2024/05/26 更新

写真a

タキカワ リョウコ
瀧川 諒子
所属
文学学術院 文学部
職名
助教
学位
博士(文学) ( 2024年02月 早稲田大学 )
メールアドレス
メールアドレス

経歴

  • 2024年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   文学学術院   助教

  • 2024年04月
    -
    継続中

    桜美林大学   非常勤講師

  • 2023年04月
    -
    継続中

    東京都立青梅看護専門学校   非常勤講師

  • 2023年04月
    -
    2024年03月

    早稲田大学   文学学術院   助手

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    独立行政法人日本学術振興会   特別研究員(DC1)

学歴

  • 2018年04月
    -
    2024年02月

    早稲田大学   大学院文学研究科   博士後期課程  

委員歴

  • 2022年06月
    -
    継続中

    日本心理学会若手の会  幹事

  • 2022年06月
    -
    2023年06月

    日本心理学会若手の会  異分野間恊働懇話会2023 準備委員

所属学協会

  • 2022年12月
    -
    継続中

    The Society for Personality and Social Psychology

  • 2022年06月
    -
    継続中

    The Human Behavior and Evolution Society

  • 2021年11月
    -
    継続中

    日本人間行動進化学会

  • 2014年04月
    -
    継続中

    日本心理学会

研究分野

  • 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む / 実験心理学 / 臨床心理学 / 社会心理学

研究キーワード

  • 適応

  • ストレス

  • 母子保健

  • 慢性疼痛

  • 発達心理学

  • 生理心理学

▼全件表示

受賞

  • The 2022 HBES Best Poster award

    2022年06月   The 33rd annual conference of the Human Behavior and Evolution Society   Telomeres moderate the influence of testosterone on mating behavior of men  

    受賞者: Ryoko Takikawa, Yasuyuki Fukukawa

 

論文

  • Sex differences in birth weight depending on the mother's condition: Testing the Trivers-Willard hypothesis in Indian twins

    Ryoko Takikawa, Yasuyuki Fukukawa

    Evolution and Human Behavior    2023年09月  [査読有り]  [国際誌]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

  • Testing Gender Differences: The Dark Triad and Motives for Deceptive Impression Management

    Ryoko Takikawa, Yasuyuki Fukukawa

    Social Behavior and Personality: an international journal   51 ( 5 )  2023年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    <jats:p>This study examined the effect of the dark triad personality traits of Machiavellianism, narcissism, and psychopathy on motives for deceptive impression management in consideration of gender differences. An online survey was conducted with 121 Japanese university students (57 men, 64
    women), who completed the Short Dark Triad-Japanese version and the Acting in Daily Life Scale. Multiple-group structural equation modeling results were as follows: (a) Men with high Machiavellianism scored lower on relationship maintenance and relationship acquisition than women with high
    Machiavellianism did; (b) narcissism was positively associated with relationship acquisition in men, whereas in women, narcissism was negatively associated with difficult situations; and (c) in both men and women, psychopathy was negatively associated with relationship acquisition. The findings
    suggest that the effects of the dark triad of personality on deceptive impression management in daily life are gender-specific and dependent on cost estimates.</jats:p>

    DOI

    Scopus

  • 身体機能に関わる動作感覚についての基礎的検討─生体信号のカオス的連動を用いた生理心理学的研究─

    瀧川諒子

    早稲田大学大学院文学研究科紀要   63 ( 18 ) 61 - 65  2018年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Promoting bilateral symmetry in the body through an eastern medical approach examining the chaotic nature of pulse waves using a neck rotation task via Sotai therapy

    Ryoko Takikawa, Yasutomo Ishii

    International Journal of Electronics and Communication Engineering and Technology   7 ( 3 ) 130 - 141  2016年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • The impact of trait anxiety under a painful stimulus on the chaotic synchronization of respiration and pulse waves

    Ryoko Takikawa, Yasutomo Ishii, Taira Suzuki, Mayumi Oyama-Higa

    Journal of Information and Communication Engineering   1 ( 1 ) 1 - 8  2015年11月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Chaotic synchronization of respiration and center of gravity sway

    Ryoko Takikawa, Yasutomo Ishii, Taira Suzuki, Mayumi Oyama-Higa

    Journal of Bioinformatics and Neuroscience   1 ( 1 ) 1 - 7  2015年11月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Chaotic synchronization of pulse waves and respiration

    Ryoko Takikawa, Yasutomo Ishii, Taira Suzuki, Mayumi Oyama-Higa

    Journal of Bioinformatics and Neuroscience   1 ( 1 ) 24 - 30  2015年11月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

▼全件表示

書籍等出版物

  • 大学で心理学を学びたいと思ったときに読む本

    瀧川 諒子( 担当: 分担執筆,  担当範囲: ママは戦略家―ヒト女性の進化心理学)

    誠信書房  2024年

  • 心理学ワールド 101号

    瀧川 諒子( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Keeping fresh eyes 心理学研究 最先端 進化と適応の心理学―私たちの繁殖戦略)

    公益社団法人日本心理学会  2023年04月

  • 心理学ワールド 100号

    瀧川 諒子( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 若手の会から ママ Ph.D.のたまご)

    公益社団法人日本心理学会  2023年01月

講演・口頭発表等

  • The relationships of chronotype with BMI and cognitive performance among university students

    Yasuyuki Fukukawa, Ryoko Takikawa

    16th European Public Health Conference 2023  

    発表年月: 2023年11月

    開催年月:
    2023年11月
     
     
  • The effect of male telomere length on the relation between testosterone and mating behavior

    Ryoko Takikawa, Yasuyuki Fukukawa

    the IAGG Asia/Oceania Regional Congress 2023  

    発表年月: 2023年06月

  • Is the behavioral immune system human universal?: An international comparison between Malaysia and the Philippines

    Ryoko Takikawa, Yasuyuki Fukukawa, Guadalupe Salanga, M, Tan Soon-Aun

    The 34th annual conference of the Human Behavior and Evolution Society  

    発表年月: 2023年06月

  • The Relationship between conception risk across the menstrual cycle and altruistic behavior

    Ryoko Takikawa, Yasuyuki Fukukawa

    The 14th Asian Conference on the Social Sciences  

    発表年月: 2023年05月

  • Women's interpersonal attitudes depend on conception risk

    Ryoko Takikawa, Yasuyuki Fukukawa

    The 13th Asian Conference on Psychology & Behavioral Sciences  

    発表年月: 2023年04月

  • 学術大会をアップデートせよ 日本心理学会企画シンポジウム (YouTubeライブ)

    澤幸祐, 樋口匡貴, 阿部恒之, 瀧川諒子, 中山俊作, 田上慎一, 仮澤亮  [招待有り]

    日本心理学会  

    発表年月: 2023年03月

  • Just world beliefs moderate the influence of autobiographical memory on anxiety

    Ryoko Takikawa, Yasuyuki Fukukawa

    The 2023 annual conference of the Society for Personality and Social Psychology Religion and Spirituality preconference  

    発表年月: 2023年02月

  • 行動免疫と食物嗜好との関連に文化差はあるか

    福川康之, 瀧川諒子, Salanga M. Guadalupe, Soon-Aun Tan

    第15回日本人間行動進化学会  

    発表年月: 2022年12月

  • 異性双子の出生体重比を用いたTrivers-Willard仮説の検証

    瀧川諒子, 福川康之

    第15回日本人間行動進化学会  

    発表年月: 2022年12月

  • 公正世界信念が自伝的想起と気分変化の関連に及ぼす影響

    瀧川諒子, 福川康之

    日本心理学会第86回大会  

    発表年月: 2022年09月

  • Telomeres moderate the influence of testosterone on mating behavior of men

    Ryoko Takikawa, Yasuyuki Fukukawa

    The 33rd annual conference of the Human Behavior and Evolution Society  

    発表年月: 2022年06月

  • 出生体重が初経年齢に及ぼす影響:ストレス応答性を考慮して

    瀧川諒子, 福川康之

    第14回日本人間行動進化学会  

    発表年月: 2021年12月

    開催年月:
    2021年12月
     
     
  • 出産年齢による出生体重の性差:インド人の双子を対象としたTrivers-Willard仮説の検証

    瀧川諒子, 福川康之

    第85回日本心理学会  

    発表年月: 2021年09月

    開催年月:
    2021年09月
     
     
  • The effect of dark triad on acting in daily life and self-contradiction

    Ryoko Nojiri, Yasuyuki Fukukawa

    Association for Research in Personality 7th Biennial Conference  

    発表年月: 2021年07月

    開催年月:
    2021年07月
     
     
  • 東洋医学的アプローチによる身体の左右対称性の促進―操体法による首回し課題を用いた脈波のカオス性の検討―

    瀧川 諒子, 石井 康智

    東京若手心理学者の会  

    発表年月: 2017年03月

  • Promoting symmetry of the human body by Eastern medicinal approach: A psychophysical study using head-turning tasks

    Ryoko Takikawa, Yasutomo Ishii

    31st International Congress of Psychology (ICP2016)  

    発表年月: 2016年07月

    開催年月:
    2016年07月
     
     
  • The impact of trait anxiety under a painful stimulus on the chaotic synchronization of respiration and pulse waves

    Ryoko Takikawa, Yasutomo Ishii, Taira Suzuki, Mayumi Oyama-Higa

    2015 International Conference on Intelligent Informatics and Biomedical Sciences (ICIIBMS)  

    発表年月: 2015年11月

    開催年月:
    2015年11月
     
     
  • Chaotic synchronization of respiration and center of gravity sway

    Ryoko Takikawa, Yasutomo Ishii, Taira Suzuki, Mayumi Oyama-Higa

    2015 International Conference on Intelligent Informatics and Biomedical Sciences (ICIIBMS)  

    発表年月: 2015年11月

    開催年月:
    2015年11月
     
     
  • Chaotic synchronization of pulse waves and respiration

    Ryoko Takikawa, Yasutomo Ishii, Taira Suzuki, Mayumi Oyama-Higa

    2015 International Conference on Intelligent Informatics and Biomedical Sciences (ICIIBMS)  

    発表年月: 2015年11月

    開催年月:
    2015年11月
     
     
  • 生体情報のカオス的同期について:呼吸と脈波のカオスの連関

    瀧川諒子, 鈴木平, 石井康智, 雄山真弓

    第79回日本心理学会  

    発表年月: 2015年09月

    開催年月:
    2015年09月
     
     
  • 漢字三字熟語の出現頻度に対するファミリーサイズの効果の検討

    水越陸太, 吉原将大, 薛俊毅, 井田佳祐, 松木祐馬, 瀧川諒子, 日野泰志

    第18回認知神経心理学研究会  

    発表年月: 2015年08月

    開催年月:
    2015年08月
     
     
  • 痛み刺激下における生理心理的変化:指尖脈派のカオス解析を用いた実験的検討

    瀧川諒子, 鈴木平

    第78回日本心理学会  

    発表年月: 2014年09月

    開催年月:
    2014年09月
     
     

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • テストステロンと男性の配偶行動の関連にテロメアが与える影響

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援

    研究期間:

    2023年04月
    -
    2025年03月
     

    瀧川諒子

  • 出生体重が初経年齢に及ぼす影響:ストレス応答性を考慮した疫学調査研究

    公益財団法人 小児医学研究振興財団  小児の社会医学的研究助成金

    研究期間:

    2022年03月
    -
    2023年04月
     

    瀧川諒子

  • 動作感覚による除痛効果の基礎的・応用的研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    瀧川 諒子

     概要を見る

    本研究は, 1)操法(橋本,2005)が筋骨格系の痛みを改善するか, 2)呼吸と指尖容積脈波のLLE(Large Lyapunov Exponent)の同期が筋骨格系の慢性疼痛に関する生理指標として妥当か,検討することを目的とし,研究を2つ実施することである。研究 1では操法が痛みを改善するか,研究 2では操法の継続に伴い慢性疼痛が改善するか検討する。実験に際して,参加者の呼吸と脈波を測定し,操法の効果と併せて検討する。実験は,協力医療機関にて,筋骨格系に痛みを持つ患者を対象に行う。本年度は、研究1および2の予備的実験として、協力医療機関にて急性・慢性疼痛を有する人計14名を対象に介入実験を行った。その際、上記指標の他に、重心動揺および各関節における3次元空間内の移動軌跡を用いた。その結果、1)操法が筋骨格系の痛みを改善するかという検討課題に対し、介入の前後で主観的痛みは改善傾向を示したと同時に、呼吸、指尖容積脈波、重心動揺のLLEおよび指尖容積脈波から導出された自律神経指標もまた、介入前後で改善傾向を示した。これにより、治療が難渋する慢性疼痛において推奨される運動療法では患者の心身の負担が増大する危険性を解決する、痛みを伴わない操法の有用性が示唆された。さらに、2)呼吸と指尖容積脈波のLLEの同期が筋骨格系の慢性疼痛に関する生理指標として妥当かという検討課題に対し、呼吸と指尖容積脈波のLLEの同期は主観的痛みの改善と相関傾向を示した。これにより、呼吸と指尖容積脈波のLLEの同期の観察は、これまで提案されてこなかった慢性疼痛に関連する有効な生理指標の提案の一助となり得る可能性が示唆された。

その他

  • 独立行政法人日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除

    2023年03月
    -
     
  • 早稲田大学大学院博士後期課程若手研究者養成奨学金 採用

    2018年04月
    -
     
  • 認定心理士(日本心理学会)

    2015年
    -
     
 

現在担当している科目

担当経験のある科目(授業)

  • 心理学実験演習

    桜美林大学  

    2024年09月
    -
    継続中
     

  • 心理学実験

    桜美林大学  

    2024年04月
    -
    継続中
     

  • 家族論

    東京都立青梅看護専門学校  

    2023年04月
    -
    継続中
     

 

学術貢献活動

  • 若手のための進路相談会 日本心理学会学術大会 若手の会企画シンポジウム

    大会・シンポジウム等

    日本心理学会若手の会  

    2022年09月
    -
    継続中
  • 学部生・高校生プレゼンバトル 日本心理学会学術大会 若手の会企画シンポジウム

    大会・シンポジウム等

    日本心理学会若手の会  

    2022年09月
    -
    継続中
  • 日本心理学会学術大会 発表者に対する参加費支援制度

    査読等

    日本心理学会若手の会  

    2022年06月
    -
    継続中
  • 高齢者のための在宅継続転倒予防プログラムと検知・支援モニタリング方法の開発と評価

    学術調査

    東京慈恵会医科大学  

    2018年04月
    -
     
  • 長期縦断健康長寿研究(SONIC)

    学術調査

    東京都健康長寿医療センター研究所  

    2016年04月
    -
    2018年03月
  • 研究統計法講座

    学会・研究会等

    医療法人社団大和会多摩川病院リハビリテーション科  

    2016年05月
    -
     

▼全件表示

特定課題制度(学内資金)

  • テストステロンと男性の配偶行動の関連にテロメアが与える影響

    2023年  

     概要を見る

    本研究の目的は,日本人男性を対象とし,テストステロンレベルと配偶行動の関連が染色体末端(テロメア)の長さによって異なることを明らかにすることであった。2023年度はパイロットスタディとしてアメリカ人男性を対象とした既存データの二次分析を行った。その結果,高いテストステロンレベルは,テロメアが短い男性においてのみ配偶行動(過去1ヵ月間における避妊具を使用せずに性交を行った回数および性交パートナー数)の増加と関連するが,対照的にテロメアが長い男性では,過去1ヵ月における避妊具を使用せずに性交を行った回数の増加とは関連せず,性交パートナー数においては減少と関連することを発見した。テストステロンは男性が異性と配偶する行動と,父親として子を養育する行動の両方に必要なホルモンである。そして男性が行動を配偶と養育のどちらに偏らせるかを決める繁殖戦略は,各々の寿命に応じる。申請者は本研究で,寿命の指標であるテロメア長に着目した。本研究の成果は,男性が父親としての行動を増減させる要因の解明を促すため,親子の機能の維持・向上に資することが期待される。