Updated on 2024/05/21

写真a

 
KITAGAWA, Kayoko
 
Affiliation
Faculty of Law, Waseda Law School
Job title
Professor
Degree
修士

Research Experience

  • 2007.04
    -
    Now

    Waseda University   Law School   professor

  • 2004.04
    -
    2007.03

    Okayama University   School of Law

  • 2003.04
    -
    2004.03

    Okayama University   Faculty of Law

  • 1996.04
    -
    2003.03

    海上保安大学校   講師、助教授

  • 1996.01
    -
    1996.03

    Japan Society for the Promotion of Science

  • 1994.04
    -
    1995.03

    Waseda University   School of Law

▼display all

Education Background

  • 1990.04
    -
    1995.12

    Waseda University   Graduate School of Law  

  • 1987.04
    -
    1990.03

    Waseda University   Graduate School of Law  

  • 1983.04
    -
    1987.03

    Waseda University   School of Law  

Committee Memberships

  • 2021.06
    -
    Now

    文部科学省  中央教育審議会大学分科会法科大学院等特別委員会専門委員

  • 2020.04
    -
    Now

    公益財団法人海上保安協会  評議員

  • 2020.04
    -
    Now

    法務省  検察官公証人特別任用等審査会委員

  • 2016.04
    -
    Now

    国土交通省  交通政策審議会海事分科会船舶交通分科会臨時委員

  • 2021.10
    -
    2023.02

    法務省  法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会委員

  • 2020.07
    -
    2022.06

    日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員

  • 2016.06
    -
    2022

    法務省  司法試験考査委員

  • 2020.06
    -
    2021.10

    法務省  法制審議会刑事法(逃亡防止関係)部会委員

  • 2014
    -
    2018

    参議院  法務委員会調査室客員調査員

  • 2015.11
    -
    2016.06

    法務省  法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会委員

  • 2010.06
    -
    2014.07

    法務省  法制審議会新時代の刑事司法制度特別部会幹事

  • 2010.04
    -
    2011.03

    文部科学省  大学設置・学校法人審議会大学設置分科会専門委員会(法学)委員

  • 2004.10
    -
    2004.12

    法務省  法制審議会刑事法(人身の自由を侵害する犯罪関係)部会幹事

▼display all

Professional Memberships

  •  
    -
    Now

    日本刑法学会

Research Areas

  • Criminal law   刑法

Research Interests

  • 刑法、過失犯、海上犯罪

 

Papers

▼display all

Books and Other Publications

  • 刑法演習ノート : 刑法を楽しむ21問

    只木, 誠, 北川, 佳世子, 十河, 太朗, 高橋, 直哉, 安田, 拓人, 安廣, 文夫, 和田, 俊憲

    弘文堂  2022.03 ISBN: 9784335358944

  • 入門刑事法

    三井, 誠, 瀬川, 晃, 北川, 佳世子

    有斐閣  2022.03 ISBN: 9784641139572

  • 入門刑事法

    三井, 誠, 瀬川, 晃, 北川, 佳世子

    有斐閣  2020.04 ISBN: 9784641139411

  • 刑法演習ノート : 刑法を楽しむ21問

    只木, 誠, 北川, 佳世子, 十河, 太朗, 高橋, 直哉, 安田, 拓人, 安廣, 文夫, 和田, 俊憲

    弘文堂  2017.03 ISBN: 9784335356933

Research Projects

  • Contemporary issues regarding maritime regulatory legislation

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2021.04
    -
    2026.03
     

  • on the criminal reliability in large-scale accident cases

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2016.10
    -
    2019.03
     

    UTSUMI Tomoko, LOTHAR Kuhlen

     View Summary

    As a modern phenomenon, accidents are caused frequently by careless behaviors of a plurality of persons. Especially, accidents involving fatalities or injuries could be caused by careless behaviors of persons that are related to activities of companies.In this study, we tried to analyze the theoretical bases to clarify the criminal reliability of a person who acts with negligence and causes a large-scale accident thereby. Because of the universal character of this phenomenon, we though it is useful to research the theoretical bases of other countries. Therefore, we asked professors in Germany and Taiwan for the opinions on this issue and exchanged the points of view with them. The result of the symposium is to be published in Hogaku Kenkyu (Keio University)

  • A study of criminal regulations and recent developments in maritime crime

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

     View Summary

    Researchers in the field of criminal law, criminal Procedure, and international law have teamed up to conduct comprehensive research on maritime crime and maritime regulation. We researched the cases of Japan and other countries. In addition, we conducted exchanges of opinions with the Japan Coast Guard to investigate the current status of maritime crimes and the recent developments in various regulations at sea. We also conducted a tour of the Coast Guard's facilities, such as the Traffic Advisory Service Centers. Based on these investigations, we analyzed the problems of recent maritime activities, and examined the necessity of maritime traffic management, ship navigation regulations, port facilities management, and legal correspondence

 

Syllabus

▼display all

 

Sub-affiliation

  • Faculty of Law   School of Law

  • Faculty of Law   Graduate School of Law

Internal Special Research Projects

  • 海上規制の現代的課題

    2021  

     View Summary

    海上規制をめぐる問題点を実質的に検討し、実効性のある法整備に向けての提言を続けていくためには、全国各地の海上保安業務では各地域特有の問題の対応に迫られているため、現地視察を実施し調査を実施する必要があるところ、本年度も、昨年度に続いて、コロナ禍の影響により、実施を延期することとしたが、海事法を研究する刑事法学者と国際法学者といった研究者間でオンライン研究会を実施し、最近の海洋法をめぐる状況(海洋進出や領土、漁業問題)や国際法の規律の問題に関する課題の検討、公安管理をめぐる法的課題について議論を行い、次年度以降の科研費研究につなげることとした。

  • 海上規制の現代的課題

    2020  

     View Summary

    近年問題となっている異常気象等に伴う船舶事故の未然防止策の充実・強化について、法改正の方向性を審議し答申を行う部会において、本研究を踏まえ、個々の港内の秩序を規定する港則法の命令主体と東京湾一体を規定する海上交通安全法の命令主体の相違に着眼して、船舶の湾外避難の勧告・命令を実施する際の一体的な権限行使の必要性を説く等実質的な提言を行い、海上保安庁長官による港長権限の代行制度の創設案へとつなげることができた。

  • 海上刑事規制の課題

    2019  

     View Summary

    収集した資料の精査、検討等により、現在は、5年程前の海賊問題や尖閣問題が注目を浴びていた時期とかなり異なる状況下で新たな海上問題が浮上していることが具体的に把握できた。例えば、異常気象時における船舶や海上施設等社会インフラの安全確保の問題、周辺諸国の漁民との間の漁業問題、新しい船舶航行技術(AI)、情報技術の進展に伴う新たな法体制の構築の必要性等である。さらに、全国各地の海上保安業務では各地域特有の問題の対応に迫られている。これからの海上保安業務をより実効性のあるものとするためにも現行の法的規制措置を見直す必要性があるかどうかを法理論に基づいて検証する必要がある。

  • 海上犯罪に対する刑事規制の研究

    2017  

     View Summary

    科学研究助成も受けて実施している「海上犯罪に対する刑事規制の研究」の一環として、本年度は、わが国における海上交通規制の実態を調査、分析を行い、尾道海上保安部、今治海上保安部、来島海上交通センターの協力を得て、瀬戸内海での海上交通に関する調査を行った。

  • 海上犯罪に対する刑事規制の研究

    2016  

     View Summary

    1 刑法、刑事訴訟法、国際法の研究者による海上規制に関する合同研究会の開催。2 海上保安実務の現状と課題の分析。