Updated on 2023/12/05

写真a

 
SHINODA, Masato
 
Affiliation
Affiliated organization, Center for Higher Education Studies
Job title
Assistant Professor(non-tenure-track)
Degree
修士(教育学) ( 2007.03 東京大学大学院 )
Mail Address
メールアドレス

Research Experience

  • 2022.10
    -
    Now

    Waseda University   Center for Higher Education Studies (CHES)

  • 2020.04
    -
    Now

    Takarazuka University

  • 2014.04
    -
    Now

    京都芸術大学(旧・京都造形芸術大学)   通信教育部   非常勤講師

  • 2022.10
    -
    2023.03

    社会構想大学院大学   非常勤講師

  • 2021.09
    -
    2022.09

    社会構想大学院大学(旧・社会情報大学院大学)   実務教育研究科   兼担講師

  • 2020.04
    -
    2022.09

    社会構想大学院大学(旧・社会情報大学院大学)   先端教育研究所   専任講師

  • 2018.04
    -
    2020.03

    Takarazuka University

  • 2017.07
    -
    2018.03

    Yamaguchi University   Organization for University Education, Ecucation Promoting Center

  • 2011.04
    -
    2018.03

    Gakushuin University

  • 2002.04
    -
    2017.06

    The Gakushuin School Corporation

▼display all

Education Background

  • 2019.04
    -
    Now

    東京大学大学院   教育学研究科   大学経営・政策コース 博士課程  

  • 2005.04
    -
    2007.03

    東京大学大学院   教育学研究科   大学経営・政策コース 修士課程  

  • 1996.04
    -
    2000.03

    Gakushuin University   Faculty of Economics   Department of Economics  

Committee Memberships

  • 2021.04
    -
    2023.06

    日本実務教育学会  研究委員会委員長

  • 2021.04
    -
    2021.11

    日本実務教育学会  第1回大会実行委員会委員

  • 2018.10
    -
    2019.09

    日本教育社会学会  第71回大会実行委員会委員

Professional Memberships

  • 2021
    -
    Now

    日本アカデミック・アドバイジング協会

  • 2021
    -
    Now

    日本実務教育学会

  • 2018
    -
    Now

    THE JAPAN SOCIETY OF EDUCATIONAL SOCIOLOGY

  • 2013
    -
    Now

    大学評価コンソーシアム

  • 2009
    -
    Now

    大学行政管理学会

  • 2009
    -
    Now

    Japan Association for College and University Education

  • 2009
    -
    Now

    IDE大学協会

  • 2007
    -
    Now

    JAPAN ASSOCIATION OF HIGHER EDUCATION RESEARCH

▼display all

Research Areas

  • Sociology of education   高等教育論、大学経営・政策

Research Interests

  • 高等教育

  • 教職員能力開発(FD・SD)

  • IR

  • 大学経営・政策

  • 大学職員

  • 学習成果

▼display all

 

Papers

  • ssessment of Learning Outcomes in the Online Higher Education: Two Case Studies in Japan

      44 ( 2 ) 167 - 172  2022.12  [Refereed]

  • 大学教員の教育・研究に係る両立の困難感の規定要因-学問分野ごとの特性を踏まえた分析-

    2021年度大学経営政策演習受講生一同, 栗原郁太, 佐藤寛也, 篠田雅人, 白水晶子, 高木航平, 中里祐紀, 西健太郎, 水野雄介, 森田尚子

    大学経営政策研究   ( 12 ) 137 - 153  2022.03  [Refereed]

  • 「職員調査にみる大学経営人材育成の現状と課題-私立大学職員に着目して-」

    篠田 雅人

    大学経営政策研究   ( 1 ) 39 - 53  2011.03  [Refereed]

  • 大学事務職員のモチベーションとその規定要因-アンケート調査による分析-

    篠田 雅人

    東京大学大学院  

Books and Other Publications

  • 実務家教員という生き方 ~人生100年時代の新しい「知」の実践

    実務家教員COEプロジェクト編, 篠田雅人, 富井久義, 伴野崇生, 橋本純次, 廣谷貴明, 眞崎光司( Part: Edit, 第3章「実務家教員として活躍する①:教育」他)

    学校法人先端教育機構 社会構想大学院大学出版部  2022.04 ISBN: 4910255087

    ASIN

  • 実務家教員の理論と実践 : 人生100年時代の新しい「知」の教育

    実務家教員COEプロジェクト, 川山竜二, 荒木啓史, 濱名 篤, 乾 喜一郎, 青山忠靖, 榊原暢久, 佐藤浩章, 廣政愁一, 石﨑友規, 富井久義, 篠田雅人, 伴野崇生, 橋本純次, 松梨久仁子, 田部渓哉( Part: Joint editor, 第9章 学習評価論)

    学校法人先端教育機構 社会情報大学院大学出版部  2021.03 ISBN: 9784910255057

  • 山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)アニュアルレポート2017

    林 透, 篠田雅人( Part: Edit)

    山口大学YU-AP推進室  2018.03

  • 人文系学士課程教育における卒業論文がもたらす学習成果の検証

    「人文系学士課程教育における卒業論文がもたらす学習成果の検証」編集委員会編, 神田龍身, 鶴間和幸, 佐藤学, 小島和男, 篠田雅人, 日下田岳史, 谷村英洋, 中世古貴彦, 中野啓太( Part: Edit)

    学習院大学人文科学研究所  2015.03

Presentations

  • 学士課程における卒業研究教育の目標・評価・方法の研究

    西野毅朗, 山田嘉徳, 岩田貴帆, 篠田雅人, 串本剛, 山内洋, 土井義夫, 川上忠重, 佐々木誠, 服部律子

    大学教育学会 2023年度課題研究集会 課題研究シンポジウムⅣ 

    Presentation date: 2023.11

  • 大学情報の結節点としてのIRの組織と機能-日本と米国の調査から-

    福留東土・高木航平・森田尚子・佐藤寛也・篠田雅人・胡云潼・杉本昌彦・白水晶子・下間康行・寺田悠希・西健太郎・野村由美・本庄秀明・両角亜希子

    日本高等教育学会 第26回大会 

    Presentation date: 2023.06

  • 大学の自律的な経営行動に貢献する事務組織の現状と課題-私立大学事務局長調査の分析から

    鎌田雅子, 中山紘之, 山﨑その, 篠田雅人, 秦敬治

    大学教育学会 第45回大会 ラウンドテーブル 

    Presentation date: 2023.06

  • 非対面大学教育の学修成果評価の事例

    塚原修一, 濱名篤, 山田礼子, 深澤晶久, 中嶌康二, 篠田雅人  [Invited]

    大学教育学会第44回大会 ラウンドテーブル13 

    Presentation date: 2022.06

  • 文系学士課程教育における学習経験と学習成果の差異-人文科学系・社会科学系全国卒業生調査結果の比較から-

    篠田 雅人

    日本高等教育学会第24回大会 

    Presentation date: 2021.05

  • 教育の質保証について

    篠田 雅人  [Invited]

    一般社団法人大学改新機構 第1回教育改革セミナー「学習成果の可視化と活用の実現に向けて」 

    Presentation date: 2019.10

  • 人文科学系学士課程教育における学習経験と学習成果-全国卒業生調査の結果から-

    篠田 雅人

    日本高等教育学会第22回大会 

    Presentation date: 2019.06

  • 学士課程教育における学習成果の出身学部別分析-私立A大学における卒業生調査の結果から-

    篠田 雅人

    大学教育学会第41回大会 

    Presentation date: 2019.06

  • 大学教育の「エビデンス」を考える

    篠田 雅人, 秦 敬冶  [Invited]

    株式会社教育ソフトウェア大学FD学習会2019 

    Presentation date: 2019.05

  • 学習成果の可視化支援ツールとしての学生調査とポートフォリオ~学生が成長を実感できる環境づくりに向けて~

    篠田 雅人  [Invited]

    株式会社朝日ネット第18回manabaセミナー 

    Presentation date: 2016.07

  • 文学部教育を問う 私立大学における在学生・卒業生調査の実践をもとに

    谷村 英洋, 篠田 雅人  [Invited]

    金沢大学大学教育開発・支援センター第25回学生・学習支援研究会 

    Presentation date: 2016.02

  • 教職協働:日本とイギリス その相違と実態から得られる示唆

    ロナルド・バーネット, ヘレン・ワトソン, 山本 淳司, 篠田 雅人  [Invited]

    広島大学高等教育研究開発センター 2015年度第4回公開研究会 

    Presentation date: 2015.09

  • 人文科学系学士課程教育における学習成果の検証

    篠田 雅人

    SPODフォーラム2015 

    Presentation date: 2015.08

  • 人文科学系学士課程教育の成果-学習院大学卒業生調査の結果から-

    篠田 雅人, 日下田 岳史, 谷村 英洋, 中世古 貴彦, 小島 和男

    日本高等教育学会第17回大会 

    Presentation date: 2014.06

  • 文学部で学んでどうなった!?

    篠田 雅人, 日下田 岳史, 谷村 英洋, 中世古 貴彦, 佐藤 学

    学習院大学人文科学研究所第88回講演会 

    Presentation date: 2013.12

  • 人文科学系学科の卒業論文と学習成果-学習院大学文学部における事例研究-

    中世古 貴彦, 神田 龍身, 鶴間 和幸, 小島 和男, 篠田 雅人, 日下田 岳史, 谷村 英洋, 于 莉莉

    日本高等教育学会第16回大会 

    Presentation date: 2013.05

  • 文学部で学んでなんになる!?

    篠田 雅人, 日下田 岳史, 谷村 英洋, 中世古 貴彦

    学習院大学人文科学研究所第81回講演会 

    Presentation date: 2012.10

  • 卒業論文の意味付けにみる人文科学系学科の現状-全国学科長調査の結果から-

    篠田 雅人, 日下田 岳史, 谷村 英洋, 神田 龍身, 鶴間 和幸, 小島 和男

    日本高等教育学会第15回大会 

    Presentation date: 2012.06

  • 「組織への評価」に見る「組織による評価」の課題-職員調査の結果から-

    篠田 雅人  [Invited]

    大学評価学会第8回全国大会 

    Presentation date: 2011.03

  • 大学経営人材養成への示唆-大学職員アンケートの結果から-

    篠田 雅人

    日本高等教育学会第12回大会 

    Presentation date: 2009.05

  • 大学職員のモチベーションとその規定要因-「大学職員の仕事観に関する意識調査」の結果から-

    篠田 雅人

    日本高等教育学会第11回大会 

    Presentation date: 2008.05

▼display all

Research Projects

  • 学⼠課程における卒業研究教育の⽬標・評価・⽅法

    大学教育学会  課題研究

    Project Year :

    2023.04
    -
    2025.03
     

    西野毅朗, 山田嘉徳, 岩田貴帆, 篠田雅人, 串本剛, 山内洋, 土井義夫, 川上忠重, 佐々木誠, 服部律子

  • 人文科学系学士課程教育の教育的意義-社会的レリバンスの質保証の観点から-

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    Project Year :

    2018.04
    -
    2024.03
     

    篠田 雅人, 佐藤 学, 小島 和男, 中野伸

     View Summary

    2021年度は、当初計画時においては、①全国社会科学系学科長調査、②社会科学系学科卒業生調査、③企業等調査の調査結果の3つの調査及び研究全体としてのまとめを行うこととしていた。しかし、2018~2020年度の実績から、「①全国社会科学系学科長調査」は他研究者による研究データによる代替を目指して2019年度において不実施を決定、検討・準備を進めてきた「③企業等調査」については、新型コロナウイルス感染症拡大という社会情勢が好転しなかったこともあり研究的視点からの準備不足が否めず、研究計画を三度見直し、2022年度夏頃の実施を想定して準備を進めているところである。
    結果として、2021年度においては、2019年度末に実施した「②社会科学系学科卒業生調査」の調査結果に選抜性の代理変数としての予備校偏差値をはじめとする各種データのデータセットへの追加、「②社会科学系学科卒業生調査」の調査結果概要についての学会発表を行った。
    なお、研究期間の1年延長が承認されたことから、「③企業等調査」については、引き続き共同研究者および高等教育研究者からの意見を踏まえた調査設計の見直しのもとに2022年度夏頃に実施する予定である。合わせて2022年度が研究期間の最終年度となるため、各種調査の分析・まとめも行い、2023年度に開催される各種学会等で研究成果を公表していく予定である。

  • 自律的な経営行動に貢献する大学事務組織の特性研究-日本の私立大学を対象として

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

    秦 敬治, 山崎 その, 各務 正, 篠田 雅人, 山咲 博昭, 原 裕美, 鎌田 雅子, 中山 紘之

     View Summary

    本研究の目的は、米国の事例から示唆を得つつ、日本の私立大学を対象に量的・質的調査を実施し、組織の意思決定と執行に高く貢献している事務組織にはどのような特性があるのかを明らかにすることである。
    2年目の2021年度は、日本国内にある複数の私立大学を対象とした質問紙調査・インタビュー調査を実施し、組織の意思決定と執行に高く貢献している事務組織の特性を明らかにする、ことを計画していた。
    しかし、新型コロナウイルス感染症の状況に鑑み、質問紙調査・インタビュー調査については2022年度に実施することとした。
    そのうえで、2020年度に実施した大学における「自律性」に関する国内外の文献レビューを基にして、大学の自律性に関する指標の国際比較を行い、論文にまとめた。さらに、大学の重要課題や実務、管理、経営に関するタイムリーな話題や最新の知見が掲載されている雑誌(「IDE 現代の高等教育」、「Between」)を中心にレビューし、「自律的な経営行動に高く貢献する大学事務組織」の具体像をより明確に表すキーワードを抽出した。

  • Significance of graduation thesis in undergraduate education in Humanities Departments - Quality assurance of social relevance -

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2014.04
    -
    2018.03
     

    Shinoda Masato, HIGETA Takeshi, TANIMURA Hidehiro, NAKASEKO Takahiko

     View Summary

    The purpose of this study is to verify that writing graduation thesis is a core and central curriculum of undergraduate education and the experience has a positive effect on social life after graduation. For this purpose, we conducted a survey for graduates of philosophy, historical studies and Japanese literature. These three disciplines are often said to have low relevance to the real society after graduation.
    As a result, we found that learning at high school and university had raised the motivation of writing a graduation thesis higher and that writing experience of graduation thesis had a positive influence to the knowledge and ability acquired during university and those at present. In addition, as mentioned in free comments by multiple respondents, learning humanities “enrich life”. Humanities are not “useless”but have “social relevance in a broader sense”.

  • 人文系学士課程教育における卒業論文がもたらす学習効果の検証

    学習院大学人文科学研究所  共同プロジェクト

    Project Year :

    2011.04
    -
    2014.03
     

    神田 龍身, 鶴間 和幸, 小島 和男, 篠田 雅人, 于 莉莉, 日下田 岳史, 谷村 英洋, 中世古 貴彦

Misc

  • 「大学人事部」御中

    篠田 雅人

    大学創造別冊 2011年度版大学職員ジャーナル   ( 15 ) 40 - 45  [Invited]

    Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

Other

  • シリーズ大学教育の質保証2「学習成果の評価」(玉川大学出版部)編集協力

  • 高等教育シリーズ 183「大学の学習支援 Q&A」(玉川大学出版部)編集協力

  • 「PROG白書2021」(PROG白書プロジェクト編著・学事出版)プロジェクトメンバー

  • 大学SD講座2「大学教育と学生支援」(玉川大学出版部)編集協力

  • 大学SD講座4「大学職員の能力開発」(玉川大学出版部)編集協力

  • 大学SD講座3「大学業務の実践方法」(玉川大学出版部)編集協力

  • 大学SD講座1「大学の組織と運営」(玉川大学出版部)編集協力

▼display all

 

Teaching Experience

  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ

    宝塚大学 東京メディア芸術学部  

    2022.04
    -
    Now
     

  • 博物館教育論

    京都芸術大学 通信教育部  

    2014.04
    -
    Now
     

  • 学習社会論

    社会構想大学院大学 実務教育研究科  

    2021.09
    -
    2023.03
     

  • 知識と大学

    社会構想大学院大学 実務教育研究科  

    2021.09
    -
    2023.03
     

  • 高等教育政策論

    社会構想大学院大学 実務家教員養成課程  

    2021.04
    -
    2023.03
     

  • 高等教育論

    社会構想大学院大学 実務家教員養成課程  

    2020.10
    -
    2023.03
     

  • 教案作成演習

    社会構想大学院大学 実務家教員養成課程  

    2020.04
    -
    2023.03
     

  • 論文執筆演習

    社会構想大学院大学 実務家教員養成課程  

    2020.04
    -
    2023.03
     

  • シラバス作成演習

    社会構想大学院大学 実務家教員養成課程  

    2020.04
    -
    2023.03
     

  • 学習評価論Ⅰ・Ⅱ

    社会構想大学院大学 実務家教員養成課程  

    2021.04
    -
    2022.09
     

  • 教授法の基礎Ⅰ・Ⅱ

    社会構想大学院大学 実務家教員養成課程  

    2020.10
    -
    2022.09
     

  • シラバス作成の基礎Ⅰ・Ⅱ

    社会構想大学院大学 実務家教員養成課程  

    2020.04
    -
    2022.09
     

  • 教材作成の基礎・教材作成演習

    社会構想大学院大学 実務家教員養成課程  

    2020.04
    -
    2022.09
     

  • 表現とICT

    宝塚大学 東京メディア芸術学部  

    2019.04
    -
    2022.03
     

  • 表現思考Ⅰ・Ⅱ

    宝塚大学 東京メディア芸術学部  

    2018.04
    -
    2022.03
     

  • 研究指導法Ⅰ・Ⅱ

    社会情報大学院大学 実務家教員養成課程  

    2020.10
    -
    2021.03
     

  • 成人教育論

    社会情報大学院大学 実務家教員養成課程  

    2020.10
    -
    2021.03
     

  • 成績評価論Ⅰ・Ⅱ

    社会情報大学院大学 実務家教員養成課程  

    2020.04
    -
    2021.03
     

  • 学校会計演習

    大正大学 人間学部 教育人間学科 教育・学校経営マネジメントコース  

    2019.10
    -
    2019.11
     

  • 教育キャリアゼミナールⅠ ゲストスピーカー

    大正大学 人間学部 教育人間学科 教育・学校経営マネジメントコース  

    2013.05
    -
     
     

▼display all

 

Social Activities

  • 山口県商業教育研究協議会研究調査委員会第6分科会(特色ある商業教育)研修会講師

    山口県商業教育研究協議会研究調査委員会第6分科会(特色ある商業教育) 

    2017.11
    -