2024/02/28 更新

写真a

ジョン イジェン
鍾 宜錚
所属
社会科学総合学術院 社会科学部
職名
講師(任期付)
学位
学士 ( 国立台湾大学 )
修士 ( ユトレヒト大学(オランダ) )
修士(文学) ( 京都大学 )
博士(学術) ( 立命館大学 )

経歴

  • 2022年04月
    -
    継続中

    武蔵野大学   看護学部 看護学科   非常勤講師

  • 2022年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   社会科学部   講師(任期付)

  • 2018年04月
    -
    継続中

    東洋大学   生命科学部   非常勤講師

  • 2017年04月
    -
    継続中

    大阪府病院協会看護専門学校   2年通信制   非常勤講師

  • 2019年04月
    -
    2022年10月

    大谷大学 真宗総合研究所   東京分室   PD研究員

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    日本大学   生物資源科学部   非常勤講師

  • 2016年10月
    -
    2019年03月

    立命館大学 衣笠総合研究機構   専門研究員

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    明治東洋医学院専門学校   鍼灸科、柔整科   非常勤講師

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    日本学術振興会・特別研究員(DC2)

  • 2009年02月
    -
    2010年02月

    国立台湾大学農芸学研究所   研究助手

  • 2008年09月
    -
    2009年01月

    国立台湾大学国家発展研究所・研究助手

▼全件表示

学歴

  • 2012年04月
    -
    2016年09月

    立命館大学 大学院   先端総合学術研究科   先端総合学術専攻  

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    京都大学大学院   文学研究科   思想文化学専攻  

  • 2007年08月
    -
    2008年07月

    ユトレヒト大学(オランダ)大学院   応用倫理研究所   応用倫理専攻  

  • 2006年06月
    -
    2007年02月

    ドイチュコレークシュトゥットガルト  

    ドイツ語学留学

  •  
    -
    2006年06月

    国立台湾大学   文学部   哲学系  

  •  
    -
    2001年06月

    台北市立中山女子高校  

▼全件表示

委員歴

  • 2018年04月
    -
     

    日本生命倫理学会  国際交流委員

所属学協会

  • 2020年10月
    -
    継続中

    日本医学哲学・倫理学会

  • 2010年12月
    -
    継続中

    日本生命倫理学会

研究分野

  • 文化人類学、民俗学 / 哲学、倫理学

研究キーワード

  • 生命倫理、医療倫理、医療人類学、終末期医療、医事法

受賞

  • 若手論文奨励賞

    2013年12月   日本生命倫理学会  

メディア報道

  • 治療の希望 公的に保証ー台湾で導入最期の「指示書」

    新聞・雑誌

    執筆者: 本人以外  

    読売新聞  

    夕刊  

    2020年06月

  • 連載・特集「命をめぐる物語―第7部 わたしの終い方(8)台湾の慣行「終末期退院」

    新聞・雑誌

    執筆者: 本人以外  

    神戸新聞  

    神戸新聞(朝刊)  

    2020年05月

 

論文

  • 「孝」に基づく終末期医療の意思決定と家族の役割の考察―「二重孝行モデル」の分析を手がかりに

    鍾宜錚

    大谷大学真宗総合研究所研究紀要   ( 39 ) 163 - 180  2022年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Forgoing life-sustaining treatment - a comparative analysis of regulations in Japan, Korea, Taiwan, and England.

    Miho Tanaka, Satoshi Kodama, Ilhak Lee, Richard Huxtable, Yicheng Chung

    BMC medical ethics   21 ( 1 ) 99 - 99  2020年10月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    BACKGROUND: Regulations on forgoing life-sustaining treatment (LST) have developed in Asian countries including Japan, Korea and Taiwan. However, other countries are relatively unaware of these due to the language barrier. This article aims to describe and compare the relevant regulatory frameworks, using the (more familiar) situation in England as a point of reference. We undertook literature reviews to ascertain the legal and regulatory positions on forgoing LST in Japan, Korea, Taiwan, and England. MAIN TEXT: Findings from a literature review are first presented to describe the development of the regulatory frameworks surrounding the option of forgoing LST in each country. Based on the findings from the four countries, we suggest five ethically important points, reflection on which should help to inform the further development of regulatory frameworks concerning end-of-life care in these countries and beyond. There should be reflection on: (1) the definition of - and reasons for defining - the 'terminal stage' and associated criteria for making such judgements; Korea and Taiwan limit forgoing LST to patients in this stage, but there are risks associated with defining this too narrowly or broadly; (2) foregoing LST for patients who are not in this stage, as is allowed in Japan and England, because here too there are areas of controversy, including (in England) whether the law in this area does enough to respect the autonomy of (now) incapacitated patients; (3) whether 'foregoing' LST should encompass withholding and withdrawing treatment; this is also an ethically disputed area, particularly in the Asian countries we examine; (4) the family's role in end-of-life decision-making, particularly as, compared with England, the three Asian countries traditionally place a greater emphasis on families and communities than on individuals; and (5) decision-making with and for those incapacitated patients who lack families, surrogate decision-makers or ADs. CONCLUSION: Comparison of, and reflection on, the different legal positions that obtain in Japan, Korea, Taiwan, and England should prove informative and we particularly invite reflection on five areas, in the hope the ensuing discussions will help to establish better end-of-life regulatory frameworks in these countries and elsewhere.

    DOI PubMed

    Scopus

    24
    被引用数
    (Scopus)
  • 台湾における終末期医療の法と倫理 : 「患者自主権利法」の成立と「善終」概念の変遷 (国際シンポジウム 東アジアの死生学 : 超高齢化と死にゆくこと)

    鍾 宜錚

    死生学・応用倫理研究 = Journal of death and life studies and practical ethics   ( 24 ) 58 - 69  2019年  [査読有り]  [招待有り]

     概要を見る

    国際シンポジウム「東アジアの死生学―超高齢化と死にゆくこと」Ⅱ部 発表三

    DOI CiNii

  • 台湾における終末期医療の議論と「善終」の法制化:-「安寧緩和医療法」から「病人自主権利法」へ-

    鍾 宜錚

    生命倫理   27 ( 1 ) 113 - 121  2017年  [査読有り]

     概要を見る

    <p> 台湾では、患者の自己決定権を規定する「病人自主権利法」が2016年1月に成立し、昏睡状態、植物状態、 重度な認知症、難病など終末期以外の患者も本人の事前指示による延命治療の差し控え・中止が認められるようになった。それまで終末期患者のみに限定した「安寧緩和医療法」(2000年制定)より適用対象が拡大された新法は、患者の自己決定権を確立する東アジア最初の法律である。本稿では「病人自主権利法」の成立経緯と内容を検討し、新法で明記された「善終」の概念と意義について考察した。第1章では法制化の背景について、まず「安寧緩和医療法」における自己決定権の問題を確認し、第2章では終末期以外の患者に対しても自己決定による延命治療の拒否に関する法制化の動きを検討した。第3章では新法の内容を整理し、法制化された「善終」の概念は特定な臨床的状況を前提に構築されたものであることを示し、「病人自主権利法」は広く自己決定権を認める一方、文化的に認識された「善終」の概念を狭める可能性を提示した。</p>

    DOI CiNii

  • 台湾における「善終」概念の変容と実践ー終末期医療の法制化を中心にー

    鍾 宜錚

    博士学位論文    2016年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 台湾における病院死の作法としての「助念」と葬送儀礼をめぐる制度化

    鍾 宜錚

    Core Ethics : コア・エシックス = Core Ethics : コア・エシックス   12 ( 12 ) 145 - 155  2016年03月  [査読有り]

    DOI CiNii

  • 台湾における終末期医療の法と倫理 : 終末期退院の慣行と「安寧緩和医療法」をめぐる判決を手掛かりに

    鍾 宜錚

    Core Ethics : コア・エシックス = Core Ethics : コア・エシックス   11 ( 11 ) 123 - 134  2015年03月  [査読有り]

    DOI CiNii

  • Patients' Self-Determination Revisited: a Legal, Medical-Sociological and Ethical Examination of Patients' Autonomy in End-of-Life Care

    鍾 宜錚

    Applied Ethics     76-83  2014年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 台湾における終末期医療の議論と「自然死」の法制化 : 終末期退院の慣行から安寧緩和医療法ヘ

    鍾 宜錚

    生命倫理   23 ( 1 ) 115 - 124  2013年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    本稿は、台湾における「終末期退院」の慣行から「安寧緩和医療法」の制定までの過程を明らかにしたものである。まず第1章において、瀕死状態の患者を本人または家族の代理決定によって退院させ、自宅で死を迎えるという終末期退院の慣行の実態を説明し、延命治療の取りやめと家族の代理決定は実質上容認されていることを確認した。第2章では1995年以降台湾における「自然死」の法制化の動きを注目し、終末期医療に関係する医療従事者が、心肺蘇生法の差し控えを「自然死」として捉え、終末期患者の事前指示または家族の代理決定に関する法制化の動向を整理した。第3章において台湾の「安寧緩和医療法」の成立及び法改正の経緯を調査し、終末期医療における延命治療の差し控えと中止に関して本人の事前指示だけではなく家族の代理決定も法的に承認されるまでの過程を考察した。本稿によって、終末期退院の慣行が法制化の背景にあり、台湾の「安寧緩和医療法」が成立したことを明らかにした。

    DOI CiNii

  • よい死とはなにかー終末期意思決定に関する日台比較研究ー

    鍾宜錚

       2012年03月  [査読有り]

  • Listen to My Heart: Paternalism vs. Patient Autonomy

    鍾 宜錚

    Applied Ethics     53-60  2009年06月  [査読有り]

▼全件表示

書籍等出版物

  • コロナ禍とトリアージを問う : 社会が命を選別するということ

    土井, 健司, 田坂, さつき, 加藤, 泰史( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第3章 台湾の集中治療のトリアージ制度)

    青弓社  2022年05月 ISBN: 9784787235053

  • 東アジアの尊厳概念

    加藤, 泰史, 小倉, 紀藏, 小島, 毅, 鍾,宜錚( 担当: 共著,  担当範囲: 第2部第7章)

    法政大学出版局  2021年03月 ISBN: 9784588151163

  • 知のフロンティア : 生存をめぐる研究の現場

    渡辺, 克典, 立命館大学生存学研究センター( 担当: 共著,  担当範囲: 最後の旅―台湾における死を見つめてー(pp.83-84))

    ハーベスト社  2017年03月 ISBN: 9784863390850

  • これが応用哲学だ!

    戸田山, 和久, 美濃, 正, 出口, 康夫( 担当: その他,  担当範囲: (論文翻訳)南島的沈思―台湾現代哲学史と「東アジア分析實作哲学」)

    大隅書店  2012年05月 ISBN: 9784905328032

Works(作品等)

  • 陳思廷、鄭凱元著、鍾宜錚訳「南島的沈思―台湾現代哲学史と「東アジア分析實作哲学」

    その他 

    2011年11月
    -
    2012年03月

講演・口頭発表等

  • A cross-national literature review of the impact of COVID-19 on end-of-life care implementation in Japan, South Korea and Taiwan

    Yicheng CHUNG, Miho TANAKK, Hyunsoo HONG

    16th World Congress of Bioethics 2022  

    発表年月: 2022年07月

    開催年月:
    2022年07月
     
     
  • 台湾における「善終」の法制化と宗教的実践

    鍾宜錚

    大谷大学真宗総合研究所東京分室主催公開シンポジウム「宗教といのち―日韓台の終末期医療の現状から「良い死」を考える」  

    発表年月: 2022年02月

  • COVID-19が終末期医療にもたらした影響―台湾の法制度への挑戦と課題―

    鍾宜錚

    日本生命倫理学会第33回年次大会公募シンポジウム  

    発表年月: 2021年11月

    開催年月:
    2021年11月
     
     
  • 台湾における集中治療のトリアージ制度―COVID-19パンデミック時の対応と課題―

    鍾宜錚  [招待有り]

    日本学術会議哲学委員会いのちと心を考える分科会主催公開シンポジウム「コロナ禍におけるトリアージの問題―世界の事例から日本を考察」  

    発表年月: 2021年08月

  • 台湾における終末期医療の法制度と「善終」概念の実践

    鍾宜錚

    第32回日本生命倫理学会年次大会  

    発表年月: 2020年12月

  • Patient autonomy and family participation in advance care planning: an ethical review on the legislation of end-of-life care in Taiwan

    15th World Congress of Bioethics  

    発表年月: 2020年06月

  • The legislation of end-of-life care and its cultural implication: family participation in advance care planning and the act of filial piety in Taiwan

    鍾 宜錚

    25th Annual World Congress on Medical Law and Bioethics  

    発表年月: 2019年08月

  • The Development of End-of-life Care and its Legalization: on the role of cultural factors in Japan and Taiwan

    鍾 宜錚

    Asia Pacific Hospice Conference 2019  

    発表年月: 2019年08月

  • 終末期意思決定における家族の役割と「善終」のあり方―台湾の「病人自主権利法」の施行とアドバンス・ケア・プランニングの導入を中心に―

    鍾 宜錚

    日本生命倫理学会第30回年次大会 (京都)  

    発表年月: 2018年12月

  • The legislation of the Patient Right to Autonomy Act and changes in the practice of filial piety in Taiwan

    鍾 宜錚

    14th World Congress of Bioethics(India)  

    発表年月: 2018年12月

  • 台湾における終末期医療の法と倫理-『患者自主権利法』の成立と『善終』概念の変遷-

    鍾 宜錚  [招待有り]

    東京大学死生学国際シンポジウム(東京)  

    発表年月: 2018年11月

  • 台湾における終末期医療決定の葛藤と『孝』の表現

    日本生命倫理学会第29回年次大会(宮崎大学)  

    発表年月: 2017年12月

  • The Transformation and Practice of “Good Death”: On the Legalization of End-of-Life Care in Taiwan

    UNESCO Chair in Bioethics 12th World Conference on Bioethics, Medical Ethics & Health Law  

    発表年月: 2017年03月

  • 台湾における延命治療と患者の自己決定権―「病人自主権利法」の成立を手がかりに―

    日本生命倫理学会第28回年次大会(大阪大学)  

    発表年月: 2016年12月

  • 台湾における「善終」の意義と終末期医療の法制化

    「高橋塾」研究会(京都大学)  

    発表年月: 2016年11月

  • The Manner of In-hospital Death in Taiwan: the Institutionalization of Funeral Rituals and the Spiritual Care in the End of Life

    13th World Congress of Bioethics  

    発表年月: 2016年06月

  • The Legislation of End-of-Life Care in Taiwan: the Passage of "Patient's Self-determination Act"

    IIAS Research Project "Toward Constructing an Interdisciplinary Platform for Bioethics"  

    発表年月: 2016年04月

  • 台湾における終末期医療の法制化と実践—『安寧緩和医療法』の施行と課題―

    日本生命倫理学会第27回年次大会  

    発表年月: 2015年11月

  • 台湾における病院死の作法—弔いの儀式と終末期ケアの変容―

    日本生命倫理学会第27回年次大会  

    発表年月: 2015年11月

  • 終の場所—台湾における終末期医療の倫理と法―

    立命館大学先端総合学術研究科公募研究会「生命倫理研究会」  

    発表年月: 2015年11月

  • 弔いの儀式と終末期ケアの変容—台湾における病院死の作法と『殯葬管理法』の成立―

    立命館大学先端総合学術研究科公募研究会「生命倫理研究会」  

    発表年月: 2015年08月

  • The Development of End-of-Life Care and its Legalization: on the role of cultural factors in Japan and Taiwan

    11th Asia Pacific Hospice Conference  

    発表年月: 2015年05月

  • Ethical Location: Place of Death and the Legalization of End-of-Life Care in Taiwan

    Asian Bioethics Colloquium 2015  

    発表年月: 2015年02月

  • On Ethical Places: The Practice of “Terminal Discharge” in Clinical Settings and the Good Death in Taiwan

    10th World Conference Bioethics, Medical Ethics and Health Law  

    発表年月: 2015年01月

  • 台湾における終末期医療の議論と「自然死」の法制化—終末期退院の慣行から安寧緩和医療法へ―

    日本生命倫理学会第26回年次大会  

    発表年月: 2014年10月

  • 台湾における「終末期退院」の慣行から捉えた治療中止の法と倫理

    立命館大学先端総合学術研究科公募研究会「生命倫理研究会」  

    発表年月: 2014年08月

  • 台湾における「死に方」の言説—新聞記事から見た「安楽死」、「自然死」、「安寧死」について

    日本生命倫理学会第25回年次大会  

    発表年月: 2013年11月

  • The End-of-Life Care and the “Natural Death” Movement in Taiwan

    14th Asian Bioethics Conference  

    発表年月: 2013年11月

  • Patients’ Self-Determination Revisited: The Use of Prognosis and the Recognition of Dying in End-of-Life Care

    8th International Conference on Applied Ethics  

    発表年月: 2013年11月

  • 日本と台湾における安楽死判例の比較

    立命館大学先端総合学術研究科公募研究会「生命倫理研究会」  

    発表年月: 2013年09月

  • 台湾における終末期医療に関する法改正と現状

    立命館大学先端総合学術研究科公募研究会「生命倫理研究会」  

    発表年月: 2013年03月

  • 現代台湾人の死生観について―「安寧緩和医療条例」の成立を手がかりに

    日本生命倫理学会第24回年次大会  

    発表年月: 2012年10月

  • 台湾の「安寧緩和医療条例」から捉えた「善い死(善終)」の作法

    立命館大学先端総合学術研究科公募研究会「生命倫理研究会」  

    発表年月: 2012年05月

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 東アジアにおける終末期医療の倫理的・法的問題に関する国際共同研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    研究期間:

    2018年10月
    -
    2024年03月
     

    児玉 聡, 服部 高宏, 佐藤 恵子, 鍾 宜錚, 長尾 式子, 恒藤 暁

     概要を見る

    本研究では、日本・韓国・台湾の終末期医療における共通の課題や、優れた実践を明らかにし、望ましい死のありようやそれを実現する体制を整備することを目指す。そのために日本と韓国と台湾における緩和ケア、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)、倫理コンサルテーション、生命維持治療の中止、医療者への教育等に関する規制や実践を比較検討する。これを実施するため、(1)法制度の比較、(2)臨床現場での実践と課題、(3)市民の意識調査という3つの課題を中心に研究を進める。
    平成30年度は、台湾の国立交通大学および国立台湾大学、韓国の延世大学校および東国大学校を視察して国際会議を開催し、(1)-(3)の問題に関する研究を進めた。(1)終末期医療に関する法やガイドラインの整備についての現状について、倫理学、法学、医学の専門家から助言を得るとともに、韓国の法律、台湾の法律の翻訳を行うことで情報共有を進めた。特に台湾「患者自主権利法」全文の日本語訳をウェブサイト上で公開した。(2) 国立台湾大学で国際会議Roundtable on Ethical Issues in End-of-Life Careを開催し、台湾と日本における終末期患者への対応について議論を重ねることで、実践上の知を集積につなげた。また同大学病院の緩和ケア病棟を視察し、台湾の課題について知見を得るとともに、国際的な研究ネットワークの強化、拡張することができた。(3)上記の視察および研究グループの打ち合わせを通じて、各地域の死生観を調査するための質問紙作成方針について準備を進めた。
    また、2018年12月には日本生命倫理学会で公募で採択されたシンポジウムを開催し、日本におけるACPの現状と課題を議論した。朝日新聞WEBRONZAに、人工透析治療中止に関する記事を寄稿し、日本における法やガイドラインの枠組みについて情報発信を行った。

  • 日英の高齢定住外国人の「孤立死」―中華圏出身者の社会的孤立とその支援策の検討

    グレイトブリテン・ササカワ財団  研究助成

    研究期間:

    2022年01月
    -
    2022年12月
     

  • 儒教文化で捉える「孝」の表現と終末期医療倫理の再構築ー日本と台湾の比較を中心にー

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

    鍾 宜錚

     概要を見る

    本研究は、終末期医療における「孝」(日本の場合は「親孝行」)の表現に注目し、延命治療をめぐる意思決定と家族の葛藤を分析することで、患者の「最善な利益」や「自律の尊重」など従来の倫理原則とは異なる、「孝」の観点から捉える終末期医療のあり方と家族との関係性に基づいた倫理原則の提示を目的とする。日本と台湾を中心に、それぞれの社会における「孝」の概念と医療決定に際する「孝」の役割を考察し、「孝」の文化がいかに終末期医療方針に影響を与えてきたのかを検討する。
    初年度では、現代台湾社会における「孝」の表現について、社会心理学の理論である「孝の二重モデル」から分析し、医療における患者の自己決定が重視されているなかで、本人と家族との関係性がどのように変化してきたかについて検討した。また、2019年に施行開始した台湾の「患者自主権利法」について、同法で明記された「善終」の概念を考察し、施行へ向かう現場での準備を調べることで、台湾社会における「善終」への受容と変化を分析した。新法で新たに導入されたアドバンス・ケア・プランニング(ACP)制度について、日本との比較をしながら、終末期意思決定における家族の役割について検討した。また、台湾における新法をめぐる議論のなかでは、患者の自己決定への尊重を「親孝行」の一環として推進する発言が見られ、延命治療の差し控え・中止を「善終」だけではなく「孝行」であることを仕上げたことでその規範性が強調された部分がある。こうした法制化に伴う「孝」の概念の変容も考察した。

  • 日英の高齢定住外国人の「孤立死」―中華圏出身者の社会的孤立とその支援策の検討

    公益財団法人ユニベール財団  2020年度研究助成

    研究期間:

    2021年02月
    -
    2022年01月
     

  • パンデミック対策の国際比較と過去の事例研究を通じたELSIアーカイブ化(COVID-19関連課題)

    社会技術研究開発センター(RISTEX)  公募研究プロジェクト

    研究期間:

    2020年10月
    -
    2021年03月
     

    児玉聡

  • 「看取り場所」の視点から捉える終末期医療倫理と法-日台比較研究

    上廣倫理財団  研究助成

    研究期間:

    2015年02月
    -
    2017年01月
     

  • 日本と台湾における死生観の比較研究-葬儀記録と生前契約を中心として

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2015年03月
     

    鍾 宜錚

     概要を見る

    平成26年度は、国内と国外の国際会議、学会、研究会などに積極的に参加し、研究成果の発信に取り組んできた。研究実績として、1)本研究のテーマである台湾の死生観と葬送儀礼の内容について、台湾において最初に「死の教育」の専門授業を開講した「仁徳医療看護専門学院」に見学し、生前葬や入棺体験などの内容を盛り込んだ1時間の「死亡体験講義」を受けて、台湾における死亡教育の現場をじかに見ることができた。死亡教育現場の講師たちへのインタビューを通じて、現代社会における葬送儀礼の変容と需要の変化をじかに伺った。インタビューと見学の報告は博士論文の一章にまとめる予定である。
    2)終末期医療に関する多くの書籍を執筆している在宅医療の専門医師とともに台湾南部の嘉義市を訪問し、現地の地域医療と嘉義キリスト教病院のホスピスケアの取り組みを見学し、現場の医師や看護師などの交流会を開いた。日本と台湾における在宅ホスピスの課題と特徴について、活発な議論と意見交換が行われた。台湾におけるホスピス制度の発展と比較は論文でまとめる予定である。
    3)本年度の研究重点となったのは、終末期医療における「看取り場所」の意義とその倫理性についての考察である。昨年度には終末期医療における場所の倫理性について、国内外の研究会・国際会議において研究成果を発表した。博士論文では、終末期の場所にまつわる医療人類学と医療社会学の研究を踏まえて、台湾における終末期医療の法制度と倫理を「場所」という視点から再構築し、「場所」中心とする終末期医療倫理の可能性を提示することで、日本と台湾における死生観の対比を行うことである。

▼全件表示

Misc

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 死生学

    武蔵野大学  

    2022年04月
    -
    継続中
     

  • いのちと環境の倫理学

    早稲田大学  

    2022年04月
    -
    継続中
     

  • 科学技術と倫理

    早稲田大学  

    2022年04月
    -
    継続中
     

  • 生命倫理学

    早稲田大学  

    2022年04月
    -
    継続中
     

  • 生命倫理

    東洋大学 生命科学部  

    2018年04月
    -
    継続中
     

  • 倫理学

    大阪府病院協会看護専門学校  

    2018年04月
    -
    継続中
     

  • 生命倫理

    日本大学 生物資源科学部  

    2020年04月
    -
    2021年03月
     

  • 倫理学(授業内容:生命倫理、医療倫理)

    明治東洋医学院専門学校  

    2017年08月
    -
    2019年03月
     

  • 科学技術と倫理

    立命館大学 法学部  

    2017年04月
    -
    2018年03月
     

  • 薬学応用演習(オムニバス講義)

    立命館大学 薬学部  

    2017年04月
    -
    2018年03月
     

  • Technology and Ethics

    Ritsumeikan University  

▼全件表示

 

特定課題制度(学内資金)

  • withコロナ時代の終末期医療の倫理的・法的・社会的諸課題に関する日台比較研究

    2022年   児玉聡, 田中美穗, 佐藤恵子, 竹之内沙弥香, 長尾式子, 門岡康弘, 美馬達哉, 洪賢秀

     概要を見る

    This research examines the ethical issues arising from the COVID-19 pandemic and the implementation of measures against infectious diseases, with particular focus on the end-of-life care settings in Japan and Taiwan. This research especially focuses on the concept of "good death," and examines the changes of it during the pandemic. In year 2022, I have conducted fieldworks in Taiwan and investigate the changes in the practice of "good death" in the hospital.&nbsp;&nbsp; &nbsp; &nbsp; I firstly examined the allocation of medical resources in Taiwan, namely, the development and problems of the triage system, as well as the ethical issues of healthcare system that are manifested during the COVID-19 pandemic. Issues such as burn-out of medical staff and breakdown of emergency care unit because of the free-access to healthcare service and the national healthcare insurance system suggested the need to reformation.&nbsp; &nbsp;Secondly, I examined the actual situation and the challenges of withholding and withdrawing of life-sustaining treatment based on advance directives in Taiwan. During the pandemic, terminally ill patients were restricted to meet their family in face, which has raised concerns about patient’s right to self-determination. Both issues have highlighted the difficulties when practicing “good death” in clinical settings during pandemic and taught us lessons in the post-pandemic era.