瀬戸 直彦 (セト ナオヒコ)

写真a

所属

文学学術院 文学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 文学学術院   大学院文学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年

    早稲田大学   文学研究科   フランス文学  

  •  
    -
    1987年

    その他(海外の大学等)   人文科学研究科   オック語文学語学研究課程  

  •  
    -
    1987年

    早稲田大学   文学研究科   フランス文学  

  •  
    -
    1978年

    早稲田大学   文学部   フランス文学専修  

学位 【 表示 / 非表示

  • l'Universite de Paris IV (Sorbonne)   l'Universite de Paris IV : doctorat de 3e cycle

  • パリ第4大学(ソルボンヌ)   文学博士

  • Universite Waseda   maitrise

  • 早稲田大学   文学修士

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    西洋中世学会

  •  
     
     

    日仏ギリシア・ローマ学会

  •  
     
     

    国際オック語圏研究学会

  •  
     
     

    国際アーサー王学会

  •  
     
     

    国際中世叙事詩学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ文学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 仏語・仏文学

論文 【 表示 / 非表示

  • ダウデ・デ・プラダスの「教訓詩」(PC 124, 2)について ーtozetaという単語の意味ー

    瀬戸直彦

    早稲田大学大学院文学研究科紀要   66   271 - 290  2021年03月

  • Quelques remarques sur un texte du "Maestre dels trobadors" : Leu chansonet' e vil (Giraut de Bornelh, PC 242, 45)

    Naohiko Seto

    Actes du XIIe Congres de l'Association Internationale des Etudes Occitanes, 7. 2019 Albi     103 - 112  2019年03月  [査読有り]

  • 「太陽が恥じらうかのように赤く上ると」-中世南仏の物語『フラメンカ』をめぐってー

    瀬戸直彦

    早稲田大学大学院文学研究科紀要   64   1 - 13  2019年03月

  • アササンassasinという単語の初出について

    瀬戸直彦

    Etudes Francaise - 早稲田フランス語フランス文学論集   25   22 - 41  2018年03月

  • "Bella domna ab fresca color" : misogynie occitane dans le 'Secret des Secrets'

    瀬戸直彦

    Actes de l'XIe congres de l'Association Internationala d'Estudis Occitans     649 - 659  2017年07月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 西洋写本学(翻訳・佐藤彰一との共訳)

    ベルンハルト・ビショッフ

    岩波書店  2015年 ISBN: 9784000610650

  • "May deu hom voler lo frug que l'escorsa" ? Remarques sur un cas d'hiatus (PC 389, 32, v.27)

    Naohiko Seto

    Actes du VIIIe congres de l'Association Internationale d'Etudes Occitanes, Bordeaux, 12-17 septembre 2005 (Presses Universitaires de Bordeaux), pp.339-353.  2009年09月 ISBN: 9782867815768

  • トルバドゥール

    瀬戸直彦

    『フランス中世文学を学ぶ人のために』 (原野昇編,京都,世界思想社)(分担執筆)  2007年02月 ISBN: 9784790712299

  • 写本テクスト学の構築に向けて—中世フランス抒情詩の諸相

    瀬戸直彦

    平成16−17年度科学研究費補助金研究成果報告書  2006年05月

  • Laus stultitiae de Peire Cardenal. edition et interpretation de la "fable" de la pluie merveilleuse

    Naohiko SETO

    Etudes de langue et de litterature medievales offerts a Peter T. Ricketts, Turnhout, Brepols(分担執筆)  2005年12月 ISBN: 2503516408

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • フェリブリージュ・ソシ

    2009年05月   フェリブリージュ  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • フランス中世写本における欠損部分の研究―とくにオック語文献について

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    鞣皮紙写本における欠損部分は,作者ないしは写字生による写本成立時からのもの(故意の白紙など)のほかに写本を構成するの人々が受容する間に毀損したり改変したりしたものがありうる。本研究では,南フランスのオック語によるトルバドゥール写本(抒情詩写本)のなかで,とくにCとRと名付けられているものについての欠損部分の研究を行う。さらに,抒情詩ではなく,唯一の写本に残された『フラメンカ』という物語における欠損を詳しく研究してみる。巻頭・巻末の欠損,途中の切り取り,読者の羞恥心によるものか,大胆な削り取りなど,さまざまのテクストの「不在」がありうる。そのもつ意味を考究してみたいと考えている

  • 巻子本からコーデクスへ―「マルギナリア」を手がかりにして

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    中世オック語(南仏語)の写本のひとつに,欄外の挿画として,テクストを巻物に記している姿が描かれていることに着目して,中世の抒情詩がもともと口承で伝えられたのか,あるいは最初から書記化されていたのかという問題を考察するために始めた研究である。具体的には,二つの軸を中心に研究を進めていった。ひとつは,ジラウト・デ・ボルネーユという12世紀後半の著名なトルバドゥールの一作品の諸写本の検討とその校訂について,もうひとつは,現在カルカッソンヌに保存されている写本が唯一伝える『フラメンカ』という韻文物語の,とくに後半部分の解釈と,伝承過程における写本の脱落ないし抹消部分への着目である。中世の作品が口承によるものか,最初から書記化されていたかという問題はジャンルによっても時代によってもアプローチの仕方が異なる。一律に解答が出るわけではない。本研究においては,12世紀末のオック語詩人のじっさいのテクストをもとに解釈をほどこし(内的な批判),ヴァリアントを勘案して校訂のさいの欄外挿画の意味(外的な批判)をさぐってみた。口承という曖昧な概念ではなく,諸写本に書記化されたそのテクストを地道に検討すること,また,抒情詩だけではなく,長い物語(『フラメンカ』)を俎上にのせることによって,唯一残されたその写本のマテリアルな姿(脱落・抹消など)を現代のわれわれがいかに受容すべきかを示した

  • 俗語版『秘中の秘』の伝播の研究―西欧中世における養生術の系譜

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

     概要を見る

    『秘中の秘』という,9世紀ペルシアの「王者の鑑」につき,そのラテン語版2種類,中世オック語版,中世フランス語版をそのほかのロマンス語ないし英語版と比較することにより,とくにその養生術の部分に注目して検討を加えた。オック語版を中心にしてまず,12-15世紀における根強い女性嫌厭思想をその「シュナミティスム」にかかわる部分より指摘した。また中世フランス語版における10に上るヴァージョンのうちの9-10番目にあたる写本について調査した。そして,従来は『秘中の秘』につながるものとは認識されてこなかったウスタシュ・デシャンの一作品が,その養生術の部分を引き継ぎ集大成したものであると結論づけた

  • 俗語版『秘中の秘』の伝播の研究―西欧中世における養生術の系譜

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2013年
    -
    2015年
     

     概要を見る

    研究の準備期間として,2013年3月に発表した「『秘中の秘』覚え書き―その養生術(中世オック語版)について―」(早稲田大学大学院文学研究科紀要,t. 58, 2012, pp.35-56)をもとに,とくに14世紀北フランスの抒情詩人ウスタシュ・デシャン(ca1346-ca1407)の作品における養生術を探った。3月の論文において比較校合した13世紀の韻文の南仏語版(写本は2種類)とそれがもとにした12世紀のヨハンネス・ヒスパレンシスのラテン語版(ショートヴァージョン)と,それを含む13世紀のフィリップス・トリポリタヌスによるロング・ヴァージョンの一部,すなわち養生術としての「シュナミティスム」の部分は,今回デシャンの5作品においては削除され,「半インテリ」層のための短い韻文の養生術としての側面がさらに強調されていることを確認した。
    5作品とは,「身体の健康を維持するための著名な教え」(1496番,226行),「ジャン・デマレ氏,ジャン・デ師,シモン・デ・ラ・フォンテーヌ師(高等法院判事)に宛てた書簡詩」(1417番,138行),「疫病に対するバラッド」(1452番,39行),「疫病に対する忠告のヴィルレー」(708番,41行),「疫病についてのバラッド」(1162番,24行)である。この中でとくに重要なものは一番目の作品で,私は「著名な教え」notable enseignementとわざわざ記していることに注目した。春夏秋冬における健康法,とくに胃のもたれやウェヌスの効用について詳述しているのは,明らかに『秘中の秘』を経由した古代医学のヒポクラテース,ガレノスの系譜につらなるものではないだろうか。

  • 俗語版『秘中の秘』の伝播の研究―西欧中世における養生術の系譜

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2013年
    -
    2015年
     

     概要を見る

    研究の準備期間として,2013年3月に発表した「『秘中の秘』覚え書き―その養生術(中世オック語版)について―」(早稲田大学大学院文学研究科紀要,t. 58, 2012, pp.35-56)をもとに,とくに14世紀北フランスの抒情詩人ウスタシュ・デシャン(ca1346-ca1407)の作品における養生術を探った。3月の論文において比較校合した13世紀の韻文の南仏語版(写本は2種類)とそれがもとにした12世紀のヨハンネス・ヒスパレンシスのラテン語版(ショートヴァージョン)と,それを含む13世紀のフィリップス・トリポリタヌスによるロング・ヴァージョンの一部,すなわち養生術としての「シュナミティスム」の部分は,今回デシャンの5作品においては削除され,「半インテリ」層のための短い韻文の養生術としての側面がさらに強調されていることを確認した。
    5作品とは,「身体の健康を維持するための著名な教え」(1496番,226行),「ジャン・デマレ氏,ジャン・デ師,シモン・デ・ラ・フォンテーヌ師(高等法院判事)に宛てた書簡詩」(1417番,138行),「疫病に対するバラッド」(1452番,39行),「疫病に対する忠告のヴィルレー」(708番,41行),「疫病についてのバラッド」(1162番,24行)である。この中でとくに重要なものは一番目の作品で,私は「著名な教え」notable enseignementとわざわざ記していることに注目した。春夏秋冬における健康法,とくに胃のもたれやウェヌスの効用について詳述しているのは,明らかに『秘中の秘』を経由した古代医学のヒポクラテース,ガレノスの系譜につらなるものではないだろうか。

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • コーデクス(冊子本)の成立について-ジラウト・デ・ボルネーユの場合

    2018年  

     概要を見る

    2017年7月にトゥールーズ大学 (Institut National Universitaire Champollion (アルビ))で開催された第12回国際オック語オック文学研究学会において,12世紀のトルバドゥールであるジラウト・デ・ボルネーユの一作品における解釈と校訂を軸に研究発表を行いました。Leu chansonet' e vil で始まる第45作品を詳細に検討し,1910-1935年のコルゼン版と1989年のシャーマン版を俎上にのぼせて,従来の校訂版の問題点をあきらかにしました。また本文テクストの選択と詩節の順番という問題にかんして,この第45作品におけるある程度の解答を用意して,ジラウト・デ・ボルネーユという難解な作者の文体の秘密に多少とも迫ってみました。この発表は,査読された上で,2019年中に刊行される論文集に掲載が決まりましたが,査読委員の,トゥールーズ大学のドミニック・ビイイ教授(旧知の方です)と頻繁にやり取りを行うことができました。2018年度はまた,写本(コーデクス)の成立という本研究課題にかんして,ジラウト・デ・ボルネーユ以外に,南仏において13世紀後半に記されたらしい『フラメンカ』という物語について研究を行うことができました。8000行以上におよぶ長い物語です。これは内容的にもきわめて興味深いものですが,写本はひとつしか残らず,それが冒頭と巻末を欠いており,途中にも脱落があります。とくに途中の脱落と,伝承過程における一部の抹消部分について研究を進めてみました。それが大学院の紀要にしるした論文です。

  • 巻子本からコーデクスにいたる写本支持素材とテクストのヴァリアントの関係について

    2017年  

     概要を見る

     本課題につき,2017年7月10日―15日に開催された,第12回オック語オック文学国際学会(アルビ,トゥールーズ大学シャンポリオン研究センター)で発表をおこなった。具体的には:1) トルバドゥール(中世南仏の抒情詩人)のジラウト・デ・ボルネーユ Giraut de Bornelh(1160-1200年頃に詩作)のLeu chansonet'e vil ではじまる一作品 (PC 242, 45) を題材にして,その解釈と校訂を示し,16以上ある写本の「読み」をどのように勘案して本文テクストとして確定すべきかという問題を提示した。底本としては私が以前から研究の対象にしているフランス国立図書館fr. 856写本を選んだ。2) 現在ニューヨークのピアポント・モーガン・ライブラリーに保存されているN写本の欄外に描かれた挿絵とテクストとの関連をしめした。3) この詩人の全作品は,これまでアドルフ・コルゼン(2巻,1910-1935年)と,ルース・シャーマン(1989年)により校訂版が作成されている。これらの業績の内容を確認し,じっさいにこの作品においてどのような方針で本文を作成しているかを詳細に検討し,私なりの新たな方向を提示してみた。 また仏文の機関誌Etudes Francaisesにおいて,作品中に比喩として使われる「アササン」assassinという語彙にかんして,その初出を中世ラテン語,古オック語,オイル語において検討する論文を執筆した。

  • 「秘中の秘」における養生術の系譜とテクスト設定の問題

    2015年  

     概要を見る

     「俗語版『秘中の秘』の伝播の研究―西欧中世における養生術の系譜」という,私が代表者として携わっています科学研究費基盤研究(c)に関連して,『秘中の秘』における四季ごとの健康術と,「毒娘伝説」についての資料収集,ならびにルイ・モレリによる『大歴史辞典』の最も充実した版で本主題にかかわる記述も多数掲載している1759年版を購入することができました。このテーマについては,第11回のオック語オック文学研究学会で発表を行い,北フランスにおける14世紀の著述家ウスタシュ・デシャンの記した「疫病に罹らないための心得を説くバラッド」が,ペストの大流行という当時の世相のもとに『秘中の秘』以来の養生術の一種の集大成であるということを提示しました。 

  • 中世フランス抒情詩における異本と異文-写本テクスト学とデジタル・アーカイヴ

    2009年  

     概要を見る

     2009年度においては、中世フランス抒情詩における異本による異文を、マルカブリュ(12世紀前半)のテクストを中心にして考察する下準備を行った。 南仏語(オック語)によるトルバドゥールの作品は,30近い写本テクストにおいて伝えられているが、そのすべての作品は、ピーター・リケッツ教授(ロンドン大学名誉教授)の手により、Concordance de l'occitan medieval(COM)という電子テクストにまとめられた。きわめて便利な試みであるが、テクスト自体は既存の校訂版によっている。それらは校訂の方針もまちまちであり、各写本の読みは,それぞれの校訂版にある異文欄(apparat critique)によらなければならない。しかもその異文がどのような方針のもとに収録されているかは、各校訂版によって違いがあり、必ずしもその情報が正確でない場合がある。したがって、テクストを精緻に解釈するためには,どうしても写本そのものにあたらなくてはならない。リケッツ教授も、もちろんそのことに気づいており、COMの第4巻において、各写本の読みをすべて収録しようと計画しておられるが、規模の壮大さと資金の欠如のために、第4巻は頓挫したままである。 私は、マルカブリュという、内容的にも写本の言語の上でも、きわめて興味深いトルバドゥールについて、従来おこなわれてきた、その研究を概観し、今年度はとりあえず作品11(Belh m'es quan la rana chanta)をC写本のヴァージョンで読み解き、そのテクストの、他の写本によるテクストとの相違を検討してみた。2002年にイタリアで出版されたコロック(研究集会)において作品18を俎上にのぼせたが、本研究はその延長線上にあるものと自分自身ではとらえている。また、2009年には、マルカブリュの作品19につき、Le grondement de la montagne qui accouche d'une sourisというテーマにおいて、やはりC写本の他写本に比較して短いヴァージョンを校訂し、そのテクストについてC写本独自の部分を探ってみた。これは、パリ大学オック語文学研究所の紀要(La France Latine誌)に発表することができた。 今後は、マルカブリュのテクストについて、写本の独自の読みとその言語的な特性を、よりコーパスを拡大して考察し、テクストのさらなる深い読みに至ることを目的として、研究を進めていくつもりである。

  • フランスの中世抒情詩の写本についての総合的研究 -南仏のC写本を中心に-

    2004年  

     概要を見る

      2003-2004年度において、本研究助成によって、オック語によるトルバドゥールの諸写本、とくにC写本における目次と索引と本文の不一致を網羅的に検討することができた。この過程で、C写本を底本として2002年末に刊行した「トルバドゥール詞華集」(大学書林)をもとに、収録作品を具体的に絞ることによって、問題の所在をあきらかできたのではないかと考えている。  すなわち、聖ヴー(聖顔)伝説である。ペイレ・ダルヴェルニェ(C写本)あるいはアルナウト・カタラン(M写本)の作品とされるDieus verays, a vos mi renで始まる抒情詩が、C写本の本文ではGeneys lo joglars a cuy lo voutz de Lucas donet lo sotlar「ルッカの聖顔がその靴を与えたところのジョングルールであるジェネイス」の作とされている理由である。C写本の編者(写字生)は、この伝説をそのままとって作者とすることに抵抗を感じて(写すもとになったオリジナルではそうあったのであろう)、目次の作者措定に、あらたにペイレ・ダルヴェルニェの名を付加しているのではないか。この仮説を、Cをもとにしたこの作品の新たな校訂を付し、ソルボンヌ大学の研究雑誌に発表した。また2004年3月に広島大学で開催された、中世フランス語の語彙にかんするフランス語によるコロック(研究集会)では、ラテン語のvultusから、volt (vou)という中世フランス語(オック語・オイル語)への変遷を、意味の面も考慮して、伝説の伝播と変容をもとに考察してみた。この発表を含む研究集会での成果は、2005年度中に、広島大学より刊行される予定である。 なお、本研究課題は、2004-2005年度に採択された科学研究費(基盤研究C-2)「写本テクスト学の構築に向けて―中世フランス抒情詩の諸相」に一部連動するものであり、2005年度9月にボルドー大学で開催される「第8回国際オック語オック文学研究学会」において、トルヴェールの写本を考察の対象に含めた最終的な研究成果は発表する予定である。

全件表示 >>

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 中世フランス抒情詩の文献学的研究

    2011年03月
    -
    2012年03月

    フランス   高等実習研究院・モンペリエ大学

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>