Updated on 2022/05/18

写真a

 
MANABE, Masayuki
 
Affiliation
Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences
Job title
Professor
Profile

I study modern and contemporary history of Japan, especially political and ideological history in the Meiji period. I also study the history of the relationship between humans and animals and the history of Japanese universities.

My recent books include "Modern Japanese History of Cats; Until Monster Cat becomes Family" (Yoshikawa Kobunkan) and "Shigenobu Ōkuma; conflict between popular will and government". I am also involved in the compilation of "150 Years History of Waseda University". 

If you would like to have a sabbatical leave or a short research stay at Waseda University, please feel free to contact me. I welcome your visit as a visiting scholar (This is the status for full-time teachers at overseas universities.) or research fellow (This is the status for foreign graduate doctoral students.). However, my laboratory accepts only researchers in fields related to modern Japanese history. And I hope you have some speaking ability in Japanese. Also, please prepare your own expenses for your stay.

For information on Waseda University's system for accepting foreign researchers, please visit the following website.

https://www.waseda.jp/top/en/about/work/organizations/international-affairs-division/iss

Concurrent Post

  • Affiliated organization   Global Education Center

Education

  • 1998.04
    -
    2003.03

    Waseda University   Graduate School, Division of Letters   Major of Japanese History Doctoral Program  

  • 1996.04
    -
    1998.03

    Waseda University   Graduate School, Division of Letters   Major of Japanese History Master's Program  

  • 1992.04
    -
    1996.03

    Waseda University   Faculty of Political Science and Economics   Department of Economics  

Degree

  • 2009.10   Waseda University   Doctor of Literature

  • 1998.03   Waseda University   Master of Arts

Research Experience

  • 2022.04
    -
    Now

    Waseda University   History Museum   Associate Director

  • 2016.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences   Professor

  • 2021.03
    -
    2022.03

    KU Leuven   Visiting Professor

  • 2017.04
    -
    2018.03

    Chuo University   Graduate School of Letters   Concurrent Lecturer

  • 2011.04
    -
    2016.03

    Waseda University Faculty of Letters, Arts and Sciences   Faculty of Letters, Arts and Sciences   Associate Professor

  • 2010.04
    -
    2015.03

    Atomi University   Concurrent Lecturer

  • 2013.08
     
     

    Doshisha University   Adjunct Lecturer

  • 2009.04
    -
    2011.03

    Waseda University Archives   Research Associate

  • 2009.04
    -
    2010.03

    University of the Sacred Heart   Adjunct Lecturer

  • 2008.04
    -
    2009.03

    Waseda University   Adjunct Lecturer

  • 2006.12
    -
    2009.03

    Waseda University Archives   Contract Staff

  • 2003.04
    -
    2006.03

    The Japan Society for the Promotion of Science   Research Fellow

▼display all

Professional Memberships

  • 2011.04
    -
    Now

    Waseda University Historical Society

  • 2009.10
    -
    Now

    the Japanese Society for the Study of Old Documents (Nihon Komonjo Gakkai),

  • 1998.06
    -
    Now

    the People's History Society (Minsyu-shi Kenkyukai)

 

Research Areas

  • History of thought

  • Japanese history

Research Interests

  • Modern and contemporary history of Japan

Papers

  • Cenotaphs Erected for the Repose of Animals’ Soul in Taiwan after World War II

    Masayuki MANABE

    Collected Articles on China   ( 61 )  2021.01  [Invited]

  • Reconsideration of Constitutional Opinion by Shigenobu OKUMA

    Masayuki Manabe

    Jiyuminken   ( 33 ) 23 - 43  2020.03  [Invited]

  • Meiji Restoration and Recognition of Political Parties: "partiality" and Public Nature of Political Parties in Modern Japanese History

    Masayuki Manabe

    Sun Yat-sen University Academic Annual Report   59   70 - 77  2019.05  [Invited]

  • Cenotaphs Erected for the Repose of Animals’ Soul in Taiwan after World War II

    Masayuki MANABE

    Bulletin of the Graduate Division of Literature of Waseda University   ( 64 ) 327 - 363  2019.03

  • Cenotaphs Erected for the Repose of Animals’ Soul in Taiwan during Japanese Colonial Era

    Masayuki MANABE

    Collected Articles on China   ( 59 )  2018.11  [Invited]

  • Cenotaphs Erected for the Repose of Animals’ Soul in Taiwan during Japanese Colonial Era

    Masayuki MANABE

    Bulletin of the Waseda University Graduate Division of Letters, Arts and Sciences   ( 62 )  2017.03

  • Trends and Issues in Research on Modern Japanese History

    Masayuki Manabe

    Nankai University Japan Studies   ( 2016 ) 185 - 197  2016.12  [Refereed]  [Invited]

  • Sokichi Tsuda and Tokyo Senmongakko, Waseda University

    Masayuki Manabe

    Sokichi Tsuda and the Humanities of Asia   ( 2 ) 55 - 96  2016.03

  • Historical Study about Human-Animal Relationship in Modern Japan

    Masayuki Manabe

    Bulletin of the Waseda University Graduate Division of Letters, Arts and Sciences   60 ( 4 ) 19 - 36  2015.02

  • Articulation between Pre-University and University Education in Tokyo Senmon Gakko

    Masayuki Manabe

    Bulletin of Modern Japanese Studies (Kindai Nihon Kenkyu)   31   73 - 108  2015.02

  • Verification on "apology of Kiyotaka Kuroda" written in "85years History of Marquis Okuma"

    Masayuki Manabe

    Bulletin of the Waseda University Graduate Division of Letters, Arts and Sciences   59 ( 4 ) 21 - 36  2014.02

  • Animals and Humans in Modern and Contemporary Japan

    Masayuki Manabe

    Handbook of the Fifth East Asian Humanities Forum     58 - 71  2013.11

  • Okuma Shigenobu's Civilization Movement and Belief in a 125-year Human Lifespan

    Masayuki Manabe

    Transactions of Waseda University Archives   44   37 - 69  2013.02

  • Taisuke Itagaki and Shigenobu Okuma in Their Old Age

    Masayuki Manabe

    Nihon-Rekishi   ( 776 ) 52 - 67  2013.01

  • The Compilation Process of "85years History of Marquis Okuma" and Its Characteristics

    Masayuki Manabe

    Bulletin of the Waseda University Graduate Division of Letters, Arts and Sciences   57 ( 4 ) 17 - 32  2012.02

  • Basic research on Naidaijin Monjo (Documents kept by Emperor Meiji)

    Masayuki Manabe

    Modern Historical Materials (Kindai Shiryo Kenkyu)   ( 9 ) 1 - 28  2009.10  [Invited]

  • Employment and Early Career of Meiji Era Graduates of Higher Education: Focusing on Early Tokyo Vocational School Graduates

    Masayuki Manabe

    Transactions of Waseda University Archives   40   69 - 116  2009.03

  • Education Policy in the Early Meiji Period and the Educational Philosophy of Shigeki Nishimura

    Masayuki Manabe

    Journal of Japanese History (Nihonshi Kenkyu)   ( 555 ) 1 - 29  2008.11  [Refereed]

  • Tokyo Senmon Gakko Sodo: Waseda's Situation at the Beginning of the School

    Masayuki Manabe

    Kokubungaku : The Study of Interpretation and Teaching Materials   53 ( 2 ) 52 - 61  2008.02  [Invited]

  • A Study on Modern Private Documents Related to Shigenobu Okuma

    Masayuki Manabe

    Transactions of Waseda University Archives   39   53 - 75  2008.02

  • The Formation Process of Shigeki Nishimura 'The Theory of Japanese Morality': Early Formation of National Moral Theory

    Masayuki Manabe

    Journal of Historical Studies (Rekishigaku Kenkyu)   ( 812 ) 18 - 35  2006.03  [Refereed]

  • British Studies after the Coup of 1881 and Specialization of Academic Disciplines

    Masayuki Manabe

    Annual Collection of papers on Japanese History; Modern and Contemporary 3 2003 (Heisei 15)     356 - 378  2006.03

  • The Individuality of History and Modern Enlightenment: Shigeki Nishimura's Historical Perception

    Masayuki Manabe

    Quarterly History of Japanese Thought (Kikan Nihon Shisoshi)   ( 67 ) 51 - 72  2005.12  [Invited]

  • Consciousness and Cohesion among the Former Samurai Class in Meiji Era

    Masayuki Manabe

    Shigaku-Zassi   114 ( 1 ) 69 - 94  2005.01  [Refereed]

  • 近代国家形成期における伝統思想—鳥尾小弥太『王法論』の評価をめぐって—

    日本史学年次別論文集 近現代3 2002年     306 - 312  2005.01

  • Conservative Centrist Party after the Establishment of the Imperial Diet: Press Activities in 'Chusei Nippo'

    Masayuki Manabe

    Journal of Historical Studies (Rekishigaku Kenkyu)   ( 784 ) 1 - 19  2004.01  [Refereed]

  • 東京専門学校における私擬憲法草案の作成—新発見史料『憲法私擬』とその意義—

    日本史学年次別論文集 近現代1 2001年     125 - 141  2004.01

  • British Studies after the Coup of 1881 and Specialization of Academic Disciplines

    Masayuki Manabe

    Transactions of Waseda University Archives   35   71 - 115  2003.10

  • Formation of Criticism against the Government by Koyata Torio - Until the writing of "the Principles of King (Ohoron)"

    Masayuki Manabe

    Nihon-Rekishi   ( 657 ) 64 - 79  2003.02  [Refereed]

  • Ashio Mining Pollution Incident and Tateki Tani

    Masayuki Manabe

    Bunjin-no-Me   ( 4 ) 89 - 94  2002.09

  • Traditional Thought in the Forming of a Modern Nation: The Evaluation of Koyata Torio "Principles of King (Ohoron)”

    Masayuki Manabe

    Bulletin of the Waseda University Graduate Division of Letters, Arts and Sciences   47 ( 4 ) 67 - 79  2002.03

  • Discussion of a Private Draft of the Constitution at Tokyo Senmon Gakko

    Masayuki Manabe

    Transactions of Waseda University Archives   33   5 - 37  2001.07

  • Activities and Thoughts of the Conservative Centrist Party before the Establishment of the Parliament

    Masayuki Manabe

    Shikan   ( 142 ) 21 - 37  2000.03

  • Shigeki Nishimura during the Meiji Enlightenment: Civil Rights and Benevolence

    Masayuki Manabe

    Nihon-Rekishi   ( 617 ) 56 - 73  1999.10  [Refereed]

  • Activities of Mohei Miyaji and "Soshi(壮士)"

    Masayuki Manabe

    Tosa-Shidan   ( 211 ) 7 - 13  1999.08  [Refereed]

  • Local Politics and Central Politics before the Establishment of the Diet: The Political Practice of Ichiro Yamada

    Masayuki Manabe

    Transactions of Waseda University Archives   ( 31 ) 35 - 64  1999.07

  • Overview and Issues of Research on Tateki Tani

    Masayuki Manabe

    Tosa-Shidan   ( 210 ) 1 - 7  1999.03  [Refereed]

  • The Process of the Establishment of Shigeki Nishimura "The Theory of Japanese Morality” and the Changes in Opinion about Which Classes Support the State

    Masayuki Manabe

    Kodo   ( 997 ) 33 - 61  1998.12  [Refereed]

▼display all

Books and Other Publications

  • Lectures on History of the Taisho period

    Kiyotada Tsutsui( Part: Contributor, Lesson 2 'Establishment of the Okuma Cabinet and the Okuma Boom')

    Chikuma Shobo  2021.07 ISBN: 4480074163

    ASIN

  • Cats in Modern and Contemporary Japanese History: Until a Monster Cat Becomes a Family Member

    Masayuki Manabe( Part: Sole author)

    2021.06 ISBN: 4642083987

    ASIN

  • Forefront of Meiji History

    Edited by, Kazuyuki Kobayashi( Part: Contributor, Chapter III The Study of Thought History: Political Thought and People)

    Chikuma Shobo  2020.01 ISBN: 4480016937

  • Exploring Modern Japanese Thought: 15 Qualifications for Research

    Edited by, Toru Nakanome( Part: Contributor, Chapter 4, "School - Tokyo Senmon Gakko and ’Waseda spirit’")

    Yoshikawa Kobunkan Inc.  2018.11 ISBN: 9784642008327

     View Summary

    I wrote the chapter 4, "School - Tokyo Senmon Gakko and "Waseda spirit""

  • Meiji History Lecture – Theme Volume

    Edited by, Kazuyuki Kobayasshi( Part: Contributor, Chapter 10: The Political Change of 1881: Why Shigenobu OKUMA Was Expelled from the Government?)

    Chikuma Shobo  2018.02 ISBN: 9784480071316

  • Shigenobu Okuma - Conflict between the Will of the People and the Rule of Government

    Masayuki Manabe( Part: Sole author)

    Chuokoron-shinsha, Inc  2017.02 ISBN: 9784120049392

  • Emperor and Court in Meiji Era Japan

    Kunio Anzai, Masayuki Manabe, Shuntaro Arafune( Part: Joint editor)

    Azusa Publication  2016.02 ISBN: 9784872621136

  • Studies on Tokyo Senmon Gakko - "Academic Independence" and "Waseda Constitution Draft"

    Masayuki Manabe( Part: Sole author)

    Waseda University Press  2010.01 ISBN: 9784657101013

  • Study on Nishimura Shigeki - Meiji Enlightenment Thought and National Moral Theory

    Masayuki Manabe( Part: Sole author)

    Shimbunkaku Shuppan  2009.12 ISBN: 9784784214914

  • Political Parties and Society in Modern Japan

    Kunio Anzai, Masayuki Manabe, Shuntaro Arafune( Part: Joint editor)

    Nihon Keizai Hyoronsha  2009.11 ISBN: 9784818820692

  • Shoot the Blue Sky: Eichi SHIBUSAWA and His Era

    Japan Broadcasting Publishers Association( Part: Contributor, Shigenobu OKUMA, Kaoru INOUE and Eiichi SHIBUSAWA)

    NHK Publishing  2020.12 ISBN: 4149110360

    ASIN

  • Japan's Imperial Household

    Sokichi Tsuda( Part: Other, Commentary 'The beginning of the Emperor System as a symbol of the unity of the people after the war and Sokichi TSUDA')

    Chuo Koron Shinsha  2019.01 ISBN: 9784121601827

  • Shigenobu Okuma Documents 7

    Edited by, Waseda University Archives( Part: Other, I deciphered and edited about 150 of the 600 letters in this book.)

    Misuzu Shobo  2011.02 ISBN: 9784622082071

  • Shigenobu Okuma Documents 6

    Edited by, Waseda University Archives( Part: Other)

    Misuzu Shobo  2010.01 ISBN: 9784622082064

     View Summary

    I deciphered and edited about 150 of the 600 letters in this book.

  • Shigenobu Okuma Documents 5

    Edited by, Waseda University Archives( Part: Other)

    Misuzu Shobo  2009.03 ISBN: 9784622082057

     View Summary

    I deciphered and edited about 150 of the 600 letters in this book.

  • Everything about Tadamasa Oguri

    Edited by, Taiken Murakami( Part: Contributor)

    Shin-Jinbutsuoraisha  2008.04 ISBN: 9784404035332

  • Shigenobu Okuma Documents 4

    Edited by, Waseda University Archives( Part: Other)

    Misuzu Shobo  2008.01 ISBN: 9784622082040

     View Summary

    I deciphered and edited about 150 of the 600 letters in this book.

  • Dictionary of Information on Historical Materials of Modern and Contemporary Japanese Individuals 2

    Edited by, Takashi Ito, Yoshiya Suetake( Part: Contributor)

    Yoshikawa Kobunkan  2005.12

     View Summary

    I wrote "Tetsujirō Inoue" "Koyata Torio" "Hiroharu Fukaya" and "Gakkai Yoda"

  • Collection of Papers on Nishimura Shigeki

    Edited by, Nihon Kodo-kai( Part: Contributor)

    Nihon Kodo-kai  2004.12

     View Summary

    I wrote the papers "Conservative and Progressive Thought in Shigeki Nishimura" "The formation of Shigeki Nishimura 'The Theory of Japanese Morality' and the change in his view of those who support the state" and "War, state and morality in Shigeki Nishimura".

  • Comprehensive Research on Sanae Takata

    Edited by, Waseda University Archives( Part: Contributor)

    Waseda University Archives  2002.10 ISBN: 9784990136505

     View Summary

    I wrote a paper, "Model People in Sanae Takata" and edited "Timeline of Sanae Takata" "Bibliography of Sanae Takata" and "List of Related Documents of Sanae Takata".

  • Saga City Okuma Memorial Museum Collection Survey Report

    Edited by, Waseda University Archives( Part: Contributor)

    Waseda University Archives  2002.03

  • Definitive Chronology of the 20th Century

    Edited by, Fuhito Kanda, Hideo Kobayashi( Part: Contributor)

    Shogakukan  2001.04 ISBN: 9784096260746

▼display all

Misc

  • History of Japanese cat magazines

    Masayuki Manabe

    NEKOBIYORI   ( 123 )  2022.04  [Invited]

  • Can humans know what is happy for cats? -Think about human-cat relationships in Europe.

    Masayuki Manabe

    Genron β   ( 68 )  2021.12  [Invited]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • Shigenobu OKUMA and Waseda University - The Political Turmoil of 1881 and OKUMA as the President.

    Masayuki Manabe

    Record of lectures given by the Sho-yu Club, Japan Modern History Study Group    2021.12  [Invited]

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author

    Lecture material (seminar, tutorial, course, lecture, etc.)  

  • Shibusawa Eiichi and Okuma Shigenobu

    Masayuki Manabe

    The Yomiuri Shimbun Waseda Online    2021.07  [Invited]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • The Difficulties of Cat History

    Masayuki Manabe

    Hongo   ( 154 )  2021.07  [Invited]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • Waseda and Cats

    Masayuki Manabe

    Free paper for "Cats in Modern and Contemporary Japanese History: Until a Monster Cat Becomes a Family Member" purchasers    2021.05  [Invited]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • Introduction "History of the Thought of the bureaucracy" edited and written by Toru NAKANOME

    Masayuki Manabe

    Historical Journal (REKISHI HYORON)   ( 853 ) 104 - 105  2021.05  [Invited]

    Book review, literature introduction, etc.  

  • 歴史からみた早稲田大学―早稲田精神とは何か―

    真辺将之

    早稲田大学募金広報誌 NEWS LETTER   2019   10 - 11  2019.09  [Invited]

  • もう一つの「天長山の悲劇」

    真辺将之

    日本歴史   ( 851 ) 21 - 24  2019.04  [Invited]

  • 大隈重信と政治家育成機関としての早稲田大学

    真辺将之

    松村謙三先生を伝えようフォーラム2018報告書     1 - 14  2019.03  [Invited]

  • 編集後記

    真辺将之

    史観   ( 179 ) 142 - 142  2018.09

  • Retrospect and Prospect of Historical Research in 2017; General Review of Modern and Contemporary Japan

    Masayuki Manabe

    Shigaku-Zassi   127 ( 5 ) 151 - 154  2018.05  [Invited]

  • Staying Unchanged Means Virtually Death; the Life and Character of Shigenobu Okuma

    Masayuki Manabe

    Transactions of Waseda University Archives   49   41 - 70  2018.03  [Invited]

  • 巷に溢れる「猫の歴史」に異議あり!

    真辺将之

    WASEDA ONLINE    2017.10  [Invited]

  • Calamity of Cats in Modern and Contemporary Japanese History

    Masayuki Manabe

    Bungei Radio   ( 3 ) 106 - 115  2017.06  [Invited]

  • Effective Use of Okuma Documents(Okuma Shigenobu Kankei Monjo): from the Standpoint of Users

    Masayuki Manabe

    Transactions of Waseda University Archives   48   109 - 126  2017.02  [Invited]

  • 書評 久保正明著『明治国家形成と華族』

    真辺将之

    日本史研究   ( 651 ) 49 - 56  2016.11  [Invited]

  • 編集後記

    真辺将之

    史観   ( 175 ) 158 - 158  2016.09

  • 津田左右吉と早稲田大学 : 記憶と記録 (二〇一五年度大会パネルセッション)

    真辺将之

    日本思想史学   ( 48 ) 33 - 37  2016.09  [Invited]

  • Past and Future of Compilation Project in Waseda University -for "150 years’ History of Waseda University”

    Masayuki Manabe

    Transactions of Waseda University Archives   47   225 - 266  2016.02

  • 私のおすすめ(新年特集「新書を語る 新書で学ぶ」)

    真辺将之

    日本歴史   ( 812 )  2016.01  [Invited]

  • 編集後記

    真辺将之

    史観   ( 173 )  2015.09

  • 東京専門学校時代の学生

    真辺将之

    早稲田ウィークリー   ( 1364 ) 6 - 6  2015.05  [Invited]

  • Tradition and Modernization; Historical Position of Shigeki Nishimura

    Masayuki Manabe

    Kodo   1089   21 - 25  2014.04

  • Students and Lecturers of Tokyo Senmon Gakko

    Masayuki Manabe

    Transactions of Waseda University Archives   45   107 - 147  2014.03

  • 珍田捨己 東北が生んだ超一流の外交官

    真辺将之

    歴史読本   58 ( 10 ) 192 - 195  2013.10

  • 編集後記

    真辺将之

    史観   ( 169 )  2013.09

  • 明治天皇をめぐる群像

    歴史読本   57 ( 12 ) 186 - 197  2012.12

  • 論評(越後純子「『婦女鑑』編纂における西村茂樹の関わり」)

    日本教育史研究   ( 31 ) 77 - 80  2012.08

  • 本と本棚 『石橋湛山論:言論と行動』

    早稲田学報   1194   54 - 54  2012.07

  • Sanae Takada Exhibition Commemorating 150 Years of the Birth of the Four Great Men of Waseda

    Masayuki Manabe

    Transactions of Waseda University Archives   43   167 - 190  2012.03

    Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

  • A Mixture of Animal Welfare and Animal Use - The Changing Relationship between Humans and Animals

    Masayuki Manabe

    WASEDA ONLINE Opinion    2012.02  [Invited]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 大隈重信と福澤諭吉のあいだ 思想史と政治史の架橋

    福澤諭吉年鑑   38   121 - 123  2011.12

  • 『紺碧の空』と『早稲田の栄光』

    早稲田ウィークリー   ( 1252 ) 6 - 6  2011.07

  • 木陰に佇む高田早苗元総長の銅像

    早稲田ウィークリー   ( 1245 ) 6 - 6  2011.06

  • The Unknown, Multifaceted and Pioneering Activities of the First President of Waseda University, Sanae Takata

    Masayuki Manabe

    WASEDA ONLINE Culture    2010.10  [Invited]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 「政治の時代」の学生たち—細野繁荘世代の東京専門学校—

    民権ブックス23 細野喜代四郎と繁荘     36 - 67  2010.03

  • 国立国会図書館近代デジタルライブラリーおよび新聞・雑誌に関するデータベース(新年特集 日本史研究とデータベース)

    日本歴史   ( 740 ) 144 - 146  2010.01

  • 早稲田大学大学史資料センターとその所蔵資料

    古文書研究   ( 68 ) 116 - 124  2010.01

  • 早稲田で歴史を学ぶこと

    史観   ( 161 ) 125 - 127  2009.09

  • 福沢諭吉展を見て

    福澤手帖   ( 141 ) 1 - 4  2009.06

  • 書評と紹介 池田文書研究会編『東京大学医学部綜理池田謙斎 池田文書の研究』

    古文書研究   ( 66 ) 130 - 131  2008.09

  • 書評と紹介 伊藤之雄著『明治天皇』(ミネルヴァ日本評伝選)

    日本歴史   ( 721 ) 122 - 124  2008.06

  • The Vision and Activities of Early Adopted Students of Tokyo Senmon Gakko

    Masayuki Manabe

    Waseda University Project Research   ( 2 ) 50 - 76  2008.03  [Invited]

  • 偉人の母 大隈重信 わが子の判断力を干渉せずに養った母

    人間会議   ( 17 ) 190 - 195  2007.12

  • 書評と紹介 沼田哲著『元田永孚と明治国家--明治保守主義と儒教的理想主義』

    日本歴史   ( 669 ) 119 - 121  2006.08

  • 書評と紹介 林家礼二・石井紫郎・青山善充編『明治前期の法と裁判』

    古文書研究   ( 62 ) 102 - 104  2006.02

  • 座談会 西村茂樹研究の展望と課題

    多田健次, 真辺将之, 王暁葵, 筑後則, 長野美香

    弘道   ( 1038 ) 6 - 26  2005.10

  • Retrospect and Prospect of Historical Research in 2003; Modern and Contemporary Japan Thought and Culture I

    Masayuki Manabe

    Shigaku-Zassi   113 ( 5 ) 184 - 188  2004.05

  • 中野達彦氏インタビュー (中野正剛没後60周年記念 思い出の中の中野正剛)

    中野達彦, 松本康正, 真辺将之, 望月雅士

    早稲田大学史記要   35   193 - 211  2003.10

  • 史料紹介 広井一『東京専門学校騒動』

    早稲田大学史記要   ( 35 ) 245 - 249  2003.10

  • Book Review: "The Fighting Liberalist Eijiro Kawai” Written by Shinichiro Matsui

    Masayuki Manabe

    Historia   ( 179 ) 61 - 67  2002.04  [Refereed]

  • Reading Questionnaire: My Three Tecommendations on Japanese History

    Masayuki Manabe

    Nihon-Rekishi   ( 644 ) 66 - 137  2002.01  [Invited]

  • Abstract: Conservative Centrist Party's Press Activities after the Opening of the Diet

    Masayuki Manabe

    Shikan   ( 144 ) 122 - 123  2001.03

  • Master's Thesis Abstract: Historical Study on Shigeki Nishimura's Thought: Formation of the Theory of Morality and Its Logic

    Masayuki Manabe

    Bulletin of the Waseda University Graduate Division of Letters, Arts and Sciences   44 ( 4 ) 129 - 131  1999.02

▼display all

Other

  • The Member of Waseda University 150 Year History Compilation Expert Committee

    2011.12
    -
    Now
  • The Member of Waseda University 150 Year History Compilation Committee

    2012.09
    -
    2021.03
  • Head of the Japanese History Course, Graduate School of Letters, Arts and Sciences, Waseda University

    2012.09
    -
    2018.09
  • Head of Japanese History Course, School of Humanities and Social Sciences, Waseda University

    2012.09
    -
    2018.09
  • Investigator of Historical Materials related to Compilation of Biographies of Emperor Showa, Division of Archives and Mausolea, Imperial Household Agency

    2001.04
    -
    2008.03
  • Investigator of Historical Materials in the Collection of Saga City Okuma Memorial Museum

    2001.04
    -
    2002.03

▼display all

Awards

  • Nishimura Shigeki Research Paper Award

    2000.05   Nihon Kodo-kai   Top Prize

  • Nishimura Shigeki Research Paper Award

    1999.05   Nihon Kodo-kai   Top Prize

Research Projects

  • 市島春城およびその関連史料の総合的研究

    Project Year :

    2019.04
    -
    2024.03
     

     View Summary

    明治期に活躍した文筆家・政治家である市島春城が遺した膨大な数にわたる史料の目録を整備し、彼が残した資料のうち、特に重要と思われる雑記類の翻刻と記事インデックスの作成を行いながら、その史料の内容検討を行い、市島や大隈重信がかかわった諸団体の活動とその近代日本の政治史・文化史上における意義を探る。特に、政治活動と文化的活動とがどのように結びついていたのかの検討を通じて、この両者の結びつきの結節点となった市島、さらには市島が支えた大隈重信や大隈系政党の活動を、文化と政治との複合的視野のなかで位置付けることとしたい。本年度は、市島春城が遺した膨大な史料について、早稲田大学図書館所蔵の資料を中心に、目録作成を行った。そのための研究補助者を2名雇用し、早稲田大学図書館の古典籍総合データベースや、WINEシステム、早稲田大学図書館和漢図書分類目録、さらには早稲田大学中央図書館特別資料室備付のカード目録なども含め、市島旧蔵の史料を網羅的にエクセルに入力する作業を行い、現在チェックできたものについてはほぼその入力を完了することができた。来年度以降、このデータを再確認するとともに、漏れが無いかどうかをチェックする作業を行いたい。また目録は逐次入力するのみで、分類がしっかりとできていないため、今後一度入力したデータを何らかの形で分類整理し、全体構造を把握しやすい形に修正することが課題として残されている。また学内の史料の入力で手いっぱいとなり、学外の文書までは手がまわらなかったため、国内出張での調査も含めて、来年度以降の課題としたいと考えている。以上の目録入力作業を行う一方で、市島が関与した諸活動についての考察を深めるために、関連する諸種の図書資料を購入して検討する作業を行った。こちらの作業についても来年度以降も継続して行っていきたい。なお、本年度はデータ作成のためのパソコンを購入する予定であったが、その前に史料撮影用のデジタルカメラが破損してしまったために急遽デジタルカメラを購入した。そのため、パソコンの購入は来年度に廻さざるをえなかった。学内の史料について、確認できたもののほぼすべてを入力できたことは順調であったと評価できる。ただし、学外の史料の調査ができていない点は、当初の見込みよりも遅れていると言わざるを得ない。これは学内の史料の数が当初予想していたよりもはるかに多かったことに基づくものであり、やむを得ないものと考える。来年度以降に、残されたものについては進めて行くこととしたい。来年度以降、市島自筆史料のうち、雑記帳の内容について内容を検討し、そのインデックスを作成したいと考えている。また本年度やり残した学外史料の調査および目録かも進めて行きたい

  • OKUMA Shigenobu's Civilization Movement

    Project Year :

    2014.04
    -
    2019.03
     

     View Summary

    For five years until last year, I performed a study on cultural activity of Shigenobu Okuma.A representative research result is a book entitled "Okuma Shigenobu" published by Chuo Koron Shinsha.In addition to that, many papers, research presentations, lectures, etc. were left as an outcome.In particular, I clarified how his cultural activities and his political activities are related.Furthermore, I was able to clarify the change of his thought of civilization, especially about peace

  • Shigenobu Okuma and Political Party

    Project Year :

    2011.04
    -
    2014.03
     

     View Summary

    In this study, I tried to clarify the relationship of Shigenobu Okuma and the political party that he has been a leader. I was conducting research by paying attention to his opinion about the relationship between the public opinion and governance. I published six relevant articles, and I made five presentation at academic conferences. In addition, as a summary of research, I am planning to publish a book

  • 明治国家形成期における反欧化主義

     View Summary

    本年は、昨年までに集めた資料等を読みこなしつつ、その成果を論文としてまとめることに力を注いだ。具体的に活字化されたものは、昨年より論文化の準備を進めてきた西村茂樹に関する論文二編である。まず論文「近代啓蒙主義的歴史観と歴史的個体性-西村茂樹の歴史認識-」では、西村茂樹の幕末期の歴史認識を検討し、西村が洋学との出会いによって啓蒙主義的な視座を獲得しつつも、しかし以前より持していた歴史的な個体性を重視する視座をも失うことなく、普遍を個別の位相のもとに見る歴史認識を形成することになったと論じ、そのような歴史認識が以後の西村の発想の基底に位置しつづけることになったことを明らかにした。また「西村茂樹『日本道徳論』の形成過程-国民道徳論の前期的形成-」では、西村茂樹の主著『日本道徳論』の形成過程を、草稿類を丹念に検討することによって明らかにし、儒教に基づく修身教育の主張が、時期を経るにしたがいって、国民としての団結を重視する「国民道徳」へと再編されていくこと、その意味で西村の『日本道徳論』は、後年のいわゆる「国民道徳論」の前期的形成を告げる作品であることを明らかにした。また、本年は、神戸に出張して日本弘道会の支部関係資料を調査し、また京都府立総合資料館に出張し、本多辰次郎関係文書を調査し、そこに含まれる反欧化主義関係の資料調査ならびにかねてから調査をすすめていた深谷博治文書との比較検討を行った。以上の他、谷干城・鳥尾小弥太・三浦梧楼といった人物に関しても、論文化の構想をまとめることができた。特にその際、それぞれの人物の思想と行動を総合的に比較・検討して体系化し、その思想的・政治的・社会的背景をさぐることに留意した。これらについては、今後成果として発表するために、論文化していく作業に取り掛かりたいと考えている

  • Thoughts on Political Parties in Meiji Japan -Westernization and Anti-Westernization

     View Summary

    In 2009 I researched about political thoughts before the establishment of Imperial diet, and in 2010 after the establishment. I also collected a number of historical materials in this two years. Regarding the former I analyzed how Japanese people repulsed or modified political theories of Europe and USA. Regarding the later I analyzed the relation between political thoughts and real Politics. As a result, I could learn a lot of useful information about thoughts on Political Parties in Meiji Japan as a foundation of future research

Presentations

  • The "Okuma Boom" in the Taisho Era: The Beginning of a New Era

    Masayuki Manabe  [Invited]

    Saga City Okuma Festival 

    Presentation date: 2022.05

  • Shigenobu OKUMA and Waseda University - The Political Turmoil of 1881 and OKUMA as the President.

    Masayuki Manabe  [Invited]

    Record of lectures given by the Sho-yu Club, Japan Modern History Study Group 

    Presentation date: 2021.12

    Event date:
    2021.12
     
     
  • Waseda University 150 History Compilation Project

    Masayuki Manabe  [Invited]

    Symposium Commemorating the Establishment of the Aoyama Gakuin School History Research Institute "Possibilities for the Study of School History and University History" 

    Presentation date: 2021.11

  • History of Animal-Human Relationship in Modern and Contemporary Japan

    Masayuki Manabe  [Invited]

    KU Leuven Konishi/Satsuma Lecture 

    Presentation date: 2021.10

  • Masayuki Manabe × Yoko Ueda "When did the Japanese start liking cats? ― ― Events Related to “Cat Walked Modern and Modern ” (Yoshikawa Kobunkan)"

    Masayuki Manabe, Yoko Ueda  [Invited]

    Masayuki Mabe × Yoko Ueda "When did the Japanese start liking cats? ― ― Events Related to “Cat Walked Modern and Modern ” (Yoshikawa Kobunkan)"  Genron

    Presentation date: 2021.09

  • Recent Trends in the Study of the History of Meiji Thought

    Masayuki Manabe  [Invited]

    Guest speaker for "Modern and Contemporary History" of the Faculty of Liberal Arts, University of Tokyo 

    Presentation date: 2020.05

  • East Asian Animal Cenotaph: A Mixture Between Historical Perception and Animal Perception

    Masayuki Manabe  [Invited]

    International Forum of the Japanese Language Institute of Zhongnan University of Economics and Law  (China)  Zhongnan University of Economics and Law

    Presentation date: 2019.05

  • Japanese Culture and East Asia as Seen from the Monuments to Console the Spirits of Dead Animals

    Masayuki Manabe  [Invited]

    Academic Salon for Asian civilizations  (Shanghai, China)  Shanghai International Studies Universitiy

    Presentation date: 2019.05

  • Lecture on the History of Japanese Political Parties

    Masayuki Manabe  [Invited]

    Special lecture at Peking University 

    Event date:
    2019.03
     
     
  • 明治思想史研究―人物研究の現状と課題

    真辺将之  [Invited]

    青山学院大学史学科・史学会50周年記念シンポジウム「国際環境下の明治―「明治150年」の研究成果から考える“明治史”」  青山学院大学文学部史学科

    Presentation date: 2018.12

  • About Learning History

    Masayuki Manabe  [Invited]

    Lecture at Unebi High School, Nara Prefecture 

    Presentation date: 2018.11

  • 総括コメント

    真辺将之  [Invited]

    近代東アジアにおける知識移転と政治変容  (広州市・中山大学学人館)  中山大学

    Presentation date: 2018.11

  • 明治維新と政党認識―政党の「部分性」と公共性・ナショナリズムの相克―

    真辺将之  [Invited]

    近代東アジアにおける知識移転と政治変容  (広州市・中山大学学人館)  中山大学

    Presentation date: 2018.11

  • 大隈重信と政治家育成機関としての早稲田大学―松村謙三との関わりを中心に―

    真辺将之  [Invited]

    松村謙三先生を伝えようフォーラム2018  南砺市

    Presentation date: 2018.11

  • 東アジアの動物慰霊碑―日本動物慰霊文化の影響・反発・変化―

    真辺将之  [Invited]

    アジア・アフリカ研究の視野における日本学国際シンポジウム  (上海市・上海外国語大学虹口校区)  上海外国語大学

    Presentation date: 2018.11

  • 大隈重信―民意と統治の相克―

    真辺将之  [Invited]

    早稲田大学春秋会  早稲田大学春秋会

    Presentation date: 2018.10

  • コメント(ロバート・ヘリヤー報告「中国から学び、西洋に売り込む―文明開化における中国のノウハウ」に対して)

    真辺将之  [Invited]

    明治维新与近代世界国际学术研讨会  (天津市・南開大学)  南開大学

    Presentation date: 2018.07

  • 反欧化主義者の政党認識―東アジア的文脈における議会と政党

    真辺将之

    明治维新与近代世界国际学术研讨会  (天津市・南開大学)  南開大学

    Presentation date: 2018.07

  • Coup of 1881

    Masayuki Manabe  [Invited]

    Guest speaker for "Modern and Contemporary History" of the Faculty of Liberal Arts, University of Tokyo 

    Presentation date: 2018.05

  • About Learning History

    Masayuki Manabe  [Invited]

    Lecture at Unebi High School, Nara Prefecture 

    Presentation date: 2017.11

  • 明治一四年の政変再考―憲法意見書および開拓使官有物払下事件をめぐる大隈重信の政治戦略

    真辺将之

    第二回東アジア日本研究者協議会国際学術大会  (中国・天津市・賽象飯店) 

    Presentation date: 2017.10

  • 停滞は死滅である―大隈重信の生涯と人間像―

    真辺将之  [Invited]

    平成28年度大隈祭(大隈記念館50周年記念) 

    Presentation date: 2017.05

  • About Learning History

    Masayuki Manabe  [Invited]

    Lecture at Unebi High School, Nara Prefecture 

    Presentation date: 2016.11

  • 日本近代史研究の動向といくつかの問題

    真辺将之  [Invited]

    南開大学日本研究院南開日本研究講座  南開大学日本研究院

    Presentation date: 2016.07

  • 昭和戦前・戦中期の早稲田大学―「模範国民」理念の溢出と「学問の独立」の消滅―

    真辺将之  [Invited]

    大学経営セミナー  早稲田大学人事部

    Presentation date: 2016.06

  • About Learning History

    Masayuki Manabe  [Invited]

    Lecture at Unebi High School, Nara Prefecture 

    Presentation date: 2015.11

  • 津田左右吉と早稲田大学―記憶と記録―

    真辺将之  [Invited]

    日本思想史学会大会特別パネルセッション「津田左右吉と早稲田大学―記憶と記録―」  日本思想史学会

    Presentation date: 2015.10

  • 『大隈重信関係文書』の活用のために―利用者の立場から

    真辺将之  [Invited]

    早稲田大学大学史資料センター主催シンポジウム「大隈に手紙を寄せた人びと-大隈重信へのまなざし-」  早稲田大学大学史資料センター

    Presentation date: 2015.10

  • Animals and Humans in Modern and Contemporary Japan: Modern and Contemporary History from the Viewpoint of Whales, Horses, and Dogs

    Masayuki Manabe  [Invited]

    Waseda University Open Campus 

    Presentation date: 2015.08

  • History and Future of Waseda University's School History Compilation Program: Toward "150 Years of History of Waseda University"

    Masayuki Manabe

    2015 General Meeting of the East Japan Subcommittee of the All Japan University Historical Materials Council 

    Presentation date: 2015.06

  • 大正期の早稲田大学—早稲田騒動とその背景—

    大学経営セミナー 

    Presentation date: 2014.12

  • About Learning History

    Masayuki Manabe  [Invited]

    Lecture at Unebi High School, Nara Prefecture 

    Presentation date: 2014.11

  • 東京専門学校から早稲田大学へ—「学問の独立」のゆくえ—

    大学経営セミナー 

    Presentation date: 2014.07

  • 東京専門学校における接続問題

    慶應義塾福澤研究センター主催シンポジウム「明治前期における中等教育の展開」 

    Presentation date: 2013.11

  • 日本近代史のなかの早稲田大学—その理念・学風と歴史的位置—

    大学経営セミナー 

    Presentation date: 2013.11

  • Historical Study about Human-Animal Relationship in Modern and Contemporaly Japan

    The Fifth International Forum on the Humanities in East Asia 

    Presentation date: 2013.11

  • 東京専門学校の講師と学生たち

    2012年度早稲田大学大学史資料センター秋季企画展・早稲田大学創立130周年記念連携講演会 「建学の礎を見つめ直す-大隈重信・小野梓と東京専門学校-」 

    Presentation date: 2012.11

  • 大隈重信と板垣退助—老年期の比較から—

    2012年度早稲田大学史学会大会記念講演会 

    Presentation date: 2012.10

  • 世界に向き合う独立的青年—大隈重信のリーダー教育論

    Trans-Pacific Leadership記念シンポジウム「近代日本社会のリーダー−渋沢栄一・福沢諭吉・大隈重信」 

    Presentation date: 2012.05

  • 大隈重信の政党内閣論と天皇・皇室

    「宮中と政治」研究会 

    Presentation date: 2011.09

  • 早稲田大学大学史資料センターとその所蔵史料

    早稲田大学文学部日本史コースガイダンス講演 

    Presentation date: 2010.03

  • 大隈重信・小野梓の「二つの夢」—新紹介史料をもとにして

    早稲田大学理事会大隈重信・小野梓展墓記念講話 

    Presentation date: 2010.01

  • 『政治の時代』の学生たち—細野繁荘世代の東京専門学校—

    町田市立自由民権資料館2009年企画展記念講演 

    Presentation date: 2009.11

  • 早稲田で歴史を学ぶこと

    早稲田大学史学会連続講演会 

    Presentation date: 2009.05

  • 「大隈重信の文明運動と人生125歳説

    佐賀市大隈祭 

    Presentation date: 2009.05

  • Sutematsu OYAMA: From a Loser of the Meiji Restoration to a Lady of the Rokumeikan Pavilion

    Masayuki Manabe  [Invited]

    Waseda University Extension Center Hatchobori Course "Dig Deep! The Hidden Figures of Japan's Meiji Restoration" 

    Presentation date: 2008.06

  • 東京専門学校入学生の志と活動

    早稲田大学総合研究機構第3回研究成果報告会・早稲田大学創立125周年記念シンポジウム「自由・進取の精神と反骨の系譜—早稲田大学における伝統の創造—」 

    Presentation date: 2007.11

  • The University of Tokyo and Employed Foreigners: Meirokusha and Employed Foreigners

    Masayuki Manabe  [Invited]

    The 3rd Bunkyo-ku Citizens University 

    Event date:
    2003.02
    -
    2003.03
  • 東京専門学校筆頭講師・高田早苗

    早稲田大学オール早稲田文化週間ミニ講義 

    Presentation date: 2002.05

  • 近代日本の先駆者・高田早苗

    早稲田大学春秋会 

    Presentation date: 2001.11

  • 西村茂樹における道徳論の形成と民衆観の転回

    千葉歴史学会近現代史部会 

    Presentation date: 2001.10

  • 議会開設後における保守党中正派の言論活動

    早稲田大学史学会大会 

    Presentation date: 2000.10

  • 高田早苗研究の現状と課題

    早稲田大学大学史資料センター高田早苗研究部会 

    Presentation date: 1999.12

  • 西村茂樹と明治の保守派

    理想主義学会例会 

    Presentation date: 1999.05

▼display all

Specific Research

  • 日欧近代化の比較研究

    2021  

     View Summary

    2021年、サバティカル制度により、ベルギーに1年間滞在した。この間、ヨーロッパ各国の近代史に関する文献や資料を検討し、それとの比較によって、日本近代史の特質を考えることを目的に研究活動を行った。具体的には、これまで私が研究を進めてきた近代日本の(1)政党史、(2)高等教育史、(3)倫理・哲学思想史、(4)動物と人間の関係史の4つのトピックにおいて、ヨーロッパ各国の研究状況を把握するとともに、それらをふまえ、日本の近代史の世界史的な位置づけを探る作業を行った。

  • 近代日本の学知と東西文明―中国との比較から

    2020  

     View Summary

    日本と中国との学知の交流状況や、双方の状況の特異性を明らかにすべく、近代中国人の日本および欧米見聞録の検討を行った。ただし、その所収されている文献数は非常に多く、1年間では到底分析しきれない量であるため、本年度は特に、早稲田大学をはじめとする教育機関に関する部分をピックアップして検討する作業を行った。この成果は、現在申請者が執筆を担当している『早稲田大学150年史』に成果として生かされるだろうと考えられる。また、仏教や儒教等の伝統的な思想の持ち主がどのように近代化に向き合ったかの検討を行った。

  • 東アジアの動物慰霊碑

    2019  

     View Summary

    日本国内に存在する、動物慰霊碑や動物に関する碑文を調査するとともに、関連する文献を数多く収集しえたことが大きな収穫である。また中国への出張を複数回行い、碑文の調査と文献の収集を行って東アジアの動物慰霊に関する研究をすすめることができた。研究発表としては、上海外国語大学と中南財経政法大学で、東アジアの動物慰霊碑にかかわる研究報告を行い、世界各国からの参加者から貴重な意見を得ることができた。世界各国に類似しつつ微妙に異なる動物民俗についての風習が存在することを知り得たのは大きな収穫であった。

  • 戦前期早稲田大学史の研究

    2018  

     View Summary

    東京専門学校から早稲田大学へと至る戦前期早稲田大学誕生の過程の検討を行った。当初日本語による速成教育を売りとしていた東京専門学校が、大学化をめざすなかで英語教育を必要とし、かつ他の高等教育機関が次々と日本語教育を行っていくようになっていくなかで、「学問の独立」のスローガンのうち、政治権力からの独立という要素のみがクローズアップされるようになっていき、日本語速成教育という要素は早期に失われていくこと、そのなかで多様な経路と独自の学風を育成することで、他校との差別化を図ていく過程を検討した。その成果は別記の通り発表したほか、大学で現在編纂を進めている『早稲田大学百五十年史』としても今後発表される予定である。

  • 東アジア動物慰霊碑の研究-日本との関係を中心に-

    2017  

     View Summary

    中国・黒竜江省東寧市に調査に赴いた。東寧市内に散在していた碑文が、東寧要塞博物館に集められたとの情報を事前に得ていたが、多くはレプリカであり、元の場所に残っているもの、および所在不明になってしまったものが多数あることが判明した。そこで、東寧市内を調査し、民主村にて「馬頭観世音菩薩」碑と、忠魂碑の所在を確認した。その後、この「馬頭観世音菩薩」碑と、忠魂碑の設立当初の状況を示す満洲駐箚日本軍に所属していた獣医の旧蔵資料を入手できた。このほか、河南省封丘県の「愛馬之碑」に関係する資料の調査も行った。また台湾所在の動物慰霊碑についても、特に戦後のものを調査し、これは近い将来論文化する予定である。

  • 市島春城旧蔵文書の目録整備

    2016  

     View Summary

    本年度は、早稲田大学図書館古典籍総合データベースならびに、早稲田大学図書館備え付けのカード目録、および、『早稲田大学図書館所蔵和漢図書目録』を使用して、昨年度までに入力してきた部分の確認を行うとともに、脱漏している部分の入力作業を行った。図書館所蔵のものについてはおおむね確認を終えることができた。今後、さらにチェックを進め、一刻も早く目録を発表できるよう尽力するとともに、雑記録については、翻刻・出版を視野に入れて、内容検討・研究活動を進めていきたい。

  • 市島春城文書の基礎的研究

    2014  

     View Summary

     本研究では早稲田大学図書館特別資料室に所蔵されている市島春城の旧蔵文書について、その全体像を把握しようとした。具体的には、研究補助者を雇用して、文書類の目録作成のための粗入力を行ってもらい、それを研究代表者がチェックした。また、市島の随筆刊本の内容を検討して関連する記述を拾う作業も行った。目録作成については、資料の量が予想以上に膨大であり、ヒットしたものを粗入力するだけで手一杯となってしまったが、同文書には従来まとまった目録が作成されておらず、また古典籍総合データベースも階層検索ができないため、同文書の全体構造を把握できない状況となっていたことを考えられば、同文書研究の大きな一歩を踏み出すことができたと考える。

  • 深谷博治旧蔵文書「原史料の部」の研究

    2013  

     View Summary

    本年度は深谷博治旧蔵文書のうち、原史料にあたる約100点の整理・目録化と翻刻、内容の検討を行なった。仮目録の番号でいうと、390から486にあたる史料である。整理の結果、原史料は大きくわけて二つに分かれていることがわかった。ひとつは、寺島宗則宛の書簡を中心とする明治期の政治家の書翰群である。これらについては内容細目を再録した目録を作成するとともに、書翰全文の翻刻作業を行なった。なかには未紹介の書翰も多く、今後これらについては何らかの形で発表したいと考えている。またもうひとつは、明治初年の度会府・度会県の民政関係のものであり、浦田長民が関与していたと思われるものが多いことから、これらは「浦田長民関係文書」と名付けるのがふさわしいとの結論に至った。特に民政関係のものが多く、内容的には、管内の住民からの陳情や、それに対する対応などを審議した形跡を窺えるものが多く、明治初年の地方民政において、民意・民情が非常に重視されていたことを窺える史料が多く、明治初年の地方行政を考える上で非常に貴重な史料であると判明した。また深谷博治という人物の史学史的検討という点からすると、これらの史料を深谷がどのような経緯で入手したのか、またこれらがどのように深谷の著作物に使用されているのかを検討していく必要があるが、時間が足りず、これらについては今後の課題となった。また原史料以外の深谷旧蔵文書についても、前年度までに目録化が完了していなかったものや、細目の入力が粗かったものについて、より詳細な記述を心がけて目録の整備を行なった。この作業においては、大庭裕介氏、渡邊桂子氏の助力を得た。ただし、予算の都合もあり、いまだ完了にはいったっていない。以上の作業結果を踏まえ、今後は、内容ごとに目録番号と資料群の構造を再構成させ、目録を最終的に完成させることが課題となる。その上で、目録のWEB公開と、史料の図書館への移管を実現させたいと考えている。

  • 渡辺幾治郎・深谷博治旧蔵文書の近代史料学的研究

    2012  

     View Summary

    研究補助者3名を雇用して、史料の整理・目録化の作業を行うとともに、本史料群と関係の深い宮内庁書陵部の所蔵史料の調査を行った。整理・目録化の作業にあたっては研究補助者に、史料の袋詰めと目録の粗入力を依頼、それを真辺がチェック・修正・記述追加するという形で作業を進めた。目録化にあたっては、簿冊表題だけではなく、内容に含まれる史料の細目まで採録し、書翰についてはおよその内容についても略記するようにした。その結果、本資料群のうち、和綴じの冊子体写本史料について、おおむね粗入力の作業を終えることができた。しかし、真辺によるチェックについてはまだ未着手の部分が残されており今後の課題となった。また、現在割り振られている文書番号は便宜的なものであるため、内容を勘案して史料配列の再構成を行い、文書番号の再振り分けを行いたいと考えているが、そうした仮番号から新番号への配列分けの作業も手付かずのまま残っている。また上記の作業と並行して、これら史料が収集される契機となった各編纂事業、具体的には、臨時帝室編修局における『明治天皇紀』編集事業、春畝公追頌会における『伊藤博文伝』編集事業、憲政史編纂会による憲政史編纂事業、貴族院五十年史編纂掛による貴族院五十年史編纂事業、早稲田大学大隈記念室における大隈重信関係文書の整理・調査事業のどのような特質が見えてくるのか、また逆に、それら事業の特色が、本史料群の史料状況にどのように反映しているのかという相互関係を明らかにすべく、検討作業を行った。特に、近年、宮内庁書陵部にて本史料群と関係の深い史料が大量に公開されていることから、それらに関する調査を、研究補助者を雇用して依頼した。ただし、これらは未だ史料状況の調査・収集の段階にとどまっており、深谷旧蔵史料との内容の比較検討の作業は手付かずとなっており、完遂にはいたっていない。今後、検討をすすめ、論文化を目指したいと考えている。なお、本年度整理した写本史料とは別に、本資料群中には、多くの現物史料が残されており、また深谷の旧蔵書籍もこれとは別に大量に残されていることが判明した。現物史料の数は約100点であり、旧蔵書籍は約300点にのぼるものと見積もられるが、これらについては全く着手できておらず、来年度以降のの課題として残されている。今後は、これらの未着手の作業に着手し、その上で、本年度の作業の結果も含めた、完成版目録の作成を期したいと考えている。

  • 渡辺幾治郎・深谷博治旧蔵文書の近代史料学的研究

    2010  

     View Summary

    本年度は、深谷旧蔵文書の目録化の作業を行った。作業にあたってはアルバイト2名を雇用し、目録の粗入力を依頼、それを真辺がチェック・修正・記述追加するという形で作業を進めた。目録化にあたっては、簿冊表題だけではなく、内容に含まれる史料の細目まで採録し、書翰についてはおよその内容についても略記するようにした。しかしこの作業は一点一点を入力するこの作業には膨大な時間がかかり、総入力点数が膨大にわたることから、全体の8割程度にあたる量の作業は完了したが、残り2割については来年度以降の課題とせざるをえなかった。しかし史料の利用者の便を考えるならば、史料内容の細目まで記した目録の整備は必須であり、今後もこの方式で目録化の作業を進めていきたいと考えている。また目録化作業完遂後は、現在割り振られている文書番号は便宜的なものであるため、内容を勘案して史料配列の再構成を行い、文書番号の再振り分けを行いたいと考えているが、そのための青写真もこれまでの目録化作業によって描くことができている。なお、当初深谷文書のみならず、渡辺文書の目録化をも行う予定であったが、深谷文書の作業のみで手いっぱいの状況であり、渡辺文書の目録作成についても今後の作業とせざるをえなかった。また上記の作業と並行して、これら史料が収集される契機となった各編纂事業、具体的には、臨時帝室編修局における『明治天皇紀』編集事業、春畝公追頌会における『伊藤博文伝』編集事業、憲政史編纂会による憲政史編纂事業、貴族院五十年史編纂掛による貴族院五十年史編纂事業、早稲田大学大隈記念室における大隈重信関係文書の整理・調査事業のどのような特質が見えてくるのか、また逆に、それら事業の特色が、本史料群の史料状況にどのように反映しているのかという相互関係を明らかにすべく、検討作業を行った。これについても、目録化の作業が途上にあることから、完遂にはいたっていない。次年度以降、目録化の作業とあわせて検討をすすめ、論文化させたいと考えている。

  • 日本近代国家形成期における反欧化主義

    2009  

     View Summary

    成果の第一としては、反欧化の立場に立っていた人物のうち、これまで研究を進めてきた西村茂樹にかんする研究をまとめ、『西村茂樹研究―明治啓蒙思想と国民道徳論』(思文閣出版)として出版したことがあげられる。また研究途上にある鳥尾小弥太に関しても、特にその仏教思想と近代政治とのかかわりについて掘り下げるために史料を読み進めることができた。近い将来、論文化したうえで、これまでの研究とまとめて研究書として出版することを視野にいれて研究を進めることが出来た。成果の第二としては、今後研究すべき対象として考えている谷干城・三浦梧楼といった人々に関する資料調査を行うことができた。特に国立国会図書館や宮内庁書陵部に所蔵されている資料の所在状況を調査したほか、明治前期の翻訳草稿を集めた資料集を購入することができ、明治政府要人の西洋認識について検討するための材料を得た。同資料集については現在読み込みを進めており、今後論文化をすすめていきたいと考えている。また「深谷博治旧蔵文書」についてもアルバイトを雇用して整理と調査を行い、同文書のうち特に重要な一部分については論文「内大臣府文書(明治天皇御手許書類)に関する基礎的研究」を目録を附載して発表することができた。成果の第三としては、論文「政党認識における「欧化」と「反欧化」」を発表し、欧化と反欧化とのせめぎあいの中からどのような政党観が生じ、それが日本の政治状況にどのような影響を及ぼしたのかということを、欧米との比較を交えながら論じることができた。個別の人物研究にとどまらず、総体としての「反欧化」の潮流が日本の近代にどのような意味を持っていたのかということを明らかにしようという試みであり、今後も、個別の人物に関する研究を進めていく一方で、さらにそれを総体的に検討し、日本近代国家・近代社会のなかでどのような歴史的意義を有しているのかということについて研究を進めていきたいと考えている。

▼display all

Overseas Activities

  • 日欧近代史の比較研究

    2021.03
    -
    2022.03

    ベルギー   ルーヴェン・カトリック大学

 

Syllabus

▼display all

 

Committee Memberships

  • 2009.10
    -
    Now

    Society for the Study of Diplomatics in Japan  Editorial Board Member

  • 2014.04
    -
    2016.03

    the National Center for University Entrance Examinations  Member of the First Committee of Subjects

  • 1998.09
    -
    1999.09

    Society for the Study of Popular History  Board Member

Media Coverage

  • The 42 'Okuma Festival' at the Shigenobu Okuma Memorial Museum

    Newspaper, magazine

    The Mainichi Newspapers   Mainichi Shimbun  

    2022.05

  • 現在・過去・未来・「猫学」の最前線でわかった 猫は私たちを愛している

    週刊朝日  

    2021.12

  • ピープル 歴史学者 真辺将之さん 化け物から家族へ 猫の捉え方から社会が見える

    Newspaper, magazine

    聖教新聞  

    2021.12

  • ペットと暮らす 嫌われる存在から癒やしに 猫の人の関係掘り下げ 歴史書「猫が歩いた近現代」

    Newspaper, magazine

    共同通信配信記事(全国各紙に掲載)  

    2021.09

  • Hirobumi Ito vs. Shigenobu Okuma: The Truth About the Political Turmoil That Decided the Future of Japan

    TV or radio program

    NHK   Choice of Heroes  

    The interview was aired  

    2021.08

  • 時代で移ろう「人と猫」 『猫が歩いた近現代 化け猫が家族になるまで』

    Newspaper, magazine

    東京新聞  

    2021.07

  • 「猫は昔から人間に愛されていた」は本当か?

    Internet

    講談社   現代ビジネス  

    2021.07

  • 明治14年政変と五代友厚 #5大隈重信の追放

    Newspaper, magazine

    南日本新聞  

    2021.06

  • 明治14年政変と五代友厚 #1開拓使官有物払い下げ

    Newspaper, magazine

    南日本新聞  

    2021.05

  • 猫 ずっと友だち

    Newspaper, magazine

    読売KODOMO新聞  

    2021.03

  • 史書を訪ねて 大隈重信国会開設奏議 東京・九段

    Newspaper, magazine

    読売新聞(夕刊)  

    2020.02

  • 身近なネコの意外な素顔

    Newspaper, magazine

    東京大学新聞  

    2019.01

  • 動物愛護のいま(3)家畜にも健康的な環境

    Newspaper, magazine

    読売新聞  

    2018.11

  • 「思慮ある民意」はあり得るのか 政治家・大隈重信が遺したもの

    Internet

    10MTV.com  

    2018.11

  • さが維新ひと紀行(45) 大隈重信(1838~1922) 初の政党内閣樹立

    Newspaper, magazine

    佐賀新聞  

    2018.11

  • さが維新前夜(43)大政奉還と佐賀藩 内戦回避へ早期に構想

    Newspaper, magazine

    佐賀新聞  

    2018.10

  • 大隈重信 自分は変えられる 50代からの愛され術

    TV or radio program

    NHK   知恵泉  

    2017.12

  • 大隈重信の寛容さ「希有」 早大・真辺教授が講演 大隈記念館50周年「大隈祭」

    Newspaper, magazine

    佐賀新聞  

    2017.05

  • さよなら 早大記念会堂 老朽化で来月取り壊し

    Newspaper, magazine

    東京新聞  

    2015.08

  • 銃後のくらし 3 犬猫供出 タマは毛皮になったのか

    Newspaper, magazine

    毎日新聞  

    2015.08

  • さよなら記念会堂 文キャンいまむかし

    Newspaper, magazine

    早稲田ウィークリー  

    2015.07

  • 明治のリーダーに学ぶ 「生涯現役」健康法

    Newspaper, magazine

    日本経済新聞  

    2012.06

  • 恒例の大隈祭 偉業しのび早大関係者が講演

    Newspaper, magazine

    佐賀新聞  

    2009.05

▼display all

Academic Activities

  • Cooperation in coverage of NHK program "Ron-bu-un"

    Scientific advice/Review

    2018.08
    -
     
  • "Reproduction of Japanese History" (Kodansha Ltd.): Cooperation in editing all 10 volumes of the Meiji era

    Academic research

    2002.05
    -
    2002.07