山名 早人 (ヤマナ ハヤト)

写真a

所属

理工学術院 基幹理工学部

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.yama.info.waseda.ac.jp/~yamana/

プロフィール

昭和62年電子通信学科卒.平成元年修士課程了.平5年博士後期課程了.博士(工学).平成元~5年情報科学研究教育センター助手.平成5~12年通産省工業技術院電子技術総合研究所.平成8~9年通産省機械情報産業局電子機器課課付.平成11年成蹊大学大学院非常勤講師.平成12年理工学部助教授.平成16年7月国立情報学研究所客員助教授.平成17年4月同研究所客員教授,平成17年理工学術院教授,現在に至る.情報処理学会・研究奨励賞(平成5年).情報処理学会・山下記念研究賞(平成7年).データベース学会論文賞(平成21年).IBM Faculty Award(平成21年).電子情報通信学会論文賞(2013).IEICEフェロー(平成30年).IEEE Computer Society理事(2018-2020).IPSJ理事(2015-2016).日本データベース学会理事(2010-現在).電子情報通信学会(IECIE),情報処理学会(IPSJ),日本データベース学会(DBSJ),IEEE,ACM,AAAI各会員.情報検索,ビッグデータ解析,並列・分散処理,バイオインフォマティックス等の研究に従事.

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院基幹理工学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1993年03月

    早稲田大学   大学院理工学研究科   電気(通信)工学専攻 博士後期課程  

  • 1987年04月
    -
    1989年03月

    早稲田大学   大学院理工学研究科   電気(通信)工学専攻 修士課程  

  • 1983年04月
    -
    1987年03月

    早稲田大学   理工学部   電子通信学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 1993年03月   早稲田大学   博士(工学)

  • Waseda University   MS(Eng.)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院   教授

  • 2020年10月
    -
    継続中

    早稲田大学   理事(情報化推進)

  • 2005年04月
    -
     

    国立情報学研究所   客員教授

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

    国立情報学研究所   客員助教授

  • 2000年04月
    -
    2005年03月

    早稲田大学理工学部 助教授   School of Science and Engineering   助教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    ACM

  •  
     
     

    IEEE

  •  
     
     

    電子情報通信学会

  •  
     
     

    情報処理学会

  •  
     
     

    Database Society of Japan

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • データベース

  • ウェブ情報学、サービス情報学

  • 感性情報学

  • 生命、健康、医療情報学

  • 知能情報学

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • tweet

  • インターネットの安全性

  • 著者推定

  • SNS

  • 信憑性

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Faster Homomorphic Trace-Type Function Evaluation.

    Yu Ishimaki, Hayato Yamana

    IEEE Access   9   53061 - 53077  2021年

    DOI

  • Time Distribution Based Diversified Point of Interest Recommendation

    Fan Mo, Huida Jiao, Hayato Yamana

    2020 IEEE 5th International Conference on Cloud Computing and Big Data Analytics, ICCCBDA 2020     37 - 44  2020年04月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 IEEE. In location-based social networks (LBSNs), personalized point-of-interest (POI) recommendation helps users mine their interests and find new locations conveniently and quickly. It is one of the most important services to improve users' quality of life and travel. Most POI recommendation systems devoted to improve accuracy, however in recent years, diversity of POI recommendations, such as categorical and geographical diversity, receives much attention because a single type of POIs easily causes loss of users' interest. Different from previous diversity related recommendations, in this paper, we focus on visiting time of POI- A unique attribute of the interaction between users and POIs. Users usually have different active visiting time patterns and different frequently visiting POIs depending on time. If a set of proper visiting times of recommended POIs concentrates on a small range of time, the user might be unsatisfied because they cannot cover whole of the user's active time range that results in inappropriateness for the user to visit those POIs. To solve this problem, we propose a new concept-time diversity and a time distribution based recommendation method to improve time diversity of recommended POIs. Our experimental result with Gowalla dataset shows our proposed method effectively improves time diversity 25.9% compared with USG with only 7.9% accuracy loss.

    DOI

  • Towards Privacy-preserving Anomaly-based Attack Detection against Data Falsification in Smart Grid.

    Yu Ishimaki, Shameek Bhattacharjee, Hayato Yamana, Sajal K. Das 0001

        1 - 6  2020年

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 教育環境における書き込み可能な電子ペーパー端末の利活用

    浅井 洋樹, 山名 早人

    MNC Communications   ( 15 )  2013年12月

    CiNii

  • 編集にあたって

    山名 早人, 酒井 哲也, 石川 佳治

    情報処理学会論文誌データベース(TOD)   6 ( 4 ) i - iii  2013年09月

    CiNii

  • 刊行500号までの軌跡とこれからの論文誌のあり方

    山名 早人

    電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   96 ( 8 ) 1661 - 1662  2013年08月

    CiNii

  • 医薬品副作用情報を用いた副作用検索システムの提案 (データ工学)

    三上 拓也, 駒田 康孝, 野口 保, 菅野 敦之, 山名 早人

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 150 ) 59 - 64  2013年07月

     概要を見る

    医薬品の服用に伴う副作用の早期発見と対策は,医療現場において重要な課題である.副作用の早期発見と対策のためには,医師や薬剤師が全医薬品の全副作用を把握しておく必要がある.しかし,一つの医薬品に既知の副作用は数多くあり,全ての副作用の把握は困難である.また副作用には同義に解される類似表記が多くあり,同一の副作用にも関わらず表記違いにより異なる副作用として誤認し,副作用の発見が遅れる可能性がある.さらに,医薬品との関連性が立証されていない未知の副作用も想定される.そこで本稿では副作用の表記ゆれに頑健かつ,医薬品の未知の副作用検索に対応した副作用検索システムを提案する.提案手法では,医薬品の添付文書中の副作用や,副作用が疑われる症例報告を元に医薬品の未知の副作用を推定する.実験では,実際に副作用が疑われる症例報告があった事例150件を入力し,副作用の検索結果と,副作用が疑われる症例報告にある,医薬品との関連性が疑われる副作用を比較することにより有用性を評価した.実験の結果,副作用の検出率は72.7%であり,うち42.2%を未知の副作用として検出した.また従来,表記ゆれにより同一の副作用として検出できなかった既知の副作用29.3%を,副作用の表記ゆれを解消して同一の副作用として検出でき,提案手法が有用であることを確認した.

    CiNii

  • 医薬品副作用情報を用いた副作用検索システムの提案

    三上拓也, 駒田康孝, 野口保, 菅野敦之, 山名早人

    研究報告データベースシステム(DBS)   2013 ( 11 ) 1 - 6  2013年07月

     概要を見る

    医薬品の服用に伴う副作用の早期発見と対策は,医療現場において重要な課題である.副作用の早期発見と対策のためには,医師や薬剤師が全医薬品の全副作用を把握しておく必要がある.しかし,一つの医薬品に既知の副作用は数多くあり,全ての副作用の把握は困難である.また副作用には同義に解される類似表記が多くあり,同一の副作用にも関わらず表記違いにより異なる副作用として誤認し,副作用の発見が遅れる可能性がある.さらに,医薬品との関連性が立証されていない未知の副作用も想定される.そこで本稿では副作用の表記ゆれに頑健かつ,医薬品の未知の副作用検索に対応した副作用検索システムを提案する.提案手法では,医薬品の添付文書中の副作用や,副作用が疑われる症例報告を元に医薬品の未知の副作用を推定する.実験では,実際に副作用が疑われる症例報告があった事例 150 件を入力し,副作用の検索結果と,副作用が疑われる症例報告にある,医薬品との関連性が疑われる副作用を比較することにより有用性を評価した.実験の結果,副作用の検出率は 72.7% であり,うち 42.2% を未知の副作用として検出した.また従来,表記ゆれにより同一の副作用として検出できなかった既知の副作用 29.3% を,副作用の表記ゆれを解消して同一の副作用として検出でき,提案手法が有用であることを確認した.

    CiNii

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 略語生成システム

    特許第6135867号

    石川 開, 土田 正明, 大西 貴士, 山名 早人, 及川 孝徳

    特許権

    J-GLOBAL

  • 記憶度推定装置および記憶度推定プログラム

    特許第6032638号

    山名 早人, 苑田 翔吾, 浅井 洋樹

    特許権

    J-GLOBAL

  • 辞書作成支援装置、辞書作成支援方法及び辞書作成支援プログラム

    特許第5648890号

    立石 健二, 細見 格, 山名 早人

    特許権

    J-GLOBAL

  • 辞書作成支援装置、辞書作成支援方法及び辞書作成支援プログラム

    立石 健二, 細見 格, 山名 早人

    特許権

    J-GLOBAL

  • ネットワーク取引不正行為者検出方法

    山名 早人, 平出 勇宇, 相吉澤 明, 木戸 冬子

    特許権

    J-GLOBAL

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • CREST SECURE DATA SHARING AND DISTRIBUTION PLATFORM FOR INTEGRATED BIG DATA UTILIZATION

    2015年10月
    -
    2021年09月

  • 多メディアWeb解析基盤の構築及び社会分析ソフトウェアの開発

    2008年
    -
     

  • e-Society/インターネット上の知識集約を可能にするプラットフォーム構築技術

    2002年
    -
    2007年

  • e-Society Project

    2002年
    -
    2007年

  • 検索エンジンの信頼性

    2007年
    -
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • フェロー

    2020年   IPSJ  

  • Golden Core Award

    2018年   IEEE Computer Society  

  • フェロー

    2018年   IEICE  

  • 論文賞

    2013年   IEICE  

  • 2008年日本データベース学会論文賞

    2009年  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • オンライン手書きデータからの論理的思考力の見える化

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月
     

    山名 早人

  • 100億Webページ収集に基づくWebコンテンツの信頼性解析

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2017年07月
    -
    2021年03月
     

    山名 早人

     概要を見る

    本研究では,日々の暮らしに必要不可欠な存在となったWebコンテンツについて,その信頼性を示す指標を考案し,コンテンツに対する信頼性を示すことで,安心してWebを利用できる環境を提供することに資する基盤研究を実施することを目指している.
    3年目である平成31年度(令和元年度)は、Webページのコンテンツに依存せずに信頼性を判定するための手法として、(1)URLの特徴を用いた信頼度判定手法の精度向上、(2)コンテンツ解析に基づく信頼度判定、(2)著者人数推定に基づく信頼度判定に取り組んだ。
    URLの特徴を用いた信頼度判定では、URLに含まれる英数字以外の文字のエントロピーを特徴量として用いることで、96.2%のAUCを達成できることを示した。これは、同提案特徴量を用いない場合に比較して絶対値4.9%の向上となる。
    コンテンツ解析に基づく信頼度判定では、自然言語やAPIを利用せず、Google Lighthouseで定義される特徴量を用いることで、F値0.898を達成した。これらの特徴量はWebサーバの性能や各種フォーマットへの適合性等を判断するためのものであるが、信頼性判定に利用できることを示した点は新たな発見である。
    最後に著者人数推定に基づくWebページの信頼性判定に取り組んだ。これは、一般的に多くの人が共同して書いた文章の信頼性は高くなるという事実に基づき、コンテンツの著者人数を推定しようとするものである。今年度は、その手法について検討を行った。具体的には、文章をスライディングウィンドウにより分割し、単一ウィンドウは1名の著者で書かれたという前提のもと、前後のスライディングウィンドウとの類似度の変化により著者を推定する。これを実現するにあたり、我々が過去にSNSを対象に行った10万人を対象とした著者推定で明らかになった特徴量を用いている。

  • Web情報を対象とした数十万人規模での著者推定

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2017年03月
     

    山名 早人, 大山 敬三, 宇野 毅明, 奥野 峻弥, 奥谷 貴志, 浅井 洋樹, 上里 和也, 田中 正浩, 篠原 正太, 石山 雄大

    担当区分: 研究代表者

     概要を見る

    インターネット上には様々な情報が氾濫し、その信憑性が社会問題化してきている。本研究では、信憑性を判断するための方法の一つとして著者推定技術をSNS等の短い文書に適用し10万人の候補者の中から、著者を発見する研究に取り組んだ。つまり、事前に著者の書いた何らかの文書があれば、発信者を推定することが可能となる。結果、10万人のSNSユーザの中から特定のユーザを発見するために、30発言あれば60%の精度で発見できる仕組みを構築した。また、上位10位までに抽出できる確率は74%を達成した。これは、世界の他の研究が10万人を対象として精度20%程度に留まっているのに対し大きな貢献である。

  • オンライン手書きデータからの学習つまずき発見

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2016年03月
     

    山名 早人, 浅井 浩樹

    担当区分: 研究代表者

     概要を見る

    本研究は、教育での電子化が推進される中、学習つまずきを時系列で得られる手書きデータから自動発見する手法を研究し、以って近い将来実現するであろう効果的な個別学習の実現に供することを目指した。
    <BR>
    具体的には、学習つまずきを1)記憶に依存するつまずきと2)解答過程におけるつまずきに分類し自動抽出を試みた。記憶に依存するつまずきでは、暗記学習における記憶定着をモデル化し、漢字書き取りを題材に、未記憶、主観定着、主観未定着に分類し、主観定着の中で未記憶状態にあるものを自動抽出し、F値で0.69を達成した。解答過程におけるつまずきでは、数学を題材に解法を戦略別に自動分類し、F値0.5~0.7を達成した。

  • Web情報構造と利用者行動の統合分析とその情報アクセス高度化への応用

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2013年03月
     

    大山 敬三, 相澤 彰子, 宮尾 祐介, 孫 媛, 小林 哲郎, 韓 浩, 岸田 和明, 山名 早人, 奥村 学, 吉岡 真治, 石田 栄美, 村田 剛志, 江口 浩二

     概要を見る

    Webの構造や利用者の情報検索・閲覧行動を総合的に理解し,応用として展開するため,Web閲覧ログデータやマイクロブログデータ等,Web情報構造とWeb利用者行動に関連する様々なデータを収集・導入し,アンケート調査とも連動させることにより,これらを統合・分析した。
    その結果,知りたい情報と知らせたい情報との間の乖離や,Webポータルサイトを利用することにより意図しない情報接触行動が生ずることなど,Web利用者に関する様々な知見が実証的に得られた。また,統合・分析により得られた情報に基づいて,情報推薦や情報検索等の情報アクセスを高度化するための様々な手法を研究・提案した。

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 情報推薦技術に関する研究

    2020年  

     概要を見る

    本研究においては、情報推薦技術に関して「時間多様性のある推薦」を実現する手法に取り組んだ。位置情報を内包するSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、所謂LBSN(LocationBased Social Networking)においては、いかに個人の嗜好に合わせたPOI(Point ofInterest)を推薦するかが重要となる。POIの例としては、レストラン、観光スポット等が挙げられる。本研究では、POIの訪問時間に着目し、POIの訪問時間の多様性を高めた推薦手法の研究を行った。具体的には、推薦を受けるユーザのアクティブ時間の分布に合わせて、当該分布を満たすようにPOIを推薦すると共に、推薦対象となるPOIについては当該POIがどの時間帯にどの程度訪問されているかという統計的情報を用い、POIの訪問時間に多様性が表れるように推薦POIを決定した。Gowallaデータセットを用いた実験結果から、提案手法は従来のUSGアルゴリズムと比較して、時間多様性を25.9%向上させ、精度低下を7.9%に抑えることができた。

  • アクティブ認証の高度化に関わる研究

    2019年  

     概要を見る

    近年、スマートフォンなどの携帯端末や銀行ATMなどで生体認証が取り入れられている。しかし、指紋や静脈といった生体認証のみではセキュリティを確実に保つことが難しい。本研究では、こうした生体認証の先を行く技術として、各種認証技術の基盤研究を実施した。一つは、ATM等におけるキーパッド入力を対象とした認証、もう一つはスマートフォンを対象とした認証である。キーパッド入力に対しては入力時の指の特徴量(長さ、骨格等)、スマートフォン入力に対しては入力時のタッチストロークの特徴量(速度、圧力等)を用いパッシブ認証(利用者の明示的な認証動作なく利用行動から自動認証)の実現可能性をそれぞれの外部発表により示した。

  • インターネット発信コンテンツに対するプライバシー保護に関する研究

    2018年  

     概要を見る

    2018年度の研究では、プライバシーを故意に取得しようとするようなWebページを「信頼性に欠けるWebページ」であると定義した上で、こうしたWebページを判定するための手法について基礎研究を行った。具体的には、「信頼性に欠けるWebページ」に特有な特徴を抽出することを目的に、「外部コンテンツ依存」を指標化した。これは、あるWebページのコンテンツの多くが外部コンテンツに依存しているようなページは、本来の情報発信を目的としているページではないというアイデアに基づいている。従来研究が用いている特徴量と一緒に用いることで判定精度を最大3.8%向上させた。

  • Webを対象としたプライバシー保護に関する研究

    2017年  

     概要を見る

    Webやソーシャルネットワーキングサービスにおいてフェイクニュースをはじめとする間違った情報の拡散が社会問題化している。この問題の発生要因は、(1)利用者自身が故意で間違った情報を流す場合と(2)ID等が乗っ取られて悪意を持つ人にIDが利用されてしまうという2つに分類できる。今年度は、前者についてはWeb情報の収集を開始した。後者については、昨今、スマートデバイスからのネットアクセスが多いことに鑑み、これまで開発してきた「アクティブ認証技術」、すなわちスマートフォン利用時のスワイプパターンから本人であるかどうかをリアルタイムで認識する手法の精度向上を進め、従来手法にタッチ圧力を特徴量として追加し0.83%のEERを達成した。

  • 1000人規模のオンライン手書きデータによる論理的思考力数値化への挑戦

    2017年  

     概要を見る

    近年、論理的思考力の育成が初等教育から重要視されてきている。本研究では、数学の幾何学問題を題材とし、論理的思考力の数値化が可能かどうかのフィジビリティスタディを行うと共に、手書きのシーケンスデータを解析するための基盤技術の研究開発を実施した。フィジビリティスタディでは、19人の被験者に3題の幾何学問題を解答してもらい、事前に想定していた2~3種類の解答への自動分類を試みた。SVMを用い分類を行ったが、結果、手書き解答データ数の少なさから、うまく学習することができなかった。一方で、「勘で解答したかどうか」の判定においては、正解率0.83を達成することができた。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • クライアントサイドWebプログラミング中級

    早稲田大学  

  • データマイニング

    早稲田大学  

  • オペレーティングシステム

    早稲田大学  

  • 電子回路

    早稲田大学  

  • 論理回路

    早稲田大学  

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年01月
    -
    2020年12月

    IEEE Computer Society  Board of Governors

  • 2015年06月
    -
    2017年06月

    電子情報通信学会  情報システムソサイエティ 副会長(編集)

  • 2015年06月
    -
    2017年06月

    情報処理学会  理事

  • 2002年
    -
    継続中

    IEICE Journal Editorial Boards

  • 2010年05月
    -
    2014年04月

    情報処理学会  データベースシステム研究会主査

全件表示 >>