鳥居 俊 (トリイ スグル)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    2021年

    発育発達研究所   プロジェクト研究所所長

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(スポーツ科学)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本スポーツ精神医学会

  •  
     
     

    ランニング学会

  •  
     
     

    日本成長学会

  •  
     
     

    日本発育発達学会

  •  
     
     

    日本健康科学学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生理学

  • 整形外科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • スポーツ整形外科学、体力医学

論文 【 表示 / 非表示

  • A cross-sectional study on the mechanical properties of the Achilles tendon with growth

    Yasuyoshi Mogi, Suguru Torii, Yasuo Kawakami, Toshimasa Yanai

    European Journal of Applied Physiology   118 ( 1 ) 185 - 194  2018年01月

     概要を見る

    Purpose: This study aimed to elucidate growth pattern of mechanical properties of the Achilles tendon and to examine if imbalance between growth of bone and muscle–tendon unit occurs during adolescence. Methods: Fourteen elementary school boys, 30 junior high school boys, 20 high school boys and 15 male adults participated in this study. Based on estimated age at peak height velocity (PHV), junior high school boys were separated into two groups (before or after PHV). An ultrasonography technique was used to determine the length, cross-sectional area, stiffness and Young’s modulus of Achilles tendon. In addition, the maximum strain in “toe region” (strainTP) was determined to describe the balance between growth of bone and muscle–tendon unit. Results: No group difference was observed in length, cross-sectional area and strainTP among the groups. However, stiffness and Young’s modulus in after PHV groups were significantly higher than those of elementary school boys and before PHV groups (p ≤ 0.05). Conclusions: These results indicate that mechanical properties of Achilles tendon change dramatically at and/or around PHV to increased stiffness. The widely believed assumption that muscle–tendon unit is passively stretched due to rapid bone growth in adolescence is not supported.

    DOI

  • Difference in kick motion of adolescent soccer players in presence and absence of low back pain

    Michio Tojima, Suguru Torii

    GAIT & POSTURE   59   89 - 92  2018年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Many adolescent soccer players experience low back pain (LBP). However, there are no reports studying the kick motion of adolescent soccer players experiencing LBP. This study aimed to clarify the kick motion of adolescent soccer players in the presence and absence of LBP. We recruited 42 adolescent soccer players and divided them into two groups according to the presence of LBP (LBP group, n = 22) and absence of LBP (NBP group, n = 20). We measured real-time kick motion using a three-dimensional motion analysis system. We placed 65 spherical markers on each anatomical landmark and calculated the angle of the lumbar spine, center of mass (COM) of the whole body, and displacement of the support foot. We used an unpaired t-test to compare the data between the groups. Compared with the NBP group, the LBP group showed a lateral shift in COM, which increased the duration of kick motion. The presence of LBP affected the posterior positioning of the support foot and restricted the player's lumbar spine from bending laterally. A lateral shift in COM and larger rotation of the lumbar spine could stress the lumbar spine during kick motion. Therefore, coaches and athletic trainers should pay attention to soccer players' lumbar spine rotation and the COM shift during kick motion. This would be important for preventing LBP in adolescent soccer players.

    DOI

  • Predicting skeletal muscle mass from dual-energy X-ray absorptiometry in Japanese prepubertal children

    T. Midorikawa, M. Ohta, Y. Hikihara, S. Torii, S. Sakamoto

    EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL NUTRITION   71 ( 10 ) 1218 - 1222  2017年10月  [査読有り]

     概要を見る

    BACKGROUND/OBJECTIVE: We aimed to develop regression-based prediction equations for estimating total and regional skeletal muscle mass (SMM) from measurements of lean soft tissue mass (LSTM) using dual-energy X-ray absorptiometry (DXA) and investigate the validity of these equations.
    SUBJECTS/METHODS: In total, 144 healthy Japanese prepubertal children aged 6-12 years were divided into 2 groups: the model development group (62 boys and 38 girls) and the validation group (26 boys and 18 girls). Contiguous MRI images with a 1-cm slice thickness were obtained from the first cervical vertebra to the ankle joints as reference data. The SMM was calculated from the summation of the digitized cross-sectional areas. Total and regional LSTM was measured using DXA.
    RESULTS: Strong significant correlations were observed between the site-matched SMM (total, arms, trunk and legs) measured by MRI and the LSTM obtained by DXA in the model development group for both boys and girls (R-adj(2) = 0.86-0.97, P < 0.01, standard error of the estimate (SEE) = 0.08-0.44 kg). When these SMM prediction equations were applied to the validation group, the measured total (boys 9.47 +/- 2.21 kg; girls 8.18 +/- 2.62 kg) and regional SMM were very similar to the predicted values for both boys (total SMM 9.40 +/- 2.39 kg) and girls (total SMM 8.17 +/- 2.57 kg). The results of the Bland-Altman analysis for the validation group did not indicate any bias for either boys or girls with the exception of the arm region for the girls.
    CONCLUSIONS: These results suggest that the DXA-derived prediction equations are precise and accurate for the estimation of total and regional SMM in Japanese prepubertal boys and girls.

    DOI

  • Decaying fermionic dark matter search with CALET

    S. Bhattacharyya, H. Motz, S. Torii, Y. Asaoka

    JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS   2017 ( 8 )  2017年08月  [査読有り]

     概要を見る

    The ISS-based CALET (CALorimetric Electron Telescope) detector can play an important role in indirect search for Dark Matter (DM), measuring the electron+positron flux in the TeV region for the first time directly. With its fine energy resolution of approximately 2% and good proton rejection ratio (1 : 10(5)) it has the potential to search for fine structures in the Cosmic Ray (CR) electron spectrum. In this context we discuss the ability of CALET to discern between signals originating from astrophysical sources and DM decay. We fit a parametrization of the local interstellar electron and positron spectra to current measurements, with either a pulsar or 3-body decay of fermionic DM as the extra source causing the positron excess. The expected CALET data for scenarios in which DM decay explains the excess are calculated and analyzed. The signal from this particular 3-body DM decay which can explain the recent measurements from the AMS-02 experiment is shown to be distinguishable from a single pulsar source causing the positron excess by 5 years of observation with CALET, based on the shape of the spectrum. We also study the constraints from diffuse gamma-ray data on this DM-only explanation of the positron excess and show that especially for the possibly remaining parameter space a clearly identifiable signature in the CR electron spectrum exists.

    DOI

  • 陸上競技における肉離れ

    鳥居 俊

    臨床スポーツ医学   34 ( 8 ) 776 - 770  2017年08月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ジュニアアスリートをサポートするスポーツ医科学ガイドブック

    鳥居 俊, 金岡恒治, 赤坂清和( 担当: 単著)

    メディカルビュー社  2015年10月 ISBN: 9784758316910

  • こどものスポーツ外来 Ⅰ‐1動器の発育・発達とスポーツ損傷との関係

    鳥居 俊, 笠次良爾編

    全日本病院出版会  2015年05月

  • こどものスポーツ障害 診療ハンドブック

    山下敏彦編集, 鳥居 俊分担執筆

    中外医学社  2013年05月 ISBN: 9784498073128

  • ランニング障害のリハビリテーションとリコンディショニング

    鳥居 俊, 増田雄一編集, 分担執筆

    文光堂  2012年09月 ISBN: 9784830651786

  • 学校スポーツにおける外傷・障害診療ガイド

    鳥居 俊, 臨床スポーツ医学編集委員会

    文光堂  2012年09月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本整形外科スポーツ医学会2006年度最優秀論文賞

    2007年06月  

  • 第4回日本臨床スポーツ医学会学会賞

    2005年11月  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 競技者のからだ作りにおける適正な朝食摂取の有用性

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    競技者が良好なコンディションを維持しながらからだ作りを行うことは競技力向上にとって極めて重要である。競技者はエネルギー及び栄養素を食事から不足なく摂取する必要があるが、近年では朝食を欠食する者が多いという問題点がある。競技者が朝食を欠食すれば、コンディショニングやからだ作りにとってはマイナスの影響を及ぼすことは明らかであるものの、朝食摂取のからだ作りへの影響について競技者を対象に実施した食事介入研究はこれまでに認められない。そこで本研究では、エナジー・アベイラビリティーを調整し、13C呼吸試験法を用いてたんぱく代謝の観点から競技者の朝食摂取の有用性について明らかにすることを目的とする。競技者が良好なコンディションを維持しながらからだ作りを行うことは競技力向上にとって極めて重要である。そこで本研究では13C呼吸試験法を用いてたんぱく代謝の観点から競技者の朝食摂取の有用性について明らかにすることを目的としている。2019年度は、炭酸ガス炭素同位体比分析装置 POC one(大塚製薬㈱製)を用いて本研究を推進するにあたり、測定プロトコールについて検討を重ねた。その結果、研究デザインを変更する必要があることが明らかになった。朝食を欠食している者を被験者としてリクルートし、朝食欠食時をコントロール試行として最初に実施する。その後、400-600kcal程度の朝食を1週間程度継続して毎日摂取させたのち、早朝空腹時に安定同位体投与後に180分呼気を採取して分析する。各試行時に食事調査、運動時及び安静時のエネルギー消費量測定、尿検査及び血液検査を実施する。以上のようなデザインで今後の測定を行うこととした。その際、エナジー・アベイラビリティー(energy availability: EA)を用いて被験者間のエネルギー状況をそろえて比較検討を行うことは予定通りであり、EAで調整した食事摂取の実施方法について継続検討中である。EAとは、1日の総エネルギー摂取量からトレーニングによるエネルギー消費量を差し引いて除脂肪量(FFM)で除した値であり、基礎代謝や生体維持の諸機能のために利用しうるエネルギー量を指しており、算出の方法論は確立できている。以上のプロトコールを用いて本実験の被験者募集をし、2-3月から測定を実施する予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために外出自粛となり、キャンパス内の教室や測定施設の使用に影響が出たことから被験者募集と本実験の実施ができなかった。緊急事態宣言解除とその後の状況を見ながら、今後の測定を実施していきたいと考えている。本研究で用いる13C呼気試験は、炭酸ガス炭素同位体比分析装置POC one(大塚製薬㈱製)で炭素の安定同位体である13Cを標識した化合物を経口投与後、呼気中に排出される13CO2/12CO2の変化量を経時的に測定することによって、その化合物の消化・吸収や代謝状態を非侵襲的に診断できる方法として臨床の現場で用いられている方法である。しかし、この方法を用いたスポーツ栄養学的研究はこれまでにないため、詳細な測定プロトコールを確立する必要があった。そこでまず、朝食摂取習慣のある男子大学生競技者を対象としてロイシンの安定同位体を用いて予備実験を実施した。起床後に来室させ、通常通りの朝食を摂取させた後(BE-1d試行)と摂取しない場合(BS-1d試行)の2条件で測定を行い、ベースライン値からの変化量を90分間測定した。試行間で差が観察されたように思えたが、90分ではベースライン値近くまで戻らず、より長時間の観察が必要であることが分かった。次に、EAを用いて前日の食事を調整した測定を試みた。朝・昼・夕の3食の食事を摂取させた場合(EA45試行)と、前日の朝食を欠食させた場合(昼食及び夕食は同じ食事, EA30試行)において、早朝空腹状態で180分間の測定を実施したところ、試行間での変化量の差は大きくは見られなかった。そのため、測定条件を変更して1週間食事調整をした後に測定することとした。朝食を欠食する習慣がない者に欠食を継続させることは困難であり、かつ好ましくないことから、被験者の選定条件も欠食習慣のある者へと変更した。朝食欠食習慣のある男子大学生を対象として通常通り欠食している場合(BS試行)と、1日400kcalの被験朝食(エネルギー飲料)を1週間摂取させた後(BE-1wk試行)に早朝空腹状態で測定を実施したところ、BS試行において変化量が大きいことが明らかとなった。たんぱく質の摂取に関して考察する場合、エネルギー摂取条件を揃えておく必要がある。そこで本研究ではエネルギー状態の指標としてEAを用いることとした。食事を自由摂取にさせた場合、朝食欠食習慣のない者はその後の食事でエネルギーの不足分を無意識のうちに摂取して空腹を補うことから、欠食試行でもEAを低く保つことはかなり難しいことも予備実験で明らかになっている。実際の競技者の日常生活の中でEA調整を行う場合、運動量を詳細に把握する必要があり、それに応じて食事量も増減させなくてはならない。また、競技者に測定期間中のトレーニング量と食事量を調整させることは現実的に困難であり、種目特性を絞る中で朝食欠食習慣のある競技者をリクルートすることもかなり難しいと考えられる。そこで、朝食を欠食する習慣のある健康な男子大学生を被験者とし、欠食試行をコントロールとして朝食摂取試行と比較するというデザインで本実験を行う予定である。EAを調整するために運動介入によるEAの調整についても予備実験を行い検討中である。また本実験では、たんぱく代謝だけでなく、安静時代謝量の測定も行い、早朝空腹時の呼気の呼吸商から基質利用状態も併せて確認をしていくほか、体タンパク分解の指標となる尿中や血中のパラメータも検査する予定にしている。2020年2月以降に被験者募集を行い本実験としての測定を開始する予定であったが、新型コロナウイルス感染予防と外出自粛のため大学キャンパス内の教室使用や測定室の使用に影響が出たため、被験者募集にも至らなかった。本研究はそれぞれの測定を少人数で実施することが可能であり、一回に被験者を1名ずつ測定することが可能である。一人の被験者に対してウォッシュアウト期間を挟み2試行実施することにし、緊急事態宣言解除後に測定を再開したいと考えている

  • 日本人女性アスリートのエナジー・アベイラビリティー適正値の検討と評価方法の確立

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    女性アスリートと一般女性を対象に、エナジー・アベイラビリティー(EA)、月経状況、骨密度、身体組成、ホルモン状態及び安静時代謝量(REE)等について検討した。アスリート及び一般女性のEAの平均値は、国際コンセンサスで示されているカットオフ値(除脂肪体重1kgあたり30 kcal)より低値であった。さらに、アスリートでEAが低値であった群ではREE及びトリヨードサイロニンが低値であり、月経異常を有するアスリートはREEが低値を示した。EAが低値であるアスリートや月経異常を有するアスリートは代謝の抑制が起こっていることが明らかとなり、日本人に適したEA評価のカットオフ値は異なると考えられた。女性アスリートの月経状況や骨に関する健康問題はEAが低下することが原因と考えられている。しかし、日本人女性アスリートのデータはほとんどない。そこで、精度の高い方法で測定をしたところ、EAの平均値は国際コンセンサスで示されているカットオフ値を下回った。この結果は、現場においてEAを用いてアスリートの状態を評価することの難しさを示している。一時点のEAを簡易的に算出し、欧米のカットオフ値を用いて評価することは注意が必要である。日本人アスリートのEAの評価方法について本研究により提案できることは、アスリートの適切な栄養アセスメントとコンディショニングにおいて社会的意義がある

  • アスリートの基礎代謝量の個人差は競技特性で説明できるか?

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

     概要を見る

    競技者の基礎代謝量の個人差に影響する要因を明らかにすることを目的とし、男性競技者15名を対象として除脂肪量(FFM)、臓器や組織の重量、褐色脂肪組織、遺伝子多型の影響について検討した。基礎代謝量はダグラスバッグ法、身体組成及び各組織重量はDXA法、肝臓,腎臓及び脳重量はMRI法、心臓重量は超音波法を用いて測定した。褐色脂肪組織(BAT)の活性は寒冷暴露後にFDG/PET-CT法により評価した。その結果、BATの影響は見られず、基礎代謝量の個人差に最も影響する因子は臓器量よりもFFMであった。このことから、BMR個人差はFFMで説明でき、競技者の食事管理に応用できることが明らかになった

  • 小児メタボリックシンドロームへの遺伝、運動・栄養の影響-親子間での検討

     概要を見る

    母と子(小学生) 36組に対して、体組成、呼気ガス分析を含めた運動負荷試験、血液検査を行い、母子間における体型、運動能力、脂質代謝との関係を検討した。母子間において内臓脂肪型満症、インスリン抵抗性の保有に関して関連性を認めたが、血清脂質、空腹時血糖値などに相関関係を認めなかった。小学生段階では必ずしも発症はしていないが、インスリン抵抗性などメタボリックシンドローム発症要因を認めるので、生活習慣の改善には留意する必要があるように推測された

  • 健康増進を目的としたフィットネスファームの創生に関する研究

     概要を見る

    本研究では、本学所沢キャンパス周辺住民を対象として実施された各種フィットネスプログラムならびに所沢地域住民に対する無作為抽出調査の結果を基盤として、1)フィットネスプログラム参加者の特徴を推計し、2)各々のプログラム(介入)が当人の健康状態あるいはライフスタイルをどのように改善するのかについて検証し、3)その参加者がその後どのように運動を継続して健康的なライフスタイルを保持していくかということを評価することを目的とした。平成12年度は、早稲田大学所沢キャンパス周辺住民から無作為に抽出された人々(1000人)を対象として日常生活活動・運動習慣・健康意識・QOLなどに関する質問紙調査を実施した。その結果を踏まえて各種フィットネスプログラム参加者の特徴を分析した。その結果を踏まえて各種フィットネスプログラム参加者の特徴を分析した。その結果、(1)男性対女性の割合が1:2で、(2)50歳以上が半数を占め、(3)女性では主婦、男性では無職と、(4)比較的平日の自由時間が多いという特徴が抽出された。また、健康・体力及び運動・スポーツについての意識と実態を、市民と比較すると(1)健康・体力に、食生活や運動・スポーツの実践で注意を払いながらも、(2)いまだ運動不足と感じており、(3)定期的にウオーキング、軽い体操、ハイキングを、(4)それら運動・体力つくりと運動不足という意識から実践している点が特徴的であるという知見を得た。平成13年度は、特に「ウオーキングプログラム」の参加者を対象として、介入プログラム実施後の身体活動量の定着におよぼす要因ついて検証した。その結果,プログラム終了1年後の日常生活活動量(日歩数)において,教室指導群では高値を維持し,自主歩行群ではプログラム前の値と有意な差がみられなくなり逆戻りするという傾向にあった.また,プログラム前の日常生活活動量の低い者ほど,維持期においても有意に高値を示し,プログラムの効果は高かった.このフィットネスファームの枠組みが確立したことによって多様な研究ができる基盤が整った。今後の展望としては、提供するプログラムへの参加者類型を特化することによって、「どのような人々に対して」・「どのようなプログラムを実施すれば」・「どのような効果が現れるか」という行動科学的観点からの研究も展開可能となり、新たな成果も期待できる

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 発育期小児のDXA測定値からみた体脂肪の成長変化と性差

    第63回日本人類学会大会  

    発表年月: 2009年10月

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 神経・心理症状の客観化による脳震盪後症状の評価とスポーツ復帰時期の決定

    2005年  

     概要を見る

     脳震盪は症状による重症度分類がなされているものの、客観的に評価を行う方法が確立していない。そこで、大学生アメリカンフットボール選手を対象に客観的評価の方法を確立するために2つの方法を採用し、計測した。一つはアメリカで実施されているSACテストを日本語訳したものであり、認知機能の評価方法である。もう一つはバランスエラーテスト(BESS)であり、脳、内耳機能の影響を評価する方法である。競技シーズン前にベースライン計測を行い、脳震盪発生時に計測を実施した。また、多くの例で数回反復計測を行った。脳震盪の発生により両テストともに低下が見られ、これらのテストによる検出が可能であった。両テストの点数の間に相関も見られた。また、回復までの過程は個人差が大きく一定の傾向が見られるわけではないが、一般にBESSの方が高感度であった。 以上より、2つの方法と自覚症状、診察所見を総合的に判断することで、より客観的な脳震盪の評価が可能になると考えられた。

  • 発育期の身体活動が骨量・骨密度変化に及ぼす効果に関する研究

    2005年  

     概要を見る

     発育のもっとも盛んな中学生を対象に2つの縦断研究を実施した。超音波骨評価装置を用いた大学近隣の中学校の全生徒を対象とした研究では、最大身長増加時期を含む1年あまりの間に骨密度の増加が停滞する時期が見出され、その時期には身体活動の効果が見られなかった。しかし、その前においても、後においても身体活動は骨評価値をより増加させる効果が見られた。特に女子では身体活動の習慣がないと骨評価値の増加がわずかになる(体格補正すると消失する)のに対し、身体活動習慣を有すると増加が続いた。 中学生サッカークラブ所属の男子選手を対象にDXA法を用いて縦断計測した結果から、中学生期には下肢と体幹の骨の増加が著しく、骨年齢と成人比の骨密度が相関することも見出された。身体活動を活発に実施していても、発育が遅く最大身長増加時期に到っていない者では骨密度が低く、骨密度の増加が少ない。一方、最大身長増加時期以後の者では筋量、骨量が平行して増加していた。

  • 変形性膝関節症の進行・増悪予防の運動処方と生活指導に関する研究

    2004年   倉持梨恵子

     概要を見る

     早稲田大学所沢キャンパスにおいて、春期・秋期の2期間膝痛改善教室を開催し、12週間の運動療法による介入研究を行った。運動内容は以前に実施した膝関節、股関節周囲筋群の強化であり、特に股関節周囲筋に重点をおいた。また、日常生活で膝への負荷を小さくしながらエネルギー消費や筋力増大をはかる身体活動の実践を指導し、週1回の教室参加を含めた経過を日誌に記入させた。 参加者は全体として初期の軽症の変形性膝関節症を有する女性であり、X線分類で半数以上が1度、36%が2度、3度以上は10%未満であった。教室期間の前後に筋力、歩行計測(歩数、歩幅、歩行時の関節モーメント)、疼痛の状態を調査・計測した。介入前の諸計測値にはX線分類による重症度による差は著明ではなかった。 介入の結果、大部分の参加者で膝痛は改善し、股関節周囲筋力が増大していた。歩行計測の変数には大きな変化が見られなかった。現在、介入後の歩行時の関節モーメントの算出を進めており、筋力変化と関節モーメントの変化が関連し、変形性膝関節症変化を保護するパターンに変化していれば介入の効果が生体力学的に実証できることになると思われる。

  • 大学生スポーツ選手の健康管理に関する研究

    2002年  

     概要を見る

     男子長距離走選手10名および競泳選手10名ののコンディションを把握する目的で、血液検査(血算、筋逸脱酵素、コルチゾール:CS、遊離テストステロン:f-T)、POMSテストを実施し、コンディションの自覚的評価(5段階)と比較検討した。練習意欲、練習感覚、体調はf-TやT/Cと関連し、疲労感もT/Cと関連が見られた。練習経過のみ赤血球数やヘモグロビン値と関連があった。POMSの怒りは赤血球数やヘモグロビン値と、活力は白血球数、CSやT/Cと、疲労はT/Cと関連が見られた。自覚的評価とPOMSとも関連し、特に活力と疲労との比(V/F)と相関が高かった。以上より、血液検査とPOMS所見は自覚的評価と関連し、特に血液検査のT/CやPOMSのV/Fが有効な指標になると期待された。 生体インピーダンス法に基づく体組成分析装置を用いて各運動部の選手のデータを分析した。競技選手にとって、身体組成や各分節での筋量の分布は直接的にパフォーマンスに影響する要素である。本年までに陸上競技選手の競技記録と身体組成・各分節の筋量との関連性について検討した。短距離選手は中・長距離選手より身長・体重・脂肪量が多く、上肢・下肢水分量も体重に一致して多かった。下肢水分量に対する上肢水分量比は短距離で最も高値であり、長距離で最も低値であった。男子短距離選手の100Mの記録と上肢水分量比とは相関し、上肢水分量比の高い選手は速い記録を有し、また上肢水分量の左右差の小さい選手ほど速い記録を有していた。一方、男子長距離選手では下肢水分量比が高い選手で5000Mの記録が速い傾向があった。投擲選手では上肢の水分量の左右差が見られたが、下肢水分量の左右差は他種目と差がなかった。女子短距離選手では男子に比して筋量が少なく脂肪量が多いほか、上肢筋量比が低かった。以上の結果より、短距離選手では全体の筋量が多いだけでなく上肢筋量比を高くし、上肢の左右差を小さくすることが、長距離選手では下肢筋量比を高くすることが速い記録を得ることにつながると考えられた。このような計測により、競技選手の目標とすべき身体づくりを意識したトレーニング計画の作成が可能になると期待される。

  • 高齢者の筋骨格機能維持のための運動処方の開発と評価

    2000年   岡田 純一

     概要を見る

     高齢者の筋骨格機能の低下を生じる運動器疾患として変形性膝関節症と骨粗鬆症とを選び、これらの治療と進行予防、および予防のための運動療法を企画し、その効果を評価した。 大学近郊に在住の中高年齢女性で変形性膝関節症の症状を有する30名と骨粗鬆症の予備軍となる閉経期前後の36名を応募により募集し、週1回の運動療法教室と自宅での運動処方ならびにその記録を行わせた。また教室開始前体格・体力評価、X線検査、血液検査、骨密度測定など体力科学・医学的に評価を行うとともに、中間期や終了時にも同様の評価を行った。 運動療法の内容は、変形性膝関節症については膝・股関節周囲筋力の増大を促すものであり荷重負荷によらない方法を用い、骨粗鬆症については下肢から体幹への衝撃負荷を意図したジャンプやランニング動作、バドミントンなどである。 運動療法により変形性膝関節症の対象者の大部分で膝・股関節周囲筋力が増大し、膝痛の軽減や歩行テストでの心肺機能の向上も見られ、悪化した者はなかった。また骨粗鬆症予備軍では骨代謝の高回転化が抑制され超音波法による踵骨骨評価値の上昇が見られた。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>