2024/02/25 更新

写真a

ミサキ アイ
三崎 亜衣
所属
研究院(研究機関) 持続的環境エネルギー社会共創研究機構
職名
次席研究員(研究院講師)
学位
博士(工学) ( 名古屋大学 )
修士 (工学) ( 名古屋大学 )

学歴

  •  
     
     

    名古屋大学大学院   工学研究科  

研究分野

  • 無機材料、物性 / 熱工学 / エネルギー化学

受賞

  • 東京財団特別賞

    フジサンケイグループ土光杯弁論大会  

 

論文

  • Effect of growth temperature and ethanol flow rate on synthesis of single-walled carbon nanotube by alcohol catalytic chemical vapor deposition using Ir catalyst in hot-wall reactor

    Ai Misaki, Takahiro Saida, Shigeya Naritsuka, Takahiro Maruyama

    Japanese Journal of Applied Physics   60 ( 1 ) 015003 - 015003  2021年01月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    Abstract

    We carried out synthesis of single-walled carbon nanotubes (SWCNTs) in the hot-wall reactor by alcohol catalytic chemical vapor deposition using an Ir as a catalyst. By optimizing the ethanol flow rate, SWCNTs were grown at the growth temperature between 700 °C and 900 °C. Raman results using the four excitation wavelengths of 488, 532, 671 and 785 nm showed that the diameters of most SWCNTs grown from an Ir catalyst were less than 1.0 nm at 700 °C and 800 °C. When the growth temperature was above 800 °C, vertically-aligned SWCNTs were grown, and the thickness reached 1.8 μm after the growth at 900 °C for 60 min under an ethanol flow rate of 500 sccm. However, at 900 °C, the diameters of SWCNTs were enlarged and most of them were distributed above 1 nm. Our result demonstrates that an Ir catalyst is useful to obtain small-diameter SWCNTs on a large scale.

    DOI

    Scopus

    6
    被引用数
    (Scopus)
  • Calcium bromide hydration for heat storage systems

    Ai Niwa, Noriyuki Kobayashi

    Cogent Engineering   2 ( 1 ) 1064218 - 1064218  2015年12月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

    Scopus

    2
    被引用数
    (Scopus)
  • CaCl2 を用いた液固反応による移動体向け高出力高密度蓄熱システムの放熱基礎特性

    丹羽 亜衣, 小林 敬幸

    日本冷凍空調学会論文集   32 ( 1 ) 1 - 10  2015年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    <tt> 本研究は,環境汚染物質の排出抑制と燃費向上を目的とし,蓄えた排熱を加熱対象機器に放熱する蓄熱システムの開発である.化学蓄熱で,従来用いられる蒸発器は,移動体用に装置体積を減少させるために省略した.固液反応による溶解熱を用い,溶液を熱伝達媒体として加熱部に送る.</tt>CaCl2 (s) / H2O(l) <tt>反応に着目し,発熱量,発熱速度及び繰り返し性能を測定した.溶解熱は環境温度下で,飽和溶解度まで質量濃度に比例し上昇した.単位質量当たりの発熱量は高濃度に比べ低濃度がより高いことを示した.飽和溶解度下の出力は</tt>, <tt>初期1 分間で</tt>5.06 kW / L -H2O <tt>を得た.</tt>50 <tt>回の繰り返し反応の結果,化学組成に劣化は見られなかっ</tt><tt>た. </tt>

    DOI CiNii

  • 水系CaCl2, CaBr2, LiBrを用いた固液水和反応蓄熱システムの放熱基礎特性

    丹羽 亜衣, 小林 敬幸, 早瀬 友宏, 布施 卓哉

    化学工学論文集   40 ( 6 ) 486 - 491  2014年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    本研究では,高出力,高密度を持つ蓄熱システムを実現するために,蒸発器のない蓄熱装置を用い,高出力・高密度を可能にする反応媒体を選定し,その放熱基礎特性を明らかにした.本システムでは,固液反応によって生じた溶解液を,熱を必要とする場所に直接送り込む水和反応システムを想定し,固液反応のエンタルピー推算結果から,複数の金属塩と水の反応系の中で,CaCl2, CaBr2, or LiBr (s)/H2O (l)を本固液反応システムの反応媒体候補として選定した.そして,この3系を用いて実験を行い,その発熱量を測定した.また,これらの当量比と反応熱の関係を明確にした.本実験の結果,飽和溶解度下にて,CaBr2 (s)/H2O (l): 622 kJ/L-water, LiBr (s)/H2O (l): 534 kJ/L-water,およびCaCl2 (s)/H2O (l): 481 kJ/L-waterの水和反応発熱量を得た.また,析出防止,蓄熱密度の観点では,CaBr2は,飽和溶解度濃度57 wt%,蓄熱密度451 kJ/L-solutionと3系の中で最も高いことを実験により明らかにし,発熱量は,理論発熱量の96%であった.これらの溶解熱の出力速度は,3系とも1 min以内に最高値を示した.特に,CaBr2/H2O (l)は,水和反応開始後,10 sで出力10 kW/L-waterに達し,その発熱反応の応答性の速さを確認した.

    DOI CiNii

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)

講演・口頭発表等

  • “Single-walled carbon nanotube synthesis by hot-wall CVD using Ir catalyst”

    AI Misaki

    INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MATERIALS SCIENCE AND INNOVATION FOR SUSTAINABLE SOCIETY” Online Memorial Symposium  

    発表年月: 2020年08月

  • 「溶解現象を用いた移動型小型蓄熱技術」

    三崎 亜衣

    名城大ブランド構築プログラム 第5回ナノマテリアルセミナー  

    発表年月: 2018年10月

  • Basic properties of the endothermic reaction in salt dissolution for Heat storage system

    Ai NIWA

    IWHT11  

    発表年月: 2011年10月

    開催年月:
    2011年10月
     
     

Misc

  • 浸漬被覆プロセスにより調製したIr触媒を用いた単層カーボンナノチューブの成長【JST・京大機械翻訳】

    KONDO Shu, MISAKI Ai, SHARMA Kamal P, SAIDA Takahiro, NARITSUKA Shigeya, MARUYAMA Takahiro

    フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム講演要旨集   60th  2021年

    J-GLOBAL

  • Ir触媒を用いたホットウォールCVD法によるSi基板上への単層カーボンナノチューブの成長

    三崎亜衣, 丸山隆浩, 丸山隆浩

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   68th  2021年

    J-GLOBAL

  • SUS箔上の垂直配向単層カーボンナノチューブ成長

    近藤秀, 山本大貴, 三崎亜衣, SHARMA Kamal P, 才田隆広, 成塚重弥, 丸山隆浩

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   68th  2021年

    J-GLOBAL

  • Ir触媒を使用したホットウォール化学蒸着反応器による単層カーボンナノチューブの合成に対するエタノールガス流量の影響

    MISAKI Ai, SUZUKI Tomoko, MARUYAMA Takahiro

    フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム講演要旨集   57th  2019年

    J-GLOBAL

  • 電子ビーム蒸着法およびパルスアークプラズマ法により作製したCo触媒を用いたアルコールCVD法による単層カーボンナノチューブ成長:エタノール流量依存性

    三崎亜衣, 岡田拓也, 丸山隆浩, 丸山隆浩

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   79th  2018年

    J-GLOBAL

 

担当経験のある科目(授業)

  • 応用化学実験Ⅱ

    名城大学  

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

  • 留学生のための専門講義の日本語(化学)

    名古屋大学  

    2010年10月
    -
    2011年03月