KURIHARA, Masanori

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Engineering, School of Creative Science and Engineering

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Science and Engineering   Graduate School of Creative Science and Engineering

Research Institute 【 display / non-display

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

Degree 【 display / non-display

  • The University of Texas at Austin   Doctor of Philosophy

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    Japanese Association for Petroleum Technology

  •  
     
     

    Society of Petroleum Engineers

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Earth resource engineering, Energy sciences

Research Interests 【 display / non-display

  • Petroleum Engineering

Awards 【 display / non-display

  • Science and Technology Award of the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology

    2010.04  

  • Member of Russian Academy of Natural Science, US Section

    2008.07  

Research Projects 【 display / non-display

  • 最終処分場都市鉱山学の確立とその実践-採鉱・選鉱技術の開発-

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

     View Summary

    地球上の資源は有限である。よって、消費・廃棄された資源を回収し再利用することは持続可能な社会をつくるために必須である。わが国は工業が盛んで多様な金属から家電製品をつくり、使用後は破砕し、最終処分場へ埋め立ててきた。それにも拘わらず、家電リサイクル法が制定される以前に埋め立てられた処分場の浸出水から金属類はほとんど検出されない。これまでの研究で、ある種の金属類は埋立層内を移動し濃集ゾーンを形成していることが判明した。本研究では、これらの金属類を、埋立層から効果的に取り出す採鉱システムおよび採取された埋立物から有用金属類を経済的に回収する方法について確立し、有用金属の再利用をめざしている

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>