KAWASE, Takeo

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Letters, Arts and Sciences   Graduate School of Letters, Arts and Sciences

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1985

    University of Tokyo   Graduate School, Division of Humanities  

  •  
    -
    1975

    Waseda University   Others  

Degree 【 display / non-display

  • 東京大学   文学修士

  • (BLANK)

Research Experience 【 display / non-display

  • 1996
    -
     

    Waseda University, Professor

  • 1991
    -
    1996

    Waseda University, Assistant Professor

  • 1988
    -
    1991

    Waseda University

  • 1988
    -
    1991

    Waseda University

  • 1985
    -
    1988

    Waseda University, Research Assistant

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本フランス語フランス文学会

 

Research Interests 【 display / non-display

  • 仏語・仏文学

Papers 【 display / non-display

  • 大正期のネクロフィリア-萩原朔太郎とエドガー・ポー

    川瀬武夫

    比較文学年誌/早稲田大学比較文学研究室   ( 44 ) 18 - 38  2008.03

  • エマニュエル・デ・ゼサールの役割-マラルメ初期詩篇註解(3)

    川瀬武夫

    文学研究科紀要/早稲田大学大学院文学研究科   52 ( 2 ) 71 - 85  2007.02

  • ルイス/ヴァレリー/ジッド 三声の往復書簡

    川瀬武夫

    現代詩手帖   48 ( 10 ) 66 - 81  2005.10  [Refereed]

  • 西條八十とアルチュール・ランボー

    川瀬武夫

    西條八十全集 第十五巻月報     3 - 6  2004.12

  • マラルメという謎

    川瀬武夫

    ちくま/筑摩書房   ( 402 )  2004.10

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • マラルメ年譜

    川瀬武夫

    マラルメ全集Ⅰ—詩・イジチュール/筑摩書房  2010.05 ISBN: 9784480790019

  • 書簡分担訳

    川瀬武夫

    マラルメ全集Ⅴ—書簡Ⅱ/筑摩書房  2001.04

  • 隠蔽されたペニュルティエーム—マラルメとブルトン

    川瀬武夫

    シュルレアリスムの射程 言語・無意識・複数性(鈴木雅雄編)/せりか書房  1998.10

  • 分担訳・解題

    川瀬武夫

    マラルメ全集Ⅲ—言語・書物・最新流行/筑摩書房  1998.03

  • 黒い瞳のエロス-ベル・エポックの三姉妹(ドミニク・ボナ著、共訳)

    川瀬武夫

    筑摩書房  1993.10

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • General Research on Formative Process and Semantic Structure of Stephane Mallarme's Prosaic Works.

     View Summary

    This project has borne two categories of results. Firstly, as a basic work, we have built up two voluminous databases in the matter of Stiphane Mallarmi : Mallarme's Text Database (MalTDB) containning almost the totality of his prosaic works and of his correspondence, and Mallarme's Reference Database (MalRDB) treating his bibliographical references and the basic data of his correspondace. These two databases, as well as their treatment softwears programmed by us, are already opened to the public (for details, see : Nobuo TAKEUCHI. Masakatsu KANEKO, On the publicizing of Mallarme's Text Database / Mallarme's Information Database, indicated in the next page).Secondly, based on this preparative work, each of the investigators has carried out a research after his own subject, and the results can-be led in our collected papers. Contents are : (1) Saburo MATSUMURO, research on the transition from "Poeme en prose" to "Poee critique", with somme exemples, (2) Tetsuo IHARA, research on the process of transformation of Mallarme's "poeme en prose", (3) Nobuo TAKEUCHI, research on "Igitur" and "La Derniire Mode", their textual structure and their thought, (4) Masakatsu KANEKO, research on a problem of "rewriting" in the latest prosaic works of Mallarmi, (5) Takeo KAWASE, research on Mallarme's answers to journalistic questionnaires, and his relationship to the society

  • Text analysis of the Mallarme's Correspondance

     View Summary

    We have analyzed, using the Mallarme's Text Database (MalTDB), the whole text of the Correspondance de Stephane Mallarme (11vol.Gallimard, 1959-1985) to understand in which relationship his works as well as hi slife were situated. We have divided our task in several themes such as 'le mode litteraire', 'les mardis', 'les sciences humaines', 'la famille Mallarme''beaux-arts', 'le journalisme', etc. and according to each theme we have made up a corpus of related texts extracted from the Correspondance MalTDB.The result of our research is and will be published in the form of articles, computer database or other publications.Below are some particular results of our research published in the form of computer database, the printed publications being indicated in the following '11. References'.1. Integration of the Correpondance into the MalTDB-The whole text of the Correspondance has been integrated to the MalTDB in consequent of a contract closed with the editor Gallimard. The MalTDB is opened to scholars via the SEMJ (Societe d' Etudes mallarmeennes du Japon).2. Besides, the footnotes of the Correspondance is now under entering for a future integration into the MalTDB.3. We have established the following information databases on the basis of our research : 1) Chronology of stephane Mallarme 2) Mallatme's personal relationship in les Mardis 3) Mallarme's jounalistic activities 4) Original Text of les Dieux antiques4. We have updated our Mallarme's Bibliography Database in the MalRDB

  • Research for loading Mallarme text deta base on nctuork and its us

     View Summary

    The purpose of this study was to load the data-based texts of the principal works of Mallarme (Mallarme Text Data Base, MalTDB) on WWW server and make them available to those who are studying Mallarme.The texts put here are the whole text of Divagations (issued in 1898), the most important of his works, and its pre-original and others. The text is accessible in two forms : text file of OCP form, the original of MalTTDB, and HTML form which can be accessed through WWW browser.The server was designed and installed by a professional installer, Takaoka Seisakusho. We used UNIX-PC (MPU : PentiumPRO 200 MHz) for hardware, and Japanese Solaris 2.5 for server-controlling-soft.The server was installed in May '98, the trial offer of the text Divagations was begun immediately after and it was linked with Tokyo University Archive one month later. The accesses, from home and abroad, have increased enormously in number. Those accesses are registered in a log-file as data for later reference.Besides trial offering, we checked and corrected the other text files. After checking the pre-original texts of Divagations as scheduled at the beginning, those results were put into the files, according to the checking sheets

  • Study on the relationships between Mallarme and the journalism of his time

     View Summary

    1.Evaluation of Mallarme's answer texts to survey in the relationships between the poet and the journalism of his time : Mallarme's answer texts to survey have been considered marginal ; but these texts are important and we described its caracter in comparison with his interview texts as well as with his poetry and theoretical texts.2.Philological study of Mallarme's answer texts to survey : We have been searching for the preoriginal texts of his answers ; but recent editions of Gordon Millan and Bertrand Marchal left no place to any new contribution in this field. However, the important work which will throw in relief the "intertextuality" of these texts is also needed. So, we added further informations and secondary data to each of thirty-odd texts of his answers.3.Question of "chance" : Mallarme's answer texts to survey were concentrated in his latest years. When we look over his literary activities in this period, we can find other new genres in which he involved himself such as serial reviews, lectures, interviews and "vers de circonstance". Mallarme is considered to have been fighting against "chance" in search for "absolute" ; but here we suppose that it occured a new way of rising to "chance", which must be called a reconciliation with "chance"

  • ステファヌ・マラルメの初期詩篇についての註解研究

     View Summary

    フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメ(1842-1898)が1862年から1865年にかけて制作したいわゆる「初期詩篇」にかんして、各詩篇のプレオリジナル(初出形態)、ヴァリアント(異文)、マニュスクリ(手稿)などの文献学的情報を整理・記述し、さらにフランス本国での資料調査に基づき、各種学術雑誌等に発表された最新研究のビブリオグラフィを作成し、それらをデータベース化した。以上の基礎作業を終えたあとで、各詩篇についての予備的な読解作業に着手したところだが、現時点で明らかになったのは、シャルル・ボードレールやテオドール・ド・バンヴィルといった先行する詩人たちの影響下に、「理想」と「現実」という二元論的な枠組みから出発したマラルメの詩作が、すでに1864年春の段階において「書くことの不可能性」というある種の「危機」に逢着していたという点である。一般にマラルメの形而上学的危機は1866年あるいは翌67年あたりから「虚無」との出会いを契機に始まったとされているが、この1864年の「危機」は来るべき本格的な危機を準備した重要な前段階と解釈することができるだろう。マラルメの初期詩篇をそうした詩人の内的ドラマの進展の過程を刻々と表現した相互関連性の高いテクスト群として把握することのメリットは大きいはずだ。このことによってこれらの作品をたんに詩人の若書きとしてでなく、独自の存在価値を有する一連のテクスト総体として読解する可能性が開かれるからである。詩を書くという行為がそのまま人間存在のドラマとして成立しうるという発見が、さらにマラルメをして「エロディアード」および「半獣神」の演劇の試みへと導いていったとする仮説を今後は検証していく予定である

Specific Research 【 display / non-display

  • ステファヌ・マラルメの初期詩篇についての註解研究

    2005  

     View Summary

    2005年度の特定課題研究は、特別研究期間制度適用に伴うフランス(パリ)での在外研究と重ねて実施されることとなったので、地の利を生かす形で、ステファヌ・マラルメの初期詩篇とフランスの首都とのかかわりに焦点をあてることにした。 マラルメはパリ生まれであったが、14歳のとき中級官吏であった父親の任地の関係でサンスのリセに転校したから、そのときから1862-1863年の1年間のロンドン滞在を経て、1871年にパリ・コミューン崩壊後の首都へリセ・コンドルセの英語教師となって舞い戻るにいたるまで、詩人とパリとの関係はしばらく途絶えていたかに見えなくもない。 しかしこのかんマラルメとパリとの紐帯を保ちつづけるものがあったとすれば、それは彼が自分のまわりに張り巡らせた人間関係のネットワークであった。まず、サンスのリセに国語教員として赴任してきた新進の詩人エマニュエル・デ・ゼサールが若きマラルメを地方都市の孤独から救い出す。そして、このデ・ゼサールの紹介によって、アンリ・カザリス、カチュル・マンデス、ヴィリエ・ド・リラダンといったパリに住む気鋭の文学者たちと実り多い交友関係を結んでいくのである。 さらにデ・ゼサールは、マラルメをこれに劣らぬ重要な交遊サークルのなかに導き入れることになる。のちにニナ・ド・ヴィヤールの名で知られるようになる個性的な女性とその取り巻き連中が作り上げていた独特な世界である(デ・ゼサールはニナに求愛して拒絶されている)。マラルメの最初に印刷された詩篇群は、じつはこの交遊圏から直接生まれたものであり、さらに1870年代に入ってからも、マラルメは成長したニナの主宰する文学サロンに出入りすることによって、シャルル・クロやエドゥアール・マネらと知り合いになる(マネはこの時期有名なニナの肖像画を描く)。パリに戻ったマラルメが、独自のジャーナリズム活動を通じてフランスの首都の祝祭的な「現在」に目を開かされたこととニナの現代的なサロンの存在は決して無関係ではなかったはずである。 従来ほとんど注目されてこなかったマラルメとニナ・ド・ヴィヤールのとの関係は、モード雑誌「最新流行」刊行の経緯も含めて、きわめて重要なものであることが判明している。パリでの資料調査の成果も踏まえて、今後もこのテーマを追求していく予定である。 

  • ステファヌ・マラルメの初期詩篇についての註解研究

    2003  

     View Summary

     本年度の特定課題研究は同研究課題の科研費申請のための予備的研究として位置づけられた。 最新のテクスト研究の成果に基づき(とくにベルトラン・マルシャル編纂のプレイアッド版全集新版に依拠するところが多かった)、マラルメの初期詩篇にかんする文献学的データの整備につとめるとともに、欧米の学術雑誌を中心としてこの分野での新しい研究論文を蒐集し、その書誌的情報をデータベース化した。 一方で、初期マラルメの詩人的形成に大きな影響を与えたと推測される先行詩人たち、すなわちヴィクトル・ユゴー、シャルル・ボードレール、テオドール・ド・バンヴィルらのテクストにも幅広く目を配り、1860年代前半の時点におけるマラルメの詩的地平の確定に力を注いだ。60年代後半のいわゆる「危機」の時期をはさんで、マラルメが変わった部分と変わらなかった部分を丁寧に腑分けしていく作業は、今後のマラルメ研究にとって重大な意味を持つと考えられる。 科研費が獲得されたあかつきには、本年度の予備的調査・研究を土台にして、本課題についての総合的展開が可能となるはずである。

  • ステファヌ・マラルメの言語思想に関する研究

    2000  

     View Summary

     「ステファヌ・マラルメの言語思想に関する研究」と銘打った2000年度の特定課題研究は、主として詩人の1860年代後半の言語学的探求に焦点をあて、いわゆるマラルメの「形而上学的危機」のなかで、彼の言語にまつわる問題意識が、どのような深まりと射程を持つに至ったか、そしてその後の彼の詩的営為にいかなる影響を与えたかを検証してみた。 1860年代にマラルメが逢着した〈危機〉の内実とは、キリスト教の〈神〉の不在の発見と、そこから帰結する人間存在の虚無性の認識であったといっていい。そのような絶望感から脱出するためにマラルメがとりあえず手にしたアリアドネーの糸は、たんなる物質的存在にすぎない人間がそなえている固有の言語能力への着目であった。人間が現実世界を超越しうる唯一の契機としての「虚構fiction」を生み出すちからはまさにこの言語に由来する能力であり、〈神〉概念がそうした人間による最大の「虚構」である以上、言語こそは人間の「神性divinité」を保証する根拠に他ならないと彼は考えたのである。 この時期マラルメは哲学的自殺をテーマにした難解なコント「イジチュール」を書くかたわら、言語学の学位論文を提出するための本格的な準備作業に入っている。結局、この学位論文はついに完成しなかったものの、現在残されている断片的なメモを読むかぎり、彼の言語思想がヘーゲル哲学の思弁的な枠組みにとどまることなく、当時勃興期にあった印欧比較言語学の実証的な成果に多くを依拠していたことは明らかである。彼が同時代の言語学研究に何を見てとっていたのかを正確に確定するにはさらに粘り強い調査を必要とするが、少なくとも1877年に刊行されたマラルメ唯一の英語学関係の著作『英単語』が1870年代初頭までには着想され、執筆の準備が始められていたことだけはまちがいない。従来、リセの英語教師であったマラルメの小遣い稼ぎの仕事としか見なされてこなかった『英単語』を、以上のような彼の言語学的探求の必然的な帰結と位置づけ、その意義を深く理解することは今後のマラルメ研究の重要な課題となるであろう。 なお、今年度は筆者がその訳出書簡の選定作業から参与していた『マラルメ全集Ⅴ・書簡Ⅱ』(筑摩書房)の最終校正にも忙殺された。本巻は筆者による「凡例」および各年の「扉年譜」を付して、2001年4月にようやく刊行の運びとなった。

  • マラルメ『ディヴァガシオン』の研究

    1999  

     View Summary

     「マラルメ『ディヴァガシオン』の研究」と銘打った1999年度の特定課題研究は、詩人の死の1年前に彼の散文作品の集大成として刊行された『ディヴァガシオン』の構成原理をいかにして把握するかという問題に焦点をあてた。「地上世界のオルフェウス的解明」と定義されるマラルメの唯一絶対の〈書物〉の夢想は彼の生涯の文学的営為を根底から規定するものだが、詩人が晩年になって刊行した(あるいは、刊行しようとした)3冊の著作、すなわち散文集『ディヴァガシオン』、没後刊行の韻文集『ポエジー』、および従来のジャンル概念から大幅に逸脱した破天荒な形式の『賽の一振り』(これは結局マラルメの意図通りには刊行されなかった)が、彼の〈書物〉の夢想のなかでどのような位置を占めているのかを問うことは、マラルメ研究におけるきわめて重要な課題であることは論をまたない。 とりわけ、60年代、70年代の散文詩から、80年代の演劇論を経て、90年代の群衆論、絵画論、詩論、書物論までを収めた『ディヴァガシオン』は、何の脈絡もないテクスト群がたまたま1冊の書物として取りまとめられただけにすぎないように見えるが、初出のプレオリジナルのテクストと詳細に照合してみると、マラルメがこれらを収録するにあたって、徹底した書き直しと、ほとんどコラージュと呼んでいいような大幅な削除・組み替えを施していることが判明する。この詩人における明白な構成意識は、『ディヴァガシオン』が反=書物ないしは偽=書物として成立したのではなく、やはりマラルメの〈書物〉の問題圏のなかで生み出された著作であることをあかし立てているとともに、その〈書物〉概念の複雑にして逆説的な様態を十分に窺わせるに足るものだろう。 このように極端にレヴェルも種類も異なるテクストの混在を許している『ディヴァガシオン』という特異な〈容器〉の構成原理がどこにあるのかを突きとめるには、さらに踏み込んだ考察を必要とするだろうが、少なくともこの著作がマラルメの〈書物〉をめぐる深遠な形而上学の具体的なエクリチュール実践のひとつであったことはもはや疑いようもない。

  • フランス象徴主義についての研究

    1998  

     View Summary

    「フランス象徴主義についての研究」と銘打った本年度の特定課題研究は、一般に象徴派と呼ばれる、1880年代後半にフランスの詩壇に台頭した詩的世代とステファヌ・マラルメの関係に焦点を絞ってみた。マラルメが自宅のアパルトマンで開いていた「火曜会」という文学サロンには、象徴派世代の多くの詩人たちが常連として押し掛けたし、文壇ジャーナリズムとの対応の場面でも、彼は新しい世代の庇護者としてのポーズを終始くずしていない。また一方で、若い詩人たちもことあるごとにマラルメを象徴派の「総師」として担ぎ出す戦略を意識的にとっていたふしがある。しかし、詩というものの本質をめぐる考察において、マラルメと象徴派グループとのあいだに大きな裂け目があったことも否定できない。象徴派の最も意義深い改革とされる自由詩句の運動に対して、マラルメはあくまでも距離をとりつづけ、その存在をきわめて限定的にしか容認していないのだ。 マラルメは同時代の社会的・文化的な虚無を「空位時代」という表現によって名指したが、自由詩句という詩法上の変革も彼にとってはそうした「空位時代」の不安な徴候にすぎない。というかむしろ、象徴派というエコールの出現がマラルメの文明論的な危機意識をはっきり目覚めさせたと言うべきであるかもしれない。詩が「自由」の名の下にあくまでも個人的な次元での表現にとどまり、文明社会の集団的な価値の形成に参与することを放棄している状態をマラルメはあえて「危機」と呼んだのである。マラルメの晩年の「書物」の構想は、その意味において、すぐれて反象徴主義的な企てであったと考えてよいだろう。「個人」であることを脱却した非人称的なエクリチュールによって、宇宙の総体を一冊の書物のうちに純粋に定着することをめざしたマラルメの途方もない野心は、ついに実を結ぶことなく終わったが、そこへと至るマラルメの思考の営為は、同時期のフランス象徴主義運動の流れとの対比によって、いっそう鮮明に浮き彫りにされるはずである。 なお本研究によって得られた知見の一端は、「現代詩手帖」1999年5月号(特集:マラルメと近代)に掲載された論文「広場と花火-マラルメと都市の祝祭をめぐる七つの変奏」にとりあえず盛り込むことができた。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • ステファヌ・マラルメの初期詩篇についての註釈的研究

    2015.04
    -
    2016.03

    フランス   フランス国立図書館

  • フランス近代詩研究

    2005.03
    -
    2006.03

    フランス   パリ第4大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>