Updated on 2022/06/26

写真a

 
FUJIMOTO, Takahiro
 
Affiliation
Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences, School of Education
Job title
Assistant Professor(without tenure)
Mail Address
メールアドレス
Profile

 大学院では、学校において福祉的な支援(ソーシャルワーク)を行うスクールソーシャルワーカー(SSW)について研究してきました。博士論文では、スクールソーシャルワーカーの専門職としての自律性について、政策、職域、労働・任用条件といったマクロレベルのデータの収集・分析と、現場におけるミクロレベルの実践への質的調査に基づく分析の双方から実証的に明らかにしました。 また研究と並行して、私自身もスクールソーシャルワーカーとして生徒の支援に取り組んできました。

 

 これからは、スクールソーシャルワーカーを始めとするソーシャルワーカー、あるいは様々な困難に立ち向かう支援職が、どのように自己を生かし、周囲と関わり、支援を続けていくことができるのかを、量的・質的調査の両方を用いて明らかにしていきたいと思います。これを通じて、支援職を社会学的な研究の俎上に載せてその労働の実態を詳らかにするという学術的な課題に向き合いつつ、支援の現場とともに、持続可能な支援のあり方を探っていきたいと考えています。

Education

  • 2019.04
    -
    2022.03

    Waseda University   Graduate School of Education  

  • 2020.04
    -
    2021.03

    東京大学 「職域・地域架橋型-価値に基づく支援者育成」(TICPOC)職域架橋型・地域連携型コース  

  • 2017.04
    -
    2019.03

    Japan College of Social Work  

  • 2017.04
    -
    2019.03

    Waseda University   Graduate School of Education  

  • 2013.04
    -
    2017.03

    Waseda University   School of Education  

Degree

  • 2017.03   School of Education, Waseda University   Bachelor of Arts in Education in the School of Education

  • 2019.03   Graduate School of Education, Waseda University   Master of Arts in Education

  • 2022.03   Graduate School of Education, Waseda University   Doctor of Philosophy

Research Experience

  • 2022.04
    -
    Now

    Waseda University   Institute for Advanced Studies in Education   Concurrent research institute member

  • 2020.04
    -
    2022.03

    Japan Society for the Promotion of Science   Research Fellow

  • 2019.04
    -
    2022.03

    Kanagawa Prefectural Board of Education   School Social Worker

  • 2017.04
    -
    2022.03

    Waseda University   Global Education Center

  • 2017.04
    -
    2022.03

    Waseda University   School of Education

  • 2016.10
    -
    2022.03

    Waseda University   School of Education

  • 2019.06
    -
    2020.03

    Waseda University

  • 2013.11
    -
    2017.10

    Waseda University

  • 2015.04
    -
    2016.03

    株式会社LITALICO   指導員・サービス開発グループ(非常勤)

▼display all

Professional Memberships

  • 2021.07
    -
    Now

    Japanese Society for Study of Social Work

  • 2020.04
    -
    Now

    日本社会福祉学会

  • 2019.06
    -
    Now

    日本社会福祉士会

  • 2017.04
    -
    Now

    日本スクールソーシャルワーク協会

  • 2017.04
    -
    Now

    日本教育学会

  • 2017.04
    -
    Now

    JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF SCHOOL SOCIAL WORK

  • 2017.04
    -
    Now

    THE JAPAN SOCIETY OF EDUCATIONAL SOCIOLOGY

▼display all

 

Research Areas

  • Social welfare   ソーシャルワーク

  • Social welfare   スクールソーシャルワーク

  • Sociology

  • Sociology of education

  • Education

Research Interests

  • 専門性と労働条件

  • 社会福祉士

  • ソーシャルワーカー

  • ソーシャルワーク

  • オートエスノグラフィ

  • 教育福祉論

  • スクールソーシャルワーカー

  • 社会正義

  • 教育格差

  • 学生参画

  • 臨床

  • 震災と教育

  • 高校教育

  • 教育社会学

  • 地域格差

  • 承認

  • 協働

  • 日本型学校

  • 居場所

  • 質的調査

  • 修復的対話

  • スクールソーシャルワーク

▼display all

Papers

Books and Other Publications

  • Sunflower

    ( Part: Contributor, "Sunflower" for each)

    2022.06

  • Sociology Of Education For Teachers Introduction To Educational Inequality

    ( Part: Contributor)

    Minerva Shobo  2021.10 ISBN: 9784623092604

  • 『明日へ翔ぶー人文社会学の新視点-5』

    藤本 啓寛( Part: Contributor, 「"何者か"にならなくともよい『居場所』参加のパラドックス-おひさま『松山』に関わった大学院生のオートエスノグラフィ-」)

    風間書房  2020.03

  • 〈多元的生成モデル〉にもとづく教育改革の実践と構造に関する総合的研究 最終報告書

    藤本 啓寛( Part: Contributor, 第9章 スクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカーの関係性 -学問・職域・学校現場レベルにおける比較考察-)

    教育改革研究会  2019.03

  • 早稲田ポータルオフィス10年史

    藤本 啓寛( Part: Contributor, Staff's Voice 計12編を担当)

    早稲田大学早稲田ポータルオフィス  2017.03

Misc

  • Factors and Countermeasures that Prevent the Optimization of Private Expenses Tips from Multidisciplinary Collaboration

    Takahiro Fujimoto

      73 ( 7 ) 58 - 61  2022.06  [Invited]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • Use the socioeconomic status of the school district as an indicator of the school aid rate

    Takahiro Fujimoto

      73 ( 6 ) 58 - 61  2022.06  [Invited]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 一人職である困難とアイデンティティー 悩みを語り合い連帯する

    藤本 啓寛

    学校事務   73 ( 5 ) 56 - 59  2022.05  [Invited]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • スクールソーシャルワーカー(SSW)の現在

    藤本 啓寛

    学校事務   73 ( 4 ) 56 - 59  2022.04  [Invited]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • Archiving of Workshops by the Young Researchers Development Committee

    Takahiro Fujimoto

      89 ( 1 ) 165 - 165  2022.03

    Meeting report  

  • Collaboration with SSW for support for high school students - before creating an educational gap

    Takahiro Fujimoto

      54 ( 10 ) 74 - 75  2021.09  [Invited]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • スクールソーシャルワーカーの類型学(タイポロジー):ー勤務形態の違いに焦点化してー

    藤本啓寛

    早稲田大学教育学会紀要   (21)   199 - 206  2020.03

    Rapid communication, short report, research note, etc. (bulletin of university, research institution)  

  • 学校経営における教員とスクールソーシャルワーカーの協働:「自律性」を発揮したチームの構築は可能か

    藤本 啓寛

    早稲田大学教育学会紀要   ( 20 ) 141 - 148  2019.03

  • 派遣型スクールソーシャルワーカーの関係構築戦略: 「メンバーシップ型」組織への「ジョブ型」専門職の参入

    藤本 啓寛

    ソシオロジカル・ペーパーズ   ( 28 ) 17 - 34  2019.02

  • 「教育学科の歩き方」:院生と創る学びのコミュニティー

    藤本 啓寛

    早稲田ウィークリー    2018.04

    Other  

  • 2017年度総会時研修会報告 私たちが”遊び”から学ぶこと(天野秀昭氏講演「遊びは”生きる力”の源 ~遊びを脳科学・社会学する~」)

    藤本 啓寛

    日本スクールソーシャルワーク協会会報   ( 56 )  2017.09  [Invited]

    Meeting report  

  • 「第3分科会 スクールソーシャルワーク研究における研究方法 ~新たな発見と気づき~」報告

    藤本 啓寛

    日本学校ソーシャルワーク学会会報   ( 33 )  2017.01  [Invited]

  • 一人一人の「問い」を育む、豊かな場作りへ

    藤本 啓寛

    早稲田ウィークリー    2016.06  [Invited]

    Other  

▼display all

Other

  • スクール(学校)ソーシャルワーク教育課程専門科目群担当教員講習会

    2021.10
    -
    Now
  • 社会福祉士・精神保健福祉士実習演習担当教員講習会 修了

    2021.08
    -
    Now

     View Summary

    社会福祉士基礎・実習・演習分野講習 修了

  • 思春期保健相談士(第9411号)

    2021.03
    -
    Now
  • 専門統計調査士(第762号)

    2019.12
    -
    Now
  • 専門社会調査士(第A-000680号)

    2019.06
    -
    Now
  • 社会福祉士(第0236575号)

    2019.04
    -
    Now
  • 高等学校教諭専修免許状(公民)平三〇高専第三九九号(東京都教育委員会)

    2019.03
    -
    Now
  • 高等学校教諭専修免許状(地理歴史)平三〇高専第三九八号(東京都教育委員会)

    2019.03
    -
    Now
  • 中学校教諭専修免許状(社会)平三〇中専第三四五号(東京都教育委員会)

    2019.03
    -
    Now
  • 特別支援学校教諭一種免許状(知的障害者・肢体不自由者・病弱者)平二八特学一第二五一号(東京都教育委員会)

    2017.03
    -
    Now
  • 統計調査士 (第01591号 最優秀成績賞・S)

    2019.08
    -
    Now
  • 社会調査士(第032660号)

    2019.06
    -
    Now
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)平二八高一第八六二三号(東京都教育委員会)

    2017.03
    -
    Now
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)平二八高一第八六二二号(東京都教育委員会)

    2017.03
    -
    Now
  • 中学校教諭一種免許状(社会)平二八中一第七〇三七号(東京都教育委員会)

    2017.03
    -
    Now

▼display all

Awards

  • Support Scholarship for Japan Society for the Promotion of Science Research Fellow (DC)

    2021.08   Waseda University  

    Winner: Takahiro Fujimoto

  • Support Scholarship for Japan Society for the Promotion of Science Research Fellow (DC)

    2020.08   Waseda University  

    Winner: Takahiro Fujimoto

  • Repayment Exemption for Students with Excellent Grades

    2020.06   Japan Student Services Organization  

  • Scholarship for Young Doctoral Students (Grant)

    2019.08   Waseda University  

  • 選抜

    2018.03   2017年度 University of College London Institute of Education 訪問学術プログラム  

    Winner: 藤本 啓寛

  • 2017・2018年度奨学生 採択

    2017.06   公益信託 松尾金藏記念奨学基金  

    Winner: 藤本 啓寛

  • 総長招待学生の集い 招待

    2019.03   早稲田大学  

    Winner: 藤本 啓寛

  • 感謝状

    2018.10   早稲田ポータルオフィス  

    Winner: 藤本 啓寛

  • 採択・実行委員長

    2017   早稲田大学 教育・総合科学学術院 教育会主催:企画展・相談会「教育学科の歩き方」  

    Winner: 藤本 啓寛

  • 優秀賞

    2015.12   早稲田大学アカデミックソリューション・学生スタッフによる業務改善/新規サービス創出提案会   教材作成サポートサービス「INTEM」

    Winner: 藤本 啓寛

  • ベストフォロワー賞

    2015.10   NPO法人ROJE  

    Winner: 藤本 啓寛

▼display all

Research Projects

  • Time Use Survey for Explication for Support Styles of School Counselor

    Waseda University  Grants for Special Research Projects (“Tokutei Kadai”)

    Project Year :

    2022.05
    -
    2023.03
     

  • タイムスタディ調査を用いた配置型スクールソーシャルワーカーの支援実態の解明-学校単位の勤務時間によるソーシャルワーク実践のバリアンス-

    日本学校ソーシャルワーク学会  研究奨励補助制度

    Project Year :

    2022.04
    -
    2023.03
     

  • 学校配置型スクールソーシャルワーカーによる学校の変容についての研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    Project Year :

    2020.04
    -
    2022.03
     

    藤本 啓寛

  • A Comprehensive Study of Practices and Structures in Educational Reforms Based on "Pluralistic Generation Model "

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

    KIKUCHI EIJI, FUJIMOTO TAKAHIRO, HASHIMOTO AKANE

     View Summary

    The questionnaire survey was conducted for principals and teachers of public junior high schools on a nation scale in 2017, and the following findings were obtained mainly from comparison with 2002 data. (1) A number of teachers became busy, and the ratio of "12 hours or more" during work hours on weekdays doubled. (2) As a result of multiple regression analysis, it was confirmed that the main factors of busyness were "general office work(Ippan-Jimu)" and "club activities(Bukatsudo)". (3) The dialogic relationship has been deteriorated due to busyness, but the "conservation of young people" legitimizes the situation. (4) The top-down school management system has stimulated busyness. At the root of this is the penetration of the <unitary operation model>. Several spontaneous attempts based on the <pluralistic generation model> have produced remarkable results. From now on, research to actualize "alternative story" is expected.

Presentations

  • How to research and analyze the breakdown of work hours? Planning a time study for school social workers

    Takahiro Fujimoto

    Presentation date: 2022.03

    Event date:
    2022.03
     
     
  • Redistribution or Recognition? -Dilemma of Social Justice in Support for Self Determination by School Social Worker-

    BNU・KU・UCLIOE・IU・WU Graduate Student Round Table 

    Presentation date: 2020.12

    Event date:
    2020.12
     
     
  • スクールソーシャルワーカーは倫理的ジレンマにどう向き合うか?-学校でソーシャルワークをすることの構造的困難-

    藤本啓寛

    日本社会福祉学会第68回秋季大会 

    Presentation date: 2020.09

  • 労働者性に向き合うスクールソーシャルワーカー

    藤本啓寛

    日本教育社会学会第72回大会 

    Presentation date: 2020.09

  • 配置型スクールソーシャルワーカーを語ろう!-メリットを生かし、デメリットを補うために-

    藤本 啓寛  [Invited]

    日本スクールソーシャルワーク協会 高大グループ学習会 

    Presentation date: 2020.01

  • スクールソーシャルワーカーを知っていますか?-学校におけるソーシャルワークの現状と課題-

    藤本 啓寛

    東京社会福祉士会低所得者支援委員会 

    Presentation date: 2019.09

  • スクールソーシャルワーカーは学校で何をなしうるのか?-「社会正義」の視点からの理論的考察-

    藤本 啓寛

    日本教育社会学会第71回大会 

    Presentation date: 2019.09

  • Relationship Building Strategy of Dispatched School Social Workers: Entry of “Job-Type” Professionals to “Membership-Type” Organization

    Takahiro Fujimoto

    2019 WERA Focal Meeting 

    Presentation date: 2019.08

  • 格差に向き合う学校の役割をどう考えるか?-子どもの福祉関係者に向けた教育社会学研究レビュー-

    藤本 啓寛  [Invited]

    第18回親子ぐるみ勉強会 

    Presentation date: 2019.07

  • 学校経営における教員とスクールソーシャルワーカーの協働:「自律性」を発揮したチームの構築は可能か

    藤本 啓寛

    2018年度早稲田大学教育学会 

    Presentation date: 2019.03

  • What can we learn from School Social Worker? Findings & Implications

    Takahiro Fujimoto

    BNU, KU, UCLIOE, & WU Academic Exchange Program 2018 Round table 

    Presentation date: 2018.11

  • 浮き彫りになる「教育」の輪郭 -スクールソーシャルワークの教育社会学-

    藤本 啓寛  [Invited]

    日本学校ソーシャルワーク学会 研究者・大学院生交流会 

    Presentation date: 2018.11

  • Participation of Social welfare in school education: The difficulties Japanese School Social Workers face with

    Takahiro Fujimoto

    The 2018 BeSeTo Symposium 

    Presentation date: 2018.10

  • 教育と福祉の協働を阻害するものはなにか 教員・派遣型スクールソーシャルワーカーへのインタビュー調査をもとに

    藤本 啓寛

    日本教育社会学会第70回大会 

    Presentation date: 2018.09

     View Summary

    ※台風のため2日目(発表日)が中止となりましたが、発表は成立したこととみなされました。

  • 被災地支援を通じた学生の意識変容‐教育支援団体での活動に注目して‐

    山口真美, 藤本啓寛, 古田雄一, 伊藤駿, 志津田萌, 櫻木晴日

    日本教育学会第77回大会 

    Presentation date: 2018.08

  • 教員・派遣型スクールソーシャルワーカーの相互認識の社会学 関係構築の過程に焦点化したインタビュー調査に基づいて

    藤本 啓寛

    日本学校ソーシャルワーク学会 第13回全国大会 

    Presentation date: 2018.07

  • 戦後教育福祉論の学説史的再検討 ~スクールソーシャルワークとの不整合の解明~

    藤本 啓寛

    日本教育学会第76回大会 

    Presentation date: 2017.08

  • 2016年度学校におけるRJサークルの取り組み

    牧野晶哲, 瀬川惠子, 藤本啓寛

    第13 回RJ全国交流会 

    Presentation date: 2017.06

  • 平成27年度モニタリング結果報告 BtoSの重要性について

    藤本 啓寛  [Invited]

    第10回教育支援コーディネーター・フォーラム 

    Presentation date: 2016.12

  • 第9回「教員を巡る制度改革」

    藤本 啓寛  [Invited]

    放送大学授業「日本の教育改革」 

    Presentation date: 2014.10

     View Summary

    ゲスト出演

▼display all

 

Teaching Experience

  • Social research method

    Tokyo University of Social Welfare  

    2021.10
    -
    Now
     

  • Introduction to Sociology

    Tokyo University of Social Welfare  

    2021.04
    -
    Now
     

  • Social welfare

    Otsuma Women's University  

    2021.09
    -
    2022.03
     

 

Committee Memberships

  • 2019.09
    -
    2021.08

    Japanese Education Research Asssociation  Committee members to train young researchers

  • 2017.09
    -
    2019.08

    日本教育社会学会  研究委員

Social Activities

  • ホームスタディ支援員

    志木市教育サポートセンター 

    2019.01
    -
     

  • 編集協力

    小平市立小平第二中学校学校支援地域本部コーディネーター部会  『職業人の話を聞く会』 

    2017.02
    -
    2017.03

Media Coverage

  • 教師の卵よ、教育格差学んで オンラインで教科書作り

    Internet

    朝日新聞デジタル  

    2020.10