YAMANA, Hayato

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Engineering, School of Fundamental Science and Engineering

Job title

Professor

Mail Address

E-mail address

Homepage URL

http://www.yama.info.waseda.ac.jp/~yamana/

Profile

- For English papers, please access to
http://dl.acm.org/author_page.cfmid=81100327663&coll=GUIDE&dl=GUIDE

- For English C.V., please acces to
http://www.sci.waseda.ac.jp/english/researchprofiles/fundamental/subject02_4.html

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Science and Engineering   Graduate School of Fundamental Science and Engineering

  • Affiliated organization   Global Education Center

Research Institute 【 display / non-display

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

Education 【 display / non-display

  • 1989.04
    -
    1993.03

    Waseda University   Graduate School of Science and Engineering  

  • 1987.04
    -
    1989.03

    Waseda University   Graduate School of Science and Engineering  

  • 1983.04
    -
    1987.03

    Waseda University   School of Science and Engineering   Electoronics and Communication  

Degree 【 display / non-display

  • 1993.03   Waseda University   Dr.(Eng.)

  • Waseda University   MS(Eng.)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2005.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Science and Engineering   Professor

  • 2020.10
    -
    Now

    Waseda University   Vice President for IT Promotion

  • 2005.04
    -
     

    National Institute of Infomatics   Visiting Professor

  • 2004.04
    -
    2005.03

    National Institute of Informatics   Visiting Associate Professor

  • 2000.04
    -
    2005.03

    Waseda University   School of Science and Engineering   Associate Professor

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    ACM

  •  
     
     

    IEEE

  •  
     
     

    IEICE

  •  
     
     

    IPSJ

  •  
     
     

    DBSJ

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Database

  • Web informatics and service informatics

  • Kansei informatics

  • Life, health and medical informatics

  • Intelligent informatics

display all >>

Research Interests 【 display / non-display

  • tweet

  • インターネットの安全性

  • 著者推定

  • SNS

  • 信憑性

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • Faster Homomorphic Trace-Type Function Evaluation.

    Yu Ishimaki, Hayato Yamana

    IEEE Access   9   53061 - 53077  2021

    DOI

  • Time Distribution Based Diversified Point of Interest Recommendation

    Fan Mo, Huida Jiao, Hayato Yamana

    2020 IEEE 5th International Conference on Cloud Computing and Big Data Analytics, ICCCBDA 2020     37 - 44  2020.04  [Refereed]

     View Summary

    © 2020 IEEE. In location-based social networks (LBSNs), personalized point-of-interest (POI) recommendation helps users mine their interests and find new locations conveniently and quickly. It is one of the most important services to improve users' quality of life and travel. Most POI recommendation systems devoted to improve accuracy, however in recent years, diversity of POI recommendations, such as categorical and geographical diversity, receives much attention because a single type of POIs easily causes loss of users' interest. Different from previous diversity related recommendations, in this paper, we focus on visiting time of POI- A unique attribute of the interaction between users and POIs. Users usually have different active visiting time patterns and different frequently visiting POIs depending on time. If a set of proper visiting times of recommended POIs concentrates on a small range of time, the user might be unsatisfied because they cannot cover whole of the user's active time range that results in inappropriateness for the user to visit those POIs. To solve this problem, we propose a new concept-time diversity and a time distribution based recommendation method to improve time diversity of recommended POIs. Our experimental result with Gowalla dataset shows our proposed method effectively improves time diversity 25.9% compared with USG with only 7.9% accuracy loss.

    DOI

  • Towards Privacy-preserving Anomaly-based Attack Detection against Data Falsification in Smart Grid.

    Yu Ishimaki, Shameek Bhattacharjee, Hayato Yamana, Sajal K. Das 0001

        1 - 6  2020

    DOI

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • Secureな環境における副作用ファジー検索システムの構築

    菅野敦之, 野口保, 山名早人

    日本薬剤師会学術大会(Web)   52nd  2019

    J-GLOBAL

  • 教育環境における書き込み可能な電子ペーパー端末の利活用

    浅井 洋樹, 山名 早人

    MNC Communications   ( 15 )  2013.12

    CiNii

  • 編集にあたって

    山名 早人, 酒井 哲也, 石川 佳治

    情報処理学会論文誌データベース(TOD)   6 ( 4 ) i - iii  2013.09

    CiNii

  • 刊行500号までの軌跡とこれからの論文誌のあり方

    山名 早人

    電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   96 ( 8 ) 1661 - 1662  2013.08

    CiNii

  • 医薬品副作用情報を用いた副作用検索システムの提案 (データ工学)

    三上 拓也, 駒田 康孝, 野口 保, 菅野 敦之, 山名 早人

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 150 ) 59 - 64  2013.07

     View Summary

    医薬品の服用に伴う副作用の早期発見と対策は,医療現場において重要な課題である.副作用の早期発見と対策のためには,医師や薬剤師が全医薬品の全副作用を把握しておく必要がある.しかし,一つの医薬品に既知の副作用は数多くあり,全ての副作用の把握は困難である.また副作用には同義に解される類似表記が多くあり,同一の副作用にも関わらず表記違いにより異なる副作用として誤認し,副作用の発見が遅れる可能性がある.さらに,医薬品との関連性が立証されていない未知の副作用も想定される.そこで本稿では副作用の表記ゆれに頑健かつ,医薬品の未知の副作用検索に対応した副作用検索システムを提案する.提案手法では,医薬品の添付文書中の副作用や,副作用が疑われる症例報告を元に医薬品の未知の副作用を推定する.実験では,実際に副作用が疑われる症例報告があった事例150件を入力し,副作用の検索結果と,副作用が疑われる症例報告にある,医薬品との関連性が疑われる副作用を比較することにより有用性を評価した.実験の結果,副作用の検出率は72.7%であり,うち42.2%を未知の副作用として検出した.また従来,表記ゆれにより同一の副作用として検出できなかった既知の副作用29.3%を,副作用の表記ゆれを解消して同一の副作用として検出でき,提案手法が有用であることを確認した.

    CiNii

display all >>

Industrial Property Rights 【 display / non-display

  • 略語生成システム

    特許第6135867号

    石川 開, 土田 正明, 大西 貴士, 山名 早人, 及川 孝徳

    Patent

    J-GLOBAL

  • 記憶度推定装置および記憶度推定プログラム

    特許第6032638号

    山名 早人, 苑田 翔吾, 浅井 洋樹

    Patent

    J-GLOBAL

  • 辞書作成支援装置、辞書作成支援方法及び辞書作成支援プログラム

    特許第5648890号

    立石 健二, 細見 格, 山名 早人

    Patent

    J-GLOBAL

  • 辞書作成支援装置、辞書作成支援方法及び辞書作成支援プログラム

    立石 健二, 細見 格, 山名 早人

    Patent

    J-GLOBAL

  • ネットワーク取引不正行為者検出方法

    山名 早人, 平出 勇宇, 相吉澤 明, 木戸 冬子

    Patent

    J-GLOBAL

Works 【 display / non-display

  • CREST SECURE DATA SHARING AND DISTRIBUTION PLATFORM FOR INTEGRATED BIG DATA UTILIZATION

    2015.10
    -
    2021.09

  • 多メディアWeb解析基盤の構築及び社会分析ソフトウェアの開発

    2008
    -
     

  • 検索エンジンの信頼性

    2007
    -
     

  • Trustwothiness of Search Engines

    2007
    -
     

  • e-Society/インターネット上の知識集約を可能にするプラットフォーム構築技術

    2002
    -
    2007

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • Fellow

    2020   IPSJ  

  • Golden Core Award

    2018   IEEE Computer Society  

  • Fellow

    2018   IEICE  

  • Excellent Paper Award

    2013   IEICE  

  • Excellent Paper Award, DBSJ (JAPAN)

    2009  

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • Identification of logical thinking ability from online handwritten data

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2020.04
    -
    2024.03
     

  • Credibility Analysis of Web contents based on 10 billion Web pages

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2017.07
    -
    2021.03
     

  • Authorship Identification for Hundred-thousand-scale Microblog Users in the Web

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2013.04
    -
    2017.03
     

    YAMANA Hayato, OYAMA Keizo, UNO Takeaki, OKUNO Syunya, OKUTANI Takashi, ASAI Hiroki, UESATO Kazuya, TANAKA Masahiro, SHINOHARA Shota, ISHIYAMA Takehiro, Wang Lan

    Authorship: Principal investigator

     View Summary

    Since various information floods on the Internet, its credibility is becoming a social problem. In this study, we researched on authorship identification technique for short messages such as SNS, targeting to identify the authorship of the messages from among 100,000 candidates. That is, if there is some documents written in advance by the author, it is possible to estimate the writer. As a result, we have established a mechanism to find a specific user out of 100,000 SNS users with accuracy of 60% if we have only 30 messages. In addition, the probability of being able to extract in the top 10 places was 74%. This is a major contribution to the fact that other research in the world is limited to about 20% accuracy for 100,000 candidates.

  • Frustration Detection using Online Handwriting Behavior

    Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research

    Project Year :

    2014.04
    -
    2016.03
     

    YAMANA HAYATO, ASAI Hiroki

    Authorship: Principal investigator

     View Summary

    In the era of educational computerization, this research aimed to extract students’ frustration during their study by using online handwritten data, followed by promoting effective personalized study which will be realized in near future.
    <BR>
    We classified student’s frustration into two categories: 1) frustration caused from non-established memory and 2) frustration during their answering process. As for 1), we defined “memory” into non-established, subjective established, and subjective non-established memory. Then, our proposed system, targeting Japanese Kanji memorization, tried to detect non-established memory automatically from subjective-established memory where students thought they memorized but not memorized in fact. Our evaluation shows 0.69 F-value which is applicable to the real world. As for 2), we picked up mathematical problems. The result to categorize their processes shows 0.5 to 0.7 F-value, which will be applicable to the real world.

  • Integrated analysis of web information structure and users' behavior and its application to advanced information access

    Grant-in-Aid for Scientific Research (A)

    Project Year :

    2010.04
    -
    2013.03
     

    OYAMA Keizo, AIZAWA Akiko, MIYAO Yusuke, SUN Yuan, KOBAYASHI Tetsuro, HAN Hao, KISHIDA Kazuaki, YAMANA Hayato, OKUMURA Manabu, YOSHIOKA Masaharu, ISHITA Emi, MURATA Tsuyoshi, EGUCHI Koji

     View Summary

    For understanding Web structure and users' behavior of information retrieval and browsing in an integrated way, and for extending it to various applications, we collected and introduced various data reflecting Web information structure and Web users' behavior (e.g. Web view log data, micro-blog data), obtained user data through questionnaire, and executed integrated analysis on them.
    Consequently, we obtained various findings through data such that there is a gap between information wanted to know and information wanted to inform, and that, through using Web portal sites, unexpected contact to various information occurs. Moreover, we proposed and studied various methods for advanced information access such as information recommendation and information retrieval based on the information obtained through the integrated analysis.

display all >>

Presentations 【 display / non-display

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 情報推薦技術に関する研究

    2020  

     View Summary

    本研究においては、情報推薦技術に関して「時間多様性のある推薦」を実現する手法に取り組んだ。位置情報を内包するSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、所謂LBSN(LocationBased Social Networking)においては、いかに個人の嗜好に合わせたPOI(Point ofInterest)を推薦するかが重要となる。POIの例としては、レストラン、観光スポット等が挙げられる。本研究では、POIの訪問時間に着目し、POIの訪問時間の多様性を高めた推薦手法の研究を行った。具体的には、推薦を受けるユーザのアクティブ時間の分布に合わせて、当該分布を満たすようにPOIを推薦すると共に、推薦対象となるPOIについては当該POIがどの時間帯にどの程度訪問されているかという統計的情報を用い、POIの訪問時間に多様性が表れるように推薦POIを決定した。Gowallaデータセットを用いた実験結果から、提案手法は従来のUSGアルゴリズムと比較して、時間多様性を25.9%向上させ、精度低下を7.9%に抑えることができた。

  • アクティブ認証の高度化に関わる研究

    2019  

     View Summary

    近年、スマートフォンなどの携帯端末や銀行ATMなどで生体認証が取り入れられている。しかし、指紋や静脈といった生体認証のみではセキュリティを確実に保つことが難しい。本研究では、こうした生体認証の先を行く技術として、各種認証技術の基盤研究を実施した。一つは、ATM等におけるキーパッド入力を対象とした認証、もう一つはスマートフォンを対象とした認証である。キーパッド入力に対しては入力時の指の特徴量(長さ、骨格等)、スマートフォン入力に対しては入力時のタッチストロークの特徴量(速度、圧力等)を用いパッシブ認証(利用者の明示的な認証動作なく利用行動から自動認証)の実現可能性をそれぞれの外部発表により示した。

  • インターネット発信コンテンツに対するプライバシー保護に関する研究

    2018  

     View Summary

    2018年度の研究では、プライバシーを故意に取得しようとするようなWebページを「信頼性に欠けるWebページ」であると定義した上で、こうしたWebページを判定するための手法について基礎研究を行った。具体的には、「信頼性に欠けるWebページ」に特有な特徴を抽出することを目的に、「外部コンテンツ依存」を指標化した。これは、あるWebページのコンテンツの多くが外部コンテンツに依存しているようなページは、本来の情報発信を目的としているページではないというアイデアに基づいている。従来研究が用いている特徴量と一緒に用いることで判定精度を最大3.8%向上させた。

  • Webを対象としたプライバシー保護に関する研究

    2017  

     View Summary

    Webやソーシャルネットワーキングサービスにおいてフェイクニュースをはじめとする間違った情報の拡散が社会問題化している。この問題の発生要因は、(1)利用者自身が故意で間違った情報を流す場合と(2)ID等が乗っ取られて悪意を持つ人にIDが利用されてしまうという2つに分類できる。今年度は、前者についてはWeb情報の収集を開始した。後者については、昨今、スマートデバイスからのネットアクセスが多いことに鑑み、これまで開発してきた「アクティブ認証技術」、すなわちスマートフォン利用時のスワイプパターンから本人であるかどうかをリアルタイムで認識する手法の精度向上を進め、従来手法にタッチ圧力を特徴量として追加し0.83%のEERを達成した。

  • 1000人規模のオンライン手書きデータによる論理的思考力数値化への挑戦

    2017  

     View Summary

    近年、論理的思考力の育成が初等教育から重要視されてきている。本研究では、数学の幾何学問題を題材とし、論理的思考力の数値化が可能かどうかのフィジビリティスタディを行うと共に、手書きのシーケンスデータを解析するための基盤技術の研究開発を実施した。フィジビリティスタディでは、19人の被験者に3題の幾何学問題を解答してもらい、事前に想定していた2~3種類の解答への自動分類を試みた。SVMを用い分類を行ったが、結果、手書き解答データ数の少なさから、うまく学習することができなかった。一方で、「勘で解答したかどうか」の判定においては、正解率0.83を達成することができた。

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • Client side Web Programming

    Waseda University  

  • Data Mining

    Waseda University  

  • オペレーティングシステム

    早稲田大学  

  • 電子回路

    早稲田大学  

  • Logic Circuits

    Waseda University  

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2018.01
    -
    2020.12

    IEEE Computer Society  Board of Governors

  • 2015.06
    -
    2017.06

    IEICE  Deputy Chair of ISS Society

  • 2015.06
    -
    2017.06

    Information Processing Society of Japan  Board of Governors

  • 2002
    -
    Now

    IEICE Journal Editorial Boards

  • 2010.05
    -
    2014.04

    情報処理学会  データベースシステム研究会主査

display all >>