UCHIDA, Etsuo

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Engineering, School of Creative Science and Engineering

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.uchida.env.waseda.ac.jp/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Science and Engineering   Graduate School of Creative Science and Engineering

Research Institute 【 display / non-display

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

Education 【 display / non-display

  • 1982.12
    -
    1984.07

    Universite Catholique de Louvain   Faculty of applied Science   Department of Mineralogy and Petrology  

  • 1979.04
    -
    1982.03

    Univesity of Tokyo   Graduate School of Science Doctoral Program   Major in Geology  

  • 1977.04
    -
    1979.03

    Univesity of Tokyo   Graduate School, Division of Science   Major in Geology  

  • 1973.04
    -
    1977.03

    Waseda University   School of Science and Engineering   Department of Mineral Resources Engineering  

Degree 【 display / non-display

  • University of Tokyo   Doctor of Science

  • 東京大学   理学博士

Research Experience 【 display / non-display

  • 1996
    -
    Now

    Waseda Univerisity, Professor

  • 1991
    -
    1996

    Waseda University, Assistant Professor

  • 1990
    -
    1991

    Waseda University, Associate

  • 1986
    -
    1990

    Waseda University, Research Assistant

  • 1988.03
    -
    1988.06

    高麗大学   理学部地質学科   交換研究員

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    Japan Society for Scientific Studies on Cultural Properties

  •  
     
     

    The Mining and Materials Processing Institute of Japan

  •  
     
     

    The Geochemical Society of Japan

  •  
     
     

    The Geological Society of Japan

  •  
     
     

    Japan Association of Mineralogical Sciences

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Cultural assets study   クメール遺跡、アンコール遺跡、石材、石材劣化、非破壊分析

  • Solid earth sciences   花崗岩類、熱水性鉱床、鉱物ー熱水間平衡実験

Research Interests 【 display / non-display

  • Mineralogy, Petrology and Mineral Deposit, Geochemistry, Cultural Asset Science

Papers 【 display / non-display

  • Non-destructive in-situ classification of sandstones used in the Angkor monuments of Cambodia using a portable X-ray fluorescence analyzer and magnetic susceptibility meter

    Etsuo Uchida, Ryota Watanabe, Rathborith Cheng, Yuta Nakamura, Toru Takeyama

    Journal of Archaeological Science: Reports   39   103137 - 103137  2021.10  [Refereed]

    Authorship:Lead author

    DOI

  • Review of the Mesozoic iron mineralization in South Korea

    Jieun Seo, Seon-Gyu Choi, Young-Jae Lee, Etsuo Uchida

    Journal of the Geological Society of Korea   57 ( 4 ) 615 - 628  2021.08  [Refereed]

  • Zircon U–Pb chronology on plutonic rocks from northeastern Cambodia

    Naoto Kasahara, Sota Niki, Etsuo Uchida, Kosei Yarimizu, Rathborith Cheng, Takafumi Hirata

    Heliyon   7 ( 4 ) 1 - 12  2021.05

    Authorship:Corresponding author

    DOI

  • Simultaneous partition experiment of divalent metal ions between sphalerite and 1 mol/L (Ni,Mg,Co,Fe,Mn)Cl2 aqueous solution under supercritical conditions.

    Etsuo Uchida, Keiko Wakamatsu, Naoki Takamatsu

    Minerals   11 ( 435 ) 1 - 11  2021.04  [Refereed]

    Authorship:Lead author

  • Experimental investigation of the simultaneous partitioning of divalent cations between löllingite or safflorite and 2 mol/L aqueous chloride solutions under supercritical conditions

    Etsuo UCHIDA, Yoshiki SUGINO, Hiroyuki YOKOYAMA

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences   115 ( 5 ) 1 - 10  2020.10  [Refereed]

    DOI

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 地球・環境・資源 : 地球と人類の共生をめざして (第2版)

    高木, 秀雄, 山崎, 淳司, 円城寺, 守, 小笠原, 義秀, 太田, 亨, 守屋, 和佳, 内田, 悦生, 大河内, 博, 香村, 一夫( Part: Joint editor)

    共立出版  2019.03 ISBN: 9784320047341

  • Preah Vihear - Architectural study on the provincial sites of the Khmer Empire 2

    Takeshi Nakagawa, Akinori Mizoguchi( Part: Contributor)

    Chuo-Koron-Bijutsu Press  2018.10 ISBN: 9784805508589

  • 地球と宇宙の化学事典

    日本地球化学会編

    朝倉書店  2012.09 ISBN: 9784254160574

  • 岩石鉱物のための熱力学

    内田悦生

    共立出版  2012.09 ISBN: 9784320046764

  • 石が語るアンコール遺跡 岩石学からみた世界遺産

    内田悦生

    早稲田大学出版会  2011.03 ISBN: 9784657117045

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • The Best Article Award 2007 (Resource Geology)

    2008.06   The Society of Resource Geology   Relationship Between Solidification Depth of Granitic Rocks and Formation of Hydrothermal Ore Deposits

  • "The research Incentive Award"(The Society of Resource Geology

    1988.06  

Research Projects 【 display / non-display

  • Petrological study on stone materials and their deterioration in the Khmer monuments including the Angkor monuments

    Project Year :

    2019.10
    -
    2025.03
     

  • Petrological study on stone blocks and their deterioration in the Khmer monuments, Cambodia

    Project Year :

    2021.04
    -
    2023.03
     

    Ki-Cheol Shin, Yu Saito

    Authorship: Principal investigator

  • Approach to granitic rocks associated with ore deposits by means of field investigations and experiments between minerals and hydrothermal solutions.

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

  • A new development of stone deterioration and multidiscipinaly research on conservation in Angkor monument group

    Project Year :

    2017.04
    -
    2022.03
     

  • Elucidation of formation mechanism of hydrothermal ore deposits accompanied by granitic rocks.

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

     View Summary

    Intrusive rocks in Cambodia are separated by the Mea Ping fault. Northeastern intrusive rocks belong to magnetite series and I-type, while southwestern intrusive rocks belong to ilmenite series and I type. The Sr-Nd isotopes indicate that the northeastern intrusive rocks originated from the mantle, while the southwestern intrusive rocks were largely affected by the continental crustal material. Rb-Sr dating indicates that there are four periods of intrusion.Simultaneous ion exchange experiments on cobaltite, arsenopyrite, saffloite and loellingite show that Co and Ni are more likely to enter these minerals. In addition, it was found from the obtained distribution coefficient vs ionic radius diagrams that the gradient of the distribution coefficient vs ionic radius curves are steeper than those of silicate minerals and multiple oxide minerals

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • サンボール・プレイ・クック遺跡(カンボジア)のレンガ材表面に析出した石こうに対するSrおよびS同位体分析

    内田悦生, 河西彩, 陳秀テイ, 斎藤有, 申基澈

    日本文化財科学会 

    Presentation date: 2021.09

    Event date:
    2021.09
     
     
  • アンコール遺跡の砂岩材表面に析出した石こうに対するSrおよびS同位体分析

    内田悦生, 河西彩, 中村勇太, 申基澈

    日本文化財科学会第37回大会  (別府大学)  日本文化財科学会

    Presentation date: 2020.09

  • Petrogenesis and tectonic setting in intrusive rocks in Cambodia.

    Etsuo Uchida, Rathborith Cheng, Masato Katayose, Kosei Yarimizu, Ki-Cheol Shin, Sitha Kong, Takanori Nakano

    MAESA Second International Conference on Applied earth Sciences in Myanmar and Neighboring Regions  (ヤンゴン)  The Myanmar Applied Earth Sciences Association

    Presentation date: 2019.11

  • カンボジア ・シェムリアップ アンコール地域における大気汚染と熱帯性豪雨の化学組成に及ぼす影響

    梶川友貴, 大河内博, 中野孝教, 島田幸治郎, 内田悦生, 中川武, 松井敏也, 石塚充雅, 荒井豊明, 宇田川智, PHORSDA Phul, LAY Poty, HANG Peou

    大気環境学会年会  (東京農工大学 府中キャンパス)  大気環境学会

    Presentation date: 2019.09

  • アンコール遺跡に使用されている硬砂岩材

    内田悦生, 杜睿, 中村勇太, 武山達

    (東京芸術大学)  日本文化財科学会

    Presentation date: 2019.06

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • アンコール遺跡を初めとするクメール遺跡の石材に対する岩石学的研究

    2018  

     View Summary

    バイヨン42塔東側十字回廊にて灰色砂岩の反発硬度測定を行った結果、十字回廊で石材の変質が進んでいることが分かった。同場所で乾季と雨季に含水率測定を行った結果、すべての箇所で乾季より雨季に含水率が高いことが明らかになった。十字回廊から得た劣化材からはウェーヴェライトを主とするリン酸塩鉱物が確認された。玄武岩造寺院のクック・プレア・テアットおよびアスラム・マハ・ロセイの玄武岩の各種分析を行った結果、両遺跡の玄武岩が同起源であると考えられる。スネン・カシューおよびネアン・クマウ寺院開口部の灰色砂岩の帯磁率とSr・Rb含有量を測定した結果、いずれも同様な値を示し、これらの砂岩が同起源であると推測される。 

  • アンコール遺跡を初めとする東南アジアの石造建造物に対する岩石学的研究

    2016  

     View Summary

    東王道には27のラテライト造の橋がかかっており、そのラテライトの帯磁率と化学組成に基づき、橋は4つのグループに分かれることが明らかになった。砂岩材と比べてラテライトの供給範囲が狭いことが明らかになるとともに、東道の橋の建造がアンコール・ワット期初期であることが明らかになった。 クレン山裾野のアンコール期の石切り場の全容を明らかにするために石切り場の調査を行ない、新たに21箇所の石切り場を発見した。 ラオスの南部にあるWat Phu寺院などに使用されている砂岩材、石切り場および周辺の砂岩露頭の調査を行なった。これらの砂岩は、カンボジアのアンコール遺跡に使用されている砂岩材と同じ地層から供給されているが、アンコール遺跡の砂岩材と比べて帯磁率が低く、また、Srを初めとして化学組成にも違いが認められた。

  • 花崗岩類に伴われる熱水性金属鉱床の生成機構の解明

    2015  

     View Summary

    2011年度から継続してタイに分布する花崗岩類の調査を行っており、2015年度は、調査数の少なかった西帯の花崗岩体を対象に調査を行った。今年度の調査対象は、プーケット島の北側に位置するLam Pi、Ban Lam RuおよびRanong地域の花崗岩体である。これに加え、カンボジアの中央部に位置し、古くから鉄の供給地として知られているPhnom Daek岩体の調査を行った。調査では、花崗岩体の記載、帯磁率測定並びに試料採取を行い、採取した試料に対して顕微鏡観察を行うとともに全岩化学組成分析を行った。これらの結果を基に、従来研究を行ってきた日本および韓国の花崗岩類との比較を行った。

  • 超臨界条件下における岩石・鉱物・マグマと熱水間における元素分配実験

    2003  

     View Summary

    従来は主として6配位サイトを持つ鉱物と塩化物水溶液間における2価陽イオンの同時分配実験を行なったが、本研究では8配位サイトを持つザクロ石(スペサルティン)と6配位および8配位サイトを持つ角閃石(透閃石)および輝石(ヘデン輝石)を用いて2価陽イオンの同時分配実験を行なった。いずれの実験も500~800℃、1kbの条件下で実験を行なった。また、ザクロ石の実験ではNi、Mg、Co、Zn、Fe、Mn、Caイオンの分配を取り扱い、角閃石と輝石の実験ではさらにSrを付け加えた. ザクロ石の場合、Mn付近に極大を持つ、PC-IR曲線が得られ,その勾配は6配位サイトに対する曲線より緩やかであり,8配位サイトが6配位サイトと比べてイオン選択性が緩やかであることを示している。また、温度の増加に伴いPC-IR曲線の勾配は緩やかになり,温度の上昇に伴いイオン選択性が小さくなること示している.なお、Znは,6配位サイトの場合と同様に他の元素とは異なる挙動を示し,サクロ石には濃集しにくいことを示している. 角閃石および輝石の場合には,2価陽イオンの入り得る6配位サイトと8配位サイトに対応する2つのピークが求められた.6配位サイトのピークはNiとMgの間に、8配位サイトのピークはCa近くに位置しており、Mn付近で極小値を示す.6配位サイトに対応するPC-IR曲線は、8配位サイトに対応する曲線と比べて勾配がきつくなっており、6配位サイトは8配位サイトと比べてイオン選択性がきついことを示している.また、温度上昇に伴い,全体的にイオン選択性は小さくなる。これら2鉱物においては、CoとZnが他の2価イオンとは異なる挙動を示し、鉱物中に濃集しにくいことを示している。

  • 超臨界条件下における岩石・鉱物・マグマと熱水間における元素分配実験

    2002  

     View Summary

     本研究では、地質調査所の日本岩石標準試料である沢入花崗岩JG-1aと塩化物水溶液間における元素分配実験およびザクロ石と塩化物水溶液間における元素分配実験を行った。 前者のJG-1aとの元素分配実験では、反応溶液として2M NaCl水溶液を使用し、300~800℃、1kbの温度・圧力条件下で実験を行った。実験にはテスト・チューブ型高圧反応容器を用いた。実験後、固相と液相を分離し、ICPを用いて化学組成分析を行った。分析可能であった元素は、Na、K、Ca、Mg、MnおよびFeの6元素であった。800℃における分配係数(溶液中の濃度 / 固相中の濃度)は、Mn>Na≒K≒Fe>Ca>Mgであり、溶液中のFe濃度は5000ppmに、Mn濃度は350ppmに達した。熱力学的な解析から、これら遷移金属元素は、液相中では高温になるほどトリクロロ錯体として存在していると推測される。 後者のザクロ石との実験では、固相出発物質としてスペサルティンを使用した。また、反応溶液としては、2N塩化物水溶液を用い、スペサルティンと塩化物水溶液間におけるMn、Fe、Ni、Co、Zn、MgおよびCaの同時分配実験を、500~800℃、1kbの条件下で行った。実験結果をPC-IR(分配係数-6配位イオン半径)図にプロットしたところ、Znを除いて、Mn近傍に頂点を持つ放物線が描けた。Znは液相中に濃集する傾向を示し、これは今までの他の鉱物を用いた実験結果からZnが4配位席を好む性質による。また、得られた放物線の勾配は他の6配位および4配位席を持つ鉱物と比較すると緩やかであり、これはザクロ石における二価イオンの交換席が8配位で大きく、イオン選択性が4配位および6配位の場合と比べて緩やかであることを示している。また、放物線は温度が高くなるにつれて緩やかになり、高温になるにつれてイオン選択性が小さくなることを示している。

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • 資源地球化学特論

  • 応用物理化学及び演習

  • 理工学基礎実験ⅡA

  • 環境資源工学実験

  • 地球物質科学

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    資源地質学会  評議員

Social Activities 【 display / non-display

  • 失われた密林の巨大都市 - カンボジア・アンコールワット

    Eテレ(NHK)  地球ドラマティック 

    2017.09
    -
     

     View Summary

    国際研究チームによりライダー技術を用いて密林に埋もれたアンコール遺跡の全容が明らかにされたことを番組化したBBCの作製した番組の日本語版作製時における監修を行った

  • Ancient Canals Transported Building Blocks to Angkor Wat

    Science  Science 

    2012.10
    -
     

  • 奇跡の寺院アンコールワット

    Eテレ(NHK)  地球ドラマチック 

    2012.10
    -
     

     View Summary

    アンコールワットおよびアンコールトムを代表としたアンコール朝の歴史を解説した韓国の放送番組の日本語版の監修・出演

  • The land of Gods: Angkor

    The land of Gods: Angkor 

    2011.04
    -
     

Media Coverage 【 display / non-display

  • 光の惑星 地球5千年の旅

    光の惑星 地球5千年の旅  

    2004.12

     View Summary

    テレビ朝日 キャノンスペシャル エジプトのピラミッドを構成する石材の色に関して実験とともに解説