Updated on 2022/07/02

写真a

 
KATAOKA, Takao
 
Affiliation
Faculty of Commerce, School of Commerce
Job title
Professor

Concurrent Post

  • Faculty of Commerce   Graduate School of Commerce

  • Faculty of Commerce   Graduate School of Accountancy

Research Institute

  • 2019
    -
     

    産業経営研究所   兼任研究所員

Education

  •  
    -
    1990

    University of Rochester   Department of Economic   Economics  

Degree

  • Ph.D.(Rochester大学)

  • Ph. D.

  • 経済学博士

  • Master of Arts

  • 学術修士

Professional Memberships

  •  
     
     

    日本財政学会

  •  
     
     

    日本経済学会

 

Research Interests

  • Economic Theory, Macroeconomics, Public Finance

Papers

  • 「動学的最適性と遂行問題」

    高松慶祐, 片岡孝夫

    経済研究(静岡大学)   19 ( 1 ) 23 - 32  2014.07

  • 書評 バローマクロ経済学

    片岡孝夫

    商学論集    2010

  • 貨幣の機能不全と需要管理政策

    片岡孝夫

    経済学研究(北海道大学)   58,4  2009.03

  • 「新しい」マクロ経済モデルの意義と限界

    片岡孝夫

    産研シリーズ 38 現代経済学の最前線     15 - 34  2006.03

  • 貨幣と物々交換の共存

    片岡孝夫

    早稲田商学   ( 406 ) 105 - 133  2005.12

  • 物々交換と貨幣的交換 -- 最適貨幣量は本当に最適か? --

    片岡孝夫

    早稲田大学大学院 商学研究科紀要   ( 60 )  2005.03

  • 入門ミクロ経済学

    嶋村紘輝, 佐々木宏夫, 横山将義, 片岡孝夫, 高瀬浩一

    中央経済社    2002.05

  • Intergenerational Politics and "Keynesian" Policies

    Takao KATAOKA

    Waseda Business and Economic Studies   37  2002.01

  • 国債残高と財政行動

    片岡孝夫

    産業経営   ( 30 )  2001.12

  • 少子高齢化と技術進歩

    片岡孝夫

    早稲田商学   ( 390 )  2001.09

  • First Step マクロ経済学

    有斐閣    1999.04

  • Finnancial Reform and Sunspot Equilibrium

    東京経済大学ワーキングペーパーシリーズ    1997.08

  • 国家をこえて地域をひらく

    八朔社    1995.04

  • 流通VANと小売店情報(共著)

    片岡孝夫, 大和毅彦

    商学論集   63 ( 2 )  1994.12

  • 書評 Shumpei Kumon and Henry Rosovsky, Eds. "The Political Economy of Japan"

    Journal of Comparative Economics   19 ( 1 )  1994.08

  • ミクロエコノミックス入門(共訳)

    HBJ出版局    1993

  • 社会の高齢化と年金改革

    片岡孝夫

    商学論集   61 ( 1 )  1992.01

  • Should a Social security program be financed by seigniorage?

    Takao KATAOKA

    福島大学商学論集   59 ( 3 )  1991.03

▼display all

Books and Other Publications

  • ビジネスのための経済学入門

    早稲田大学商学部, ビジネス・エコノミクス研究会

    中央経済  2015.03

  • ビジネス経済

    佐々木宏夫

    実教出版  2014.01

  • 「規制改革30講」

    山本哲三ほか

    中央経済社、x  2013.04

  • 入門ビジネス・エコノミックス

    久保克行, 横山将義, 高瀬浩一, 嶋村紘輝, 佐々木宏夫, 横田信武, 片岡孝夫, 昼間文彦

    中央経済社  2006.05

  • 入門マクロ経済学(共著)

    中央経済社  1999.06

  • 中日経済主体行為法式比較研究(中日経済主体行動方式比較研究(中国語))

    湖北人民出版社(中国)  1998.10

▼display all

Research Projects

  • Economic research on business and accounting systems in the world

    Project Year :

    2012.10
    -
    2017.03
     

     View Summary

    This economic research studies business practices and institutional systems, theoretically and empirically as well as normatively and positively. This research project covers multi-dimensional research topics not only of the various economic literatures (game theory, mechanism design, industrial organization, public and corporate finance, international finance and trade, and so on), but most business fields including accounting and management. In particular, main targets of this research are those economies where market and its related infrastructure are not well developed, such as LLDC (Least Less Developed Countries), fragile countries, transitional countries, and so on. As a result of frontier studies and publications, this project aims to provide political lessons with both developed and developing countries. A final goal of this project is to assist those people in the world who are suffering from poverty with subsistence level of BHNs (Basic Human Needs)

Presentations

  • "Dynamic optimal income taxation with indivisible labor -- The role of the public pension system and limited times benefit to low-income households",

    Presentation date: 2014.06

  • "Optimal regulation for tax market",

    Presentation date: 2013.12

Specific Research

  • 「高齢化の進展、税制や年金制度の改革が、経済成長率に与える影響の理論的研究」

    1999  

     View Summary

     計画書にも記したように、本研究は解析可能なモデルを作り、そこから一定の定性的な性質を導出する理論的作業と、そのモデルを数値化してコンピューターシミュレーションを行い、定量的な性質を導き出す定量的な作業の二段階になっている。現状では、第二段階の作業が終了していないため、最終的な研究成果をまとめる段階には至ってないが、現在まで進展を簡単に記しておく。 まず、理論的なフレームワークを造る作業は、さほど困難なものではなかった。これはバローとサラ・イ・マーチンによる中間投入物のバラエティーを生産関数に明示的に取り入れることによって生まれる内的な成長プロセスを、ダイヤモンド等による生産活動を考慮した世代交代モデルに組み込むことによって得られる。 このモデルの定性的な分析については一応の結論が得られている。たとえば、社会の高齢化がもたらす影響については、(1)単純な人口成長率の低下は、新しい生産技術が利用できる労働量の減少を意味する為、技術革新のインセンティブを弱め、経済成長率を鈍化させる可能性が高い。しかし、(2)人口成長率の低下とともに定年の年齢が高まる、高齢者の再雇用が一般化する、などの社会的な適応が起これば、若年者の貯蓄意欲は下がり、経済成長率はかえって鈍化する。(3)年金制度が縮小されることによる高齢者の損失の一部は、民間貯蓄を刺激することを通して経済成長を促し、長期的には回復される。 ただし、これらの性質は、ある意味で当然であり、新鮮味に欠ける、という問題がある。現在では、これとは別のフレームワークも試しているが、その中で生まれた着想として、政府の経済政策に対する民間の信頼度が政策効果に与える影響の分析を取り入れたいと考えるようになった。これに対する分析は十分に進んではいないが、2000年度中には最終的な形にまとめ公表したい。

Overseas Activities

  • 動学的マクロ経済理論の新展開

    2007.03
    -
    2009.03

    アメリカ   Rochester大学

 

Syllabus

▼display all