2024/02/26 更新

写真a

オオミナト ユウヤ
大湊 友也
所属
附属機関・学校 高等研究所
職名
講師(任期付)
学位
博士(理学) ( 2016年03月 東北大学 )

経歴

  • 2023年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   高等研究所   講師

  • 2019年04月
    -
    2023年03月

    中国科学院大学   カブリ理論科学研究所   博士研究員

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    東北大学   金属材料研究所   学術研究員

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    東北大学   大学院理学研究科 物理学専攻   日本学術振興会特別研究員(DC2)

学歴

  • 2011年04月
    -
    2016年03月

    東北大学   大学院理学研究科   物理学専攻  

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    東北大学   理学部   物理学科  

研究分野

  • 半導体、光物性、原子物理 / 薄膜、表面界面物性

研究キーワード

  • 物性理論

  • 原子層物質

  • ディラック・ワイル電子系

  • トポロジカル物性

  • スピントロニクス

受賞

  • The 2022 KITS postdoc fellowship

    2022年11月   Kavli Institute for Theoretical Sciences  

  • Annual performance, outstanding (top twenty percent) in KITS

    2022年01月   University of Chinese Academy of Sciences  

  • Annual performance, top one in UCAS

    2021年01月   University of Chinese Academy of Sciences  

 

論文

  • Anisotropic superconducting spin transport at magnetic interfaces

    Yuya Ominato, Ai Yamakage, Mamoru Matsuo

    Physical Review B    2022年10月

    DOI

    Scopus

    9
    被引用数
    (Scopus)
  • Valley transport driven by dynamic lattice distortion

    Yuya Ominato, Daigo Oue, Mamoru Matsuo

    Physical Review B    2022年05月

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • Ferromagnetic resonance modulation in d -wave superconductor/ferromagnetic insulator bilayer systems

    Yuya Ominato, Ai Yamakage, Takeo Kato, Mamoru Matsuo

    Physical Review B    2022年05月

    DOI

    Scopus

    9
    被引用数
    (Scopus)
  • Quantum Oscillations of Gilbert Damping in Ferromagnetic/Graphene Bilayer Systems

    Yuya Ominato, Mamoru Matsuo

    Journal of the Physical Society of Japan    2020年05月

    DOI

  • Valley-Dependent Spin Transport in Monolayer Transition-Metal Dichalcogenides

    Yuya Ominato, Junji Fujimoto, Mamoru Matsuo

    Physical Review Letters   124 ( 16 )  2020年04月

    DOI

    Scopus

    40
    被引用数
    (Scopus)
  • Phase Diagram of a Magnetic Topological Nodal Semimetal: Stable Nodal Line in an Easy-Plane Ferromagnet

    Ominato, Yuya, Yamakage, Ai, Nomura, Kentaro

    Journal of the Physical Society of Japan   88 ( 11 ) 114701 - 114701  2019年10月

    DOI

    Scopus

    5
    被引用数
    (Scopus)
  • Spin-Orbit Crossed Susceptibility in Topological Dirac Semimetals

    Ominato, Yuya, Tatsumi, Shuta, Nomura, Kentaro

    Physical Review B   99 ( 8 ) 085205 - 085205  2019年02月

    DOI

    Scopus

    13
    被引用数
    (Scopus)
  • Electric Polarization in Magnetic Topological Nodal Semimetal Thin Films

    Ominato, Yuya, Yamakage, Ai, Nomura, Kentaro

    Condensed Matter   3 ( 4 ) 43 - 43  2018年11月

    DOI

    Scopus

    4
    被引用数
    (Scopus)
  • Helicity-Protected Domain-Wall Magnetoresistance in Ferromagnetic Weyl Semimetal

    Kobayashi, Koji, Ominato, Yuya, Nomura, Kentaro

    Journal of the Physical Society of Japan   87 ( 7 ) 073707 - 073707  2018年07月

    DOI

    Scopus

    14
    被引用数
    (Scopus)
  • Spin Susceptibility of Three-Dimensional Dirac-Weyl Semimetals

    Ominato, Yuya, Nomura, Kentaro

    Physical Review B   97 ( 24 ) 245207 - 245207  2018年06月

    DOI

    Scopus

    12
    被引用数
    (Scopus)
  • Anisotropic Magnetotransport in Dirac-Weyl Magnetic Junctions

    Ominato, Yuya, Kobayashi, Koji, Nomura, Kentaro

    Physical Review B   95 ( 8 ) 085308 - 085308  2017年02月

    DOI

    Scopus

    9
    被引用数
    (Scopus)
  • Magnetotransport in Weyl Semimetals in the Quantum Limit: Role of Topological Surface States

    Ominato, Yuya, Koshino, Mikito

    Physical Review B   93 ( 24 ) 245304 - 245304  2016年06月

    DOI

    Scopus

    23
    被引用数
    (Scopus)
  • Quantum Transport in Three-Dimensional Weyl Electron System in the Presence of Charged Impurity Scattering

    Ominato, Yuya, Koshino, Mikito

    Physical Review B   91 ( 3 ) 035202 - 035202  2015年01月

    DOI

    Scopus

    24
    被引用数
    (Scopus)
  • Quantum Transport in a Three-Dimensional Weyl Electron System

    Ominato, Yuya, Koshino, Mikito

    Physical Review B   89 ( 5 ) 054202 - 054202  2014年02月

    DOI

    Scopus

    107
    被引用数
    (Scopus)
  • Orbital Magnetism of Graphene Nanostructures

    Ominato, Yuya, Koshino, Mikito

    Solid State Communications   175-176   51 - 61  2013年12月

    DOI

    Scopus

    14
    被引用数
    (Scopus)
  • Orbital Magnetism of Graphene Flakes

    Ominato, Yuya, Koshino, Mikito

    Physical Review B   87 ( 11 ) 115433 - 115433  2013年03月

    DOI

    Scopus

    49
    被引用数
    (Scopus)
  • Orbital Magnetic Susceptibility of Finite-Sized Graphene

    Ominato, Yuya, Koshino, Mikito

    Physical Review B   85 ( 16 ) 165454 - 165454  2012年04月

    DOI

    Scopus

    19
    被引用数
    (Scopus)

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 固体中における三次元ディラック電子系の物性理論

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2016年03月
     

    大湊 友也

     概要を見る

    本年度はワイル半金属における強磁場下の電気伝導現象について理論的に研究を行った。ワイル半金属は3次元ディラック電子系が実現する系の一つであり、その重要な特徴の一つとして系の表面に局在したトポロジカル表面状態を持つことがあげられる。先行研究において、ワイル半金属に対して電場と磁場を平行に印加すると巨大な負の磁気抵抗効果を示すことが理論的に知られていた。しかし、これらの先行研究においてワイル半金属に特徴的なトポロジカル表面状態が果たす役割については調べられてこなかった。本研究では表面のあるワイル半金属における磁場中の電気伝導現象を調べることで、トポロジカル表面状態が電気伝導現象においてどのような役割を果たすかを明らかにした。具体的な内容としては、波数空間にバンド接点を二つ持つワイル半金属となる格子模型を考え、周期境界条件と固定端境界条件のもとで磁場中のエネルギーバンド構造を計算し、表面の有無によってエネルギーバンド構造は大きく異なることを明らかにした。この計算で求めた固有状態を用いて散乱確率を計算することで電気伝導度を求めた。そして、境界条件によって電気伝導度の磁場依存性、および試料の厚み依存性が大きく異なることを明らかにした。多くの系では試料の大きさがマクロスコピックになると物理量の振る舞いは境界条件に依らなくなる。しかしワイル半金属においては境界条件の違いがマクロな系の物理量の振る舞いに本質的な変化を与えることを初めて明らかにした。

Misc

  • 磁気的界面を通じて超伝導対称性を視る

    大湊友也, 山影相, 加藤岳生, 松尾衛

    固体物理   58 ( 8 ) 433  2023年08月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 磁性ワイル半金属接合系における量子伝導

    大湊 友也, 小林 浩二, 野村 健太郎

    日本物理学会講演概要集   71   1048 - 1048  2016年

     概要を見る

    <p>強磁性磁気秩序を持つ磁性ワイル半金属とディラック半金属からなる接合系における量子伝導現象について発表する。磁気秩序により生じる磁化によってワイル点は波数空間でシフトする。このシフトが磁化の向きに依存しているため、接合面に垂直方向のコンダクタンスは磁化の向きと大きさに強く依存する。</p>

    DOI CiNii

 

現在担当している科目

 

他学部・他研究科等兼任情報

  • 理工学術院   先進理工学部