2022/08/17 更新

写真a

アザミ ケイシロウ
浅見 慶志朗
所属
理工学術院 創造理工学部
職名
講師(任期付)

学歴

  • 2018年04月
    -
    2022年03月

    東京大学   大学院工学系研究科   システム創成学専攻  

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    東北大学   大学院理学研究科   地学専攻  

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    東北大学   理学部   地球惑星物質科学科  

学位

  • 2022年03月   東京大学   博士(工学)

  • 2018年03月   東北大学   修士(理学)

  • 2016年03月   東北大学   学士(理学)

経歴

  • 2022年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   創造理工学部環境資源工学科   講師

所属学協会

  • 2022年04月
    -
    継続中

    日本地球化学会

  • 2018年04月
    -
    継続中

    日本地質学会

  • 2016年04月
    -
    継続中

    日本地球惑星科学連合

 

研究分野

  • 固体地球科学   地球化学

研究キーワード

  • 鉄マンガンクラスト

論文

  • 87Sr/86Sr Isotopic Ratio of Ferromanganese Crusts as a Record of Detrital Influx to the Western North Pacific Ocean

    Keishiro Azami, Naoto Hirano, Jun-Ichi Kimura, Qing Chang, Hirochika Sumino, Shiki Machida, Kazutaka Yasukawa, Yasuhiro Kato

    Minerals    2022年07月

    DOI

  • Stratigraphic Variations of Fe–Mn Micronodules and Implications for the Formation of Extremely REY-Rich Mud in the Western North Pacific Ocean

    Kazutaka Yasukawa, Satoshi Kino, Junichiro Ohta, Keishiro Azami, Erika Tanaka, Kazuhide Mimura, Koichiro Fujinaga, Kentaro Nakamura, Yasuhiro Kato

    Minerals   11 ( 3 ) 270 - 270  2021年03月

     概要を見る

    <jats:p>The origin of deep-sea sediments in the western North Pacific Ocean, which are significantly enriched in rare-earth elements and yttrium (REY), and its paleoceanographic implications have been poorly constrained. Here, we investigated stratigraphic variations in the chemical compositions and textures of ferromanganese (Fe–Mn) micronodules separated from western North Pacific sediments. The characteristics of the micronodules of an extremely REY-rich mud layer vary from almost purely diagenetic to relatively hydrogenetic. This indicates the abundant supply of organic matter to the sediment together with fish debris that accumulates REY at the onset of the REY-enrichment of the mud, followed by the exposure of the seafloor to oxic water masses during the latter half of the formation of the REY-rich mud. These results support a previously proposed formation mechanism based on which enhanced bottom water currents caused pelagic fish proliferation via the upwelling of nutrients and fish debris was physically sorted and selectively accumulated on the seafloor. After the main REY-enrichment, the micronodules exhibit varying diagenetic signatures, suggesting changes in the bottom current intensities after the main REY-enrichment. However, the bulk REY contents do not increase. This implies that a sufficient increase in the fish productivity is an essential factor affecting the formation of REY-rich mud.</jats:p>

    DOI

  • 南鳥島レアアース泥に含まれるマイクロマンガンノジュールの地球化学的特徴:超高濃度レアアース泥の生成機構に対する示唆

    安川 和孝, 木野 聡志, 大田 隼一郎, 浅見 慶志朗, 田中 えりか, 見邨 和英, 藤永 公一郎, 中村 謙太郎, 加藤 泰浩

    日本地球化学会年会要旨集   68   40  2021年

     概要を見る

    超高濃度レアアース泥を含む南鳥島周辺の深海堆積物からマイクロマンガンノジュールを分離回収し,ICP-MSを用いて化学組成分析を行った.得られた化学組成データのk-meansクラスター分析により,これらのマイクロノジュールは異なる地球化学的特徴を持つ5つのグループに分類された.各コアにおけるマイクロノジュールの特徴の深度方向変化に注目すると,超高濃度レアアース泥の下部では強い続成起源のマイクロノジュールが見られ,レアアース濃度ピーク付近から上部にかけては海水起源寄りの,相対的に酸化的な環境を示唆するマイクロノジュールに遷移することが分かった.この結果は,堆積物中でレアアースホストとなる魚骨片の濃集と関連した海底への有機物供給の増減や底層流の強度変化を反映していると考えられ,先行研究で提案された超高濃度レアアース泥の生成過程と調和的である.

    DOI CiNii

  • 南鳥島マンガンノジュールのOs同位体比に基づく高解像度年代決定

    青柳 颯汰, 大田 隼一郎, 浅見 慶志朗, 中村 謙太郎, 安川 和孝, 野崎 達生, 町田 嗣樹, 木村 純一, 加藤 泰浩

    日本地質学会学術大会講演要旨   2021   182  2021年

    DOI

  • 南鳥島レアアース泥に含まれるマイクロマンガンノジュールの地球化学的特徴とレアメタル資源ポテンシャル

    安川 和孝, 木野 聡志, 浅見 慶志朗, 田中 えりか, 見邨 和英, 大田 隼一郎, 藤永 公一郎, 中村 謙太郎, 加藤 泰浩

    日本地質学会学術大会講演要旨   2021   180  2021年

    DOI

  • Geochemical features of Fe-Mn micronodules in deep-sea sediments of the western North Pacific Ocean: Potential for co-product metal extraction from REY-rich mud

    Kazutaka Yasukawa, Satoshi Kino, Keishiro Azami, Erika Tanaka, Kazuhide Mimura, Junichiro Ohta, Koichiro Fujinaga, Kentaro Nakamura, Yasuhiro Kato

    Ore Geology Reviews   127   103805 - 103805  2020年12月

    DOI

  • 鉄マンガンクラストの微細化学層序

    浅見 慶志朗, 常 青, 木村 純一, 安川 和孝, 中村 謙太郎, 加藤 泰浩

    日本地質学会学術大会講演要旨   2019   328  2019年

    DOI CiNii

  • Rare earth elements and yttrium (REY) variability with water depth in hydrogenetic ferromanganese crusts

    K. Azami, N. Hirano, S. Machida, K. Yasukawa, Y. Kato

    Chemical Geology   493   224 - 233  2018年08月

    DOI

▼全件表示

受賞

  • 若手奨励賞

    2019年03月   ブルーアースサイエンス・テク2019  

  • 若手奨励賞

    2017年03月   ブルーアースサイエンス・テク2017  

  • 銀メダル

    2011年09月   国際地学オリンピック委員会  

  • 最優秀賞

    2011年06月   地学オリンピック日本委員会  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 鉄マンガンクラスト層序学の確立―環境変動からプレート運動まで―

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年09月
     

    浅見 慶志朗

     概要を見る

    鉄マンガンクラストの化学層序を高時間分解能で明らかにするために、試料のmicro-XRF分析及びLA-ICP-MS分析を海洋研究開発機構にて行った。まず、乾式研磨法で試料を研磨した後にmicro-XRF分析で試料全体の元素マップを取得した。その元素マップを基にLA-ICP-MS分析を行う範囲を選定し、平成30年度に開発した手法でLA-ICP-MSを用いた元素マッピングを行った。結果、主要元素からppmオーダーの元素に至るまで、鉄マンガンクラストの成長構造を精度よく示した元素マップの取得に成功した。LA-ICP-MS分析で得られたデータに対して独立成分分析による解析を行った。独立成分分析によって、鉄マンガンクラストの化学層序の系統的な区分や、周期的な地球化学的特徴の変化が明らかになった。独立成分分析の結果を基に、地球化学的特徴の変化とそれに対応する形成環境の変化について考察を行った。
    また、形成年代を明らかにするために、LA-ICP-MS分析を行った試料のOs同位体比分析を千葉工業大学で行った。マイクロドリルを用いた試料掘削による分析への影響評価も行い、マイクロドリルで掘削した微量な試料からでも十分な精度でOs同位体比が分析可能であることを確認した。さらに、鉄マンガンクラスト中に含まれる炭酸塩鉱物の局所U-Pb年代を日本原子力研究開発機構にて測定した。試料のOs同位体比と炭酸塩鉱物のU-Pb年代から、鉄マンガンクラストの形成年代を制約することに成功した。

講演・口頭発表等

  • Chemostratigraphy of ferromanganese crusts based on Independent Component Analysis

    Azami, K, Chang, Q, Kimura, J-I, Yasukawa, K, Nakamura, K, Kato, Y

    JpGU 2020  

    発表年月: 2020年07月

  • 鉄マンガンクラストの微細化学層序

    浅見慶志朗, 常青, 木村純一, 安川和孝, 中村謙太郎, 加藤泰浩

    日本地質学会第126年学術大会  

    発表年月: 2019年09月

  • High-resolution chemostratigraphy of Fe-Mn crusts

    Azami, K, Chang, Q, Kimura, J-I, Yasukawa, K, Nakamura, K, Kato, Y

    Goldschmidt  

    発表年月: 2019年08月

  • The first report of the evidence for hydrothermal activity in old oceanic plate

    Azami, K, Machida, S, Hirano, N, Kogiso, T, Kato, Y

    JpGU 2019  

    発表年月: 2019年05月

  • 鉄マンガンクラストのREE組成の水深依存性:海水中溶存REEの地球化学に対する示唆

    浅見慶志朗, 平野直人, 町田嗣樹, 安川和孝, 加藤泰浩

    日本地質学会第125年学術大会  

    発表年月: 2018年12月

  • Origin of Diagenetic Signal in Hydrogenetic Ferromanganese Crusts from Petit-spot Volcanoes

    Azami, K, Hirano, N, Takahashi, N, Watanabe, T

    AOGS (Asia Oceania Geoscience Society) 14th Annual Meeting  

    発表年月: 2017年08月

  • REE and Y Distribution in Deep Submarine Ferromanganese Crusts

    Azami, K, Hirano, N, Machida, S, Yasukawa, K, Kato, Y

    Goldschmidt  

    発表年月: 2016年06月

▼全件表示

 

現在担当している科目