岩田 浩康 (イワタ ヒロヤス)

写真a

所属

理工学術院 創造理工学部

職名

教授

ホームページ

http://www.waseda.jp/wias/tenure_jp/researches/tnr_h_iwata.html

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   大学院創造理工学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学内研究所等 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

  • 2016年
    -
    2021年

    グローバルロボットアカデミア研究所   プロジェクト研究所所長

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年

    早稲田大学大学院   理工学研究科   知能機械学,システムインテグレーション工学,医療福祉工学  

学位 【 表示 / 非表示

  • Waseda University   Dr. Engineering

  • 早稲田大学   博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年02月
    -
     

    20日—現在 エジプト・日本科学技術大学(E-JUST) 特任准教授

  • 2007年10月
    -
     

    1日—現在 早稲田大学 高等研究所 准教授

  • 2006年04月
    -
     

    1日 早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構生命医療工学研究所 助教授(2007年9月30日退官)

  • 2005年04月
    -
     

    1日 早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構生命医療工学研究所 講師(2006年3月31日退官)

  • 2004年04月
    -
     

    1日 早稲田大学大学院 理工学研究科 講師(2005年3月31日退官),

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    認知神経リハビリテーション学会

  •  
     
     

    バイオメカニズム学会

  •  
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     

    日本ロボット学会

  •  
     
     

    日本コンピュータ外科学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機械力学、メカトロニクス

  • ロボティクス、知能機械システム

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 機械知能学/人間共存ヒューマノイド/人間形ロボットハンド/安全マニピュレータ/人工触覚認知/人間支援機械システム/遠隔医療IRT/リハビリ支援システムなど

論文 【 表示 / 非表示

  • Measurement of conformability and adhesion energy of polymeric ultrathin film to skin model

    Junki Sugano, Toshinori Fujie, Hiroyasu Iwata, Eiji Iwase

    Japanese Journal of Applied Physics   57 ( 6 )  2018年06月  [査読有り]

     概要を見る

    We measured the conformability and adhesion energy of a polymeric ultrathin film "nanosheet" with hundreds of nanometer thickness to a skin model with epidermal depressions. To compare the confirmability of the nanosheets with different thicknesses and/or under different attaching conditions, we proposed a measurement method using skin models with the same surface profile and defined the surface strain ϵS as the quantified value of the conformability. Then, we measured the adhesion energy of the nanosheet at each conformability through a vertical tensile test. Experimental results indicate that the adhesion energy does not depend on the liquid used in wetting the nanosheet before attaching to the skin model and increases monotonously as the surface strain ϵS increases.

    DOI

  • Haptic-based perception-empathy biofeedback system for balance rehabilitation in patients with chronic stroke: Concepts and initial feasibility study

    Kazuhiro Yasuda, Kenta Saichi, Naomi Kaibuki, Hiroaki Harashima, Hiroyasu Iwata

    Gait and Posture   62 ( no.62 ) 484 - 489  2018年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Background: Most individuals have sensory disturbances post stroke, and these deficits contribute to post-stroke balance impairment. The haptic-based biofeedback (BF) system appears to be one of the promising tools for balance rehabilitation in patients with stroke, and the BF system can increase the objectivity of feedback and encouragement than that provided by a therapist. Research question: Studies in skill science indicated that feedback or encouragement from a coach or trainer enhances motor learning effect. Nevertheless, the optimal BF system (or its concept) which would refine the interpersonal feedback between patients and therapist has not been proposed. Thus, the purpose of this study was to propose a haptic-based perception-empathy BF system which provides information regarding the patient's center-of-foot pressure (CoP) pattern to the patient and the physical therapist to enhance the motor learning effect and validate the feasibility of this balance-training regimen in patients with chronic stroke. Methods: This study used a pre-post design without control group. Nine chronic stroke patients (mean age: 64.4 ± 9.2 years) received a balance-training regimen using this BF system twice a week for 4 weeks. Testing comprised quantitative measures (i.e., CoP) and clinical balance scale (Berg Balance Scale, BBS
    Functional Reach Test, FRT
    and Timed-Up and Go test, TUG). Results and significance: Post training, patients demonstrated marginally reduced postural spatial variability (i.e., 95% confidence elliptical area), and clinical balance performance significantly improved at post-training. Although the changes in FRT and TUG exceeded the minimal detectable change (MDC), changes in BBS did not reach clinical significance (i.e., smaller than MDC). These results may provide initial knowledge (i.e., beneficial effects, utility and its limitation) of the proposed BF system in designing effective motor learning strategies for stroke rehabilitation. More studies are required addressing limitations due to research design and training method for future clinical use.

    DOI

  • Development of a rhythmic auditory biofeedback system to assist improving the kinetic chain for bat swing performance

    T.ONISHI, K.YASUDA, S.KAWATA, H.IWATA

    ROBOMECH Journal   vol.5 ( no.12 )  2018年05月  [査読有り]

  • Clinical Effectivenes of a haptic-based perception-empathy biofeedback system for balance rehabilitation in patients with chronic stroke

    K.YASUDA, K.SAICHI, N.KAIBUKI, H.HARASHIMA, H. IWATA

    10th World Congress for NeuroRehabilitation (WCNR)   accepted  2018年02月  [査読有り]

  • Structure design of electronic nanosheet for shortening skin-adhesive process

    N.SHINODA, S.MIYABAYASHI, E.IWASE, T.FUJIE, H.IWATA

    Proc. of the 9th Int, Conf. on Flexible and Printed Electronics (ICFPE2018)   accepted  2018年  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • “[岩田研究室]岩田浩康教授”, 一目で分かる!科研費で選ぶ研究力が高い大学

    岩田浩康

    株式会社アネスタ  2016年07月

  • “遠隔操作での妊婦検査を可能にするロボット”, 『AI IoT ロボット』特集, AERA

    岩田浩康

    朝日新聞出版  2016年07月

  • “まひした足の感覚を背中で感じるロボット技術を活用した歩行リハビリを実現”, (特集) 早稲田の研究最前線!~研究者の挑戦~,早稲田学報2016年8月号

    岩田浩康

    早稲田大学校友会  2016年07月

  • ROBOCON Magazine, no.64

    岩田浩康

    オーム社  2009年06月

  • 建設の施工企画 (No.706)

    岩田浩康, 亀崎允啓, 菅野重樹

    日本建設機械化協会  2008年12月

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • A Practical Load Detection Framework Considering Uncertainty in Hydraulic Pressure-Based Force Measurement for Construction Manipulator

    M.KAMEZAKI, H.IWATA, S.SUGANO

    Proc. of IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation (ICRA’11)   in press   288 - 293  2011年05月  [査読有り]

  • A Practical Load Detection Framework Considering Uncertainty in Hydraulic Pressure-Based Force Measurement for Construction Manipulator

    M.KAMEZAKI, H.IWATA, S.SUGANO

    Proc. of IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation (ICRA’11)   in press   288 - 293  2011年05月  [査読有り]

  • Development of 4-DOF Anthropomorphic Tactile Interaction Manipulator with Passive Joint

    H.IWATA, S.KOBASHI, T.AONO, T.KOBAYASHI, S.SUGANO

    Journal of Robotics and Mechatronics   Accepted  2011年

  • 早稲田の倫理審査から工学系研究者が学んだこと

    岩田浩康

    日本ロボット学会誌   29 ( 3 ) 259 - 260  2011年

    DOI CiNii

  • Development of 4-DOF Anthropomorphic Tactile Interaction Manipulator with Passive Joint

    H.IWATA, S.KOBASHI, T.AONO, T.KOBAYASHI, S.SUGANO

    Journal of Robotics and Mechatronics   Accepted  2011年

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • バッテリレス電子デバイス及び伝送システム

    岩田 浩康, 和﨑 海里

    特許権

  • 視覚認知機能評価システム

    岩田 浩康, 加藤 遼一, 安田 和宏

    特許権

  • 超音波画像解析装置及び超音波画像解析方法

    岩田 浩康

    特許権

  • 超音波プローブ移動装置及びその動作制御プログラム

    岩田 浩康, 志田 優樹, 山野 元

    特許権

  • 超音波プローブ移動装置

    岩田 浩康, 内藤 雄貴, 津村 遼介

    特許権

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 2008年7月,サマ...

     概要を見る

    2008年7月,サマーサイエンスキャンプ2008,講師,ロボット・アナトミー〜ロボットの身体・脳を五感で感じる〜,日本科学技術振興財団
    2008年4月,中学生による職業インタビュー,ロボットと介護,盛岡市立上田中学校
    2008年3月,スプリングサイエンスキャンプ2008,オーガナイザ&講師,ロボット・アナトミー〜ロボットの身体・脳を五感で感じる〜,日本科学技術振興財団
    2007年12月,中学生による職業インタビュー,先端技術と医療,大分大学教育福祉科学部付属中学校
    2007年11月,システムコントロールフェア2007,ブース出展,片麻痺患者のための触覚バイオフィードバックに基づく歩行リハビリ支援システム,日本電機工業会・日本電気制御機器工業会
    2007年8月,『21COEロボティクス・ブートキャンプ』,2テーマ(外科訓練装置,知覚支援リハビリ装置)でブース出展,早稲田大学21世紀COEプログラム『超高齢社会における人とロボット技術の共生』
    2007年6月,第13回神奈川大腸肛門手術セミナー,ブース出展「剥離手技訓練装置」,神奈川大腸肛門手術研究会
    2007年3月,スプリングサイエンスキャンプ2007,講師,ロボット・アナトミー〜ロボットの身体・脳を五感で感じる〜,日本科学技術振興財団
    2007年3月,第8回神奈川大腸疾患腹腔鏡下手術セミナー,ブース出展「剥離手技訓練装置」,神奈川大腸疾患研究会
    2007年1月,第3回ASMeW公開シンポジウム,講演,早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構
    2006年12月,「関東・関西10私大 産学連携フォーラム」,ブース出展,「医療用リトラクタ及び棒状具」に係る特許技術,関東・関西10私大
    2006年9月,イノベーションジャパン2006,ブース出展および新技術説明会にて講演,脳麻痺患者のためのウェアラブル歩行リハビリ支援装置
    2005月12月,日本ロボット学会ロボット工学セミナー,オーガナイザー・司会,『未来医療を切り拓くRT〜基礎から臨床最前線〜』,日本ロボット学会
    2005年7月,第4回ASP(ASMeW Science Program),講師,安全で巧みな人間支援ロボット,早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構
    2005月3月,日本ロボット学会ロボット工学セミナー,司会,『ヒューマノイド・インタラクション・テクノロジー』,日本ロボット学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 論文賞,日本ロボット学会,亀崎允啓,岩田浩康,菅野重樹

    2018年09月  

  • 優秀講演賞,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会SI2017,高田竜太,大西哲平,河田俊,相原伸平,岩田浩康,”スパイクレシーブにおけるスポーツビジョン向上を目的とした没入型 3D-VR 訓練システムの開発 -目と手の協応動作における効果検証-”

    2017年12月  

  • 優秀講演賞,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会SI2017,竹内里奈,宮西将生,津村遼介,内藤雄貴,岩田浩康,“超音波検査支援ロボットを用いた自動妊婦健診サービスの研究-”

    2017年12月  

  • 優秀講演賞,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会SI2017,隼田大輝, 岩瀬英治, 藤枝俊宣, 岩田浩康, “高分子超薄膜 RFID が生体表面密着時に受ける影響の分析と対策”

    2017年12月  

  • 最優秀賞,システムコントロールフェア2017実行委員会 大学・高専テクニカルアカデミー研究発表コンテスト,日本電機工業会・日本電気制御機器工業会,早稲田大学 岩田浩康研究室

    2017年11月  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 誤差覚知RTによる知覚と運動の再組織化と脳賦活化効果の検証

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

     概要を見る

    これまで開発したRTや訓練プロトコールを実臨床で活用する過程において,運動麻痺が強い片麻痺者への適応が課題となっていたことを踏まえ,本研究では運動補助RTを活用しつつ,知覚支援RTや誤差覚知RTによる知覚支援技術により運動学習を効果的に進める方法論を構築した.この知見は,脳神経学的な有効性を有し,かつ実臨床にも活用できるニューロ・RTリハビリテーションの基礎理論になり得るため,その意義は非常に高い

  • 認知神経リハを支援する誤差覚知RTによる誤学習抑制と脳神経学的効能検証

    若手研究(A)

    研究期間:

    2011年
     
     
     

  • 麻痺側足底圧を対側にバイパス呈示する知覚支援RTの脳神経学的評価

    若手研究(B)

    研究期間:

    2009年
    -
    2010年
     

     概要を見る

    本研究課題では、まず、知覚支援RT による麻痺側体性感覚(接地状態)への注意力向上効果を検証したところ、足圧遷移や接地・離地の改善だけでなく、病巣脳感覚野の足支配部が有意に賦活化したことから、提案する知覚支援RT が麻痺側への注意の向けやすさを高める効果があることが示唆された。加えて、知覚支援RTを用いて片麻痺者の病巣脳の賦活化を促進するべく、麻痺側足底圧を対側肢体にバイパス刺激する際の最適呈示部位として、脳梁交連性と両側神経支配の両性質を有する額を選出した。心理物理試験およびfNIRSでの血流計測によりバイパス刺激への注意の向けやすさを部位間比較し、その有用性を確認した。

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 片麻痺患者のリハビリテーション

    岩田浩康  [招待有り]

    東京大学医学系研究科健康科学・看護学専攻 老年看護学特論/創傷看護学特論   (東京大学本郷キャンパス) 

    発表年月: 2018年11月

  • 救急医工学

    岩田浩康  [招待有り]

    東京大学医学系研究科健康科学・看護学専攻 老年看護学特論/創傷看護学特論   (東京大学本郷キャンパス) 

    発表年月: 2018年11月

  • Ideal Robots for the Elderly

    H.IWATA  [招待有り]

    Panelist with two other ones, Prof.Cecilia Laschi (Italy Scuola Superior Sant’Anna) and Prof. Massimilliano Zecca (UK Loughborough University), EU-JAPAN Conference on Smart Society and beyond for Super Aging Era,   (Belgian Royal Academy Brussels, Belgium) 

    発表年月: 2018年10月

  • 身体感覚から見たリハビリテーションとスポーツ技能ーメカトロ技術からのアプローチー

    岩田浩康  [招待有り]

    早稲田心理学会教育講座   (早稲田大学 文学部キャンパス) 

    発表年月: 2018年10月

  • 人体組織に安全かつしなやかに適応可能な次世代診断・治療ロボット

    岩田浩康  [招待有り]

    特別講演,第86回日本医科大学医学会総会   (日本医科大学) 

    発表年月: 2018年09月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 認知神経リハを支援する誤差覚知RTによる誤学習抑制と臨床応用

    2012年  

     概要を見る

     誤差覚知RTとして,足関節を対象とした両肢角度誤差覚知システムを開発した.これは,両肢同姿態再現中に,対称であるべき麻痺肢と非麻痺肢に認知され得ない関節角度差が生じた場合,振動刺激(2値)により誤差発生に気づかせ,運動学習に向けた知覚探索を誘引させる仕組みである.評価のため,慢性期・感覚重度鈍麻患者2名を対象に1日40分間,誤差覚知RTを用いて身体スキーマ(関節覚)の修正訓練をさせた結果,両患者において,訓練前後で有意な角度差の減少が認められた(p<0.01).特に,患者Zでは,2週目には,訓練前の計測にも拘わらず角度差が健常者水準(2[deg]以下)となったことから,訓練効果が維持される効果も認められた.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
     

    ~,日本ロボット学会査読小委員会委員,日本ロボット学会

  • 2011年03月
    -
     

    ,第16回ロボティクスシンポジア,PC委員

  • 2011年03月
    -
     

    ,IEEE-RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems (IROS2011),Associate Editor

  • 2011年03月
    -
     

    ,第29回RSJ学術講演会,実行委員

  • 2010年12月
    -
    2011年02月

    ,テクノロジーWG委員,経済産業省NEDO

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 日刊工業新聞社のロボナブル(Web版)

    日刊工業新聞社のロボナブル(Web版) 

    2011年01月
    -
     

     概要を見る

    早大とトヨタ,人とロボが対等な関係で円滑にすれ違うための基本技術を開発,
    人とロボットとの関係性を考えるうえでも新たな技術として注目されると紹介.
    http://www.robonable.jp/news/2011/01/31sugano.html
    http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720110131aaaf.html

  • 国際画像機器展2010特集

    国際画像機器展2010特集 

    2010年12月
    -
     

     概要を見る

    『早稲田大学高等研究所が横浜—東京間の遠隔超音波診断に挑戦』というタイトルで,岩田の出展内容を動画付きで紹介,モバイル通信網を使った遠隔超音波診断システムのデモンストレーションを公開(http://www.j-imaging.com/ite/sp/waseda.html)

  • JSTサイエンスニュース(インターネット動画ニュース),科学技術政策ニュースコーナー「ライフイノベーション・介護ロボットの可能性」

    JSTサイエンスニュース(インターネット動画ニュース),科学技術政策ニュースコーナー「ライフイノベーション・介護ロボットの可能性」 

    2010年10月
    -
     

     概要を見る

    高齢者の自立支援を目指した新しい介助支援の在り方ならびに,『新・成長戦略』を踏まえた科学技術政策に対する若手研究者からの提言に関して岩田がインタビューに答える(http://sc-smn.jst.go.jp/sciencenews/policy.html)

  • 神奈川新聞21面

    神奈川新聞21面 

    2010年09月
    -
     

     概要を見る

    岩田のプロデュースで遠隔エコー診断支援RTを出展した早稲田ブースの紹介,「将来の進路 熱心に相談 横浜で進学フェスタ」

  • TBS系全国ネットCBC発 「カラダのキモチ」

    TBS系全国ネットCBC発 「カラダのキモチ」 

    2010年08月
    -
     

     概要を見る

    介護や家事手伝いができるTWENDY-ONEについて岩田が紹介
    インタビュアー:パックンマックン

全件表示 >>