Updated on 2022/05/18

写真a

 
TOBA, Koji
 
Affiliation
Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences
Job title
Professor
Mail Address
メールアドレス

Education

  • 1996.04
    -
    2002.03

    Waseda University   Graduate School of Letters   Doctoral Program of Japanese Literature  

  • 1993.04
    -
    1996.03

    Waseda University   Graduate School of Letters   Master's Program of Japanese Literature  

  • 1987.04
    -
    1991.03

    Hokkaido University   Faculty of Literature  

Degree

  • 2005.10   早稲田大学   博士(文学)

  • Waseda University   Ph. D. in Literature

  • 1996.03   早稲田大学   修士(文学)

  • Waseda University   MA in Literature

Research Experience

  • 2012.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences   Professor

  • 2011.04
    -
    2012.03

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences   Associate Professor

  • 2009.04
    -
    2011.03

    The University of Tokushima   Institute of Socio-Arts and Sciences   Associate Professor

  • 2007.04
    -
    2009.03

    The University of Tokushima   Faculty of Integrated Arts and Sciences   Associate Professor

  • 2004.04
    -
    2007.03

    The University of Tokushima   Faculty of Integrated Arts and Sciences   Associate Professor

  • 2002.04
    -
    2004.03

    The University of Tokushima   Faculty of Integrated Arts and Sciences   Assistant Professor

▼display all

Professional Memberships

  •  
     
     

    早稲田大学国文学会

  •  
     
     

    昭和文学会

  •  
     
     

    日本文学協会

  •  
     
     

    Association for Modern Japanese Literary Studies

 

Research Areas

  • Japanese literature

Research Interests

  • Documentary Film

  • Sugiura Minpei

  • Abe Kobo

  • Art Movement

  • Postwar Literature

  • Reportage

  • Avant-garde

▼display all

Papers

  • 書評 孫軍悦著『現代中国と日本文学の翻訳 : テクストと社会の相互形成史』

    鳥羽 耕史

    日本近代文学 = Modern Japanese literary studies   105   158 - 161  2021.11

    CiNii

  • Ikeda Tatsuo in Postwar Japan

    Koji Toba

    Aida   ( 257 ) 2 - 27  2021.03  [Invited]  [Domestic journal]

  • 戦後民主主義の輝きと美術――「美術運動」復刻版出版の意義について

    鳥羽耕史

    美術運動   ( 147 ) 24 - 25  2020.03

  • 書評 河西英通著『「社共合同」の時代――戦後革命運動史再考』

    鳥羽耕史

    社会文学   ( 51 ) 194 - 196  2020.03  [Refereed]  [Invited]

  • Relay of A Book Collection: About The Hamaga Tomohiko Collection

    Koji Toba

    神奈川近代文学館年報     11 - 16  2019.08  [Invited]

  • On the Relationship between Documentary Films and Magic Lanterns in 1950s Japan

    Koji Toba

    Arts   8 ( 2 ) 64-1 - 64-10  2019.05  [Refereed]

     View Summary

    In this paper, I explore three cases from postwar Japanese media history where a single topic inspired the production of both documentary films and magic lanterns. The first example documents the creation of Maruki and Akamatsu’s famed painting Pictures of the Atomic Bomb. A documentary and two magic lantern productions explore this topic through different stylistic and aesthetic approaches. The second example is School of Echoes, a film and magic lantern about children’s education in rural Japan. The documentary film blurs distinctions between the narrative film and documentary film genres by utilizing paid actors and a prewritten script. By contrast, the original subjects of the documentary film appear as themselves in the magic lantern film. Finally, the documentary film Tsukinowa Tomb depicts an archeological excavation at the site named in the title. Unlike the monochrome documentary film, the magic lantern version was made on color film. Aesthetic and material histories of other magic lanterns include carefully hand-painted monochrome films. Monochrome documentary films in 1950s Japan tended to emphasize narrative and political ideology, while magic lantern films projected color images in the vein of realism. Through these examples of media history, we can begin to understand the entangled histories of documentary film and magic lanterns in 1950s Japan.

    DOI

  • "Meiji Centennial" and The Ghost of Future Republic: On The Dramatization of Abe Kobo's "Enomoto Takeaki"

    Koji Toba

    Kokubungaku Kenkyu   ( 187 ) 68 - 79  2019.03  [Refereed]

  • 蔵書から作家の思考に迫る:大西巨人蔵書一万冊調査の成果

    鳥羽耕史

    図書新聞   ( 3360 ) 10 - 10  2018.07

  • Richard F. Calichman, Beyond Nation: Time, Writing and Community in the Work of Abe Kōbō. Stanford: Stanford University Press, 2016.

    Koji Toba

    NIHON KENKYŪ   ( 56 ) 218 - 221  2017.10

    DOI

  • Kaiko Takeshi and New York City

    Koji Toba

    Weekly NY Life   ( 646 ) 16 - 16  2017.09

  • Abe Kobo and New York City

    Koji Toba

    Weekly NY Life   ( 639 ) 16 - 16  2017.07

  • Book Review: The Association for Japanese Social Literature, ed., The Thirty Years of Social Literature: The Bubble Economy, the End of the Cold War, and the 2011 Tohoku Earthquake

    Koji Toba

    Japanese Literature   66 ( 4 ) 92 - 93  2017.04  [Refereed]

  • 安部公房の生政治/死政治――「事業」から「R62号の発明」へ

    鳥羽耕史

    国文学研究   ( 180 ) 91 - 101  2016.10

  • The Documentary Film, the Television, and the Subculture : The Present Situations in Research and Archival Materials

    Koji Toba

    Modern Japanese Literary Studies   ( 94 ) 212 - 218  2016.05  [Refereed]

    DOI

  • 文壇とその外部――一九五〇年代のサークル詩集、生活記録集の編集をめぐって

    鳥羽耕史

    文学   17 ( 3 ) 198 - 213  2016.05

  • On Koike Reiko and Nakagawa Hiroto-sensei

    Koji Toba

    Tachibana   ( 71 ) 6 - 7  2016.03

  • Abe Kobo and Asahikawa

    Koji Toba

      ( 16 ) 6 - 6  2015.12

  • The Language Universe of Meian (Light and Dark)

    Kunihiko Nakajima, Koji Toba, Emmanuel Lozerand, Yuha Park, Toshiyuki Horie, Mimi Hachikai, Takashi Minamoto, Keita Koyama

    Waseda RILAS Journal   3   449 - 459  2015.10

  • The Magic Lantern Show as "Record": Mobility in Social Movement Media

    Toba Koji, translated by, Thomas Kabara

    SPUTNIK     55 - 57  2015.10

  • 書評 内藤由直著『国民文学のストラテジー——プロレタリア文学運動批判の理路と隘路』

    鳥羽耕史

    昭和文学研究   ( 70 ) 55 - 57  2015.03

  • 廃兵と原爆——大田洋子に見る戦争の記憶

    鳥羽耕史

    比較文学年誌   ( 51 ) 62 - 70  2015.03

  • 安部公房とテレビ——SFと「記録」

    鳥羽耕史

    AMC JOURNAL(AMCジャーナル 芸術情報センター活動報告書)   1   142 - 155  2015.03

  • 日本研究における国際性とは

    鳥羽耕史

    早稲田大学国際日本文学・文化研究所(WIJLC) News Letter   ( 7 ) 4 - 4  2015.02

  • 地図で見る サークル文化の勃興

    鳥羽耕史監修

    週刊 新発見!日本の歴史   ( 45 ) 16 - 17  2014.05

  • Discussion

    Shoya Unoda, Koji Toba, Chikanobu Michiba, Emiko Takeuchi, Jiyong Shin, Sonyun Hyon

    The journal of Japanese Studies   33   139 - 145  2014.03

  • Espoir under the Cold War: Confrontation with the Globalization of Nuclear Power

    Koji Toba

    The journal of Japanese Studies   33   97 - 109  2014.03

  • 辺境からFrontierへ——The Frontier Within: Essays by Abe Kōbō書評

    鳥羽耕史

    JunCture 超域的日本文化研究   ( 05 ) 160 - 162  2014.03

  • 安部公房の父・安部浅吉について

    鳥羽耕史

    郷土誌あさひかわ   55 ( 1 ) 38 - 40  2014.01

  • 『三人』から『VILLON』まで——富士正晴の同人誌

    鳥羽耕史

    徳島ペンクラブ選集   31   20 - 23  2013.12

  • 安部公房と演劇、映画、テレビ、ラジオの仕事について

    鳥羽耕史

    郷土誌あさひかわ   54 ( 3 ) 34 - 35  2013.08

  • 安部公房が描いた2013年

    鳥羽耕史

    郷土誌あさひかわ   54 ( 2 ) 34 - 35  2013.04

  • 商品としての/商品についての小説——開高健「巨人と玩具」と吉行淳之介「男と女の子」

    鳥羽耕史

    敍説   3 ( 9 ) 2 - 14  2013.03

  • 「実験場1950s」展レビュー

    鳥羽耕史

    繍   ( 25 ) 183 - 199  2013.03

  • 목각 連環画연환화 로 본 돈아시아의 連環연환 (木刻連環画にみる東アジアの連関)

    鳥羽耕史, 李先胤訳

    사막과 무늬   1   62 - 72  2013.02

  • 安部公房の「天使」と岡本太郎の「電撃」——啓示としての過去の出現

    鳥羽耕史

    郷土誌あさひかわ   54 ( 1 ) 35 - 37  2013.01

  • 書評 友田義行著『戦後前衛映画と文学——安部公房×勅使河原宏』

    鳥羽耕史

    日本文学   61 ( 9 ) 72 - 73  2012.09

    DOI

  • 桂川寛さんのこと

    鳥羽耕史

    郷土誌あさひかわ   53 ( 3 ) 34 - 35  2012.07

  • 三島由紀夫と安部公房のボクシング——ラジオドラマの実験について

    鳥羽耕史

    三島由紀夫研究   ( 12 ) 60 - 68  2012.06

  • 安部公房原作映画「友達」のリバイバル上映

    鳥羽耕史

    郷土誌あさひかわ   53 ( 2 ) 24 - 27  2012.04

  • 没後十九年目の安部公房研究

    鳥羽耕史

    郷土誌あさひかわ   53 ( 2 ) 46 - 47  2012.04

  • 研究動向 ルポルタージュ

    鳥羽耕史

    昭和文学研究   ( 64 ) 160 - 162  2012.03

  • メディア実験と他者の声——安部公房「チャンピオン」と「時の崖」

    鳥羽耕史

    国文学研究   ( 166 ) 12 - 23  2012.03  [Refereed]

  • For a New Understanding of "Hetakuso-Shi (poor Poems)": On the Characters of Sokoku no Suna (Sand of Homeland) and Keihin no Niji (The Rainbow of Keihin Industrial Zone) (With Tables of Contents and Index)

    Koji Toba

    Bulletin of the Graduate Division of Literature of Waseda University(Bulletin of the Graduate Division of Letters, Arts and Sciences of Waseda University). 3   ( 57 ) 3 - 19  2012.02

  • 安部公房とバッタ塚——開高健「パニック」から「虫は死ね」へ

    鳥羽耕史

    郷土誌あさひかわ   53 ( 1 ) 32 - 34  2012.01

  • まず「現場」があった——ルポルタージュの時代

    池田龍雄, 鳥羽耕史

    あいだ   ( 188 ) 2 - 31  2011.11

  • 早稲田の安部公房

    鳥羽耕史

    郷土誌あさひかわ   52 ( 4 ) 32 - 33  2011.10

  • 安部公房から筒井康隆へ—パヴロフ的言語とフロイト的言語—

    鳥羽耕史

    国文学 解釈と観賞   76 ( 9 ) 98 - 103  2011.09

  • 国際安部公房ワークショップ報告—ニューヨーク、京都から旭川へ—

    鳥羽耕史

    郷土誌あさひかわ   52 ( 2 ) 24 - 26  2011.04

  • 『人民文学』論—「党派的」な「文学雑誌」の意義—

    鳥羽耕史

    社会文学   ( 33 ) 28 - 44  2011.02

  • 二十一世紀のガリ版刷『原爆詩集』—平和運動と「海賊版」—

    鳥羽耕史

    本の手帳   ( 10 ) 46 - 49  2011.01

  • The Table of Contents and Index of Seikatsu to Bungaku

    Koji Toba

    Journal of Language and Literature, The Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima   18   35 - 59  2010.12

  • The Aftermath of Japan Sinks : From the End of the Postwar Economic Miracle to the "Return to Japan" Movement of the 1990s

    Koji Toba

    Japanese Literature   59 ( 11 ) 14 - 26  2010.11  [Refereed]

    DOI

  • 書評 呉美姃著『安部公房の〈戦後〉 植民地経験と初期テクストをめぐって』

    鳥羽耕史

    昭和文学研究   ( 61 ) 135 - 137  2010.09

  • 『綜合文化』と花田清輝の芸術運動

    鳥羽耕史

    社会評論   ( 162 ) 8 - 10  2010.07

  • TAKEUCHI Emiko, Post-War Japan: The Conscience Known as Nakano Shigeharu

    Koji Toba

    Modern Japanese Literature   ( 82 ) 329 - 332  2010.05

  • Memoirs and materials: The era of literary magazine "Jinmin Bungaku": an interview with the publisher, Shibazaki Kozaburo

    Chikanobu Michiba, Koji Toba

    Bulletin of the Faculty of Human Studies   ( 3 ) 209 - 237  2010.03

    CiNii

  • 合同研究会の経緯と成果

    鳥羽耕史

    Journal of Genbaku Literature   ( 8 ) 210 - 212  2009.12

  • 太宰治と花田清輝—県立図書館で「生誕100年展」—

    鳥羽耕史

    徳島新聞   ( 23541 ) 12 - 12  2009.09

  • 太宰治と徳島

    鳥羽耕史

    『太宰治資料展 照本勝紹コレクション』(徳島県立文学書道館)     4 - 5  2009.08

  • 安部公房と北海道の荒野

    鳥羽耕史

    郷土誌あさひかわ   50 ( 3 ) 40 - 41  2009.07

  • 岡本太郎の徳島体験〈上〉〈下〉

    鳥羽耕史

    徳島新聞   ( 23429-23430 ) 12 - 13  2009.06

  • ガラスのかけらの痛み—新藤兼人監督の原爆映画—

    鳥羽耕史

    『新藤兼人監督に贈る』(ガリ版の灯を守る会)     1 - 3  2009.06

  • 大西巨人と『現代芸術』

    鳥羽耕史

    『走り続ける作家 大西巨人』(福岡市文学館)     30 - 30  2008.11

  • 世代論・座談会論・サークル論—花田清輝・吉本隆明論争—

    鳥羽耕史

    現代思想   36 ( 11 ) 144 - 157  2008.08

  • 自著を語る—『運動体・安部公房』—

    鳥羽耕史

    IAS NEWS(徳島大学総合科学部広報)   13   26 - 26  2008.04

  • 安部公房「砂の女」—性的な戦略について—

    鳥羽耕史

    国文学 解釈と鑑賞   73 ( 4 ) 121 - 126  2008.04

  • 紙の中の不可耕土—開高健『ロビンソンの末裔』—

    鳥羽耕史

    昭和文学研究   ( 56 ) 97 - 110  2008.03

  • 安部公房の起点〈上〉〈中〉〈下〉

    鳥羽耕史

    徳島新聞   ( 22981-22983 ) 8,12,15 - 8,12,15  2008.03

  • 『新日本文学』の富士正晴

    鳥羽耕史

    CABIN   ( 10 ) 20 - 26  2008.03

  • 安部公房と四国

    鳥羽耕史

    郷土誌あさひかわ   49 ( 1 ) 40 - 41  2008.01

  • 私の一品一作—安部公房『壁』—

    鳥羽耕史

    ことのは   ( 20 ) 6 - 6  2008.01

  • 書きたいテーマ・出したい本—「記録」の時代としての一九五〇年代—

    鳥羽耕史

    出版ニュース   ( 2118 ) 43 - 43  2007.12

  • 戦後民衆精神史

    成田龍一, 道場親信, 鳥羽耕史, 池田雅人

    現代思想   35 ( 17 ) 205 - 229  2007.12

  • 映像のスガモプリズン—「壁あつき部屋」と「私は貝になりたい」—

    鳥羽耕史

    現代思想   35 ( 10 ) 124 - 137  2007.08

  • 正確な照準に捉えられた現在—書評『未完結の問い』(大西巨人 聞き手=鎌田哲哉)—

    鳥羽耕史

    思想運動   ( 785 ) 7 - 7  2007.07

  • The Role of Literary Museums: Exhibits on KISHI Yamaji and A Literary Age

    Koji Toba

    Modern Japanese Literature   ( 76 ) 339 - 342  2007.05

  • キャッチャー・岡本太郎—〈夜の会〉前後の芸術運動—

    鳥羽耕史

    國文學 解釈と教材の研究   52 ( 2 ) 52 - 60  2007.02

  • サークル誌ネットワークの可能性—『人民文学』と『新日本文学』から見る戦後ガリ版文化—

    鳥羽耕史

    昭和文学研究   ( 52 ) 25 - 37  2006.03

  • 月曜書房版『壁』について—共同制作としての書物—

    鳥羽耕史

    国文学年次論文集『近代IV』     91 - 97  2006.02

  • 記録される現実をつくる記録—1950年代のダムとルポルタージュ—

    鳥羽耕史

    思想   ( 980 ) 129 - 143  2005.12

  • 実践としての寓話—安部公房とイソップ—

    鳥羽耕史

    国文学 解釈と鑑賞   70 ( 11 ) 72 - 77  2005.11

  • 富士正晴の世界(1)〜(4)

    鳥羽耕史

    徳島新聞6月17日〜21日    2005.06

  • エディター・富士正晴

    鳥羽耕史

    『竹林の隠者 富士正晴展』(徳島県立文学書道館)     16 - 17  2005.06

  • The Table of Contents and Index of "Jinmin Bungaku"

    Koji Toba

    Journal of Language and Literature, The Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima   12   91 - 159  2005.02

  • 〈夜の会〉〈世紀の会〉〈綜合文化協会〉活動年表

    鳥羽耕史

    Tokushima Daigaku Kokugo Kokubungaku   ( 17 ) 14 - 34  2004.03

  • Talking about <Seiki no Kai> and ABE Kobo: An interview with KATSURAGAWA Hiroshi

    Koji Toba

    Journal of Language and Literature, The Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima   11   115 - 150  2004.02

  • S・カルマ氏の剽窃—「壁」のインターテクスチュアリティ—

    鳥羽耕史

    国文学研究   ( 141 ) 57 - 67  2003.10  [Refereed]

  • 安部公房の戦後—真善美社から〈世紀の会〉へ—

    鳥羽耕史

    國文學 解釈と教材の研究   48 ( 5 ) 32 - 39  2003.04

  • 『壁』関連テクストにおけるゴチック体—安部公房のタイポグラフィ—

    鳥羽耕史

    徳島大学国語国文学   ( 16 ) 1 - 6  2003.03

  • The Getsuyo-shobo version of "Kabe (The Wall)": A book as a collaboration

    Koji Toba

    Journal of Language and Literature, The Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima   10   95 - 107  2003.02

  • 何が「壁」なのか—安部公房「壁」についての書誌的ノート—(下)

    鳥羽耕史

    文藝と批評   9 ( 5 ) 52 - 65  2002.05

  • 「諷刺小説」から「ルポルタージュ」へ—杉浦明平『ノリソダ騒動記』の成立—

    鳥羽耕史

    昭和文学研究   ( 44 ) 27 - 39  2002.03

  • 何が「壁」なのか—安部公房「壁」についての書誌的ノート—(上)

    鳥羽耕史

    文藝と批評   9 ( 4 ) 68 - 81  2001.11

  • 宮沢賢治フィルモグラフィー—二〇〇〇年一月〜一二月—

    鳥羽耕史

    宮沢賢治研究Annual   ( 11 ) 118 - 119  2001.03

  • 'Dendrocacalia' and Avant-garde Art: Concerning "Transformation" of Kobo Abe

    Koji Toba

    Modern Japanese Literature   ( 62 ) 98 - 111  2000.05  [Refereed]

  • ルポルタージュ・シリーズ『日本の証言』について—〈現在の会〉は何を見たのか—

    鳥羽耕史

    文藝と批評   8 ( 10 ) 41 - 57  1999.11

  • 二つの結婚式場をめぐって

    鳥羽耕史

    アクター   ( 31 ) 3 - 3  1999.03

  • 宮沢賢治フィルモグラフィー—一九九八年一月—一二月—

    鳥羽耕史作成, 渡辺泰協力

    宮沢賢治研究Annual   ( 9 ) 106 - 107  1999.03

  • <家>と革命 : 安部公房『飢餓同盟』(近代部門,第十八回研究発表大会・発表要旨)

    鳥羽耕史

    Japanese literature   47 ( 6 ) 90 - 90  1998.06

    DOI CiNii

  • 宮沢賢治フィルモグラフィー—一九九六年一月—一九九七年一二月—

    鳥羽耕史作成, 渡辺泰協力

    宮沢賢治研究Annual   ( 8 ) 132 - 142  1998.03

  • 安部公房「可愛い女」—可能性としてのミュージカルス—

    鳥羽耕史

    比較文化   3   235 - 250  1998.01

  • 安部公房『第四間氷期』—水のなかの革命—

    鳥羽耕史

    国文学研究   ( 123 ) 106 - 116  1997.10  [Refereed]

  • 「国境」の思考—安部公房とナショナリティ—

    鳥羽耕史

    文藝と批評   8 ( 5 ) 41 - 50  1997.05

  • 安部公房「名もなき夜のために」—大山定一訳『マルテの手記』との関係において—

    鳥羽耕史

    比較文化   2   473 - 487  1996.11

  • 記録と芸術のあいだで—安部公房のルポルタージュ—

    鳥羽耕史

    繍   ( 7 ) 61 - 70  1995.03

▼display all

Books and Other Publications

  • 『対抗文化史 冷戦期日本の表現と運動』

    宇野田尚哉, 坪井秀人( Part: Contributor, 鳥羽耕史「第6章 きりえ画家・滝平二郎の誕生――連環画から挿絵へ」)

    大阪大学出版会  2021.10 ISBN: 9784872597394

  • 『大宅壮一文庫解体新書 : 雑誌図書館の全貌とその研究活用』

    阪本, 博志( Part: Contributor, 鳥羽耕史「二一世紀における大宅文庫の可能性」)

    勉誠出版  2021.05 ISBN: 9784585300014

  • 『〈作者〉とは何か 継承・占有・共同性』

    ハルオ・シラネ, 鈴木登美, 小峯和明, 十重田裕一( Part: Contributor, 鳥羽耕史「コラム サークル運動と〈作者〉」)

    岩波書店  2021.03 ISBN: 9784000614597

  • Minoru Shibuya

    Miyoko Shimura, Yoshinobu Tsuinoo eds( Part: Contributor)

    Suiseisha  2020.10 ISBN: 9784801005105

  • The View of Post-postwar Literature

    Kensuke Kono, Chizuko Naito, Ryuichi Narita eds( Part: Contributor, Koji Toba, Column 4 Circle Movement, Abe Kobo's Boxman: Box as an Open System)

    Heibonsha  2020.10 ISBN: 9784582838503

  • 『『現代詩』復刻版別冊 解題・総目次・執筆者索引』

    澤正宏, 加藤邦彦, 田口麻奈, 鳥羽耕史( Part: Contributor, 鳥羽耕史「政治・芸術運動のなかでの『現代詩』」)

    三人社  2020.04 ISBN: 9784866910048

  • Rethinking Postwar Japanese. Culture

    Hideto Tsuboi Ed( Part: Contributor)

    Sanninsha  2019.10 ISBN: 9784866912295

    ASIN

  • Mediology in a Time of Transformation: Reformation of Art and Media in 1950s Japan

    Koji Toba, Naoki Yamamoto Eds( Part: Joint editor)

    Shinwasha  2019.09 ISBN: 9784864051415

    ASIN

  • A New History of Japanese "Letterature" Vol. 3 The Path from "Letters" to "Literature": A Comparative History of East Asian Literatures

    KONO Kimiko, Wiebke DENECKE, SHINKAWA Tokio, JINNO Hidenori eds( Part: Contributor)

    Bensey Shuppan  2019.05 ISBN: 9784585294931

    ASIN

  • Documentary Film Archives Series Vol.3 Images of Postwar Japan: Pollution, Youth Rebellion, and the Osaka Exhibition

    Yoshiyuki NIWA, Shunya YOSHIMI, Editors( Part: Contributor)

    University of Tokyo Press  2018.07 ISBN: 9784130032520

    ASIN

  • 18 Years in Prison, Kodansha Bungei Bunko

    Tokuda Kyuichi, Shiga Yoshio( Part: Other)

    Kodansha  2017.12 ISBN: 9784062903684

     View Summary

    Wrote a commentary "Postwar Booms of Communist Party and Prison Notebooks and '18 Years in Prison'"

    ASIN

  • Chronology of Modern Japanese Literature

    Ishizaki Hitoshi, Ishiwari Toru, Oya Yukiyo, Kitani Kimie, Toba Koji, Nakajima Kunihiko eds( Part: Joint editor)

    Tokyo: Kanaeshobo  2017.02 ISBN: 9784907282301

    ASIN

  • Reading the “Circle Era”: An Invitation to Postwar Cultural Movement Studies

    Unoda Shoya, Kawaguchi Takayuki, Sakaguchi Hiroshi, Toba Koji, Nakaya Izumi, Michiba Chikanobu eds( Part: Joint editor)

    Tokyo: Kageshobo  2016.12 ISBN: 9784877144678

    ASIN

  • Children of Nishi-Ashoro, Hidaka-Monbetsu, Ishikari: Reportage and Children’s Literature in 1950s Hokkaido

    Hiranaka Tadanobu, Hira Shinji, ed. by Toba Koji( Part: Edit)

    Tokyo: Toba Koji Office of Waseda University  2016.09

  • Asia Yugaku Series 199: East Asian Cultural History of Conflicts and Fusions

    Kono Kimiko, Wang Yong eds( Part: Contributor)

    Tokyo: Bensey Shuppan  2016.08 ISBN: 9784585226659

    ASIN

  • Empire of Censorship: Control and Regeneration of Culture (Korean Translation of the Japanese Original)

    Jung Keunsik, Han Gihyeong, Yi Hyeryong, Kono Kensuke, Ko Youngran eds( Part: Contributor)

    Seoul: Purun Yoksa  2016.02 ISBN: 9791156120650

     View Summary

    Toba Koji, Formation of the “A-Bomb Poet” and Censorship/Editing: The Political Environment that sorrounded Texts of Toge Sankichi

  • Intellectual History of People Vol. 3 1960 campaign against the U.S.-Japan Security Treaty: Around 1960

    Kurihara Akira ed( Part: Contributor)

    Tokyo: Iwanami Shoten  2015.09 ISBN: 9784000288033

     View Summary

    Toba Koji, Sakamoto Kyu: “De”-Politicization of Pop Culture

  • Sugiura Minpei's Dark Nights Diary 1941-45: Wartime Tokyo and Daily Life in Atsumi Peninsula

    Wakasugi Michiko, Toba Koji eds( Part: Joint editor)

    Tokyo: Ichiyosha  2015.07 ISBN: 9784871960571

    ASIN

  • “Genzai” Commentary and Bibliographical Introduction with a Table of Contents and Index

    Toba Koji, Oda Mitsuki( Part: Joint author)

    Kyoto: Sanninsha  2015.07

     View Summary

    Commentary and Bibliographical Introduction

  • 『文藝別冊 KAWADE夢ムック 生誕85年記念総特集 開高健 体験からの文学』

    河出書房新社編集部編( Part: Contributor)

    河出書房新社  2015.06 ISBN: 9784309978611

    ASIN

  • 『「いま日鋼争議六〇年を語りつぐ集い」によせて』

    鳥羽耕史( Part: Contributor)

    ぐりんぴーす  2015.02

  • "Reportage Japan’s testimony" Commentary and Bibliographical Introduction with Related Materials

    Toba Koji( Part: Sole author)

    Kyoto: Sanninsha  2014.12 ISBN: 9784906943906

  • Empire of Censorship: Control and Regeneration of Culture

    Kono Kensuke, Ko Youngran, Jung Keunsik, Han Gihyeong, Yi Hyeryong eds( Part: Contributor)

    Tokyo: Shin’yosha  2014.08 ISBN: 9784788514010

     View Summary

    Toba Koji, Formation of the “A-Bomb Poet” and Censorship/Editing: The Political Environment that sorrounded Texts of Toge Sankichi

    ASIN

  • Documentary Film Archives Series Vol.2 From Postwar Reconstruction to High Growth: Democratic Education, Tokyo Olympics, and Nuclear Power Generation

    Niwa Yoshiyuki, Yoshimi Shun’ya eds( Part: Contributor)

    Tokyo: University of Tokyo Press  2014.07 ISBN: 9784130032513

    ASIN

  • 『近代文学年表 増補版』(4版、共編)

    年表の会(石崎等, 石割透, 大屋幸世, 木谷喜美枝, 中島国彦, 鳥羽耕史, 編

    双文社出版  2014.03 ISBN: 9784881640937

  • 『安部公房 メディアの越境者』(編著)

    鳥羽耕史編

    森話社  2013.12 ISBN: 9784864050555

  • 『安部公房を語る 郷土誌「あさひかわ」の誌面から』(共著)

    渡辺三子, 田中スエコ編

    あさひかわ社  2013.12 ISBN: 9784990752507

  • 『東北文学事典』(共著)

    日本近代文学会東北支部編

    勉誠出版  2013.06 ISBN: 9784585200161

  • 『震災後に読む文学』(共著)

    堀内正規編

    早稲田大学出版部  2013.03 ISBN: 9784657133021

  • 『戦争を〈読む〉』(共著)

    石川巧, 川口隆行編

    ひつじ書房  2013.03 ISBN: 9784894766440

  • 『生誕一〇〇年 杉浦明平の眼 ルポルタージュ——自己を見失わない生き方から小説・批評・エッセイへの軌跡』

    田原市博物館編( Part: Contributor)

    田原市博物館  2013.01

  • 『現代社会学事典』(共著)

    見田宗介顧問, 大澤真幸, 吉見俊哉, 鷲田清一編

    弘文堂  2012.12 ISBN: 9784335551482

  • 『「戦後」日本映画論 一九五〇年代を読む』(共著)

    ミツヨ・ワダ・マルシアーノ編

    青弓社  2012.10 ISBN: 9784787273246

  • 『実験場1950s』(共著)

    鈴木勝雄, 桝田倫広, 大谷省吾編

    東京国立近代美術館  2012.10 ISBN: 9784907102005

  • 『日本語文章・文体・表現事典(縮刷版)《文学編》小説・詩・短歌・俳句名作の表現[実例]鑑賞』(共著)

    中村明, 十重田裕一, 宗像和重編

    朝倉書店  2012.06 ISBN: 9784254510423

  • 『記録映画アーカイブ1 岩波映画の1億フレーム』(共著)

    丹羽美之, 吉見俊哉編

    東京大学出版会  2012.05 ISBN: 9784130032506

  • 『アクター縮刷版 もうひとつの新劇史』(分担執筆「二つの結婚式場をめぐって」、p.113-113/212)

    池田一臣編

    現代劇センター真夏座  2012.03

  • 『杉浦明平を読む “地域”から“世界”へ—行動する作家の全軌跡』(共著)

    別所興一, 鳥羽耕史, 若杉美智子

    風媒社  2011.08 ISBN: 9784833120746

  • 『『人民文学』 解説・解題・回想・総目次・索引(DVD付)』(共著)

    鳥羽耕史, 道場親信, 柴崎公三郎

    不二出版  2011.08 ISBN: 9784835066424

  • 『太宰治研究19』(共著)

    山内祥史編

    和泉書院  2011.06 ISBN: 9784757605916

  • 『日本語文章・文体・表現事典』(共著)

    中村明, 佐久間まゆみ, 高崎みどり, 十重田裕一, 半沢幹一, 宗像和重編

    朝倉書店  2011.06 ISBN: 9784254510379

  • 『貴司山治研究 〈「貴司山治全日記DVD版」別冊〉』(共著)

    貴司山治研究会編

    不二出版  2011.01 ISBN: 9784835059891

  • 『宮澤賢治イーハトヴ学事典』(共著)

    天沢退二郎, 金子務, 鈴木貞美編

    弘文堂  2010.12 ISBN: 9784335950377

  • 『1950年代 「記録」の時代』(単著)

    鳥羽耕史

    河出書房新社  2010.12 ISBN: 9784309624235

  • 『石川淳と戦後日本 日文研叢書』(共著)

    ウィリアム・J・タイラー, 鈴木貞美編

    国際日本文化研究センター  2010.04 ISBN: 9784623056170

  • 『石川淳と戦後日本 日文研叢書45』(共著)

    ウィリアム・J・タイラー, 鈴木貞美編

    国際日本文化研究センター  2010.03 ISBN: 9784901558501

  • 『KAWADE夢ムック 文藝別冊 開高健 生誕80年記念総特集』(共著)

    河出書房新社  2010.01 ISBN: 9784309977294

  • 『『綜合文化』解説・総目次・索引』(単著)

    鳥羽耕史

    不二出版  2009.10 ISBN: 9784835051642

  • 『戦後日本スタディーズ1 40・50年代』(共著)

    岩崎稔, 上野千鶴子, 北田暁大, 小森陽一, 成田龍一編

    紀伊國屋書店  2009.09 ISBN: 9784314010528

  • 『運動体・安部公房』(単著)

    鳥羽耕史

    一葉社  2007.05 ISBN: 9784871960373

  • 『現代女性作家読本5松浦理英子』(共著)

    清水良典編

    鼎書房  2006.06 ISBN: 4907846363

▼display all

Misc

Works

  • Showa Era projected by Magic Lantern Films: Picure Books and Coalmine, YIDFF related event

    Hana Washitani, Hidenori Okada, Koji Toba  Artistic work 

    2019.10
     
     

     View Summary

    Narrator.

  • 「『青春の設計』から『燃えつきた地図』へ」というタイトルで映画上映、およびUCLAのジョン・リージャー(John Leisure)とのトーク。「安部公房の燃えなかった家(Abe Kobo's Houses not to be burnt)」という短い発表を含む。

    Artistic work 

    2018.09
    -
     

  • 「池田龍雄を貫くもの―ルポルタージュからパフォーマンス、オブジェまで」というタイトルで池田龍雄氏と記念対談

    Artistic work 

    2018.05
     
     

  • 1950年代 幻灯上映会で、幻灯「松川事件 1951」のナレーション担当後、鷲谷花氏、道場親信氏とトークセッション(原爆の図丸木美術館)

    Artistic work 

    2015.04
    -
     

  • たいめいシネマ特別上映:みらい館大明幻灯上映会で、幻灯「トラちゃんと花嫁」のナレーション担当(みらい館大明)

    Artistic work 

    2014.08
    -
     

  • 山形国際ドキュメンタリー映画祭「やまがたと映画」プログラム中の「幻灯の映す家族」で、幻灯「痛くないお産 第一部 無痛分娩の知識」のナレーション担当(山形美術館)

    Artistic work 

    2013.10
    -
     

  • 「映像をめぐる冒険vol.5 記録は可能か。」展における幻灯「みんなで守ろう 水俣のたたかい」のナレーション担当(東京都写真美術館)

    Artistic work 

    2012.12
    -
    2013.01

  • 「岩波映画「佐久間ダム」の水脈展」の展示構成(記録映画保存センター主催、株式会社21インコーポレーション共催)

    Artistic work 

    2009.04
    -
    2009.05

▼display all

Research Projects

  • 高度成長期のマスメディアとサークルの「記録」との相互関係についての研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    Project Year :

    2020.04
    -
    2025.03
     

    鳥羽 耕史

  • Screen Media and Social Movements in Modern Japan

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

  • 占領期ローカルメディアに関する資料調査および総合的考察

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    Project Year :

    2016.04
    -
    2021.03
     

    大原 祐治, 水溜 真由美, 仁平 政人, 川口 隆行, 天野 知幸, 石川 巧, 森岡 卓司, 鈴木 貴宇, 佐藤 泉, 坪井 秀人, 鳥羽 耕史, 光石 亜由美, 牧 義之

     View Summary

    共同研究の第3年目にあたる今年度は、研究成果の取りまとめと公開に向け、『地方総合文芸雑誌事典(仮)』の企画を立てることから出発した。
    占領期における地方雑誌は、ごく小規模の職域サークルや青年会などを刊行母体とするものから、戦時下の一県一紙体制によって統合された地方新聞社を刊行母体とするものまで大小様々に存在し、その刊行点数は膨大である。従って、そのすべてを視野に入れ、地方雑誌の全容を一度に把握することは難しい。本共同研究では、このような限界について改めて認識した上で、まずは各都道府県においてもっと規模が大きく明確な特徴をもった雑誌群に着目することを優先することとした。
    具体的な方針としては、地方新聞社等、相対的に大きな刊行母体を持つ地方雑誌に焦点を絞り、その概要を把握するとともに、それらの雑誌における都道府県間での差異や特徴を可視化し、その調査研究の成果を一つの事典としてまとめることを確認するに至った。この事典の版元としては、地方出版史を含む出版文化史全般に関する資料を多く刊行すると共に、古書店として地方出版物を多く取り扱い、豊かなノウハウを有する金沢文圃閣(石川県金沢市、代表・田川浩之氏)に協力を得ることができた。
    すでに事典の刊行趣意書をまとめた上、共同研究者以外の研究者を含む執筆者の選定も終え、執筆依頼を行うところまで作業は進展している。年間の活動としては、出版企画の打ち合わせと資料の探索を兼ねて金沢文圃閣を訪問し、現地で研究会を開催したほか、出版企画のための打ち合わせを行った。

  • Research project on lantern slide culture in Showa Japan

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

    Washitani Hana

     View Summary

    Japanese term "gentou" (originally a translation of the English "magic lantern") means the projection system enlarging and projecting still images onto a large screen. Most studies argue that these still-image projection media declined in the early twentieth century Japan with the arrival of the motion picture. So there were few studies on the post-cinematic gentou history in Japan. However, in this research project, we tried to shed light on the revival and redevelopment of gentou in mid-twentieth-century Japan, focusing on gentou in the post-war social movements. We discovered several gentou films and scripts used in various post war social movements, including labor disputes, social welfare movements, and so on. We did interviews people involved in gentou movements or their families, and clarified several unknown facts about production, distribution, and screening gentou in 1950s social movements. We also restored several important gentou films and showed them to the public.

  • Analysis of Student Movement and Awareness of the Youth in the 1950s from the Newly Discovered Documents at Tadao Yanaihara Research Institute of Student Issues

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A)

    Project Year :

    2013.04
    -
    2018.03
     

    Yoshimi Shunya

     View Summary

    This research started from the arrangement of newly discovered documents at Tadao Yanaihara Research Institute of Student Issues and analyzed the changes in the awareness of the youth and student movement from multiple perspectives. Through an examination of the documents, it found out the the connection with the activities of the students’ magazine circle and The American Asia Foundation of the same research institute and re-situated the multi-layerness of the autonomy of the University in the postwar Japanese society. In addition, the cataloguing and digitilization of the documents of this project clearly presented their detailed contents and academic value. Through a placing to the public domain, these documents are open them to the public and for free use for future research. This research thus contributed to the scholarship in Japan.

  • Extended research on circle movement and literature in postwar Japan

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2012.04
    -
    2015.03
     

    TOBA Koji

     View Summary

    I have carried out my research in order to clarify the actual situation of the movement of "Kiroku(Reportage/Documentary)" in the broad meaning and the circle movement which was popular in the postwar Japan. The main achievements are: re-evaluation of Abe Kobo's experimentation with radio dramas and TV dramas in the relationship between SF and "Kiroku" in the broad meaning, research on the movement of Renkanga(Lianhuanhua) and Woodcut as a example of the relationship between Japanese circle movement and East Asia, especially mainland China.

  • Multi-faceted Analyses of the Early Cold War Culture in East Asia

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2010.04
    -
    2015.03
     

    NARITA Ryuichi, IWASAKI Minoru, TSUBOI Hideto, TOBA Koji, TOBE Hideaki, MARUKAWA Tetsushi, YOSHIMI Syunya, WATANABE Naoki, SATO Izumi

     View Summary

    The "postwar" era regards the Cold War regime in general in world history perspective. Under this recognition, "postwar culture" which has been national history manner consideration, our project examined re-grasping the "Cold War culture". The project has been subjected to re-contextualize and inspect the intellectual history of "Japan" in the East Asia, yet the project found "war experience" was a major axis for Japanese intellectual history. The project studied how “the Asia-Pacific War experience" has been reviewed in the postwar era under the influence of the Korean War and the Vietnam War. Also the project especially concentrated on the elucidation of any summary has been made on Okinawa. The Cold War culture was often lay out to movies and popular fiction so that the project also examined Cold War Culture era movies. Our project forged the concept of the Cold War culture through these processes.

  • Substantial study of local cultural activities in the 1950s

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2010.04
    -
    2015.03
     

    OUCHI Hirokazu, MIZUTAMARI Mayumi, ISHIHARA Shun, OSA Shizue, KUROKAWA Midori, TOBA Koji

     View Summary

    While the 1950s had a continuity with before war and the war time period, we clarified that it had a decisive meaning for the formation of the social system and the public consciousness after the war from historical materials at that time.About these,we published the writing of a large number of presentations at the meeting and a large number of books.In addition,we were able to make that the present age was a turning point in the society after the war clear more by reexamining the 1950s.About these,we published the writing of a large number of magazine articles,a large number of presentations at the meeting and a large number of books,too.

  • Images of Postwar Japan in Documentary Film Archives

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2010.04
    -
    2014.03
     

    NIWA YOSHIYUKI, YOSHIMI Syunya, TSUTSUI Takefumi, NAKAMURA Hideyuki, TOBA Koji

     View Summary

    We collected and preserved approximately 10,000 documentary films, including 4,000 negative films produced by Iwanami Productions. Among 6,000 of these, we compiled a database and opened up an online search system. In addition, we also held symposiums and workshops (screening seminars) for ten times in total, in order to discuss the image of the postwar Japan by utilizing the documentary films, which we collected and preserved. In result, we have published a series of books, titled "Documentary Film Archives" from University of Tokyo Press. Moreover, we produced and released a feature length documentary film, "Dream & Melancholy: Yoshino Keiji and Iwanami Productions", using our collection of documentary films. This feature film earned an award for excellence in the Documentary Film Category, Film Awards 2011 of the Agency for Cultural Affairs, Government of Japan, and it was screened on various film festivals.

  • 戦後期日本のサークル運動と文学についての発展的研究

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(C))

    Project Year :

    2012
    -
    2014
     

     View Summary

    戦後期の日本で広く普及していたサークル運動と広い意味での「記録」の運動の実態を明らかにするため、調査・研究を行なった。また、サークル運動において中心的なジャンルであり、しばしば共同的な形で制作された詩やルポルタージュなどの文学についても、同時代の前衛的な文学・芸術運動や政治運動との関連の中での研究を行なった。
    まず、「記録」の問題については、東京都現代美術館学芸員の関直子氏の協力を得て、「ルポルタージュ作家・グルメ作家としての桂ゆき」という講演を行なった。また、桜美林大学において行なわれたThe 17th Asian Studies Conference Japan (ASCJ)でのSession 25: Bundan Snark Panelにおいて、How the “Truth” Is Sponsored: Koyama Itoko and the Controversy over Dam Siteという研究発表を行ない、小山いと子の『ダム・サイト』という事実をもとにしたフィクションが引き起こした問題についての考察を行なった。
    さらに、当時の運動の一つの中心でもあった安部公房について集中的に研究し、国際学会であるAASでの口頭発表でFrom Bataille and Kafka to Abe Kobo: Via Okamoto Taro and the Night Societyを発表したのをはじめ、「安部公房が描いた2013年」、「安部公房の父・安部浅吉について」、「辺境からFrontierへ――The Frontier Within: Essays by Abe Kobo書評」といったエッセイ・書評や、『安部公房を語る 郷土誌「あさひかわ」の誌面から』といった共著などを刊行した。

  • 1950年代における地域文化活動の実証的研究-民衆の自己教育運動の史資料発掘

    科学研究費助成事業(松山大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(B))

    Project Year :

    2010
    -
    2014
     

     View Summary

    大内裕和『日本の奨学金はこれでいいのか!』は、1950年代において大きな問題となった教育と貧困、教育の機会均等の問題が、その後どのように変容していったのかを考察する歴史研究の成果である。教育と貧困、教育の機会均等という1950年代に浮上した問題が、現在新たな意味をもつようになっていることを明らかにしている。黒川みどり「日本近代部落史研究と被差別民」は被差別民に焦点を当て、これまでの日本近代部落史研究の捉え直しを行う研究成果である。また黒川みどり「文明中心移動説の形成」は、内藤湖南のアジア認識を対象として、日本近代思想史のあり方を植民地主義や差別の視点から相対化する研究成果である。長志珠絵『占領期・占領空間と戦争の記憶』「“CITY MAP OF KYOTO”**を「読む」―占領期研究序論―」「戦争の事後を考えるー東京市忠霊塔のゆくえ」は、戦後の占領期研究を、思想史的方法によって読みかえる試みである。1950年代論の新たな展開を行ったという点で、共同研究のテーマとも合致した貴重な研究成果である。水溜真由美「労働者の共同性とサークル運動 : 熊沢誠の「労働社会」論を手がかりに」は、労働者の共同性に着目して、サークル運動のあり方を考察した研究である。1950年代の地域文化活動のあり方に新たな視点を加えた研究成果である。鳥羽耕史「チャタレイ裁判と戦争」は、チャタレイ裁判を取り上げ、文学と戦争との関係を考察した研究成果である。石原俊『<群島>の歴史社会学』は、<群島>という周辺の視点から戦後日本や国民国家のあり方を再検討した歴史社会学研究の成果である。

  • 東アジアにおける前期冷戦文化の多角的考察

    科学研究費助成事業(日本女子大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(B))

    Project Year :

    2010
    -
    2014
     

     View Summary

    本年度も冷戦文化研究会を定期的に開催し、各自の成果を共有することをおこなった(6月29日。11月17日。3月16日)。1950年代を扱った著作(中谷いずみ『その「民衆」とは誰なのか』青弓社、2013年)および、冷戦期の記憶のあり方を扱った著作(長志珠絵『占領期・占領空間と戦争の記憶』有志舎、2013年)の合評会を著者を招いて行った。また、石原俊(明治学院大学准教授)の報告がなされた。沖縄近現代史講義も継続させ、沖縄から比屋根照夫(琉球大学名誉教授)を招き、沖縄近現代史について報告してもらった。6月16日、9月7日、2月16日と、三回の報告を受けた。歴史を踏まえた現在の沖縄文化が議論の対象となり、比屋根の仕事の検討、および沖縄のいまをめぐって議論を重ねた。冷戦文化を理解するときに要となる沖縄の文化と歴史を学ぶ試みとして大きな成果を挙げた。本研究の成果を国際的に発信する試みとして、研究代表者・成田龍一と研究分担者の坪井秀人、鳥羽耕史が、安丸良夫(一橋大学名誉教授)、長志珠絵(神戸大学教授)とともに、10月16日~22日にかけてアメリカに出かけた。ニューヨークのコロンビア大学を会場として開かれたMJHW(近現代日本学会)のパネルとして、戦後歴史学の再検討をおこない、安丸が基調講演、成田が報告をした。また今年度は、教科書を軸とする考察をおこない、「教科書を/で考える」と題するワークショップを、8月29日、3月8日と二回にわたって催した。冷戦文化のなかでの歴史教育に接近する試みであった。さらに、成田は、「「3.11」を経て、あらためて戦後思想を考える」と題するセミナーを4月18日、5月16日、5月30日、6月13日、6月20日の4回にわたっておこない、冷戦文化のなかにおける作家・大江健三郎、社会学者・見田宗介、映画監督・篠田正浩、さらに文化人類学者・山口昌男について論じた。

  • Substantial study of local cultural activities in the 1950s

    Project Year :

    2010
    -
    2014
     

     View Summary

    While the 1950s had a continuity with before war and the war time period, we clarified that it had a decisive meaning for the formation of the social system and the public consciousness after the war from historical materials at that time.About these,we published the writing of a large number of presentations at the meeting and a large number of books.In addition,we were able to make that the present age was a turning point in the society after the war clear more by reexamining the 1950s.About these,we published the writing of a large number of magazine articles,a large number of presentations at the meeting and a large number of books,too

  • Images of Postwar Japan in Documentary Film Archives

    Project Year :

    2010
    -
    2013
     

     View Summary

    We collected and preserved approximately 10,000 documentary films, including 4,000 negative films produced by Iwanami Productions. Among 6,000 of these, we compiled a database and opened up an online search system. In addition, we also held symposiums and workshops (screening seminars) for ten times in total, in order to discuss the image of the postwar Japan by utilizing the documentary films, which we collected and preserved. In result, we have published a series of books, titled "Documentary Film Archives" from University of Tokyo Press. Moreover, we produced and released a feature length documentary film, "Dream & Melancholy: Yoshino Keiji and Iwanami Productions", using our collection of documentary films. This feature film earned an award for excellence in the Documentary Film Category, Film Awards 2011 of the Agency for Cultural Affairs, Government of Japan, and it was screened on various film festivals.

  • Basic research on circle movement and literature in postwar Japan

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2009
    -
    2011
     

    TOBA Koji, SUGAMOTO Yasuyuki

     View Summary

    This research revealed that circle movement and reportage movement worked together to bear fruits of literature and cinema which have not been well known. The result is represented by the book titled 1950s : The Era of "Kiroku(Reportage/Documentary)". We interviewed key persons of postwar literature, circle movement, and reportage movement. We investigated the rolls of typical magazines of the era, making the tables of contents and indexes of them.

  • Basic research on political and artistic avant-gardes and their relation to reportage literature in postwar Japan

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B)

    Project Year :

    2006
    -
    2008
     

    TOBA Koji

  • Cultural history in 1950's in Japan, deal with circle movement

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2004
    -
    2007
     

    NARITA Ryuichi, IWASAKI Minoru, OSA Shizue, SATO Izumi, IBBA Koji, MIZUTAMARI Mayumi

     View Summary

    Narita Ryuichi and Toba Koji, Sato Izumi, Iwasaki Minoru, Michiba Chikanobu, Tobe Hideaki have monthly workshop deal with "JINMIN BUNGAKU" which is the magazine of circle movement.
    They published the result of workshop as supplement of "GENDAI SHISO" (SENGO MINSYU SEISINNSI =The popular mentality of Post-war Japan 2007. 12)."GENDAI SHISO" includes three articles which they wrote. One is "Shimomaruko Bunkasyudan and his era" and the other is "Ezima Kan", which are written by Michiba. And this magazine includes Iwasaki's article titled "Between the Poem and work",also."GENDAI SHISO" has also reprinted the clnology concerning the Shimomaruko Bunkasyudan written by Kido Noboru,and the articles concerned the circle magazine published in Shimomaruko aria, for example "Tanpopo" "Aburasashi". So, "GENDAI SHISO" is very useful for research the era of 1950's history in Japan, especially in cultural history.
    And they ordered the circle magazine which Hamaga Tomohiko has collected.
    Osa Shizue researched AmamiIsland,and Toba researched the circle magazine in Hokkaido.
    Narita, Iwasaki and Toba participated the international conference in Columbia University in 2004-2007 hosted by MJHW (Modern Japanese History Workshop). They reported the cultural history in 1950's in Japan.
    And Toba and Ikegami reported in the TURUMI KAZUKO Symposium in Kyoto in 2007.

  • 戦後期日本の前衛文学・芸術と記緑文学についての基礎的研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)

    Project Year :

    2003
    -
    2005
     

    鳥羽 耕史

     View Summary

    前年度に引き続き、国内外の図書館・文学館・美術館において前衛文学・芸術と記録文学についての資料収集を行い、当時の関係者へのインタビューも行う一方、安部公房を中心とする前衛文学や戦後の政治・芸術運動に関する事実の整理を行った。
    「実践としての寓話-安部公房とイソップ-」は、安部公房が政治的前衛として直接性を希求するあまり、文学的に低迷したと言われる時期の寓意文学を扱った。イソップ寓話の改作にオリジナルを混ぜて発表された安部の寓話には、言論による実践の一形態として、直接的に労働者・人民に訴える力としての期待がこめられていた。こうした作風は重層的な意味を持った前衛文学やストレートな記録文学に対して軽視されがちであるが、当時の状況下でのターゲットと効果を踏まえれば、新たな鉱脈として見えてくるのである。
    「サークル誌ネットワークの可能性-『人民文学』と『新日本文学』から見る戦後ガリ版文化-」は、前年度の成果「『人民文学』総目次」をフルに活用することで実現した最初の成果である。1950年代に流行したガリ版サークル誌についての研究であるが、これらの雑誌の現物の多くは失われてしまっている。そのため、個々の雑誌の情報を集めた二雑誌、『新日本文学』と『人民文学』に注目し、その批評言説や転載テクストによってサークル誌が置かれていた状況とその可能性を探る試みである。二誌を通して見えてくるのは、よく言われる東京一極集中型の大量出版・大量消費時代の文学ではなく、匿名性や共同性を帯びた小規模出版のネットワークによって形づくられた共同的な文学の場であった。これは今日のデジタル・ネットワーク時代に再考される価値を十分に持つものである。
    三年間の研究を通じ、戦後期の前衛文学・芸術と記録文学が、相互に複雑に絡みあって形成されていく様が見えてきた。今後も同時代の政治状況との関連を重視しながら研究を進めていきたい。

  • A Multidisciplinary Study of the Origins and Development of 'Table Talk' in Modern Japan

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2003
    -
    2005
     

    SATO Nobuhiro, YAMAZAKI Yoshimitsu, HATANAKA Kenji, TOBA Koji, TSUCHIYA Sinobu, MORIOKA Takashi

     View Summary

    The aim of this project is to make clear the development of 'table talk' as a literary genre in modern Japan, mainly dealing with periodical magazines. Thus far, we have examined how 'table talk' influenced the relationship between the author and the reader and, furthermore, functioned as a framework for creative/critical writing for writers to act as spokespeople of social consciousness.
    The achievements of our project can be listed as follows : first of all, thanks to our continuing basic research on the 'table talk' articles which appeared in Japanese magazines, we have compiled a large database of information about Japanese table talk. This particularly significant because scholars have previously paid little attention to this field and the genre of 'table talk' has remained a blank section in Japanese literary history. Our project completion report includes the whole body of the database.
    Secondly, we have established a network connecting academics in the field during the three years of our research project, by holding regular sessions and seminars not only among the members of the project but also with guest speakers. For example, in August 2005, we invited Mr.Koichiro Hoshino to our seminar. Mr.Hoshino was an editor of Bungaku (Iwanami Publishers), a literary magazine which has published various 'table talk' articles. Also in our regular sessions, we had active discussions about a range of topics to extend each scholar's area of study. The titles of our sessions have included : 'The Birth of "Table Talk" in Modern Japan', 'Shincho Gappyokai as Table Talk and Its Conditions', 'Why Is Table Talk Called "Table Talk"?', 'Table Talk after the War', 'Dialogic Forms in Memoirs in Early Modern Japan', and 'The Birth of a Compilation of Conversations'. Through these workshops, we have made clear the birth and development of 'table talk' in modern Japan, its connection with the early modern period and subsequent disconnection from it, the pioneering significance of 'critical sessions' popular in the Meiji era, the interrelationship between 'table talk' and the developing mass media, and the influence of 'table talk'. The details of these achievements are described in our project completion report.

▼display all

Presentations

  • Part 1: On the Woodcut Movement and the Lianhuanhua in East Asia, Part 2: Colonial Afterlives: From Abe Kōbō to "Sukiyaki"

    Koji Toba  [Invited]

    Talk of Professor Koji Toba of Waseda University  (Korea University)  Education and Research Group for Chinese & Japanese Language and Culture, Brain Korea 21 Plus, Korea University

    Presentation date: 2019.09

  • Precarity in School of Echoes

    Koji Toba

    Sixth Annual UCLA Trans-Pacific Workshop  (UCLA)  UCLA Terasaki Center for Japanese Studies, Department of History, UCLA Asia Pacific Center

    Presentation date: 2019.06

     View Summary

    I changed the title from the program.

  • Disabled Soldiers and Atomic Bomb Victims: Ota Yoko’s Representations of Wounds

    Koji Toba

    In Panel 168 "Voiced Trauma, Silenced Bodies: A Gendered Discourse of Violence in Twentieth-Century China and Japan" of The Annual Conference of Association for Asian Studies (AAS)  (Denver)  AAS

    Presentation date: 2019.03

  • サブ・リアリズムの射程 ― 美術、文学、映画における底辺・周縁への視線

    鳥羽耕史  [Invited]

    戦後日本の写真史と文化運動 〈リアリズム〉のゆくえ  (山形大学人文社会科学部棟1号館1階103号室)  山形大学人文社会科学部附属映像文化研究所

    Presentation date: 2019.03

  • 1950年代の雑誌・サークル文化と学生運動

    鳥羽耕史

    学生たちの戦後  (東京大学弥生講堂一条ホール)  東京大学大学院情報学環吉見俊哉研究室、東京大学文書館協力

    Presentation date: 2019.03

  • 渥美の政治と暮らしを記録した作家、杉浦明平

    鳥羽耕史  [Invited]

    (田原市立渥美図書館)  田原市立渥美図書館

    Presentation date: 2019.03

  • Session I: Questions of Ontology, Epistemology, Language

    Robert Tierney, Shota Iwasaki, Joan Ericson, Ross King, Koji Toba  [Invited]

    PASSING, POSING, PERSUASION: CULTURAL PRODUCTION AND COLONIALITY IN MODERN JAPAN  (University of British Columbia) 

    Presentation date: 2019.03

     View Summary

    Participated as a discussant.

  • The Year of Revolt or "100th Year of Meiji"?: On The Cultural Spectrum of 1968 in Japan

    Koji Toba

    Words and Violence: Global History of the 1968 Protests in Japan and its Contemporary Meaning  (Leiden University) 

    Presentation date: 2018.08

  • "100th Year of Meiji" and Abe Kobo: On the Dramatization of Enomoto Takeaki

    Koji Toba

    Trans-Pacific Workshop  (Washington University) 

    Presentation date: 2018.06

  • Abe Kobo and Experimental TV Dramas in Postwar Japan

    Koji Toba

    (UC Santa Barbara SSMS 2135) 

    Presentation date: 2018.06

  • Abe Kobo and his consciousness of ethnicity

    Koji Toba

    The Poetics of Passing: Interrogating Self-Fashioning as the Other in Zainichi Cultural Production  (Michigan State University) 

    Presentation date: 2018.04

  • 文化運動のなかの民衆と伝統

    鳥羽耕史  [Invited]

    戦後空間シンポジウム01 民衆・伝統・運動体  (建築会館ギャラリー)  日本建築学会 建築歴史・意匠委員会(企画:同委員会 戦後空間WG)

    Presentation date: 2017.12

  • 日本研究の国際化とナショナリズム――安部公房と在日文学研究を事例に

    鳥羽耕史

    国際シンポジウム「東アジアの文学・文化研究の国際化とナショナリズムの陥穽」  (早稲田大学戸山キャンパス 33号館3階第1会議室)  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「近代日本の人文学と東アジア文化圏 ―東アジアにおける人文学の危機と再生」第2グループ

    Presentation date: 2017.12

  • Past, Self, and Community: The Repetition and The Renewal of Abe Kōbō

    Koji Toba

    UCLA Trans-Pacific Workshop 

    Presentation date: 2017.06

  • Colonial Afterlives: From Abe Kōbō to "Sukiyaki"

    Koji Toba

    (Chicago University) 

    Presentation date: 2017.05

  • Colonial Afterlives: From Abe Kōbō to "Sukiyaki"

    Koji Toba

    (Columbia University) 

    Presentation date: 2017.04

  • The Circle Movement in the 1950s and its Imaginative Power in East Asia

    Koji Toba  [Invited]

    Zainichi Literature Workshop  (Lehigh University) 

    Presentation date: 2017.04

  • Colonial Afterlives: From Abe Kōbō to "Sukiyaki"

    Koji Toba

    (UC Berkeley) 

    Presentation date: 2017.03

     View Summary

    A talk at the class of Associate Professor Dan O'Neill.

  • Circle Movements and Authors

    Koji Toba

    International Symposium “Rethinking Authorship in East Asia and Europe”  (Columbia University - Kent Hall, Room 403)  Co-sponsored by the Donald Keene Center of Japanese Culture, the Department of East Asian Languages and Cultures, the Ryusaku Tsunoda Center of Japanese Culture at Waseda University, and the Global Japanese Studies Model Unit, Waseda University Top Global University Project, supported by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan

    Presentation date: 2017.03

  • 戦後文化運動研究と道場親信――『下丸子文化集団とその時代――1950年代サークル運動の光芒』(みすず書房、2016年)について

    鳥羽耕史  [Invited]

    社会運動論研究会  (大阪経済法科大学麻布台セミナーハウス)  社会運動論研究会

    Presentation date: 2016.12

  • 戦後文化運動研究の成果と課題

    鳥羽耕史

    東アジア日本研究者協議会第一回国際学術大会  (韓国仁川Songdo Convensia) 

    Presentation date: 2016.12

     View Summary

    「東アジア冷戦と1950年代日本の文化運動」パネルでの発表。

  • 社会的画家・新海覚雄の軌跡

    鳥羽耕史  [Invited]

    常設展特集「燃える東京・多摩 画家・新海覚雄の軌跡」講演会  府中市美術館

    Presentation date: 2016.08

  • Abe Kobo’s Biopolitics/Thanatopolitics: Thinking between Jigyo(A Project) and R62 gou no hatsumei(The Invention of R62)

    Koji Toba

    Third Annual UCLA Trans-Pacific Workshop: The Politics of Life and Death  Terasaki Center for Japanese Studies, Department of History

    Presentation date: 2016.06

  • 下丸子からルポルタージュ叢書へ——〈現在の会〉がつないだもの

    鳥羽耕史

    日文研・共同研究会「戦後日本文化再考」第2回共同研究会  (国際日本文化研究センター) 

    Presentation date: 2015.06

  • Sakamoto Kyu and Japanese Nationalism via the United States: “De”-Politicized Pop Culture

    Koji Toba

    UCLA Trans-Pacific Workshop 

    Presentation date: 2015.06

  • 世田谷デザイン学校(特設)第4講「プロパガンダの図像と手法」

    鳥羽耕史

    「松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて展」関連企画 

    Presentation date: 2014.11

  • Godzilla and Gojira in 2014 Japan

    Koji Toba

    documenting political: Godzilla returns  (NYU) 

    Presentation date: 2014.10

  • 木版画・連環画とサークル運動

    鳥羽耕史

    第8回戦後文化運動合同研究会 

    Presentation date: 2014.08

  • The Future of Literary Studies Inspired by the 1950s: From the Viewpoint of ‘Circle Poetry’ and Abe Kobo

    Koji Toba

    UCLA Trans-Pacific Symposium: A New Horizon of Knowledge after 9.11 and 3.11 

    Presentation date: 2014.05

  • 記録が現実をつくる——ダムをめぐる記録映画とルポルタージュ

    鳥羽耕史

    パネルトーク:民衆的〈リアル〉 美術×漫画×文学×思想 

    Presentation date: 2014.05

  • How the “ Truth ” Is Sponsored: Koyama Itoko and the Controversy over Dam Site

    Koji Toba

    Bundan Snark: Writing and Fighting in Modern Japan  (The University of Iowa) 

    Presentation date: 2014.05

  • From Bataille and Kafka to Abe Kobo: Via Okamoto Taro and the Night Society

    Koji Toba

    In Panel 181 "Biopolitics, Bioscience, and Criticism in Modern Japan: Emerging Ethics after Fukushima" of The Annual Conference of Association for Asian Studies (AAS)  (Philadelphia Marriott Downtown) 

    Presentation date: 2014.03

  • 安部公房とテレビ——SFと「記録」

    鳥羽耕史

    シンポジウム「思想としてのテレビ 今野勉の映像表現とテレビマンユニオンに関する研究」 

    Presentation date: 2013.12

  • Espoir under the Cold War: Confrontation with the Globalization of Nuclear Power

    Koji Toba

    In The 7th Joint Meeting for the Study of Postwar Cultural Movement, Session 3: The Global Cold War and Culture: From the Perspectives of Hiroshima, Japan and East Asia 

    Presentation date: 2013.11

  • How the “Truth” Is Sponsored: Koyama Itoko and the Controversy over Dam Site

    Koji Toba

    In Session 25: Bundan Snark Panel of The 17th Asian Studies Conference Japan (ASCJ)  (J. F. Oberlin University, Tokyo) 

    Presentation date: 2013.06

  • チャタレイ裁判と戦争

    鳥羽耕史

    昭和文学会春季大会「特集〈文学裁判〉という磁場」 

    Presentation date: 2013.06

  • ルポルタージュ作家・グルメ作家としての桂ゆき

    鳥羽耕史

    「桂ゆき−ある寓話−」展レクチャー 

    Presentation date: 2013.04

  • 東アジア連環画の連環——中国から日本、韓国へ

    鳥羽耕史

    シンポジウム 文化の衝突と融合——東アジアの視点から—— 

    Presentation date: 2013.02

  • Invalides et bombes atomiques: Souvenirs de la guerre chez Yôko Ôta

    Koji Toba

    Presentation date: 2012.10

  • 「戦後日本」の象徴、一極集中の極点としての東京タワー

    鳥羽耕史

    記録映画アーカイブ・プロジェクト第8回ワークショップ 

    Presentation date: 2012.06

  • ルポルタージュの器としての紙/布/フィルム

    鳥羽耕史

    上映と研究報告会「《幻灯》に見る戦後社会運動——基地と原爆——」 

    Presentation date: 2012.01

  • Formation of the “A-Bomb Poet” and Censorship/Editing: The Political Environment that sorrounded Texts of TOGE Sankichi

    Koji Toba

    CIVIL SOCIETY IN MODERN AND CONTEMPORARY JAPAN - The 5th Conference: Rewriting Modern and Contemporary Intellectual History  (Cornell University) 

    Presentation date: 2011.10

  • 「へたくそ詩」から考える文学の公共圏

    鳥羽耕史

    日本近代文学会2011年度秋季大会 シンポジウム「文学と公共性」 

    Presentation date: 2011.10

  • ハイブリッドとしての『蟹工船』——『戦艦ポチョムキン』から小林多喜二、山村聰へ

    鳥羽耕史

    シンポジウム 1950年代日本映画における戦前・戦中との連続性・非連続性 

    Presentation date: 2011.07

  • 「原爆詩人」像の形成と検閲/編集——峠三吉のテクストが置かれてきた政治的環境

    鳥羽耕史

    第3回日韓検閲国際会議 検閲の転移と変容—敗戦/解放期の文学とメディア— 

    Presentation date: 2011.07

  • 安部公房の生政治—〈夜の会〉から『第四間氷期』へ—

    鳥羽耕史

    比較文学会中部支部大会 

    Presentation date: 2010.11

  • Uniqueness of "Kiroku(Reportage/Documentary)'' and Circle Movement in 1950s: The Environment surrounded Haneda Sumiko's A Class for Women in a Village, Iwanami Film Production, 1957

    Koji Toba

    Workshop "IMAGES: Documenting Political" in New York University  (NYU) 

    Presentation date: 2010.10

  • Pavlov, Marx, and Surrealism: Abe Kobo's Objects in His Metamorphosis Stories

    Koji Toba

    Association for Asian Studies Annual Meeting, Philadelphia  (Philadelphia Marriott Downtown) 

    Presentation date: 2010.03

  • Reportage and Documentaries of 1950s: Focusing on the issues of Dams and Military Bases

    Koji Toba

    The 3rd International Conference, "Rewriting Modern and Contemporary Japanese Intellectual History: Perspectives of Mobility and Border Crossings" 

    Presentation date: 2009.09

  • 岩波映画の可能性を見る

    鳥羽耕史

    シンポジウム「岩波映画の1億フレーム」 

    Presentation date: 2009.02

  • 千田是也・安部公房・石川淳—演劇において前衛であること—

    鳥羽耕史

    〈石川淳研究会〉第10回研究会 

    Presentation date: 2008.09

  • Abe Kobo - Anti-historicist Writer: Marxism and Leftist Practice in the 1950's

    Koji Toba

    Digital Archive and the Future of Transpacific Studies: The Second International Symposium in Cornell University  (Cornell University) 

    Presentation date: 2008.09

  • 1950's and Anti-historicist Author: Abe Kobo

    Koji Toba

    Workshop: Worker's Cultural Movement in New York University  (NYU) 

    Presentation date: 2008.09

  • Ishikawa Jun and Theater: Trajectories of performances directed by Senda Koreya or What Ishikawa meant when he devoted his scenarios to Senda Koreya

    Koji Toba

    34th International Research Symposium "Ishikawa Jun and Postwar Japan" in International Research Center for Japanese Studies 

    Presentation date: 2008.06

  • ”エディター” 富士正晴

    鳥羽耕史

    富士正晴記念館特別講演会 

    Presentation date: 2007.11

  • 岡本太郎と花田清輝—戦後復興期の芸術革命思想—

    鳥羽耕史

    世田谷美術館岡本太郎展関連企画 

    Presentation date: 2007.05

  • 詩運動のローカルな中心—高知『鉄と砂』のネットワーク—

    鳥羽耕史

    思想史・文化理論研究会第140回例会 

    Presentation date: 2007.03

  • サークル誌ネットワークの広がりと密度—一九五〇年代文学のプロフィル—

    鳥羽耕史

    日本近代文学会11月例会 

    Presentation date: 2006.11

  • Genealogy of Reportage and Documentaries on Shinjuku

    Koji Toba

    Presentation date: 2006.07

  • 漱石の文房具

    鳥羽耕史

    徳島県立文学書道館講演・展示解説 

    Presentation date: 2006.05

  • 寓話の読み方について—安部公房「詩人の生涯」—

    鳥羽耕史

    徳島大学国語国文学会第二十八回研究会 

    Presentation date: 2003.06

  • 「デンドロカカリヤ」と前衛絵画

    鳥羽耕史

    日本近代文学会春季大会 

    Presentation date: 1999.05

  • 〈家〉と革命—安部公房『飢餓同盟』—

    鳥羽耕史

    日本文学協会第18回研究発表大会近代部門 

    Presentation date: 1998.07

  • 記録芸術の会と安部公房

    鳥羽耕史

    早稲田大学国文学会秋季大会 

    Presentation date: 1995.12

▼display all

Specific Research

  • 戦後/冷戦期における日本文学・文化の位相とアメリカ

    2018  

     View Summary

     本研究は同題の特定課題Bの補助だ。本研究の目的はアメリカとの関係を中心として戦後/冷戦期の日本文学史および文化史を書き直すことである。これまでの日本近代文学研究には乏しかった、国際的で広い視野に立った文学史および文化史の構想なのが、特筆すべき特色である。本年度の成果としては、AAS、Words and Violence、Trans-Pacific Workshop、The Poetics ofPassingなどの国際会議の場において、安部公房、大田洋子などの文学の問題を扱うことで、欧米や東アジアの研究者たちと議論できたことが大きい。これらの会議で得た知見を生かして、研究を深めていきたい。

  • 戦後/冷戦期における日本文学・文化の位相とアメリカ

    2018  

     View Summary

     本研究の目的は、アメリカとの関係を中心として、戦後/冷戦期の日本文学史および文化史を書き直すことである。これまでの日本近代文学研究には乏しかった、国際的で広い視野に立った文学史および文化史の構想なのが、特筆すべき特色である。本年度の成果としては、AAS、Words and Violence、Trans-Pacific Workshop、The Poetics ofPassingなどの国際会議の場において、安部公房、大田洋子などの文学の問題を扱うことで、欧米や東アジアの研究者たちと議論できたことが大きい。これらの会議で得た知見を生かして、研究を深めていきたい。

  • 東アジアの文学とアメリカ――1960年代を中心に

    2017   石原 剛, 越智 博美, 井上 間従文

     View Summary

     東アジアの文学について、アメリカとの関係に着目し、国際的・学際的な視点から、従来の一国主義的な文学史記述の枠組みを超える、新しい読みかえをすることを目的として研究を進めた。具体的には、リーハイ大学で開かれた在日文学ワークショップにおいて、1950年代のサークル運動に表れた東アジアへの想像力について、主としてアメリカの在日文学研究者たちと議論することで、アメリカとの関係を考察した。また、安部公房の初期作品と坂本九「上を向いて歩こう」を植民地主義の余生として考察し、安部公房についてのリチャード・カリチマンの著作を分析することで、一国主義的でない読みかえの可能性を追求した。

  • 日米関係の中の文学――高度経済成長期を対象にして

    2016  

     View Summary

     日本・沖縄・韓国・台湾の関係を中心とする東アジアの文学について、アメリカとの関係に着目し、国際的・学際的な視点から、従来の一国主義的な文学史記述の枠組みを超える、新しい読みかえをすることを目的とする。具体的には、戦後文化運動研究に関する論集に共編者として中心的にかかわった他、平中忠信(比良信治)の文集を出版、東アジアにおける連環画の影響関係にかかわる論文や、一九五〇年代の文壇とその外部との相互関係に関する論文も発表した。また、安部公房の短編を生政治および死政治の観点で読み解く論文は、その構想や内容、発表にアメリカにかかわる点が多く、次の共同研究の構想にもつながることになった。

  • 高度経済成長期の文学・文化についての国際的研究

    2015  

     View Summary

     高度経済成長期の文学を中心とする文化について、社会的・国際的な視点から、従来の一国主義的な文学史・文化史記述の枠組みを超える、新しい読みかえをすることを目的として研究を進めた。具体的には、戦後における幻灯について、実際の上映とナレーションを実践した他、短い論考も発表した。また、〈現在の会〉による広義の「記録」について、昨年度の『ルポルタージュ 日本の証言』に続いて雑誌『現在』の復刻にも関わって解説を書いた。日米安保体制下の政治を体現した歌手として坂本九を読み解いたアメリカのワークショップでの発表と論文が、次の共同研究の構想にもつながることになった。

  • 安部公房に関する総合的研究

    2014  

     View Summary

    安部公房の評伝の完成に向けて、さらに調査を深めた。本研究では、サークル運動と関わりながら、独自の道を進んだ安部の軌跡に即した調査・研究を行った。具体的には、昨年度に引き続いて安部公房の関係者へのインタビューや関係者が書いた文章などの調査を進め、外側から見た安部公房像を明らかにしていった。また、自ら「消しゴムで書く」と言い、私小説的な書き方を嫌った安部公房自身が書いた小説、エッセイ、自筆年譜などを検討し、周囲の証言との照合から、伝記的な事実を明らかにしていった。一方、安部の作品の変遷から見える、思想的な履歴なども同時に考察した。

  • 安部公房に関する伝記的研究

    2013  

     View Summary

     本研究では、安部の出生から死までの伝記的な事項を精査しつつ、その間に書かれた代表的な作品や、全集未収録の作品などについても紹介し、作家であり劇作家でありテレビやラジオや映画のシナリオライターであり、舞台の演出家でもあった安部公房という人間の全体像を捉えることを試みた。 本年度には、安部公房についての編著を一冊、分担執筆で序文も寄せた本を一冊と、伝記調査の過程で得られた安部公房の父・安部浅吉についてのエッセイを発表することができた。また、関係者へのインタビューに関わる成果として、安部公房スタジオの女優として活躍した山口果林氏所蔵の写真、台本などの資料を、演劇博物館に寄贈する仲介者の役割を果たすことができた。この資料は、安部公房研究のみならず、現代演劇研究資料として活用されていくことになるだろう。 来年度に向けては、ひきつづき安部公房の関係者へのインタビューや関係者が書いた文章などの調査を進め、外側から見た安部公房像を明らかにしていく。また、自ら「消しゴムで書く」と言い、私小説的な書き方を嫌った安部公房自身が書いた小説、エッセイ、自筆年譜などを検討し、周囲の証言との照合から、伝記的な事実を明らかにしていく。一方、安部の作品の変遷から見える、思想的な履歴なども同時に問題にしていく予定である。 また、評伝の出版とは別に、出版社から安部公房に関する事典の編集も委嘱され、信州大学の友田義行助教らと共に進めていくことになった。これは五年計画ぐらいの長期的なものになるが、今年度はその最初の段階として、編集委員や執筆者を定め、項目や構成についてのプランを練っていくことになる。そのためにも、伝記的な調査だけでなく、個々の小説、エッセイ、戯曲、シナリオ、評論などの内容や背景についての調査が必要になってくるため、安部公房に関する総合的研究と題して、その長期計画の基礎固めを行っていくこととしたい。 今回の研究費で編著を寄贈した方々には伝記調査で引き続きご協力を頂くことになるし、アメリカの二人とは5月のシンポジウムで共に発表することも予定しているので、そうした共同研究の成果も評伝に生かされていくことになるだろう。

  • 渥美半島における戦後文化運動の研究

    2011  

     View Summary

     これまで1950年代のサークル運動や記録文学について研究してきた成果を、別所興一氏、若杉美智子氏と共に、渥美半島に住んだ作家・杉浦明平に関する共著『杉浦明平を読む “地域”から“世界”へ―行動する作家の全軌跡』として刊行することができた。また、全国的なサークル運動、中でも詩の運動について、「へたくそ詩」をめぐる学会発表と論文の形でまとめることができた。 福岡と長崎での調査では、渥美半島のグループからサークル村と大正行動隊の視察に行った清田和夫との接点があり得た画家の菊畑茂久馬氏の講演を聞き、資料を見ることができた。また、福岡市文学館の調査からは、前述の学会発表や論文への手掛かりを得ることができた。沖縄の調査では、戦後文化運動の中でも重要な地位を占めた版画運動の二つの起源として、ドイツのケーテ・コルヴィッツ、中国の魯迅との関係を確認し、さらにそれらと関わった日本の画家たちの活動を確認することができたし、幻灯などの新たな資料についても今後の調査の必要を確認することができた。 今年度中に形にならなかったが最も重要な成果としては、川口務氏に二回、森下隆蔵氏に一回行った聞き取り調査が挙げられる。戦後初期から杉浦明平と共に活動してきた川口氏と森下氏のお話は、杉浦の著書には表れていないディテールに富んでおり、それぞれ別の角度からの渥美半島の文化運動史と政治運動史の証言となっていた。現在は大連在住の森下氏の帰国のタイミングを待ったため年度末ぎりぎりでの調査となってしまったが、この調査には、以前から共同で渥美半島の聞き取り調査をしてきた道場親信氏、別所興一氏、若杉美智子氏も同行した。こうした調査結果をまとめていく中で、当初の構想であった渥美半島の戦後文化運動をめぐる共著につなげていきたいと考えている。 今回の研究は、2012年度からの科学研究費補助金・基盤研究(C)「戦後期日本のサークル運動と文学についての発展的研究」の中で継続し、さらに発展させていく予定である。

▼display all

Overseas Activities

  • 安部公房の伝記的研究および戦後文学のメディア展開に関する研究

    2016.09
    -
    2017.08

    アメリカ合衆国   コーネル大学

    アメリカ合衆国   コロンビア大学

 

Syllabus

▼display all

Teaching Experience

  • 日本言語文化各論Ⅳ

    Shizuoka University  

    2021.09
     
     
     

  • Advanced Studies in Japanese Language and LiteratureⅢ

    Shizuoka University  

    2020.09
     
     
     

     View Summary

    Intensive course from September 7 to 10.

  • Intensive course

    Beijing Foreign Studies University  

    2018.09
     
     
     

     View Summary

    Intensive course from September 11 to 13.

  • JAPAN 210-1 Issues in Modern Japanese Literature

    UCLA  

    2016.03
    -
    2016.05
     

     View Summary

    10 weeks seminar on the avant-garde art, political movements and "kiroku (reportage literature)" co-taught by Prof. Seiji M. Lippit.

  • Lectures on Literature 335

    Rikkyo University  

    2015.10
    -
    2016.01
     

  • Special Lecture

    Fuji Women's University  

    2015.09
     
     
     

  • Lectures on Literature 313

    Rikkyo University  

    2014.04
    -
    2014.07
     

  • Reading Class of Japanese Literature III / Basic Study on Japanese Literature III

    The University of Tokushima  

    2011.09
     
     
     

▼display all

 

Committee Memberships

  • 2018.08
    -
    2020.08

    昭和文学会  編集委員長

  • 2012.03
    -
    2014.03

    日本近代文学会  運営委員

Social Activities

  • Across Space & Time: Translating “Night on the Galactic Railroad”

    Eric Margolis  METROPOLIS  (METROPOLIS) 

    2019.08
     
     

     View Summary

    Comments on Miyazawa Kenji and “Night on the Galactic Railroad.”

  • Excellent work as a "movie", not a mere video record of the trial

    Akira Watanabe  Weekly Kin-yobi (Friday) 27(29)  (pp. 50-51) 

    2019.08
     
     

     View Summary

    A comment on Kobayashi Masaki's “Tokyo Trial” and war criminal movies.

  • What do the greats think? Abe Kobo hates AI? An Interview with Professor Koji Toba, Waseda University

    Kentaro Takeda  Nikkei Business Online  (Nikkei Business Online) 

    2017.09
     
     

     View Summary

    An Interview on Abe Kobo.

  • (Culture door) Abe Kobo for Beginners, Ceaseless Transformation in Search of Truth

    Yasukazu Akada  Asahi Shimbun  (25th, p. 35) 

    2013.03
     
     

     View Summary

    An Introduction to Abe Kobo.

Media Coverage

▼display all