KASAI, Junichi

写真a

Affiliation

Faculty of Sport Sciences, School of Sport and Sciences

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Affiliated organization   Global Education Center

Research Institute 【 display / non-display

  • 2018
    -
    2023

    コーチング研究所   プロジェクト研究所所長

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1982

    Tokai University   Graduate School, Division of Physical Recreation  

  •  
    -
    1977

    Waseda University   Faculty of Education  

Degree 【 display / non-display

  • 東海大学   修士(体育学)

  • Master of physical education

  • 東海大学   体育学修士

Research Experience 【 display / non-display

  • 1997
    -
     

    Professor of the department of the human Science of Waseda Univ.

  • 1992
    -
    1997

    Assistant professor of the department of the human Science of Waseda Univ.

  • 1992
    -
    1997

    Assistant professor of the department of the human Science of Waseda Univ.

  • 1989
    -
     

    Instructor of the department of the human Science of Waseda Univ.

  • 1984
    -
    1989

    Instructor of the division of physical education of Waseda Univ.

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本卓球研究会

  •  
     
     

    東京体育学会

  •  
     
     

    日本運動生理学会

  •  
     
     

    日本バイオメカニクス学会

  •  
     
     

    日本体力医学会

display all >>

 

Research Interests 【 display / non-display

  • 体育学

Papers 【 display / non-display

  • スポーツ生理学

    市村出版    2001

  • 卓球のフォアハンドストローク強化を目的とする上肢のトレーニング

    平成11年度日本オリンピック委員会スポーツ医科学研究報告.NOⅡ.競技種目別競技力向上に関する研究   23  2000

  • バックハンドフリック打法における利き腕の動き

    平成11年度日本オリンピック委員会スポーツ医科学研究報告NOⅡ.競技種目別競技力向上に関する研究   23  2000

  • スポーツ心理学ハンドブック

    実務教育出版    2000

  • 卓球競技のバックハンドフリック打法の動作分析

    平成10年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告(競技種目別競技力向上に関する研究)   14 卓球 171-173  1999.03

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 高等学校保健体育教科書

    第一学習社  2004

  • 中等学校保健体育教科書

    大修館書店  2004

  • 卓球の授業

    三恵社  2003

Research Projects 【 display / non-display

  • Motion analysis of backhand frick stroke in Table Tennis

    Project Year :

    1995
    -
     
     

  • The study of cardiorespiratory response in Table Tennis

    Project Year :

    1994
    -
     
     

  • Motion analysis of Table Tennis

    Project Year :

    1994
    -
     
     

  • Effects of regularly performed resistance training on body composition, plasma lipid profiles, and bone health status in middle-aged women

     View Summary

    The purpose of this study is to determine the physical, physiological, and biochemical effects of resistance training in middle-aged women. The results of resistance training was compared with another different training modes, such as jogging/running, swimming, and tennis. Furthermore, middle-aged and young non-exercise women took part in the controls. Each subject completed their food records and caloric and major nutrient intakes were estimated.Serum high-density lipoprotein cholesterol (HDL-C) levels was significantly higher in female endurance runners than in equal groups of female resistive trainers and sedentary female controls. Resistive trainers and controls showed no significant differences in HDL-C. No significant dose-response relationships were found for either runners or resistive trainers when daily training duration, weekly training frequency, and weekly mileage were correlated with HDL-C. It was concluded that HDL-C levels in females are associated with specific training methods.The results of this study indicate that mean bone formation values were significantly less in the swimming group than in the resistive trained and jogging/running groups. The results also determined that mean bone resorption values were significantly less in the resistive trained and jogging/running groups than in the swimming and non-exercise control groups. The uncoupling index was significantly greater in the swimming group than in the jogging/running and control groups. That the low levels of impact associated with non-weight-bearing activities, such as swimming, appear to negatively influence bone formation. These findings support the theory that high strain rates are more effective at inducing new bone formation.From the results of this study, it was concluded that resistance training is effective exercise mode to maintain and improve physical, physiological, and biochemical health status in middle-aged women

Specific Research 【 display / non-display

  • ボールゲームのスポーツ方法学的研究―卓球競技の競技力向上を求めて―

    1998  

     View Summary

     本研究は、競技力向上を図るための選手に対するコーチングそのものを裏付ける科学的成果を得るため、バイオメカニクス的実験手法を用いて、卓球競技を対象として行ったものである。まず、卓球選手のフォアハンドストローク中の両足にかかる力を床反力で測定するとともに、一連の動作を2台の同期させた高速度映画撮影用カメラで記録した。バックスピンに対するドライブと、トップスピンのボールに対する前陣および中陣からの強打では、発揮された右股関節伸展トルクの強度が大変高く、それが体幹および腕の打球方向への回転に大きく貢献していることがわかった。もし、これらの結果が一般化されるのであれば、右利きの選手にとって、フォアハンドストロークの強化のための下肢の筋力トレーニングには、最大筋力を高めることを目的として、低速度高負荷での左右股関節の伸展運動を取り入れることが望ましいものと思われた。また、トップクラス選手の重要な打法の一つに、台上のバックハンドフリックがある。この一連の打球動作中の分析を行った。2台の同期させた高速度ビデオカメラで記録し、3次元解析ソフトで分析を行った。従来、バックスピンのボールに対するバックハンドフリック動作の指導上のポイントとして、①ラケットの打球面を上に向けてボールの落下地点付近にもっていく。②そこで、手首を引きながらいったんラケットを横にし、すばやく打球方向に反転させ、回転をくわえながら手首をかえす、という内容があげられていたが、今回の分析により、従来の指導上のポイントを押さえることができたばかりでなく、被験者個人の詳細な動作の特徴をとらえることができた。ラケットの動作に、肘あるいは肩を含めた動きの分析を加え、全体的に分析する方向である。現在は、上記に加えフォアハンドスマッシュの連続打球中の動作を熟練者および非熟練者で比較し、その習熟過程を検討し、実際のコーチングを裏付けるための研究を行っている。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>