ「坪内逍遥と伝統の継承」pp.521-525)

    早稲田大学演劇博物館逍遙協会

    早稲田大学出版部  2013.03 ISBN: 9784657138026

display all >>

Other 【 display / non-display

  • 第52回シェイクスピ...

     View Summary

    第52回シェイクスピア学会:第8回ワークショップにて、コメンテイターを務める。(2013年10月6日:鹿児島大学)

  • 第52回シェイクスピア学会:第8回ワークショップにて、コメンテイターを務める。(2013年10月6日:鹿児島大学)

Research Projects 【 display / non-display

  • Study on the representation of visual images in Shakespeare's playss

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

  • Studies on Visual Representation of Shakespeare

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Project Year :

    2018.07
    -
    2021.03
     

     View Summary

    Research on the visual representation in the Shakespeare's plays

Presentations 【 display / non-display

  • Translating Shakespeare: Discussing Translation of Shakespeare for Stages

    Presentation date: 2019.01

  • Shakespeare, Considering from Time and Culture

    Presentation date: 2018.10

  • Signification of Translating plays--in the case of Shakespeare and Modern Plays

    Hiromi Fuyuki, Shoichiro Kawai, Koshi Odashima

    MEXT-Supported Program for the Strategic Research Foundation at Private Universities, Waseda University  (Waseda University)  MEXT-Supported Program for the Strategic Research Foundation at Private Universities, Waseda University

    Presentation date: 2018.01

  • Shakespeare In Asia

    Hiromi Fuyuki, Yılın Chen, Emi Hamana, Hiroyuki Kondo, Kohei Uchimaru

    MEXT-Supported Program for the Strategic Research Foundation at Private Universities, Waseda University  (Waseda University, Shinjuku-ku)  The Faculty of Letters, Arts and Sciences, Wsseda University

    Presentation date: 2017.01

  • Discussion about Translation of Shakespeare

    Hiromi Fuyuki, Kazuko Matsuoka, Daniel Gallimore

    Global University Project  (Waseda University)  Global Japanese Studies, Waseda University

    Presentation date: 2016.12

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • シェイクスピアの後期の劇における虚構と政治性―『シンベリン』を中心に―

    2013  

     View Summary

     『シンベリン』は、シェイクスピアのロマンス劇というジャンルに入れることが多いが、初出である1623年のThe First Folioでは全集の一番後に置かれ、しかもその分類は「悲劇」であった。『シンベリン』は、ジャンルも文体も含め、実際複雑で技巧的であることは否めないし、多様な視点を許容しうる劇でもある。ただ、現在の批評の方向としては政治的・歴史的なアプローチが多いのだが、それに則ってテクストを読んでゆくと、かなりの違和感とテクスト自体との齟齬が出てくる。この劇の政治性・同時代性・歴史の表象が大きいのは確かであるが、もう一つの内包する大きな要素であるロマンス、あるいは神話的な下部構造が複雑に絡み、しかも調和することなく複雑さや不均衡がそのまま止揚されている。つまり、ロマンスという中世的な概念も含む枠の中に、政治的歴史劇を入れこんだところに、この劇の一番の矛盾律(paradox)があると言える。以下、この劇特有のparadoxの表象を検証してみたい。 広く見れば、シェイクスピアの劇全体にはparadoxの発想があると言えるし、Macbethの’fair is foul, and foul is fair’はその典型ではあるが、Elizabeth Iの時代とは明らかに異なる時代精神が、後期の劇を書いた頃のシェイクスピアの筆により大きな影響を与えていることは重視してよいと思われる。無論、同時代のtopicalityと劇との関連の研究はこれまでも行われてきたことであるが、本研究がさらに注目したいのは、王権への賛美や追従以上に、この劇が見えない形での王権に対する矛盾の提起をしているのではないかということである。 当時の国王James I自身には多くの出版物、あるいは記録された言説があり、書かれた言葉に対するJames自身の強い思いが読み取れる。その点をひとつの手がかりとして『シンベリン』のテクストを詳細に読み込んでみると、幾つかの場面で言葉への疑念、およびparadoxと考えられる言説が見えてくる。まず、冒頭で紳士たちが交わす会話に含まれるKings/King’/Kingというテクスト編纂上の異字にも国王Jamesを指す可能性を含むtopicalな問題が含まれる。また、ブリテンをめぐっての人物たちの言説からは、通常の歴史劇にあるようなプロパガンダも見えてくるが、その一方、悪事をなす王妃(特に女性という存在)に親ブリテン(イングランド)言説をさせることで、その真意と言葉の価値を曖昧にしてしまう。さらに、ブリテンの国土をローマと併置することにより、当時の時事的な問題を含むと同時に、ブリテンにとってローマの存在は見本とすべき中心でもあり、一方主人公の一人であるPosthumusがローマ軍に入ってブリテンを攻撃するという点で、外でもあるというparadoxが現れてくる。さらにこのPosthumusのエピソードは、シェイクスピア後期の劇に現れる中世のロマンスを相対化し、その価値を両義的(paradox)にしているとも言える。 最後の場面ですべてが明るみに出るプロセスはシェイクスピアの劇の中でも最も混沌として、解釈を困難にしている箇所であるが、paradoxという視点とtopicalな政治的状況と重ねて分析することにより、ここに現れているシェイクスピアのひとつの方向性が見えてくると考えられる。まず、ジュピターの神託の言葉が明確には解釈できないというこれまでの劇ではあり得ない状況は、前記したJames Iの言葉への執着、および王への信頼の矛盾を提起することにもなる。同時にそれを解釈する占い師の言葉自体が途中で変わり、曖昧になってしまうことにもparadoxがある。また、ヒロインInnogenの言葉が夫には信じてもらえず、最後の最後になって和解できることも異例である。悪事を重ねた王妃は寓話の枠の中の悪人として死ぬが、かつては親ブリテンを語っていた人物であることを考えると、妻を信頼していた国王であるシンベリンの立脚点は最後に揺らぎを見せ、彼の最後の言葉への信頼も相対化されることになる。 こうして、ブリテンという国土、国王への敬意、言葉への信頼すべてが、最後の場面で表面上は回復し、国を担うべき新たな若い世代が発見される一方、その背後に書き込まれたシェイクスピアの筆は、国家の価値の相対化、および言葉自体の価値の矛盾を突くものであったと言えるのではないか。彼の属する劇団であるKing’s Menとして国王への賛辞を入れ込みながらも、表面上には見えにくい形で書き込まれたシェイクスピア独自のparadoxを含んだ言葉が、『シンベリン』をジャンル的にも曖昧で特異な劇にしていると考えられる。

  • シェイクスピアの『二人の貴公子』から見る同時代の悲喜劇のパースペクティブ

    2006  

     View Summary

     一年の過程の中で、17世紀初頭のイギリスにおける悲喜劇そのものの流れを広範な作品群のなかで追うことに関しては、若干の時間的不足があったが、少なくとも、フランシス・ボーモントとジョン・フレッチャーの共作による当時人気の悲喜劇というジャンルからの射程のなかで、シェイクスピアがこの『二人の貴公子』に何を書き込もうとしたのかに関する考察はかなり深められたように思う。 今回の特定課題の成果として、本年度最後(2007年3月)に上梓することになった論文「『二人の貴公子』の二重のまなざし」(『ことばと文化のシェイクスピア』冬木ひろみ編、早稲田大学出版部)では、悲喜劇の視座に立って、主に言語と結婚観の面からの分析をした。最も中心としたのは、『二人の貴公子』における結婚に対する悲喜劇的な二重の視点であり、シェイクスピアのこれまでの劇にはない暗さとアイロニーである。この劇には、最初から結婚に関して、皮肉で冷ややかな視点があり、それがヒロインとサブ・プロットの狂ってしまう牢番の娘との対比的な描き方に通じている。また、そうした乖離した視点が最後の悲劇とも見まごうような結末において最も明瞭になり、登場人物の実際の死を経なければ結婚など成立しない、という一種のペシミスティックな、時代をも予感させる終り方を現出している。 悲喜劇は、当時の定型的な概念しては、悲劇寸前まで行くが少なくとも人物は死なず、すべてがうまく解決されるというものであるが、そうした概念から大きく逸脱しながらも『二人の貴公子』は、やはりタイトル通り「悲喜劇」であるに違いない。というのも、プロットからも言語からも、最後の場面は最初の場面へと円環を描いてゆくような意匠をもっており、それは死と結婚が常に並列されるもの、という二重性を響かせているからだ。しかしながら、結婚に至る過程も含め、その欺瞞と疑念を女性の側からも描きえているこの劇は、悲喜劇のパースペクティブから見ても、通俗に堕さない思考の深さを兼ね備えた、この時代としては極めて特異な存在だったといえよう。

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 17世紀初頭のイギリス演劇の変容-ロマンス劇と悲喜劇を中心に

    2008.04
    -
    2009.03

    イギリス   ケンブリッジ大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2017.04
    -
     

    Japan Shakespeare Society  In charge of Events and Homepage

  • 2017.04
    -
     

    日本シェイクスピア協会  イベント、ホームページ担当委員