亀山 渉 (カメヤマ ワタル)

写真a

所属

理工学術院 基幹理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.km.comm.waseda.ac.jp/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院基幹理工学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

  • 2020年
    -
    2022年

    国際情報通信研究センター   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年

    早稲田大学   大学院理工学研究科   電気工学  

  •  
    -
    1987年

    早稲田大学   大学院理工学研究科   電気工学  

  •  
    -
    1985年

    早稲田大学   理工学部   電子通信学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   工学修士

  • 早稲田大学   工学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年
    -
    2014年

    : 早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

  • 2014年
    -
     

    現在: 早稲田大学基幹理工学部情報通信学科教授

  • 1999年
    -
    2002年

    : 早稲田大学国際情報通信研究センター助教授

  • 1998年
    -
    1999年

    : (株)メディアグルー取締役 技術統括部長

  • 1997年
    -
    1998年

    : (株)アスキー未来研究所 主幹研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    ACM

  •  
     
     

    IEEE

  •  
     
     

    画像電子学会

  •  
     
     

    映像情報メディア学会

  •  
     
     

    情報処理学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • データベース

  • 計算機システム

  • 通信工学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 情報通信システム、マルチメディア情報処理、情報通信工学、コンテンツ流通、メタデータ、権利処理システム

論文 【 表示 / 非表示

  • Efficient producer mobility support in named data networking

    Siran Zhang, Zhiwei Yan, Yong-Jin Park, Hidenori Nakazato, Wataru Kameyama, Kashif Nisar, Ag Asri Ag Ibrahim

    IEICE Transactions on Communications   E100B ( 10 ) 1856 - 1864  2017年10月  [査読有り]

     概要を見る

    Named Data Networking (NDN) is a promising architecture for the future Internet and it is mainly designed for efficient content delivery and retrieval. However, producer mobility support is one of the challenging problems of NDN. This paper proposes a scheme which aims to optimize the tunneling-based producer mobility solution inNDN. It does not require NDN routers to change their routing tables (Forwarding Information Base) after a producer moves. Instead, the Interest packet can be sent from a consumer to the moved producer using the tunnel. The piggybacked Data packet which is sent back to the consumer will trigger the consumer to send the following Interest packets through the optimized path to the producer. Moreover, a naming scheme is proposed so that the NDN caching function can be fully utilized. An analysis is carried out to evaluate the performance of the proposal. The results indicate that the proposed scheme reduces the network cost compared to related works and supports route optimization for enhanced producer mobility support in NDN.

    DOI

  • Proactive Content Caching for Mobile Video Utilizing Transportation Systems and Evaluation Through Field Experiments

    Kenji Kanai, Takeshi Muto, Jiro Katto, Shinya Yamamura, Tomoyuki Furutono, Takafumi Saito, Hirohide Mikami, Kaoru Kusachi, Toshitaka Tsuda, Wataru Kameyama, Yong-Jin Park, Takuro Sato

    IEEE JOURNAL ON SELECTED AREAS IN COMMUNICATIONS   34 ( 8 ) 2102 - 2114  2016年08月  [査読有り]

     概要を見る

    In order to provide high-quality and highly reliable video delivery services for mobile users, especially train passengers, we propose a proactive content caching scheme that uses transportation systems. In our system, we place content servers with cache capability [e.g., content centric networking/named data networking (CCN/NDN)] in every train and station. Video segments encapsulated by MPEG-Dynamic Adaptive Streaming over HTTP (MPEG-DASH) are distributed and pre-cached by the station servers before the trains arrive at the stations. The trains receive content via high-speed wireless transport, such as wireless LANs or millimeter waves, when they stop at the stations. We developed prototype systems based on hypertext transfer protocol and CCN/NDN protocol, evaluate their performance through two field experiments that uses actual trains, and compare with traditional video streaming over cellular networks. Such evaluations indicate that our system can achieve high-quality video delivery without interruption for up to 50 users simultaneously.

    DOI

  • Content Oriented Surveillance System Based on Information-Centric Network.

    Xin Qi, Zheng Wen, Toshitaka Tsuda, Wataru Kameyama, Kouichi Shibata, Jiro Katto, Takuro Sato

    2016 IEEE Globecom Workshops, Washington, DC, USA, December 4-8, 2016     1 - 6  2016年  [査読有り]

    DOI

  • Performance Evaluation of Proactive Content Caching for Mobile Video through 50-User Field Experiment.

    Kenji Kanai, Takeshi Muto,Array, Shinya Yamamura, Tomoyuki Furutono, Wataru Kameyama,Array, Takuro Sato, Takafumi Saito, Hirohide Mikami, Kaoru Kusachi, Toshitaka Tsuda

    2015 IEEE Globecom Workshops, San Diego, CA, USA, December 6-10, 2015     1 - 6  2015年  [査読有り]

    DOI

  • Two phases outlier detection in different subspaces

    Zhana Bao, Wataru Kameyama

    International Conference on Information and Knowledge Management, Proceedings   2014- ( November ) 57 - 62  2014年11月  [査読有り]

     概要を見る

    Mining high dimensional outliers is not fully resolved for its dimensional particularity. The existing full space based methods can find distinct outliers and neglect those hidden in some subspaces. Subspace based approaches can detect most outliers that are apparent in low dimensional spaces, while missing the invisible outliers in subspaces. This paper proposes a novel two-phase inspection model. The first phase measures neighbor's density in subspaces to find low dimensional outliers. The second phase evaluates deviation degree of neighbors in connected subspaces. The undiscovered outliers appear a fast dispersion and scatter more than its neighbors. We analysis two-phase results statistically, and merge into one score for each object. The outliers are expressed with top score objects. The evaluation on synthetic and real data sets shows that our proposal outperform state of the art algorithms in high dimensional outlier issue.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 生体信号と顔特徴点分析による複数の映像視聴者情動分類に関する考察

    田上結衣, 菅沼睦, 亀山渉, CLIPPINGDALE Simon

    情報科学技術フォーラム講演論文集   17th   261‐262  2018年09月

    J-GLOBAL

  • キネクトを用いた映像視聴時の弱表情の検出について

    CLIPPINGDALE Simon, 望月貴裕, 佐野雅規, 菅沼睦, 亀山渉

    情報科学技術フォーラム講演論文集   17th   251‐252  2018年09月

    J-GLOBAL

  • 転移学習を用いた瞳孔径の対光反射補正方式に関する検討

    加藤敦士, 菅沼睦, 亀山渉

    情報科学技術フォーラム講演論文集   17th   295‐296  2018年09月

    J-GLOBAL

  • EEG-signals based cognitive workload detection of vehicle driver using deep learning

    Mohammad A. Almogbel, Anh H. Dang, Wataru Kameyama

    International Conference on Advanced Communication Technology, ICACT   2018-   256 - 259  2018年03月

     概要を見る

    Vehicle driver's ability to maintain optimal performance and attention is essential to ensure the safety of the traffic. Electroencephalography (EEG) signals have been proven to be effective in evaluating human's cognitive state under specific tasks. In this paper, we propose the use of deep learning on EEG signals to detect the driver's cognitive workload under high and low workload tasks. Data used in this research are collected throughout multiple driving sessions conducted on a high fidelity driving simulator. Preliminary experimental results conducted on only 4 channels of EEG show that the proposed system is capable of accurately detecting the cognitive workload of the driver with an enormous potential for improvement.

    DOI

  • SvgAI - Training artificial intelligent agent to use SVG editor

    Anh H. Dang, Wataru Kameyama

    International Conference on Advanced Communication Technology, ICACT   2018-   132 - 138  2018年03月

     概要を見る

    Deep reinforcement learning has been successfully used to train artificial intelligent (AI) agents to outperform humans in many tasks as well as to enhance the capability in robotic automation. In this paper, we propose a framework to train an AI agent to use scalable vector graphic (SVG) editor to draw SVG images. Hence, the objective of this AI agent is to draw SVG images that are similar as much as possible to their target raster images. We find that it is crucial to distinguish the action space into two sets and apply a different exploration policy on each set during the training process. Evaluations show that our proposed dual-exploration policy greatly stabilizes the training process and increases the accuracy of the AI agent. SVG images produced by the proposed AI agent also have superior quality compared to popular raster-to-SVG conversion software.

    DOI

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本ITU協会賞 国際協力賞

    2012年05月  

  • 電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞

    2009年09月  

  • 映像情報メディア学会丹羽・高柳賞著述賞

    2009年05月  

  • 電子情報通信学会通信ソサイエティ功労顕彰

    2007年09月  

  • 映像情報メディア学会丹羽・高柳賞論文賞

    2006年05月  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 生体信号を利用したアトモスフェア・メタデータの抽出・記述・利用に関する多角的研究

    基盤研究(C)

  • 本庄地域高度医療情報ネットワーク支援システムのための無線ATMの実用化研究

    地域連携推進研究費

  • 動画像の画紋情報による検索システムの研究

    基盤研究(B)

  • コンテンツ流通における開放型権利処理方式の多角的研究

    基盤研究(C)

  • コンテンツ循環における永続的かつ無矛盾な権利継承の自動化に関する研究

    基盤研究(C)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • B-6-133 NDNにおける第5世代移動通信システムのプッシュ型コンテンツ配信(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    前田 泰彰, Yan Zhiwei, 朴 容震, 亀山 渉, Nisar Kashif, Ibrahim Ag, Asri Ag, Hijiazi Moh, Hanafi Ahmad, Kim Heedon

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  

    発表年月: 2016年03月

  • B-6-90 CCN環境における交通機関を利用したオフローディングシステム(B-6.ネットワークシステム,一般セッション)

    木皿 寛人, 黒川 沙代, 金井 謙治, 甲藤 二郎, 津田 俊隆, 亀山 渉

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  

    発表年月: 2015年02月

  • 視線情報を用いたユーザ所望画像の識別に対するスパースコーディングの適用に関する検討

    西口 侑希, 菅沼 睦, 亀山 渉

    研究報告オーディオビジュアル複合情報処理(AVM)  

    発表年月: 2015年02月

     概要を見る

    近年,ディジタル画像の増加に伴って画像検索技術の発展が期待されている.セマンティックギャップの解消に向けて,ユーザのフィードバックから学習を行い,出力結果をユーザが求める結果に近づけていく適合性フィードバックが注目されている.視線を用いたフィードバックが可能になれば,ユーザは画像を閲覧するだけでフィードバックを返すことができるだけでなく,ユーザ自身が意識しなかったような画像もフィードバックに用いることができる可能性がある.視線によるフィードバックを実現するためには,視線からユーザが所望する画像を識別する必要がある.これまで筆者らは画像への視線や瞳孔径から抽出された特徴量で SVM を構築して識別を試みてきた.本報告では,スパースコーディングを用いて識別することで,従来の SVM による識別よりも識別性能が向上したことを報告する.Digital image consumption has grown so rapidly, and image retrieval is expected to be more improved. To bridge the semantic gap which is an underlying problem of image retrieval, relevance feedback can be one of the solutions. Relevance feedback with eye-movements allows users to give their feedback just by watching the images and, moreover may make it possible to select the images even though they don't recognize what they want. Feedback with eye-movements demands the reasonable classification of users' desired images with eye-movements. We have already reported the result of a SVM trained with the features extracted from eye-movements and pupil size toward each image. In this report, it is shown that we improve the classification performance with sparse coding.

  • Named Data Networkingにおけるネットワーク内パケット統合・分割技術を用いた通信負荷削減手法 (ネットワークシステム)

    原田 翔, 延 志偉, 朴 容震, 亀山 渉

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  

    発表年月: 2014年10月

     概要を見る

    Named Data Networking (NDN)は現在のネットワーク規模や用途に適した通信形態を目指し設計され、効率的なコンテンツの取得を可能とした全く新しい未来インターネットアーキテクチャである.現在のインターネットにおける主な用途はユーザによるコンテンツや情報の取得であり、NDNではIPアドレスのような位置情報を用いずにコンテンツを直接指定する要求パケットを送信することで通信を行うことができる.しかし、コンテンツのパケット単位の要求パケットを送信する必要があるため、データサイズの小さいコンテンツを多数要求する場合や、多数のセグメントに分割されたコンテンツを複数のユーザが同時に要求する場合には要求パケットによる輻輳が生じ、通信効率が低下する.本研究では統合された1つの要求パケットによりコンテンツを一括要求し、ネットワーク内で要求された各パケットを統合することでルータの処理量や通信負荷を削減する手法を提案する.また、リアルタイム性が低くデータサイズの小さいコンテンツのパケットをルータが統合することで中継するネットワークの通信負荷を削減する手法を提案する.

  • 交通機関を活用したコンテンツ配信システム (ネットワークシステム)

    佐藤 拓朗, 朴 容震, 津田 俊隆, 後藤 滋樹, 田中 良明, 亀山 渉, 嶋本 薫, 甲藤 二郎, 市野 将嗣

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  

    発表年月: 2014年10月

     概要を見る

    今後、モバイル環境において大容量動画像コンテンツを中心にトラヒックが爆発的に増大する,膨大なトラヒックを処理するために、ネットワークとしてCDN (Contents Delivery Network)を経てネットワークのクラウド化を目的としてSDN (Software Defined Network)により仮想化ネットワークの実現を図ってきた.一方で、従来のIPネットワークのIPアドレスに依存しないネットワークとしてICN (Information Centric Network)が発表され、IPネットワークに対する優位性の検討が進められている.本論文ではICNを用いた列車内のコンテンツ配信システムとしてICNを用いて実証試験を行った結果について報告する.本研究は総務省SCOPE「先進的アプリケーション」の委託事業の協力により実証された成果である.

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 情報通信サービスにおけるユーザの期待や文脈を考慮する生体情報利用QoE評価手法

    2017年   菅沼 睦

     概要を見る

    様々な通信品質のコンテンツを視聴する際の評価者の生体情報等を取得し、より柔軟で個別化可能なQoE評価手法の検討を行った。具体的には、再生中に一時停止する遅延を含んだ動画像視聴時の生体信号等から主観評価値をランダムフォレストで予測したところ、興味度を説明変数に含んだ場合に高い予測精度が得られ、ユーザの期待や文脈がQoEに影響することが示唆された。また、近年視聴スタイルとして増加傾向にあるスマートフォンを見ながら動画像視聴する、いわゆる「ながら視聴時」の生体情報分析を行ったところ、高品質動画のながら視聴時に有意な瞳孔径散大を確認した。同様に、ユーザの動画像品質に対する評価がQoEに影響していることが示唆された。

  • 生体情報を利用した通信サービスのユーザの期待や文脈を考慮するQoE評価手法

    2016年   菅沼 睦

     概要を見る

    MOS法(Mean Opinion Score)によるユーザ体感品質(QoE, Quality of Experience)評価の問題点を解決するため、ヒトの生体情報を利用したQoE評価手法の確立を目標とし、通信サービス品質と生体情報の関係性の分析を行った。本研究では、特に、視線情報(瞳孔径変動及び注視点)に着目し、映像品質に対する瞳孔径変動と注視点の分析と、ディープラーニングによる対光反射補正方式の検討を行った。検討の結果、画面X軸方向の注視点位置の標準偏差がビットレートに伴い低下する統計的に有意な結果を得ると共に、7階層ディープラーニングによって対光反射補正精度の向上が得られた。

  • 映像コミュニケーション基盤としてのパーソナライズドIPTV機能に関する基礎的研究

    2011年  

     概要を見る

    NGN(Next Generation Network)の実用化に伴い、NGN上の主要アプリケーションとして、従来のテレビの進化形態であるIPTVが注目されている。IPTVはIPネットワーク上でのオープンなサービスであるため、ネットワークに繋がる各視聴者は、IPTV基盤を用いた自由な情報発信や情報交換が技術的には可能である。このことから、IPTVは、従来のマスメディアとしての放送サービス、及び、パーソナライズドメディアとしてのVoD(Video On Demand)サービスを享受できるメディアとしてだけではなく、近い将来に、映像コミュニケーションメディアとして発展することが予想される。具体的には、同じ興味を持っている視聴者間で映像コンテンツを共有して視聴し、そのことによって視聴者間で感想や感情の共有が可能となる。加えて、視聴者からの映像配信も可能であるため、視聴者自身がコンテンツプロバイダあるいはサービスプロバイダとなることも可能となる。このことによって、IPTV視聴者は、世界中の放送局等のビジネスサービスプロバイダだけからではなく、一般視聴者と高品質な情報交換が可能になり、豊かな人間間のコミュニケーションを実現できる可能性がある。このようなサービスをIPTV上に実現するためには、SNS(Social Networking Service)に見られるような情報共有機能、視聴者が持っているコンテンツを配信・共有する著作権を考慮したコンテンツ配信機能及びコンテンツ管理機能、視聴者の嗜好の発見、嗜好の分析、嗜好情報の更新機能が必要であり、それに基づいた映像コンテンツや番組編成のパーソナライズ化が必須となる。以上から、本研究では、映像コミュニケーション基盤の観点からIPTVに着目し、豊かな映像コミュニケーションを実現するために必須の機能について、その具体化に関する基礎的な研究を行った。本研究では、特に、視聴者の嗜好の発見と嗜好の分析に焦点を当て、生体信号を利用した、非拘束で自然なユーザ嗜好情報の効率的な取得手法について研究を行った。具体的には、映像コンテンツ視聴中の視聴者の瞳孔径情報と、背景脳波観測による視聴者の情動情報を利用して、映像コンテンツのどの部分に視聴者がどのような興味を持ったのかについて分析する手法について研究した。実験の結果、単位時間における視聴者の平均瞳孔径及び瞳孔径変化の周波数成分と、背景脳波の特定の周波数成分電力間に強い相関関係があることが分った。即ち、これらの情報を利用することにより、視聴者の映像コンテンツに対する興味内容を具体的に分析できる可能性が高いことが示唆された。今後は、本手法を更に推し進め、視聴者の具体的な嗜好の分析技術を確立すると共に、映像コンテンツの有用性をユーザ毎に多角的に評価・分析し、時々刻々と変化するユーザ要求を満たす映像コンテンツ推薦方式の研究につなげていく予定である。

  • インターネットにおけるコンテンツ許諾状態の推定・判別手法に関する研究

    2010年  

     概要を見る

    本研究は、ディジタルコンテンツの適正な権利許諾環境を構築するための手法として、任意のWebサイト上のコンテンツを対象に、それらの違法流通の可能性を、誰でも推定・判別できる許諾検査手法、あるいは違法流通性検査手法を確立することを目的とする。インターネット等の公衆ネットワーク上では、必ずしも許諾条件が明示されているコンテンツばかりではない。ディジタルコンテンツの流通環境では、権利者が明確で権利許諾情報が付与されているコンテンツの許諾情報の開示だけでなく、権利者が不明で権利許諾に関する情報を持たないコンテンツについても、システムが許諾の有無や違法流通の可能性を推定し、利用者がそれを確認できる手段を提供することが、利用者に安心で安全なコンテンツの利活用環境の構築に繋がる。つまり、安心してコンテンツを利活用したいと考える誰もが、任意のWebサイト上で流通するコンテンツに対して汎用的に適用できる許諾状態推定・判別手法を明らかにすることが求められている。以上から、一年間の本特定課題研究においては、この課題に取り組むための基礎的研究として、Web上のコンテンツに対し、汎用的に適用できる検査手法を明かにすることに取り組んだ。具体的には、システムの基本設計を行うとともに、許諾状態の推定・判別に用いる情報を登録管理する権利情報データベースの基本構造について検討を行った。その結果、判別に利用できる情報は多岐に渡ることから、一般的には、高次元情報における孤立値あるいは異常値の判別手法を用いる必要があることが分かった。そのため、汎用アルゴリズムとしての高次元情報における孤立値あるいは異常値の検出アルゴリズムについて検討し、一定の精度で検出できるアルゴリズムを開発した。一方、このアルゴリズムを適用するに当たり、コンテンツ情報をどのように数値化するかについては課題を残している。

  • コンテンツ構造を考慮した多様な権利管理のための権利記述と制御方式に関する研究

    2009年  

     概要を見る

    今日のディジタルコンテンツ流通環境では、一般利用者を含む誰もが、コンテンツの制作・発信・共有・二次利用等を行えるようになってきた。これに伴い、安心安全にコンテンツを利活用して流通させるため、権利許諾処理条件を明確にして、円滑なコンテンツ流通を促す検討が進められている。しかしながら、コンテンツの二次利用に焦点を当てると、映像コンテンツや3Dコンテンツ等では様々な視聴効果等の制御が可能であることから、コンテンツ構造を考慮しなければ矛盾した権利記述や無効な権利記述になる可能性がある。例えば、ディジタルコンテンツの視聴及び改編・改変操作は、コンテンツのデータそのものに対する行為とコンテンツの構造に対する行為とに分けられることから、それぞれに対する権利記述が必要となる。また、このような権利許諾管理を実現することで、DRMにおいて曖昧であった原著作者の権利の所在と二次著作者の権利の所在を明確にした権利継承も実現できる可能性がある。例えば、上映された映画をDVD販売する際にはチャプタ情報が付けられているが、これは元の映画には付随していなかったコンテンツの構造情報であり、これを付加したことでスキップなどの視聴操作が可能となる。その権利が映画の著作権者によって当初から意図されていたものであるかは一般的には明らかではないが、コンテンツ構造情報に対する新しい権利として分離記述して許諾管理をすれば、権利の所在を明確化することが可能となる。以上から、本研究では、コンテンツ構造に着目し、多種多様な視聴及び改編・改変行為に対して、明確でかつ無矛盾な権利許諾管理手法及び二次コンテンツ作成に伴う権利継承処理手法を明らかにすることを主眼として、必要な技術の確立とその検証を行うことを目的とした。具体的には、(1) 「データ」「構造」「制御」「表示」の4機能からなるコンテンツモデルの確立、(2) 多種多様な利用行為と上記コンテンツモデルの4機能の関係を利用した許諾管理とコンテンツ制作のための編集履歴管理を実現する権利管理方式の明確化、(3) 上記コンテンツモデルの4機能に対する許諾条件を矛盾なく記述するための必要語彙と記述表現形式の明確化、について検討を行った。そして、これらに関する2009年度の研究成果は、下記の2つの学会発表によって公表した。今後の課題としては、プロトタイプシステムの作成を通して、機能面と実用性の観点から評価を行うことが残されている。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>