MORI, Mototaka

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Culture, Media and Society

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/wienmoto/

Profile

http://www.f.waseda.jp/wienmoto/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Letters, Arts and Sciences   Graduate School of Letters, Arts and Sciences

Education 【 display / non-display

  • 1979.04
    -
    1985.03

    Waseda University   Graduate School of Letters, Arts & Sciences   Sociology  

  • 1979.04
    -
    1985.03

    Waseda University   Graduate School of Letters, Arts & Sciences   Sociology  

  • 1975.04
    -
    1979.03

    Waseda University   School of Education; Department of Social Sciences   社会科社会科学専修  

Degree 【 display / non-display

  • Waseda University   Doctor of Philosophy (Ph.D.)

  • Waseda University   Master of Arts

  • 早稲田大学   文学修士

  • 早稲田大学   博士(文学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2002
    -
     

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences

  • 1985
    -
    1996

    早稲田大学社会科学研究所研究員

  • 1995
    -
     

    Full Professor

  • 1990
    -
     

    Associate Professor

  • 1987
    -
     

    Lecturer

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  • 2018.05
    -
    Now

    The International Alfred Schutz Circle for Phenomenology and Interpretive Social Science

  • 1994.08
    -
    Now

    The German-Japanese Society for Social Sciences

  • 1982.05
    -
    Now

    The Japan Association for the Study on the History of Sociology

  • 1982.04
    -
    2020.11

    The Japan Society of Sociology

  • 1992.12
    -
    2015.12

    The Japan Association for Phenomenology and Social Sciences

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Area studies

  • Sociology

Research Interests 【 display / non-display

  • Social Theory; Social Theory of Money; Theory of Symbolic Media; Theory of Space and Time; Socio-Phenomenology; World-society and Globalization

Papers 【 display / non-display

  • 死者との対話 ー若い世代への問い 書評 石原慎太郎『死者との対話』文藝春秋

    森 元孝

    文學界   第74巻 ( 第7号 ) 336  2020.07  [Invited]

  • 世界が数字となった歴史 ー国力測定、熱力学、そして文学 書評オリヴィェ・レイ『統計の歴史』(原書房)

    森 元孝

    週刊読書人   ( 3339号 ) 3  2020.05  [Invited]

  • Constitutional Ordering and Everyday Life in Japan: Reconsidering the Consequences of Rationalized Traditionalism

    Mototaka MORI

    The Crisis of Democracy? -Chances, Risks and challenges in Japan(Asia) and Germany (Europe)     153 - 163  2020  [Refereed]  [Invited]

  • アルフレッド・シュッツ研究のバイブル ―丹念な翻訳が果たしてくれる基礎知識の共有

    森 元孝

    図書新聞   ( 3351 ) 3 - 3  2018.05  [Invited]

  • 解説「描き出された角栄に、作家石原が愛する日本を思う」

    森 元孝

    石原慎太郎『天才』幻冬舎文庫     213 - 222  2018.01  [Invited]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 第1回福武直賞(佐藤慶幸編『女性たちの生活ネットワーク〜生活クラブに集う人々』(文真堂))分担執筆

    1991.11  

Research Projects 【 display / non-display

  • A Study on Social-Cultural Backgrounds for Image of Aging

     View Summary

    In this study did we, with a moparative method with another cultures, find several important social-cultural elements which construct the social and cultural backgtounds for images of ageng. Among tlie elements, an ethical code of oaternalism seems to be most important. to approach to the images in historical contexts. The code has been devalued in Europian or American historical contexts, but it still works in many social situations in human relationship to make, as a result. ati image of ageing perculiar to Japanese culture. The modernization ptocess has not dismissed entirely the code from Japanese value ethics, and this seems to contribute to make a remarkable, and also sometimes felt strange. side of the Japanese characteristics. Retirement is not only an ecomomic counterpart to the old's contribution to Japanese society, but it has something to do with the respect to the old who occupy the social position of the retired.These are just afew of the things which we discussed in this study of ours, but on the other hand, we admitte that we still have some tasks remained. The st ructure of the data archice which we want to make should be detailed more from the perspective of efficiency. The image of ageing for woman wei-e not fully treated in this study

  • STUDIES ON ANNOTATIONS BY ALFRED SCHUTS

     View Summary

    (1)There are many Schutz's former books in Konstanz University on which Schutz made important annotations. This research project has three aims ; (i)to preserve these important annotations on microfilm, all of which were written by pencil and are expected to be unreadable sooner or later, (ii)to make these annotations into typed-scripts, (iii)to research these annotations and explicate Schutz's sociological and philosophical thought.(2)For the aims, (i)the books in which valuable annotations by Schutz could be found were selected, and the list of these books was made, (ii)the annotations were deciphered, and made into type-scripts, (iii)all the pages of the double selected books were microfilmed along with the annotations typed-scripts.(3)After such basic research, all annotations were checked again and a complete list was made in which all books were classified into five grades according to the degree of quality and quantity of annotations.(4)Two kind of information were added to the list ; the one is information on Schutz's references to these annotated books in his course notes for New School for Social Research, and the other is information on his references to theses annotated books in his published books and articles.(5)This list is handed out to the cooperative investigators for their more intensive research, who gathered and discussed about the topics and themes for the expected international conference based on this research project

  • A Study of Social Movement in the city of Zushi

     View Summary

    My research results consist of two parts. The first part are the hearing-data about some key-persons, who had taken part in the social movement in Zushi in 1993-94. The second part are the data by mail survey (about 1626 samples ; response rate 34.1%). This research was projected als a panel survey. The samples are the same that I did research in 1987 and 1989. The first part was done in November 1993 and September 1994. The second one was in October 1995.These data belong to the last part of my ten-years long research on the social movement against the U.S.military housing project in the city of Zushi in Kanagawa prefecture. This social movement continued for 12 years. I had been doing research on it since 1987. Although I had already made a sociologically standard perspective on this social movement, the above-mentioned research results complement the last phase of it. All research results are goning to be publish in this November with Ochanomizu Shobou in Tokyo

  • Mr. Aoshima's Administration of Tokyo

     View Summary

    This report describes a new tendency of political situation in today's Japan with some empirical research data about the voting behavior at the gubernatorial election of Tokyo, and proposes newly a theoretical concept of 'representative public sphere (representative Offentlichkeit)'. For a long time, and so far, the famous concept of 'civil public sphere (Zivile Offentlichkeit)' has been emphasized to analyze the local political situations, and then so as to normatively describe an ideal model from such the empirical facts. But we have to distinguish between two levels : the first one of the relatively small-sized fundamental local government or community and the second of the large-sized local government like Tokyo. Historically the governors in Japan have had always some bureaucratic traits. It means, their positions had always been set between the central and local governments. Particularly in Tokyo its position had been always supported by some very characteristic complex in the meaning of new-corporatism after World War II : we can find it out not only from the waterfront development in the 1990s but also from a big construction project like the 18^<th> Olympic Games and its city planning. Any of these projects had not been planed and carried out without the various supports of the central government.If we know this historically structured meaning, we understand that the birth of the Governor Yukio Aoshima in 1995 and the appearance of the following and new Governor Shintaroh Ishihara in 1999 should mean a very big social change from a traditional characteristic political complex to a new tendency. People selected them as some typical symbols of the social change and their personal expectations, which could open a phase of new epoch. Now, if we intend to inquire into some possibilities of public sphere, we have to observe not the possibilities of civil public sphere like a type of grassroots democracy but that of the symbolic relation of a governors succession, particularly the characteristics of resources, which should constitute the newly typed symbolic public sphere

  • Populism and Localism -Resources of Assimilation and Integration in Tokyo

     View Summary

    This research was intended to describe and reconstruct empirically a relation between the social image of Mr.Ishihara, the Governor of Tokyo, and the generations' feelings of voters. Mr.Ishihara got 3 million votes in the Tokyo Gubernatorial Election 2003. This was a very big victory. In 1999 he polled only 1.66 millions votes. The voting rate decreased by 11% over the 4 years. However, the number of votes obtained by him was almost double what it was in 1999. How should we interpret this outcome? His big victory seemed to be a kind of right populism.The empirical survey for this research was consisted of various types of semi-structured questionnaire sheets which were carried in 2004 (6300 samples, response rate 19.62%) and 2005(4800 samples, response rate 22.17%)

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • An innocent imagination of the “Society 5.0” ―Some tragic consequences of digitalization of bank services in Japan

    Mototaka MORI  [Invited]

    The 30th Anniversary of the German-Japanese Society for Social Sciences: Symposium -The Digital Challenge in Germany and Japan in Comparison: Opportunities, Risks and Dgital Cooperation  German-Japanese Society for Social Sciences

    Presentation date: 2019.06

  • The Well-Informed Citizen Revised – Extension and Enlargement of Body, Language and Person;

    Mototaka Mori  [Invited]

    IV. Conference of The International Alfred Schutz Circle for Phenomenology and Interpretive Social Science  (Konstanz)  University of Konstanz

    Presentation date: 2018.05

  • Constitutional ordering and everyday life in Japan: Reconsidering on a consequence of rationalized traditionalism

    Mototaka MORI  [Invited]

    International Symposium: Crisis of Democracy? Chances, Risks, and Challenges - A comparison between Japan (Asia) and Germany (Europe)  (Osnabrueck)  apl. Prof Dr. Carmen Schmidt, School for Culture and Social Sciences, University of Osnabrueck

    Presentation date: 2018.03

  • 同時性の誇張と圧縮 —音楽の言語性と身体性:「社会学と言語・メディア」に寄せて

    森 元孝

    第54回日本社会学史学会大会 尚絅学院大学 

    Presentation date: 2014.06

  • 尾高朝雄のウィーン −平和の脱国家化のディスクルス試論 ケルゼン学派の若き知性とともに

    森 元孝

    第30回日本現象学・社会科学会大会 

    Presentation date: 2013.12

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 現象としての「石原慎太郎」-橋下現象との連関研究

    2013  

     View Summary

    本研究により以下の調査を実施した。調査題目: 「2014年2月の東京都知事選挙、ならびに日本の政治に関するイメージ調査」実査期間: 2014年02月13日(木)~2014年02月15日(土)調査方法: インターネットリサーチ調査対象: インターネットリサーチ会社モニタ624人サンプルの構成: 東京都内有権者(20歳から79歳まで男性・女性)について、10歳刻みの年齢階級について、男女別各サンプル数52。調査項目:       1.基本属性(性別、年齢、職業)      2.2月9日実施の東京都知事選挙投票動向ならびに過去6回の投票動向      3.前都知事「石原慎太郎」についてのイメージ(因子分析用)      4.過去3回の国政選挙投票動向、前回都知事選挙投票動向、国政レベルでの現在の支持政党      5.安倍内閣の諸政策(28項目)についての支持度合い      6.現在の主要政治家27人についてのイメージ(散布図用) 以上の調査を実施し、すでに度数分布表等を公開している(http://www.f.waseda.jp/wienmoto/Japanese/Study/General/research01.html)。 これにもとづいて、2006年以来実施してきた同種調査との比較分析を現在実施中である。  2013年12月に猪瀬前都知事の辞職に伴い2014年2月に都知事選挙が実施されたことにより、当初予定していた主題とは、別の問題についてもデータを得ることができた。ちなみに、本調査によれば、「棄権」が過去最大の17.1%(2012年)を大きく超え23.9%となった。都政、とりわけ突然の辞任の原因への選挙民の不快感が示されているとも解釈できるように考えた。  上記調査項目3で、過去から毎回実施してきたイメージ因子の分析では、一般的に考えられているイメージの劣化とは異なり、「実行力がある」「筋が通っている」「リーダーシップがある」などの値は、現在も高いことを確認した。 国政について、現安倍政権についての評価は、58.1%に達し、マスコミ各社の世論調査結果と類似の数値となった。「憲法改正」「特定秘密保護法」「原子力発電再開」については、政権の方向とは反対の意見が多数となっていることを確認した。政権支持へのポジティブイメージに対して、実質的な問題への懐疑、警戒が強くあると考えられる。 上記調査項目6で、2月の東京都知事選挙において桝添候補の対立候補細川護煕を支持した小泉純一郎についてのイメージは、過去同種の調査で得られた好感度の高さが、現在も維持されていることを確認した(55.5%)。これに対して、本調査の主題でもあった橋下徹についてのイメージは、過去の高い好感度から、「あまりよくない」(29.2%)、「わるい」(28.0%)となり、同種のデータを取り出して以来、最も悪い数値となった。興味深いのは、石原慎太郎についての同じ質問では、「よい」(9.9%)、「まぁよい」(40.7%)であり、過去ほど高い位置にはないが、まだなおこの人については、一定の好感度が維持されていることがわかった。「右翼的」「独裁的」というイメージも高いが、好感を抱く選挙民がまだなお厚いことが確認できた。 刊行予定の『現象としての石原慎太郎』を完成させるための最終的な補足データを得ることができた。

  • ポピュリズムを超えて ―東京都知事選挙結果と地域政治のコンテクストの関連性研究

    2007  

     View Summary

    「オリンピック誘致と東京都知事についてのイメージ調査」という主題により、インターネットによるWeb調査を株式会社マクロミルに委託して実施した(実施日時: 2008年1月8日、9日両日。サンプル構成: 株式会社マクロミルの東京都居住のモニタ会員のうち20代から70代まで年代別性別により各52サンプル×12カテゴリーからなる624サンプル)。 選挙人名簿閲覧の制限、ならびに郵送調査による回収率の極度の低さを考え、基本的な傾向を把握するために、インターネットによるWeb調査に一定の有効性を考えたためである。すでに2006年度に同傾向のパイロット調査を実施しており、それをもとに調査諸項目を練り上げた。 調査票の構成は、1995年から2007年までの東京都知事選挙における投票行動、2016年東京オリンピック誘致への賛否、オリンピック誘致についての感情温度、政治家についての感情温度、1964年東京オリンピックについての記憶とそのイメージ、一般的属性(職種、業種、学歴、所得)、都市東京についてのイメージ(自由回答)から成っている。基本軸は、大量観察であるが、自由回答により、今後の同種調査の基本的要素発見を意図したものである。 すでに調査概要ならびに基本集計結果については、以下で公開をしている。 http://www.f.waseda.jp/wienmoto/Japanese/Study/General/research01.html これをもとに、この調査の基本的関心である、各種イメージ・感情温度の測定から多変量解析を行い、因子分析ならびに、クラスター分析の実施と、自由回答をもとにした類型化作業を実施している。さらに、これまで1999年、2003年、2004年実施の調査結果との比較検討も実施中である。これらの結果についても、上のサイトで公開を行う。

  • 平成15年の東京都知事選挙における投票動向と候補者イメージについての研究

    2004  

     View Summary

     文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C)(2)において、03年4月の東京都知事選挙における投票行動についてアンケート調査を実施しているが、この調査研究を十分に実施するために本研究費の一部を充当した。またおよそ40パーセントを、東京都知事選挙における投票動向に見られるシンボル性、とりわけ都知事のパーソナリティ、メンタリティへの雰囲気的支持という現象を別の局面から分析するために使用した。すなわち、神奈川県逗子市で発生している池子米軍住宅追加建設問題への逗子市長の行動とその意味を分析していくために、逗子市内および横浜市金沢区で同問題についてどのように捉えられているかについてのアンケート調査を実施している。 現逗子市長は、現東京都知事をひとつの政治的理想としていることもあり、またその政治手法も、かつて逗子市で着目された住民投票決定主義とは異なる、市長主導型のそれであると解釈することができる。調査のねらいは、住民自治を強く標榜していた草の根民主主義に指向した公共性実現の時代から、きわめてシンボル性に飛んだ指導者民主主義型の公共空間の形成の時代に変化していったことを跡付けることを基本仮説として、基礎データの収集を行うことがにある。これと、過去に収集してきた住民投票決定主義時代の相当量にのぼる保有データおよび分析結果とつき合わせて、時代の変化と選挙民の変化、そして地方自治の理念の変質について検証していくことを考えており、さらにこれを東京都知事選挙および都知事の政治力と選挙民の支持構造という関係を説明していく際の支持材料として用いることを考えている。2004年度日本ドイツ社会科学会大会において、ヨーロッパのポピュリズムとの比較で本研究の一部について報告をしたがら、2005年度日本社会学会大会において、さらに深めた研究成果の一部を報告する。

  • フリードリヒ・フォン・ハイエクのオーストリア自由主義の歴史性に関する総合的研究に寄せて

    2002  

     View Summary

    「ハイエクのオーストリア」研究1) ウィーン大学図書館およびオーストリア国立図書館での調査: Friedrich. A. Hayekの初期の雑誌寄稿論文のすべての収集と整理(通年)。2) オーストリア国立公文書館: 住居記録の確認(通年)。3) IMADEC大学での調査(2002年5月): オーストリアの当該私立大学所蔵のFritz Machlup蔵書の調査および記録撮影。4) ザルツブルク大学法学部図書館での調査: 所蔵のハイエク個人蔵書の調査および記録撮影。5) コンスタンツ大学社会科学資料室での調査(2002年9月): シュッツとの往復書簡の確認およびシュッツ蔵書内に存するはハイエク寄贈本およびシュッツによる書き込みの記録・整理・撮影。6) フライブルク大学ヴァルター・オイケン研究所での調査(2002年9月): ウィーンでの雑誌ORDOの欠本分の確認。7) スタンフォード大学フーバー研究所への照会調査(2002年7月): ハイエク文書の収集とウィーンでの事実との照合。(これはインターネット上に公開されている文書リストを確認し郵送で収集した。)8) 前述1)から6)における各所での映像撮影: 住居および関連箇所の撮影。 以上の調査をもとに『フリードリヒ・フォン・ハイエクのウィーン -ネオ・リベラリズムの構想とその時代』(新評論 06年11月刊行)。---------------------------------------------------------------序 文目 次第1章 帝国の崩壊1. バート・イシュルの駅で2. 早熟な草稿3. 最初の学位論文4. 仕事と友だち5. 20年代の動機第2章 オーストリア学派の新星1. チューリヒでの報告から2. ロンドンへ1) 資本需要、それとも物価水準2) 生産の迂回3) 資本の費消、それとも維持3. 資本主義の複雑性第3章 反合理主義への道1. カフェ・ランドマンにて1) 反ミーゼス2) レリバントな知識2. シュッツからの手紙1) ミーゼスについて2) レリバンスの問題3. シュッツへの書評依頼第4章 秩序の自生1. 英国人ハイエク2. 感覚秩序1) ウィーン草稿後2) 分類の論理3) 方法論への寄与3. システム論への道4. 社会的世界論との距離

  • 青島都政の研究・東京都知事選挙結果の分析を中心に

    2000  

     View Summary

     1999年4月に行われた東京都知事選挙における投票動向を、東京都内8地域(足立区、大田区、国立市、江東区、杉並区、多摩市、練馬区、文京区)の選挙人を対象に、1地域800人、合計6400人に対するサンプル調査(郵送調査)の実施(回収率31.8%)とその分析が、本研究の課題である。 調査は、2種類の調査票(①前々回の都知事選挙に遡って投票行動と基本的属性を選択肢を選んでもらうもの、②前都知事の4年間・現都知事就任後の都政全般についての印象・感想、意見を自由記述で回答してもらうもの)から成っている。さらに、2000年11月から補足のインタビュー調査を、上記対象者のうち自由回答について特色あるものを選び実施している(26名)。 以下、本年(2002年)1月を完成予定に分析執筆中の最終報告書の内容を示すことにより、本概要としたい。 1.1999年の都知事選挙における投票行動 1)全般の傾向 2)候補者別・地域別・年齢別・性別・職業別・所得別等の比較 2.1999年の当選者(石原現知事)と1995年の当選者(青島前知事)への投票行動の一貫性 1)1995年の全般の傾向 2)候補者別・地域別・年齢別・性別・職業別・所得別の比較 3)1999年との比較および一貫性について 3.1991の当選者(鈴木元知事)への投票者の投票行動との関連 1)1991年の全般の傾向 2)地域別・年齢別・性別・職業別・所得別の比較 3)1995年との比較および一貫性について 4)1999年との比較および一貫性について 5)1995・1999年との比較および一貫性について 4.自由記述から再構成される投票者像の類型化 1)青島知事について 2)石原知事について 3)投票行動との関係について 4)石原知事就任後1年を経ての意見の変化 5.1999年の都知事選挙直後に実施された各地域での首長選挙への投票動向との関連、 6.まとめ以上

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • ①「ハイエクのオーストリア」研究、②『アルフレート・シュッツのウィーン』ドイツ語版の制作

    2002.03
    -
    2003.03

    オーストリア   ウィーン大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2009
    -
    2011

    逗子市社会福祉協議会  評議員

  • 2003
    -
    2006

    日本社会学会倫理綱領検討特別委員会  委員