KABAYA, Hiroshi

写真a

Affiliation

Faculty of International Research and Education, Graduate School of Japanese Applied Linguistics

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/kabaya/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Affiliated organization   Global Education Center

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1986

    Waseda University   Graduate School, Division of Letters  

  •  
    -
    1986

    Waseda University   Graduate School, Division of Letters  

Degree 【 display / non-display

  • Ph.D.

  • 早稲田大学   博士(文学)

  • M.A.

  • 早稲田大学   文学修士

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    早稲田大学国文学会

  •  
     
     

    待遇コミュニケーション学会

  •  
     
     

    早稲田大学日本語学会

  •  
     
     

    早稲田大学日本語教育学会

  •  
     
     

    社会言語科学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Japanese language education

  • Japanese linguistics

Research Interests 【 display / non-display

  • 待遇コミュニケーション(教育)、待遇表現(教育)、敬語表現(教育)

Papers 【 display / non-display

  • 新日本語学者列伝辻村敏樹

    蒲谷宏

    日本語学   32 ( 8 ) 72 - 80  2013.07

  • 「敬意コミュニケーション」の提唱—待遇コミュニケーション学の可能性として—

    蒲谷 宏

    待遇コミュニケーション研究   ( 10 ) 18 - 33  2013.02

  • 待遇コミュニケーション教育の構想(Ⅱ)

    蒲谷 宏

    早稲田日本語教育学   ( 11 ) 1 - 19  2012.02

  • 待遇コミュニケーション教育から見た日本語能力の育成

    蒲谷 宏

    早稲田日本語教育学   ( 9 ) 9 - 14  2011.02

  • コミュニケーション教育の意味を考える

    蒲谷 宏

    日本語学   30 ( 1 ) 4 - 12  2011.01

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 敬語マスター

    蒲谷宏

    大修館書店  2014.03 ISBN: 9784469222357

  • 待遇コミュニケーション論

    蒲谷宏

    大修館書店  2013.04 ISBN: 9784469222272

  • 日本語教育学序説

    蒲谷宏, 細川英雄

    朝倉書店  2012.04

  • 敬語コミュニケーション

    蒲谷宏, 金東奎, 吉川香緒子, 高木美嘉, 宇都宮陽子

    朝倉書店  2010.01

  • マナーとけいご絵じてん

    坂東眞理子, 蒲谷宏監修

    三省堂  2009.12

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • Development of Japanese Language Education for Short-term Overseas Students

    Project Year :

    2000
    -
    2002
     

     View Summary

    The Center of Japanese Language (Japanese Center), Waseda University was established for Japanese education and research. The Japanese Center provided the research and teaching team, which includes Japanese linguists and Japanese applied linguists, opportunities to discuss and consult with each other about the ongoing Japanese program and teaching materials designed for the short-term overseas students in the Japanese Center.
    The present study aimed to develop an appropriate Japanese program and teaching materials to accommodate the above situation. The secondary aim of the present study is to build up the a new foundation and guidelines for Japanese education within Japan and overseas in the near future.
    The procedures of the present study are described as follows:
    In 2000, learner needs for the short-term overseas student in the Japanese program were inspected. Along with the results, published teaching materials were sampled searching for appropriate models for the present study. (See Japanese version for an example of data collection method.)
    2001, The Graduate School of Japanese Applied Linguistics. Waseda University were established. The researchers in the present study coordinate the practical research seminars in their specialized field in order to gain practical knowledge for authentic Japanese education for overseas students.
    The researchers in the present study met regularly and discussion were made about the ongoing teaching materials used in the Japanese program. Teaching materials for 'Reading Comprehension'. 'Oral Expression Practice' and 'Overall Competence Practice' for elementary Japanese were developed in 2001.
    The final product of the present study is aimed not only be used at the Japanese Center, but also as teaching materials for the research demonstration for the Japanese education program.
    The trial version of the teaching materials from the present study is hoped to be published and practiced within the next 3 year. The final goal of the present study is to accomplish opinions and cooperation from Japanese education organizations and institutes within Japan and overseas for the possibility of developing appropriate Japanese education curriculum.

Specific Research 【 display / non-display

  • 日本語教員養成における教育実践能力育成に関する実証的研究

    2004   川上郁雄, 川口義一, 小宮千鶴子, 佐久間まゆみ, 鈴木義昭, 戸田貴子, 細川英雄, 宮崎里司, 吉岡英幸

     View Summary

     大学院日本語教育研究科では、日本語教員養成の一環として、「日本語教育実践研究」科目を設置し、学生たちの教育実践能力を育成することに努めている。 日本語教育実践研究(1)では「待遇コミュニケーション教育/学習」、(2)では年少者日本語教育、(3)では初級日本語教育、(4)では読解教育、(5)では上級日本語教育、(6)では文法教育、(7)では漢字教育、(8)では音声教育、(9)では総合活動型日本語教育、(10)では言語習得、文章表現、(11)では聴解教育について、日本語教育学の理論と日本語研究教育センターでの実践とを連動させつつ、実践研究を行っている。 教育研究の成果としては、各担当者が実践研究活動をまとめた冊子、および、『早稲田大学日本語教育実践研究』創刊号が挙げられる。 研究分担者それぞれの実践研究であること、教育実践および教育実践能力育成に関する研究であることから、ただちに具体的な研究成果が挙げられるものではないが、学期毎の学生たちのレポート、授業研究の事例を積み重ねていくという方法により、少しずつ日本語教育実践能力とは何かが実証されていくことが期待される。

  • 日本語教員養成における教育実習のあり方に関する実践的研究

    2002   川口 義一, 鈴木 義昭, 佐久間 まゆみ, 戸田 貴子, 細川 英雄, 吉岡 英幸

     View Summary

     本研究では、日本語教員養成における教育実習のあり方を、2001年に開設された大学院日本語教育研究科設置実践研究科目での2年間にわたる実践を通じて考察してきた。この実践研究科目「日本語教育学実践研究」の特色は、日本語研究教育センターに設置されている日本語科目と連動させ、当該クラスで半期間を通しての教育自習を行う点にある。本研究においては、理論、実践研究、現場での実践を連動させ、しかも半期15週間に及ぶ教育実習を行うことで、優れた日本語教員を養成することが可能になるという仮説を、教育実践を通して検証していくことが目標であった。研究の性格上、2年間で何らかの結論を導くというものではないが、教員養成を行う教員からの視点だけではなく、実際に実践科目を受講した大学院生たちからの視点による授業評価を導入することで、教育実習のあり方に対する問題点、今後の進むべき方向等が明らかにできたと言えよう。 現時点での研究成果として、全体的なものとしては、研究分担者および授業担当者による『日本語教員養成における教育実習のあり方に関する実践的研究―「日本語教育実践研究」における試み』という研究報告書を刊行した。そこでは、初級教育(1)(2)、聴解教育、読解教育、表現教育(1)(2)、音声教育、漢字教育、日本事情教育それぞれにおける実践報告が述べられ、さらに「授業アンケート―受講生たちの声」として授業評価の結果を開示している。また、各実践研究における個別の成果物も刊行されている。 日本語教員養成における教育実習のあり方に関する研究は、日本語教育の分野でも重要な課題であり、日本国内外における大学院において様々な実践が試みられている。早稲田大学における日本語教員養成については、各大学からも注目されているところであり、本研究は、当然、今後も継続して検討、考察を継続していくものである。 

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>