TSUCHIDA, Kazuhiro

写真a

Affiliation

Faculty of Law, School of Law

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Law   Graduate School of Law

  • Faculty of Political Science and Economics   Graduate School of Public Management

  • Faculty of Law   Waseda Law School

  • Faculty of Political Science and Economics   Graduate School of Political Science

  • Faculty of Commerce   School of Commerce

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1983

    Waseda University   Graduate School, Division of Law  

  •  
    -
    1983

    Waseda University   Graduate School, Division of Law  

  •  
    -
    1977

    Waseda University   Faculty of Law  

Degree 【 display / non-display

  • 早稲田大学   法学修士

  • Master of Law

  • 法学修士

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    The Japan Association of Economic Law

  •  
     
     

    日本国際経済法学会

  •  
     
     

    Academic Society for Competition Law

  •  
     
     

    日本経済法学会

  •  
     
     

    日本国際経済法学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Social law

Research Interests 【 display / non-display

  • Economic law, Anti-monopoly law

Papers 【 display / non-display

  • Determination of Applicable Law in International Civil Litigation Cases Alleged to Violate Competition Law -A Preparatory Study-

    Kazuhiro Tsuchida

    Waseda Law Review   96 ( 3 ) 273 - 290  2021.07

    Authorship:Lead author

  • Concerning the agreement of international jurisdiction in a case allegedly violating the Antimonopoly Act

    Jurist   ( 1560 ) 100 - 103  2021.07

    Authorship:Lead author

  • On the JFTC decisions of cardboard cartel agreements in 2021

    Kazuhiro Tsuchida

    Fair Trade   ( 848 ) 83 - 92  2021.06  [Invited]

    Authorship:Lead author

  • Commitment Decision Systems in Competition Law of Japan and the EU

    Kazuhiro Tsuchida

      ( 146 ) 33 - 52  2021.03

    Authorship:Lead author

  • 学界回顧2020 経済法

    土田和博, 渡辺昭成, 長谷河亜希子, 青柳由香

    法律時報   92 ( 13 ) 130 - 138  2020.12

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Antimonopoly Law - Text, Outlilne and Cases

    Kazuhiro Tsuchida, Makoto Kurita, Yoshizumi Tojo, Kuninobu Takeda

    Yuhikaku  2019.04

  • Antimonopoly Law and FairEconomy

    Masayuki Funada, Kazuhiro Tsuchida co-ed( Part: Joint author)

    Nihon Hyoron Sya  2017.07

  • Contemporary Issues on Economic Law

    Takaji Kanai, Kazuhiro Tsuchida, Yoshizumi Tojo

    2017.05

  • 演習ノート 経済法(第2版)

    土田和博, 岡田外司博

    法学書院  2014.11

  • 条文から学ぶ独占禁止法

    土田和博, 栗田誠, 東條吉純, 武田邦宣

    有斐閣  2014.10

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 横田正俊記念賞(公正取引協会)

    1987  

Research Projects 【 display / non-display

  • A Cross-disciplinary Study of Law in a Data-driven Society: focusing on Digital Platforms

    Project Year :

    2019.04
    -
    2024.03
     

  • Economic Law/International Economic Law and FairEconomy: Competition Law Order of Freedom, Fairness and Responsibility

    Project Year :

    2014.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    In order to explore the way the law of ‘faireconomy’ (fair socio-economy) should be, this project mainly examined the regulation of unfair trade practices (especially abuses of relatively superior bargaining positions) in the Antimonopoly Act of Japan and competition laws of the UNCTAD member states.To achieve this aim, the researchers of this project not only presented the research results about abuses of relatively superior bargaining positions in the conference of the Japan Association of Economic Law but also carried out interviews at the Headquarters of the UNCTAD and the Korea Fair Trade Mediation Agency. Their results bore fruit in many books and articles including Masayuki Funada & Kazuhiro Tsuchida ed., Antimonopoly Law and FairEconomy as well as the International Conference held in March 2013 at Waseda University

  • To the new horizon of East-Asian competition laws by regulation of the abuse of dominant monopoly positions and unfair trade practices

    Project Year :

    2010.04
    -
    2015.03
     

     View Summary

    Our research revealed the new horizon of East-Asian competition laws.(1) Subjects of competition policy of high-tech industries in the East-Asian countries are as important as the subjects of the same policy of the same industries in the U.S. or EU; high-tech industries are software, IP business 、 Telecom and so on. Samsung & Apple Patent Infringement Cases are good examples. Infringement actions by Samsung are abuses of the FRAND declared patents and it`s infringement actions are also against the competition laws of the most countries. (2) Struggles against impediments for competitive market economy like state-owned enterprises, family-owned large business-group, government oriented bit-rigging are unique and inherent subjects of East-Asian competition laws.East-Asian competitions laws are integration of advanced subjects of high-tech industry and unique subjects of old impediments for competitive market economy. The new horizon of East-Asian competition laws are now appeared

  • A study of international enforcement of competition law from the perspective of jurisprudence of economic law and international ecnomic law

    Project Year :

    2011.04
    -
    2014.03
     

     View Summary

    In order to compare the extraterritorial reach and the international enforcement of antimonopoly law among countries, in 2011 we held a joint-seminar with researchers from East Asia, and in 2012 we had interviews with the United States Department of Justice, law offices in Washington DC, the European Commission, and a law office in Brussels. During that time, as a part of achievements in the research, we had "International Enforcement of Antimonopoly Law" (Nippon Hyoron Sha Press 2012) written and edited by Kazuhiro Tsuchida, and "International Enforcement of Competition Law" (The Annual of The Japan Association of Economic Law, No.34, Yuhikaku Press 2013) published. And as a conclusion of the three years' joint-research, we invited speakers from America, Europe and Asia, and held an international symposium named "International Enforcement of Competition Law- In The Age Of Globalization" in Waseda University in March 2014

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Reemergence of the State in the Regulation of Digital Platforms from the Viewpoints of Maintenance of Competition and Protection of Personal Data - Digital Governance of EU, US and Japan

    Kazuhiro Tsuchida

    The Japan Association of Economic International Law: 30th Anniversary Conference 

    Presentation date: 2021.10

  • 'Regulation' of Digital Platforms through Antimonopoly Law and 'Supplementary' Law in Japan

    Kazuhiro Tsuchida

    Waseda Comparative Law Institute, Japan-China Symposium 2021 'New Technology and Law Ⅱ' 

    Presentation date: 2021.09

  • Digital Platform and Competition Law & Policy

    Tsuchida, Kazuhiro  [Invited]

    Consumers' Trobules and Issues surrounding Internet-commerce  The Japa National Council of Consumer Organizations

    Presentation date: 2019.08

  • International Conference "Sharing Economy and Economic Law/Labor Law"

    Tsuchida, Kazuhiro  [Invited]

    Sharing Economy and Law Innovation  (Beijing)  Chinese Academy of Social Science

    Presentation date: 2018.05

  • Keynote:International Conference 'Competition Law and FairEconomy'

    Kazuhiro Tsuchida

    Comeptition Law and FairEconomy  (Waseda University) 

    Presentation date: 2018.03

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • データエコノミーと経済法、消費者情報法、国際経済法

    2018   清水章雄, 須網隆夫, 岡田外司博, 王威し, 戴龍, 柴田潤子, 武田邦宣, 林秀弥, 長谷河亜希子, 洪淳康

     View Summary

    本研究は、ビッグデータが、使い方によっては、プライバシーを侵害し、個人の自由を脅かし、現代型独占企業が競争者の事業活動を排除するおそれがあるとの認識に基づき、データエコノミーにおいて生じる法的諸問題に経済法、消費者情報法、国際経済法の既存の法的枠組みやルールで対処できるかを、企業結合、デジタルカルテル、単独行為、個人情報保護法、国際経済法上の諸問題について検討することとした。2018年7月の経費交付決定後、18年度中に6回、計12本の報告とコメントからなる研究会を実施した。その研究成果の一部は、法律時報2019年3月号に「小特集 デジタルプラットフォームと独占禁止法」の6本の論説として公表した。

  • 独占禁止法を中心とする経済法の域外適用に関する経済法学・国際経済法学的研究

    2010  

     View Summary

    特定課題B「独占禁止法を中心とする経済法の国際的執行に関する経済法・国際経済法的研究」の成果報告1 中間報告書の作成、研究会の実施 2010年度中に9人の執筆者からなる中間報告書「独占禁止法の域外適用-グローバル化時代の独禁法適用のあり方-」を作成し、研究者、実務家等に配付した。この報告書についてはコメントを受ける研究会をもった(2010年7月)。また2010年11月と2011年2月にアジアの独占禁止法に関する研究会を、12月に独禁法の域外適用一般に関する研究会をそれぞれ実施した。3月末には内部報告を再開して、最終原稿を作成し、2011年度中に著書の形で研究成果を公表する予定である。2 ソウル大学との合同研究会における報告、延世大学との共同研究の合意 研究成果の一部は、韓国・ソウルで行われた国立ソウル大学との合同研究会でも公表された。すなわち、①土田が「マリンホース国際市場分割協定事件」について、②岡田が国際的私的執行の可能性を含めて「フランチャイズ関係をめぐる法的諸問題」について、③長谷河が②に関してコメントをそれぞれ行った。韓国側も、BHTビリトン/リオティント経営統合事件と韓国における国際カルテル事件について報告を行い、質疑応答を行った。また韓国・延世大学を訪問し、法学部長(経済法担当)などと「独占禁止法の域外適用・国際的執行」のテーマで今後、研究会やセミナー、シンポジウム等を開催することで合意した。現在、日本の公正取引委員会は、ブラウン管テレビ事件において複数の韓国企業に課徴金を課すなど、両国の経済法研究者の対話と共同研究、相互協力が要請される状況がある(本件は審判手続が係属中である)。このような中、この研究会によって日韓相互の対話と共同研究の端緒が開かれたことは大変意義の大きいものと思われる。なお、韓国の研究者、中国の研究者などとは、来年度も同様のテーマで研究交流を継続してゆく予定である。

  • 規制緩和と司法改革-弁護士制度、ADRなど民事司法制度の改革に関する研究-

    2001  

     View Summary

     研究計画書において予定したように、本研究は総論と各論からなる。総論については、自民党「司法制度改革の基本方針」(1997.11)、「21世紀司法の確かな指針」(98.6)、経団連「司法改革についての意見」(98.5)、21世紀政策研究所「民事司法の活性化に向けて」(98.12)、日弁連「司法改革ビジョン―市民に身近で信頼される司法をめざして―」(98.11)、最高裁判所「21世紀の司法制度を考える」(99.12.8)などを比較検討することによって、「規制緩和的司法改革」、「市民的司法改革」、「官僚的司法システムの維持」の基本的な現状認識の違い、改革の方向、具体的な提言の相違などを確認した。これについては、「成果発表」欄の成果2、3、5などにおいて論述した。 また、各論については、主として弁護士制度の改革、すなわち、①弁護士の大幅増員、法律業務独占の見直し(弁護士法72条)、②弁護士報酬規程に対する独占禁止法の適用可能性、③弁護士広告制限の緩和の是非、④弁護士の兼職、営業等の制限の廃止・緩和の是非(弁護士法30条)、⑤法律事務所の共同化、総合事務所化の是非などについて検討を行った。具体的な改革は、司法制度改革審議会の最終報告(2001.6.12)等で示されたように、法曹、とりわけ弁護士の人口の大幅増員、隣接法律職(司法書士、弁理士、税理士など)への訴訟代理権や出廷陳述権の付与による弁護士の法律事務独占の侵食、行政改革推進本部・規制改革委員会による弁護士会の会則記載事項から報酬規定を削除するべき旨の提言、日弁連「業務広告規程」の改定、弁護士法人制度の新設などとなって実現しているが、これに対する私の観点からの評価は、「成果発表」欄の成果1、4、6などにおいて述べた。

  • 経済法・国際経済法の基礎理論的研究Ⅲ

    1999  

     View Summary

     本年度の研究課題として取り上げたのは、Rawlsの『正義論』の立場を国際関係に拡延しようとするB.Baryであった。B.Baryは、第1原理=平等の推定、第2原理=個人の責任と補償、第3原理=生存・生活にかかわる利益の優先、第4原理=相互利益を国際社会の正義の原則として掲げ、より直接的に原理を組換えることによって新たな国際的原理を構想しようとする。このうち、第2原理は、暮し向きが異なる人々において、その原因が各自の自発的な選択の結果であるならば、その結果は受け容れることができるものと考える。逆に、各自が防止できないような不幸によって犠牲になった者は、補償(天災などが原因である場合)または救済(他者の自発的な行為が原因である場合)を請求する権利があるとする。また、第3原理は、身体的障害からの安全、健康維持に十分な栄養、飲料水と衛生、気候に適した衣服と住居、医療、教育など、各人の生活・生存にかかわる利益が、誰であれ、それ以外の利益に優先しなければならないという原理である。Baryは4つの正義の原理が世界的に拡張しうると考えていること、Rawlsの格差原理をそれが上の第2原理(個人の責任)に矛盾しうることを理由に拒絶すること、第3原理はラテンアメリカ諸国、インド、中国などにおいては充足されていないとすることなど、独自性の強い主張も少なくないが、基本的にはまさに政治哲学ないし原理論レベルの研究であって、これを現実の国際関係あるいはこれを規律する法にどのように応用できるのかは、なお必らずしも明らかとはいいがたい。経済法・国際経済法の基礎理論的研究にとっては、この点の解明をさらに進めなければならないであろう。

  • 経済法の基礎理論的研究Ⅱ

    1998  

     View Summary

     本研究は、J.Rawls『正義論』で示された正義の諸原理を国際関係にも適用可能なように修正するためにC.Beitzの『政治理論と国際関係』などを検討した。 それによれば、まず原初状態の参加者は国民社会からに限らず国際社会からということになる。そこは無知のヴェールに包まれているから、天然資源の何がどこにどれだけ埋蔵されているかは知らないが、不均等な分布それ自体は知っていると考えられること、あるいは原初状態の参加者が生まれつく社会が、高度に工業化され情報化された裕福な社会なのか、それとも単一農産物の輸出に自己と家族の命運をかけざるをえないような発展途上の社会なのかを知らないことなどから、最もましな最悪を選択するという保守的なマキシミンルールに従って、格差原理を含む正義の二原理に合意することになる。ここにおいて正義の二原理は、国際上の分配的正義を含む地球的原理となるわけである。 Beitzの理論の法制度論的含意についてみると、必ずしも具体的に語られているわけではないが、次のような国際的正義の二原理の適用関係が考えられよう。まず言論集会の自由や身体の自由、個人財産を所有する権利など、正義の第一原理上の権利が国際関係においても最優先され、ついで第二原理の機会の公正な平等の原則によって、人が同じ才能と能力と意欲をもつ限り、カースト制などの社会環境の影響をうけることなく同じ社会的経済的機会を持つことを確保し、さらに国際的格差原理によって天然資源の不均等な分布や人の生来の才能の違いなど自然的要因が人間の社会経済的状態に及ぼす影響を除去しようとするものと考えられる。天然資源や人の才能はまさに人類共有の資産であって、それを分かち合うことを含んだ格差原理に国際的原初状態の参加者は合意していると考えられるからである。

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Social Activities 【 display / non-display

  • Study Committe on Points at Issue Regarding Work Styles Similar to Employment

    Ministry of Health, Labour and Wealth 

    2018.10
    -
    Now

  • Fair Trade Commission, antimonopoly advisory board

    2016.09
    -
    Now

  • The Japan Energy Law Institute, researcher

    2013.04
    -
    Now

  • Urban Renaissance Agency, Bid Surveillance Committee

    2017.07
    -
    2021.06

  • Working Group of the Movie Production Optimization Organization (Tentative)

    METI 

    2020.07
    -
    2021.03

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • Interpellation at the House of Councillors as an expert witness (amendment of the Antimonopoly Act)

    Committee on Economy and Industry, House of Councillors  

    2019.06