2024/05/28 更新

写真a

カガワ メグミ
香川 めぐみ
所属
社会科学総合学術院 社会科学部
職名
准教授(任期付)

所属学協会

  • 2023年12月
    -
    継続中

    アメリカ政治学会

  • 2020年04月
    -
    継続中

    Conflict Research Society

  • 2018年03月
    -
    継続中

    International Studies Association

研究分野

  • 国際関係論   紛争分析解決

研究キーワード

  • 紛争分析解決、平和構築

 

論文

  • Uneven Peace Infiltration: Two Case Studies of Rebel-Led Community Peace Initiatives in the Bangsamoro

    Megumi Kagawa

    Confronting Peace: Local Peacebuilding in the Wake of a National Peace Agreement     309 - 337  2021年12月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者

  • A Typology of Mid-Space Local Bridge-Builders

    Yuji Uesugi, Megumi Kagawa

    Hybrid Peacebuilding in Asia     37 - 60  2019年07月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:最終著者, 責任著者

  • Roles of Rebel Gatekeepers in Mid-Space Peacebuilding: A Case Study of Bangsamoro

    Megumi Kagawa

    Hybrid Peacebuilding in Asia     61 - 87  2019年07月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者

講演・口頭発表等

  • Transforming the perspective of rebels into the stability of peace: A case study of Bangsamoro, the Philippines

    Megumi Kagawa  [招待有り]

    The annual conference, International Studies Association  

    発表年月: 2022年03月

  • Transforming Rebel Security Mechanisms in Post-Secessionist Peace Agreements: A Case Study of Bangsamoro, the Southern Philippines

    Megumi Kagawa  [招待有り]

    The annual conference, International Studies Association  

    発表年月: 2021年04月

  • Uneven Peace Infiltration: Two Case Studies of Rebel-Led Community Peace Initiatives in Bangsamoro, the Philippines

    Megumi Kagawa  [招待有り]

    The annual conference, International Studies Association  

    発表年月: 2021年04月

  • Agonistic Pluralism in Rebel Peacebuilding: A Case Study of the Transitional Bangsamoro in the Southern Philippines

    香川めぐみ  [招待有り]

    世界国際関係学会  

    発表年月: 2024年04月

    開催年月:
    2024年04月
     
     
  • Confronting Peace

    Megumi Kagawa, Christer Mitchell, Landon E. Hancock, Susan H. Allen, Cécile Mouly, and more  [招待有り]

    The annual conference, International Studies Association  

    発表年月: 2021年04月

  • The Multiplicity of Violence and Divided Political Perceptions by the Extrajudicial Killing: Why President Duterte could be popular in Muslim Mindanao

    Megumi Kagawa  [招待有り]

    Philippine Political Science Association  

    発表年月: 2017年05月

  • 対テロ戦争と内戦の力学――国際関係論と紛争解決論の相克

    香川めぐみ  [招待有り]

    日本国際政治学会  

    発表年月: 2016年10月

  • Why Hybridity to Resolve Conflict in Muslim Community? Case Studies of Barangay Alliance Justice and Agama Courts over Land Disputes in Mindanao

    Megumi Kagawa  [招待有り]

    Philippine Political Science Association  

    発表年月: 2013年04月

  • バンサモロ平和構築―ハイブリッドメカニズムの可能性

    香川めぐみ  [招待有り]

    国際開発学会  

    発表年月: 2011年11月

  • ネパールの和平プロセス―なぜ現地の人々は「変わらない」と感じるのか―

    香川めぐみ  [招待有り]

    アジア政経学会  

    発表年月: 2010年10月

  • 紛争後における治安部門改革(SSR)への主要アクターの取組-移行期の治安と平和の安定化に取り組む実務家からの声-

    香川めぐみ  [招待有り]

    日本国際政治学会  

    発表年月: 2008年10月

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • アジアの紛争解決における伝統的制度と近代的制度の折衷と適応に関する研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    研究期間:

    2023年04月
    -
    2027年03月
     

    上杉 勇司, 堀江正伸, 香川めぐみ, 宮澤尚里

  • 権力分有による和平合意における一般市民の包摂に関する研究

    日本学術振興会  欧州との社会科学分野における国際共同研究プログラム

    研究期間:

    2022年10月
    -
    2025年09月
     

    久保慶一, 吉崎知典, Dahlia Simangan, 香川めぐみ, Yun Jung Yang

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

学術貢献活動

  • 書評「包括的な平和構築へのハイブリッド化に向けて」(谷口美代子著『平和構築を支援する』名古屋大学出版会について)

    その他

    図書新聞  

    2020年10月
    -
     
  • 随筆『アジアに生きるイスラーム』「イスラームが琴線に触れるタウイ・タウイ―紛争地にあるフィリピンのもう一つの玄関」

    学術調査

    笹川平和財団  

    2018年04月
    -
     
  • The Sabah Situation

    その他

    Asia Peacebuilding Initiatives  

    2013年04月
    -
     
  • (コラム)「国連の包括的SSR支援への統一的アプローチ: One UN」『平和構築における治安部門改革』

    学術調査

    上杉勇司、藤重博美、吉崎知典  

    2012年12月
    -
     

特定課題制度(学内資金)