Updated on 2024/02/25

Affiliation
Faculty of International Research and Education, School of International Liberal Studies
Job title
Research Associate

Research Experience

  • 2023.04
    -
    Now

    Waseda University   School of International Liberal Studies   Research Associate

  • 2021.04
    -
    Now

    Komazawa Women's University

  • 2017.09
    -
    2023.02

    早稲田大学ライティング・センター

  • 2020.04
    -
    2022.03

    日本学術振興会 特別研究員DC2

Education Background

  • 2017.04
    -
    Now

    Waseda University   GSICCS  

  • 2018.09
    -
    2019.09

    University of Sussex   School of Media, Film & Music   Film Studies  

  • 2015.04
    -
    2017.03

    Waseda University   GSICCS  

  • 2011.04
    -
    2015.03

    Waseda University   School of International Liberal Studies  

Professional Memberships

  •  
     
     

    Society for Cinema and Media Studies

  •  
     
     

    日本映画学会

Research Areas

  • Aesthetics and art studies   映画学

Research Interests

  • 日本映画

  • 映画学

  • 男性性

  • セクシュアリティ

Awards

  • 2022年度渥美奨学金

    2022.04   渥美国際交流財団  

  • 平成30年度JASSO海外留学支援制度(大学院学位取得型)

    2018.09  

  • Lizz Ketterer Trust Travel Bursary Award

    2017.06  

 

Papers

  • Kissing off the Defeat: Cross-Dressing as the Japanese Postwar Condition in Oitsu Owaretsu

    Kenta Kato

    Journal of Homosexuality   68 ( 11 ) 1860 - 1876  2021.09

    DOI

    Scopus

  • A man to remember: two film adaptations of Kokoro

    Kenta Kato

    Journal of Japanese and Korean Cinema     1 - 17  2021.07

    DOI

    Scopus

  • A Man with Whom Men Fall in Love: Homosociality and Effeminophobia in the Abashiri Bangai-chi Series

    Kenta Kato

    Japanese Studies     1 - 13  2021.01

    DOI

    Scopus

  • It’s tough being a humanist: Yōji Yamada, the cynical company man

    Kenta Kato

    Asian Cinema    2019.04

    DOI

    Scopus

    1
    Citation
    (Scopus)
  • ヌーヴェル・ヴァーグの季節 1960年の「新しい波」言説と『狂熱の季節』

    Kenta Kato

    Transcommunication    2019.03

Books and Other Publications

  • 同性愛と同性婚の政治学 : ノーマルの虚像

    Sullivan, Andrew, 板津, 木綿子, 加藤, 健太, 本山, 哲人, 脇田, 玲子

    明石書店  2015.06 ISBN: 9784750342061

Presentations

  • What You Are Laughing At: Queer Laughter in Post-war Japanese Cinema

    Society for Cinema and Media Studies 2023 

    Presentation date: 2023.04

  • The Hamlet That Could Have Been: Castle of Flames (1960) and the Discourse of Adaptation

     [Invited]

    Looking at Shakespeare from the non-Anglophone World 

    Presentation date: 2023.02

  • シスターボーイ大流行:日本映画における「女々しさ」と消費社会

    日本映画学会第18回大会 

    Presentation date: 2022.12

  • Hamlet Mustn’t Die: The Issue of Local Specificity in Castle of Flames (1960)

    Found in Translation: Understanding Shakespeare through Intercultural Dialogue 

    Presentation date: 2022.09

  • パロディとしての『網走番外地』シリーズ

    加藤健太  [Invited]

    日本映画学会第17回大会 

    Presentation date: 2021.12

  • 『変態性欲にもとづく行為』: 旧映倫時代の日本映画におけるシシー・キャラクター

    加藤健太  [Invited]

    文化としてのゴミ 

    Presentation date: 2020.01

  • Shinnosuke's Butt, and 'Okama' Characters in the Crayon Shin-chan Films

    Kenta Kato

    Presentation date: 2019.11

  • A Man with Whom Men Fall in Love: Homosociality and Effeminophobia in Ninkyô Eiga

    Kenta Kato

    Presentation date: 2019.09

  • Subversive Tales of Chivalry in Japan: Homosociality and Effeminophobia in the Abashiri Bangai-chi Series

    Kenta Kato

    Presentation date: 2019.07

  • Disciples of Oscar Wilde: Effeminate Characters in Japanese Gendai-geki Films

    Kenta Kato

    Presentation date: 2019.05

  • In Search of Alternatives: Futility in Kaneto Shindo's Kokoro

    Kenta Kato  [Invited]

    Presentation date: 2019.02

  • Abjection of the Defeated: Politics of Cross-Dressing in Oitsu Owaretsu

    Kenta Kato

    Identity, Projection and the Other 

    Presentation date: 2019.02

  • Meiji Era Japan in Kon Ichikawa's Kokoro

    Kenta Kato

    Presentation date: 2018.03

  • Hamlet, Jidaigeki, and Nationalism: Tai Kato’s Castle of Flames

    Kenta Kato

    Presentation date: 2017.06

  • Yōji Yamada Remakes: Representation of Something Older

    Kenta Kato

    The Twentieth Asian Studies Conference Japan 

    Presentation date: 2016.07

▼display all

Research Projects

  • 戦後日本映画におけるクィア・キャラクターの表象形態について

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    Project Year :

    2020.04
    -
    2022.03
     

    加藤 健太

     View Summary

    2021年度は戦後日本映画におけるシスターボーイとゲイボーイの表象に関する調査を行った。
    2021年度の前期は、1957年に社会現象となったシスターボーイに関する調査を行った。まずそもそものシスターボーイ現象に関する研究が十分になされていないため、歴史的な調査から始めた。具体的には、アメリカ映画『お茶と同情』(1956)に関する研究、作品が日本で公開された際の宣伝資料、また丸山明宏のスターダムに関する当時の反応を示す週刊誌記事などを参照した。更にシスターボーイを戦後日本における消費社会の出現と関連付けるために、消費に関する理論や「太陽族」「よろめき婦人」など映画産業と関わりのあるブームについての資料を集めた。調査の結果を文章としてまとめ、シスターボーイを単なる表象の一形態ではなく、産業的また技術的な「スタイル」として捉える可能性を論じた。
    2021年度の後期は、1958年から日本で小さなブームとなったゲイボーイに関する研究を行った。まず1950年代後半におけるゲイボーイへの社会的関心を調査するために週刊誌などの一次資料や研究者による二次資料を参照した。また第三者機関としての映倫再編に伴い1959年に制定された「映画倫理規定」などの資料を確認し、公権力と性規範の関係を理論化するためにミシェル・フーコーによる諸作などから知見を深めた。更に実際に分析する予定の作品を鑑賞し、それらの映画に関する当時の批評などを映画雑誌から調査した。調査結果を文章としてまとめるべく、アウトラインの作成を行った。

Misc

  • A Matter of Choice: The Discipline of Interdisciplinary Programs and Japanese Cinema Studies

    Transcommunication   9 ( 2 ) 135 - 139  2022.09