NAKATANI, Norihito

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Engineering, School of Creative Science and Engineering

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.nakatani-seminar.org/

Profile

Architectural History, Archiology

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Affiliated organization   Art and Architecture School

  • Faculty of Science and Engineering   Graduate School of Creative Science and Engineering

Research Institute 【 display / non-display

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1995

    Waseda University   Architectural History  

  •  
    -
    1989

    Waseda University   Architectural History  

Degree 【 display / non-display

  • Waseda University   Ph.D in Architectural History

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    Japan Pen Club

  •  
     
     

    Society of Architectural Historian in Japan

  •  
     
     

    Architectural Institute of Japan

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Architectural history and design

Research Interests 【 display / non-display

  • 建築による共同体形成史の研究

  • Architecture history in Zomia region

  • reserch and registration activity on Millenium Village

  • Japanese traditional house history

  • Habitat Building History

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • THE FORMATION PROCESS OF THE REGIONALISM VIEWING FROM THE DESIGN POLICY OF PEOPLE'S COMMUNE:Analysis on the case of planning of Weixing commune, Suiping county, Zhumadian city, Henan province

    YU Fei, NAKATANI Norihito

    Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ)   86 ( 780 ) 649 - 656  2021

     View Summary

    <p> As the continuation of the research on the People' Commune, it has been discussed about the regional planning in the former paper, this paper will focus on the detailed architectural expression and the residential planning. Just like the former paper, the paper also takes the Weixing Commune which is the first funded People's Commune as the research object and tries to make it clear how the architectural expression was showed out in the design of People's Commune under the influence of Soviet which was the main source in the trend of thought in 1950s.</p><p> At first, through the introduction of the ideological trend of architecture around 1950s, we can find that under the ideology of Communism which somehow acted as a political issue, the field of architecture continued in the status of ideological confusion from 1950s. The designers of Weixing Commune from South China University of Technology also cannot escape from the overall situation which was the common phenomenon in China. They took lots of strategies to cater to the ideological trend. Though there was no definitive answer to this issue which was related to the problem of artistic conception, they started to focus on the practical stills like architecture construction. By analyzing the residential planning, we find that they tried to use the Soviet model to the commune. Moreover, when it turned to the detailed architecture design of the Commune Center, they implanted the elements from both the Modernism and Socialism Realism generated from Soviet, which was the dominating idea of 1950s in China. This study concluded that under the influence of concept of "traditional Chinese curved roof" which was generated from Socialism Realism in architecture, a newborn Regionalism finally emerged in China.</p><p> In conclusion, under the prevailing idea of Socialism Realism and Modernism in Architecture which run through ideology and a strong current of nationalism appeared in the field of architecture of China, architects of this case did try to put forward their proposals of the Chinese National Style and finally changed the route of design from 'Form' to 'Reality', which entirely contributed to the formation of the Regionalism in rural China through the movement of People's Commune.</p>

    DOI CiNii

  • RESEARCH ON THE METHODOLOGY OF REGIONAL PLANNING IN THE DESIGN OF PEOPLE'S COMMUNE:Case study on the plan of weixing commune, Suiping county, Zhumadian city, Henan province

    YU Fei, NAKATANI Norihito

    Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ)   ( 766 ) 2669 - 2677  2019.12  [Refereed]

     View Summary

    <p> From 1950s to 1980s, in the modern history of China, a significant movement once happened in the ordinary rural areas throughout the whole country, that is People's Commune. As the precious legacy of the practice of Marxism, it has been researched in a broad range of fields like History, Sociology, Economics and so on. However, in the field of architectural history, the research on the People's Commune still remains a state of blank.</p><p> The Weixing Commune is known as the first funded People's Commune in 1958 in which a group of architectural professionals from South China University of Technology, which is one of the early-funded architecture school in China whose main staff completed their studies from the western world once took part in the planning and design of it. This paper tries to figure out how they planed the People's Commune, where was their design concept from in the period of social transformation overlapped between Communism and Modernism in 1950s.</p><p> Through the analysis of the proposal, this study made it clear that facing the new design topic under the ideology of Communism which somehow acted as a political task, the design group tried to use the idea of Neighborhood Unit put forward by an American planner named Clarence Arthur Perry, which is one of the most important concept of modern town planning in 20th century and adjusted it in some way fit to the rural villages to accomplish the spatialization of institution.</p><p> In conclusion, under the prevailing idea of Modernism in Architecture(1950s), the architects of this case did tried to put forward their proposals in the Commune planning. In the movement of People's Commune proposed by the Chinese government at that period, most of the Chinese architectural professionals just like the design group from South China University of Technology, did tried to use their knowledge of architecture to change the traditional villages, which somehow acted as a great chance for China to accept the idea of Urban Planning and Moderism architecture from the western world.</p>

    DOI CiNii

  • 時間の倉庫 旧本庄商業銀行煉瓦倉庫(関東)

    福島 加津也, 新谷 眞人, 山田 俊亮, 中谷 礼仁, 本橋 仁

    建築雑誌.作品選集 : Selected Architectural Designs   ( 1722 ) 100 - 101  2019.03  [Refereed]

    CiNii

  • 9451 旧渡辺甚吉邸の施工背景 私家版渡邊邸竣工記念誌『渡邊邸』からみる室内装飾と設備について

    政本 悠紀, 野村 渉, 中谷 礼仁

    建築歴史・意匠   ( 2018 ) 901 - 902  2018.07

    CiNii

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 未来のコミューン : 家、家族、共存のかたち

    中谷 礼仁

    インスクリプト  2019 ISBN: 9784900997738

  • 時のかたち : 事物の歴史をめぐって

    ジョージ・クブラー著, 中谷礼仁, 田中伸幸訳

    鹿島出版会  2018 ISBN: 9784306052703

  • 動く大地、住まいのかたち : プレート境界を旅する

    中谷 礼仁

    岩波書店  2017 ISBN: 9784000222358

  • 実況近代建築史講義

    中谷 礼仁

    LIXIL出版  2017 ISBN: 9784864800327

  • セヴェラルネス+ : 事物連鎖と都市・建築・人間

    中谷 礼仁

    鹿島出版会  2011 ISBN: 9784306045521

display all >>

Misc 【 display / non-display

display all >>

Works 【 display / non-display

  • Hotel Khora at Bankart

    Artistic work 

    2006.03
    -
     

  • Shanghai workshop for factory rivitalization, attended as teacher

    Other 

    2005.08
    -
     

  • Architectural workshop at Haizuka Earthworks

    Other 

    1998.08
    -
    2004.08

  • M house Straw house rivitalization in Tokyo

    Artistic work 

    2004.03
    -
     

  • '63' Nagaya rivitalization in Osaka

    Artistic work 

    2001.04
    -
     

Awards 【 display / non-display

  • Book Award

    2020.04   Architectural Institute Japan   “Future Commune, Study on Shapes of Organizing Coexistence”

    Winner: NAKATANI Norihito

  • Architectural Institute of Japan’s Annual Architectural Design Commendation

    2019.04   Architectural Institute Japan  

  • Best Book Award

    2018.04   Architectural Institute of Japan  

  • KON Wajiro Award

    2013.04   Lifology, Japan  

  • Best Book Award

    2013.04   Architectural Institute of Japan  

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • Study on Sedentary / Nomadism Around Tukuche Village, Highlands of Nepal: Elucidation of Living Style along Highland Asia Trade Route

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

  • 今和次郎『日本の民家』(1922)再訪を通した日本の居住空間・景観の変容調査

    萌芽研究

    Project Year :

    2006
    -
    2008
     

     View Summary

    本研究は、1922年に刊行された今和次郎著『日本の民家』に収録された民家を再訪することによって、その後のおよそ90年にわたる、日本の居住空間・景観の変容を調査分析することを目的としている。平成20年度は4月から6月にかけて、Filemakerというソフトを用いて、平成18年度から継続してきた調査のデジタルデータベースを作成した。また、本年度も継続して、今和次郎の行った民家調査の順番、順路、系列を分析し、大きく3つの実地調査を行った。
    2008年9月1日から9月4日にかけては埼玉県入間郡飯能町、同県秩父市浦山地区、細久保地区、大滝村を調査した。2008年9月15日から9月18日には千葉県勝浦市部原地区、新官地区および、同県長生郡長生村を調査した。また、2009年2月9日から2月12日にかけて、太平洋岸の静岡県御前崎市、愛知県蒲郡市、三重県志摩市を調査した。調査準備として、野帖の読み取り、当時から現在までの地図、航空写真などをまとめ、今和次郎の訪れた民家に対

  • 歴史的連鎖としての現代都市・居住空間の研究〜大阪府下を対象として

    萌芽研究

    Project Year :

    2002
    -
    2004
     

     View Summary

    昨年度は、初年度に大阪府下を対象とした事例分析によって、過去に築かれた都市形態の遺制を現在の都市形態から導き出す都市分析手法を開発した。本年度は、それら過去に築かれた都市的スケールでの平面形態が現在に及ぼす影響を評価し、それら過去の形態を現在の都市・建築づくりに活かす方法をデザイン手法として提示することを目指した。
    それらの成果は雑誌『10+1』の特集記事「先行デザイン宣言」として結実することになった(十二月)。そこでは四つのスケールの異なるデザイン手法と四つの論文、一つの討議が掲載された。主要目的であったデザイン手法の提示では、1.区画整理と過去の都市的形態との矛盾を調停するもの(「区画復元整理」)、2.いわゆるミニ開発を周辺街区に調和させるための手法(「オバケミニ開発」)、3.廃線跡という再利用しにくい都市基盤跡地の再利用計画手法(「建築の浸透圧」)、4.不要となった埋め立て工業地帯そのもののリサイクルの提言(「Fu

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Critical Greenism

    Lecture series at central europe, Bulgaria, Hungary, Austria 

    Presentation date: 2008.09

  • new series -- OSAKA-NAGAYA-TOWNHOUSE RENOVATION CASE STUDY

    maan(modern asian architecture network) international conference in Indonesia 

    Presentation date: 2003.08

Specific Research 【 display / non-display

  • 生環境構築史学の実効的展開のための基盤的研究:日英併記編集による交流・発信・実践

    2020   青井哲人, 松田法子

     View Summary

    本研究は地球-人間環境の適正化をめざした学際研究活動を、特集形式の WEBzine 媒体を作り、同人(研究遂行者)の検討を元に、リアルタイムに関連研究者に寄稿等を依頼することで研究の活発化、新ジャンルの萌芽的形成を目指す活動である。民間の女性団体にも応募して採択されたが,経費が不足していたので,特に公開用の編集経費にもちいた。日英中併記であり,今後この萌芽的研究の更なる活性化をめざしたい。

  • 生環境構築全史

    2019   青井, 松田

     View Summary

    総合的学際的研究を目指した大型基盤研究申請に落選したため、共同研究者と方法論を見直した。その結果、個別研究とWEBでの共同研究発表の場をメインとした合同的学際研究に研究を分割した。個別研究は2020年度から3年間の基盤研究Bに応募し採択された。合同的学際研究については民間助成に積極的に応募し、結果的にサントリー文化財団、窓研究所から助成を得た。その結果、所定の目的を運用する基礎が形成されている。個別研究はネパール、チベットを中心とした高地民族居住研究であるがコロナ禍の影響のもと、本格的研究は未着手であるが、状況が改善次第進められるように、共同研究者との打ち合わせを進めている。合同的学際研究については専用WEBを既に立ち上げ、学際的メンバーからなる編集同人をあつめ、年二回の共同研究の発表をWEBにて行う。英語、中国語を一部併記しており、国際的な反応を期待できる。http://hbh.center/webconference/

  • 地質基盤・社会造形の編年構成を加えた東アジア長期的持続地域の比較研究

    2018   木下, 松田, 菊地

     View Summary

    2018年11月に日本側教員学生13名と中国雲南大学の教員学生15名からなる日中共同調査チームで、雲南省の三江併流地域に位置する複数の山地少数民族集落における実地調査を行った。横断山脈を迂回するルートで対象地域周辺の地質地形環境の概観を悉皆的に確認した。また、長期持続集落・千年村研究で構築された方法論は海外においても汎用性があることが確認され、持続の観点から集落を考察する新たな示唆を得た。さらに日中教員によるミニレクチャー、指導層の運営を元に中国学生と日本学生によるワークショップ・セッションが行われ、集落の持続的変容プロセスにおける両国両校の活発的な意見交換が行われ、共同研究調査の方法論が確立された。

  • アドルフ・ロース全著作邦訳とその史的評価1『Trotzdem(1931)』中心に

    2014   鈴木了二

     View Summary

    アドルフ・ロース(Adolf Loos, 1870-1933)が残した論考の全邦訳(全3巻)が本研究の第一義である。すでに第1巻は出版済みである。本助成交付期間である2014年度は、著作第二集にあたる『Trotzdem』(Adolf Loos. 1931.)の翻訳を完遂し、著作集第三巻にあたる『Die Potemkinsche Stadt』(Adolf Loos. 1970.)の翻訳を開始した。

  • 自律的生存単位としての「千年村」研究とその存続のための方法開発

    2013  

     View Summary

    本研究は、千年以上にわたり、度重なる自然的社会的災害・変化を乗り越えて、生産と生活が持続的に営まれてきた地域を〈千年村〉と称し、その収集、公開、顕彰、研究、交流のためのプラットフォームとして構想され、今後の集落一般の存続へ向けた指針の提供を目指すものである。本助成交付期間(2013年度)は、研究基盤・研究組織の構築と伊豆大島緊急災害に対し、今後の復旧まちづくりへの提言を目的とした実地調査を実施した。これらの成果を以下にまとめ報告としたい。①研究組織体制および研究目的・意義の設定本研究は、2012年度まで木下剛研究室(千葉大学・造園学)、石川初(ランドスケープデザイン)、福島加津也(建築家)、大高隆(写真家)、元永二朗(ウェブデザイン)との共同研究であった。2013年度からは、清水重敦研究室(京都工芸繊維大学・建築/都市史)、上杉和央(京都府立大学・歴史地理学)、菊地暁(京都大学・民俗学)、佐々木葉(早稲田大学・景観工学)、林憲吾(総合地球環境学研究所、建築/都市史)、御船達雄(民家史)を加え、共同研究体制を敷いた。2013年10月11-12日にかけて、京都工芸繊維大学にて、中谷礼仁、木下剛、清水重敦、菊地暁および早稲田大学、千葉大学、京都工芸繊維大学学生による研究会議を実施した。これまでの活動成果から研究目的を明瞭化し、既往制度との棲み分けや社会的な意義について討議を行なった。本助成の一部はこの打ち合わせに関わる旅費(交通費、宿泊費、現地でのレンタカー費)に充てた。②『和名類聚抄』を用いた〈千年村〉データベースの作成および地図上へのプロット全国〈千年村〉収集の基礎作業として、平安期文献『和名類聚抄』記載の古代地名およびその現在地への比定作業を参照し、千年前に集落が存在した可能性のある地域のデータベースを作成した。また、古代地名に比定される現在地の内、大字領域に比定されるものを地図上にプロットした。本助成の一部はこのデータベース作成費に充てた。③土石流災害に伴う伊豆大島元町地区緊急調査と復旧町づくりへの提言2013年10月16日、台風26号により元町地区へ土石流災害が発生した。それに際して、当該地区の被災状況調査を実施した。地形に即した家屋配置や石垣などの伝統的集落構成が土石流を減衰させた可能性があることを指摘し、これらを生かした復旧まちづくりへの提言を行なった。成果は大島町役場へ提出し、今後も参与していく予定である。本助成の一部は調査費(交通費、宿泊費)に充てた。②、③については、本研究プロジェクトのウェブサイト『千年村プロジェクト』(mille-vill.org)にて、2014/4/2より公開を予定している。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • プレートテクトニクス上の環境と住居形態の研究 日本・東南アジアからギリシャ、ジブラルタルまで

    2013.01
    -
    2013.09

    ネパール  

    インド  

    イラン  

    トルコ  

    ギリシャ 他  

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

 

Social Activities 【 display / non-display

  • Curation at Venezia Biennale (Architecture)

    2013.06
    -
    2013.11

  • タモリ倶楽部

    タモリ倶楽部 

    2010.01
    -
     

     View Summary

    役に立たない機械を作る

Media Coverage 【 display / non-display

  • Chief Editor of Journal of the Architectural Institute of Japan

    Architectural Institute of Japan   Journal of the Architectural Institute of Japan  

    2010.01