笠原 博徳 (カサハラ ヒロノリ)

写真a

所属

理工学術院 基幹理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.kasahara.cs.waseda.ac.jp/kasahara.html.ja

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院基幹理工学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1982年04月
    -
    1985年03月

    早稲田大学   大学院理工学研究科・博士課程   電気工学専攻  

    工学博士

  • 1980年04月
    -
    1982年03月

    早稲田大学   大学院理工学研究科・修士課程   電気工学専攻  

    工学修士

  • 1976年04月
    -
    1980年03月

    早稲田大学   理工学部   電気工学科  

    工学士

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学 電気工学(計算機システム)   工学博士

  • Doctor Engineering

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    継続中

    早稲田大学 副総長 (研究推進担当)

  • 2020年06月
    -
    継続中

    日本工学アカデミー   理事

  • 2019年05月
    -
    継続中

    産業競争力懇談会(COCN)   理事

  • 2018年11月
    -
    継続中

    早稲田大学系属早稲田渋谷シンガポール校   代表取締役

  • 2018年11月
    -
    継続中

    早稲田中学校・高等学校   理事・評議員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2020年06月
    -
    継続中

    日本工学アカデミー理事

  • 2019年01月
    -
    継続中

    一般社団法人 産業競争力懇談会(COCN) 理事

  • 2017年11月
    -
    継続中

    IEEE Eta Kappa Nu Professional member,

  • 2017年05月
    -
    継続中

    公益社団法人日本工学アカデミー

  • 2017年04月
    -
    継続中

    日本学術会議連携会員

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 計算機システム

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 並列処理、並列化コンパイラ、マルチコアプロセッサ、グリーンコンピューティング, 計算機科学

論文 【 表示 / 非表示

  • Local Memory Mapping of Multicore Processors on an Automatic Parallelizing Compiler

    Yoshitake Oki, Yuto Abe, Kazuki Yamamoto, Kohei Yamamoto, Tomoya Shirakawa, Akimasa Yoshida, Keiji Kimura, Hironori Kasahara

    IEICE Transaction on Electronics Special Section on “Low-Power and High-Speed Chips”   E103-C ( 3 ) 98 - 109  2020年03月  [査読有り]

  • Compiler Software Coherent Control for Embedded High Performance Multicore

    Boma A. Adhi, Tomoya Kashimata, Ken Takahashi, Keiji Kimura, Hironori Kasahara

    IEICE Transaction on Electronics Special Section on “Low-Power and High-Speed Chips”   E103-C ( 3 ) 85 - 97  2020年03月  [査読有り]

  • マルチターゲット自動並列化コンパイラにおけるアクセラレータコスト推定手法の検討

    山本 一貴, 藤田 一輝, 柏俣 智哉, 高橋 健, ADHI, Boma anantasatya, 北村 俊明, 川島 慧大, 納富 昭, 森 裕司, 木村 啓二, 笠原 博徳

    情報処理学会第232回システム・アーキテクチャ・第191回システムとLSIの設計技術・第53回組込みシステム合同研究発表会(ETNET2020)    2020年02月

  • OSCAR自動並列化コンパイラと NECベクトル化コンパイラの協調による ベクトル・パーソナルスパコン上での自動ベクトル並列化

    田處 雄大, 見神 広紀, 細見 岳生, 木村 啓二, 笠原 博徳

    情報処理学会第232回システム・アーキテクチャ・第191回システムとLSIの設計技術・第53回組込みシステム合同研究発表会(ETNET2020)    2020年02月

  • OSCARコンパイラのC++プログラム対応の検討

    川角冬馬, TilmanPriesner, 野口真聖, 韓吉新, 見神広紀, 川島慧大, 田中啓士郎, 木村啓二, 笠原博徳

    情報処理学会第232回システム・アーキテクチャ・第191回システムとLSIの設計技術・第53回組込みシステム合同研究発表会(ETNET2020)    2020年02月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 並列処理技術

    笠原 博徳

    情報処理学会50年のあゆみ,pp.195-198  2021年10月

  • 組込みマルチコアハンドブック基礎編

    笠原 博徳( 担当: 監修)

    JEITA  2021年09月

  • Engineering Education in the Age of Autonomous Machines

    Engineering Education in, the Age of, Autonomous Machines( 担当: 共著)

    IEEE Computer  2021年04月

  • (論文誌特集編集)特集:並列処理

    笠原 博徳

    情報処理学会論文誌 Vol.42, No.4 pp.651-920  2021年04月

  • 組込みマルチコアハンドブック技術・応用編

    笠原 博徳( 担当: 監修)

    JEITA  2021年02月

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • メタスケジューリング--自動並列分散処理の試み

    小出 洋, 笠原 博徳

    Bit   33 ( 4 ) 36 - 41  2001年04月

    CiNii

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • MULTIPROCESSOR SYSTE AND MULTIGRAIN PARALLELIZING COMPILER

    8812880(US)

    Hironori Kasahara, Keiji Kimura, Jun Shirako, Masaki Ito, Hiroaki Shikano

    特許権

  • METHOD OF MANAGING A STORAGE AREA OF A MEMORY IN A MULTIPROCESSOR SYSTEM

    3486767(GB)

    Hironori Kasahara, Keiji Kimura, Mase Masayoshi

    特許権

  • METHOD OF MANAGING A STORAGE AREA OF A MEMORY IN A MULTIPROCESSOR SYSTEM

    602010065015.4(DE)

    Hironori Kasahara, Keiji Kimura, Mase Masayoshi

    特許権

  • PARALLEL PROGRAM GENERATING METHOD AND PARALLELIZATION COMPILING APPARATUS

    10698670(US)

    Hironori Kasahara, Keiji Kimura, Dan Umeda, Hiroki Mikami

    特許権

  • MULTIPROCESSOR SYSTEM AND MULTIGRAIN PARALLELIZING COMPILER

    2657839(GB)

    Hironori Kasahara, Keiji Kimura, Jun Shirako, Masaki Ito, Hiroaki Shikano

    特許権

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • テレコム先端技術研究支援センター(SCAT)表彰 会長大賞

    2021年01月   テレコム先端技術研究支援センター(SCAT)  

    受賞者: 笠原博徳

  • 情報処理学会功績賞

    2020年06月   情報処理学会  

    受賞者: 笠原博徳

  • "Spirit of the IEEE Computer Society Award"

    2019年10月   IEEE Computer Society   世界におけるコンピュータ技術の研究・教育・標準化の発展に向けた顕著な貢献  

    受賞者: 笠原博徳

  • Fellow

    2017年01月   IEEE  

    受賞者: 笠原博徳

  • 情報処理学会 フェロー

    2015年06月  

    受賞者: 笠原博徳

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 組み込みマルチコアプロセッサ向け自動並列化技術の開発

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月
     

    担当区分: 研究代表者

  • コンパイラ「OSCAR」を用いた自動並列化技術と省電力化技術の適用による第一原理計算シミュレーションの評価

    研究期間:

    2021年02月
    -
    2021年03月
     

  • 組み込みマルチコアプロセッサ向け自動並列化技術の開発

    研究期間:

    2020年
    -
    2021年
     

  • 深層学習における推論処理の高速化・低消費電力化に関する研究

    研究期間:

    2020年
    -
    2021年
     

  • 高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発/革新的AIエッジコンピューティング技術の開発/動的多分岐・結合トレース型AIプロセッサのエコシステム開発 配分額3,897,000円

    研究期間:

    2020年
    -
    2021年
     

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • " EECS Seminar: Green Multicore Computing "

    Samueli School of Engineering University of California, Irvine  

    発表年月: 2020年02月

  • Green Multicore Computing

    Hironori Kasahara  [招待有り]

    Hosted by Prof. Jean-Luc Gaudiot, Distinguished Professor, University of California, Irvine, California, USA,  

    発表年月: 2020年02月

  • "How Waseda University is Helping Japan Stay Competitive"

    Science Magazine, 14 February 2020 Vol 367, Issue 6479  

    発表年月: 2020年02月

  • "Robots, Baseball, and Bilingualism Embody Waseda University' s Culture of Scholarship"

    Science Magazine, 7 February 2020 Vol 367, Issue 6478  

    発表年月: 2020年02月

  • "Theoretical and Applied Research Help Cut Pollution"

    Science Magazine, 24 January 2020 Vol 367, Issue 6476  

    発表年月: 2020年01月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • マルチプロセッサシステム用自動並列化コンパイラに関する研究

    1997年   成田 誠之助, 吉田 明正, 高井 峰生, 藤本 謙作

     概要を見る

    本研究では、価格性能比が優れ使いやすい21世紀のハイパフォーマンスコンピュータ(HPC)及び汎用マイクロプロセッサを開発するために必須なマルチプロセッサ用自動並列化コンパイラに関する研究を行った。 自動並列化コンパイラは、ユーザプログラム中から並列性を抽出し、その並列実行可能部分をハードウェア性能を引き出せるようにスケジューリングし、並列マシンコードを生成するプログラムである。本コンパイラ技術により、HPC 分野においてはハードウェアの持つ高い性能を有効に引き出しプログラムを実行時の真の性能を高め、価格性能比を改善するとともに、使いやすさを向上させることができる。また、汎用マイクロプロセッサの分野では、現在主流のスーパースカラやVLIW方式は命令レベルの並列性の限界から将来的な実効性能の向上が難しいと予測されており、本研究は21世紀初頭の有力なアーキテクチャになると考えられるシングルチップ・マルチプロセッサの重要な基礎技術になると考えられる。 具体的には、本研究では、以下の事項に関する研究を行った。(1)マルチグレイン並列化技術 マルチグレイン並列化技術は、筆者らが提案している独自の並列化手法で、従来のマルチプロセッサシステムが使用していたループ並列化技術に加え、サブルーティン、ループ、基本ブロック間の粗粒度並列性を利用するマクロデータフロー処理技術、プロセッサ間でステートメントあるいは複数命令レベルの並列性を利用する(近)細粒度処理技術を階層的に組み合わせる手法である。(2)データローカライゼーション技術(データ分散技術) 現在のマルチプロセッサシステムでは、各プロセッサがローカルメモリあるいは分散共有メモリを有するものが多く、このようなシステム上で効果的な並列処理を行う時には、これらのメモリを有効に使用しプロセッサ間のデータ転送を最小化することが重要である。本研究では、このためのデータ及び処理の自動分割及びプロセッサへの割り当て法について研究を行った。(3)マルチプロセッサ・スケジューリング技術(マッピング技術) 強NP完全である実行時間最小マルチプロセッサスケジューリング問題に対する実用的な並列最適化アルゴリズムの開発とその性能評価を行った。このスケジューリング問題に関する最適解は他機関では従来タスク数数十程度しか求まったことが報告されていないが、今回の研究では千タスク以上の超大規模問題まで求解できることを確かめている。 これらの研究成果の一部は、13件の論文誌及び国際会議論文、2件の査読付きシンポジウム、18件の査読無し研究会(一部発表予定の論文含む)・シンポジウムジウム論文、12件の全国大会論文として発表した。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年11月
    -
    継続中

    IEEE Eta Kappa Nu (IEEE-HKN)  Professional member, IEEE-Eta Kappa Nu (IEEE-HKN)

  • 2021年01月
    -
    継続中

    IEEE  Fellow, IEEE

  • 2019年06月
    -
    継続中

    サーキュラーエコノミー推進機構(CEO)  アドバイザリーボード

  • 2018年11月
    -
    継続中

    早稲田大学系属早稲田渋谷シンガポール校  代表取締役

  • 2013年11月
    -
    継続中

    オスカーテクノロジー株式会社  顧問

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

全件表示 >>