SAIGO, Hiroshi

写真a

Affiliation

Faculty of Political Science and Economics, School of Political Science and Economics

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/saigo

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Political Science and Economics   Graduate School of Economics

  • Faculty of Political Science and Economics   Graduate School of Political Science

Research Institute 【 display / non-display

  • 1989
    -
     

    現代政治経済研究所   兼任研究員

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1992

    Waseda University   Graduate School of Economics   economic theory and economic history  

  •  
    -
    1992

    Waseda University   Graduate School of Economics   economic theory and economic history  

  •  
    -
    1984

    Waseda University   School of Political Science and Economics   division of economics  

Degree 【 display / non-display

  • Master in Economics

  • 早稲田大学   経済学(修士)

Research Experience 【 display / non-display

  • 1999
    -
     

    Professor, School of political science and economics, Waseda University

  • 1999
     
     

    Professor, School of political science and economics, Waseda University

  • 1994
    -
    1999

    Associate Professor, School of political science and economics, Waseda University

  • 1992
    -
    1994

    Assistant Professor, School of political Science & Economics, Waseda University

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    The Canadian Statistical Society

  •  
     
     

    The American Stalistical Association

  •  
     
     

    The Japanese Economic Association

  •  
     
     

    The Japan Statistical Sciety

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Statistical science

  • Economic statistics

Research Interests 【 display / non-display

  • Statistics

Papers 【 display / non-display

  • 標本調査の基本理論 第6回

    西郷 浩

    経済統計研究   38号 ( III ) 42 - 48  2010.12

  • Comparing Four Bootstrap Methods for Stratified Three-Stage Sampling

    Hiroshi Saigo

    JOURNAL OF OFFICIAL STATISTICS   26 ( 1 ) 193 - 207  2010.03  [Refereed]

     View Summary

    For a stratified three-stage sampling design with simple random sampling without replacement at each stage, only the Bernoulli bootstrap is currently available as a bootstrap for design-based inference under arbitrary sampling fractions. This article extends three other methods (the mirror-match bootstrap, the rescaling bootstrap, and the without-replacement bootstrap) to the design and conducts simulation study that estimates variances and constructs coverage intervals for a population total and selected quantiles. The without-replacement bootstrap proves the least biased of the four methods when estimating the variances of quantiles. Otherwise, the methods are comparable.

  • 標本調査の基本理論 第5回

    西郷 浩

    経済統計研究(経済産業統計協会)   37 ( 1 ) 1 - 12  2009.04

  • 標本調査の基本理論 第4回

    西郷 浩

    経済統計研究(経済産業統計協会)   35 ( 4 ) 2 - 8  2008.03

  • 平成19年全国物価統計調査に期待する

    西郷浩

    統計   58 ( 9 ) 2 - 8  2007.09

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • Detection and handling of outliers in surveys

    Project Year :

    2017.04
    -
    2020.03
     

  • Research on statistical models for official statistics

    Project Year :

    2014.04
    -
    2017.03
     

     View Summary

    The objective of this research is to develop suitable statistical models for producing official statistics based on survey data. In particular, the present research focuss on (1)doubly protected imputation, (2)stratum jumpers, and (3)estimation under changes in the population. For (1), we made a presentation at the 2014 Japanese Joint Statistica Meeting. For (2), we have develped a model based on small area estimation. For (3), we currently construct a model to accommodate a shifting population

  • Research on statistical models for official statistics

    Project Year :

    2014
    -
    2016
     

     View Summary

    The objective of this research is to develop suitable statistical models for producing official statistics based on survey data. In particular, the present research focuss on (1)doubly protected imputation, (2)stratum jumpers, and (3)estimation under changes in the population. For (1), we made a presentation at the 2014 Japanese Joint Statistica Meeting. For (2), we have develped a model based on small area estimation. For (3), we currently construct a model to accommodate a shifting population

  • Cohort Analysis for Micro-data in Periodical Statistical Survey: Empirical Analysis of Cultural Demand

    Project Year :

    2011.04
    -
    2015.03
     

     View Summary

    This study empirically analyzes the factors affecting cultural demand such as arts participation and cultural expenditures. The data used in the analysis are based on the Survey on Time Use and Leisure Activities, National Survey of Family Income and Expenditure, Family Income and Expenditure Survey - which was conducted by the Statistics Bureau of Japan - and Survey on Japanese University Students’ Attitudes toward Arts and Appreciation of Arts conducted by some of co-investigators in this project. The results of the empirical analysis are as follows: 1) Regarding arts participation, comparing the effects of age, period, and cohort, the effects of cohort are relatively greater than that of age and period for some of arts participation. 2) The correlation between items of household expenditures, including cultural expenditures, is not stable over time and structural breaks in correlation exist. 3) Cultural capital significantly affects arts participation of college students

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Hanabusa Bunko

    the 10th Annual Meeting of the Japanese Federation of Statistical Science Associations 

    Presentation date: 2011.09

  • Doubly Protected Hot Deck Imputation

    the 8th Annual Meeting of the Japanese Federation of Statistical Science Associations 

    Presentation date: 2009.09

  • Random Regression Imputation Using Response Model

    the 7th Annual Meeting of the Japanese Federation of Statistical Science Associations 

    Presentation date: 2008.09

  • Comparing Four Bootstrap Methods for Stratified Three-Stage Sampling

    the 6th Annual Meeting of the Japanese Federation of Statistical Science Associations 

    Presentation date: 2007.09

  • Jackknifing for Sampling on Two Occasions

    the 5th Annual Meeting of the Japanese Federation of Statistical Science Associations 

    Presentation date: 2006.09

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 統計調査における無回答処理の統計理論的研究

    1997  

     View Summary

    標記課題について、リサンプリング法の応用をサーベイし、いくつかの実験をおこなった。 無回答を補完した調査データにおける推定量の精度を評価するための方法には、これまでのところ3つの手法が考案されている:(1)修正 Jackknife 法;(2)Bootstrap 法;(3)Multiple imputation 法。実験の結果、適用範囲の柔軟さや精度評価の正確さから、Bootstrap 法が有用であるとの結論をえた。Bootstrap 法の利点のひとつは、母数のノンパラメトリックな区間推定がおこなえることである。このことは、無回答を補完した調査データの場合にも志向されるべきである。そこで、この点に関して、Bootstrap-t 法とBCa 法とについて具体的な手法を提案し、実験をおこなった。その結果、提案した手法は、母数の捕捉率が名目値を下回る傾向がみられるものの、母集団の歪みに対応しうることがわかった。 今後は、捕捉率低下の原因を理論的に解明して、それを是正した手法を研究していく。研究成果の発表:1997年10月「無回答処理へのリサンプリング法の応用」『早稲田政治経済学雑誌』第332号 160-195.1998年1月「無回答を補完した調査データにもとづくノンパラメトリックなブートストラップ区間推定」『早稲田政治経済学雑誌』第333号 215-247.

  • 確率比例系統抽出に関する基礎的研究

    1996  

     View Summary

     標記テーマについて、その理論的考察を中心に研究を進めた。まず、確率比例抽出における有限母集団修正について考察した。単純無作為抽出の場合と異なり、確率比例抽出における有限母集団修正は明示的な形ではとらえにくい。この点を、近似的な確率比例抽出による推定量(Rao-Hartley-Cochran推定量)の分散からの類推と、確率比例系統抽出における推定量(Horvitz-Thompson推定量)の分散の近似式(Hartley-Raoの近似)とから吟味した。その結果、前者の類推は基本的に単純無作為抽出の利用に由来し、どのような条件のもとでその類推が妥当であるのか検討が必要であることがわかった。 上で述べた最後の問題を、回帰型の超母集団を導入して考察した。その結果、この超母集団モデルのもとで、いくつかの推定量の分散が導出できた。しかし、この点については先行研究がおこなわれており、今回導いた結果と類似点・非類似点をさらに研究する必要がある。これは、今後の課題である。 このほか、確率比例抽出における最適標本配分についても部分的な考察を始めている。実用的な問題であり、今後検討の価値があるので、さらに考察を進めていきたい。

  • 経済構造の変化の統計的検出に関する研究(モデルの想定過誤との関連について)

    1995  

     View Summary

    経済構造の変化の有無を検定することは,経済モデルを構築する上で重要な意味を持つ。なぜなら,構造的な変化があったにもかかわらずこれを無視して予測をおこなえば,予測の精度が落ちることは避けられない。このため,計量経済学においては,経済構造の変化の検出方法を構築するのが重要なトピックのひとつとなっている。今日の非定常時系列分析においても,単位根の検定に構造変化が大きな影響をおよぼすことから,単位根検定と構造変化の検定とをいかにして組み合わせるかが最近の課題となっている。 従来の構造変化の検出の方法は,「構造変化が生じているという点を除けば,モデルの特定化に誤りがない」ことが前提条件である。ところが,経済分析においては,特定化された分析モデル自体が経験的に組み立てられることが大半であるから,特定化が正しいという前提も検定の対象とされるべきである。にもかかわらず,これまでの構造変化の検定では,モデルの特定化に配慮していたとはいいがたい。 この研究では,構造変化とモデルの特定化と同時に検定することによって,構造変化だけを検出する有効な方法を検討した。まず,構造変化の検出のために考案されている手法と関数形の特定化の検定に考案されている方法を理論的に整理した。双方とも関連文献は膨大であり,理論的な比較対比は容易ではない。今年はこの理論的な整理にとどまり,同時検定の手法については試論の域を出ていない。元来Non-nestedな関数形の検定をNestedな形式に変換して構造変化の検定に盛り込むことが基本的なアイディアである。具体的には,ダミー変数とRESET検定とを組み合わせて同時に使い,前者によって構造変化を,後者によって関数形の検定をおこなおうとするものである。有意水準や検出力を検討するためのシミュレーション・プログラムを試作した。理論的な検討は今年度の課題としたい。

 

Syllabus 【 display / non-display