IWANAMI, Motoi

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Engineering, School of Creative Science and Engineering

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Science and Engineering   Graduate School of Creative Science and Engineering

Research Institute 【 display / non-display

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

Education 【 display / non-display

  • 1985.04
    -
    1987.03

    Waseda University graduate school  

  • 1981.04
    -
    1985.04

    Waseda University  

  •  
     
     

    Tokyo Metropolitan Institute Fuji Senior High School  

Degree 【 display / non-display

  • Waseda University   Doctor (Engineering)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2018.04
    -
     

    Waseda University   Professor

  • 2016.04
    -
    2018.03

    Daiichi Institute of Technology   Professor

  • 2009.04
    -
    2016.03

    National Institute of Technology,Nagaoka College   Professor

  • 2006.04
    -
    2009.03

    National Institute of Technology,Nagaoka College   Assistant professor

  • 2000.04
    -
    2006.03

    Kumagai Gumi Co.,Ltd

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本トンネル技術協会

  •  
     
     

    地盤工学会

  •  
     
     

    日本コンクリート工学会

  •  
     
     

    土木学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Geotechnical engineering

Research Interests 【 display / non-display

  • 維持管理工学

  • 施工法

  • 地盤工学

  • コンクリート工学

  • 土留め

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • シールドトンネル用開口を有する大深度円形立坑の構造解析手法の提案

    山口哲司, 板野貴大, 岩波基

    第30回トンネル工学研究発表会講演集   ( Ⅱ-1 ) 1 - 13  2020.11  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

  • 断面修復をした送電用シールドトンネルの耐荷性能に関する研究

    佐藤克晴, 嘉賀大樹, 吉本正浩, 阿南健一, 岩波基

    第30回トンネル工学研究発表会 講演集   ( Ⅱ-4 ) 1 - 8  2020.11  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

  • 大深度円形立坑におけるプレキャスト化ニューマチックケーソン工法の継手部の構造に関する検討

    宮崎雄介, 岩波基, 山口哲司, 並木智和, 阿部慎太郎

    トンネル工学報告集   30 ( Ⅱ-1 ) 1 - 9  2020.11

    Authorship:Corresponding author

  • 開口を有する大深度円形立坑の本体側壁に作用する側圧の分析

    板野貴大, 山口哲司, 岩波基

    トンネル工学報告集   30 ( Ⅱ-2 ) 1 - 6  2020.11

    Authorship:Corresponding author

  • 基盤内に根入れした大深度立坑の耐震設計の地盤応答解析における基盤深さに関する数値解析的検討

    石井貴大, 山口哲司, 岩波基

    トンネル工学報告集   30 ( Ⅱ-3 ) 1 - 6  2020.11

    Authorship:Corresponding author

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 2016規定 トンネル標準示方書[シールド工法]

    岩波基( Part: Contributor)

    土木学会  2016.02

  • 最近のケーソン工法 ケーソンを用いた立坑の設計

    岩波 基( Part: Contributor)

    土木綜合研究所  2015.05

  • 地下構造物のアセットマネジメント-導入に向けて-

    大塚正博( Part: Contributor)

    土木学会  2015.04

  • トンネルライブラリー第28号 シールドトンネルにおける切拡げ技術

    小西真治( Part: Contributor)

    土木学会  2015.01

  • トンネルライブラリー第27号 シールド工事用立坑の設計

    小泉 淳( Part: Contributor)

    土木学会  2015.01

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • A Study of Deterioration Prediction of Leaked Part in Tunnel Concrete in Service for a Long Period of Time

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

     View Summary

    Concrete prior to World War II has a water-cement ratio of over 100%. The chemical composition of the cement is the same as the present one, and the aggregate is good quality river gravel.The compressive strength of tunnel concrete used for a long time did not decrease in strength.The inside carbonation rate of the tunnel concrete was 2.8 times the normal.We proposed a formula to estimate the leaching depth from the accumulated runoff

  • トンネルコンクリートへの科学的マネジメント導入のための漏水部劣化予測に関する研究

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

  • Development of countermeasure against liquefaction and liquefaction-resistant foundation

     View Summary

    Relationship between the inclination and the uneven settlement of house were investigated and their minimum numbers for which repair of the house is required to keep living were made clear based on the form survey regarding many houses damaged due to liquefaction of soil. It was also made clear that the seasonal fluctuations of groundwater table were similar to the change of monthly precipitation. Effects of several countermeasures against liquefaction were discussed through the actual case studies and the numerical analyses. Based on these evaluations of various countermeasures, effective soil improvement methods and liquefaction-resistant foundations were presented

Presentations 【 display / non-display

  • 粘性土地盤中のシールドセグメントの限界状態設計法における荷重係数の選定について

    関すみれ, 岩波基

    平成26年度全国大会 第69回土木年次学術講演会 

    Presentation date: 2014.09

    Event date:
    2014.09
     
     
  • 地下水位回復地区における隆起時の地盤特性がトンネル変形に与える影響の試計算

    岩渕崇宏, 荒川涼, 岩波基

    第49回地盤工学研究発表会 

    Presentation date: 2014.07

    Event date:
    2014.07
     
     
  • 砂質土地盤中のシールドセグメントの限界状態設計法における荷重係数の選定について

    関すみれ, 荒牧和沙, 岩波基

    第49回地盤工学研究発表会 

    Presentation date: 2014.07

    Event date:
    2014.07
     
     
  • 大深度円形立坑の本体側壁の合理化に関する試計算

    井上晋太郎, Bat-Erdene Bolor, 岩波基

    第49回地盤工学研究発表会 

    Presentation date: 2014.07

    Event date:
    2014.07
     
     
  • 水圧が卓越する大深度地盤内の円形立坑壁に発生する断面力について

    板場建太, 井上晋太郎, 岩波基

    土木学会関東支部第41回技術研究発表会 

    Presentation date: 2014.03

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • トンネルコンクリートへのマネジメント導入のための漏水部劣化分布予測に関する研究

    2018  

     View Summary

    第二次世界大戦よりも前のコンクリートは,水セメント比が100%を超えるものがある.セメントの化学組成は現在のものと差異がなく,骨材は良質な川砂利である.長期供用したトンネルコンクリートの圧縮強度は強度低下が無いことが判明した.長期地下水中で供用したトンネルコンクリートは,地盤に接している面では劣化しないが,内側の中性化速度は通常の2.8倍であった.また,トンネル漏水流出部の溶脱は急激に進むことを確認し,劣化防止には完全な止水工法を行うことであること明らかにした.

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2021.06
    -
    Now

    土木学会「調査研究部門/トンネル工学委員会/運営小委員会」  委員

  • 2021.06
    -
    Now

    土木学会「調査研究部門/トンネル工学委員会」  専門委員

  • 2021.04
    -
    Now

    東海旅客鉄道株式会社「トンネル施工検討委員会シールドトンネル部会」  部会委員

  • 2021.04
    -
    Now

    東京都建設局「調整池・分水路トンネル施工等検討委員会」  特別委員

  • 2021.04
    -
    Now

    土木学会「調査研究部門/トンネル工学委員会/技術小委員会/維持管理を目的とした箱型トンネルの施工法の調査部会」  副部会長

display all >>