KOMATSUBARA, Akinori

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Engineering, School of Creative Science and Engineering

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/komatsubara.ak/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Science and Engineering   Graduate School of Creative Science and Engineering

Research Institute 【 display / non-display

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1980

    Waseda University   Faculty of Science and Engineering   Department of Industrial Engineering and Management  

Degree 【 display / non-display

  • 早稲田大学   博士(工学)

  • Waseda University   D.E.

Research Experience 【 display / non-display

  • 2004.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Science and Engineering

  • 1996
    -
    2004

    Kanazawa Institute of Technology

  • 1992
    -
    1996

    金沢工業工学 助教授

  • 1988
    -
    1992

    professor, Waseda University

  • 1985
    -
    1988

    assistant professor, associate professor, professor., Kanazawa Institute of Technology

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    医療の質・安全学会

  •  
     
     

    Human Interface Society

  •  
     
     

    Japan Society for Safety Engeering

  •  
     
     

    Japan Industrial Management Association

  •  
     
     

    Japan Ergonomics Society

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Others   人間生活工学

  • Others   安全人間工学

  • Others   経営システム工学

Research Interests 【 display / non-display

  • Ergonomics, Human Life Engineering, Human Interface, Usability Engineering,Human Factors, Safety and Risk management System

Papers 【 display / non-display

  • ヒューマンファクターズの論理と方法

    小松原明哲

    システム/制御/情報   61 ( (6) ) 207 - 212  2017

  • Safety-ⅠとSafety-Ⅱ:安全におけるヒューマンファクターズの理論構造と方法論

    小松原明哲

    安全工学   56 ( (4) ) 230 - 237  2017

  • Proposing of description method of FRAM analysis

    NODA Hiroyuki, KOMATSUBARA Akinori

    Human Factors in Japan   20 ( 2 ) 83 - 87  2016

    CiNii

  • Proposal of traffic KYT with using What-if analysis

    MOCHIZUKI Ryutaro, KOMATHUBARA Akinori

    Human Factors in Japan   20 ( 2 ) 79 - 82  2016

    CiNii

  • Operational Assistance for Elderly People Using a Rhythm System

    Hiroko Akatsu, Akinori Komatsubara

    HUMAN ASPECTS OF IT FOR THE AGED POPULATION: HEALTHY AND ACTIVE AGING, ITAP 2016, PT II   9755   269 - 276  2016  [Refereed]

     View Summary

    Information Technology machines as MFPs (Multiple Function Printers) and ATMs (Automatic Teller Machines) with complicated functions require better user assistance, particularly for elderly people. It is necessary to reduce psychological loads such as a sense of insecurity or impatience in operation, as well as the cognitive load.
    This study focuses on enhanced operational rhythm to reduce psychological load on the elderly when using MFPs, which require the user to navigate between quite a few settings. Evaluation was carried out by observing elderly subjects and middle-aged subjects using MFP interfaces whilst hearing an audio rhythm at a Tempo of 40, 60 and 120 bpm (beats per minute).
    The number of operational errors and overall time taken to complete the task were recorded, along with subjective evaluation via interviews with the subjects. The results showed that elderly subjects tended to operate in accordance with the operational rhythm. On the other hand, middle-aged subjects tended to operate at their own rhythm.

    DOI

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 実践レジリエンスエンジニアリング -社会・技術システムおよび重安全システム への実装の手引き-

    E.Hollnagel他著, 北村正晴, 小松原明哲監訳

    日科技連出版社  2014

  • エンジニアのための人間工学 第5版

    横溝克己, 小松原明哲

    日本出版サービス  2013.03

  • 社会技術システムの安全分析 FRAMガイドブック

    E.Hollnagel著, 小松原明哲監訳

    海文堂  2013

  • 現場安全の技術—ノンテクニカルスキル・ガイドブック

    R.Flin 他著, 小松原明哲, 十亀洋, 中西美和訳

    海文堂  2012

display all >>

Industrial Property Rights 【 display / non-display

  • 機器操作支援装置及び機器操作支援方法

    小松原 明哲

    Patent

Other 【 display / non-display

  • The detail...

     View Summary

    The details of the researches are shown at the Website below. http://www.f.waseda.jp/komatsubara.ak/index.html

  • The details of the researches are shown at the Website below. http://www.f.waseda.jp/komatsubara.ak/index.html

Awards 【 display / non-display

  • 功労賞

    2021   一般社団法人日本人間工学会  

  • 第36回 北川学術賞

    2020   特定非営利活動法人 安全工学会  

Research Projects 【 display / non-display

  • Design for Driving Automation and Legal Systems Conforming to Characteristic Features and Limitations of Cognition and/or Decision Making of Human Drivers

    Project Year :

    2015.05
    -
    2020.03
     

  • Inquiring the way of deduction of risk relating alarm in operating rooms and development of new monitoring system

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

  • Construction of bases to develop non-technical skills for medical doctors

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

     View Summary

    We have tried to build e-learning system, which would be suitable for even latest simulating environments, to make medical doctors to be able to learn non-technical skills easily and effectively. The system could not only gather data about learning outcomes of learners, but also manage them. And it had a function of making feedback of results of learns’ learning outcome to themselves effectively. And we evaluate effectiveness of this system in terms of its feedback functioning and feasibility of this system

  • A study for developing the program of teamwork building to improve safety in aged care settings

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

  • Development of practical methods and applications of resilience engineering in patient safety and quality improvement

    Project Year :

    2014.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    Resilient systems are able to perform as needed in changing environments with a variety of perturbations and constraints. Resilience engineering as a new approach to patient safety is to understand mechanisms of systems’ resilience (flexible, autonomous, and efficient) and implement resilience in health care systems.Our study found that proactive safety management in practice based on resilience engineering requires following strategies: reconciliation of work-as-imagined and work-as-done on safety procedures to dampen variability; understanding of interactions within a system or among systems and designing systems for total optimization; identification and use of simple rules governing interactions in autonomous distributed systems to resolved emerged complex problems; and dynamic captures of everyday clinical work with quantitative data

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 子どもの行動刺激要素の心理学的解明による製品安全設計方法論の開発研究

    2006  

     View Summary

     特定課題研究(2004B-855:便益性を維持した上で安全性を設計し得る製品設計プロセスの開発研究)に引き続くもので、発達年代別の子どもの行動特性と事故との関係を、東京都内の保育所(3箇所)の調査を踏まえて明らかとし、さらに子どもの生活事故を防止するための製品設計の方法論を構築することを目指した。 保育所での子どもの遊戯実態の観察、及び、事故やいわゆる“いたずら”実態に関するアンケート調査を実施したところ、子どもの事故のパターンとして次の3形態が明らかとなった。【誘発的事故】子どもの興味を刺激する要素が生活環境(製品)に埋め込まれ、しかも、それがハザードと直結しているために生じる事故。例えば、小さなおもちゃを、ビデオデッキのテープ挿入口に入れるようないたずら(事故)であり、この場合には“小さなもの”“空隙”が刺激となり、“入れる”という行為が誘発されて、結果としていたずらを招いている。【突発的事故】転倒、衝突、高所からの踏み外しなどであり、子どもにハザード認知が不足している、あるいは認知が出来ていても回避のための運動能力が不足しているために生じる事故。【巻き込まれ事故】例えば、ベビーカが傾いた拍子に子どもが投げ出されることや、他の子どもが投げたおもちゃにあたり怪我をするなどのもらい事故。 本研究ではこれら事故パターンの中でも、特に誘発的事故に注目し、その具体例を収集した。 ここで誘発的事故については、誘発要素を生活の中から完全に排除したのでは、臨界期が刺激されず、その結果、行動活動量も制限され、子どもの健全な発達は望めなくなる懸念があることから、生活環境設計(製品設計)においては、リスクが許容される程度にまで減じることを方針とした設計や改善がなされることが望ましい。そこで本研究では、調査結果に基づき、子どもの行動刺激要素の製品内包性をチェックするためのチェックリストを作成し、さらにハザードを緩和することを方針とした、製品のリスクアセスメント手法を構築した。(なお、本研究では、保育所調査などにおいて津田塾大学国際関係学科外山紀子助教授のご指導を得た。ここに記し謝意を表します)。

  • 便益性を維持した上で安全性を設計し得る製品設計プロセスの開発研究

    2004  

     View Summary

    不特定多数者が使用する公共設備、消費生活用品、また公園遊具等には、内包するリスクが高いものも多い。このリスクを受容できる水準にまで低減する必要がある。一方で単に安全性を高めることのみを念頭に置いたリスク低減策を講じると、往々にして使いにくく、また公園遊具等では、「つまらない遊具」になってしまうこともある。この場合には、通常の使用方法を保証した上での安全性が考えられることが望ましい。本研究では、公園遊具など、子どもが関係する製品を事例として取り上げ、以下の検討を行った。(1)事故事例の分析:新聞記事等に報道された乳児を除く子どもに係わる事故事例を収集し、年齢別に分類し、そのときの子どもの行為の共通性を分析した。その結果、子どもの発達段階に対応して、事故に至る子どもの挙動には共通性が見られ、これは発達心理学で言うところの臨界期を反映した行為であると思われた。このことは裏返すと、臨界期に好む行為を刺激する要素が製品の中に埋め込まれていると、子どもはたやすくその行為を行ってしまい、そのときにその行為を前提とした安全性が考えられていないと事故に至ってしまうといえる。一方で、その行為を禁止、不可能化する設計対応がなされていると、子どもにとっては魅力的ではない製品となってしまう例も見られた。一方で、事故事例の中には、子どもの行為の刺激とは無関係のものも見られた。例えば滑り台に釘が出ていることや、衣服が絡む空隙があることがそうである。これらは無条件に除去すべき事故の起因源であるといえる。(2)設計プロセスの提案:ISO12100(機械安全)に示されるリスクアセスメントのプロセスに、当該リスクが魅力等に関係するものか否かの判定を組み入れたプロセスを提案した。このプロセスにおいては、リスクが魅力等と無関係なのであれば、単なるリスク低減を図ればよく、関係しているのであれば、その魅力が損なわれない安全性が考えられるべきであることを示した。(3)プロセスの試用:協力の得られたある住宅設備機器メーカーにおいて提案したプロセスを試用し、その有用性を検証した。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    国土交通省  運輸審議会 安全確保部会