長谷川 信次 (ハセガワ シンジ)

写真a

所属

社会科学総合学術院 社会科学部

職名

教授

ホームページ

http://faculty.web.waseda.ac.jp/hasegawa/index-j.html

兼担 【 表示 / 非表示

  • 商学学術院   商学部

  • 社会科学総合学術院   大学院社会科学研究科

  • 商学学術院   大学院商学研究科

学位 【 表示 / 非表示

  • Université de Paris Ⅰ Panthéon-Sorbonne   Doctorat ès Sciences de Gestion

  • パリ第1大学(パンテオン・ソルボンヌ)   経営学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年02月
    -
    2015年03月

    リヨン第3大学   招聘教授

  • 2001年04月
    -
     

    早稲田大学   大学院社会科学研究科   教授

  • 1999年04月
    -
     

    早稲田大学   社会科学部   教授

  • 1994年04月
    -
    1999年03月

    早稲田大学   社会科学部   助教授

  • 1992年04月
    -
    1994年03月

    早稲田大学   社会科学部   専任講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本国際経済学会

  •  
     
     

    多国籍企業学会

  •  
     
     

    European Association for Japanese Studies (EAJS)

  •  
     
     

    Society for the Advancement of Socio-Economics (SASE)

  •  
     
     

    European International Business Academy (EIBA)

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経営学

  • 商学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 多様性

  • 国際人的資源管理

  • 多国籍企業の立地選択

  • 戦略的提携

  • 直接投資

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Causal structures of turnover intentions: Comparison between Japanese and foreign-owned firms in Japan

    Hasegawa, S, Hasegawa, R, Akiyama.T

    Paper to be presented at EIBA 44th Annual Conference in Poznan, Poznan University of Economics and Business     1 - 31  2018年12月  [査読有り]

  • Comparative Analysis of Turnover Intentions between Japanese and foreign-owned Companies in Japan

    Hasegawa, S, Hasegawa, R, Akiyama, T

    IASS Working Paper Series, Waseda University   2018 ( E001 ) 1 - 31  2018年09月

  • Gender differences in Turnover Intention in the Japanese Labor Market: Multi-group SEM Approach

    Hasegawa, R, Hasegawa, S

    SASE 30th Annual Conference in Kyoto     1 - 40  2018年06月  [査読有り]

  • Location Choice of Japanese Multinationals in China: Experience, Distance, and Interdependent Behavior in Emerging Market Entry Decisions

    Takenouchi, H, Hasegawa, S, Ando, K, Takenouchi, R

    SASE 30th Annual Conference in Kyoto     1 - 25  2018年06月  [査読有り]

  • 企業グローバル化時代と人的資本

    長谷川信次

    世界経済評論   62 ( 30 ) 55 - 66  2018年02月  [招待有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 国際経営論への招待

    有斐閣  2002年

  • Theories of International Business

    2001年

  • 国際ビジネスの諸理論

    同文舘『理論とケースで学ぶ国際ビジネス』  2001年

  • Firm in the Globalization

    2000年

  • グローバリゼーションの中の企業(共著)

    八千代出版  2000年

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 多国籍企業と標準化

    その他 

    2003年09月
    -
     

  • 在日外資系企業

    その他 

    1997年
    -
     

  • リージョナル化と多国籍企業

    その他 

    1995年
    -
     

  • 欧州連合と多国籍企業

    その他 

    1993年
    -
     

  • 国際戦略提携

    その他 

    1993年
    -
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 国際ビジネス研究学会 学会賞

    1999年  

  • 河上記念財団第27回懸賞論文1等

    1986年  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 多国籍企業の立地決定のダイナミクス

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

     概要を見る

    本研究では、多国籍企業による活動拠点の立地決定とその経時的変化を理論的・実証的に解明する。そのために、海外拠点間の関係性と各拠点の特性を同時に考慮した立地ポートフォリオ概念を開発して、ポートフォリオの選択と管理の視点から多国籍企業の立地決定のダイナミクスにアプローチする。ここでの立地ポートフォリオは、 国・地域の立地優位や多国籍企業の競争優位/劣位に対する単純な反応装置にとどまらない。立地ポートフォリオの組み換えが多国籍企業の競争優位の強化や劣位の中和化をもたらし、その競争優位/劣位の変動がまた、立地ポートフォリオの更新を通じて国や地域の立地優位を創り変えていくメカニズムも解明する

  • 多国籍企業の本国回帰に関する研究

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    本研究の目的は、企業が海外の事業活動を国内に回帰させるリショアリング行動を、多国籍企業の立地選択の観点から解明することにあった。多国籍企業の立地決定は、進出先で直面する劣位性とそこで獲得する立地特殊的優位性、多国籍企業としての所有特殊的優位性の相対的強度の影響を受ける。本研究を通じて、リショアリングの背景には、進出先の立地優位の喪失のみならず、本国および第三国の立地優位の相対的ポジションと、企業の劣位性と所有特殊的優位の、相互作用的な変動が影響することがわかった。<BR>21世紀に入ってIndustry 4.0の進展とともに、製造工程のフラグメンテーション領域が拡大し、国をまたいだ工程間の調整が容易となった。その結果、グローバルなバリューチェーン(GVC)が構築されるようになった。したがって、多国籍企業の立地の再配置とリショアリングの決定には、GVCをどのように再編するかの問題が関わってくる。Industry 4.0はまた、かつての労働集約的工程の資本・技術集約性を一気に高めることから、従来の国際分業パターンを一変させうる点も影響する。<BR>また2020年初に発生したパンデミックの影響で、非接触社会の要請から人の移動制限と、それに伴い物流に制限を受けている。グローバルビジネスの本質は人やモノというより情報や知識の移動であるが、公衆衛生上の危機を契機に米中間の覇権争いが激化、GVCの再編はその統治機構のあり方とともに、地政学的イシューに対する戦略手段と化している。こうしたな高度な不確実性に対処するべく、多国籍企業は柔軟にGVCを再構築する能力が求められている。公衆衛生危機はまた、これまで制度的補完性と戦略的補完性に守られてきた日本の雇用システムにも影響を及ぼす。日本の労働市場の流動化は多国籍企業の立地戦略に影響を与え、日本への外資の進出と日本企業のリショアリングにプラスに働くであろう

  • 日本企業における女性労働力の活用に関する研究ー欧米企業との比較考察

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    本研究では女性労働力の活用をテーマとし、欧州3カ国での約30名の労働者に対するインタビュー調査およびウェブ調査データを用いた離職意向を探る分析を行った。欧州では様々な法律の施行と併せて個人の工夫により、ワークライフバランスを追求している。また、女性労働者の離職意向については、仕事の成果や内容を反映する自社でのキャリア展望の影響より、前向き志向という性格的要因の影響が大きい。女性はいわゆる「ガラスの天井」効果を感じている、あるいは男性よりワークライフバランスに配慮する傾向が強いなどの理由が考えられ、今後は、そうした要因を分析枠組みの中に取り込んでいくことが必要であると考える。深刻な労働力不足が進行する中、女性労働力の活用は喫緊の課題である。労働政策立案に際して参考とされる欧州の労働者の実情を知ることは、今後の働き方に多大な影響をもたらすであろう。また、労働者および企業の視点から離職意向の形成過程を理解することは、個人のみならずマクロの労働市場の効率的かつ円滑な流動化に不可欠な要素であると確信する。経済活性化に資すると同時に、個人の生活の質を高めるような離職・転職を促していくことが、これからの日本社会において極めて重要であると考える

  • 多国籍企業の子会社役割アプローチによる在日外資系企業の研究

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

     概要を見る

    多国籍企業の子会社は、多様な資源・能力をもつ本社と多くの海外子会社で構成されるネットワークの一員であると同時に、特定国のローカル環境の中で資源を入手し、独自の能力を構築する存在でもある。本研究では、この多国籍企業の子会社役割の視点から、在日外資系企業を分析した。日本市場の戦略的重要性と日本がもつ立地特殊的優位、および日本市場での取引モードが、在日外資系企業の子会社特殊的能力の形成に影響し、その能力をもとに他国の子会社との競争関係の中で、外資系企業が親会社から役割を獲得していくメカニズムが、アンケート調査等で得られたデータの多変量解析を通じて解明され、公共政策上ならびに経営実務上の含意を導いた

  • 多国籍企業の子会社役割アプローチによる在日外資系企業の研究

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2011年
    -
    2013年
     

     概要を見る

    多国籍企業の子会社は、多様な資源・能力をもつ本社と多くの海外子会社で構成されるネットワークの一員であると同時に、特定国のローカル環境の中で資源を入手し、独自の能力を構築する存在でもある。本研究では、この多国籍企業の子会社役割の視点から、在日外資系企業を分析した。日本市場の戦略的重要性と日本がもつ立地特殊的優位、および日本市場での取引モードが、在日外資系企業の子会社特殊的能力の形成に影響し、その能力をもとに他国の子会社との競争関係の中で、外資系企業が親会社から役割を獲得していくメカニズムが、アンケート調査等で得られたデータの多変量解析を通じて解明され、公共政策上ならびに経営実務上の含意を導いた。

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 多国籍企業の立地に関する総合的研究

    2018年   秋山隆

     概要を見る

    本研究では、多国籍企業の立地の決定は、進出先で直面する劣位性と多国籍企業としての優位性の相対的強度の影響を受けるとする立場に依拠して、多国籍企業と立地の関係にアプローチした。具体的には、対日進出した外資系企業を対象に、日本の労働市場における人材獲得と育成・リテンション面での劣位性と本国から持ち込む人的資源管理上の優位性に着目した理論仮説を構築し、従業員レベルのデータに基づき、多母集団SEMを用いて日本企業との比較分析を行った。構成概念の平均の差分析と構造方程式の比較分析で確認された相違点と、それにもとづく考察により、対日進出企業の立地選択における劣位性と優位性の相互関係の一部が明らかとなった。

  • 多国籍企業と立地に関する総合的研究

    2017年  

     概要を見る

    本研究の目的は、多国籍企業と立地の関係を解明することにある。様々な国で事業を行う多国籍企業は、自国とは異なる不慣れな環境や不確実性にさらされるため、多国籍企業の立地の決定は、進出先で直面する劣位性と多国籍企業としての優位性の相対的強度の影響を受けると考えられてきた。本研究では、劣位性と優位性の相対強度と立地選択の関係を明らかにする上で、多国籍企業の海外事業拠点の数と拠点間の距離を同時に考慮した立地ポートフォリオ概念が有用であることを明らかにした。また立地ポートフォリオにホームベース概念と時間加重距離を組み込むことで、新規進出先の劣位性/優位性を内生化した動学的立地選択モデルの開発が可能となる。

  • 多国籍企業の在日子会社とローカル事業環境のリンケージに関する研究

    2015年  

     概要を見る

    多国籍企業のグローバルなネットワークをテコに子会社のローカルな競争優位が構築され、それがローカル・リンケージを通して現地特有の資源や能力を獲得、子会社特殊的優位の形成を可能にする。その子会社特殊的優位が今度はグローバルな競争優位の源泉として、多国籍企業ネットワーク全体に貢献し、さらには本社や他の子会社の資源・能力とのシナジーにより強化され、当該子会社に還元する。本研究では、社内・グローバル/社外・ローカルの2つのネットワークをまたぐ非逐次的な因果モデルとして多国籍企業の子会社をとらえ、質問票調査で入手したデータ解析でこの因果モデルを記述し、在日外資系企業の子会社役割の形成要因を明らかにした。

  • 在日外資系企業とローカル事業環境のリンケージに関する研究

    2014年  

     概要を見る

     多国籍企業の強みは、グローバルな企業内ネットワークで資源を共通利用できるだけでなく、各国の子会社を通じてローカルな事業環境との間に社外ネットワークを展開して、新たな資源を獲得する能力を併せ持つ点にある。このことは、受入国経済にとっても子会社を結節点として、多国籍企業がもつ資源や能力へのアクセスが可能となることを意味している。こうした多国籍企業の海外子会社とローカル環境との間のリンケージのメカニズムを、在日外資系企業を対象に解明することが、本研究の目的であった。 本研究では、大規模質問票調査により得られたデータのSEM解析を通じて、労働市場を介した組織間人材モビリティと日本の市場特性への適応行動の視点から、在日外資系企業と日本のローカルな事業環境との間のリンケージの形成パターンを明らかにするとともに、それが在日外資系企業の子会社役割にどのような影響を与えるかを明らかにした。それによると、在日子会社の販売活動に対しては、(1)グローバルな一般スキルをもつ人材の採用が重視されない、(2)日本特殊的な一般スキルをもつ人材の獲得が、採用後のトレーニングを通じて子会社特殊的スキルの向上、さらには多国籍企業特殊的スキルの向上に貢献する、(3)これらスキル形成を通じた子会社能力の向上は、多国籍企業特殊的資産の活用型子会社役割と強化型子会社役割の双方にプラスの影響を及ぼす、(4)日本の市場特性は多国籍企業特殊的資産の活用型子会社役割にはプラスの影響を及ぼすものの、資産強化型役割には影響しない、(5)日本の市場特性は子会社特殊的スキルの形成を通じて間接的には両タイプの子会社役割に影響する、ことが明らかとなった。他方、在日子会社の生産・R&amp;D活動においては、販売活動とは異なり、グローバルな一般スキルをもつ人材採用が多国籍企業に特殊的なグローバル・スキルの形成を促し、多国籍企業特殊的資産の活用型子会社役割をよりいっそう高めるのに対し、日本市場特性はいかなる影響も及ぼさないことが明らかとなった。販売活動と製造・R&amp;D活動との違いは、川下活動になるほどローカル環境への適応が重要となること、また製造・R&amp;D活動については日本の立地優位性が近隣アジアと比べて低下しているため日本の市場特性が影響をもたないと解釈することができよう。 上述の解析結果から、以下に指摘するような興味深い含意が導かれた。(1)在日外資系企業の人材採用において、グローバルに移転可能な一般スキルが過大評価されすぎたのに対し、日本に特殊的な一般スキルは過小評価されすぎた、(2)日本の労働市場および日本的人的資源管理に関わる「神話」を見直す必要性がある、(3)製造やR&amp;D拠点をもつ外資系企業を誘致する上で、これまで強調されてきたように日本の投資環境を整備するよりは、日本に特殊的な一般スキルをもつ人材の採用が可能となるように労働市場を整備するほうが好ましい政策である、(4)近隣アジア諸国の台頭を考慮すると、在日外資系企業がみずからの能力を高めるだけでなく、本社のアテンションを引き出す努力がますます重要となる、などである。

  • 在日外資系企業における労働者移動に関する実証分析

    2013年  

     概要を見る

     日本の対内直接投資は対外直接投資や他の先進諸国の対内直接投資と比較して、かなり低いレベルで推移してきた。また国の経済規模を勘案すると、その低さはいっそう際立ってくる。その理由としてこれまでに、外資規制や系列、事業コスト、日本市場の特異性などの観点から、要因分析が行われてきた。 本研究では、外資系企業が日本市場に参入する際の人的資源の獲得の困難さに着目し、その背景にある日本の労働市場の特性、および人的資本の形成との関係を明らかにした。具体的には、日本企業で働く従業員に関しては、内部労働市場の形成と長期継続的雇用関係、その結果としての企業間の移動の少なさによって特徴づけられるのに対して、外資系企業で働く従業員では、個々人の上昇志向とキャリア機会への認知が外部労働市場を通じた転職行動となって現れる。こうした日本企業と外資系企業の間が分断される形で労働市場が形成されているとする仮定から出発し、両労働市場間の人材移動の傾向と要因を、日本企業および外資系企業で働く従業員を対象とした質問票調査で得られたデータを用いて定量的に検証した。 分析では、将来の労働力移動を規定する変数として転職意図に着目し、その決定要因として、企業特殊的スキルおよび勤務する企業の内外でのキャリア機会の2つを検証した。その結果、日本企業と外資系企業のいずれにおいても、現在雇用されている企業外でのキャリア機会を求める傾向が確認された。また、企業特殊的スキルは一般に、転職意図に負の影響を及ぼすことが明らかとなったが、外資系企業に働く従業員で高い企業特殊的スキルを保有するにもかかわらず社内で高いキャリア機会を見出しているケースでは、一般的スキルも高いことが予想されることから、転職意図はむしろ低まることが確認された。なお、当初の仮定とは異なり、日本企業と外資系企業で働く従業員の間で企業特殊的スキルの量に関して優位な差は認められなかった。この点は、外資系企業が企業特殊的スキルにより力点を置き始めている一方で、日本企業が一般的スキルをより重視するという、反対方向の動きが生じている可能性を示唆するものであり、そのことは、これまで日本企業と外資系企業のそれぞれに分断されて形成されてきた日本の労働市場の間での移動が高まる可能性が示された。 また上述の人材移動の高まりが、日本企業から外資系企業への知識のスピルオーバーを引き起こしている可能性についても、パテント引用情報を用いて実証分析を行った。データセットは液晶パネル業界における日本・韓国・台湾企業により日本の特許庁に申請されたパテントデータで、IIP(知的財産研究所)パテントデータベースより作成した。分析の結果、日本企業から韓国・台湾企業へスピルオーバーが生じていることが確認され、とりわけ特定の日台企業間では戦略提携を通じた人材交流で生じていることが示唆された。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>