Updated on 2021/12/08

写真a

 
SHIINA, Kempei
 
Affiliation
Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences, School of Education
Job title
Professor

Concurrent Post

  • Faculty of Commerce   School of Commerce

  • Affiliated organization   Global Education Center

  • Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   Graduate School of Education

  • Faculty of Letters, Arts and Sciences   Graduate School of Letters, Arts and Sciences

Education

  •  
    -
    1989

    Waseda University   Graduate School, Division of Letters  

  •  
    -
    1981

    Waseda University   Faculty of Literature  

Degree

  • 早稲田大学   文学修士

  • (BLANK)

  • 早稲田大学   博士(文学)

  • (BLANK)

  • 博士(文学)

Professional Memberships

  •  
     
     

    日本行動計量学会

  •  
     
     

    日本基礎心理学会

  •  
     
     

    日本教育心理学会

  •  
     
     

    日本心理学会

 

Research Areas

  • Experimental psychology

Research Interests

  • 実験系心理学、教育・社会系心理学

Papers

  • A Small Catalogue of Classical Rating Scales

    Shiina Kenpei

      69   93 - 118  2021.03

  • 20世紀初頭における我が国での相関係数の普及について

    椎名乾平

    学術研究(人文科学・社会科学編)(早稲田大学 教育・総合科学学術院)   68   75 - 85  2020

  • Decline of Pearson’s r with categorization of variables: a large-scale simulation

    Takahiro Onoshima, Kenpei Shiina, Takashi Ueda, Saori Kubo

    Behaviormetrika   46 ( 2 ) 389 - 399  2019.10  [Refereed]

    DOI

  • カテゴリカルな教育データと相関係数についての留意点

    小野島昂洋, 椎名乾平

    コンピュータ & 工デュケーション   47   25 - 30  2019  [Refereed]

    DOI

  • カーソル軌跡から評定時間が予測できるか?

    椎名乾平

    学術研究(人文科学・社会科学編)   67   97 - 111  2019

  • Polychoric correlations for ordered categories using the EM algorithm

    Kenpei Shiina, Takashi Ueda, Saori Kubo

    Springer Proceedings in Mathematics and Statistics   233   247 - 259  2018  [Refereed]

     View Summary

    A new method for the estimation of polychoric correlations is proposed in this paper, which uses the Expectation-Maximization (EM) algorithm and the Conditional Covariance Formula. Simulation results show that this method attains the same level of accuracy as other methods, and is robust to deteriorated data quality.

    DOI

  • 知られざるPearson(1913)のBroad-Category補正式について-カテゴリー尺度による相関係数の問題-

    椎名乾平

    学術研究(人文科学・社会科学編)   65   121 - 142  2017

  • 相関係数の起源と多様な解釈

    椎名乾平

    心理学評論   59 ( 4 ) 415 - 444  2016  [Refereed]

    DOI

  • De Moivre (1733) による正規分布の導出

    椎名乾平

    学術研究(人文科学・社会科学編)   62   99 - 111  2014

  • PCカーソルの軌跡で心理状態を推測する

    椎名乾平

    信学技報, vol. 113, no. 426, HCS2013-76   113   37 - 42  2014

  • Inverted-U and Inverted-J Effects in Self-Referenced Decisions.

    Kenpei Shiina

    Proceedings of the 36th Annual Conference of the Cognitive Science Society. https://mindmodeling.org/cogsci2014/papers/504/paper504.pdf    2014

  • 七つの正規分布

    椎名乾平

    心理学評論   56   7 - 34  2013  [Refereed]

    DOI

  • カテゴリー数の異なる順序カテゴリー尺度同士の相関係数の性質

    大内善広, 上田卓司, 椎名乾平, 岡田いずみ

    学術研究-人文科学・社会科学編-   60   93 - 103  2012

  • Rating Scales and Cursor Movements

    SHIINA Kenpei

    J. SOFT   24 ( 4 ) 858 - 870  2012  [Refereed]

     View Summary

    Although rating scales are still a mainstay of data acquisition in psychology and cognitive science, we do not have ample knowledge about how rating decisions unfold over time. In this exploratory study PC cursor trajectories were recorded and analyzed to probe internal states in rating decisions. Major findings are: 1) the variability of cursor trajectories and response RT are highly correlated suggesting that the trajectory variability is the cause of Inverted-U RT effect. 2) The trajectories consist of quick saccadic-like components that are called "strokes" in this paper. The distribution of strokes differed across tasks as a function of cognitive loads. 3) The shape and speed of tangential velocity of trajectories may reflect participant's internal states, especially when cognitive loads are high. Finally, 4) we can infer the decisional vacillation and hesitation using the trajectories. In particular, rating decisions for middle categories are more susceptible to decisional fluctuation. Several suggestions to psychometric theory are provided.

    CiNii

  • Okuma illusion: a new illusion of leaning

    T. Yasuda, T. Ueda, K. Shiina

    PERCEPTION   41   90 - 90  2012  [Refereed]

    DOI

  • When Choice Effects Compete: An Account by Extended EBA Model

    Kenpei Shiina

    Proceedings of the 34th Annual Conference of the Cognitive Science Society.http://mindmodeling.org/cogsci2012/papers/0403/paper0403.pdf    2012

  • Trajectory-Variability and Inverted-U Effects in Rating Decisions

    Kenpei Shiina

    European Perspectives on Cognitive Science : Proceedings of the European Conference on Cognitive Science http://nbu.bg/cogs/eurocogsci2011/proceedings/pdfs/EuroCogSci-paper187.pdf    2011.05

  • 統計解析環境Rを活用した心理学実験 1:心理学実験における刺激統制と実験準備

    上田卓司, 安田 孝, 椎名乾平

    学術研究-教育心理学編-   59   1 - 20  2011.02

  • 統計解析環境Rを活用した心理学実験 2:画像刺激の操作

    安田孝, 上田卓司, 椎名乾平

    学術研究-教育心理学編-   59   21 - 37  2011.02

  • Tracing the Process of Rating Decisions through Cursor Movements

    Kenpei Shiina

    Proceedings of the 33rd Annual Conference of the Cognitive Science Society http://csjarchive.cogsci.rpi.edu/Proceedings/2011/papers/0154/paper0154.pdf    2011

  • ある反応時間の確率分布について-破産の問題-

    椎名乾平

    学術研究-教育心理学編-   58   1 - 16  2010.02

  • ポワソン差異モデルについて

    椎名乾平

    学術研究-教育心理学編-   57   1 - 17  2009.02

  • カーソルの軌跡を用いて評定判断過程を分析する

    椎名乾平

    学術研究-教育心理学編-   56   1 - 9  2008.03

  • Vacillation and Hesitation in Category Rating: Evidence from PC Cursor Trajectories

    Kenpei Shiina

    Proceedings of the 30th Annual Conference of the Cognitive Science Society http://www.cogsci.rpi.edu/CSJarchive/Proceedings/2008/pdfs/p1894.pdf    2008

  • EMアルゴリズムについて(その1)

    椎名乾平

    学術研究-教育心理学編-   55   1 - 21  2007.03

  • 選択肢つき穴埋め問題の基本特性

    椎名乾平

    学術研究-教育心理学編-   54   1 - 12  2006

  • Linear Separability and Manifestations of Abstract Category Structures

    Kenpei Shiina

    Proceedings of the 28th Annual Conference of the Cognitive Science Society. http://www.cogsci.rpi.edu/CSJarchive/Proceedings/2006/docs/p2152.pdf    2006

  • コンフリクト,迷いと意思決定

    椎名乾平

    知能と情報   17   672 - 678  2005.12

  • The Explication of Similarity, Compromise, and Attraction Effects by the REGAL Model

    Shiina Kenpei

    Joint 2nd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 5th International Symposium on Advanced Intelligent Systems    2004.09

  • 反応時間の確率モデル

    上田卓司, 椎名乾平, 浅川伸一

    心理学評論   46,2, 249-273  2003  [Refereed]

    DOI

  • SOMDS: Multidimensional scaling through self organization map

    K Shiina, S Asakawa

    ICONIP'02: PROCEEDINGS OF THE 9TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON NEURAL INFORMATION PROCESSING     2579 - 2581  2002  [Refereed]

     View Summary

    We propose SOMDS that is a combination of MDS (multidimensional scaling) and SOM. SOMDS is a special type of MDS that can learn locally and adaptively the structure of similarity data. SOMDS is a special type of SOM without neighborhood functions and whose inputs are similarities between objects. Convergence properties of the algorithm and some applications are presented.

  • Similarity in cognitive psychology

    Keiko NAKAMOTO, Kenpei SHIINA

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Systems   13 ( 5 ) 423 - 430  2001  [Refereed]

    DOI

  • 高校成績,入試成績,大学成績の関係

    早稲田教育評論   15,1,49-56  2001

    Authorship:Lead author

  • Adaptive arrangement classifier via neuro-fuzzy modeling

    K Shiina

    NINTH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON FUZZY SYSTEMS (FUZZ-IEEE 2000), VOLS 1 AND 2   Pp.577-580   577 - 580  2000  [Refereed]

     View Summary

    A hybrid fuzzy-neuro classifier that extracts rules in terms of polyhedrons in the input space is proposed The network uses a fuzzy disjunctive normal form in its hidden layer to effectively map polyhedral regions, which are gradually adjusted during learning to category labels The major advantage of the present method lies in that it is quite simple in architeeture, every layer enjoys a clear fuzzy logical interpretation, and the number of rules needed is very few. The results of classification experiments seem to be quite promising.

  • 反応時間の確率分布

    学術研究-教育心理学編   47,25-36  1999.02

  • Mathematical Properties of the Biased Choice and Related Models

    Kenpei Shiina

    Behaviormetrika   25 ( 1 ) 45 - 64  1998.01  [Refereed]

    DOI

  • あいまいな知識と問題解決

    椎名乾平

    学術研究-教育心理学編   45/27-36  1997.03

  • Measurement of skills and knowledge states

    椎名乾平

    学術研究-教育心理学編   44  1996.03

  • 測定・評価と認知心理学

    椎名乾平

    教育心理学年報   35/,  1996  [Invited]

  • 逡巡・ためらい・意思不決定-EBAモデルの拡張-

    椎名乾平

    心理学評論   37/3,250-264  1994  [Refereed]

  • REEXAMINATION OF RULE ASSESSMENT APPROACH

    Shinichi ASAKAWA, Kenpei SHIINA

    The Japanese Journal of Educational Psychology   41 ( 1 ) 1 - 10  1993  [Refereed]

    DOI

  • 心理学における不確定性の様相と人間の対処

    椎名乾平

    日本ファジィ学会誌   4,1033-1044  1992

  • 概念の概念の概念

    椎名乾平

    基礎心理学研究   10  1991  [Refereed]

  • 集合論的潜在特性理論の応用

    椎名乾平

    教育心理学研究   38   183 - 189  1990.06  [Refereed]

  • 人工概念の諸相

    椎名乾平, 本間大一

    心理学評論   33,511-540  1990  [Refereed]

  • 集合論的潜在特性理論-理論的考察-

    椎名乾平

    教育心理学研究   38  1990  [Refereed]

  • Osherson & Smithのパラドックス

    椎名乾平

    心理学評論   32  1989  [Refereed]

  • A fuzzy-set-theoretic feature model and its application to asymmetric similarity data analysis

    KENPEI SHIINA

    Japanese Psychological Research   30 ( 3 ) 95 - 104  1988  [Refereed]

    DOI

  • A maximum likelihood nonmetric multidimensional scaling procedure for word sequences obtained in free-recall experiments

    KENPEI SHIINA

    Japanese Psychological Research   28 ( 2 ) 53 - 63  1986  [Refereed]

    DOI

  • Learning and prototype formation of artificial categories defined by multidimensional normal distributions.

    Shiina Kenpei

    The Japanese journal of psychology   56 ( 3 ) 146 - 152  1985  [Refereed]

    DOI

▼display all

Books and Other Publications

  • 学力—いま、そしてこれから(山森 光陽 , 荘島 宏二郎 編)

    ミネルヴァ書房  2006

  • 目撃証言の研究

    北大路書房  2001

  • ファジィとソフトコンピューティングハンドブック

    共立出版  2000

  • 心理学辞典

    有斐閣  1999

  • 構造方程式モデル -共分散構造分析・事例編-(豊田秀樹 編)

    北大路書房  1998

  • 認知心理学の視点

    ナカニシヤ出版  1997

  • ファジィ理論と心理学 第3章「ファジィ理論と心理学」

    山下利之, 椎名乾平

    日刊工業新聞社  1994

▼display all

Works

  • 第3回 錯視コンテスト 2011 グランプリ 「大隈錯視」

    2011
    -
     

Research Projects

  • 相関係数の異常な挙動の解明とそれに対する対処

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

     View Summary

    ピアソンの相関係数rは2変数間の相関関係を表現するための標準的なツールであり,高等学校数学での必修項目でもあり,さまざまな社会科学.自然科学分野で使用されている.この係数の範囲は[-1,1]とされるが,椎名ら(2011)は2変数のカテゴリー数が異なる場合,相関係数が1あるいは-1に成りえないことを発見し,それに付随して相関係数の絶対値がかなり減少する現象を発見した.本研究の第1の目的は,カテゴリー数が異なる場合の相関係数のバイアスについて,どのような範囲でどの程度のバイアスがかかるのかを,理論的あるいは経験的に調べることである.そのためにに大規模な計算実験を行った.その結果,標本相関係数rの標本平均値は真の相関値ρに対してロバストに過小評価され,またこの過小化バイアスがカテゴリー数の増加と共に減少するのが明らかになった.ちなみに,この実験では168億3800万個の相関係数を発生させ相関のバイアスについて確認している.結果は現在投稿中であるが,最悪でも令和元年度中にはpublishできそうな感触である.第2の目的は,バイアスの存在について,心理学者のみならず相関係数を使用するすべての科学者・実務家に伝達することである.この目的のために,教育心理学,数学教育の学会で発表・論文発表を行った.第3の目的は,バイアスが回帰分析,因子分析等のような手法にどのような影響を与えるのかを調べることであるが,現在鋭意調査中である.第4の目的はどのようにバイアスを取り除くかという問題であるが,polychoric相関係数を用いるのが標準的であると言われる.そこで,polychoric相関係数の新しい計算法を提案・公表した.この手法はEMアルゴリズムを用いるもので,画期的なものと自己評価している.本研究の4つの目的の内,2つはほぼ達成できたため.第2の目的(バイアスの存在について,心理学者のみならず相関係数を使用するすべての科学者・実務家に伝達すること),および,第3の目的(バイアスが回帰分析,因子分析等のような手法にどのような影響を与えるのかを調べること)の達成を目指す

  • Integrated research on response behaviors to multiple alternative questions: Designing and testing questionnaires for paper and Web surveys

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

     View Summary

    We conducted integrated research on respondents' behaviors in surveys. It includes literature review, experimental Web surveys, and laboratory experiments on the response quality or the problematic responses to questionnaires. Through the literature review, we elucidated the history of rating scales as well as the problems that we face in designing self-administered questionnaires for paper and Web surveys. In the laboratory experiments, we analyzed the answering behaviors of the respondents with the help of the paradata on their eye-movement, trajectories of the mouse cursor, and their response time. In the experimental Web surveys, we examined the effects of the following factors: sampling methods, question ordering, the number of alternatives, the layouts of the alternatives and buttons on the screen, and the respondents' cognitive capacity of numeric operation. We also proposed and tested several procedures for detecting problematic responses and found that they worked effectively

  • Decision making processes in rating judgments

    Project Year :

    2011.04
    -
    2014.03
     

     View Summary

    Rating methods are a principal data acquisition procedure for psychology. We do not know, however, the nature of the method very well. Using a new method of Dynamic Rating Scale, this study tried to clarify decision making processes in rating judgment. It was revealed the new method is promising because the velocity and variation of trajectories reflect mental states

  • カテゴリーの線形分離と「理論」によるカテゴリー形成の関係

    Project Year :

    1992
    -
     
     

  • 知識構造の数理心理的モデルの構成

    Project Year :

    1989
    -
    1990
     

  • あいまい集合論の認知的心理過程モデル化への応用

    奨励研究A

    Project Year :

    1987
    -
     
     

  • A study on response time distribution for judgment and choice

     View Summary

    Rating judgment and choice, which are ubiquitously used in psychology, should not be conceived of as mere picking-up of numbers from psychological continuum. They are the end-products of vacillating and constructive decision processes on a time dimension. In order to construct process models of rating judgment and choice, models that highlight response times and rating trajectories are proposed.A) Review of previous models. From the viewpoint of psychological process model, studies on rating judgment and choice are summarized. A review paper will be completed shortlyB) Proposal of an original model Poisson-difference model(PDM) is proposed. Quantitative and qualitative properties of PDM are contrasted with other existent models and a parameter estimation method for PDM is developed. It was a great theoretical advance that mathematical relationship between PDM and Levi process was brought to light.Another progress was the development of the process model for Cloze Test with Predetermined Alternatives(CTPA), a test format used often in Japanese schools.C) Parameter estimation Theory and practice must go together. A parameter estimation program for PDM on MS-EXCEL is developed. As for CTPA, an EM-algorithm based program for true value estimation is implemented on MS-EXCEL as well.D) Experimental study Based upon the results of A), B), and C), concordance of data and theory was checked. Dynamic rating scale(DRS) was proposed by Shiina(2004) to monitor the rating behavior more directly. In DRS, subjects are asked to make category ratings for stimulus presented on a PC screen using a PC mouse with the trajectories of cursor recorded. The basic fact found was that the trajectories often vacillated between rating categories. The vacillation looked smaller when the target sentences were simple math problems than when the sentences express abstract and ambiguous ideas, indicating that the vacillation reflects subjects' internal deliberation and hesitation

  • Toward a test theory that measures knowledge and conceptual structures

     View Summary

    Toward a test theory that measures knowledge and conceptual structures.Recent upsurge of cognitive psychology produced fertile knowledge about human conceptual structures and information processings. It seems curious, however, that the results of cognitive psychology did not influence much on the test theory. Previous test theories are all sound and useful, but they have a common drawback in that they can hardly incorporate the results of cognitive psychology. The present study aims at integrating the results of cognitive psychology and the test theory.The provocative feature of the present approach is incorporate prior knowledge and cognitive models into the test theory. Several cognitive domains (Balance beam problem, arithmetic division problem, etc.) were investigated with the methodology and the results revealed the potential of the methodology

▼display all

Presentations

  • Likert 評定時のカーソル軌跡のクラスター分析

    日本行動計量学会第48回大会 

    Presentation date: 2020.09

  • 昔の評定尺度-19世紀初めか20世紀初めまで

    日本教育心理学会62回総会 

    Presentation date: 2020.09

  • Types of cursor trajectories in Likert type rating decisions

    SJDM 40th conference. 

    Presentation date: 2019.11

  • 評定尺度はリカートが発明したわけではない―リカート(1932)より前の世界-

    日本心理学会第83回大会 

    Presentation date: 2019.09

  • 連続変数の離散化に伴う相関係数の低下:離散化の際の閾値を考慮した大規模シミュレーション.

    小野島昂洋, 椎名乾平, 上田卓司, 久保沙織

    日本心理学会第83回大会 

    Presentation date: 2019.09

  • 20世紀初頭におけるわが国への相関係数の導入について

    日本心理学会第83回大会 

    Presentation date: 2019.09

  • Likert 型評定時のカーソル軌跡

    日本心理学会第82回大会 

    Presentation date: 2018.09

  • 評定判断でのカーソルの運動

    日本行動計量学会第46回大会 

    Presentation date: 2018.09

  • Depth cue is necessary for the greenback illusion

    ECVP Trieste 

    Presentation date: 2018.08

  • 高校教育での相関係数と心理学 -データサイエンスとしての心理学をアピールするチャンスか?

    椎名乾平, 久保沙織

    日本教育心理学会60回総会 

    Presentation date: 2018

  • 風変わりな相関係数 -楕円一様分布のおもしろい性質-

    日本教育心理学会59回総会 

    Presentation date: 2017.10

  • Pearson(1913)のIdea を用いた評定データのための相関計算(数値編)

    上田卓司, 久保沙織, 椎名乾平

    日本心理学会第81回大会 

    Presentation date: 2017.09

  • Pearson(1913)のIdea を用いた評定データのための相関計算(理論編)

    椎名乾平, 久保沙織, 上田卓司

    日本心理学会第81回大会 

    Presentation date: 2017.09

  • The role of perspective on the greenback illusion.

    Kenpei Shiina

    ECVP Berlin 

    Presentation date: 2017.08

  • Correlation Computation for Ratings Using the Idea of Pearson (1913)

    Kenpei Shiina

    IMPS Zurich 

    Presentation date: 2017.07

  • Likert型評定法の元々の意味 ― Thurstone, Thorndike, Karl Pearsonとの関係―

    椎名乾平

    日本教育心理学会58回総会 香川大学 

    Presentation date: 2016.10

  • The Greenback Illusion: a new geometrical illusion.

    Kenpei Shiina

    ECVP Barcelona 

    Presentation date: 2016.08

  • Co-variation estimation in danger: Unknown singular behavior of Pearson’s correlation coefficient

    Spudm25th Budapest, Hungary 

    Presentation date: 2015.08

  • The Piling Illusion.

    Shiina,K, Takahashi, N

    ECVP Liverpool 

    Presentation date: 2015

  • 評定カテゴリー数の異なる尺度を用いると「幻の因子」がでることがある

    日本教育心理学会第56回大会 

    Presentation date: 2014.11

  • CC1-4 評定尺度から計算される相関係数の困った性質(一般セッション 心理)

    椎名 乾平, 上田 卓司, 久保 沙織

    日本行動計量学会大会発表論文抄録集 

    Presentation date: 2014.09

    Event date:
    2014.09
     
     
  • REAL2変量正規分布簡易発生装置(理論編)塵も積もれば正規分布になるか?

    日本心理学会第78回大会 

    Presentation date: 2014.09

  • REAL2変量正規分布簡易発生装置(実践編)塵も積もれば正規分布になるか?

    日本心理学会第78回大会 

    Presentation date: 2014.09

  • A Queer Behavior of Pearson’s Correlation Coefficient

    ICAP2014 

    Presentation date: 2014.07

  • 信頼性係数のパラドックス-尺度のカテゴリー数を増やすと信頼性係数が減ることがある

    日本心理学会第77回大会 

    Presentation date: 2013.09

  • A paradoxical fall of r and reliability by increasing the number of rating categories.

    78th International Meeting of the Psychometric Society 

    Presentation date: 2013.07

  • PE-011 性格評定における逆U字型反応時間について(3) : 実は逆J字型反応時間なのかもしれない(人格,ポスター発表)

    椎名 乾平

    日本教育心理学会総会発表論文集 

    Presentation date: 2012.11

    Event date:
    2012.11
     
     
  • PA-014 漢字の書字練習量とテスト得点の時系列分析(2)(教授・学習,ポスター発表)

    長澤 誠, 椎名 乾平

    日本教育心理学会総会発表論文集 

    Presentation date: 2012.11

    Event date:
    2012.11
     
     
  • A Cursor-tracing Paradigm For Rating Decisions: Another window on mind ?

    SJDM 33rd conference. Minneapolis 

    Presentation date: 2012.11

  • 性格評定における逆U字型反応時間について(3)─実は逆J字型反応時間なのかもしれない─

    日本教育心理学会第54回大会 琉球大学 

    Presentation date: 2012.11

  • An Aberrant Behavior of Pearson's Correlation Coefficient when Two Variables have Unequal Number of Categories

    77th International Meeting of the Psychometric Society 

    Presentation date: 2012.07

  • An extension of EBA model to account for similarity, attraction, and compromise effects

    SJDM 32nd conference. Seattle 

    Presentation date: 2011.11

  • カテゴリー数の異なる評定尺度で測られた変数間の相関係数に異常が生じる(一般セッション 教育と心理(3))

    椎名 乾平, 上田 卓司, 岡田 いずみ, 大内 善広

    日本行動計量学会大会発表論文抄録集 

    Presentation date: 2011.09

    Event date:
    2011.09
     
     
  • 七つの正規分布−正規分布はどこから来たのか?

    日本心理学会第75回大会 

    Presentation date: 2011.09

  • カーソルは心の窓になるか?

    日本認知科学会第28回大会 

    Presentation date: 2011.09

  • Memory of face and name:On the occurrence of Baker-baker paradox

    UEDA Takashi, YASUDA Takashi, SHIINA Kenpei

    Proceedings JSCP 

    Presentation date: 2011

    Event date:
    2011
     
     
  • 評定判断における逆U字型効果

    日本心理学会第74回大会 

    Presentation date: 2010.09

  • 学会プログラムをGAを用いて自動作成する

    日本教育心理学会第52回大会 

    Presentation date: 2010.08

  • 性格評定における逆U字型反応時間について(2)

    日本教育心理学会第51回大会 

    Presentation date: 2009.09

  • 多選択肢選択反応時間に対するポワソン差異モデル

    日本心理学会第73回大会 

    Presentation date: 2009.08

  • 性格評定における逆U字型反応時間について

    日本教育心理学会第50回大会 

    Presentation date: 2008.10

  • 軌跡速度を用いた評定判断の迷いの分析

    日本心理学会72回大会 

    Presentation date: 2008.09

  • カーソルの軌跡は評定判断について何を語るか?

    日本行動計量学会36回大会 

    Presentation date: 2008.09

  • Poisson-Difference model for choice probability and response times

    41st Annual Meeting of the Society for Mathematical Psychology 

    Presentation date: 2008.07

  • 選択肢付穴埋め問題の信頼性

    日本教育心理学会第49回大会 文教大学 

    Presentation date: 2007.09

  • 平均軌跡との乖離による評定判断の迷いの分析

    日本心理学会71回大会 

    Presentation date: 2007.09

  • What people are really doing when they are making category ratings: Evidence from PC cursor trajectories.

    International Meeting of the Psychometric Society. 

    Presentation date: 2007.07

  • A Fundamental Study on Cloze Test with Predetermined Alternatives.

    International Meeting of the Psychometric Society. 

    Presentation date: 2007.07

  • 評定尺度判断の迷いの指標

    日本心理学会70回大会 

    Presentation date: 2006.11

  • 選択肢つき穴埋め問題の諸特性と真の得点推定

    日本テスト学会第4回大会 

    Presentation date: 2006.08

  • 「新しい学力観」は定着したか? 年代別調査

    日本教育心理学会第47回大会 

    Presentation date: 2005.09

  • SOMDSと数量化4類

    日本行動計量学会33回大会 

    Presentation date: 2005.08

  • 「選択肢つき穴埋め問題」の特性

    日本心理学会68回大会 

    Presentation date: 2004.09

  • 意思決定におけるドミナンスと反応時間

    日本心理学会67回大会 

    Presentation date: 2003.09

  • 2選択肢選択反応時間に対するポワッソン差異モデル

    日本心理学会66回大会 

    Presentation date: 2002.09

  • Neuro-fuzzy classification method that produces propositional descriptions of data

    International Meeting of the, Psychometric Society

    Presentation date: 2001.07

  • The REGAL model: a generalization of EBA model

    27th International Congress of Psychology  (Stockholm Sweden) 

    Presentation date: 2000

  • 適応的アレンジメントを用いた判別分析

    日本行動計量学会27回大会 

    Presentation date: 1999.09

  • A mathematical model for reluctant decision making

    24th International Congress of Applied Psychology.  (San Francisco) 

    Presentation date: 1998.08

  • Luceの選択公理について

    日本心理学会61回大会 

    Presentation date: 1997.09

  • Fuzzy logical neural network models for categorization

    26th International Congress of Psychology 

    Presentation date: 1996.08

  • On general cycle conditions of the biased choice model

    European Congress of Psychology.  (Athens,Greece) 

    Presentation date: 1995

  • Statistically revealing plural developmental paths in basic arithmetic skills.

    23rd International Congress of Applied Psychology.  (Madrid) 

    Presentation date: 1994

  • 離散確率分布により定義されるカテゴリーの逐次的学習

    日本教育心理学会35回大会 

    Presentation date: 1993.10

  • Linearly separable categories are easier to learn

    25th International Congress of Psychology  (Brussels, Belgium) 

    Presentation date: 1992.07

  • ファジィ制御による迷路問題解決

    日本心理学会55回大会 

    Presentation date: 1991.10

  • ファジーINRC群による思考解析

    日本教育心理学会32回大会 

    Presentation date: 1990

  • Measurement of plural developmental paths

    22nd International Congress of Applied Psychology. 

    Presentation date: 1990

  • 自由放出課題の確率モデル

    日本心理学会53回大会 

    Presentation date: 1989.11

  • 自由再生プロセスをモデル化したMDS

    日本心理学会48回大会 

    Presentation date: 1984

  • 判別分析とプロトタイプ

    椎名乾平

    日本心理学会47回大会 

    Presentation date: 1983

  • 文中での語共起関係を指標とした意味記憶の研究

    日本心理学会46回大会 

    Presentation date: 1982.09

▼display all

Specific Research

  • メタファーとしての学力

    1999  

     View Summary

     本研究は、日常言語として定義があいまいなまま用いられている「学力」概念をとりあげ、この概念がどのようなものとして取り上げられているか、すなわち、素朴な「学力」観を検討することを目的とした。日本の学校教育では、「学力」という概念が頻繁に用いられているにも関わらず、使用される文脈によって、あるいはそれを使用する人によって、その意味が変化しているように見受けられる。「学力」の理念的側面は教育学的研究が蓄積されているが、日常言語としての「学力」はあまり検討されていないように見受けられる。このような理由から、日常語としての素朴「学力」観の特性を明らかにすることを試みた。 日常用いられる抽象概念の多くがメタファー的思考により支えられており、言語使用にその一端が現れるとする認知意味論者の主張に準じ、「学力」とともに用いられる言語表現の特徴を検討する方法を用いた。言語表現の収集のために、1)現職教員を対象とした聞き取り調査、2)教員免許取得見込み者を対象とした自由記述調査を実施した。収集された言語表現を意味ユニット単位で分析・整理し、近年、学習指導要領などで提唱されている「新しい学力観」「生きる力」との関連から、素朴学力観について考察を加えた。現職教員への聞き取りの結果から、現職教員にとって「新しい学力観」「生きる力」は従来から考えられており、その理念自体には特に感銘を受けておらずスローガンとしても有効に機能していないこと、興味・関心・態度を評価に組み込むことには少なからぬ者が否定的であることが明らかになった。教員免許取得見込み者の自由記述からは、自律的成長を重視する「植物」観、基礎からの積み重ねを重視する建築物観、やる気等を重視するエネルギー観等が混在して「学力」を捉えていることが明らかになった。 今後、教員への聞き取りや自由記述による調査を続行し、どのような文脈で素朴「学力」観のどの側面が特に重視されるのかを検討することが課題である。

  • 「価値観」による人間のカテゴリー化の研究-展開法モデルを用いて-

    1996  

     View Summary

     展開法モデル」とは心理学的尺度化法の一つであり、被験者に刺激の順序づけを行なわせ、そのデータから、被験者と刺激の性質についての多次元尺度を構成するものである。またここで言う「価値観」とは個々人が人生においてどのような対象に価値を与えるかということで、例えばシュプランガーの理論型、経済型、審美型、宗教型、権力型、社会型の分類が有名である。研究目的は、展開法の発想を用いて、被験者個々人が自分がどのような価値観を持つのかを判断できるような手法を提案し、実際のデータで検証することである。 2)価値観よる人間のカテゴリー化には様々な理論的興味がある。まず、カテゴリー化研究の文脈において、展開法モデルは「事例モデル」の一つの形態と捉えることができる。従って自分自身がどの価値観カテゴリーに属するのかを判断させることにより、人間が自分自身をカテゴリー化する際の過程を捉えることができるようになる。さらに、どの価値観を選択するのかは複雑な意思決定過程であり、そこでのまよいや逡巡は心理学的に興味深い問題である。 3)人間の価値観を明らかにするのは、大きな応用上の要請もある。なぜなら、自分の価値観をはっきりさせるのは、(大げさに言うと)「どのような人生を生きるべき」かを決定する事になるからである。例えば、就職先を探す際に、いつまでも決定できない学生が多いがこれは、自分がどのような価値観をもつのかを自ら判断できない者が多いからであるという解釈も可能である。 4)様々な価値観を記述した文章群に対して、順序づけ、あるいは一対比較を行わせて、データとする。被験者はとりあえず大学生としたが、様々な専攻にわたってデータをとり、なるべく多様な価値観を取り上げるようにした。 5)このデータを数年前開発した最尤多次元展開法モデルによって解析する。 6)専攻別に典型的な価値観が見られるか、他人と異なる価値観を持つ被験者がその専攻内で適応できているのかを調べるのがとりあえずの目的となるが、目下鋭意解析中である。

 

Syllabus

▼display all