Updated on 2024/05/26

写真a

 
EBISAWA, Keishi
 
Affiliation
Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences
Job title
Assistant Professor(without tenure)
Degree
Master of Social Work ( Peking University )
Doctor of Human Sciences ( Waseda University )
Mail Address
メールアドレス

Research Experience

  • 2022.10
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Human Sciences   Assistant Professor

  • 2024.04
    -
    Now

    Tokyo University of Social Welfare

  • 2023.04
    -
    2024.03

    Japan College of Social Work   Faculty of Social Welfare

  • 2022.04
    -
    2022.09

    Waseda University   Faculty of Human Sciences   Research Associate

  • 2022.01
    -
    2022.03

    Waseda University   School of Human Sciences (e-school)   Educational Coach

  • 2013.09
    -
    2015.07

    Peking University   Department of Sociology   Assistant

▼display all

Education Background

  •  
     
     

    Waseda University   Graduate School of Human Sciences   Social Welfare for Older People  

    Ph.D Program

  •  
     
     

    Peking University   Department of Sociology   Demographic Economics  

  •  
     
     

    Peking University   Department of Sociology   Social Work  

Professional Memberships

  • 2020.04
    -
    Now

    日本人口学会

  • 2018.04
    -
    Now

    日本老年社会科学会

  • 2018.04
    -
    Now

    日本在宅ケア学会

  • 2018.04
    -
    Now

    日本介護福祉学会

  • 2018.04
    -
    Now

    日本社会福祉学会

Research Areas

  • Social welfare   高齢者福祉

Research Interests

  • 介護人材、介護予防、介護政策、ソーシャルワーク、ソーシャル・キャピタル、

Awards

  • 第7回 世界漢学大会入賞

    2021.07   孔子学院本部  

    Winner: 海老澤圭視

 

Papers

Presentations

  • 計量書誌学のアプローチによる在宅ケアにおけるデジタルデバイス研究の国際動向に関する可視化分析――Web of Scienceを例に――

    海老澤圭視

    第28回日本在宅ケア学会学術集会 

    Presentation date: 2023.11

  • デジタル技術を活用した認知症ケアに関する計量書誌学のアプローチによるネットワーク分析

    海老澤圭視

    第31回日本介護福祉学会大会 

    Presentation date: 2023.09

  • Research on Stress and Burnout Syndrome among Workers at Nursing Homes in Beijing, China

    Keishi Ebisawa

    ANNUAL POSTGRADUATE RESEARCH SYMPOSIUM 2021 

    Presentation date: 2021.09

  • 独居老人社会活动影响因素探究——基于2018年CLHLS数据——

    海老泽圭视

    2021年新汉学计划国际博士生社会学专题工作坊 

    Presentation date: 2021.07

  • China's Low Fertility Rate in the Period of Post-demographic Transition

    Jiehua Lu, Keishi Ebisawa, Xiaoxue Dai, Xinyi Cen, Li Zhang

    2019 Global Symposium on Ageing and Low Fertility 

    Presentation date: 2019.12

  • Comparative Study of Community-based Welfare System in Japan and China

    Keishi Ebisawa

    Tsukuba Global Science Week 2015 

    Presentation date: 2015.09

  • Payment Incentive Scheme for End-of-Life care of Long-term Care Insurance services in Japan

    Keishi Ebisawa

    Tsukuba Global Science Week 2015 

    Presentation date: 2015.09

▼display all

 

Syllabus

Teaching Experience

  • Basic Social Work and Profession

    Tokyo University of Social Welfare  

    2024.04
    -
    Now
     

  • Basic Social Work and Profession

    Tokyo University of Social Welfare  

    2024.04
    -
    Now
     

  • 福祉行財政と福祉計画

    早稲田大学  

    2023.10
    -
    2024.03
     

  • Social Work Training

    Japan College of Social Work  

    2023.04
    -
    2024.03
     

  • ソーシャルワーク実習指導Ⅱ

    日本社会事業大学  

    2023.04
    -
    2024.03
     

 

Internal Special Research Projects

  • 中国の高齢者介護施設における介護事故とリスクマネジメントに関する研究

    2023  

     View Summary

     中国では、中央政府が推し進める民間セクターの活用により,沿海都市部を中心に,社会的介護ニーズの拡大を見込んだ民間の高齢者介護施設が続々と建設されてきました.しかし,介護事故により争いが頻発していることが社会問題化し,日本の最高裁判所にあたる最高人民法院は,介護施設における紛争解決に向けたガイドラインを発表する事態となっています.そこで本研究では,中国の高齢者介護施設における介護事故の背景要因を探り,介護事故の防止および介護サービスの質の向上に向けたリスクマネジメントモデルを開発することを目的に調査を進めています.

  • 独居高齢者のウェルビーイングと情報技術との関連に関する調査研究

    2022  

     View Summary

    新型コロナウイルス感染症への対応が続くなか、T市にお住まいの高齢者の身体的・心理的・社会的側面における健康状態や、生活課題を把握することが急務となっております。そこで本調査研究では、高齢者の健康状態や生活実態を把握し、高齢者の方々が直面している課題の解決に向けた方策を検討することを目的に調査を進めております。