2022/08/17 更新

写真a

マエダ ケイイチ
前田 恵一
所属
理工学術院
職名
名誉教授

学位

  • 京都大学   理学博士(京都大学)

所属学協会

  •  
     
     

    国際天文連合

  •  
     
     

    一般相対性および重力学会

  •  
     
     

    日本天文学会

  •  
     
     

    日本物理学会

 

研究分野

  • 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論

研究キーワード

  • 宇宙論・相対論・宇宙物理学

論文

  • Maximal efficiency of the collisional Penrose process with spinning particles

    Kei-Ichi Maeda, Kazumasa Okabayashi, Hirotada Okawa

    Physical Review   D.98 ( 064027 )  2018年09月  [査読有り]

    DOI

  • Hybrid Higgs inflation: The use of disformal transformation

    Seiga Sato, Kei-Ichi Maeda

    Physical Review D   97 ( 8 ) 13pp  2018年04月

     概要を見る

    We propose a hybrid type of the conventional Higgs inflation and new Higgs inflation models. We perform a disformal transformation into the Einstein frame and analyze the background dynamics and the cosmological perturbations in the truncated model, in which we ignore the higher-derivative terms of the Higgs field. From the observed power spectrum of the density perturbations, we obtain the constraint on the nonminimal coupling constant ξ and the mass parameter M in the derivative coupling. Although the primordial tilt ns in the hybrid model barely changes, the tensor-to-scalar ratio r moves from the value in the new Higgs inflationary model to that in the conventional Higgs inflationary model as |ξ| increases. We confirm our results by numerical analysis by ADM formalism of the full theory in the Jordan frame.

    DOI

  • Massive graviton geons

    Katsuki Aoki, Kei-Ichi Maeda, Yosuke Misonoh, Hirotada Okawa

    Physical Review D   97 ( 4 )  2018年02月  [査読有り]

     概要を見る

    We find vacuum solutions such that massive gravitons are confined in a local spacetime region by their gravitational energy in asymptotically flat spacetimes in the context of the bigravity theory. We call such self-gravitating objects massive graviton geons. The basic equations can be reduced to the Schrödinger-Poisson equations with the tensor "wave function" in the Newtonian limit. We obtain a nonspherically symmetric solution with j=2, =0 as well as a spherically symmetric solution with j=0, =2 in this system where j is the total angular momentum quantum number and is the orbital angular momentum quantum number, respectively. The energy eigenvalue of the Schrödinger equation in the nonspherical solution is smaller than that in the spherical solution. We then study the perturbative stability of the spherical solution and find that there is an unstable mode in the quadrupole mode perturbations which may be interpreted as the transition mode to the nonspherical solution. The results suggest that the nonspherically symmetric solution is the ground state of the massive graviton geon. The massive graviton geons may decay in time due to emissions of gravitational waves but this timescale can be quite long when the massive gravitons are nonrelativistic and then the geons can be long-lived. We also argue possible prospects of the massive graviton geons: applications to the ultralight dark matter scenario, nonlinear (in)stability of the Minkowski spacetime, and a quantum transition of the spacetime.

    DOI

  • Condensate of massive graviton and dark matter

    Katsuki Aoki, Kei-Ichi Maeda

    Physical Review D   97 ( 4 ) 24pp  2018年02月

     概要を見る

    We study coherently oscillating massive gravitons in the ghost-free bigravity theory. This coherent field can be interpreted as a condensate of the massive gravitons. We first define the effective energy-momentum tensor of the coherent massive gravitons in a curved spacetime. We then study the background dynamics of the Universe and the cosmic structure formation including the effects of the coherent massive gravitons. We find that the condensate of the massive graviton behaves as a dark matter component of the Universe. From the geometrical point of view the condensate is regarded as a spacetime anisotropy. Hence, in our scenario, dark matter is originated from the tiny deformation of the spacetime. We also discuss a production of the spacetime anisotropy and find that the extragalactic magnetic field of a primordial origin can yield a sufficient amount for dark matter.

    DOI

  • Non-linear collisional Penrose process: How much energy can a black hole release?

    Ken-Ichi Nakao, Hirotada Okawa, Kei-Ichi Maeda

    Progress of Theoretical and Experimental Physics   2018 ( 1 ) 21pp  2018年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Energy extraction from a rotating or charged black hole is one of the fascinating issues in general relativity. The collisional Penrose process is one such extraction mechanism and has been reconsidered intensively since Bañados, Silk, and West pointed out the physical importance of very high energy collisions around a maximally rotating black hole. In order to get results analytically, the test particle approximation has been adopted so far. Successive works based on this approximation scheme have not yet revealed the upper bound on the efficiency of the energy extraction because of the lack of backreaction. In the Reissner-Nordström spacetime, by fully taking into account the self-gravity of the shells, we find that there is an upper bound on the extracted energy that is consistent with the area law of a black hole. We also show one particular scenario in which almost the maximum energy extraction is achieved even without the Bañados-Silk-West collision.

    DOI

  • Cosmological and astrophysical Vainshtein mechanism in bigravity

    Katsuki Aoki, Kei-ichi Maeda, Makoto Tanabe, Ryo Namba

    Proceedings of the MG14 Meeting on General Relativity    2017年12月

    DOI

  • The status of DECIGO

    Shuichi Sato, Seiji Kawamura, Masaki Ando, Takashi Nakamura, Kimio Tsubono, Akito Araya, Ikkoh Funaki, Kunihito Ioka, Nobuyuki Kanda, Shigenori Moriwaki, Mitsuru Musha, Kazuhiro Nakazawa, Kenji Numata, Shin Ichiro Sakai, Naoki Seto, Takeshi Takashima, Takahiro Tanaka, Kazuhiro Agatsuma, Koh Suke Aoyanagi, Koji Arai, Hideki Asada, Yoichi Aso, Takeshi Chiba, Toshikazu Ebisuzaki, Yumiko Ejiri, Motohiro Enoki, Yoshiharu Eriguchi, Masa Katsu Fujimoto, Ryuichi Fujita, Mitsuhiro Fukushima, Toshifumi Futamase, Katsuhiko Ganzu, Tomohiro Harada, Tatsuaki Hashimoto, Kazuhiro Hayama, Wataru Hikida, Yoshiaki Himemoto, Hisashi Hirabayashi, Takashi Hiramatsu, Feng Lei Hong, Hideyuki Horisawa, Mizuhiko Hosokawa, Kiyotomo Ichiki, Takeshi Ikegami, Kaiki T. Inoue, Koji Ishidoshiro, Hideki Ishihara, Takehiko Ishikawa, Hideharu Ishizaki, Hiroyuki Ito, Yousuke Itoh, Nobuki Kawashima, Fumiko Kawazoe, Naoko Kishimoto, Kenta Kiuchi, Shiho Kobayashi, Kazunori Kohri, Hiroyuki Koizumi, Yasufumi Kojima, Keiko Kokeyama, Wataru Kokuyama, Kei Kotake, Yoshihide Kozai, Hideaki Kudoh, Hiroo Kunimori, Hitoshi Kuninaka, Kazuaki Kuroda, Kei Ichi Maeda, Hideo Matsuhara, Yasushi Mino, Osamu Miyakawa, Shinji Miyoki, Mutsuko Y. Morimoto, Tomoko Morioka, Toshiyuki Morisawa, Shinji Mukohyama, Shigeo Nagano, Isao Naito, Kouji Nakamura, Hiroyuki Nakano, Kenichi Nakao, Shinichi Nakasuka, Yoshinori Nakayama, Erina Nishida, Kazutaka Nishiyama, Atsushi Nishizawa, Yoshito Niwa, Taiga Noumi, Yoshiyuki Obuchi, Masatake Ohashi, Naoko Ohishi, Masashi Ohkawa, Norio Okada, Kouji Onozato, Kenichi Oohara, Norichika Sago, Motoyuki Saijo, Masaaki Sakagami, Shihori Sakata, Misao Sasaki

    Journal of Physics: Conference Series   840 ( 1 ) 8pp  2017年06月

     概要を見る

    © Published under licence by IOP Publishing Ltd. DECIGO (DECi-hertz Interferometer Gravitational wave Observatory) is the planned Japanese space gravitational wave antenna, aiming to detect gravitational waves from astrophysically and cosmologically significant sources mainly between 0.1 Hz and 10 Hz and thus to open a new window for gravitational wave astronomy and for the universe. DECIGO will consists of three drag-free spacecraft arranged in an equilateral triangle with 1000 km arm lengths whose relative displacements are measured by a differential Fabry-Perot interferometer, and four units of triangular Fabry-Perot interferometers are arranged on heliocentric orbit around the sun. DECIGO is vary ambitious mission, we plan to launch DECIGO in era of 2030s after precursor satellite mission, B-DECIGO. B-DECIGO is essentially smaller version of DECIGO: B-DECIGO consists of three spacecraft arranged in an triangle with 100 km arm lengths orbiting 2000 km above the surface of the earth. It is hoped that the launch date will be late 2020s for the present..

    DOI

  • Cosmological dynamics of D-BIonic and DBI scalar field and coincidence problem of dark energy

    Sirachak Panpanich, Kei-ichi Maeda, Shuntaro Mizuno

    PHYSICAL REVIEW D   95 ( 10 ) 15pp  2017年05月  [査読有り]

     概要を見る

    We study the cosmological dynamics of a D-BIonic and Dirac-Born-Infeld scalar field, which is coupled to matter fluid. For the exponential potential and the exponential couplings, we find a new analytic scaling solution yielding the accelerated expansion of the Universe. Since it is shown to be an attractor for some range of the coupling parameters, the density parameter of matter fluid can be the observed value, as in the coupled quintessence with a canonical scalar field. Contrary to the usual coupled quintessence, where the value of the matter coupling giving the observed density parameter is too large to satisfy the observational constraint from the cosmic microwave background, we show that the D-BIonic theory can give a similar solution with a much smaller value of matter coupling. As a result, together with the fact that the D-BIonic theory has a screening mechanism, the D-BIonic theory can solve the so-called coincidence problem as well as the dark energy problem.

    DOI

  • AdS monopole black hole and phase transition

    Shoichiro Miyashita, Kei-ichi Maeda

    PHYSICAL REVIEW D   94 ( 12 ) 17pp  2016年12月  [査読有り]

     概要を見る

    We study the Einstein-SO(3) Yang-Mills-Higgs system with a negative cosmological constant and find the monopole black hole solutions as well as the trivial Reissner-Nordstrm black hole. We discuss thermodynamical stability of the monopole black hole in an isolated system. We expect a phase transition between those two black holes when the mass of a black hole increases or decreases. The type of phase transition depends on the cosmological constant Lambda, as well as the vacuum expectation value upsilon and the coupling constant lambda of the Higgs field. Keeping lambda small, we find there are two critical values of the cosmological constant, Lambda(cr(1)) (upsilon) and Lambda(cr(2)) (upsilon), which depend on upsilon. If Lambda(cr(1)) (upsilon) < Lambda(< 0), we find the first order transition, whereas if Lambda(cr(2)) (upsilon) < Lambda < Lambda(cr(1)) (upsilon), the transition becomes second order. For the case of Lambda(b) (upsilon) < Lambda < Lambda((2)) (upsilon), we again find the first order irreversible transition from the monopole black hole to the extreme Reissner-Nordstrm black hole. Beyond Lambda(b) (upsilon), no monopole black hole exists. We also discuss thermodynamical properties of the monopole black hole in a thermal bath system.

    DOI

  • Gravitational baryogenesis after anisotropic inflation

    Fukushima, Mitsuhiro, Mizuno, Shuntaro, Maeda, Kei Ichi

    Physical Review   D 93 ( 10 )  2016年05月

     概要を見る

    © 2016 American Physical Society.The gravitational baryogensis may not generate a sufficient baryon asymmetry in the standard thermal history of the Universe when we take into account the gravitino problem. Hence, it has been suggested that anisotropy of the Universe can enhance the generation of the baryon asymmetry through the increase of the time change of the Ricci scalar curvature. We study the gravitational baryogenesis in the presence of anisotropy, which is produced at the end of an anisotropic inflation. Although we confirm that the generated baryon asymmetry is enhanced compared with the original isotropic cosmological model, taking into account the constraint on the anisotropy by the recent CMB observations, we find that it is still difficult to obtain the observed baryon asymmetry only through the gravitational baryogenesis without suffering from the gravitino problem.

    DOI

  • Relativistic stars in bigravity theory

    Aoki, Katsuki, Maeda, Kei Ichi, Tanabe, Makoto

    Physical Review D - Particles, Fields, Gravitation and Cosmology   93 ( 6 )  2016年03月

     概要を見る

    © 2016 American Physical Society.Assuming static and spherically symmetric spacetimes in the ghost-free bigravity theory, we find a relativistic star solution, which is very close to that in general relativity. The coupling constants are classified into two classes: Class [I] and Class [II]. Although the Vainshtein screening mechanism is found in the weak gravitational field for both classes, we find that there is no regular solution beyond the critical value of the compactness in Class [I]. This implies that the maximum mass of a neutron star in Class [I] becomes much smaller than that in general relativity (GR). On the other hand, for the solution in Class [II], the Vainshtein screening mechanism works well even in a relativistic star and the result in GR is recovered.

    DOI

  • Black holes and Thunderbolt singularities with Lifshitz scaling terms

    Yosuke Misonoh, Kei-Ichi Maeda

    Physical Review D - Particles, Fields, Gravitation and Cosmology   92 ( 8 )  2015年10月

     概要を見る

    We study a static, spherically symmetric and asymptotic flat spacetime, assuming the hypersurface orthogonal Einstein-aether theory with an ultraviolet modification motivated by the Hořava-Lifshitz theory, which is composed of the z=2 Lifshitz scaling terms such as scalar combinations of a three-Ricci curvature and the acceleration of the aether field. For the case with the quartic term of the acceleration of the aether field, we obtain a two-parameter family of black hole solutions, which possess a regular universal horizon. Whereas, if a three-Ricci curvature squared term is joined in ultraviolet modification, we find a solution with a thunderbolt singularity such that the universal horizon turns out to be a spacelike singularity.

    DOI

  • Stability of the early universe in bigravity theory

    Katsuki Aoki, Kei-Ichi Maeda, Ryo Namba

    Physical Review D - Particles, Fields, Gravitation and Cosmology   92 ( 4 )  2015年08月

     概要を見る

    We study the stability of a spherically symmetric perturbation around the flat Friedmann-Lemaître-Robertson-Walker spacetime in the ghost-free bigravity theory, retaining nonlinearities of the helicity-0 mode of the massive graviton. It has been known that, when the graviton mass is smaller than the Hubble parameter, homogeneous and isotropic spacetimes suffer from the Higuchi-type ghost or the gradient instability against the linear perturbation in the bigravity. Hence, the bigravity theory has no healthy massless limit for cosmological solutions at linear level. In this paper we show that the instabilities can be resolved by taking into account nonlinear effects of the scalar graviton mode for an appropriate parameter space of coupling constants. The growth history in the bigravity can be restored to the result in general relativity in the early stage of the Universe, in which the Stückelberg fields are nonlinear and there is neither ghost nor gradient instability. Therefore, the bigravity theory has the healthy massless limit, and cosmology based on it is viable even when the graviton mass is smaller than the Hubble parameter.

    DOI

  • Stability of the early universe in bigravity theory

    Katsuki Aoki, Kei-ichi Maeda, Ryo Namba

    PHYSICAL REVIEW D   92 ( 4 )  2015年08月  [査読有り]

     概要を見る

    We study the stability of a spherically symmetric perturbation around the flat Friedmann-Lemaitre-Robertson-Walker spacetime in the ghost-free bigravity theory, retaining nonlinearities of the helicity-0 mode of the massive graviton. It has been known that, when the graviton mass is smaller than the Hubble parameter, homogeneous and isotropic spacetimes suffer from the Higuchi-type ghost or the gradient instability against the linear perturbation in the bigravity. Hence, the bigravity theory has no healthy massless limit for cosmological solutions at linear level. In this paper we show that the instabilities can be resolved by taking into account nonlinear effects of the scalar graviton mode for an appropriate parameter space of coupling constants. The growth history in the bigravity can be restored to the result in general relativity in the early stage of the Universe, in which the Stuckelberg fields are nonlinear and there is neither ghost nor gradient instability. Therefore, the bigravity theory has the healthy massless limit, and cosmology based on it is viable even when the graviton mass is smaller than the Hubble parameter.

    DOI

  • Bubble universes with different gravitational constants

    Yu-Ichi Takamizu, Kei-Ichi Maeda

    Physical Review D - Particles, Fields, Gravitation and Cosmology   92 ( 2 )  2015年07月

     概要を見る

    We argue a scenario motivated by the context of string landscape, where our Universe is produced by a new vacuum bubble embedded in an old bubble and these bubble universes have not only different cosmological constants, but also their own different gravitational constants. We study these effects on the primordial curvature perturbations. In order to construct a model of varying gravitational constants, we use the Jordan-Brans-Dicke theory where different expectation values of scalar fields produce difference of constants. In this system, we investigate the nucleation of the bubble universe and the dynamics of the wall separating two spacetimes. In particular, the primordial curvature perturbation on superhorizon scales can be affected by the wall trajectory as the boundary effect. We show how the gravitational constant in the exterior bubble universe modifies the power spectrum, that provides a peak like a bump feature at a large scale.

    DOI

  • Dark matter in ghost-free bigravity theory: From a galaxy scale to the universe

    Katsuki Aoki, Kei-ichi Maeda

    PHYSICAL REVIEW D   90 ( 12 )  2014年12月  [査読有り]

     概要を見る

    We study the origin of dark matter based on the ghost-free bigravity theory with twin matter fluids. The present cosmic acceleration can be explained by the existence of graviton mass, while dark matter is required in several cosmological situations (the galactic missing mass, the cosmic structure formation and the cosmic microwave background observation). Assuming that the Compton wavelength of the massive graviton is shorter than a galactic scale, we show the bigravity theory can explain dark matter by twin matter fluid as well as the cosmic acceleration by tuning appropriate coupling constants.

    DOI

  • Cosmic acceleration with a negative cosmological constant in higher dimensions

    Kei-ichi Maeda, Nobuyoshi Ohta

    JOURNAL OF HIGH ENERGY PHYSICS   1406 095 ( 6 )  2014年06月  [査読有り]

     概要を見る

    We study gravitational theories with a cosmological constant and the Gauss-Bonnet curvature squared term and analyze the possibility of de Sitter expanding spacetime with a constant internal space. We find that there are two branches of the de Sitter solutions: both the curvature of the internal space and the cosmological constant are (1) positive and (2) negative. From the stability analysis, we show that the de Sitter solution of the case (1) is unstable, while that in the case (2) is stable. Namely de Sitter solution in the present system is stable if the cosmological constant is negative. We extend our analysis to the gravitational theories with higher-order Lovelock curvature terms. Although the existence and the stability of the de Sitter solutions are very complicated and highly depend on the coupling constants, there exist stable de Sitter solutions similar to the case (2). We also find de Sitter solutions with Hubble scale much smaller than the scale of a cosmological constant, which may explain a discrepancy between an inflation energy scale and the Planck scale.

    DOI

  • Cosmology in ghost-free bigravity theory with twin matter fluids: The origin of dark matter

    Katsuki Aoki, Kei-ichi Maeda

    PHYSICAL REVIEW D   89 ( 6 )  2014年03月  [査読有り]

     概要を見る

    We study dynamics of Friedmann-Lemaitre-Robertson-Walker (FLRW) spacetime based on the ghost-free bigravity theory. Assuming the coupling parameters guaranteeing the existence of de Sitter space as well as Minkowski spacetime, we find two stable attractors for spacetime with "twin" dust matter fields: One is de Sitter accelerating universe and the other is matter dominated universe. Although a considerable number of initial data leads to de Sitter universe, we also find matter dominated universe or spacetime with a future singularity for some initial data. The cosmic no-hair conjecture does not exactly hold, but the accelerating expansion can be found naturally. The Lambda-CDM model is obtained as an attractor. We also show that the dark matter component in the Friedmann equation, which originates from another twin matter, can be about 5 times larger than the baryonic matter, by choosing the appropriate coupling constants.

    DOI

  • Stability analysis of inflation with an SU(2) gauge field

    Kei-ichi Maeda, Kei Yamamoto

    JCAP   1312 018  2013年12月

    DOI

  • Anisotropic universes in the ghost-free bigravity

    Kei-ichi Maeda, Mikhail S. Volkov

    PHYSICAL REVIEW D   87 ( 10 )  2013年05月  [査読有り]

     概要を見る

    We study Bianchi cosmologies in the ghost-free bigravity theory, assuming both metrics to be homogeneous and anisotropic and of the Bianchi class A, which includes types I, II, VI0, VII0, VIII, and IX. We assume the Universe to contain a radiation and a nonrelativistic matter, with the cosmological term mimicked by the graviton mass. We find that, for generic initial values leading to a late-time self-acceleration, the Universe approaches a state with nonvanishing anisotropies. The anisotropy contribution to the total energy density decreases much slower than in General Relativity and shows the same falloff rate as the energy of a nonrelativistic matter. The solutions show a singularity in the past, and in the Bianchi IX case, the singularity is approached via a sequence of Kasner-like steps, which is characteristic of a chaotic behavior.

    DOI

  • Inflationary Dynamics with a Non-Abelian Gauge Field

    Kei-ichi Maeda, Kei Yamamoto

    Physical Review   D87 ( 023528 )  2013年01月  [査読有り]

    DOI

  • Creation of the universe with a stealth scalar field

    Hideki Maeda, Kei-ichi Maeda

    PHYSICAL REVIEW D   86 ( 12 )  2012年12月  [査読有り]

     概要を見る

    The stealth scalar field is a nontrivial configuration without any backreaction to geometry, which is characteristic for nonminimally coupled scalar fields. Studying the creation probability of the de Sitter universe with a stealth scalar field by Hartle and Hawking's semiclassical method, we show that the effect of the stealth field can be significant. For the class of scalar fields we consider, creation with a stealth field is possible for a discrete value of the coupling constant, and its creation probability is always less than that with a trivial scalar field. However, those creation rates can be almost the same depending on the parameters of the theory. DOI: 10.1103/PhysRevD.86.124045

    DOI

  • Dynamical brane with angles: Collision of the universes

    Kei-ichi Maeda, Kunihito Uzawa

    PHYSICAL REVIEW D   85 ( 8 )  2012年04月  [査読有り]

     概要を見る

    We present the time-dependent solutions corresponding to the dynamical D-brane with angles in ten-dimensional type II supergravity theories. Our solutions with angles are different from the known dynamical intersecting brane solutions in supergravity theories. Because of our ansatz for fields, all warp factors in the solutions can depend on time. Applying these solutions, we construct cosmological models from those solutions by smearing some dimensions and compactifying the internal space. We find the Friedmann-Lemaitre-Robertson-Walker cosmological solutions with power-law expansion. We also discuss the dynamics of branes based on these solutions. When the spacetime is contracting in ten dimensions, each brane approaches the others as the time evolves. However, for a Dp-brane (p <= 7) without smearing branes, a singularity appears before branes collide. In contrast, the D6-D8-brane system or the smeared D(p - 2) - Dp-brane system with one uncompactified extra dimension can provide an example of colliding branes (and collision of the universes), if they have the same charges.

    DOI

  • Accelerating Universes in String Theory via Field Redefinition

    Kei-ichi Maeda, Nobuyoshi Ohta, Ryo Wakebe

    Eur.Phys.J.   C72 ( 1949 )  2012年03月  [査読有り]

    DOI

  • Oscillating Bianchi IX universe in Horava-Lifshitz gravity

    Yosuke Misonoh, Kei-ichi Maeda, Tsutomu Kobayashi

    PHYSICAL REVIEW D   84 ( 6 )  2011年09月  [査読有り]

     概要を見る

    We study a vacuum Bianchi IX universe in the context of Horava-Lifshitz gravity. In particular, we focus on the classical dynamics of the universe and analyze how anisotropy changes the history of the universe. For small anisotropy, we find an oscillating universe as well as a bounce universe just as the case of the Friedmann-Lemaitre-Robertson-Walker spacetime. However, if the initial anisotropy is large, we find the universe which ends up with a big crunch after oscillations if a cosmological constant Lambda is zero or negative. For Lambda > 0, we find a variety of histories of the universe, that is a de Sitter expanding universe after oscillations in addition to the oscillating solution and the previous big crunch solution. This fate of the universe shows sensitive dependence of initial conditions, which is one of the typical properties of a chaotic system. If the initial anisotropy is near the upper bound, we find the universe starting from a big bang and ending up with a big crunch for Lambda <= 0, and a de Sitter expanding universe starting from a big bang for Lambda > 0.

    DOI

  • Dynamics of Void and its Shape in Redshift Space

    Kei-ichi Maeda, Nobuyuki Sakai, Roland Triay

    Journal of Cosmology and Astroparticle Physics   2011 ( 08 ) 026  2011年08月  [査読有り]

    DOI

  • The Japanese space gravitational wave antenna: DECIGO

    Seiji Kawamura, Masaki Ando, Naoki Seto, Shuichi Sato, Takashi Nakamura, Kimio Tsubono, Nobuyuki Kanda, Takahiro Tanaka, Jun'ichi Yokoyama, Ikkoh Funaki, Kenji Numata, Kunihito Ioka, Takeshi Takashima, Kazuhiro Agatsuma, Tomotada Akutsu, Koh-suke Aoyanagi, Koji Arai, Akito Araya, Hideki Asada, Yoichi Aso, Dan Chen, Takeshi Chiba, Toshikazu Ebisuzaki, Yumiko Ejiri, Motohiro Enoki, Yoshiharu Eriguchi, Masa-Katsu Fujimoto, Ryuichi Fujita, Mitsuhiro Fukushima, Toshifumi Futamase, Tomohiro Harada, Tatsuaki Hashimoto, Kazuhiro Hayama, Wataru Hikida, Yoshiaki Himemoto, Hisashi Hirabayashi, Takashi Hiramatsu, Feng-Lei Hong, Hideyuki Horisawa, Mizuhiko Hosokawa, Kiyotomo Ichiki, Takeshi Ikegami, Kaiki T. Inoue, Koji Ishidoshiro, Hideki Ishihara, Takehiko Ishikawa, Hideharu Ishizaki, Hiroyuki Ito, Yousuke Itoh, Kiwamu Izumi, Isao Kawano, Nobuki Kawashima, Fumiko Kawazoe, Naoko Kishimoto, Kenta Kiuchi, Shiho Kobayashi, Kazunori Kohri, Hiroyuki Koizumi, Yasufumi Kojima, Keiko Kokeyama, Wataru Kokuyama, Kei Kotake, Yoshihide Kozai, Hiroo Kunimori, Hitoshi Kuninaka, Kazuaki Kuroda, Sachiko Kuroyanagi, Kei-ichi Maeda, Hideo Matsuhara, Nobuyuki Matsumoto, Yuta Michimura, Osamu Miyakawa, Umpei Miyamoto, Shinji Miyoki, Mutsuko Y. Morimoto, Toshiyuki Morisawa, Shigenori Moriwaki, Shinji Mukohyama, Mitsuru Musha, Shigeo Nagano, Isao Naito, Kouji Nakamura, Hiroyuki Nakano, Kenichi Nakao, Shinichi Nakasuka, Yoshinori Nakayama, Kazuhiro Nakazawa, Erina Nishida, Kazutaka Nishiyama, Atsushi Nishizawa, Yoshito Niwa, Taiga Noumi, Yoshiyuki Obuchi, Masatake Ohashi, Naoko Ohishi, Masashi Ohkawa, Kenshi Okada, Norio Okada, Kenichi Oohara, Norichika Sago, Motoyuki Saijo, Ryo Saito, Masaaki Sakagami, Shin-ichiro Sakai, Shihori Sakata, Misao Sasaki, Takashi Sato, Masaru Shibata, Hisaaki Shinkai, Ayaka Shoda, Kentaro Somiya, Hajime Sotani, Naoshi Sugiyama, Yudai Suwa, Rieko Suzuki, Hideyuki Tagoshi, Fuminobu Takahashi, Kakeru Takahashi, Keitaro Takahashi, Ryutaro Takahashi, Ryuichi Takahashi, Tadayuki Takahashi, Hirotaka Takahashi, Takamori Akiteru, Tadashi Takano, Nobuyuki Tanaka, Keisuke Taniguchi, Atsushi Taruya, Hiroyuki Tashiro, Yasuo Torii, Morio Toyoshima, Shinji Tsujikawa, Yoshiki Tsunesada, Akitoshi Ueda, Ken-ichi Ueda, Masayoshi Utashima, Yaka Wakabayashi, Kent Yagi, Hiroshi Yamakawa, Kazuhiro Yamamoto, Toshitaka Yamazaki, Chul-Moon Yoo, Shijun Yoshida, Taizoh Yoshino, Ke-Xun Sun

    CLASSICAL AND QUANTUM GRAVITY   28 ( 9 )  2011年05月  [査読有り]

     概要を見る

    The objectives of the DECi-hertz Interferometer Gravitational Wave Observatory (DECIGO) are to open a new window of observation for gravitational wave astronomy and to obtain insight into significant areas of science, such as verifying and characterizing inflation, determining the thermal history of the universe, characterizing dark energy, describing the formation mechanism of supermassive black holes in the center of galaxies, testing alternative theories of gravity, seeking black hole dark matter, understanding the physics of neutron stars and searching for planets around double neutron stars. DECIGO consists of four clusters of spacecraft in heliocentric orbits; each cluster employs three drag-free spacecraft, 1000 km apart from each other, whose relative displacements are measured by three pairs of differential Fabry-Perot Michelson interferometers. Two milestone missions, DECIGO pathfinder and Pre-DECIGO, will be launched to demonstrate required technologies and possibly to detect gravitational waves.

    DOI

  • AdS Black Hole Solution in Dilatonic Einstein-Gauss-Bonnet Gravity

    Kei-ichi Maeda, Nobuyoshi Ohta, Yukinori Sasagawa

    Physical Review   D83 ( 044051 )  2011年02月  [査読有り]

    DOI

  • Black Hole Solutions in String Theory

    Kei-ichi Maeda, Masato Nozawa

    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT   189 ( 189 ) 310 - 350  2011年  [査読有り]

     概要を見る

    Supersymmetric solutions of supergravity have been of particular importance in the advances of string theory. This article reviews the current status of black hole solutions in higher-dimensional supergravity theories. We discuss primarily the gravitational aspects of supersymmetric black holes and their relatives in various dimensions. Supersymmetric solutions and their systematic derivation are reviewed with prime examples. We also study the stationary or dynamically intersecting branes in ten and eleven-dimensions, which provide a number of interesting black objects via the dimensional reduction and duality transformations.

    DOI

  • Innovation to Probe Higher Dimensions through Black Holes: Introduction

    Kei-ichi Maeda, Tetsuya Shiromizu, Takahiro Tanaka

    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT   189 ( 189 ) 1 - 6  2011年  [査読有り]

     概要を見る

    Starting with an aspect of motivation to study higher dimensional black holes, we give a brief overview of the whole volume. Finally we give a short note on notations and conventions.

    DOI

  • Cosmological rotating black holes in five-dimensional fake supergravity

    Masato Nozawa, Kei-ichi Maeda

    PHYSICAL REVIEW D   83 ( 2 )  2011年01月  [査読有り]

     概要を見る

    In recent series of papers, we found an arbitrary dimensional, time-evolving, and spatially inhomogeneous solution in Einstein-Maxwell-dilaton gravity with particular couplings. Similar to the supersymmetric case, the solution can be arbitrarily superposed in spite of nontrivial time-dependence, since the metric is specified by a set of harmonic functions. When each harmonic has a single point source at the center, the solution describes a spherically symmetric black hole with regular Killing horizons and the spacetime approaches asymptotically to the Friedmann-Lemaitre-Robertson-Walker (FLRW) cosmology. We discuss in this paper that in 5 dimensions, this equilibrium condition traces back to the first-order "Killing spinor" equation in "fake supergravity" coupled to arbitrary U(1) gauge fields and scalars. We present a five-dimensional, asymptotically FLRW, rotating black-hole solution admitting a nontrivial "Killing spinor," which is a spinning generalization of our previous solution. We argue that the solution admits nondegenerate and rotating Killing horizons in contrast with the supersymmetric solutions. It is shown that the present pseudo-supersymmetric solution admits closed timelike curves around the central singularities. When only one harmonic is time-dependent, the solution oxidizes to 11 dimensions and realizes the dynamically intersecting M2/M2/M2-branes in a rotating Kasner universe. The Kaluza-Klein-type black holes are also discussed.

    DOI

  • 林先生と天体核4人組(<小特集>林忠四郎先生追悼)

    中村 卓史, 前田 恵一, 観山 正見, 佐々木 節

    日本物理學會誌   65 ( 10 ) 795 - 799  2010年10月

    CiNii

  • Black Holes in an Expanding Universe

    Gary W. Gibbons, Kei-ichi Maeda

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   104 ( 13 ) 1 - 4  2010年04月  [査読有り]

     概要を見る

    An exact solution representing black holes in an expanding universe is found. The black holes are maximally charged and the universe is expanding with arbitrary equation of state (P = w rho with -1 &lt;= for all w &lt;= 1). It is an exact solution of the Einstein-scalar-Maxwell system, in which we have two Maxwell-type U(1) fields coupled to the scalar field. The potential of the scalar field is an exponential. We find a regular horizon, which depends on one parameter [the ratio of the energy density of U(1) fields to that of the scalar field]. The horizon is static because of the balance on the horizon between gravitational attractive force and U(1) repulsive force acting on the scalar field. We also calculate the black hole temperature.

    DOI

  • Supersymmetric intersecting branes on the waves

    Kei-ichi Maeda, Nobuyoshi Ohta, Makoto Tanabe, Ryo Wakebe

    JOURNAL OF HIGH ENERGY PHYSICS   1004:013 ( 4 )  2010年04月  [査読有り]

     概要を見る

    We construct a general family of supersymmetric solutions in time- and space-dependent wave backgrounds in general supergravity theories describing single and intersecting p-branes embedded into time-dependent dilaton-gravity plane waves of an arbitrary (isotropic) profile, with the brane world-volume aligned parallel to the propagation direction of the wave. We discuss how many degrees of freedom we have in the solutions. We also propose that these solutions can be used to describe higher-dimensional time-dependent "black holes", and discuss their property briefly.

    DOI

  • Black Hole in the expanding universe from intersecting branes.

    Kei-ichi Maeda, Masato Nozawa

    Physical Review   81 ( 4 )  2010年02月  [査読有り]

    DOI

  • Black hole solutions in string theory with Gauss-Bonnet curvature correction

    Kei-ichi Maeda, Nobuyoshi Ohta, Yukinori Sasagawa

    PHYSICAL REVIEW D   80 ( 10 )  2009年11月  [査読有り]

     概要を見る

    We present the black hole solutions and analyze their properties in the superstring effective field theory with the Gauss-Bonnet curvature correction terms. We find qualitative differences in our results from those obtained in the truncated model in the Einstein frame. The main difference in our model from the truncated one is that the existence of a turning point in the mass-area curve, the mass-entropy curve, and the mass-temperature curve in five and higher dimensions, where we expect a change of stability. We also find a mass gap in our model, where there is no black hole solution. In five dimensions, there exists a maximum black hole temperature and the temperature vanishes at the minimum mass, which is not found in the truncated model.

    DOI

  • Black hole solutions in string theory with Gauss-Bonnet curvature correction

    Kei-ichi Maeda, Nobuyoshi Ohta, Yukinori Sasagawa

    PHYSICAL REVIEW D   80 ( 10 )  2009年11月  [査読有り]

     概要を見る

    We present the black hole solutions and analyze their properties in the superstring effective field theory with the Gauss-Bonnet curvature correction terms. We find qualitative differences in our results from those obtained in the truncated model in the Einstein frame. The main difference in our model from the truncated one is that the existence of a turning point in the mass-area curve, the mass-entropy curve, and the mass-temperature curve in five and higher dimensions, where we expect a change of stability. We also find a mass gap in our model, where there is no black hole solution. In five dimensions, there exists a maximum black hole temperature and the temperature vanishes at the minimum mass, which is not found in the truncated model.

    DOI

  • The Bernstein conjecture, minimal cones and critical dimensions

    Gary W. Gibbons, Kei-Ichi Maeda, Umpei Miyamoto

    CLASSICAL AND QUANTUM GRAVITY   26 ( 18 )  2009年09月  [査読有り]

     概要を見る

    Minimal surfaces and domain walls play important roles in various contexts of spacetime physics as well as material science. In this paper, we first review the Bernstein conjecture, which asserts that a plane is the only globally well-defined solution of the minimal surface equation which is a single valued graph over a hyperplane in flat spaces, and its failure in higher dimensions. Then, we review how minimal cones in four- and higher-dimensional spacetimes, which are curved and even singular at the apex, may be used to provide counterexamples to the conjecture. The physical implications of these counterexamples in curved spacetimes are discussed from various points of view, ranging from classical general relativity, brane physics and holographic models of fundamental interactions.

    DOI

  • Measurement of the Kerr spin parameter by observation of a compact object's shadow

    Kenta Hioki, Kei-ichi Maeda

    PHYSICAL REVIEW D   80 ( 2 )  2009年07月  [査読有り]

     概要を見る

    A black hole casts a shadow as an optical appearance because of its strong gravitational field. We study how to determine the spin parameter and the inclination angle by observing the apparent shape of the shadow, which is distorted mainly by those two parameters. Defining some observables characterizing the apparent shape (its radius and distortion parameter), we find that the spin parameter and inclination angle of a Kerr black hole can be determined by the observation. This technique is also extended to the case of a Kerr naked singularity.

    DOI

  • Dynamics of intersecting brane systems - Classification and their applications

    Kei-ichi Maeda, Nobuyoshi Ohta, Kunihito Uzawa

    JOURNAL OF HIGH ENERGY PHYSICS   0906:051 ( 6 )  2009年06月  [査読有り]

     概要を見る

    We present dynamical intersecting brane solutions in higher-dimensional gravitational theory coupled to dilaton and several forms. Assuming the forms of metric, form fields, and dilaton field, we give a complete classification of dynamical intersecting brane solutions with/without M-waves and Kaluza-Klein monopoles in eleven-dimensional super-gravity. We apply these solutions to cosmology and black holes. It is shown that these give FRW cosmological solutions and in some cases Lorentz invariance is broken in our world. If we regard the bulk space as our universe, we may interpret them as black holes in the expanding universe. We also discuss lower-dimensional effective theories and point out naive effective theories may give us some solutions which are inconsistent with the higher-dimensional Einstein equations.

    DOI

  • Supersymmetric intersecting branes in time-dependent backgrounds.

    Kei-ichi Maeda, Nobuyoshi Ohta, Makoto Tanabe, Ryo Wakebe

    JHEP   0906:036  2009年06月  [査読有り]

    DOI

  • Attractor universe in the scalar-tensor theory of gravitation

    Kei-ichi Maeda, Yasunori Fujii

    PHYSICAL REVIEW D   79 ( 8 )  2009年04月  [査読有り]

     概要を見る

    In the scalar-tensor theory of gravitation it seems nontrivial to establish if solutions of the cosmological equations in the presence of a cosmological constant (or a vacuum energy) behave as attractors independently of the initial values. We develop a general formulation in terms of two-dimensional phase space, mainly according to the Brans-Dicke model requiring the scalar field decoupled from the matter Lagrangian in the Jordan frame. We show that there are two kinds of fixed points, one of which is an attractor depending on the coupling constant and equation of state. We find that the static universe in the Jordan frame is an attractor in the presence of a cosmological constant for some range of the coupling constant. We extend our analysis to a power-law potential, finding a new type of power-law inflation caused by the coupling to the matter fluid, also as an attractor.

    DOI

  • Black hole-black string phase transitions from hydrodynamics

    Kei-ichi Maeda, Umpei Miyamoto

    JOURNAL OF HIGH ENERGY PHYSICS   0903:066 ( 3 )  2009年03月  [査読有り]

     概要を見る

    We discuss the phase transitions between three states of a plasma fluid (plasma ball, uniform plasma tube, and non-uniform plasma tube), which are dual to the corresponding finite energy black objects (black hole, uniform black string, and non-uniform black string) localized in an asymptotically locally AdS space. Adopting the equation of state for the fluid obtained by the Scherk-Schwarz compactification of a conformal field theory, we obtain axisymmetric static equilibrium states of the plasma fluid and draw the phase diagrams with their thermodynamical quantities. By use of the fluid/gravity correspondence, we predict the phase diagrams of the AdS black holes and strings on the gravity side. The thermodynamic phase diagrams of the AdS black holes and strings show many similarities to those of the black hole-black string system in a Kaluza-Klein vacuum. For instance, the critical dimension for the smooth transition from the uniform to non-uniform strings is the same as that in the Kaluza-Klein vacuum in the canonical ensemble. The analysis in this paper may provide a holographic understanding of the relation between the Rayleigh-Plateau and Gregory-Laflamme instabilities via the fluid/gravity correspondence.

    DOI

  • Can higher curvature corrections cure the singularity problem in f(R) gravity?

    Tsutomu Kobayashi, Kei-ichi Maeda

    PHYSICAL REVIEW D   79 ( 2 )  2009年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Although f(R) modified gravity models can be made to satisfy solar system and cosmological constraints, it has been shown that they have the serious drawback of the nonexistence of stars with strong gravitational fields. In this paper, we discuss whether or not higher curvature corrections can remedy the nonexistence consistently. The following problems are shown to arise as the costs one must pay for the f(R) models that allow for neutrons stars: (i) the leading correction must be fine-tuned to have the typical energy scale mu less than or similar to 10(-19) GeV, which essentially comes from the free fall time of a relativistic star; (ii) the leading correction must be further fine-tuned so that it is not given by the quadratic curvature term. The second problem is caused because there appears an intermediate curvature scale, and laboratory experiments of gravity will be under the influence of higher curvature corrections. Our analysis thus implies that it is a challenge to construct viable f(R) models without very careful and unnatural fine-tuning.

    DOI

  • One-loop corrections to scalar and tensor perturbations during inflation in stochastic gravity

    Yuko Urakawa, Kei-ichi Maeda

    PHYSICAL REVIEW D   78 ( 6 )  2008年09月

     概要を見る

    Based on the stochastic gravity, we study the loop corrections to the scalar and tensor perturbations during inflation. Since the loop corrections to scalar perturbations suffer infrared divergence, we consider the IR regularization to obtain the finite value. We find that the loop corrections to the scalar perturbations are amplified by the e-folding; in other words there appears the logarithmic correction, just as discussed by M. Sloth et al. On the other hand, we find that the tensor perturbations do not suffer from infrared divergence.

    DOI

  • Relativistic stars in f(R) gravity, and absence thereof

    Tsutomu Kobayashi, Kei-ichi Maeda

    PHYSICAL REVIEW D   78 ( 6 )  2008年09月

     概要を見る

    Several f(R) modified gravity models have been proposed which realize the correct cosmological evolution and satisfy solar system and laboratory tests. Although nonrelativistic stellar configurations can be constructed, we argue that relativistic stars cannot be present in such f(R) theories. This problem appears due to the dynamics of the effective scalar degree of freedom in the strong gravity regime. Our claim thus raises doubts on the viability of f(R) models.

    DOI

  • Liquid bridges and black strings in higher dimensions

    Umpei Miyamoto, Kei-ichi Maeda

    PHYSICS LETTERS B   664 ( 1-2 ) 103 - 106  2008年06月  [査読有り]

     概要を見る

    Analyzing a capillary minimizing problem for a higher-dimensional extended fluid, we find that there exist startling similarities between the black hole-black string system (the Gregory-Laflamme instability) and the liquid drop-liquid bridge system (the Rayleigh-Plateau instability), which were first suggested by a perturbative approach. In the extended fluid system, we confirm the existence of the critical dimension above which the non-uniform bridge (NUB, i.e., Delaunay unduloid) serves as the global minimizer of surface area. We also find a variety of phase structures (one or two cusps in the volume-area phase diagram) near the critical dimension. Applying a catastrophe theory, we predict that in the 9-dimensional (9D) space and below, we have the first order transition from a uniform bridge (UB) to a spherical drop (SD), while in the 10D space and above, we expect the transition such that UB -&gt; NUB -&gt; SD. This gives an important indication for a transition in the black hole-black string system. (C) 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • Cosmological density fluctuations in stochastic gravity: Formalism and linear analysis

    Yuko Urakawa, Kei-ichi Maeda

    PHYSICAL REVIEW D   77 ( 2 )  2008年01月  [査読有り]

     概要を見る

    We study primordial perturbations generated from quantum fluctuations of an inflaton based on the formalism of stochastic gravity. Integrating out the degree of freedom of the inflaton field, we analyze the time evolution of the correlation function of the curvature perturbation at tree level and compare it with the prediction made by the gauge-invariant linear perturbation theory. We find that our result coincides with that of the gauge-invariant perturbation theory if the e-folding from the horizon-crossing time is smaller than some critical value (similar to vertical bar slow-roll parameter vertical bar(-1)), which is the case for the scales of the observed cosmological structures. However, in the limit of the superhorizon scale, we find a discrepancy in the curvature perturbation, which suggests that we should include the longitudinal part of the gravitational field in the quantization of a scalar field even in stochastic gravity.

    DOI

  • Entropy Function and Universality of Entoropy-Area Relation for Small Black Holes.

    Rong-Gen Cai, Ching-Mei Chen, Kei-ichi Maeda, Nobuyoshi Ohta, Da-Wei Pang

    Physical Review   D77:064030  2008年  [査読有り]

  • Collision of domain walls and creation of matter in brane world

    Kei-ichi Maeda

    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT   172 ( 172 ) 90 - 99  2008年  [査読有り]

     概要を見る

    We study collision of two domain walls in five-dimensional (5D) spacetime and creation of matter fields. This may provide the reheating mechanism in cosmological models based on a colliding-brane scenario such as the ekpyrotic (or cyclic) universe.
    We first analyze the dynamics of colliding domain walls both in 5D Minkowski background spacetime and in asymptotic AdS spacetime including self-gravity. We find that multiple bounces appear at collision. In the case with gravity, we find that a spacelike curvature singularity is formed in the bulk, but it is covered by a horizon.
    Next we analyze production of particles at collision of two domain walls. For a scalar 0 where g is a field, the energy density of created particles is evaluated as rho approximate to 20(g)(-4) Nb m(Phi)(4) coupling constant of particles to a domain-wall scalar field, Nb is the number of bounces at the collision and m Phi is a fundamental mass scale of the domain wall. We also study the behaviour, of 5D fermions localized on domain walls, when two walls collide in a 5D Minkowski background spacetime. For kappa = 0 mode, we find that most fermions are localized on both branes as a whole even after collision. However, how much fermions are localized on which brane depends sensitively on the incident velocity and the coupling constants.

    DOI

  • Gravitational wave signals from a chaotic system: A point mass with a disk

    Kenta Kiuchi, Hiroko Koyama, Kei-ichi Maeda

    PHYSICAL REVIEW D   76 ( 2 )  2007年07月  [査読有り]

     概要を見る

    We study gravitational waves from a particle moving around a system of a point mass with a disk in Newtonian gravitational theory. A particle motion in this system can be chaotic when the gravitational contribution from a surface density of a disk is comparable with that from a point mass. In such an orbit, we sometimes find that there appears a phase in which particle motion becomes nearly regular (so-called "stagnant motion" or stickiness) for a finite time interval between more strongly chaotic phases. To study how these different chaotic behaviors affect observation of gravitational waves, we investigate a correlation of the particle motion and the waves. We find that such a difference in chaotic motions reflects on the wave forms and energy spectra. The character of the waves in the stagnant motion is quite different from that either in a regular motion or in a more strongly chaotic motion. This suggests that we may make a distinction between different chaotic behaviors of the orbit via the gravitational waves.

    DOI

  • Dynamics of colliding branes and black brane production

    Yu-ichi Takamizu, Hideaki Kudoh, Kei-ichi Maeda

    PHYSICAL REVIEW D   75 ( 6 ) 1 - 5  2007年03月  [査読有り]

     概要を見る

    We study the dynamics of colliding domain walls including self-gravity. The initial data is set up by applying a Bogomol'nyi-Prasad-Sommerfield (BPS) domain wall in five-dimensional supergravity, and we evolve the system determining the final outcome of collisions. After a collision, a spacelike curvature singularity covered by a horizon is formed in the bulk, resulting in a black brane with trapped domain walls. This is a generic consequence of collisions, except for nonrelativistic weak field cases, in which the walls pass through one another or multiple bounces take place without singularity formation. These results show that incorporating the self-gravity drastically changes a naive picture of colliding branes.

    DOI

  • Fermions on clliding brance.

    Gary Gibbons, Kei-ichi Maeda, Yu-ichi Takamizu

    Physics Letters   B647   1 - 7  2007年  [査読有り]

  • Stationary spacetime from intersecting M-branes

    Makoto Tanabe, Kei-Ichi Maeda

    Journal of Physics: Conference Series   33 ( 1 ) 393 - 398  2006年04月

     概要を見る

    We study a stationary "black" brane in M/superstring theory. Assuming BPS-type relations between the first-order derivatives of metric functions, we present general stationary black brane solutions with a traveling wave for the Einstein equations in D-dimensions. The solutions are given by a few independent harmonic equations (and plus the Poisson equation). General solutions are constructed by superposition of a complete set of those harmonic functions. Using the hyperspherical coordinate system, we explicitly give the solutions in 11-dimensional M theory for the case with M2⊥M5 intersecting branes and a traveling wave. Compactifying these solutions into five dimensions, we show that these solutions include the BMPV black hole and the Brinkmann wave solution. We also find new solutions similar to the Brinkmann wave. We prove that the solutions preserve the 1/8 supersymmetry if the gravi-electromagnetic field ℱij, which is a rotational part of gravity, is self-dual. We also discuss non-spherical "black" objects (e.g., a ring topology and an elliptical shape) by use of other curvilinear coordinates. © 2006 IOP Publishing Ltd.

    DOI

  • Stationary spacetime from intersecting M-branes

    Kei-ichi Maeda, Makoto Tanabe

    Nuclear Physics   B738   184 - 218  2006年  [査読有り]

    DOI

  • Creation of a brane world with a bulk scalar field

    Koh-suke Aoyanagi, Kei-ichi Maeda

    JCAP   0603:012   1 - 10  2006年  [査読有り]

    DOI

  • Inflation from superstring/M-theory compactification with higher order corrections.ⅡCase of quartic Weyl terms

    Kenta Akune, Kei-ichi Maeda, Nobuyoshi Ohta

    Physical Review   D73:103506   1 - 20  2006年  [査読有り]

  • Collision of domain walls in asymptotically anti de Sitter spacetime

    Yu-ichi Takamizu, Kei-ichi Maeda

    Physical Review   D73:103508   1 - 11  2006年  [査読有り]

  • Chaos of Yang-Mills field in Bianchi spacetimes

    Yoshida Jin, Kei-ichi Maeda

    The Proceedings of 10th Marcel Grossmann Meeting   C   1877 - 1879  2006年

  • A Supersymmetric Rotating Black Hole in a Compactified Spacetime

    Kei-ichi Maeda, Nobuyoshi Ohta, Makoto Tanabe

    Physical Review   D74:104002   1 - 7  2006年  [査読有り]

  • The fate of a five-dimensional rotating black hole via hawking radiation

    H Nomura, S Yoshida, M Tanabe, K Maeda

    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS   114 ( 3 ) 707 - 712  2005年09月  [査読有り]

     概要を見る

    We study the evolution of a five-dimensional rotating black hole emitting scalar field radiation via the Hawking process for arbitrary initial values of the two rotation parameters a and b. It is found that any such black hole whose initial rotation parameters are both nonzero evolves toward an asymptotic state a/M-l/2 = b/M-1/2 = const(not equal 0), where this constant is independent of the initial values of a and b.

    DOI

  • Chaos of Yang-Mills field in class a Bianchi spacetimes

    Yoshida Jin, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D71:064007   1 - 13  2005年  [査読有り]

  • Energy extraction from higher dimensional black holes and black rings.

    Masato Nozawa, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D71:084028   1 - 11  2005年  [査読有り]

  • Creation of a Brane world with Gauss-Bonnet Term

    Koh-suke Aoyanagi, Kei-ichi Maeda

    Proceedings of 22nd Texas Symposium on Relativistic Astrophysics     1102  2005年

  • Inflation from superstring /M theory compactification with higher order corrections.1.

    Kei-ichi Maeda, Nobuyoshi Ohta

    Phys.Rev.   D71:063520   1 - 27  2005年  [査読有り]

  • Cosmological co-evolution of Yang-Mills fields and perfect fluids

    John D. Barrow, Yoshida Jin, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D72:103512   1 - 13  2005年  [査読有り]

  • Inflation from M-theory with fourth-order corrections and large extra dimensions

    K Maeda, N Ohta

    PHYSICS LETTERS B   597 ( 3-4 ) 400 - 407  2004年09月  [査読有り]

     概要を見る

    We study inflationary solutions in the M-theory. Including the fourth-order curvature correction terms, we find three generalized de Sitter solutions, in which our 3-space expands exponentially. Taking one of the solutions, we propose an inflationary scenario of the early universe. This provides us a natural explanation for large extra dimensions in a brane world, and suggests some connection between the 60 e-folding expansion of inflation and TeV gravity based on the large extra dimensions. (C) 2004 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • Regular and black Hole Skyrmions with axisymmetry

    N.Shiiki, N.Sawado, K.Maeda, T.Torii

    General Relativity and Gravitation   36 ( 6 ) 1361 - 1371  2004年06月  [査読有り]

  • Collision of domain walls and reheating of brane universe

    Yu-ichi Takamizu, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D70:123514   1 - 10  2004年  [査読有り]

  • Domain wall dynamics in brane world and non-singular cosmological models

    Naoya Okuyama, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev   D70:064030   1 - 12  2004年  [査読有り]

  • Creation of a brane world with Gauss-Bonnet term

    Koh-suke Aoyanagi, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev   D70:123506   1 - 9  2004年  [査読有り]

  • Gravitational waves from chaotic dynamical system

    Kenta Kiuchi, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D70:064036   1 - 8  2004年  [査読有り]

  • The scalar-tensor theory of gravitation.

    Y.Fujii, K.Maeda

    Cambridge Univ. Press    2003年

  • Covariant gravitational equations on brane world with Gauss-Bonnet term

    K.Maeda, T.Torii

    Physical Review   D68, 024002   1 - 14  2003年

  • Stability analysis of black holes via a catastrophe theory and black hole thermodynamics in generalized theories of gravity

    T.Tamaki, K.Maeda, T.Torii

    Physical Review   D68, 024028   1 - 10  2003年  [査読有り]

  • Effective gravitational equations on brane world with いnduced gravity

    S.Mizuno, K.Maeda, T.Torii

    Physical Review   D68, 024033   1 - 8  2003年  [査読有り]

  • Dynamics of scalar field in a brane world

    S.Mizuno, K.Maeda, K. Yamamoto

    Physical Review   D67, 023516   1 - 15  2003年  [査読有り]

  • Five-dimensional black hole and particle solution with Non-Abelian gauge field

    N. Okuyama, K.Maeda

    Physical Review   D67, 104012   1 - 17  2003年  [査読有り]

  • Dilaton Dynamics in (A)dS_5 x S^5

    K.Maeda, K.Uzawa

    Physical Review   D68, 084017   1 - 16  2003年  [査読有り]

  • The einstein equations on a brane world.

    K.Maeda

    Progress of Theoretical Physics   Supplement series 148, 59-90  2003年

  • Uniqueness of self-similar asymptotically Friedmann-Robertson-Walker spacetime in Brans-Dicke theory

    H Maeda, J Koga, K Maeda

    PHYSICAL REVIEW D   66 ( 8 ) 1 - 4  2002年10月  [査読有り]

     概要を見る

    We investigate spherically symmetric self-similar solutions in Brans-Dicke theory. Assuming a perfect fluid with the equation of state p=(gamma-1)mu(1less than or equal togamma&lt;2), we show that there are no nontrivial solutions which approach asymptotically to the flat Friedmann-Robertson-Walker spacetime if the energy density is positive. This result suggests that primordial black holes in Brans-Dicke theory cannot grow at the same rate as the size of the cosmological particle horizon.

    DOI

  • Physics of the early universe

    Kei-Ichi Maeda

    Proceedings of the 16th International Conference     425 - 432  2002年09月

    DOI

  • Perturbation theory in lagrangian hydrodynamics for a cosmological fluid with velocity dispersion.

    T Tatekawa, M Suda, K Maeda, M Morita, H Anzai

    Phys.Rev.   D66:064014   1 - 13  2002年  [査読有り]

  • Density discontinuity of a neutron star and gravitational waves.

    Hajime Sotani, Kazuhiro Tominaga, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D65:024010  2002年  [査読有り]

  • Conservation laws for collisions of branse (or shells) in general relativity

    David Langlois, Kei-ichi Maeda, David Wands

    Phys.Rev.Lett.   88:181301   1 - 4  2002年  [査読有り]

  • Natural quintessence scenario in a brane world

    S Mizuno, K Maeda

    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT   148 ( 148 ) 252 - 258  2002年  [査読有り]

     概要を見る

    We study a new quintessence scenario by a scalar field with an inverse-power potential based on the brane cosmology. We show that in the quadratic dominant stage, which generically appears in brane world cosmology, the density parameter of a scalar field Omega(phi) decreases regardless of the potential-term contribution. This feature enables us to impose natural initial condition. We also discuss the constraints on parameters for the natural and successful quintessence scenario. (1)).

  • The origin of fractal distribution in Self gravitating virialized system and Self-organized criticality

    Y. Sota, O. Iguchi, M. Morikawa, T. Tatekawa, K. Maeda

    Phys. Rev.   E64:056133  2001年

  • Primordial fractal density perturbations and structure formation in the universe:one-dimensional collisionless sheet model.

    Takayuki Tatekawa, Kei-ichi Maeda

    Astrophys.J.   ( 547 ) 531 - 544  2001年  [査読有り]

  • Internal structure of skyrme black hole.

    Takashi Tamaki, Kei-ichi Maeda, Takashi Torii

    Phys.Rev.   D64:084019  2001年  [査読有り]

  • Properties of black hole solutions in the SU(3) einstein-yang-mills dilaton system.

    Takashi Tamaki, Kei-ichi Maeda, Masakazu Inada

    Phys.Rev.,   D63:087504  2001年  [査読有り]

  • Quintessence in a brane world.

    Shuntaro Mizuno, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D64:123521  2001年  [査読有り]

  • Brane Preheating.

    Shinji Tsujikawa, Kei-ichi Maeda, Shuntaro Mizuno

    Phys.Rev.   D63:123511  2001年  [査読有り]

  • Brane Quintessence.

    Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D64:123525  2001年  [査読有り]

  • Gravitational waves from a spinning particle scattered by a relativistic star: axial mode case.

    Kazuhiro Tominaga, Motoyuki Saijo, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D63:124012  2001年  [査読有り]

  • Gravitational waves from a spinning particle scattered by a relativistic star: axial mode case.

    Kazuhiro Tominaga, Motoyuki Saijo, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D63:124012  2001年  [査読有り]

  • The Einstein Equations on the 3-Brane World

    T.Shiromizu, K.Maeda, M.Sasaki

    Phys. Rev.   D  2000年  [査読有り]

  • Signature of Chaos in Gravitational Waves from a Spinning Particle

    S.Suzuki, K.Maeda

    Phys. Rev.   D61, 024005  2000年  [査読有り]

  • Global Structure of Exact Cosmological Solutions in the Brane World

    S.Mukohyama, K.Maeda, T.Shiromizu

    Phys. Rev.   D  2000年  [査読有り]

  • Statistical Mechanics of Self-Gravitating System: Cluster Expansion Method

    O.Iguchi, T.Kurokawa, M.Morikawa, A.Nakamichi, Y.Sota, K.Maeda, T.Tatekawa

    Phys. Lett.   A  2000年

  • Gravity, Stability and Energy Conservation on the Randall-Sundrum Brane-World

    M.Sasaki, K.Maeda, T.Shiromizu

    Phys. Rev.   D  2000年  [査読有り]

  • Generality of Singularity Avoidance in Superstring Theory: Anisotropic Case

    H.Yajima, K.Maeda, H.Ohkubo

    Phys. Rev.   D  2000年  [査読有り]

  • Gauged Monopole-Bubble

    Y.Kim, S.J.Lee, K.Maeda, N.Sakai

    Phys. Lett.   B452 214-220  1999年  [査読有り]

  • Gravitating Monopole and its Black Hole Solution in Brans-Dicke Theory

    T.Tamaki, K.Maeda, T.Torii

    Phys. Rev.   D60, 104049  1999年  [査読有り]

  • Preheating with Non-minimally Couopled Scalar Fields in Higher-curvature Inflation Models

    S.Tsujikawa, K.Maeda, T.Torii

    Phys. Rev.   D60, 123505  1999年  [査読有り]

  • Resonant Particle Production with Non-minimally Coupled Scalar Fields in Preheating after Inflation

    S.Tsujikawa, K.Maeda, T.Torii

    Phys. Rev.   D60, 063515  1999年  [査読有り]

  • Monopole Inflation in Brans-Dicke Theory

    N.Sakai, K.Maeda, J.Yokoyama

    Phys. Rev.   D59, 103504  1999年  [査読有り]

  • Gravitational Waves from a Test Particle Scattered by a Neutron Star: Axial Mode Case

    K.Tominaga, K.Maeda, M.Saijo

    Phys. Rev.   D60, 024004  1999年  [査読有り]

  • SL (4, R) Generating Symmetry in Five-dimensional Gravity Coupled to Dilaton and Three-form

    C.-M.Chen, D.V.Gal'tsov, K.Maeda, S.A.Sharakin

    Phys. Lett.   B453 7-16  1999年  [査読有り]

  • RENORMALIZATION GROUP APPROACH IN NEWTONIAN COSMOLOGY.

    Y. Sota, T. Kobayashi, K. Maeda, T. Kurokawa, M. Morikawa, A. Nakamichi

    Phys.Rev.   D58:043502  1998年  [査読有り]

  • TWO BOOSTED BLACK HOLES IN ASYMPTOTICALLY DE SITTER SPACE-TIME: RELATION BETWEEN MASS AND APPARENT HORIZON FORMATION.

    Takeshi Chiba, Kei-ichi Maeda, Ken-ichi Nakao, Taro Tsukamoto

    Phys.Rev.   D57:6119-6126  1998年  [査読有り]

  • STABILITY OF A DILATONIC BLACK HOLE WITH A GAUSS-BONNET TERM.

    Takashi Torii, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D58:084004  1998年  [査読有り]

  • NONABELIAN BLACK HOLES IN BRANS-DICKE THEORY.

    Takashi Tamaki, Kei-ichi Maeda, Takashi Torii

    Phys.Rev.   D57:4870-4884  1998年  [査読有り]

  • INNERMOST STABLE CIRCULAR ORBIT OF A SPINNING PARTICLE IN KERR SPACE-TIME.

    Shingo Suzuki, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D58:023005  1998年  [査読有り]

  • GRAVITATIONAL WAVES FROM A SPINNING PARTICLE PLUNGING INTO A KERR BLACK HOLE.

    M. Saijo, K. Maeda, M. Shibata, Y. Mino

    Phys.Rev.   D58:064005  1998年  [査読有り]

  • EQUIVALENCE OF BLACK HOLE THERMODYNAMICS BETWEEN A GENERALIZED THEORY OF GRAVITY AND THE EINSTEIN THEORY.

    Jun-ichirou Koga, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D58:064020  1998年  [査読有り]

  • Gravitational waves in Brans-Dicke theory : Analysis by test particles around a Kerr black hole

    Motoyuki Saijo, Hisa-aki Shinkai, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.,   D56:785-797  1997年07月  [査読有り]

    DOI

  • DILATONIC BLACK HOLES WITH GAUSS-BONNET TERM.

    Takashi Torii, Hiroki Yajima, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D55:739-753  1997年  [査読有り]

  • CHAOS IN SCHWARZSCHILD SPACE-TIME: THE MOTION OF A SPINNING PARTICLE.

    Shingo Suzuki, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D55:4848-4859  1997年  [査読有り]

  • DYNAMICS OF QUIET UNIVERSES.

    Hiraku Mutoh, Toshinari Hirai, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D55:3276-3287  1997年  [査読有り]

  • The Stuff of the Universe: Dark Matter, Mankind and Anthropic Cosmology

    前田 恵一

    日本物理学会誌/日本物理学会   51;7  1996年07月

  • バーチャル・ブラックホール

    前田 恵一

    パリティ/丸善   11;6  1996年06月

  • 双子のパラドックスのなぞをとく

    前田 恵一

    Newton/教育社   16;5  1996年05月

  • Tree-level String Cosmology

    Kei-ichi Maeda

    Physical Review D/American Physical Society   53;8  1996年  [査読有り]

  • Superradiance around Rotating Dilatonic Black Holes

    Kei-ichi Maeda

    Proceedings of the Seventh Marcel Grossmann Meeting/World Scientific    1996年

  • Stability of Non-Abelian Black Hole and Catastrophe Theory

    Kei-ichi Maeda

    Proceedings of the Seventh Marcel Grossmann Meeting/World Scientific    1996年

  • Solitonic Island in the Bubble

    Kei-ichi Maeda

    Proceedings of 2nd Pacific School forTheoretical Physics    1996年

  • Monopole Black Hole and Catastrophe Theory

    Kei-ichi Maeda

    Proceedings of the Sixth Seminar on Quantum Gravity/World Scientific    1996年

  • Inflation in a Planar Universe

    Kei-ichi Maeda

    Proceedings of the Seventh Marcel Grossmann Meeting/World Scientific    1996年

  • How Does Generalization of Einstein's Theory Enhance the Growth Rate of Cosmological Perturbations?

    Kei-ichi Maeda

    Proceedings of the Seventh Marcel Grossmann Meeting/World Scientific    1996年

  • Gravitational Collapse in Szekeres Universes

    Kei-ichi Maeda

    5th Workshop on General Relativity and Gravitation    1996年

  • Dynamics of Topological Defects and Inflation

    Kei-ichi Maeda

    Physical Review D/American Physical Society   53;2  1996年  [査読有り]

  • Dilatonic Black Holes with Gauss-Binnet Term

    Kei-ichi Maeda

    5th Workshop on General Relativity and Gravitation    1996年

  • Chaos in Static Axisymmetric Spacetimes I: Vacuum Case

    Kei-ichi Maeda

    Classical and Quantum Gravity/Institute of Physics   13  1996年  [査読有り]

  • Chaos in Static Axisymmetric Spacetimes

    Kei-ichi Maeda

    Proceedings of the Seventh Marcel Grossmann Meeting/World Scientific    1996年  [査読有り]

  • Bubbles with O(3)-symmetric Scalar Fieldin Curved Spacetime

    Kei-ichi Maeda

    Proceedings of the Seventh Marcel Grossmann Meeting/World Scientific    1996年

  • A Spinning Test Particle in a Relativistic Space Time

    Kei-ichi Maeda

    5th Workshop on General Relativity and Gravitation    1996年

  • 今度こそわかる相対性理論 Q&amp;A

    前田 恵一

    Newton/教育社   15;10  1995年09月

  • 入門 ブラックホール宇宙

    前田 恵一

    Newton/教育社   15;7  1995年06月

  • 宇宙最大の構造

    前田 恵一

    パリティ/丸善   10;4  1995年04月

  • Chaos in General Relativity

    Kei-ichi Maeda

    Proceedings of the International Conference on Dynamical Systems and Chaos/World Scientific   国際会議報告  1995年

  • Non-Abelian Black Holes and Catastrophy Theory: Neutral Type

    Kei-ichi Maeda

    Physical Review D/American Physical Society   51;4  1995年  [査読有り]

  • Non-Abelian Black Holes and Catastrophy Theory: Charged Type

    Kei-ichi Maeda

    Physical Review D/American Physical Society   51;8  1995年  [査読有り]

  • Naturalness of Inflation

    Kei-ichi Maeda

    Proceedings of the International Workshopon Birth of the Universe and FundamentalPhysics/Springer    1995年  [査読有り]

  • Exotic Black Holes

    Kei-ichi Maeda

    J. Korean Physical Society/Korean Physical Society   28  1995年  [査読有り]

  • Evaporation and Fate of Dilatonic Black Hole

    Kei-ichi Maeda

    Physical Review D/American Physical Society   52;12  1995年  [査読有り]

  • Cosmic Colored Black Holes

    Kei-ichi Maeda

    Physical Review D/American Physical Society   52;8  1995年  [査読有り]

  • Chaos in General Relativity

    Kei-ichi Maeda

    Proceedings of the International Conference on Dynamical Systems and Chaos/World Scientific   国際会議報告  1995年  [査読有り]

  • A '(3+1)' Method for Finding Principal Null Directions

    Kei-ichi Maeda

    Classical and Quantum Gravity/Institute of Physics   12  1995年  [査読有り]

  • GAUGE INVARIANT COSMOLOGICAL PERTURBATIONS IN GENERALIZED EINSTEIN THEORIES.

    Toshinari Hirai, Kei-ichi Maeda

    Astrophys.J.   431:6-19  1994年  [査読有り]

  • COSMIC HOOP CONJECTURE?

    Takeshi Chiba, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D50:4903-4913  1994年  [査読有り]

  • JUNCTION CONDITIONS OF FRIEDMANN-ROBERTSON-WALKER SPACE-TIMES

    N. Sakai, K. Maeda

    Phys.Rev.   D50:5425-5428  1994年  [査読有り]

  • DYNAMICAL EVOLUTION OF GRAVITATIONAL WAVES IN THE ASYMPTOTICALLY DE SITTER SPACE-TIME.

    M. Shibata, K. Nakao, T. Nakamura, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D50:708-719  1994年

  • GRAVITATIONAL MASS IN ASYMPTOTICALLY DE SITTER SPACE-TIMES.

    Ken-ichi Nakao, Tetsuya Shiromizu, Kei-ichi Maeda

    Class.Quant.Grav.   11:2059-2072  1994年  [査読有り]

  • STABILITY OF NONABELIAN BLACK HOLES AND CATASTROPHE THEORY.

    Kei-ichi Maeda, T. Tachizawa, T. Torii, T. Maki

    Phys.Rev.Lett.   72:450-453  1994年  [査読有り]

  • SUPERRADIANCE AROUND ROTATING DILATONIC BLACK HOLES.

    Jun-ichirou Koga, Kei-ichi Maeda

    Phys.Lett.   B340:29-34  1994年  [査読有り]

  • GENERALITY OF INFLATION IN A PLANAR UNIVERSE.

    Hisa-aki Shinkai, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D49:6367-6378  1994年  [査読有り]

  • APPARENT HORIZONS OF AN N-BLACK-HOLE SYSTEM IN A SPACE-TIME WITH A COSMOLOGICAL CONSTANT

    K NAKAO, K YAMAMOTO, K MAEDA

    PHYSICAL REVIEW D   47 ( 8 ) 3203 - 3213  1993年04月  [査読有り]

     概要を見る

    We present the analytic solution of N Einstein-Rosen bridges (''N black holes'') in the space-time with a cosmological constant LAMBDA and analyze it for one- and two-bridge systems. We discuss the three kinds of apparent horizons: i.e., the black-hole, white-hole, and cosmological apparent horizons. In the case of two Einstein-Rosen bridges, when the ''total mass'' is larger than a critical value, the black-hole apparent horizon surrounding two Einstein-Rosen bridges is not formed even if the distance is very short. Furthermore, in this case, the cosmological apparent horizon enclosing both bridges does not appear. Hence, it seems that when the ''total mass'' is very large, the Einstein-Rosen bridges cannot collapse into one black hole unless the ''gravitational mass'' is released in some way.

  • COSMIC NO HAIR THEOREM IN HOMOGENEOUS SPACE-TIMES. 1. BIANCHI MODELS.

    Yuichi Kitada, Kei-ichi Maeda

    Class.Quant.Grav.   10:703-734  1993年  [査読有り]

  • BLACK HOLES WITH NONABELIAN HAIR AND THEIR THERMODYNAMICAL PROPERTIES

    Takashi Torii, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D48:1643-1651  1993年  [査読有り]

  • Superradiance in the Kerr-de Sitter Space-Time

    T. Tachizawa, K. Maeda

    Physics Letters   A 172: 325-330  1993年  [査読有り]

  • CAN LARGE BLACK HOLES COLLIDE IN DE SITTER SPACE-TIME? --AN INFLATIONARY SCENARIO OF AN INHOMOGENEOUS UNIVERSE--

    T. Shiromizu, K. Nakao, H. Kodama, Kei-Ichi Maeda

    Phys.Rev.   D47:3099-3102  1993年  [査読有り]

  • BUBBLE DYNAMICS IN GENERALIZED EINSTEIN THEORIES.

    Nobuyuki Sakai, Kei-ichi Maeda

    Prog.Theor.Phys.   90:1001-1018  1993年  [査読有り]

  • EXPANDING SHELL AROUND A VOID AND UNIVERSE MODEL.

    Nobuyuki Sakai, Kei-ichi Maeda, Humitaka Sato

    Prog.Theor.Phys.   89:1193-1202  1993年  [査読有り]

  • BUBBLE DYNAMICS AND SPACE-TIME STRUCTURE IN EXTENDED INFLATION.

    Nobuyuki Sakai, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D48:5570-5575  1993年  [査読有り]

  • BUBBLE DYNAMICS IN GENERALIZED EINSTEIN THEORIES.

    Nobuyuki Sakai, Kei-ichi Maeda

    Prog.Theor.Phys.   90:1001-1018  1993年

  • NUMERICAL STUDY OF COSMIC NO HAIR CONJECTURE. 2: ANALYSIS OF INITIAL DATA

    K. Nakao, T. Nakamura, Kei-Ichi Maeda, K. Oohara

    Phys.Rev.   D47:3194-3202  1993年  [査読有り]

  • CAN GRAVITATIONAL WAVES PREVENT INFLATION?

    Hisa-aki Shinkai, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D48:3910-3913  1993年  [査読有り]

  • COSMIC NO HAIR THEOREM IN POWER LAW INFLATION.

    Yuichi Kitada, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D45:1416-1419  1992年  [査読有り]

  • NUMERICAL STUDY OF COSMIC NO HAIR CONJECTURE. 1. FORMALISM AND LINEAR ANALYSIS.

    K. Nakao, T. Nakamura, K.Oohara, Kei-ichi Maeda

    Phys. Rev.   D43:1788-1797  1991年  [査読有り]

  • THE CONSTANT MEAN CURVATURE SLICING OF THE SCHWARZSCHILD-DE SITTER SPACE-TIME.

    K. Nakao, K. Maeda, T. Nakamura, K.Oohara

    Phys. Rev.   D44:1326-1329,  1991年  [査読有り]

  • INFLATION IN GENERALIZED EINSTEIN THEORIES.

    A.L. Berkin, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D44:1691-1704  1991年  [査読有り]

  • QUANTUM COSMOLOGICAL APPROACH TO THE COSMIC NO HAIR CONJECTURE IN THE BIANCHI TYPE IX SPACE-TIME.

    Junichi Yokoyama, Kei-ichi Maeda

    Phys. Rev.   D41:1047  1990年  [査読有り]

  • EXTENDED INFLATIONARY UNIVERSES.

    John D. Barrow, Kei-ichi Maeda

    Nucl. Phys.   B341:294-308  1990年  [査読有り]

  • WORMHOLES WITH SCALAR FIELDS.

    David H. Coule, Kei-ichi Maeda

    Class. Quant.   Grav.7:955  1990年  [査読有り]

  • EFFECTS OF R3 AND R □R TERMS ON R2 INFLATION.

    Andrew L. Berkin, Kei-ichi Maeda

    Phys. Lett.   B245:348-354  1990年  [査読有り]

  • SOFT INFLATION.

    Andrew L. Berkin, Kei-ichi Maeda, Junichi Yokoyama

    Phys. Rev.Lett.   65:141-144  1990年  [査読有り]

  • CHAOTIC INFLATIONARY SCENARIO IN MODELS HAVING NONMINIMAL COUPLING WITH CURVATURE.

    T. Futamase, Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D39:399-404  1989年

  • INFLATION IN A RENORMALIZABLE COSMOLOGICAL MODEL AND THE COSMIC NO HAIR CONJECTURE.

    Kei-ichi Maeda, Jaime A. Stein-Schabes, Toshifumi Futamase

    Phys.Rev.   D39:2848  1989年  [査読有り]

  • TOWARDS THE EINSTEIN-HILBERT ACTION VIA CONFORMAL TRANSFORMATION.

    Kei-ichi Maeda

    Phys.Rev.   D39:3159  1989年  [査読有り]

  • BARYON NUMBER GENERATION FROM COSMIC STRING LOOPS.

    Masahiro Kawasaki, Kei-ichi Maeda

    Phys. Lett.   B208:84,(B209:271,1988)  1988年  [査読有り]

  • FINITE WIDTH CORRECTIONS TO THE NAMBU ACTION FOR THE NIELSEN-OLESEN STRING.

    Kei-ichi Maeda, Neil Turok

    Phys. Lett.   B202:376  1988年  [査読有り]

  • ON TIME VARIATION OF FUNDAMENTAL CONSTANTS IN SUPERSTRING THEORIES.

    Kei-ichi Maeda

    Mod. Phys.   Lett.A3:243  1988年  [査読有り]

  • INFLATION AS A TRANSIENT ATTRACTOR IN R2 COSMOLOGY

    Kei-ichi Maeda

    Phys. Rev.   D37:858  1988年  [査読有り]

  • BLACK HOLES AND MEMBRANES IN HIGHER DIMENSIONAL THEORIES WITH DILATON FIELDS.

    G.W. Gibbons, Kei-ichi Maeda

    Nucl. Phys.   B298:741  1988年  [査読有り]

  • IS THE COMPACTIFIED VACUUM SEMICLASSICALLY UNSTABLE?

    Kei-ichi Maeda

    Phys. Lett.   B186:33  1987年  [査読有り]

  • Attractor in a Superstring Model: The Einstein Theory, the Friedmann Universe and Inflation

    Kei-ichi Maeda

    Phys. Rev.   D35:471  1987年01月  [査読有り]

    DOI

  • INITIAL CONDITIONS AND ATTRACTORS IN HIGHER DIMENSIONAL COSMOLOGIES.

    Kei-ichi Maeda, P.Y.T. Pang

    Phys. Lett.   B180:29-33  1986年  [査読有り]

  • ON INFLATION IN THE HETEROTIC SUPERSTRING MODEL.

    Kei-ichi Maeda, M.D. Pollock

    Phys. Lett.   B173:251  1986年  [査読有り]

  • INFLATION IN A SUPERSTRING MODEL.

    Kei-ichi Maeda, M.D. Pollock, C.E. Vayonakis

    Class. Quant.   Grav.3:L89  1986年  [査読有り]

  • STABILITY AND ATTRACTOR IN KALUZA-KLEIN COSMOLOGY. 1.

    Kei-ichi Maeda

    Class. Quant.   Grav.3:233  1986年

  • STABILITY AND ATTRACTOR IN A HIGHER DIMENSIONAL COSMOLOGY. 2.

    Kei-ichi Maeda

    Class.Quant.Grav.   3:651  1986年  [査読有り]

  • COSMOLOGICAL SOLUTIONS WITH CALABI-YAU COMPACTIFICATION.

    Kei-ichi Maeda

    Phys. Lett.   B166:59  1986年  [査読有り]

  • Bubble Dynamics in the Expanding Universe

    K. Maeda

    General Relativity and Gravitation   18: 931-951  1986年  [査読有り]

  • ATTRACTOR UNIVERSE IN SIX-DIMENSIONAL N=2 SUPERGRAVITY KALUZA-KLEIN THEORY.

    Kei-ichi Maeda, H. Nishino

    Phys. Lett.   B158:381  1985年

  • QUANTUM EFFECTS ON HIGHER DIMENSIONAL SPACE-TIME.

    Kei-ichi Maeda, U. Carow

    Phys. Lett.   B158:298-304  1985年  [査読有り]

  • ATTRACTOR UNIVERSE IN SIX-DIMENSIONAL N=2 SUPERGRAVITY KALUZA-KLEIN THEORY.

    Kei-ichi Maeda, H. Nishino

    Phys. Lett.   B158:381  1985年  [査読有り]

  • COSMOLOGICAL SOLUTIONS IN D = 6, N=2 KALUZA-KLEIN SUPERGRAVITY: FRIEDMANN UNIVERSE WITHOUT FINE TUNING.

    Kei-ichi Maeda, H. Nishino

    Phys. Lett.   B154:358  1985年  [査読有り]

  • QUANTUM EFFECT ON KALUZA-KLEIN COSMOLOGIES: HIGH TEMPERATURE CASE.

    K. Maeda

    Phys. Rev.   D32:2528-2538  1985年  [査読有り]

  • EFFECT OF PARTICLE CREATION ON KALUZA-KLEIN COSMOLOGIES.

    Kei-ichi Maeda

    Phys. Rev.   D30:2482-2494  1984年

  • EFFECT OF PARTICLE CREATION ON KALUZA-KLEIN COSMOLOGIES.

    Kei-ichi Maeda

    Phys. Rev.   D30:2482-2494  1984年

  • PARTICLE CREATION EFFECT ON M4 X S7 KALUZA-KLEIN COSMOLOGIES.

    Takao Koikawa, Kei-ichi Maeda

    Phys. Lett.   B149:82  1984年  [査読有り]

  • IS COSMOLOGICAL DIMENSIONAL REDUCTION POSSIBLE?

    Kei-ichi Maeda

    Phys. Lett. B,   138:269  1984年  [査読有り]

  • EFFECT OF PARTICLE CREATION ON KALUZA-KLEIN COSMOLOGIES.

    Kei-ichi Maeda

    Phys. Rev.   D30:2482-2494  1984年  [査読有り]

  • VOID IN THE CLOSED UNIVERSE.

    Kei-ichi Maeda, M. Sasaki, H. Sato

    Prog. Theor.Phys.   69:89-99  1983年  [査読有り]

  • Expansion of a Thin Shell around a Void in Expanding Universe II

    K. Maeda, H. Sato

    Prog. Theor. Phys.   70: 1276  1983年  [査読有り]

  • THE EXPANSION LAW OF THE VOID IN THE EXPANDING UNIVERSE.

    H. Sato, Kei-ichi Maeda

    Prog.Theor.Phys.   70:119-127  1983年  [査読有り]

  • Expansion of a Thin Shell around a Void in Expanding Universe

    H. Sato, K. Maeda

    Prog. Theor. Phys.   70:772,  1983年  [査読有り]

  • GENERAL RELATIVISTIC GRAVITATIONAL COLLAPSE OF ROTATING STAR WITH MAGNETIC FIELDS: THE FORMALISM AND THE INITIAL VALUE EQUATIONS.

    Kei-ichi Maeda, Ken-ichi Oohara

    Prog.Theor.Phys.   68:567  1982年  [査読有り]

  • CREATION OF DE SITTER-SCHWARZSCHILD WORMHOLES BY A COSMOLOGICAL FIRST ORDER PHASE TRANSITION.

    Kei-ichi Maeda, Katsuhiko Sato, Misao Sasaki, Hideo Kodama

    Phys.Lett.B,   108:98  1982年  [査読有り]

  • MULTIPRODUCTION OF UNIVERSES BY FIRST ORDER PHASE TRANSITION OF A VACUUM.

    Katsuhiko Sato, Hideo Kodama, Misao Sasaki, Kei-ichi Maeda

    Phys.Lett.B,   108:103  1982年  [査読有り]

  • Topology of Collapse in Conformal Diagrams &#8211; Reissner -Nordstom case&#8211;

    F. de Felice, K. Maeda

    Prog. Theor. Phys.   68: 1967-1978  1982年

  • CREATION OF WORMHOLES BY FIRST ORDER PHASE TRANSITION OF A VACUUM IN THE EARLY UNIVERSE.

    Katsuhiko Sato, Misao Sasaki, Hideo Kodama, Kei-ichi Maeda

    Prog.Theor.Phys.   65:1443  1981年  [査読有り]

  • FATE OF WORMHOLES CREATED BY FIRST ORDER PHASE TRANSITION IN THE EARLY UNIVERSE.

    Hideo Kodama, Misao Sasaki, Katsuhiko Sato, Kei-ichi Maeda

    Prog.Theor.Phys.   66:2052  1981年  [査読有り]

  • General Relativistic Collapse of an Axially Symmetric Star I - The Formalism and the Initial Value Equations -

    T. Nakamura, K. Maeda, S. Miyama, M. Sasaki

    Prog. Theor. Phys.   63:1229  1980年

  • A Method of Determining Apparent Horizons in [(2+1)+1]- Formalism of the Einstein Equations

    M. Sasaki, K. Maeda, T. Nakamura, S. Miyama

    Prog. Theor. Phys.   63: 1051  1980年  [査読有り]

  • Gravitational Collapse of Charged Dust Shell and Maximal Slicing Condition

    Kei-ichi Maeda

    Prog. Theor.   Phys. 63: 425  1980年  [査読有り]

  • An Analytic Solution of Initial Data for a Slowly Rotating Dust Sphere under Maximal Slicing Condition

    K. Maeda, S. Miyama, M. Sasaki, T. Nakamura

    Prog. Theor. Phys.   63: 1048  1980年  [査読有り]

  • A New Formalism of the Einstein Equations for Relativistic Rotating Systems

    K. Maeda, M. Sasaki, T. Nakamura, S. Miyama

    Prog. Theor. Phys.   63: 719  1980年  [査読有り]

  • INSTABILITY OF A QUANTUM FIELD IN THE CURVED SPACE-TIME OF A ROTATING STAR.

    H. Sato, Kei-ichi Maeda

    Prog.Theor.Phys.   59:1173-1187  1978年

  • NO SUPERRADIANCE OF SPINOR WAVE IN THE KERR-NEWMAN METRIC.

    Kei-ichi Maeda

    Prog.Theor.Phys.   55   1677 - 1678  1976年

  • 別冊数理科学「重力理論」

    前田 恵一

    サイエンス社  

  • 数理科学「量子論と相対論」

    前田 恵一

    サイエンス社  

  • 図解雑学「ビッグバン」

    前田 恵一

    ナツメ社  

  • アインシュタインとボーア:相対論・量子論のフロンティア

    前田 恵一

    裳華社  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 様々な相対論的重力現象解析に基づく重力の本質理解に向けて

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    重力を時空の幾何学として捉える一般相対論は宇宙論、ブラックホール、重力波というまったく新しい研究分野を開拓した。本研究では三体重力系のような非可積分系のダイナミクス、特にそのような系から放出される重力波の解析により、重力の新しい側面を明らかにする。一方、超ミクロの世界と超マクロの世界の両極端で人類は大きな謎に遭遇しているが、本研究では一般相対論を超える理論や考え方によってこれらの謎解明に迫る。重力を時空の幾何学として捉える一般相対論は宇宙論、ブラックホール、重力波というまったく新しい研究分野を開拓した。本研究では三体重力系のような非可積分系のダイナミクス、特にそのような系から放出される重力波の解析により、重力の新しい側面を明らかにすることを目的とし、本年度は特に階層三体重力系(近接連星が第3の天体と連星系を構成する三体系)に特徴的な古在・リドフ振動の詳細な解析を行い、そのような系から放出される重力波の観測可能性について考察した。その結果、重力波の間接的証拠となるパルサーの近星点移動曲線の屈折が観測的にみられることを予言し、また直接観測に関しては、内部連星が合体する以前においてもLISAなどの次世代観測機器により十分に観測可能であることを示した。一方、超ミクロの世界と超マクロの世界の両極端で人類は大きな謎に遭遇しているが、本研究では一般相対性理論を超える理論や考え方によってこれらの謎解明に迫る。まずは従来の研究の延長上として、これらの謎解明に向けた修正重力理論に基づく様々な重力現象の解析を行っているが、重力波伝播速度が光速度とほぼ同じである制限はこのアプローチに大きな制限を与えている。そこで本研究で遂行する新しいアプローチ開拓の第一歩としてAdS/CFT対応を基礎にした重力理論構築に向けた準備研究をスタートした。特にCFT側から適切な境界条件を課すことで、ディープラーニングなどの手法を用いて重力側においてどのような重力理論が発現するかを探索中である。第一の課題に対して2019年度は、主に階層的三体系からの重力波観測の可能性について調べた。階層的三体系に特徴的な古在・リドフ振動により内連星の離心率が変化し、重力波放出量も変化することで、パルサーの近星点移動曲線の屈折が観測的にみられることを予言し、その成果をMonthly Notices Letters に掲載した。さらに相対論的効果を考慮した階層的三体系から放出される重力波の波形やスペクトルの詳細な解析を行い、予想される重力波が将来の観測計画(LISA、DECIGO、BBO)において十分に観測可能であることを明らかにした。この系からの重力波は、一度発見すればその後は古在・リドフ振動周期で何度も観測可能になるため、次の観測に向けた準備期間が十分得られることからより詳細な解析を可能にする(Phys.Rev.D に掲載)。第二の課題に対しては、いくつかの修正重力理論(Metric-affine Gravity、DBI-Galileon gravity、hybrid Higgs inflation model)に基づき、宇宙初期の加速膨張(インフレーション)および現在の加速膨張(ダークエネルギー)のメカニズムについて解析を行った。また、ローレンツ不変性を破る理論に基づきkink・anti-kink の衝突現象を解析し、フラクタルなどの非線形物理学にみられる特徴的な振る舞いを明らかにしている。AdS/CFT対応を基礎にしたアプローチに関しては、研究をスタートした段階でまだほとんど結果は得られていないが、研究の方向性は明確になってきており、短い期間で興味深い結果が得られるものと期待している。新型コロナ感染症の問題により、これまで考えていた研究の方法は大きく変える必要が出てきた。当初の予定では、共同研究を行う学生が少なくなってきたこともあり、海外の第一線で活躍する研究者との共同研究を中心にした研究を行うことを考えていた。しかしながら現在はそのような研究はかなり難しくなり、新しい研究方法が必要となった。第一の課題に関しては早稲田大学の研究員や学生および京大の学生との共同研究で、スカイプを使った共同研究を行っており、今後もその方法により予定している研究が遂行可能と考えられる。今後は予定通り、高次のポストニュートン近似項を考慮した場合の階層的三体系およびその系からの重力波解析、輻射の反作用を考慮した階層的三体系からの重力波解析、最終的には数値相対論に基づくより一般的な三体系からの重力波解析を行う。第二の課題に関しても、同じようなネットワークを構成することで、当初の研究内容を遂行することを考えている。実際、テーマは少し異なるか、先日早稲田大学高等研究所に滞在していた研究者と共同研究を始めたが、現在はZoomを使った議論およびメールにより研究を遂行している。第二の課題に関しても同様の方法を用いて行うことを現在検討中である

  • 重力波物理学・天文学における重力理論研究の新展開

    研究期間:

    2017年06月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    向山(代表)は、重力子が質量を持つ理論において、背景重力波がblue spectrumを持つだけでなく振幅が大きくなることを示し、観測可能性を議論した。前田(分担)は、階層的3体系における重力波の影響を解析し、ハルス・テイラー連星系において重力波の間接的根拠を与えたパルサーの近星点移動曲線に古在・リドフ振動に伴う屈折が現れることを示した。浅田(分担)は、Chern-Simons修正重力理論における遅い自転をする弱場天体での逐次解の構成法を開発し、GPB実験からの模型パラメタへの制限を付けた。須山(分担)は、暗黒物質がコヒーレントなスカラー場である仮説を、将来の重力波干渉計を用いるとどの程度検証できるかを明らかにした。山本(連携)は、非等方膨張宇宙などを伝搬する重力波について、その抽出と振る舞いについて研究を進めている。小林(連携)は、重力波観測から得られた制限を満たすような修正重力理論について、相対論的天体の構造、許されるパリティ対称性の破れ方、大規模構造の観測から得られる相補的制限などを調べた。重森(連携)は、弦理論における「D1-D5-Pブラックホール」と呼ばれるブラックホールの幾何状態を表す「超層解」と呼ばれる解の新しい例の構成をした。中山(連携)は、暗黒物質が重力相互作用しか持たないような模型を考え、インフレーション終了後の再加熱時期における重力的粒子生成の効果により、暗黒物質存在量の観測値を再現することが可能であることを示した。本橋(博士研究員)は、自発的スカラー化機構について、その性質が物質分布の対称性により劇的に左右されることを証明した。50編の論文を査読付き学術雑誌に出版し、国際会議や研究会で研究発表を56回行なった。「研究実績の概要」で記述したように、学術的価値の高い研究を数多く行い、重力波観測が重力理論の発展を促す可能性、そして理論予言がさらなる実験の発展の動機付けとなる可能性を追求した。したがって、本研究はおおむね順調にしてんしていると判断する。本研究は、重力理論の検証に向け、天文学的・宇宙論的観点からの重力波の研究を総合的に推進するものである。当然全体として統一感をもって研究に臨むべきであるが、それと同時に、個々の研究に高い質が求められる。そこで、個々の研究の効率を最適化するため、本年度同様に、全体を A) 拡張重力理論に基づく宇宙シナリオの重力波による検証可能性; B) 拡張重力理論におけるコンパクト天体と重力波; C) 相対論的な強重力場での天体の運動と重力波生成・伝播; D) ブラックホール周りの粒子のカオス的運動など、相対論的力学系からの重力波; E) 重力波の伝搬に関する理論模型の探求と観測との比較による制限; F) インフレーション宇宙論の重力波物理としての側面; G) インフレーション後の再加熱過程における重力波の生成; H) レーザー干渉計やパルサータイミングを用いて背景重力波を検出する方法論; I) 原始ブラックホールの連星が放出する重力波; J) ブラックホールの微視的構造の理論的解明; K) 超弦理論などの量子重力理論に基づく宇宙論シナリオと重力波 の 11 課題に分類し、それぞれについて研究を遂行する

  • 重力波物理学・天文学における重力理論研究の新展開

    科学研究費助成事業(京都大学)・基礎物理学研究所  新学術領域(研究領域提案型)

    研究期間:

    2017年
    -
    2021年
     

  • 3つの系統的アプローチの有機的な組み合わせによる様々な重力理論の検証

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    一般相対性理論は多くの実験・観測により十分検証されているが、それにもかかわらずダークエネルギーなどの宇宙論最大の謎やミクロ・スケールでの重力の基本的問題などの解決のため新しい重力理論が次々と提唱されている。どの重力理論が本当に正しいかを判断するには、重力理論を個々に解析するより系統的な方法で検証するのがより適切であると考え、本研究では3つの系統的な手法(有効理論的アプローチ、基礎理論的アプローチ、一般相対論的アプローチ)を提案し、それらを有機的に組み合わせ、 宇宙の加速膨張の説明やインフレーションモデルの適否などの総合的な観点から様々な重力理論の検証を行った。重力は非常に不思議な力で、ニュートン重力理論やアインシュタインの一般相対性理論は現代物理学を進展させる重要な鍵となった。宇宙論、ブラックホール、重力波というまったく新しい研究分野を開拓し、宇宙に関する知識も飛躍的に伸びた。このように重力の研究は、ことあるごとに物理学を大きく進化させてきたが、いままさに、力の統一や量子重力といった超ミクロの世界と広大な宇宙という超マクロの世界の両極端で人類は大きな謎に遭遇し、その答えの鍵としての重力が注目されている。本研究では3つの系統的な手法を提案し、その手法を有機的に組み合わせ,総合的な観点から様々な重力理論の検証を行う

  • 3つの系統的アプローチの有機的な組み合わせによる様々な重力理論の検証

    科学研究費助成事業(早稲田大学) 

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

  • 大質量星の進化における重力崩壊型超新星の総合的研究

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2016年03月
     

     概要を見る

    本研究課題では、太陽の約10倍以上の質量を持ついわゆる大質量星において、その準静的進化段階からコアの重力崩壊と超新星爆発を経て中性子星またはブラックホールの形成に至る過程を理論的に研究した。まず、近似的シミュレーションを数100のモデルに対して行い、爆発前のコアのコンパクトさが爆発のしやすさを決める重要なパラメターであることを明らかにした。一方、人為的近似を用いないより厳密な数値計算を京スーパーコンピューターで行い、現在の知見を総動員したモデルでも実は爆発を再現できないことを明らかにした。また、コードの相対論化も進めた。他方、回転星の歪んだ形状を数値的に求める独自の新たな手法を完成させた

  • 素粒子統一理論を基礎にした様々な重力理論の解析および宇宙論的検証

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(C))

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

     概要を見る

    宇宙論の標準モデルであるビッグバン宇宙論は、近年の精密観測により確かなものになってきたが、その一方で新たな謎としてダークエネルギー問題が誕生した。その解決には自然界における基本法則の根幹にも関わる発想の転換が必要と考えられる。また、ミクロ世界においてはインフレーション宇宙論などの初期宇宙像の観測的検証が注目されており、素粒子統一理論をもとにしたその基本的理解が求められている。これらミクロとマクロの両極端で謎となっている加速膨張宇宙の起源の解明には宇宙を支配する重力の本質的理解が鍵となり、一般相対性理論を超えた様々な重力理論が提案されるに至っている。本研究では、超弦理論など素粒子統一理論の立場からダークエネルギー・インフレーションなどの宇宙の未解決重要課題を重力物理学の問題として系統的に解析する。
    2013年度は主に以下の研究成果を得ている。
    (I)素粒子統一理論を基礎にした様々な重力理論に基づくインフレーションの解析を行っているが、近年ゲージ場とインフラトン場の結合の重要性が指摘されており、2013年度は、特に、ゲージ場のインフレーションモデルに与える影響を解析した。複数のU(1) ゲージ場またはSU(2) ゲージ場がインフラトン場と結合する場合、一様等方加速膨張時空が安定解として存在するが、初期の非等方性が大きい場合は、長期間非等方加速膨張が起こり、モデルが観測的に検証可能であることを示した。
    (II)ダークエネルギー問題に関しては、2013年度は、massive gravity 理論を拡張したbigravity理論を基礎に解析した。その結果、加速膨張宇宙がアトラクターとして動的に実現されるということ、さらには第二の計量と結合する「双子物質」が我々の宇宙のダークマターとして振る舞う可能性があることを示した。

  • 素粒子統一理論を基礎にした様々な重力理論の解析および宇宙論的検証

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(C))

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

     概要を見る

    宇宙論の標準モデルであるビッグバン宇宙論は、近年の精密観測により確かなものになってきたが、その一方で新たな謎としてダークエネルギー問題が誕生した。その解決には自然界における基本法則の根幹にも関わる発想の転換が必要と考えられる。また、ミクロ世界においてはインフレーション宇宙論などの初期宇宙像の観測的検証が注目されており、素粒子統一理論をもとにしたその基本的理解が求められている。これらミクロとマクロの両極端で謎となっている加速膨張宇宙の起源の解明には宇宙を支配する重力の本質的理解が鍵となり、一般相対性理論を超えた様々な重力理論が提案されるに至っている。本研究では、超弦理論など素粒子統一理論の立場からダークエネルギー・インフレーションなどの宇宙の未解決重要課題を重力物理学の問題として系統的に解析する。
    2013年度は主に以下の研究成果を得ている。
    (I)素粒子統一理論を基礎にした様々な重力理論に基づくインフレーションの解析を行っているが、近年ゲージ場とインフラトン場の結合の重要性が指摘されており、2013年度は、特に、ゲージ場のインフレーションモデルに与える影響を解析した。複数のU(1) ゲージ場またはSU(2) ゲージ場がインフラトン場と結合する場合、一様等方加速膨張時空が安定解として存在するが、初期の非等方性が大きい場合は、長期間非等方加速膨張が起こり、モデルが観測的に検証可能であることを示した。
    (II)ダークエネルギー問題に関しては、2013年度は、massive gravity 理論を拡張したbigravity理論を基礎に解析した。その結果、加速膨張宇宙がアトラクターとして動的に実現されるということ、さらには第二の計量と結合する「双子物質」が我々の宇宙のダークマターとして振る舞う可能性があることを示した。

  • 宇宙を舞台にした重力物理学の研究

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2013年03月
     

     概要を見る

    宇宙における基本的最重要課題を重力物理学の観点から解析した。初期宇宙における最重要課題としては、宇宙初期特異点問題およびインフレーションの起源について、それぞれ、Horava-Lifshitz 重力理論および超ひも理論を基礎に考察した。一方、現在その存在が確実視されているダークエネルギーに関しては、主にbigravity 理論を基礎に解析し、この理論ではダークエネルギー(宇宙定数)がアトラクターとして自然に導かれることを示した

  • 高次元宇宙における重力理論と宇宙論

    二国間交流事業(日本・イギリス(ケンブリッジ大学)  特別推進

    研究期間:

    2008年
    -
    2009年
     

     概要を見る

    研究結果:日英の重力理論および宇宙論研究の第一線で活躍する研究者が、素粒子統一理論から予言される高次元宇宙における宇宙論を基礎に宇宙論の諸問題解明に取り組んだ。

  • ブレイン重力と宇宙論

    二国間交流事業(日本・ポーツマス大学)  二国間交流事業(日本・ポーツマス大学)

    研究期間:

    2005年
    -
    2007年
     

     概要を見る

    2000年に始まったブレイン宇宙論の研究を、この分野の第一線で活躍している日英の研究者を集め集中的に行った。期間中に行ったワークショップにおいては、次代の宇宙論としての可能性を探った。

  • 高エネルギー天体現象の電波観測

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(A))

    研究期間:

    2002年
    -
    2005年
     

     概要を見る

    那須に建設した球面鏡により、観測周波数1.4GHzで電波観測を行い、世界ではじめて高銀緯にトランジェント電波源を発見した。観測結果の発表などは雑誌論文の項目に記載してある。光やX線、ガンマ線などの領域では空の広い範囲を常時モニターする観測が行われ、トランジェントな天体が数多く発見されてきた。ガンマ線バーストはその典型であり、1960年代に発見されながらその正体が宇宙理論的な距離にある高エネルギー天体現象であることが判明するのに30年以上かかった。電波領域では、CygX-3のように銀河面にあって数年に1度電波バーストを起こすトランジェントな天体が1970年代からすでに知られていたにもかかわらず、それらを捜す観測装置はこれまで存在しなかった。その理由は、視野が広くかっ多方向を同時に観測できる装置がつくりにくかったからである。我々はディジタル信号処理のアルゴリズムを工夫し、またそこへ入力する宇宙からの微弱な信号を集光する大面積のアンテナを極めて安くつくる工夫をして、通常の建設コストの数十分の一の経費でこの課題を達成した。アルゴリズムの問題としては、信号の流れのビット幅が、信号処理の各段階において拡大も縮小もせず一定に保たれることに成功したことがカギであった。これにより、空間領域と時間領域の両方に広がった信号を、あふれさせることなく、また逆に処理装置が遊ぶこともなく常に100%の稼働率で働くことが、可能となった。さらに曲率が一定であることを利用して大面積のアンテナ、固定球面鏡を極めて安く開発した。追尾機能をもたせ微弱な天体の観測も可能となって、上記の観測が可能となった。

  • 複雑系の解明と新技術の開発

    文部科学省 

    研究期間:

    1999年
    -
    2003年
     

  • 複雑系の解明と新技術の開発

    文部科学省 

    研究期間:

    1997年
    -
    2001年
     

  • 素粒子・宇宙実験用希ガス液体検出器の開発

    文部科学省 

    研究期間:

    1997年
    -
    2001年
     

  • 力学系アトラクタ-としてのインフレ-ションと宇宙の一様・等方性

    科学研究費助成事業(東京大学)  科学研究費助成事業(一般研究(C))

    研究期間:

    1988年
    -
    1989年
     

     概要を見る

    本研究では、宇宙の一様・等方性を説明するために提案されたインフレ-ションの必然性について、解析的および数値的両面から研究し次の成果を得た。
    1.初期に非一様・非等方に生成された宇宙が、実際にインフレ-ションを経験し現在の宇宙に進化できるのかどうかという主テ-マについては次のことを明らかにした。
    (1)一様・非等方な宇宙に関しては、ビアンキIX宇宙以外ではインフレ-ションが必ず起こることがわかっている。ビアンキIX宇宙についてはインフレ-ションが起こるかどうかは宇宙の初期条件による。そこで、インフレ-ションが起こる場合の初期条件が必然的なものかどうかを、量子論的観点から量子宇宙論を基礎に調べ、ビアンキIX宇宙に関してもインフレ-ションが自然な現象となることを示した。
    (2)非一様な宇宙に関しては、その高い非線型性のため系統的な問題解明の方法が明らかでなく、まだまだ研究が不十分である。本研究では、
    (i)まず初年度には対称的な時空を仮定し解析的な研究を行った。ソリトン等の非線型物理学での方法がアインシュタイン方程式でも開発されているが、この技法を宇宙項がある場合のフリ-ドマン宇宙の非線型摂動解を構成、研究することにより非一様宇宙の宇宙項による一様化の可能性について軸対称および面対称の場合に調べた。また、薄い殼近似の方法を使った軸対称または面対称な場合の非一様宇宙モデルの解析的研究も行った。
    (ii)数値的には、数値的相対論を使って、まず球対称を仮定し数値計算を行い、さらには最も一般的な三次元非一様時空の問題を系統的に調べることに着手した。そのためにまず、膨張宇宙を取り扱うのに数値的相対論として適した定式化を与え、線型解析の範囲で非一様宇宙の一様化の機構を明らかにした。この最も一般的な三次元非一様時空の問題は、今後一般相対論の研究において一つの大きな分野となることが期待される。
    2.素粒子の統一理論の帰結として提案されているアインシュタイン理論をより一般化した理論においても、インタレ-ションが普遍的に存在するのかという問題を考察し、その普遍性を明らかにした。その方法としては、おもに共形変換を使い、一般化されたアインシュタイン理論を簡単化して解析を行った。この一般化されたアインシュタイン理論には曲率2乗項を持ったものやBrans-Dicke理論などが含まれる。

  • 非線型・非一様時空構造の創成・進化と数値的宇宙論

     概要を見る

    本研究ではまず数値的宇宙論の定式化を行った。申請者達により宇宙論の問題を数値的相対論として扱うため考案された新しい方法は、重力崩壊のときのテクニックを充分に活用できるもので、今までの数値的相対論の研究の自然な延長上にある。この定式化を用い、インフレ-ションの普遍性問題の解決のため、簡単な場合として宇宙項のみ存在する場合の1次元面対称時空のシミュレ-ション計算を実行した。Goldwirth,Piranは1次元球対称の場合に計算を行い、インフラトン場の非一様性のスケ-ル長が、地平線より大きな場合インフレ-ションが起こることを示している。我々はその問題と相補的な場合、つまり重力波による非一様性がインフレ-ションにどう影響するかを考えた。結果は、特異点に崩壊して行く様な場合は存在せず、すべて一様・等方なde Sitter時空に進化していった。このことはインフレ-ションの普遍性を支持する。この結果はGoldwirth、Piran達のものと異なるが、それが重力波による非一様性の特性か、仮定した対称性によるものがどうかは、現時点では、明かでない。また、本研究の大きな成果として、これらのシミュレ-ションなどをもとにし、インフレ-ションの普遍性問題に関する新しい仮説、“Gosmic Hoop Conjecture"を提案し、宇宙項が存在する場合の非一様性空の進化のようすを解析的および数値的に解明しつつある。この結果は近い将来国際会議および学術雑誌に発表の予定である。さらには、宇宙における非一様性の生成・進化、特に、宇宙初期の相転移に伴う泡構造やブラックホ-ルなどの非一様性の生成とその進化の問題、に関しては、主に、一般化されたアインシュタイン理論に基づいた研究を行った。インフレ-ションそのもののモデルに関しては、我々はsoft inflationを提案しているが、そのモデルによると理論に含まれるパラメ-タの微調整は必要なく、インフレ-ションを導く自然なモデルと考えられる。また、La、Steinhardtの提案しているextended inflationは、荒い評価では生成された泡の作る非一様性が観測と矛盾することから、オリジナルなモデルは否定されているが、実際にはその泡の膨張則はより厳密に計算されなければならない。その解析を行った結果、extended inflationの初期にはこれまで考えられていたのとは異なるタイプの相転移が起こることが明らかになり、観測と矛盾するかどうかはさらにシミュレ-ション計算等を行う必要のあることを示した。また、このextended inflationが正しいとすると、old inflationで佐藤達によって提案された宇宙の多重発生が起こり得ることも示した。一方、銀河などの構造形成問題は、宇宙における非一様性の問題としてもう一つの重要なテ-マである。ここでは、この構造形成問題が「一般化されたされたアインシュタイン理論」の枠内で自然に理解できないかを考察した。nonーminimal couplingがある場合、密度ゆらぎが十分増幅されるモデルがあるが、残念なことにその宇宙モデル自身は見かけの“重力定数"が負になる領域まで進化し、不自然なものといわざるを得ない

  • 一般相対論における非線型動的現象と重力波

     概要を見る

    重力波を含めた一般相対論における非線型動的現象の研究は、方程式の非線型性のため解析的アプローチにおいては、従来、問題個々に限られた範囲でのみ考察されていた。そのいくつかは非常に興味深にもので、非線型物理学としての一般相対論は一部確立されている(逆散乱法を用いた解の生成法、膨張宇宙でのソリトン解、宇宙初期やブラックホールのまわりの粒子のカオス的振舞いなど)。しかし解析的にアプローチするには限界があり、その限界を数値的相対論を使って越えようとしたり解析的アプローチと数値的相対論との融合により、一般相対論の基礎的研究を行うという試みはいまだかってあまり行われておらず、それを重力波の動的振舞いに焦点をしぼり系統的に行うというのが本研究の特徴である。現在までに、おもに京都グループと共同で、膨張宇宙における重力波の非線型振舞いについて研究を行っている。重力波は、それ自身ブラックホールを形成するほどにその非線型性が大きくなりうるが、逆に宇宙膨張はその形成を妨げようとする。その競合過程を研究することで、重力波の非線型的性質、振舞い等についてより深い理解が出来ると考えられる。またこの研究は、宇宙論におけるインフレーションの必然性の議論においても重要になり、我々のこれまでの研究で、非一様な初期宇宙の進化についてかなり多くのことが明らかになった。さらに、我々は、現在世界的に活躍している日本人相対論研究者と相互に連絡をとり、本研究課題を拡張したテーマで「一般相対論と重力」研究会をスタートしている。本年度は、93年1月に早稲田大学で開催した。参加者は予想を上回り140名以上で、多くの若手研究者の参加、研究発表(60講演)があり、この分野の研究会としては盛況なものになった。これらの成果は英文の報告集としてまとめられている。この研究会をきっかけとして、さらに多くの研究者がこの重点領域研究に興味を持ち、重点領域推進の一助となることが期待され、そのためにも、今後も年一回の研究会を開催する予定である

  • 宇宙項をふくむ系における物理的基礎プロセスと非一様時空のダイナミクス

     概要を見る

    アインシュタインが一度は否定した宇宙項が、ここ数年宇宙論で再び注目されつつある。ことの始まりは10年ほど前に提案されたインフレーションである。最近では、ビッグバン宇宙論の最重要課題:大規模構造形成問題を解決する鍵として宇宙項は注目されつつある。そこで、本研究では、宇宙項が存在する時空における物理的基礎プロセスの解明と、その時空の動的振舞いの系統的な考察を行った。具体的には、以下の3つにまとめられる。(1)インフレーション宇宙の普遍性および必然性。一般的な時空においてもインフレーションが起こるとする仮説(Cosmic No-Hair Conjecture)の成立条件を調べる。そのため、宇宙項をふくむ非一様時空のダイナミクスを研究した。数値的宇宙論の定式化はすでに完成されているが、本年度はその計算コードを用い、宇宙項のみ存在する場合の非一様時空のダイナミクスを面対称1次元問題として数値計算を実行した。その結果、インフレーションが普遍的な現象であることが明らかになった。(2)宇宙項と物理的基礎プロセスの解明。宇宙項の影響についてミクロな場合(量子論的諸問題)とマクロな場合(重力レンズ効果など)両方を考察し、現在非常に小さいと考えられる宇宙項の消失メカニズムについても検討する。現在のところ、Kerr-de Sitter時空での超放射現象などの量子場の問題を中心に考察中で、Kerr-de Sitter時空においての宇宙項の役割は明確になった。(3)宇宙項と一般化されたアインシュタイン理論に基づく宇宙論。現在宇宙項が非常に小さい理由として、宇宙項が時間と共に減少する理論が考えられるが、それは一般化されたアインシュタイン理論から導かれる。ところが、そのような理論では重力相互作用が従来のものと異なり、インフレーション理論や大規模構造の形成問題において重要な変更があると期待される。本研究では、一般化されたアインシュタイン理論での密度ゆらぎのゲージ不変な定式化を行い、具体的なモデルにおいて密度ゆらぎの発展方程式を解き、重力を一般化することで従来の大規模構造形成シナリオが改善されるかを調べた

  • 一般相対論における非線型動的現象と重力波

     概要を見る

    重力波を含めた一般相対論における非線型動的現象の研究は、方程式の非線型性のため解析的アプローチにおいては、従来、問題個々に限られた範囲でのみ考察されていた。そのいくつかは非常に興味深にもので、非線型物理学としての一般相対論は一部確立されている(逆散乱法を用いた解の生成法、膨張宇宙でのソリトン解、宇宙初期やブラックホールのまわりの粒子のカオス的振舞いなど)。しかし解析的にアプローチするには限界があり、その限界を数値的相対論を使って越えようとしたり解析的アプローチと数値的相対論との融合により、一般相対論の基礎的研究を行うという試みはいまだかってあまり行われておらず、それを重力波の動的振舞いに焦点をしぼり系統的に行うというのが本研究の特徴である。現在までに、おもに京都グループと共同で、膨張宇宙における重力波の非線型振舞いについて研究を行っている。重力波は、それ自身ブラックホールを形成するほどにその非線型性が大きくなりうるが、逆に宇宙膨張はその形成を妨げようとする。その競合過程を研究することで、重力波の非線型的性質、振舞い等についてより深い理解が出来ると考えられる。またこの研究は、宇宙論におけるインフレーションの必然性の議論においても重要になり、我々のこれまでの研究で、非一様な初期宇宙の進化についてかなり多くのことが明らかになった。さらに、我々は、現在世界的に活躍している日本人相対論研究者と相互に連絡をとり、本研究課題を拡張したテーマで「一般相対論と重力」研究会をスタートしている。本年度は、93年1月に早稲田大学で開催した。参加者は予想を上回り140名以上で、多くの若手研究者の参加、研究発表(60講演)があり、この分野の研究会としては盛況なものになった。これらの成果は英文の報告集としてまとめられている。この研究会をきっかけとして、さらに多くの研究者がこの重点領域研究に興味を持ち、重点領域推進の一助となることが期待され、そのためにも、今後も年一回の研究会を開催する予定である

  • 一般相対論と重力波の理論的研究

     概要を見る

    現在は、観測・実験やシミュレーションの進展により、アインシュタインの一般相対論に対する関心が非常に集まっている時期と考えられる。本研究では、この機会を捕らえ、国内の一般相対論およびその周辺分野の一流研究者を集め、以下の3つの最重要課題を中心に共同研究を行い、一般相対論および重力波の基礎的理解を深め、相対論的物理学の新しい発展を図ることを目指した。その実行段階で、得られた成果のとりまとめやより集中的な議論を行うため、竹原の研究会や東京セミナーを定期的に行ったが、その目的は十分達成されたと考える。1.一般相対論における未解決問題の研究(解析的アプローチ:冨松彰、小玉英雄、中村卓史、前田恵一・数値的アプローチ:江里口良治、大原謙一、小嶌康史、真貝寿明、中村卓史)2.観測的宇宙論とその一般相対論取り扱い(佐々木節、二間瀬敏史、石原秀樹、前田恵一)3.素粒子統一理論と一般相対論の関連(吉村太彦、細谷暁夫、小玉英雄、前田恵一)ここにリストアップした課題の成果については報告冊子に詳しくまとめてある。さらに、相対論分野の活性化や相互の議論・交流および若手育成にも多大の努力を払った。例えば、一般相対論全般において現在日本全国で行われている研究を鳥瞰する目的として、従来の大研究会「一般相対論と重力」の第4〜6回目を毎年開催したが、その参加者は百数十名、講演数は毎回50を越える盛況な研究会になり、相対論分野の活性化に大きく貢献したと考えられる。またその成果は英文のプロシ-ディングとしてまとめている

  • 一般相対論における非線型動的現象と重力波

     概要を見る

    重力波を含めた一般相対論における非線型動的現象の研究は、方程式の非線型性のため解析的アプローチにおいては、従来、問題個々に限られた範囲でのみ考察されていた。そのいくつかは非常に興味深にもので、非線型物理学としての一般相対論は一部確立されている(逆散乱法を用いた解の生成法、膨張宇宙でのソリトン解、宇宙初期やブラックホールのまわりの粒子のカオス的振舞いなど)。しかし解析的にアプローチするには限界があり、その限界を数値的相対論を使って越えようとしたり解析的アプローチと数値的相対論との融合により、一般相対論の基礎的研究を行うという試みはいまだかってあまり行われておらず、それを重力波の動的振舞いに焦点をしぼり系統的に行うというのが本研究の特徴である。現在までに、おもに京都グループと共同で、膨張宇宙における重力波の非線型振舞いについて研究を行っている。重力波は、それ自身ブラックホールを形成するほどにその非線型性が大きくなりうるが、逆に宇宙膨張はその形成を妨げようとする。その競合過程を研究することで、重力波の非線型的性質、振舞い等についてより深い理解が出来ると考えられる。またこの研究は、宇宙論におけるインフレーションの必然性の議論においても重要になり、我々のこれまでの研究で、非一様な初期宇宙の進化についてかなり多くのことが明らかになった。さらに、我々は、現在世界的に活躍している日本人相対論研究者と相互に連絡をとり、本研究課題を拡張したテーマで「一般相対論と重力」研究会をスタートしている。本年度は、93年1月に早稲田大学で開催した。参加者は予想を上回り140名以上で、多くの若手研究者の参加、研究発表(60講演)があり、この分野の研究会としては盛況なものになった。これらの成果は英文の報告集としてまとめられている。この研究会をきっかけとして、さらに多くの研究者がこの重点領域研究に興味を持ち、重点領域推進の一助となることが期待され、そのためにも、今後も年一回の研究会を開催する予定である

  • 素粒子的ブラックホールとその宇宙論的役割

     概要を見る

    ブラックホールは質量、電荷、角運動量の3つで決るKerr-Newmanタイプのみと考える『ブラックホールの無毛仮説・唯一性問題』との関連で、最近、新しいタイプのブラックホール解がいくつか見つかっている。本研究では、おもに、その系統的な研究を行い、新しい安定性解析の方法を開発した。ゲージ場が質量を持つ場合、非可換ゲージ場を伴うブラックホールには、2つのタイプ(安定なものと不安定なもの)があるが、それらは解空間において2つの粒子解から連続的に現れ、ある臨界質量で一致するが、その分岐点でカスプが現れる。これは、カタストロフィー理論で特有の性質で、ブラックホールの安定性が、その分岐点で変化することが示唆されるが、実際に現在まで知られているブラックホールおよびその性質はすべてこれを支持しており、ブラックホールのエントロピーが安定性の解析において重要な物理変数となることが明らかになった。また、新しい解としては、宇宙項が存在する場合のColored Black Hole解や、超ひも理論をもとしにした有効理論(Gauss-Bonnet項を含む理論)におけるブラックホール解を求め、その熱力学的性質についても考察した。後者のブラックホール解では、質量に下限が現れ、そこで裸の特異点が現れるが、ブラックホール蒸発の最終状態やそれに伴う情報消失の問題に関する重要な示唆を与えるのではないかと考えられる

  • 宇宙定数と宇宙の進化

     概要を見る

    1)宇宙の光度密度と宇宙定数近年系統的に高赤方偏移領域での銀河の光度分布、星形成率の探査が行われるようになって来た。戸谷、吉井ととに、カナダフランス赤方偏移探査のデータを銀河のスペクトルを説明することのできる最もらしい銀河進化のモデル、有本吉井モデルから予想される理論的進化計算との比較を行った。その結果きわめて高い確率で宇宙定数が存在する宇宙のモデルが観測と一致することを見出した。95%の確かさで無次元宇宙定数は0.41以上、また通常の平坦なアインシュタイン・ドシッタモデルは99%で除外されるとの結果が導かれた。さらに高赤方偏移領域での観測と比較するならば、銀河進化のモデルとしては、ガスが降着しつづけるモデルが星形成率の探査とよく一致することが分かった。また楕円銀河の形成時期はかなり高赤方偏移領域(〜4)であることが好ましいことが分かった。楕円銀河形成時に放出される紫外線は宇宙をイオン化するに適量であるだけでなく、合成された金属元素が銀河間空間に放出されるならば、QSOの吸収線から得られる観測量を説明し得る。2)元素合成ビッグバン元素合成は宇宙のバリオン密度良き指針である。近年軽元素の観測が観測技術の進歩に伴い、最近の観測の結果、特に観測家の示すような厳しい誤差範囲を信ずるならば、もっとも単純なビッグバン元素合成の理論は観測と矛盾が生じる。ビックバンの危機と呼ぶ研究者もいる。最近、宇宙のレプトン数が非対称である宇宙での元素合成を、理論の誤差をモンテカルロ計算によって統計的に評価しながら調べた。その結果、現在の観測値をもっとも説明できる量は、ニュートリノの縮退パラメータが0.043±0.040、またバリオン密度パラメータが、0.015+0.006-0.003であることが95%の確かさでいえることがわかった

  • 5次元ディジタル信号処理によるパルサーサーベイと重力理論の検証

     概要を見る

    (ナイキストレートでの空間時間FFT)世界ではじめて、ナイキストレートで処理を行う空間時間FFTプロセッサーを開発し(Daishido,T.et al,2000)、64台のアンテナからなる干渉計に接続して、64方向、256チャネル同時観測を実現した。(信号の流れのトポロジー)このプロセッサーの開発・製作過程では多くの工夫がなされ、世界に新しい流れをつくりだした。第一は、空間処理FFTと時間処理FFTの信号の流れのトポロジーが全く同じであることを積極的に利用して、全く同じ構造のプロセッサー2組で空間時間FFTを一挙に実現したことである。(空間時間データの並べ換え)間に設置した空間時間データ変換部の設計には、大いに頭をしぼったが、完全に作動し、見通しの正しかったことが確認できた。実際、空間FFTの基板と時間FFTの基板を交換しても動くことを確かめてある。このことにより、メインテナンスが楽になり、製作経費が低く押さえられた。トポロジーは同じであるが、FFTのバタフライ演算に設定する位相回転子はもちろん異なる。(Radix-4 FFT バタフライLSIの設計)設計の主要部分は研究室が関わり、Radix-4演算を行うLSIの設計は、博士課程在学中の田中(Tanaka,N.et al,2000)が中心に行った。空間16×16、時間256、のFFTのトポロジーが同一なので、ハードウエアとしては同一のプリント基板を使い、空間FFT(16枚、2ブロック)、時間FFT(16枚2ブロック)で構成し、中間のST変換部でデータの並べ換えを行う。基板の総数は、64枚となる。各基板は、16複素入力、同出力、となるので、バタフライLSIは、初段に4個、2段目に4個の計8個が実装される。LSIの総数は、8×64=512個となり、カスタムLSI(ASIC)で製作した。数が多いのでFPGAで構成するときの1/10のコストで実現できた

  • 一般相対論的宇宙現象の研究

     概要を見る

    時間的に、宇宙初期から現在まで、また、空間的に、星以下の小さいスケールから、宇宙の地平線を越えた大きいスケールまで及ぶ一般相対論的な宇宙現象を総合的に研究し解明するのが、本研究課題の特色で、本研究は2000年度から2003年度まで4年間にわたって行われた.その間、世界的な研究の発展の中で、数多くの研究成果がもたらされた.本研究の対象は、次の3項目について行われた:(I)宇宙初期のビッグバン周辺の時空構造,(II)比較的小さいスケールの対象:重力波、高密度星とブラックホール,(III)比較的大きいスケールの対象:宇宙の非一様性、大規模構造と重力レンズ現象.注目すべき結果としては、(I)では、素粒子の統一的理解にともなって導入された多次元世界(ブレーンワールド)とそれに埋められた4次元時空の研究が盛んに行われ、(II)では、重力波検出の準備が進展し、ガンマ線バーストの発生機構との関連において、quark starやhypernovaの観測と理論的モデルが注目されて研究され,また(III)では、WMAP等の種々の宇宙論的観測にもとづいて、宇宙論原理(宇宙の一様等方性)に従う限り、宇宙モデルのパラメターは決定され,宇宙定数またはダークエネルギーの存在が明確になったことがあげられる.これらの研究の多くは,国内では,大阪大学,早稲田大学,東京大学、大阪市立大学で開催されたWorkshop on General Relativity and Gravitation、および京都大学で開催された研究集会Frontiers of Cosmology and Gravitationにおいて発表された.これらの(本研究課題にもとずく)研究集会においては、海外からの参加者を受け入れ国際交流と若手の育成に役立ったようである。また、いろいろな国際会議にも積極的に参加し発表された

  • 相対論的力学系の物理と重力波天文学

     概要を見る

    重力波は,重力場の時間変化,つまり物体の運動によって引き起こされるが,強い重力場を伴う現象でないと重力波観測のための源として期待できない.そこでまず重要となる課題は,相対論的力学系における物体運動の解析である.その解析で最も簡単な方法がテスト粒子近似であるが,そのような場合でも系の非可積分性からカオスなどの力学系特有の非線型現象が現れる.実際,回転するカーブラックホールの周りを運動するスピンをもった粒子の運動はある状況でカオス的に振る舞うことが申請者たちによって示されている.その研究を元に,J.Levin博士は一般の連星系においても同じようなカオス的振る舞いが見られ,それが重力波観測に影響することを指摘している.一方,Schnittman博士とRatio博士らの解析ではリャプノフ指数が小さく,合体するときにはカオスが起こる十分な時間がないことを示している.しかし,赤道面を離れた場合のような3次元的な物体運動においてはその多くが明らかにされていない.そこで本研究では,相対論的な力学系(質点+ディスク系およびカー時空のまわりのスピン粒子)を系統的に解析し,系の非線形現象の解明と,それに伴う重力波の研究を行った.特に,粒子がカオス的振る舞いをする場合とそうでない場合の放出重力波の性質(波形.スペクトルなど)のどの部分に違いが現れるかを解析し,観測される重力波から系の運動状態が予測可能かどうか考察した。その結果,カオス的振る舞いをしない系ではエネルギースペクトルにおいて特徴的な波数が存在するのに対し,カオス力学系からの重力波のエネルギースペクトルにはすべての波数の波が出現することがわかった.また,これらの解析を元に相対論的力学系一般における重力波の性質及び役割を明らかにすることができる

  • ブレイン宇宙モデルに基づく相対論的宇宙物理学

     概要を見る

    近年,宇宙初期や重力理論に対する考え方を一新するような概念「ブレイン(brane)」が登場した。このブレインという概念はこれまでのKaluzaとKleinによる高次元世界の考え方を大きく変えた。つまり、ブレインの存在は余分な次元のサイズを比較的大きくすることを可能にし、その検証可能性を与えたことで一躍注目されている。さらに、RandallとSundrumによる2つのモデルは、新しいタイプのコンパクト化を与え,特に第2モデルは余分な次元をコンパクト化せずニュートン重力を導いたことで多くの科学者の注目を浴びることになった。このモデルは従来のKaluza-Klein的コンパクト化とは大きく異なる側面を持っており、多くの宇宙論・相対論研究者が新しい宇宙像を求め,いろいろな宇宙モデルをもとに研究を行っている。そのような状況で,このブレイン重力理論を基礎にした宇宙初期モデルおよびブラックホールや重力崩壊などの強重力現象を系統的に解析することは重要であり、本研究では、第一線で活躍する2人の研究者(D.Wands and D.Langlois)の研究協力の下に、新しい宇宙像の構築を試みた。具体的には、ブレイン重力モデルの特質を明らかにするため、最近注目されているブレイン宇宙モデル(エクピロティック宇宙シナリオ)におけるブレインの衝突やそれに伴う宇宙再加熱機構などの詳細な解析を行い、それらがインフレーション・シナリオを超える新しい宇宙初期のシナリオとなるかどうかについて解析を行った。また,超弦理論の有効作用において現れる曲率高次補正項の宇宙論的影響について考察し、新しいタイプのインフレーションモデルを提唱した

  • ブレイン重力と宇宙論における基礎的諸問題の解明

     概要を見る

    素粒子統一理論に基づいた新しい重力概念を与える「ブレイン」は、宇宙論においても新しいパラダイムに導くのではと期待され、近年盛んに研究されている。本研究では、ブレイン宇宙論において何が本質的に重要で、何を明らかにすることで新しいパラダイムになりうるのかといった課題に取り組むため、宇宙論における基礎的諸問題に焦点を絞り、系統的な解析を行った。特に、ブレインを考えに入れた新しい重力理論を考察することにより、ダークエネルギー、宇宙項問題、宇宙創生、宇宙の初期特異点など宇宙論の最重要課題について考察した。具体的には、以下のテーマに関する研究を行った。(1)ブレイン衝突など従来とは異なる背景時空における初期宇宙の進化の研究(2)超弦理論を基礎にしたインフレーションの可能性の探求(3)超弦理論を基礎にしたブラックホール解の構成(1)のブレイン衝突に関しては新たに自己重力を考慮し、数値的に解析を行った。重力の影響で衝突したブレインは不安定となり、特異点形成を伴うことを示した。また、フェルミ粒子がブレインに拘束されることを考慮に入れ、ブレイン衝突による粒子生成(物質の起源)の可能性を指摘した。(2)に関してはKKLMMTなどのポテンシャルタイプのブレインインフレーションモデル以外に、曲率高次補正項によっても十分のインフレーションが得られることを示した。しかしながら初期値の微調整が必要で、リッチ曲率を含めた有効作用のより詳細な解析の必要性を指摘した。(3)に関しては、従来用いられているBPS方程式を解く方法を一般化し、ブラックホール解の新しい解法を与え、新しいブラックホール解(Caged black hole解)を構成した

  • ダークエネルギーと重力理論

     概要を見る

    本研究では、現代宇宙論における最も重要な課題「ダークエネルギー問題」に対して、[(1)物質としてのダークエネルギーの可能性、(2)重力理論の違いが見かけ上のダークエネルギーを示唆する可能性、(3)その他のより自然なモデルの可能性]の3つのアプローチから総合的な解析を行い、特にブラックホールや中性子星など強重力天体とダークエネルギーの共存系の解析が重要であることを指摘した

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Metric-Affine Gravity Theory and Inflation

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Workshop on COSMOLOGY AND THE QUANTUM VACUUM   (ベナスケ) 

    発表年月: 2018年09月

  • Metric-Affine gravity theory and acceleration of the Universe

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    5th Korea-Japan joint workshop on Dark Energy at KMI   (大田) 

    発表年月: 2018年08月

  • Massive Graviton Geons and Dark Matter

    Kei-ichi Maeda

    Workshop on Frontiers in Gravitation, Astrophysics, and Cosmology (ICNFP 2018)   (クレタ) 

    発表年月: 2018年07月

  • Massive Graviton Geon in Bigravity Theory

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Fifteenth Marcel Grossmann Meeting MG15   (ローマ) 

    発表年月: 2018年07月

  • Black Holes in the Universe from Higher Dimensions

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Brinsop Meeting for Stephen Hawking   (ブリンソップ) 

    発表年月: 2017年09月

  • Matter coupling and the coincidence problem

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    4th Korea-Japan joint workshop on Dark Energy at KMI   (名古屋) 

    発表年月: 2017年08月

  • Inflation and Disformal Transformation

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    International Conference on Gravitation : Joint Conference of ICGACXIII and IK15   (ソウル) 

    発表年月: 2017年07月

  • Inflation and Disformal Transformation

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    The 2017 Annual meeting of the Division of Gravitation and Relativistic Astrophysics of the Chinese Physical Society / The Fifth Galileo-Xu Guangqai Meeting   (成都) 

    発表年月: 2017年06月

  • Chaotic dynamics of a classical string on AdS black hole spacetime

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Black Hole New Horizons   (オアハカ) 

    発表年月: 2016年05月

  • The Use of Disformal Transformation

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    3rd Korea-Japan Workshop on Dark Energy   (大田) 

    発表年月: 2016年04月

  • 一般相対性理論と宇宙論

    前田恵一  [招待有り]

    日本物理学会「秋季大会」大阪市大   (大阪) 

    発表年月: 2015年09月

  • Relativistic Stars in Bigravity Theory

    Kei-ichi MAEDA  [招待有り]

    2nd APTCP-TUS workshop on Dark Energy   (東京) 

    発表年月: 2015年08月

  • Dark energy and dark matter in the ghost-free bigravity theory

    Kei-ichi MAEDA  [招待有り]

    Fourteenth Marcel Grossmann Meeting, University of Rome   (ローマ) 

    発表年月: 2015年07月

  • The origin of scalar fields and their roles in cosmology

    Kei-ichi MAEDA  [招待有り]

    Fourteenth Marcel Grossmann Meeting, University of Rome   (ローマ) 

    発表年月: 2015年07月

  • Black Hole Shadow

    前田恵一  [招待有り]

    第24回ブラックホール地平面勉強会」研究会   (山口大学) 

    発表年月: 2014年10月

  • Time-dependent black holes from higher dimensions

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    KITPC workshop on Quantum Gravity, Black Holes and Strings   (北京) 

    発表年月: 2014年07月

  • Cosmology in bigravity theory

    Kei-ichi MAEDA  [招待有り]

    The APCTP-TUS workshop on "Dark Energy"   (浦項) 

    発表年月: 2014年06月

  • Gravitational lensing and black hole shadow

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    SYMPOSIUM ON GRAVITY AND LIGHT,   (Kavli IPMU, University of Tokyo) 

    発表年月: 2013年10月

  • Dynamics of bigravity and general relativity

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Les Rencontres du Vietnam Hot Topics in General Relativity and Gravitation   (Quy Nhon) 

    発表年月: 2013年07月

  • Anisotropic universes in bigravity theory and homothetic metrics

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Mini-workshop "Massive gravity and its cosmological implications   (Kavli IPMU, University of Tokyo) 

    発表年月: 2013年04月

  • Inflation with Gauge Fields

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Workshop Cosmology Montpellier12   (モンペリエ) 

    発表年月: 2012年10月

  • Accelerating Universe in Effective String Theory

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Accelerating Universe in Effective String Theory, Ginzburg Memorial Conference   (モスクワ) 

    発表年月: 2012年05月

  • Field Redefinition and the Observed Universe

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Workshop on Testing Gravity with Astrophysics and Cosmological Observations   (IPMU,Tokyo) 

    発表年月: 2012年01月

  • Black holes in an expanding universe

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    BIRS workshop on Black Holes: New Horizons, 2011.11.23,   (バンフ) 

    発表年月: 2011年11月

  • Anisotropic spacetime in Horava-Lifshitz gravity

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Chinese conference on gravity and cosmology   (Shanxi) 

    発表年月: 2011年08月

  • Time dependent black holes from higher dimensions

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    IPMU Workshop on Black Holes   (IPMU, Tokyo) 

    発表年月: 2011年02月

  • Dimenional Reduction

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    The 20th Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan - JGRG20   (京都) 

    発表年月: 2010年12月

  • Time-dependent Black Hole from Higher Dimensions

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    APCTP conference on Frontiers of Black Hole Physics   (浦項) 

    発表年月: 2010年12月

  • Black Holes in and from Higher Dimensions

    前田恵一  [招待有り]

    高次元Black Hole研究最前線   (京都) 

    発表年月: 2009年12月

  • Cosmology and black holes in string theory

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    New topics in Modern Cosmology, Spontaneous Workshop II   (Cargese) 

    発表年月: 2009年05月

  • Time-dependent Black Holes in Supergravity Theories

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Black Holes VII, Theory and mathematical aspects   (バンフ) 

    発表年月: 2009年05月

  • Cosmology in Higher Dimensions

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    The 7th RESCEU International Symposium on Astroparticle Physics and Cosmology   (東京) 

    発表年月: 2008年11月

  • Beyond the Einstein-Hilbert Action

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    The 6th INTERNATIONAL CONFERENCE on GRAVITATION & COSMOLOGY   (IUCAA, Pune) 

    発表年月: 2007年12月

  • Collision of Domain Walls and Matter Creation in Brane World

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    International Workshop on String Theory and Cosmology   (北京) 

    発表年月: 2007年11月

  • Black Holes in Superstring Theory

    KIAS-YITP joint, workshop on String phenomenology, cosmology  [招待有り]

    (京都) 

    発表年月: 2007年09月

  • Collision of Domain Walls and Creation of Matter in Brane World

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    The 8-th ICGA on Gravitation and Astrophysics   (奈良) 

    発表年月: 2007年08月

  • Collision of Domain Walls and Creation of Matter in Brane World

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Workshop on Frontiers of Black Hole Physics   (浦項) 

    発表年月: 2007年06月

  • Collision of domain walls and brane world

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    APCTP-TPI Meeting on Gravity, Cosmology, and Astrophysics   (アルバータ) 

    発表年月: 2006年12月

  • Collision of domain walls and brane world

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Conference on High Energy, Cosmology and Strings   (パリ) 

    発表年月: 2006年12月

  • Collision of domain walls and matter in brane-world

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Brane-World and Gravity -- Progress and Problems   (ポーツマス) 

    発表年月: 2006年09月

  • Collision of Thick Branes

    Kei-ichi Maeda  [招待有り]

    Cambridge-Mitchell Texas Conference   (ケンブリッジ) 

    発表年月: 2006年08月

▼全件表示

特定課題研究

  • 重力波天文学に向けた相対論的三体系のダイナミクスと重力波

    2020年  

     概要を見る

    連星合体からの重力波直接観測により、新しい天文学としての重力波天文学は物理学や天文学に大きな寄与をする段階になってきた。この段階において、理論物理学として重要な課題は、観測可能な重力波源の詳細な解析で、現在発見されている連星以外の重力波源はさらに新たな情報をもたらすと期待される。申請者は、階層的3体系のダイナミクスの解析を行い、そのような系からの放出重力波について詳細に調べた。その結果、現在計画されているLISAなどによる観測可能性を指摘した。また、Lense-Thirring効果が重要となるブラックホールが回転している場合についての解析も行い、その重要性を指摘した。

  • 三体力学系のダイナミクスと重力波

    2019年  

     概要を見る

    自然界には連星のような2体系以外にも3体や4体の力学系が数多く存在する。そのような系は非可積分系で、カオスなど従来にない振る舞いを示すため、そのような系からどのような重力波が放出されるかを解析しておくことはこれからの重力波天文学にとって非常に重要である。本研究では、3体系でも比較的規則正しく運動する階層的3体系からの重力波についての研究を行った。この階層的3体系においては、古在・リドフ機構と呼ばれる重要な効果が現れ、内部連星軌道の離心率が周期的に変化する。特に、その離心率が大きくなるフェイズで重力波放出量が非常に大きくなり、LISAなどの宇宙空間における観測計画で観測可能となることを示した。

  • 相対論的重力系における重力波と修正重力理論の研究

    2018年  

     概要を見る

    2015年9月の重力波の発見により本格的に始まった重力波天文学においては、相対論的力学系からの重力波の理論的な解析が重要な役割を担っている。本研究では階層的三体系における重力波について解析を行った。階層的三体系はより近くを回る連星(内連星)と第3の天体が連星系(外連星)をなす系である。その系に特徴的な古在・リドフ振動は、内連星および外連星のそれぞれの回転面のなす角と内連星の離心率の間の振動である。本研究では、離心率が大きくなったときにより多くの重力波を放出し、近星点移動の累積変化曲線が大きく曲がることを明らかにした。この変化が観測されれば、一般相対性理論のさらなる検証を与えることになる。

  • AdS/CFT対応におけるブラックホール時空とカオス

    2017年  

     概要を見る

    本研究では、AdS/CFT対応を研究する際に重要となる重力サイドの漸近的AdS時空のダイナミクスとして特に「AdS時空上におけるカオスなどの非線形動力学系」に着目し、漸近的AdSブラックホール時空における弦の振る舞いについて研究を遂行した。従来ほとんど議論されてきていないAdS時空におけるカオス力学系を研究することはAdS/CFT対応における研究の基礎の一つを与える。本研究遂行のために、重力物理学の権威であるGibbons教授と議論するために2017年9月にCambridge大学を訪問した。また、宇宙論・カオス力学系研究の第一人者であるBarrow教授と情報交換を行い、新しく共同研究をスタートした。

  • AdS/CFT対応の基礎としてのブラックホール動力学

    2016年  

     概要を見る

    昨年度に引き続き、本年度も、AdS/CFT対応研究に重要な漸近的AdS時空のダイナミクスの研究を行った。本研究では、特に「AdS時空上におけるカオスなどの非線形現象」に着目し研究を遂行した。SchwarzschildAdS&nbsp;時空に於ける弦の運動について解析を行い、&nbsp;winding数が異なる場合には非可積分になり、特に質量が臨界値を越えると強いカオス性を示すことを明らかにした。さらにその量子系における解析を行い、可積分系と非可積分系における準位間隔分布の差について解析を行い、弦の量子論における基礎的問題を提起している。

  • AdS/CFT対応に基づく物理学の基礎的問題へのアプローチ

    2015年  

     概要を見る

    本研究では、AdS/CFT対応を研究する際に重要となる重力サイドの漸近的AdS時空のダイナミクスに特化して研究を遂行した。従来の時空のダイナミクスとは異なる新しい展開が期待できるものとして「AdS時空上におけるカオスなどの非線形現象」があるが、本研究では、Schwarzschild AdS 時空に於ける弦の運動について解析を行い、&nbsp;winding数が異なる場合には非可積分になり、特に質量が臨界値を越えると強いカオス性を示すことを明らかにした。これらの成果は学術論文として準備中である

  • 重力波天文学に向けたbigravity理論における重力波研究

    2014年  

     概要を見る

    本特定課題研究では、現代宇宙論最大の謎であるダークエネルギー問題に関して、重力子に質量を持たせるmassive gravity 理論を拡張したbigravity理論を基礎に解析した。その中でも特に、第二の計量と結合する「双子物質」に着目し、我々の宇宙のダークマターとして振る舞う可能性を精査し、ダークマターの3つの必要条件(銀河の回転曲線、構造形成問題、宇宙の構成要素)すべてを満たすことが出来ることを示した。タイトルにあるbigravity理論における重力波に関しては,現在研究が進行中である。

  • 重力波天文学と重力理論の検証

    2012年  

     概要を見る

    1990年代半ばから始まった大型重力波望遠鏡建設計画は、米国のLIGO、欧州のVIRGOの観測開始,そして日本のKAGRA計画の実質的スタートにより本格的観測が可能な段階に突入し、重力波天文学は現実的なものになってきている。この重力波天文学の重要な目的としては,重力理論の検証,超高密度領域における新しい現象の探求,そして第3の目としての天文学である。一方、ビッグバン標準宇宙論の大成功にもかかわらず、宇宙論では「ダークエネルギー」という大きな謎が出現し、人類は新たな挑戦状を突きつけられている。宇宙の4分の3が宇宙膨張を加速させる未知のエネルギーで占められているという。その正体はまだ全くわかっていないが、一つの可能性として、宇宙規模のスケールでは一般相対性理論が変更を受け、それに代わる新しい重力理論により加速膨張を説明しようというアプローチが提案されている。このような状況においては、重力波天文学の目標の一つである「重力理論の検証」を相対論研究の立場からより真剣に考える必要がある。本研究では、申請者のこれまでの種々の重力理論研究の経験を生かし、そのような新しい重力理論に基づく重力波の研究を行う。その具体的方法および成果は以下の通りである。ダークエネルギーを説明する新しい重力理論としては、量子補正などから期待される曲率高次の項を現象論的に取り入れたf(R)重力理論、基礎方程式が2階微分方程式で表されるガリレオン重力理論、また一般相対性理論の代替理論として従来から研究されているBrans-Dicke 理論やスカラー・テンソル理論、ベクトル場を加えたアインシュタイン・エーテル理論やTeVeS理論、さらには、有限質量の重力子を考える有質量重力理論(massive gravity)や双重力理論(bi-gravity)など、非常に多くの重力理論が提唱されている。本研究では、重力波を用いてそれらの理論を判別する方法としてブラックホールのQuasi Normal Mode(QNM)解析を考える。一般相対性理論において従来から研究されている連星系の合体やそれに伴うブラックホール形成から放出される重力波は重力波天文学の重要なターゲットの一つであるが、その最終段階で放出されるQNM重力波はブラックホールの性質に大きく依存する。ところが重力理論が異なるとブラックホール解やその摂動方程式が異なり、QNM重力波観測が重力理論検証に決定的な役割を果たすと考えられる。そこで、様々な重力理論に基づくブラックホール解の探索とそのQNM解析を目指した。まずその準備段階として、ブラックホール解は必ずしも解析的に得られるとは限らないので、数値解でブラックホールが得られた場合のQNMを求める手法を開発した。また、近年特に注目されている双重力理論においては、質量ゼロの重力子とともに有限質量の重力子が現れ、それが観測的に大きな制限を与えることが予想される。この場合のブラックホールはSchwarzschildまたはSchwarzschild-de Sitter時空で記述されるが、その場合のQNMがどのように得られ、観測的にどのような制限が加わるかという問題に関しては、まだ最終的な結果が得られていなく、近い将来にその研究成果を発表する予定である。

  • 自己重力系の統計力学と宇宙の構造形成

    2002年  

     概要を見る

    本研究では,非線形物理学の観点から,重力多体系の動的性質について考察した.具体的には、次の二種類のモデルを詳しく解析した.1.まず背景時空は平坦な宇宙であるとして,その中で多くの一次元シートがニュートン重力によって相互作用を及ぼすモデルを解析し,宇宙で観測されるフラクタル構造の起源をさぐった.このシートモデルは解が解析的に記述できるため,長時間の発展を追う事ができる.膨張入りのシートモデルで初期密度ゆらぎをフラクタル的にした場合には,十分に時間が経過した後に非線形なフラクタル構造が形成されるが,そのフラクタル次元は,初期ゆらぎのフラクタル次元によらずほぼ普遍的な次元0.9に収束することがわかった.この普遍性は重力の長距離相互作用を反映したものと考えられる.また,このフラクタル構造は相空間にも特徴を持つ.自己重力により形成された構造はその相空間では渦巻き状の構造をすることが簡単な解析からわかるが,初期にフラクタル的揺らぎをしていると,構造形成後にはその渦巻き構造が入れ子構造をしていることがわかった.この成果を用いると,実際の観測データの解析により密度揺らぎの起源を特定化できる可能性を与える点で注目に値する.2.もう一つのモデルとして,三次元重力の特徴を備えた簡単なモデルを考案した.三次元重力と同じ形の相互作用を及ぼしあう多くの粒子を一次元リングに拘束したモデル(リングモデル)で,このモデルでは特定のエネルギー範囲では比熱が負になり,粒子が密集したコア層の周囲に特異な振る舞いを示すハロー粒子が取り巻くという,三次元重力の特徴が現れる.重力の特徴を解析する上で,このリングモデルは少ない計算量で高い解像度を得る事ができ,フラクタル構造が形成されるかどうかを調べる場合にも有用と考えられる.このモデルを詳細に解析した結果,非ガウス的な速度分布や粒子分布のスケーリング則の起源がガス層とコア層を行き来するハロー粒子の存在にあることを明らかにした.以上の研究により,重力などの長距離相互作用が働く多体系における統計的性質の重要な一面(つまり,フラクタル構造やその次元及び非ガウス的分布など重力多体系において特有に現れる普遍的性質)が明らかにされた.

  • 超ひも理論と時空の特異点

    1997年  

     概要を見る

     ビッグバン宇宙論によると宇宙の始まりは特異点ということになり、そこでは一般相対論は何らかの変更が余儀なくされる。インフレーション宇宙論は、宇宙初期の標準モデルになりつつあるが、特異点問題は解決されない。量子宇宙論がその可能性として考えられるが、もう一つの鍵として素粒子の統一理論がある。統一理論としては、超ひも理論がもっとも有望ではあるが、その宇宙論的応用はまだ十分なものとはいえない。一方、ブラックホールにおいても、ホーキングが1973年にブラックホールの量子論的蒸発を示したが、その最終状態に関してはまだよくわかっていない。そこで、我々は、超ひも理論を基礎にした宇宙初期やブラックホールにおける特異点の振舞いに関し系統的な研究を行った。 超ひも理論では、高エネルギー極限で、通常のアインシュタイン理論とは異なる新しい量子的な効果として曲率高次の項が現れることが予想されている。そこで、我々はまず曲率2次の項として期待されるGauss-Bonnet 項が付加された場合の影響についてブラックホール及び初期宇宙論について特に特異点出現の観点から考察した。また、統一理論で現れるYang-Mills 場(非可換ゲージ場)を伴うブラックホールについても詳細に解析した。さらに宇宙項やディラトン(系に普遍的に現れるスカラー場)の影響についても考察を行った。その結果、これらの効果は必ずしも特異点回避には十分ではなく、特異点のタイプを変更するにとどまることを明らかにした。場の理論的取り扱いを超えたひも理論的な取り扱いの必要性を示唆している。

  • 相対論的力学系としての連星パルサーと重力波

    1996年  

     概要を見る

     Hulse とTaylor の発見した連星パルサーによってその存在が明らかにされた重力波を直接観測しようと、LIGOを初めとする重力波干渉計の大型プロジェクトも着々と進み、21世紀初めには最初の重力波観測も夢ではなくなった。重力波は従来の電磁波や新しい観測手段のニュートリノでは観測できない星の最終段階や宇宙初期などを見る第3の目として期待されている。もし、その重力波を使った天文学が現実のものとなれば、天文学的重要性に加えて、物理学の基本的な問題にまで迫りうる重力波天文学が可能になる。特に、連星パルサーの合体は重力波源としても有望で、そのテンプレート制作は重力波天文学の理論的最重要課題で、世界各地で研究が続いている。 ところで、天体を記述する天体力学に関しては、ニュートン重力理論を基礎にした研究が非常に活発で、先駆的なポアンカレによる三体問題の研究はもちろん、最近ではコンピュータを使ったより定量的な解析が進み、そのような力学系を非線形物理学の一つの分野として議論するようになってきている。一方、連星パルサーの合体などで重要となるアインシュタインの重力理論は、複雑な非線形偏微分方程式で重力場自身も非線形となるので、ニュートン理論では現れない新しいタイプの非線形現象も期待できるが、その研究はこれまでほとんどなされていない。そのような非線形現象、特にカオスなどは連星パルサーの運動に大きな影響を与え、上記の重力波テンプレート作りの重要な要素となる可能性がある。そこで、本研究では連星パルサーの合体などの相対論的天体力学を念頭に置き、相対論的力学系における非線形現象について詳細に調べ、それが重力波観測計画に与える影響について考察した。その結果、どのような状況で連星パルサーの合体などから放出される重力波において、カオスなどの非線形現象が重要となるのかを明らかにした。また、本研究により、重力系における非線形現象の重要性を明らかにし、相対論的宇宙物理学に相対論的力学系という新しい分野が開拓できたものと思う。

  • 宇宙の構造形成問題の総合解析-その物理的素過程研究からのアプローチ

    1995年   大場 一郎, 相沢 洋二, 大師堂 経明, 金長 正彦, 宮坂 朋宏

     概要を見る

    観測されている銀河や銀河団などの宇宙の大構造は現代科学における最も大きな謎の一つである。「COBEなどの観測衛星が明らかにした『凸凹のほとんどない宇宙初期』からいかに『現在の構造』ができたのか?」というのが『宇宙の構造形成問題』である。一番自然なシナリオは,「宇宙初期の密度揺らぎが自己重力で成長し,構造が形成される」とする説であるが,現在の大規模構造を完全に説明するまでに至っていない。この標準的理論の修正版を含めこれまで多くの試みがなされているが,我々は,まったく新しい観点からのアプローチが必要と考える。つまり,宇宙の構造形成問題を物理の基礎的な問題ととらえ,関連する物理的素過程を明らかにしなければその本質が解明されないのではないかと考える。より具体的に述べると,宇宙の構造形成問題を系統的,かつ総合的に研究するには,まずその物理的素過程に立ち戻り,各方面からいろいろな可能性を考え直す必要があると思われる。その際,現在最も必要とされる分野は,揺らぎの起源としての位相欠陥や量子場の揺らぎなどを明らかにする素粒子理論,宇宙の大規模構造を考える際に欠かせない宇宙論や一般相対論,およびその観測的データの提供,さらに自己重力多体系の緩和現象や構造形成問題の新しいアプローチとしてのカオス理論などが考えられるが,早稲田大学にはちょうどこの3分野に第一線で活躍する研究者がおり,特定課題の共同研究を行うにふさわしい状況にあった。そこで,本研究では,次の3つの基礎物理学的観点から構造形成の本質的問題を探り,宇宙の構造形成問題解明に迫った。(1)宇宙初期の相転移・インフレーションを含む素粒子的アプローチ。(2)宇宙の非線形構造形成問題を一般相対論を基礎に考察。(3)自己重力多体系の構造形成問題を非線形物理学,特にカオス理論の観点から考える。 94年度は,まず構造形成問題の基礎過程と考えられる3つの各アプローチに対し,グループに分かれ研究を進めた。素粒子論的観点から量子トンネル現象の基礎的理解およびその宇宙の相転移にともなう位相欠陥,ミニブラックホール形成問題との関連を大場が,また曲がった時空における量子場の振舞いを確率過程量子化の方法を用い金長が,さらにそれに基づきインフレーション宇宙論における密度揺らぎの起源の問題を前田,大場,金長が解析した。また,もう一つの素過程のカオス的アプローチとして,自己重力多体系における構造形成問題を相沢が,より一般的な構造形成問題とカオス理論の関係を宮坂が考察した。その宇宙論へ応用に関しては,前田が加わり検討を行った。第3の宇宙スケールの構造形成に不可欠と考えられる非線形構造形成の一般相対論的アプローチに関しては前田が,また宇宙背景輻射や銀河分布などの現在の構造に関する観測的情報は大師堂が担当した。これらの研究において,大規模なシミュレーション計算は不可欠で,購入したワークステーションおよびスーパーコンピューターを併用し,研究を進めた。また,95年度は,前年度の研究成果を持ち寄り,各アプローチの相互検討を行った。その後はお互いの連絡を密にし,総合的観点から各アプローチを共同で解析し,どの素過程が最も構造形成問題において本質的かつ重要であるかを調べ,宇宙の構造形成問題解明の可能性を探った。

▼全件表示

海外研究活動

  • 宇宙のダークエネルギーと重力理論

    2012年04月
    -
    2013年03月

    イギリス   ケンブリッジ大学

    ニュージーランド   オークランド大学、カンタベリー大学

    フランス   APC 研究所

  • 重力物理学と宇宙論の最重要課題に関する研究

    2006年03月
    -
    2006年09月

    スペイン   バルセロナ大学

    イギリス   ケンブリッジ大学、ポーツマス大学